ノートン 360 プレミアム。 ノートン360プレミアムⅢへの無料アップグレード

ノートン 360

ノートン 360 プレミアム

ノートン360の自動延長サービスとは? ノートンの自動延長サービスとは、製品の有効期間が終了する前に自動的に有効期間を延長する更新サービスです。 これを申し込んでおくと、うっかり「有効期間が切れていた」という事態を避けることができ、インストールしているPCやスマホなどの端末を手間なく安全な状態に継続的に保つことができるというものです。 製品の代金についても、登録してある クレジットカードから自動的に引き落としされる仕組みになっています。 有効期間が3年版を使っている、うっかり者の私にとっては、とてもありがたいサービスだと思い、申し込んでいました。 「ノートンストア自動延長サービス」のメールが届きました 「ノートンストア自動延長サービス」のメールが届いたので、内容を確認したところ、代金の引き落としが、翌々日になっており、自動延長代金が、「10,980円 税抜き 」となっていました。 また、この自動延長で購入した製品の有効期間は1年間となっており、1年後には、また自動延長の扱いになるようになっていました。 さらにまた、自動延長サービスの利用特典として、3つの保険が付いているということなのですが、私はこの保険に、ほとんど魅力は感じませんでした。 端末5台分とは言え、1年間で、「10,980円 税抜き 」は、とても高いので、他の選択肢はないものかと、すぐにサポートに問い合わせてみました。 料金は、継続延長より、新規購入の方が安い? すると、意外なことがわかってきました。 ノートン360プレミアムは5台分または、10台分の端末にソフトをインストールして使うことができる商品で、「1年版」、「2年版」、「3年版」のバリエーションから選択して購入することができます。 以下は5台分のノートンストアの新規購入の場合の価格表です。 また、さらに、2019年12月19日から2020年1月15日まで、1年版に限り、「期間限定 1,000円 OFFクーポン」が使え、その間だと、ダウンロード1年版は、5,480円(税抜き)で購入できるようです。 666・・・ 約4,827円(税抜き)になります。 もちろん、新規で購入すると、プロダクトキーが変わり、端末を再設定する手間がかかるのかもしれません。 そういった手間が面倒な人で、かつ、自動延長の1年版「10,980円(税抜き)」の価格が妥当だと感じる方にとっては、自動延長サービスの利用も有りなのかもしれません。 ちなみに、3台版の「ノートン360デラックス」には、パッケージ版もあるようですので、一般の通販ショップや家電量販店などの価格を調べてみると良いかもしれません。 自動延長を停止するには? 私の場合は、有効期間の残日数が37日のとき、自動延長のメールが届きました。 しかし、このメールに書かれていた、自動延長停止の手続きの期限は、メールが届いた翌日になっていました。 さらに、この自動延長の停止手続きをしなかった場合は、メールが届いた翌々日には、1年間の有効期間の自動延長の製品の代金である、「12,078円」が引き落とされてしまいます。 早い話が、メールが届いたらすぐに、自動延長の停止の手続きを申し込まないと間に合わないということになります。 全てのユーザーに、このスケジュールでメールが届くかどうかは、私には、わからないですが・・ 自動延長を停止したら かんたん延長サービスのメールが届きました 自動延長を停止した数日後に「期限切れまであと30日」として、「かんたん延長サービス」の案内のメールが届きました。 しかも、2020年1月15日までは、キャンペーン期間として、90日間の有効期間の延長が付いてくるようです。 でも、価格が3年延長で 「21,960円 税抜き 」 と、私にとっては、とても高価なものです。 そこで、「お客様へおすすめ商品」ではなく、同じWebページにあった、「ご利用中の製品を延長する」というタブをクリックしてみると、「ノートン360プレミアム 3年5台版」の料金が、 「18,980円 税抜き 」 となっており、こちらも2020年1月15日まではキャンペーンとして90日間の有効期間の延長がついているようです。 しかも、自動延長の特典として、3つの保険までついているというのです。 でも、ノートンストアの「ノートン360プレミアム」の新規購入の価格(下の表)を見ると、この「かんたん延長サービス」も私にとっては、あまり魅力的とは言えないのです。 シマンテックストアには、以下のような注意書きが、掲載されていました。 ・お客様のサブスクリプションは購入が完了した時点 またはお支払いが受領された時点 から開始します。 ノートン製品による保護を行うには、各デバイスでダウンロードとインストールを実行するか、登録を完了する必要があります。 ・シマンテックストアから直接購入した場合は、継続契約に加入したことになります。 最初の有効期間が終了すると、自動的に有効期間が延長されます。 つまり、シマンテックストアから購入する場合は、あまり早く購入してしまうと、 サブスクリプションの有効期間が重複してしまい、結果として有効期間が短くなってまうみたいです。 サポートに連絡しなければ、2つのライセンスの紐づけの確認がなされないので、自動的に統合されるということはないだろうと推測されます。 また、ノートンストアには、 更新時期が近づきますとご案内をお送りいたしますので 自動延長前に内容をご確認いただくことができます。 また、自動延長サービスはご購入後にいつでも停止することが可能です。 という注意書きが掲載されていました。 つまり、新規で購入した場合でも自動的に継続契約に加入したことになり、 ユーザーが自動延長の停止を申し出ない限り、また自動延長の扱いになってしまうということのようです。 ありがたいことに?、2重、3重のセーフティネットで、ユーザーが自動延長のサービスを受けられるようになっているようです。 まとめ 携帯電話の契約では、自動更新でそのまま使っていると、新規で契約するより大幅に料金が高くなってしまうという事が良くあります。 今回の件も、携帯電話の契約の自動更新と、似ているところがあります。 私の感覚では、「リピートして購入するユーザーは、少し優遇されるはずだから、新規購入より若干安くなっているだろう」と思い込んでいました。 しかし、昨今では、この感覚は通用しないみたいです。 「自動延長」とか「自動更新」とか「かんたん延長」というと、つい内容の確認やチェックが甘くなってしまいがちですが、そういう時ほど、よほど注意が必要なようです。 有効期限が近づいてくる前に、あらかじめ「自動延長」になっていないか、今一度、確認した方がいいかもしれません。 ノートンの製品自体は、長らく使っていますが、動作も軽いし、何ら不満はないのですけれど・・.

