タイル ヨーロッパ。 タイルとは

ヨーロッパ・フリースタイルフットボール・チャンピオンシップ展望

タイル ヨーロッパ

マジョリカタイルとは? 中世末期から近世初頭にかけ、イタリアに輸入された美しいラスター彩の錫釉(すずゆう)陶器が、スペインの東海岸に浮かぶマホルカ島から船積みされて送られて来ていたため、イタリア人はこれらの陶器がマホルカ島で焼かれたものと思い込み、これらスペインのラスター彩陶器を「マホルカ焼」と呼んだことがマジョリカタイルの由来とされています。 そしてイタリアではこの時期に開花した錫釉陶器を一般にマイヨリカと呼んでいました。 13世紀から15世紀にかけてマジョリカ陶器と言われたこれらのタイルはスペインからイタリアに技法が伝えられ、ヨーロッパの多くの歴史的建築物を彩りました。 そして、1885年(明治18年)の日本。 淡路島の欅田幸吉が賀集萊平の萊平焼を継承し、食器や花器などを製造する「淡陶社」が設立されました。 これが当社DantoTileの前身です。 幕末から明治時代以降、洋風建築の内装などにタイルが使われ始めましたが、淡陶株式会社が硬質陶器によるタイル生産開始後、市場は一気に拡大し様々なメーカーが現れました。 当社が確立した乾式成形法により、近代的な国産タイル製造が本格化しました。 イギリス・ヴィクトリア朝風装飾タイルを範としたこれらのタイルを、イギリスでの呼び名に倣い、日本では「マジョリカタイル」と呼ばれました。 世界へ羽ばたいたマジョリカタイル 大正時代から昭和初期にかけ、乾式成形法のマジョリカタイルは全盛期を迎え、世界各国へ輸出されるようになりました。 台湾、シンガポール、マレーシア、タイなどのアジアの国々では、様々な日本のタイルメーカーのマジョリカタイルが建築物に取り入れられ、なかでも高い評価をうけた淡陶社のマジョリカタイルは今の時代もなお世界中の建築物に残っています。 ヨーロッパで産まれたマジョリカタイルが、日本の技術によって形を変え、再度世界へと羽ばたき、長い年月をかけ、今も世界の建築物を彩っているのです。 100年変わらない乾式成形工法 昭和初期に淡陶社で行われた乾式成形工法は、日本のタイル市場に大きな影響を与えました。 100年以上が経過した、令和時代にもこの製法はほとんど変わらず受け継がれ、デザイン性に優れた美しいタイルを製造することが可能です。 Danto ONLINE SHOPでは昔のデザインや製法はそのままで現代に復刻した美しいデザインのマジョリカタイルをご提供いたします。 実際の当社の工場で現在製造しているマジョリカタイルの製法の一部をご紹介します。 大正時代から昭和初期に実際に販売されていたデザインをもとに復刻したマジョリカタイル金型 成形が完了しました。 この後、しっかりと乾燥しタイル窯で素焼きした後、色付けを行い、再度タイル窯で焼いて完成させます。 1,650円 税150円• 1,650円 税150円• 5,500円 税500円• 5,500円 税500円• 5,500円 税500円• 5,500円 税500円• 5,500円 税500円• 5,500円 税500円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT 配送・送料について 混載便(配送先は法人および営業所止め) 配送業者は当社指定になります。 【必ず法人名を送付先の備考欄に入力してください。 個人宛の配送の場合、追加の送料が発生しますのでご注意ください。 混載便(配送先は個人) 配送会社は当社指定になります。 そのため割高となります。 法人の方は必ず法人向けをご選択いただき、配送先の備考欄に法人名を入力してください。 配送先の備考欄に「営業所止め」と記載ください。 マジョリカタイル専用便 この配送方法は【マジョリカタイル】以外では選択しないでください。 他の商品でこの配送方法を選ばれた際は一旦キャンセル処理をさせていただきます。 どんざタイル専用便 この配送方法は【どんざタイル】以外では選択しないでください。 他の商品でこの配送方法を選ばれた際は一旦キャンセル処理をさせていただきます。

