立体機動装置。 立体機動装置

【進撃の巨人 考察】 立体機動装置・雷槍改良点まとめ

立体機動装置

今回紹介するのは、 が投稿した『 』という動画。 再生数は168万回を越え、「ニコニコ技術部」カテゴリランキングで最高で1位を記録しました。 投稿者メッセージ(動画説明文より) 今話題の進撃の巨人より立体機動装置を作ってみました。 久しぶりに大きいものを作ったので疲労困憊です。 何が大変って、この武器は左右対称で一対なので製作時に全く同じ工程を2回繰り返さないといけないんですよ。 若干アニメと形状が違う部分がありますが、ギミックという浪漫を追求しました。 許してください。 ー若干の補足説明ー ・操作装置は左右独立しているので、別々にアンカーを撃つことも可能です ・アンカーはワイヤーなしで発射すると10m以上飛びます 『進撃の巨人』の装備「立体機動装置」です! 単なるハリボテじゃないんですよ! ちゃんと装着できるよう軽量化も考えています。 ダンボールも駆使して作ります。 ガス缶まで完璧。 完成! これで巨人が壁を破っても大丈夫!? 視聴者のコメント ・地球にエコな移動法 ・やばいいいい ・まじかよぉぉぉぉぉ ・かっこいい ・すげえ•

次の

試作①【めっちゃ簡単】立体機動装置|作製5時間、2,000円以内で雰囲気は出せる!作り方と工程のエピソード(仮装ランナー|進撃の巨人編)