次の

「ノートン360」と「ノートンセキュリティ」の違いと、「ノートン360」へのアップグレード方法│やじり鳥

ノートン 360 プレミアム

Webサイトにて、ノートン 360 プレミアムに以下の記述があります。 しかし、無印、I、II、III の違いについては、検索しても見つかりませんでした。 ノートン チャットサポートに問い合わせたところ、以下の回答でした。 ・機能については同じ ・違いはデバイス数、バックアップサイズ ノートン 360 デバイス数 バックアップサイズ 無印、I 5 50GB II 10 75GB III 20 750GB 製品比較表には2つのプレミアムが記載されているが、同じ名称 I、IIの記述なし なのでよくわからない。 from youfo• この記載がどこにあるのかわかりませんが、修正漏れがあったり、古いページが残ったままだったり Google検索なのでヒットする ということがあります。 結論としては、 現在の製品仕様は上記かと。 ・1年版~3年版 ・上限5台、50GB 上記のURL リンク をクリック、 [今すぐ購入] をクリックすると、お客様のショッピングカート 画面が表示されます。 [製品ラインナップ] をクリックすると、 最下位に オフィス向けノートン 360 プレミアム が表示されます。 の記述があります。 私の場合は、ノートン 360 プレミアム、ノートン 360 プレミアム II と表示されます。 違いは、利用可能オンラインストレージ容量が50GB、75GB です。

