声優 関 俊彦。 大人気声優のダブル関とも言われる、関智一さんと関俊彦さんに迫る!|MARBLE [マーブル]

“声優紅白歌合戦2020”出演声優第2弾が発表! 紅組に阿澄佳奈さんや芹澤優さんら、白組に小野友樹さんや関俊彦さんなど、豪華メンバーが参加

声優 関 俊彦

まずはこちらのキャラクターから! 『間の楔』リキ ・BLアニメの金字塔的作品のカリスマ性ある主人公を力強く演じてくださいました!(50代・女性) 『機動戦士ガンダムSEED』ラウ・ル・クルーゼ ・複雑なバックボーンを持つクルーゼを、とても魅力的なキャラとして演じてくれました。 (50代・女性) 『吟遊黙示録マイネリーベ』ルードヴィッヒ ・関さんの低音で色っぽいボイスとキャラクターの革命家な部分がとてもマッチしておりカッコイイです!!(20代・女性) 『冥王計画ゼオライマー』木原マサキ ・冥府の王になるという野望にとり付かれた科学者の狂気と、それが潰えてしまう最期に至るまでの演技がお見事。 (40代・女性) 『KING OF PRISM』氷室聖 ・どんなに嫌がらせをされても兄を理解しようとするところ。 生徒を大事にしているところ。 ジュネと色々あったけど結ばれたところ。 (20代・女性) 『聖闘士星矢 セインティア翔』蠍座のミロ ・直情的にみえて、ここぞと言うときに敢えて感情を露わにする、聖闘士星矢ならではの情熱や正義感、信じる心を兼ね備えたキャラだと思います。 (20代・女性) 『学園特捜ヒカルオン』四方堂光 ・作品に宇宙刑事シリーズの要素が溢れていて、アニメ好きだけではなく特撮好きにも楽しむことができる作品だと思います。 関さん演じる主人公は、普段は飄々としていますが、やる時はちゃんとやる男で、とてもカッコイイと思います。 戦国時代~現代を駆け抜けた「上杉景虎 仰木高耶 」という人物は、関さんだから演じることができたと言っても過言ではありません。 自分の人生を変えた作品のひとつですので、選ばせていただきました。 (20代・女性) ・関さんの代表作といえば、"炎の蜃気楼 ミラージュ "の主人公・仰木高耶が思い浮かびます。 こちらはいわゆるBL小説ですが、登場人物が戦国時代を中心とした歴史の人物であり、訳あって転生しながら400年以上を生き続けている主人公達の濃厚な"生涯"が書かれています。 関さん演じる仰木高耶の正体は、かの有名な上杉謙信の義理の息子である景虎です。 兄の景勝に対して、歴史上では"敗者"と呼ばれる立場ですが、この作品には一貫して"勝者"と"敗者"という関係性が描かれています。 400年以上をある"使命"の為に生き続け、愛する者とも様々な葛藤からもがいていく、強くて不器用で狂おしい程に美しい生き様を示していく仰木高耶を、見事に演じられています。 仰木高耶 景虎 の臣下である、直江信綱を演じる速水奨さんとの相性の良さも相まって、とても印象深い作品です。 (20代・女性) 『ふえはうたう』ふえのお兄さん(関俊彦) ・初めて関さんを知ったのがこの番組だから。 (40代・女性) ・関さんを知ったきっかけの作品で、初めて惚れたアニメキャラクターでもあります。 今でも好きなキャラクターはと聞かれたら名前が上がるくらい大好きです。 (30代・女性) ・それまでガンダムシリーズは、なんとなく暗くて難しそうなイメージで、見たことなかったのですが、「関さんが出演しているから」という理由で、初めて見たので。 (40代・女性) ・陽気に見せかけて影もあるキャラクターでしたが、関さんの高めで柔らかい声に合っていたと思います。 小さい頃に見ていた「笛は歌う」のとしおにいさんだと知って、驚いたのを覚えています。 (40代・女性) 『YAWARA! 』松田耕作 ・それまで熱血キャラを多く演じていた関さんが冷酷冷静キャラを演じた事で凄く話題になりました。 (40代・女性) ・最初に関さんを知った作品だったからというのが大きいですが、歌声やラジオなど、どれもとても好きでした。 (40代・女性) ・忍先輩のクールでミステリアスなところがすごくぴったりでした。 