マクゴナガル 先生。 ホグワーツの教職員

ミネルバ・マクゴナガル (みねるばまくごながる)とは【ピクシブ百科事典】

マクゴナガル 先生

ハリーポッター。 マクゴナガル先生がスネイプ先生と対決するシーンありますよね。 あの時にマクゴナガルが使っていた炎?を出す呪文の名前は何か分かりますか? ハリーポッターと死の秘宝part2です。 スネイプは何もすることができず防戦一方だったしマクゴナガルは相当強いんですか?すごいかっこよかった。 スネイプがマクゴナガルの炎の呪文を防いでいた呪文はプロテゴですか? マクゴナガルとスネイプだと、経験の違いなどからマクゴナガルの方が決闘だと強いですか? あとホグワーツの教師で決闘が強い順は 1 ダンブルドア 2 マクゴナガル 3 フリットウィック 4 スラグホーン 5 スネイプ ですか? フリットウィックは決闘チャンピオンで非常に強いと言われてますし、スラグホーンはデスイーターから勧誘されたりかなりの腕前だと思われるのでスネイプより上にしました。 原作でもマグゴナガルの炎の呪文は明記されていません。 スネイプが使ったのは盾の呪文 プロテゴ系 ですね。 マグゴナガルは相当強いですよ、「不死鳥の騎士団」で3人から夜中に魔法省のやつに不意打ちをうけやられた時には「昼間にだったらあんな奴らにミネルバ・マグゴナガルがやられるわけがない」とマダムポムフリーが言っていました。 強い順は原作でもはっきり表現はされていません。 ハリポタ世界では魔法使いは戦士ではないので強さの序列はあまり表現がないのです。 ファンの間ではダンブルドアとヴォルデモートどちらが強いかでさえ議論になります。 なので、推測でしかないという前提でお答えします。 私はその5人だと ダンブルドア マグゴナガル スネイプ フリットウィック スラグホーンだと思います。 決闘ではフリットウィックはチャンピオンだったかも知れませんが、いざ殺し合いとなると上3人に勝てる姿が想像できません。 ダンブルドアは文句なくNO1てます。 スネイプは闇の魔術をたくさん知ってるし年寄りのフリットウィックより強いと思いますよ。 マグゴナガルは実際にスネイプを追い払いました。 スラグホーンは死喰い人に勧誘されましたが、それは戦闘の強さではなく記憶関連の事も含んでいると思います.

次の

マギー・スミス

マクゴナガル 先生

スポンサーリンク "That was bloody brilliant! " — Ron Indeed! , Professor McGonagall! — Harry Potter Film HarryPotterFilm ミネルバ・マクゴナガル先生のプロフィール ミネルバ・マクゴナガルは、ホグワーツ校のグリフィンドール寮監で、変身術の教師から、最後は校長にまで上り詰めた半純血の魔法使いで動物もどき。 幼少〜若い頃 ミネルバ・マクゴナガルは、母は魔法使いのイゾベル(旧姓ロス)、父はマグルのロバート・マクゴナガル・シニア。 マルコムとロバート・マクゴナガル・ジュニアの二人の弟がいる。 母は父に魔法使いだということを伏せて結婚して、マグル界で生活していたが、魔法を使えるミネルバが生まれてそれが発覚。 父がショックを受けながらも両親は結婚生活を継続して、2人の弟が生まれる。 ミネルバは弟たちがしでかす魔法を隠す母を手伝っていた。 スポンサーリンク ホグワーツ学生時代 組み分け帽子は、グリフィンドールかレイブンクロー5分30秒迷った末、ミネルバ・マクゴナガルをグリフィンドールに組み分けする。 特に変身術に秀でていて、当時の変身術の教師から手ほどきを受けて、在学中に猫に変身できるようになる。 クィディッチの寮代表チームでも、最終学年でスリザリン代表チームとの戦いで落ちて怪我をするまで活躍。 大変優秀で、監督生を務め、O. L試験でもN. T試験でもトップで主席となる。 在学中にポモーナ・スプラウトと友人になる。 卒業後の仕事 魔法省に就職し、魔法法執行部に配属。 しかし、マグルの父に持っていて、反マグル主義の同僚とはソリが合わずになじめないこともあり間もなく退職し、希望していたホグワーツ校の変身術の教師となる。 Happy birthday to one of the most brilliant professors at Hogwarts, Minerva McGonagall! — Harry Potter Film HarryPotterFilm 不死鳥の騎士団にも参加。 グリフィンドール寮監、ホグワーツ校副校長も兼任。 第二次ホグワーツの戦い後は、ホグワーツ校校長となり、10年以上務めた後2008年から2017の間に退職する。 ミネルバ・マクゴナガルの強さ 著者のJKローリングがミネルバ・マクゴナガル先生の強さについて語ったことによると、先生は「戦いがある時は女性も戦う」ことを象徴するような存在とのこと。 ホグワーツ城の戦いでは、呪文を発動させて、石像の戦士たちを操る。 また、スネイプと派手な呪文バトルを繰り広げてホグワーツ城から追い出す。 そのインタビューとバトルシーンの動画はこちら。 スポンサーリンク ファンタビ2での年齢に?|誕生日が1935年なのに、なぜか1927年に教師 ミネルバ・マクゴナガル先生の誕生年は1935年。 しかし、生まれていないはずなのに、なぜか「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」の1927年に教師として登場している。