立体機動装置

大好評開催中の ユニバーサルクールジャパンサマーターム 2019年は進撃の巨人のアトラクションが帰ってきます! アトラクションも楽しみですが、今年はなんと!グッズに立体機動装置が!! 以前も販売はありましたが、約10万だったので、なかなか手が届きませんでした…。 でも今年は約10分の1の値段になったので、大変購入しやすくなりました。 値段は下がっても、USJの立体機動装置はどんな造りなのか?買いなのか?大きさは?コインロッカーには入る? 今日のブログは、進撃大ファンの私が買った2019年の進撃の巨人グッズ、 立体機動装置の値段や購入レビュー、実際付けてUSJを歩いてみた感想などなど! 気になる疑問についてお答えします。 もくじ• 間違えて踏んだらへこみそうです。 仮面ライダーの変身ベルトの方がかなり丈夫です…! トリガー部分はこんな感じ ゴムは太ももにつけるのですが、間違えてブレードが抜けないようにゴムで留めてます。 た…高いと思いますが、過去に販売されていたものは約10万だったので、それに比べるとかなりお求めやすくなりました。 シネマ4Dストアとユニバーサルスタジオスーベニアです。 ので、進撃の巨人グッズのみが目当てならユニバーサルスタジオスーベニア、クールジャパングッズを全部みたいならシネマ4Dストアへ行きましょう。 立体機動装置の購入者のみ写真が撮れる場所 パーク内で立体機動装置のブレード(刀)を抜くことは禁止されています。 その代わり、抜刀OKスペースが設けられています。 まず一か所目は、ユニバーサルスタジオスーベニアのショップ横(入口に向かって左手)です。 こちらでは、クールジャパンエクスプレス1~進撃の巨人スペシャル~を購入した方がリヴァイやエルヴィンと記念撮影できるスポットとなっています。 1人で装着するのは慣れないと結構難しいです。 ので、最後は手伝ってもらって、付けるのに10分か15分くらいかかりました。 立体機動装置は原作みたいに腰に巻くのか肩からかけるのか気になっていましたが、このように腰に巻きます。 太ももにもマジックテープ付きのベルトを巻きます。 あとは体格によって紐の長さを調節します。 私は身長160センチで、難なく装着可能でした。 …余談ですがリヴァイと同じ身長&同じ誕生日&同世代です(私も身長160センチ、12月25日生まれ、30代前半!このまま歳とりたくない!) 家に帰って身長180センチ(がっちり体型)ほどの夫にも付けてみましたが、一応装着できました。 子どもに関しては、ウエスト部分をかなり締めれば140センチくらいあればなんとなく付けれるかもしれません。 ですが、周りの人に当たらないようかなり気を配らないといけないので、お子さんにはパーク内の装着はあまりおすすめできません。 進撃の巨人のイベントは8月25日(日曜日)までなので、その期間を守りましょう。 イベント期間延長にならないかなぁ。 他のアトラクションでは、フライングダイナソーやミニオンハチャメチャアイス、ゴジラvsエヴァンゲリオンに 並んでいるときはつけたままでもOKでしたが、ライド前には外しました。 今回は乗っていませんが、ハリーポッターアンドザフォービドゥンジャニーやルパン三世カーチェイスXRライド(スペースファンタジーザライド)など、荷物をコインロッカーに預けないといけないアトラクションの場合は、立体機動装置はコインロッカーに入りません。 ので、入口のクルーに「立体機動装置はどうしたらいいですか?」と尋ねてみてください。 そもそも乗車不可か、アトラクションの手荷物預け所で預かってもらえるかどちらかになるかと思います。 (本当はコインロッカーに預けないといけない荷物を持ち込んでしまっていて、ライド前にクルーに指摘され、預けるようなスペースがあります) 店舗やレストラン内など周りの人に迷惑になるところでも着用しないよう注意書きがありました。 ナイトパレードもかなり混むので、このときも外しました。 あとトイレのときも地味に困ります。 太もも部分のベルトを付けたままだとかなり気を遣います。 ので、歩くときは太もものベルトは外し、両手でトリガー(持ち手のとこ)を持って歩きました。 そうすると周りの人には当たらないよう歩けましたし、ショップも混雑していないところなら入れました。 でも、かなり肩が凝りました…。 パーク外にある大型ロッカーのみ入るみたいで、その際はクルーに「立体機動装置を外のコインロッカーに入れに行きたい」と言えば再入場もできるみたいです。 箱はこれくらいに三つ折りにしたら、一番小さいサイズのロッカーでもなんとかギリギリ入りました。 (ワンダーランドのコインロッカー) ゴムは購入時箱に付いていました。 箱はいらなければ捨てちゃってもいいですが…もったいなくて。 折るのももったいなかったですが。 スポンサーリンク 立体機動装置は買うべきグッズ?買いがおすすめ? 立体機動装置は12000円するし、造りがどうなのか…買いなのか…私の記事をここまで読んでくださっている方はそれが気になっているかと思います。 個人的には 12000円なら買い です! 本音を言うと、安っぽいプラスチック製で12000円もするので、クオリティの割には値段は高いです。 質感を気にするなら、本当に安っぽいです。 パーク内で付けて歩くとかなり邪魔だし、乗れるアトラクションは限られてくるし、いつもの何倍も疲れました。 進撃の巨人コスプレをしている人は結構付けているかな?と予想していましたが、同じように付けていた人は1人だけ。 あの箱を持ち歩いている人もいない。 でも、進撃の巨人を読んでいる人とすれ違うたびに 「おぉー!!」 「すげー!立体機動装置だ!!」 こんな風な声をたくさん聞いて、 優越感ハンパないです! 自由の翼のマントを付けていたり、コスプレして歩いていても声をかけてくれるのはクルーくらいですが、立体機動装置を付けて歩いていると、いろんなところから「すげー」と声が聞こえてきます。 話が少し逸れますが…家に帰って家族に立体機動装置を自慢しました。 すると夫&息子から「これ、立体機動装置なの?立体機動装置って、腰に付いてる樽みたいなやつのことじゃないの?」 え…?? マルコとアルミンが一緒に整備していた…わずかなキズやヘコみだって一緒に整備した思い出があるアレです。 漫画を見返してみると、1巻に解説が載っていました。 第3話と4話の間部分です。 漫画を撮影して載せると著作権違反になるので、絵心ないですが、書いてみました。 これです。 グッズにはこの樽は付いていません。 最後まで読んでくださってありがとうございました。