次の

【楽天市場】タイル・モザイクタイルの販売:タイル通販 タイルオンライン[トップページ]

タイル ヨーロッパ

概要 [ ] タイルの語源はで陶製の屋根板を指すテグラ tegula に由来すると言われる。 テグラは広義には「ものを覆う」という意味があり、近世以降、屋根瓦と建築物の表面を覆う陶製の薄板の双方をテグラと呼ぶようになっている。 現存する世界最古のタイルは、ジェゼル王が紀元前2700年に建てたのの通路に貼られた青釉のタイルと推測されている。 日本には6世紀のとともに寺院の装飾用として導入された。 敷瓦、陶板、貼付け化粧瓦など様々な呼称があったが、大正11年に「タイル」に統一された。 形状は、隙間無く敷き詰めるためやなど四角形が多いが、小石の形など不規則な形状のものもある。 色彩も様々であり、一枚一枚に模様があるものや、色の違うものを多数並べることで大きな絵とする場合もある。 材質は、、、、など各種ある。 陶磁器のものは、建物の外装や、、などの内装に、コンクリートのものは、の用などに、 プラスチックのものはPタイルと呼ばれ、などの床にそれぞれ用いられる。 また、の特性を生かしたタイルも開発されている。 通常、タイルは一枚一枚・・によって躯体に固定されるが、非常に手間がかかり、施工技術も要求される。 そのため、細かいタイルがあらかじめシート状に敷き詰められたものが製造されている。 主として建築用に用いられるが、 特殊なものとしては、などのの外装に使用される耐熱タイルがある。 他に、やのように美術性の高いタイル、のように健康を目的としたタイルなどがある。 アンティークタイル [ ] スイスのストーブ・タイル(16世紀)(所蔵) 中世以降の、のタイルはとしての対象となっている。 タイルは私人の趣味に留まらず、やの蒐集対象となっておりにもしばしば出品される。 イスラムのタイル [ ] 中世のイスラムのタイルの特徴は六角形や八角形など正方形以外の様々な形がある事と、と呼ばれる金属的な輝きを持つ絵付けである。 や幾何学紋様、の字句などが主なとされている。 14世紀以降にはクエルダ・セカ様式、クエンカ様式と呼ばれる新しい技法を使ったタイルが急速に広まり、その影響はまで及んでいる。 15-16世紀には「ウェア」と呼ばれる伝統的なのアラベスク模様より写実的な図柄の彩色陶器が流行した。 17世紀には需要の低下とともにイズニクウェアが没落し、がタイル産地として取って替わったが、盛期のイズニクウェアの美術水準に及ぶことはなかった。 ヨーロッパのタイル [ ] 15-16世紀には、イスラムのクエルダ・セカ様式、クエンカ様式の技術をもつ、がタイル産地の中心となっていた。 しかし、イスラム勢力がイベリア半島から駆逐されるとともにその地位は失われた。 また、15世紀にはを装飾するための型押しで作られるタイルが産業として確立した。 このストーブ・タイルと呼ばれる特殊なタイルは他の技法の影響を受けながら今日まで作られ続けている。 ルネサンス期にはでから発展した(マヨルカウェア)が「・フロラル」と呼ばれる様式を確立し、16世紀にはの諸都市でマヨルカウェアを模したスズ釉のタイルが作られた。 ファイアンス焼きは北、にも波及し、17世紀にで白地に青の釉薬で描かれる中国風のモチーフを取り入れたへと変化した。 17世紀のデルフトウェアのタイルは、メダイヨンと呼ばれる縁飾りで中央のモチーフを囲むデザインや、正方形に4枚組むことで成立するコーナー・モチーフが特徴である。 18世紀前半には壁画とも言える特注品の大作が幾つも作られている。 デルフト様式はやにもコピーされ、18世紀前半には技術的にオランダに追いついた。 ではや、で盛んに生産された。 