今でも漫画を読むたびに脳内再生されます。 あの忍先輩の腹黒さ! 「忍先輩?神様みたいな人 できるけどタダではやってくれない 」わかる! 新たな魅力に気付かされました。 (30代・女性) 『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』ブリード加賀 ・加賀さんのアウトローで洒脱で懸命なところに声がすごく説得力を持たせていた。 (40代・女性) ・もう本当にカッコいいキャラクターと関さんのカッコいい声がマッチしていて最高に最高にカッコいいんです!!(40代・女性) ・陽気な性格で軽そうにしていても本気になるとめちゃくちゃ格好良く決めてくるお約束のようなキャラ!主人公の兄貴分であり後々ライバルという美味しいポジションも良かったです(30代・女性) ・最初は主人公を助けてくれる明るいお兄さんだけど内に秘めたものが徐々に現れ、最後は主人公の最大のライバルになる。 1回だけのゲスト出演のはずが、複雑な人間性や過去を監督が作り出した裏には関さんの演技の中に明るいだけではない少し影のようなものが含まれていたからだと仰ってました。 関さんがいなければこのキャラはここまでにほなっていなかったしどこまでもカッコイイ!!(30代・女性) ・底抜けに明るいテンション、頼れる兄貴キャラの一面と シリーズ後半は葛藤を抱えて悩める重厚な一面という、両極端な部分があるキャラを関さんが絶妙に演じ分けられていてすごく深みが出て作品自体にものめり込めました。 両面共に、関さんの魅力が最大限に活きるタイプのキャラだったと思うので関さんとキャラとの相性が一番マッチしてると思いました。 1キャラで2度美味しいというか…関さんの魅力をたっぷり堪能出来るキャラクターと作品だったと思います!サイバーフォーミュラは今でも私の中での神作品、金字塔です。 (30代・女性) 『天空戦記シュラト』日高秋亜人/シュラト ・ザ主人公。 本編のかっこよさとドラマCDでのはちゃめちゃさがどっちも好き!(40代・女性) ・関さんを初めて知ったアニメだから。 親友の豹変に振り回される主人公の演技は見ていて胸が切なくなりました。 (40代・女性) ・私が関さんと初めて出会った作品です沢山大好きな作品で大好きなキャラをされてて迷ったけど、シュラト君にしました!(40代・女性) ・私のファースト関俊彦さんcvキャラクターで思い入れがあります。 豪華声優陣揃いで、ずいぶん昔の作品ですが、今みても話もお声もとても楽しめるとおもいます。 (30代・女性) ・Fの赤木で関さんを知って、シュラトでファンになったので。 典型的な熱血主人公かと思いきや、結構複雑な役だったと思います。 多感な少年から青年に成長する過程を演じ切った。 (40代・女性) ・ちょうど動画なんかが海外発注されはじめた頃の悲運のアニメですが、とても好き!今でもできることなら作り直して欲しいくらい。 30周年なのになんのムーブメントもおきないアニメ。 関さんの声がとても主人公に合っていた、ジリオンと共に推せるアニメです。 (50代・女性) 『仮面ライダー電王』モモタロス ・はまり役過ぎて他に考えられないくらい好きです(40代・女性) ・テレビからダブアクが聴こえてきたとき、あまりのかっこよさに惚れました。 (30代・女性) ・カッコよかったり、お茶目だったり、キメるときはビシッとキメる。 喜怒哀楽が大好き!(20代・女性) ・関さんは代表作はたくさんありますが、特撮で声優さんの印象を強く残した作品だと思うので。 (40代・女性) ・良太郎を大切に思うモモタロスに、作中何度も泣かされました。 関さんでなければ、あんなにモモタロスがかっこよくお茶目な大人気キャラクターにはならなかった思います!(20代・女性) ・やっぱり関さんと言えば自分はモモタロスが思い浮かびます! 他にも好きなキャラはたくさんいるけど…笑 おバカだけどまっすぐで素直じゃないけど仲間思いで優しくて熱い男のモモタロスが大好きです!モモタロスの声が関さんでほんとに良かった…!!(10代・女性).