次の

マクゴナガル X 天使にラブソングを

マクゴナガル 先生

ミネルヴァ=アテーナーは戦闘の女神! 実は、このようにマクゴナガル先生が戦いで圧倒的な力を発揮するのは、 そのフル・ネームが ミネルヴァ・マクゴナガル であることを知っていれば、それほど驚く話でもありません。 このマクゴナガル先生のファースト・ネーム ミネルヴァ とは・・・ 実は ローマ神話のミネルワァ女神 に由来するも名前なんですね〜。 (*「ミネルヴァ」はローマの名前「ミネルワァ」の英語読みです) このミネルワァ女神は、 ギリシャ神話のアテーナー女神 がローマに受け入れられて、同一視されていた女神です。 ギリシヤ神話の女神アテーナー とは、 知恵の女神 手仕事の女神 そして 戦闘の女神 としての側面も持っていました。 そう、実は、強力な戦闘能力を持つ、「戦いの女神」でもあったのです! そのため、女神アテーナーの像というのは、 ヘルメットをかぶるなど、武装した姿 で描かれることが多いのです。 アンフォラ、紀元前550—525年、ルーブル美術館蔵 う〜ん、でもちょっと想像すると、グローいい・・・ ま、でも具体的にその誕生シーンを思い描く必要は無し!神話ですから! 要は大事なことは、 女神アテーナーは生まれた時から戦闘準備ができていた! ってことです! さすが、戦いの女神!! 一瞬でも敵に隙を見せることはありません!! この女神アテーナーをローマで引き継いだのが、 ミネルワァ女神 というわけです。 もちろん、ローマ人がギリシャ神話を引き継いでも、 彼らは民族も(ギリシャ人とローマ人)異なっていますので、 完全に同じ女神として同一だったかというと、それはちょっと違います。 例えば、ミネルウァは医術の神としての側面もありましたが、 アテーナーにはそういった面はありません。 でも、知恵の女神、戦闘の女神といった側面では両者は共通しています。 「北アメリカ大陸の魔法界」と「イルヴァーモーニー魔法魔術学校」 そして、「ハリポタ」のスピンオフ新作映画シリーズが公開になるにあたって、 そのベースとなる完全書き下ろし新作が、配信されています! 「ハリポタ」作者、新章「ファンタビ」に向け書き下ろし新作第2部「イルヴァーモーニー魔法魔術学校」配信&特別映像公開 大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズの新作映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の公開(日本は11月23日)に向けて、原作者のJ・K・ローリングが書き下ろした完全新作「北アメリカ大陸の魔法界」の第2部「イルヴァーモーニー魔法魔術学校」が、公式サイト「ポッターモア」で公開された。 また、映画. comは、物語の概要を描いた特別映像を入手した。 「北アメリカ大陸の魔法界」は、これまで詳しく語られることのなかったアメリカの魔法界とその歴史を描いており、ローリングが初めて映画脚本を手がけ、1926年のニューヨークを舞台にした「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」につながる内容となっている。 第1章の「北アメリカの魔法界の歴史」では、14世紀から映画の舞台となる1920年代までのアメリカの魔法史がひも解かれたが、今回公開される第2章では、ハリーたちが通ったホグワーツ魔法魔術学校の米国版ともいえるイルヴァーモーニー魔法魔術学校の詳細が明かされる。 pottermore. こちらのページにアクセスすることで、日本語版を無料で読むことができる。 (映画. com より引用) 紹介動画も公開されていますよ! うん、この紹介動画だけでも、二時間映画にして欲しいくらいのクオリティ!! ということで、実は魔法界はヨーロッパ以外のアメリカ大陸でも、広がっていたんですね〜 これからもさらに「ハリポタ」の魔法の世界は広がりそうですよ! さらなるギリシャネタが出てくるかどうか、私も今後の動向に注目したいと思います! 新作映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」予告編! そして、2016年のハイライトは、 スピンオフ映画 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」 の公開です! この映画の主人公は、 魔法動物学者 ニュート・スキャマンダー 舞台は1920年代のニューヨークへと移ります! ニュートは、ハリーたちがホグワーツで使っていた教科書 『幻の動物とその生息地』 の作者です。 原作者のJ. ローリングさんも思い入れのあるキャラクターのようで、 なんと、彼の書いた教科書も出版してしまいました! カテゴリー• 201• 104• 204• 149•

次の