18世紀後半になるとなどが開発した新しい粘土素地を使ったによって、の製陶産業は駆逐されてしまう。 その後、ヨーロッパではとその後の動乱から、タイルの生産はイギリスも含め各国とも極端に衰微してしまった。 建築用陶磁器タイル [ ] 建築では一般に タイルといえば、陶磁器製のものを指すことが多い。 材質は、吸水率の違いにより、質・せっ器質・質タイルに分けられる。 タイルメーカーでは、タイルの適した用途に応じ、屋内の水廻りや壁、床用、屋外の壁、床用などに分けている。 一般的に、躯体(貼り付け箇所)への性に優れ、水がかり部に使用されることが多い。 外壁用タイルにおいては、タイル自体の経年劣化はほとんどなく、貼り付け施工時の不具合による剥離、落下事故が起こることがあるが、現在では、モルタルと混ぜられる接着剤の性能や、施工法の向上が行われ、事故は減少傾向にある。 仕上げには流行があるが、外装タイル貼の建築物は、他の外壁仕上げに比べイニシャルコストがかかる反面、耐候性に優れ、も比較的容易で、意匠上美しいことから、公共建築物やなどで広く選択されている。 日本におけるタイルメーカーは、量産を得意とする大手から特殊なタイルを作る中小企業まで様々であるが、近年は需要の減少と共にメーカーの撤退が進んでいる。 の・近隣には、良質な陶磁器の土が採掘されることから、原土や顔料を扱う原料会社、タイルメーカーやタイル販売商社など、多くのタイル産業が集積している。 のタイル部門を担うは岐阜県土岐市に本社を置く。 日本の建材の中で、産業集積地のある建材は珍しく、歴史と伝統のある地場産業ではあるが、それ故にタイル業界の体質は保守的なところもあり、海外メーカーとの今後の競争には多くの課題を抱えている業界でもある。 タイル目地 [ ] (めじ、めち)とは、タイルとタイルの隙間を指し、剥離防止や防水を目的として、通常やが充填され、色はグレーまたは白になる。 目地は性質上カビの発生源になりやすいため、こまめな清掃が不可欠である。 以前は、「外国製の輸入タイルの場合、タイルの大きさに誤差があり、目地が大きめにとられることが多い。 日本のタイルは精度が高く、目地を小さくとることができる。 」とよく言われたが、タイルの風合いや製法によるところがあるため、輸入タイルという区分で寸法精度について一概に評価するのは危険であり、個々のタイルの性質を理解した上で、目地幅を決定することが望ましい。 その他のタイル [ ] ガラスタイル 質の表面を持つタイルで透明感がある。 下地色が濃くなると透けて見える場合があり施工には注意が必要。 タイルカーペット を正角に切断した片材を床に敷き詰めたのひとつ。 事務室などで使われる。 とくににおいては部分的に剥がせる必要があるため、これが一般的である。 コルクタイル で作られた正角の片板を床に敷き詰めたのひとつ。 保温性、吸音性、弾力性、触感に優れ、経済的で施工も容易。 一般的に磨耗が激しく耐用年数は短い。 住宅の居間や診療所のなどで使われることが多い。 吹き付けタイル 建築物や構造物に用いられる外装仕上げのひとつ。 光沢のある塗膜が得られる。 を混合したなどを吹き付けガンで吹き付けた凹凸面を、コテ塗りやローラー塗りで均らし表情を出す。 、などの公共建築物や集合住宅、戸建て住宅など、幅広く使われる。 色彩の種類が多く、表情の選択に幅がある。 凹凸があるため汚れが付着しても比較的目立ちにくい。 弾性のあるものは下地の微細な亀裂にも追随して浸水を防ぐ。 タイルに関する展示施設 [ ]• - タイルメーカーのによる博物館。 - を中心とした博物館。 - 陶板複製画を中心とした美術館。 日本のタイルメーカー [ ]• (旧・)• 脚注 [ ].