次の

関俊彦とは (セキトシヒコとは) [単語記事]

声優 関 俊彦

「きれいな方の関さん」と声優ファンの間では呼ばれている関俊彦さんについて紹介したいと思います! スポンサーリンク 一度は声優になることを あきらめた人も、本業しながら副業で声優を目指すことも可能です。 一生に一度で良いから声優の仕事をしたい人はまずは無料の資料請求をどうぞ。 dmkt-sp. 演技の幅が広いことで有名で、熱血な役、冷徹な悪役、正統派な主人公、妖艶または謎に包まれた役、知的な役などなんでもこなしてしまいます。 優しそうに見えるのに実はS?! 1993年に文化放送で放送されていた『ここはグリーン・ウッド放送局』では、岩田光央さんとともに出演していました。 『ここはグリーン・ウッド』は那州雪絵さん原作の少女漫画で、1993年にOVA化されています。 関さんは手塚忍役、岩田さんは池田光流役として出演していました。 番組の前半はDJで、後半はラジオドラマという典型的なアニラジだったようです。 関さんの回答は一見冷たく感じるけれど、中身はとても温かかった」 というハガキが送られました。 デビューして間もない関さんの役は名前のない役でしたが、エンドロールにはちゃんと名前が載っていますね。 twipple. 関さんにも裏名があるのか調べてみました! いろいろな声優さんの裏名は見つけることはできましたが、関さんの裏名はみつかりませんでした。 関さんは18禁の作品には出ていないのか、もしくは「関俊彦」で出演されているのだと思います。 しかし! 関さんは 『 バナナ白書2 ハートに純情、股間にハチマキ』 という AV作品に出演していました。 なんともすごいタイトルですねw 関さんは自身のことを「役者」だと話しています。 出演作品の紹介 天空戦記シュラト 修羅王シュラト(日高秋亜人) 出典: あらすじ 人間界で普通の高校生として生活していたシュラトとその親友ガイは、突如、天空界へと召喚されてしまう。 シュラトは、そこで天空界を統べる調和神ヴィシュヌと対面し、シュラトは天空界のために戦う宿命を負った戦士であることを告げられる。 関さんの熱血キャラといえばシュラトを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? インド神話をモチーフにしたアニメで、当時のアニメ作品としては斬新だったのではないかと思います。 ruru. asp? レースアニメなのに女性ファンが多かった異例の作品です。 アニメ雑誌では毎回表紙を飾るほどの人気作品でした。 最遊記 玄奘三蔵 出典: あらすじ 物語の舞台は桃源郷。 そこはかつて、人間と妖怪とが共存する平和な世界だった。 大妖怪「牛魔王」を、禁忌とされている「化学と妖術の合成」によって復活を目論む者が現れた。 「負の波動」が桃源郷全土に広がり、妖怪達は突如として自我を失い、凶暴化して人間を襲い始めた。 混沌と化す桃源郷、この事態を重く見た観世音菩薩は三仏神を通じ、玄奘三蔵に孫悟空、沙悟浄、猪八戒らを連れて西へ行くように命じる。 全ては「牛魔王」蘇生実験の阻止のために。 この作品も女性ファンから熱い支持を受けている作品で、2017年には『最遊記 RELOAD BLAST』が放送されました。 放送開始から比べても変わらず、三蔵は人気ですね! まとめ いかがだったでしょうか? 「きれいな方の関」さんが以外にもSだったことに驚きですw 2018年は「りゅうおうのおしごと!」に出演されます。 これからもかっこいい関さんの演技を観たいですね! スポンサーリンク•

次の

関俊彦がラピュタに出演した貴重なシーンはどこ?裏名ってあるの?

声優 関 俊彦

すぐ読める目次• 【ぞうのそうぞうの声優】関俊彦の担当キャラクターまとめ 引用:Twitter 大人気声優、関俊彦さん。 『ぞうのそうぞう』もセリフこそ少ないですが、子どもたちをわくわくさせるキャラクターですね。 そんな関俊彦さんが演じているキャラクターをご紹介します! うみのイルカ(NARUTO-ナルトー) 引用:Twitter 大人気アニメ『NARUTO-ナルトー』で主人公・うずまきナルトの先生役として序盤から登場する先生です。 こんな先生にいてほしい!と思うような理想の先生像を形にしたような先生。 関俊彦さんは優しくあたたかみのある声が特徴的ですね。 土井先生(忍たま乱太郎) 引用:Twitter 同じく先生役です。 もはや御長寿アニメと化したEテレ『忍たま乱太郎』で関俊彦さんは、土井先生を演じています。 こちらも生徒に手を焼くいい先生の役ですね! 鬼舞辻無惨(鬼滅の刃) 引用:Twitter メガヒットをとばしているアニメ『鬼滅の刃』の鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)を演じているのも関俊彦さんです。 先生役とは一転、ラスボスポジションの鬼の役です。 怪しい魅力溢れる演技はさすがの一言。 蠍座ミロ(聖闘士星矢 黄金魂) 引用:Twitter 氷室聖(KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- ) 引用:Twitter 清滝鋼介(りゅうおうのおしごと) 引用:Twitter 鮮血(キルラキル) 引用:livedoor 桜満黒周(ギルティクラウン) 引用:Twitter 玄奘三蔵(幻想魔伝最遊記/最遊記REROAD) 引用:にじめん 志波海燕(BLEACH) 引用:Twitter ムース( らんま1/2 熱闘編) 引用:Twitter 【おかあさんといっしょ】ぞうのそうぞうの声や声優へのネットの反応は? おかあさん世代が子どもの頃から観ていたアニメ番組にも出演している関俊彦さん。 そのためそれに気づいて興奮するおかあさんたちも少なくなかったようです。 そんなネットの声を一部ご紹介します。 ぞうのそうぞう、土井先生が声やってたんか!みんな気づいてたんかな。 らんまのムース、YAWARAの松田さん。 懐かしいなあ。 あっ違う?そうですか… — ちゃー chamio0606 【おかあさんといっしょ】ぞうのそうぞうの声優まとめ 引用:81プロデュース ぞうのそうぞうの声優、関俊彦さんの担当キャラクターをまとめました。 どこかで聞いたことの関俊彦さんの声、Eテレでは『忍たま乱太郎』の土井先生もされていたんですね! また最近では、関俊彦さんは大人気アニメ『鬼滅の刃』で鬼舞辻無惨を演じています。 ぞうのそうぞうとは全く違った役柄で、鬼の恐ろしさや怪しさ、反面溢れる魅力を関俊彦さんが熱演しています! 『同じ声優』ということに注目すると、今までのアニメもまた違った楽しみ方ができそうですね!.

次の