次の

【進撃の巨人】立体起動装置のバランステストゲーム「訓練兵団テスト」

立体機動装置

目次はこちら• この時にまず目を引くのが 「雷槍の数」ですよね! これまでに登場していた雷槍は、 一本しか装着していませんでした。 「進撃の巨人」第75話「二つの戦局」より そのため、硬質化にて常時守られていた鎧のうなじは、 複数人で同時攻撃しなければ砕けませんでした。 「進撃の巨人」第76話「雷槍」より その点を改良し、今回のミカサは 一人で8本の雷槍を装着していました! これは「戦鎚の巨人」がどのような形態の巨人であるのかが謎であったために、鎧の巨人での戦いを踏まえ雷槍を改良してきたのだと思われます。 そのため、ミカサの 単独攻撃で8本の雷槍を一気に叩き込めていますよね! 「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より 凄まじい破壊力です! 「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より ただこの時に気になったのは、 アンカーの存在です。 これまでの立体機動装置は、まず進行方向にアンカーを刺し 「進撃の巨人」第81話「約束」より ワイヤーが巻き戻る力により、アンカーが刺さっている方向に移動できるという装置でした。 「進撃の巨人」第81話「約束」より しかし、今回のミカサの登場場面、及びその後も アンカーが見受けられません。 これは、 今後も要チェックポイントですよね! そして、装備も雷槍以外に最も特徴的だったのは、 銃の装備ですよね! 「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より これは当初は中央憲兵が使用していた対人立体機動装置のように、アンカーと銃が複合的に備わっているトリガーなのかとも思っていました。 「進撃の巨人」第58話「銃声」より 対人立体機動装置は、上の銃口は銃の役割を持っており、下の銃口はアンカーの射出機となっていました。 「進撃の巨人」第64話「歓迎会」より しかし、今回登場した新立体機動装置は、「パンパン」との効果音からも 単純に拳銃を持っているだけのようにも見えます。 「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より ただ、この時の銃口の下にも射出機らしきものも見えますので、もしかしたらアンカーが打てるようになっているのかもしれません。 この辺りは現在では確定できませんね。 そして今回大きな改良点だなと感じたのは、 ガスボンベですよね! 「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より これまで腰に付けられていたガスボンベですが、ボンベは背に移動していました。 これはも完全に 対人立体機動装置から取り入れていますよね! 「進撃の巨人」第58話「銃声」より そして最後に要チェックだなと感じたのはミカサのブレードケースは大腿部に移動していましたが、 「進撃の巨人」第101話「戦鎚」より こちらのアゴ髭マーレ兵らしき人物は、 ブレードケースを付けていなかったことです。 これはマーレ軍に相対する対策だと考えられますし、マーレ軍の銃対策とも考えられるでしょう。 胸当ては、そこから生まれたと感じられますよね。 このマーレ軍対策である新立体機動装置には、やはり 「現在のマーレの情報」と 「その対策の為のアイデア」が不可欠でしょうし、そこを踏まえて誕生したのは間違いないでしょう! 戦鎚対策である8本の雷槍は鎧の巨人対戦から生まれたのでしょうが、新立体機動装置は 間違いなくマーレ軍対策から生まれたのだと感じます。 ・サイキョウノキョジンはどう最強なのか。 明らかに地球の重力下では最強ではない ・ハンジさんの体験談である巨人は軽い説、死んだら、なのか常時なのか。 それとと首から上? ・太陽が反対なのは我々の住む世界と違う概念を取り入れたかったから、と作者は答えているが 本当にそれだけなのか。 