白 ワイン 代わり。 【白ワインビネガーの代用 9選】普通のお酢は代わりになる!?おすすめ代替品を紹介

赤ワインと白ワインの違いとは?原料、製法、効能などをまとめてみた • やきいもやの学校・教育 情報発信ブログ

白 ワイン 代わり

アクアパッツアとはイタリア語で、直訳すると「水が暴れる」という意味になります。 これは魚介類をたっぷりのオリーブオイルで炒めて熱を持ったところに、水や白ワインなどの料理酒を投入することでフライパン内を水が跳ねることから、この料理名が付きました。 アクアパッツアの作り方• 深めのフライパンでニンニクとトマトをたっぷりのオリーブオイルで炒めます。 しんなり火が通ったら真鯛をまるごと入れて塩コショウします。 片面に火が通ったら裏返してじっくり焼きます。 パセリやオリーブを入れてから、白ワインがない時の代わりの代用品であるスパークリングワインを回しかけます。 そして蓋をして蒸し焼きにし、完全に火を通します。 シチューとはフランスが起源である野菜や肉などの材料を煮込んだスープの総称です。 中でもホワイトシチューは牛乳や生クリームをベースに煮込まれたものを呼びます。 現在ではシチュールーを使えば簡単に作れる家庭料理の代表格ですね。 ホワイトシチューの作り方• 最初にフライパンで、鶏モモ肉を炒めておきます。 そして大振りに切ったじゃがいも・人参・ブロッコリー・玉ねぎを沸かした湯の入った深い鍋に投入します。 さきほど炒めた鶏モモ肉も入れて、いつものシチューを作る通りに市販のシチュールーを使って煮ます。 すっかり火が通って野菜が柔らかくなったころに、白ワインがない時の代わりの代用品である日本酒を回しかけます。 香りがたったらすぐに火を止めて出来上がりです。 煮込みハンバーグとはその名の通り、ハンバーグをトマトスープやケチャップなどで煮込んだ料理です。 料理上級者は白ワインで香りづけをするのですが、ここでは代わりに赤ワインで代用してみます。 煮込みハンバーグの作り方• まずハンバーグの種を作るいます。 牛豚合挽肉に、たまご・牛乳・パン粉を加えて練りこみます。 焼きハンバーグより大きめに意識してボール状に丸め、真ん中をへこませて完成です。 いったんラップをして冷蔵庫にしまいます。 次に煮込むためのスープを作ります。 玉ねぎとニンニクを飴色になるまで炒めます。 飴色になったら、ブロッコリーやパプリカ等お好みの野菜を一緒に炒めます。 火が通ったらトマトユースを1缶いれて塩コショウをして煮ます。 さきほど冷蔵庫にしまったハンバーグを焼きます。 裏表だいたい焼いたら、スープの鍋に移します。 あとは蓋をしてハンバーグに味が染み込むまで弱火でことこと煮れば出来上がりです。 ボンゴレとはイタリア語で、二枚貝を材料に作ったパスタの事です。 ビアンコは白、ロッソは赤という意味があるので、ボンゴレビアンコは白ワインベースで作ったソースのパスタ、ボンゴレロッソは赤ワインやトマトソースで作ったパスタの事を指します。 このようにビアンコもロッソも香りづけで料理酒を加えることがあります。 ここでは白ワインの代わりにみりんでつくるボンゴレビアンコのレシピを紹介します。 ボンゴレビアンコの作り方• まずニンニクと乾燥唐辛子をたっぷりのオリーブオイルで炒めます。 香りが立ったら、塩抜きしたアサリを投入します。 そしてみりんと水を1:1でアサリが半分つかるほど入れ、蓋をして蒸し焼きにします。 アサリの口が全部開いたら、茹で上がったパスタを入れて絡めます。 POINT 野菜は同じくらいの大きさにカット パプリカやキュウリ、大根などは同じくらいの大きさにカットしましょう。 形が揃うと見た目も綺麗です。 あとは瓶に材料を入れていくだけなので、とっても簡単です。 白ワインがない時の代用品で生まれる新しい味 白ワインがない時、代わりに常備しているものや、たまたま家にあった料理酒で代用出来ることが分かりました。 みりんはいつでもある調味料なので問題ないですが、赤ワインやスパークリングワインはコルクを開けてしまうと早々に飲み切らなくてはならないですよね。 そこで毎日の料理に使ってみるのも良いアイデアです。 また、しばらく手をつけていないブランデーも香りづけに試してみると、思いもがけない風味を出すことがあります。 知られている通りのレシピからちょっとはずれて、いろいろ試すと新しい発見があるでしょう。 ぜひアレンジ料理を楽しんでくださいね。