次の

ノートン360プレミアムⅢへの無料アップグレード

ノートン 360 プレミアム

ノートン360の新機能 2019年9月5日に、新製品 「ノートン360」が発表された。 シマンテックストア 楽天市場店 2012年頃に同名の「ノートン360」という旧製品があったが、またその名称を使うようだ(ややこしい)。 新しい 「ノートン360」と、従来の 「ノートン・セキュリティ」の違いは、 新機能が2つ追加された点。 「ノートン セキュア VPN」機能の追加• 「Windows 向けセーフカム」機能の追加 「ノートン セキュア VPN」は、WiFi接続を仮想プライベートネットワーク VPN でプライバシーを保護する。 簡単に言うと、スマホやPCで接続するWiFi通信の「盗聴」を防ぐ。 昨今だとスマホで街中のフリーWiFiにつなぐこともあるが、セキュリティが甘いかも知れないフリーWiFiに繋ぐ際には、このVPN機能が役に立つ。 このVPN機能を介すことで通信が暗号化されて、プライバシーが保護されるというモノ。 ただし昨今はHTTPSの普及により、VPNの必要性が薄まってきたという話もある。 機能的には、以前からあった「」と同じ。 「VPN」という名称が一般化してきたことから、「WiFiプライバシー」という製品名・機能名を「セキュアVPN」に変更したとのこと。 この「セキュア VPN」機能は、WindowsでもiPhoneでもAndroidでも使える。 購入したプランの対応デバイス数分だけ使えるので、PCとスマホで使いたいなら2デバイス以上対応のプランが必要 デラックスかプレミアム。 「Windows 向けセーフカム」は、パソコン Win についているカメラ機能がハックされないように、保護する。 カメラをハックされると、知らない間にノートPCのカメラから、こちら側を撮影されたりする可能性がある。 ただまぁパソコンのカメラについては、レンズに黒いテープを貼って目隠ししておけば、そもそも問題は起きない。 そうすると、カメラ機能は使えないけど。 (当方はテープを貼る派) なお、このセーフカム機能については、Windowsでしか使えない。 スマホでは使えない ノートン360へのアップグレード方法 すでに「ノートンセキュリティ」を使っている場合、 「ノートン360」にアップグレードすることができる。 ただし、有償で 「延長アップグレード」購入した場合のみ。 「ノートンセキュリティ」にでログインしている状態で「延長アップグレード」すると、自動で旧製品(ノートン・セキュリティ)の残期間が、「ノートン360」の残期間に引き継がれる形。 ノートン・アカウントを持ってない場合や、別途パッケージ版を購入した場合は、ノートンのでプロダクトキーを伝え、期間引き継ぎを依頼する必要がある。 そのため、まずはノートン・アカウントを作り、製品(プロダクトキー)をアカウントに紐付けておくのが良い。 例えば利用中の「ノートンセキュリティ」残期間が 1年の場合・・・。 「ノートン360」への「延長アップグレード 1年」を購入すると、その時点から「ノートン360」アプリを使えるようになり、かつ「ノートン360」の残期間は 2年となる。 同様にパッケージ版の「ノートン360」を購入した場合も、サポートにチャットで依頼すれば期間が合計される。 この場合はサポートに、ノートンセキュリティとノートン360のプロダクトキーを伝える必要アリ。 自分はやってないが、サポート・チャットで質問したら、そう言ってた なお現時点では、パッケージ版などを別途購入するより、延長アップグレードを購入した方が安いと思う。 以下、ノートンアカウントを作成済みの前提で、アップグレードの流れ。 まず、「ノートンセキュリティ」を開き、画面左下から「延長する」をクリックする。 自分の場合は、「ノートン セキュリティ・プレミアム」を利用中のため、 「ノートン360プレミアム」が提案された。 「1年延長」で2480円である。 (プレミアムの正規更新にしては)安い。 「2年延長」は1. 5万円といきなり高くなるので、「1年延長」は新製品への乗り換え価格みたいなもんかな。 ちなみに「ノートン360」にアップグレード(+1年)せず、「ノートン・セキュリティ」を+1年延長するプランも選択できる。 しかしアップグレードと値段が同じなので、基本はアップグレードで良いんじゃないかと思います。 購入が完了したら、からソフトをダウンロード。 インストールしてPCを再起動すると、「ノートン360」になっている。 注意点として、上記フローのように公式サイトでサブスクリプションを購入すると、 「自動更新」がONになっている。 期限がきれた際に 自動更新で延長されると高額になるので、まずは自動更新をオフにする必要あり。 「自動更新」は、下記からオフにすることができる。 このメニューに、 「セキュアVPN」が入っている。 「セキュアVPN」をクリックすると、小さなウィンドウが開く。 まぁノートンWiFiプライバシーと同じなんで、新鮮さはないですね。 使用するVPN(ネットワーク)は、国単位で選べる。 自分がいるエリアのネットワークを選択することで、VPNによって発生する通信遅延を最低限に抑えることができる。 また本来の使い方ではないが、「アメリカのIPじゃないと見れないWEBサイト」とかを見る際には、「アメリカのネットワークを選択する」というような使い方もできる。 ただし HTTPプロキシ自体を弾いている場合には、使えない。 HuluやAmazon Primeの動画は国内でしか視聴できないが、海外旅行中にこの機能を使って「日本」のVPNを選択しても、HTTPプロキシ自体がNGなので、視聴不可。 スマホで使う場合は、それぞれ専用アプリ「ノートン セキュア VPN」をダウンロードする。 ノートン・アカウントでのログインが必要) ・ マイノートン画面で 「デバイス保護」を選択すると、PC保護の詳細メニュー。 「セキュアカム」機能は、この中に入っている。 アプリゲーション毎にカメラへのアクセス権限を付与できるほか、怪しいプログラムへのカメラ・アクセスは遮断してくれる形。 とりあえず、当方、アップグレード完了しました。 ノートン・セキュリティの残期間が2. 5年ある状態で、1年の延長アップグレードを購入。 ノートン360の残期間は、3. 5年になった。 なげぇ(笑) そんな感じ。

次の