時間遡行説はクルーガーの描写がエレンになったこと、クルーガーの記憶が曖昧なことからも信用性が消えたわけではないのでは? ・ミカサのキズはどう影響するのか。 仮にも()女の子、他にも頬に傷を負った人は多いはずなのになぜミカサだけ? ・ライナーたちの始祖奪還作戦、どうやって奪還する予定だったのか。 喰うの? なら他の知性巨人も複数所持が可能なのか。 (グリシャは不明) で、本作進撃の巨人のモチーフとなっている北欧神話において、牡羊の化身とされている神がいます。 それがヘイムダル。 神々の世界と人間の世界をつなぐ橋の番人であり、ラグナロクの始まりを告げるとされています。 100話なんてまさにそうですね。 そしてヘイムダルは別名リーグとも呼ばれ、アイルランド語で「王」の意を持つ、人間の祖先と言われています。 また、リーグは王族・自由農民・奴隷の三階級を司る人間の父とされています。 どことなく三重の壁が想起されますね。 クルーガーの言っていた、人を愛せ、という言葉も引っかかります。 エレンが誰かを愛すことになれば都合3人になりますし。 さらにヘイムダルは未来余地の能力も持っていたそうです。 補足ですが、ヘイムダルの母親は9人いたとされます。 この母親たちの父はエーギルで、奪い取る者を護憲としています。 以上、北欧神話からでした。 団長殿、いつも更新お疲れ様です。 最初に黒づくめの新コスチュームを見た時、GANTZスーツを思い出してしまったのは自分だけではないハズ(笑) この4年間で調査兵団は新型立体起動装置の技術や練度を高める為に訓練を積んできたんでしょうね。 個人的に一番気になっているのは、64話でアルミンが指摘していた「アンカー射出機と散弾の射線が同じ方向を向いている事」 つまり移動時の背面側は射程外と言う対人立体起動装置の弱点をどう改良しているのか?です。 ピークやポルコの上空を移動している時はワイヤーが描かれているので、アンカー射出機は従来型の腰に装着しているタイプだと推測します。 ミカサはエレンゲリオンを串刺しにしたタケノコ状の柱にアンカーを打ち込んでから戦鎚の巨人に雷槍攻撃を仕掛けたのではないでしょうか? アンカー射出機を別に装着していれば、どの方向からでも攻撃が可能です。 銃口が狭くなっているのは従来のショットガン(2発撃つと次の装填まで時間がかかる)タイプを改良して連射可能なモノにしているんでしょうね。 銃口下段の用途も気になります。 攪乱用の閃光弾や音響弾と言った非致死性兵器が込められていたら・・・と思うと妄想が止まりません。 始祖ユミルの娘3人ローゼ、マリア、シーナは巨人を継承しなかったんですかね? 壁の名前の由来なので、継承してない、している、どちらでも納得はできるんですが、少し気になりますね。 仮に継承していても、3人で分けたのか、1人が継承したのか、それとも別の9人なのか、はたまた本当にお世話に9つなのかというのも疑問です。 ちなみにミカサがエレンに帰って来てというのは、単独行動をとったのもあると思いますが、本当のエレンに帰って来て、と言ってるようにも思えます。 あと手紙ですが、家族あてではないが仲間には届いたと言っていましたが、ジークともしかしたら連絡を取り合っていた可能性もありますが、マーレからパラディ島に手紙を届ける方法があったのでしょうか? パラディ島側は外の世界に人がいることはしりませんし、まぁ匿名であれば別ですが、巨人の力で到着する場所に誰が手紙を届けるのでしょうか? それは考えにくいと思います。 ですので、マーレに攻めいるのはパラディ島側の戦略でエルディア人収容区などに潜入しそこで手紙のやりとりをしていたのならまだ納得いくと思います。 ミカサの帰って来ては上記が今のところ当てはまると思っています。 マーレの上空を、ヒュン!ヒュン! 待ちに待った光景であり、これが凄く 絵になります。 マーレ軍と比べると、まさに未来戦隊。 立体機動装置-これがパラディ島で ガラパゴス的に創り出され、マーレ軍 をも圧倒! その快挙に、 「ガラパゴス万歳!!」 と 思わず叫びました。 (笑) ただし、一見 機動的で カッコ良いの ですが、大きな弱点があります。 それは考察にもあるように、銃器の 一斉掃射に辛いことです。 