次の

赤ワインと白ワインの違いとは?原料、製法、効能などをまとめてみた • やきいもやの学校・教育 情報発信ブログ

白 ワイン 代わり

ワインには料理用と飲む用のものが売られていますが、何が違うのでしょうか? どちらもスーパーなどで赤と白が定番として売られていて、同じもののように感じますが、全く別ものです。 料理用のワインは調味料として料理をおいしくするための作り方がされています。 料理用ワインの一番の特徴は、塩分が追加されていることです。 それにより、飲む用ではなく調味料として扱われるため酒税がかかりません。 スーパーでも料理用は調味料コーナーにあり、飲む用は酒類コーナーにあることがほとんどです。 料理用ワインは酒類ではないため、未成年でも購入が可能です。 ただし、味付けするときには塩分が入っていることを忘れずに調整してくださいね。 また、 料理用ワインは飲むためのワインに比べて糖分が少ないため、品質の安定性が良いという特徴があります。 そのため、開栓した後も長持ちすることができるので少量しか使わない場合も安心です。 料理用ワインの赤は、一般の赤ワインよりアルコールの度数が少し高く作られています。 そして、ブドウの果皮の成分が多いので、肉との相性が良くよりおいしく仕上げることができます。 料理用ワインの白は、一般の白ワインとくらべて糖分や酸を極度に少なく作られています。 そのため、魚介類の生臭さを抑え風味豊かに仕上げることができます。

次の

白ワインの代用で料理酒はOK?みりん・赤ワイン・ロゼ・日本酒・ワインビネガーは?お菓子にも使える?