次の

タイルで誰でも簡単にDIY|タイルシートの通販サイト

タイル ヨーロッパ

マジョリカタイルとは? 中世末期から近世初頭にかけ、イタリアに輸入された美しいラスター彩の錫釉(すずゆう)陶器が、スペインの東海岸に浮かぶマホルカ島から船積みされて送られて来ていたため、イタリア人はこれらの陶器がマホルカ島で焼かれたものと思い込み、これらスペインのラスター彩陶器を「マホルカ焼」と呼んだことがマジョリカタイルの由来とされています。 そしてイタリアではこの時期に開花した錫釉陶器を一般にマイヨリカと呼んでいました。 13世紀から15世紀にかけてマジョリカ陶器と言われたこれらのタイルはスペインからイタリアに技法が伝えられ、ヨーロッパの多くの歴史的建築物を彩りました。 そして、1885年(明治18年)の日本。 淡路島の欅田幸吉が賀集萊平の萊平焼を継承し、食器や花器などを製造する「淡陶社」が設立されました。 これが当社DantoTileの前身です。 幕末から明治時代以降、洋風建築の内装などにタイルが使われ始めましたが、淡陶株式会社が硬質陶器によるタイル生産開始後、市場は一気に拡大し様々なメーカーが現れました。 当社が確立した乾式成形法により、近代的な国産タイル製造が本格化しました。 イギリス・ヴィクトリア朝風装飾タイルを範としたこれらのタイルを、イギリスでの呼び名に倣い、日本では「マジョリカタイル」と呼ばれました。 世界へ羽ばたいたマジョリカタイル 大正時代から昭和初期にかけ、乾式成形法のマジョリカタイルは全盛期を迎え、世界各国へ輸出されるようになりました。 台湾、シンガポール、マレーシア、タイなどのアジアの国々では、様々な日本のタイルメーカーのマジョリカタイルが建築物に取り入れられ、なかでも高い評価をうけた淡陶社のマジョリカタイルは今の時代もなお世界中の建築物に残っています。 ヨーロッパで産まれたマジョリカタイルが、日本の技術によって形を変え、再度世界へと羽ばたき、長い年月をかけ、今も世界の建築物を彩っているのです。 100年変わらない乾式成形工法 昭和初期に淡陶社で行われた乾式成形工法は、日本のタイル市場に大きな影響を与えました。 100年以上が経過した、令和時代にもこの製法はほとんど変わらず受け継がれ、デザイン性に優れた美しいタイルを製造することが可能です。 Danto ONLINE SHOPでは昔のデザインや製法はそのままで現代に復刻した美しいデザインのマジョリカタイルをご提供いたします。 実際の当社の工場で現在製造しているマジョリカタイルの製法の一部をご紹介します。 大正時代から昭和初期に実際に販売されていたデザインをもとに復刻したマジョリカタイル金型 成形が完了しました。 この後、しっかりと乾燥しタイル窯で素焼きした後、色付けを行い、再度タイル窯で焼いて完成させます。 1,650円 税150円• 1,650円 税150円• 5,500円 税500円• 5,500円 税500円• 5,500円 税500円• 5,500円 税500円• 5,500円 税500円• 5,500円 税500円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• 7,480円 税680円• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT• SOLD OUT 配送・送料について 混載便(配送先は法人および営業所止め) 配送業者は当社指定になります。 【必ず法人名を送付先の備考欄に入力してください。 個人宛の配送の場合、追加の送料が発生しますのでご注意ください。 混載便(配送先は個人) 配送会社は当社指定になります。 そのため割高となります。 法人の方は必ず法人向けをご選択いただき、配送先の備考欄に法人名を入力してください。 配送先の備考欄に「営業所止め」と記載ください。 マジョリカタイル専用便 この配送方法は【マジョリカタイル】以外では選択しないでください。 他の商品でこの配送方法を選ばれた際は一旦キャンセル処理をさせていただきます。 どんざタイル専用便 この配送方法は【どんざタイル】以外では選択しないでください。 他の商品でこの配送方法を選ばれた際は一旦キャンセル処理をさせていただきます。

次の