胸当てがあっても、頭部を狙われたら どうなるか? そもそも 調査兵団は、あんなに危険な 任務なのに ヘルメットを付けない。 これはどうかと思います。 マーレ軍や中東連合軍は、ちゃんと ヘルメットを付けています。 まあ、これも ガラパゴスなのかもしれ ませんが… アース団長、お疲れ様です。 新考察ありがとうございます。 やはり、あれは対人立体機動装置改ですよね。 ボンベは小さいので使用時間は短いかもですね。 アンカー(ワイヤー)はピーク上空では使ってるように見えるので、どちらでも可能なのでしょう。 恐らく、ミカサはフル装備(ブレード、銃、雷槍)ですね。 やはり、対人部隊、対巨人部隊、エレン援護部隊くらいの編成で上陸してると推定します。 上陸占領は考えていないはずなので、襲撃部隊でしょう。 戦略的に見れば、 1.エレン襲撃の間にマーレの武器弾薬など物資の破壊工作を行うはずですが、まだ、見られないので、これから発生するかもしれないですね。 あと、兵員の実戦部隊や予備役は殆どエルディア人ですので、収容区の解放といきたいのですが、「島の悪魔」と洗脳されており、これも難しいですね。 となると、やはり巨人戦力の奪還もしくは殲滅が現実的目標になりますね。 ただ、このメッセージは狙撃される可能性があり危険ですので、捕虜のマガトにメッセージを託すかもしれないですね。 殿は超大型と見てますが、わからないですね。 結局、目的は我々と敵対すれば、容赦しないという威嚇なんでしょう。 エレンも「敵を駆逐するまで」と言ってますし、敵でなければ駆逐しないんでしょう。 以上、長い妄想失礼しました。 見間違いかもしれませんが、アース隊長の意見も聞きたいです…従来の立体起動装備とは違う形ですが。 「背中の立体起動装置」はケニーの場合は「手首下辺りの装置」からワイヤーを射出していましたが、今回のミカサの場合は、雷槍を持っていた為か手首下にはありません。 しかし肩あたりにワイヤーを射出できそうな装置かあるように見えます。 ワイヤー抜きで飛んでいたように見えたのは、このパワーアップした立体起動装置の威力かなと思いました。 そしてブレートを両足に固定してあります。 巨人に対してすぐに攻撃出来るようにしてあると思われます。 この方が動きやすそうですね。 この装備は重く、技術がより一層必要となる為、ミカサとリヴァイしか使いこなせないのではと思いました。 アース団長!日々、様々の考察をありがとうございます! 私もこの新・立体機動装置を見たときには、そのスゴい発展ぶりに目をみはりました。 どなたかも書いてらしたように、大陸人の目線で見ると、もう未来装置! この対人立体機動装置の発展形は、絶対、ハンジさんとアルミンの知恵がふんだんに入ってますよね。 雷槍はわかります。 また獣やら鎧やらが来るかもしれないし。 でも、「対人」を4年でこんなに発展させて、パラディさん、大陸に攻めていく気満々ではないですか! この装置の立案・制作にしても、マーレ軍の情報集めにしても、もしパラディ島内、もしくはエレンとアルミンがマーレ攻めに対して意見の分裂をおこしていたとしたら、どこまでできるものなのでしょうか・・。 分裂説をもうちょっとちがう角度からも考えてみたいと思います。 万年訓練兵にどこまでできるかわかりませんが・・ 考察、ありがとうございます。 ミカサの登場と最新の立体起動装置、ワクワクしかないです。 この立体起動装置だとワイヤーが無い分、本当に自由に鳥のように飛んでいるので、「自由の翼」そのものだなと感じました。 私は32隻の艦隊を駆逐したとは思えなかったんです。 マーレ軍とは言え乗っているのはエルディア人で言わばパラディ島の人達と同じ民族だし、好き好んでマーレ軍の為に戦っているわけではないと思っています。 なので、ハンジさんや他の上層部もこのマーレ軍として来たエルディアの人達を所謂「捕虜」とし、一緒にエルディアの為に戦おうと誘ったのではないかと思っています。 そこからマーレの情報を得て、今があるのではと。 壁の外の広い土地に今はいろいろ開拓して暮らしているのではないかと思います。 もう巨人はいないので。

次の