白 ワイン 代わり

歌舞伎役者として人間国宝 中村雀右衛門に師事。 15年ほど主に歌舞伎座に舞台出演。 その後銀座のクラブマネージャーを経て、J. A認定ソムリエ資格を取得。 現在は支配人兼ソムリエとして、ブルゴーニュとシャンパーニュの古酒を専門としたフレンチレストランを経営する。 イタリアの白ワインの特徴 北部の冷涼な気候から南部の温暖な地中海型気候まで、各地域ごとに異なる気候風土をもつのが大きな特徴です。 そのため栽培されるブドウ品種も多彩で、醸造される ワインの個性も変化に富んでいます。 白ワインでは地場品種を使った 「ソアーヴェ」、「アスティ」、「ガヴィ」といった銘柄が世界的に有名です。 イタリア産白ワインの爽やかでカジュアルなテイストとあいまって、国内外に多くのファンがいます。 イタリアの白ワインの種類と選び方 産地で選ぶ 「ピエモンテ」「ヴェネト」「フリウリ」はイタリアのなかでもワインの特産地として代表的です。 ただ、イタリアはすべての州でワインが造られており、それぞれ個性豊かな地場産ワインがあることをお忘れなく。 チャンスがあれば、ぜひ他の州のワインにもトライしてください。 ピエモンテ イタリアの最北部にあり、背中にアルプス山脈を擁するピエモンテ州。 アルプスの雪解け水と恵まれた地質のおかげで優れたブドウ品種が数多く栽培されており、トップクラスの質を誇るワインが生産されています。 ピエモンテ産ワインで特に有名なのは「バローロ」や「バルバレスコ」といった高級赤ワイン。 しかし白ワインだって負けていません。 「ガヴィ」や「アスティ・スプマンテ」といった世界的にもメジャーな銘柄があります。 ヴェネト イタリア北東部、アドリア海に面するヴェネト州。 水の都ヴェネツィア、街全体が世界遺産に指定されているヴェローナやヴィチェンツァなど、美しく歴史の豊かな都市がいくつもあり、世界中から多くの観光客が訪れる州です。 そんなヴェネト州はイタリア国内でもトップクラスのワイン生産地です。 特に 白ワインの生産量が豊富です。 地場産ブドウので造る「ソアーヴェは」、イタリアでは知らない人がいないほどの超メジャー白ワインです。 イタリア白ワインの聖地!フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州 イタリア北東部、オーストリアとスロベニアとの国境に接しているフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州(以下「フリウリ州」と略)。 ひと昔前までは、地元で消費する安いブレンドワイン一辺倒だったフリウリですが、フランスやドイツから国際品種や醸造ノウハウが持ち込まれたことで、単一品種や畑にこだわった付加価値の高いワイン造りが盛んになりました。 今では「イタリア白ワインの聖地」と呼ばれるほど、イタリア産白ワインを語るのに欠かせない産地となっています。 味で選ぶ ワインには味の違いを表す目安がいくつかありますが、白ワインで欠かせないのが「甘口か辛口か」という目安です。 まろやかで甘味が残った白ワインなら甘口を! 甘口は辛口よりも糖度が高いので、 イタリアワイン初心者でかつ「甘いもの大好き!」という 甘党の人は、まずは甘口の白から選び、その後少しずつ辛口寄りのボトルに挑戦していくと良いでしょう。 イタリア産の甘口白ワインには、「」や「」など、上質かつリーズナブルな白ワインがたくさんあるので、ぜひ一度お試ししてみてください。 引き締まった味わいが好みなら辛口を! ペアリングの経験が少ないうちは 辛口を選ぶほうが失敗が少ないです。 辛口の白は素材の持ち味や料理の繊細な味付けを消さないので、さっぱりとした魚介料理、だしを効かせた日本料理、白身魚の寿司などにマッチさせるには最適です。 イタリア産の辛口白ワインには、のちほど紹介する 「ピノ・グリージョ」「ガヴィ」「ソアーヴェ」と逸品が揃っているので、予算の許す限りいろいろ試してみると良いでしょう。 予算で選ぶ イタリア産の白ワインは、お手頃価格なのに質の高いワイン、つまりコスパの優れたワインがめじろ押しです。 2,000円前後のテーブルワイン価格でも 「アスティ・スプマンテ」「ガヴィ」「モスカート・ダスティ」「ソアーヴェ」といったとびっきりの白ワインが楽しめます。 もちろんデイリーワインだけでなく、上位の価格帯にも素晴らしいワインがたくさんあります。 懐具合と相談しながら少しずつグレードアップさせていけば、特別な一夜のためのワインや大切な人への贈り物にも使える最高の一本に出会えるはずです。 イタリアのおすすめ白ワイン20選 デイリーワインで!予算2,000円 5位• テーブルワインとして大人気! イタリア国内で国民的人気を誇るブランド「タヴェルネッロ」。 日本人でいうと「キリン一番搾り」や「アサヒスーパードライ」のような存在です。 メーカーのカヴィロ社の特徴は、特定の地域に根付いてワイン造りをするのではなく、全州に点在する農業協同組合に生産を委託していること。 良質なワインを大量生産することで世界的なワインメーカーに成長しました。 そんなタヴェルネッロのラインアップのなかでも、「ピノ・グリージョ」は安価で美味しいテーブルワインとして大人気です! とはいえ決して浅薄な味わいではなく、味・香りともにボリューム感があるのが特徴です。 チーズやオリーブオイルをたっぷり使った料理に合わせるとバランスの良いペアリングになります。 2,000円以下のイタリア白ワイン比較表• シャルドネから造られる至高の一本 コンテルノ家といえばイタリアの高級赤ワイン「バローロ」の醸造で有名ですが、アメリカ大陸に暮らしていた当時の縁もあって、1920年代初頭からアメリカにワインを輸出するなど、イタリアのワイナリーとしては異色の存在です。 そんなコンテルノが造る「ブッシアドール・ランゲ・シャルドネ」は、同社のラインアップの中で唯一の白ワイン。 シャルドネ種で醸造したワインをオーク樽で1年、瓶内で数ヶ月熟成させたのち出荷されます。 透明感あふれる黄金色、柑橘系のすっきりとした果実味に、セージのような個性の強い香辛料の香り、そして樽熟成で加わるバニラやミルクの風味。 まさに白ワインの優等生と呼びたくなるような至高の一本です。 10,000円以上のイタリア白ワイン比較表 商品画像 商品名 アルド・コンテルノ ブッシアドール・ランゲ・シャルドネ マクラン アチニノービリ エミディオ ペペ トレッビアーノ ダブルッツォ クエルチャベッラ バタール ジュリオ・フェッラーリ リゼルヴァ・デル・フォンダトーレ 価格 10,184円 税込 17,363円 税込 12,500円 税込 10,680円 税込 14,249円 税込 詳細 (原産地)ピエモンテ州 (風味)辛口 (原産地)ヴェネト州 (風味)甘口 産地:イタリア、アブルッツォ 品種:トレッビアーノ (原産地)トスカーナ州 (風味)辛口 (原産地)トレンティーノ=アルト・アディジェ州 (風味)辛口 商品リンク イタリアの白ワインまとめ イタリア産白ワインの世界をほんの少しだけご紹介しましたが、いかがでしたか?産地・味・価格とそれぞれの選び方によって、多彩な個性に出会えるのがとても楽しいですよね。 「すっきり爽やか」「カジュアル」といったステレオタイプにとらわれることなく、イタリア産白ワインの世界に思い切って飛び込んでみましょう。 フランス産ワインにも決して負けない、奥行きのあるワインの醍醐味に触れることができますよ。 ワインの基礎知識から、イタリアワインについてもっと詳しく学びたい方はコチラがおすすめ。

次の