ローチケ 譲渡。 優しいデジチケ説明講座!入場方法や本人確認、譲渡方法の裏技公開

スマチケ【公式より分かる】本人分も譲りたい・譲渡分配・転売は?オークションは?イープラス

ローチケ 譲渡

複数名義・重複応募に関して勘違いしている人があまりにも多いのでまとめました。 現行の規約・今回改定されたもの・チケット応募の際に届く紙に書かれていることを分かり易くまとめたつもりです。 疑問質問あればお気軽にどうぞ。 でも少しは自分で考えてからにしてくださいね。 家族間の名義貸与は不可。 また、当選したチケットを高値で譲渡・転売(サイト・全てを含む)する行為は、 現行のチケット販売規約5条(禁止事項)、改定されたチケット販売規約9条(転売などの禁止)に違反。 しかし、今の段階で名義人が、「申し込みの段階で行く気が合ったけど都合が悪くなりいけなくなった」のか、「最初から行く気がなかった」のかを見分けることは難しい。 相手指定の譲渡・交換制度だと、FC会員同士のチケ交換ネットワークの輪に入れていない会員が不利である上に、条件の良い人との取引になる可能性が高いため、再抽選が一番平等であると考えた。 キャンセル回数の制限をすることで、とりあえず応募も減少するのではないかという期待を込めて。 つまり、、10月6日の公演に関して、上図の申し込みをした際には、Bさんを代表者にしてAさん、Cさん、Dさんを同行者として申し込むことはできない。 それに加え、新しくEさんから誘いを受けても、Aさん、Bさん、Cさん、Dさんは代表者にも同行者にも書けないわけである。 申し込み回数に制限はないので、一名義で複数会場にに申し込みが可能、当選の可能性もある。 同行者が非会員の場合は、同行者を代表者にすることは不可。 同行者・代行者は入れ替えでなくてもOK。 ただ、どちらも使えるのは各1回までですよ。 ってこと。 例3)代表・同行どちらか1回までの場合。 これらの3つの申し込み方法で、重複申込が発覚した場合、チケットの申し込みは全て無効になる可能性がありますのでご注意ください。 申込の際に同行者を決めないまま、2枚で申込、当選してから同行者を探すのは、転売目的の申込となるので、本来はチケット販売規約(現行の5条、改定の9条)に違反。 だが、その取締りは不可能に近い。 個人的にここは、 幅を持たせている部分。 今までと変わらないお慈悲の部分だと考えている。 今はうまくすり抜けられていても、 この同行者枠の転売が続けば今後同行者の本人確認も厳しくなると思われる。 この部分をどう使うかは会員に委ねられているというか、、。 まぁ、どちらにせよ 代表者は必ず参加できることが必須。 万が一同行者を後で探す、変更することになった場合も高額転売することはやめましょう。 つまり、前者だと「私」か「親」がツアーに2回参加できるわけで。 これだと「一人でも多くのお客様に」っていうのに引っかいうか。 人気公演の場合ね 今は、同行者の記入が要らないケースが多くて、その区別がつかないから、家族名義ってどちらかしか当たりにくいってことなのかと。 これはただの予想だけど。 簡単に言えば、申込の時点で参加することが可能な公演、当選したら仕事を休める公演にだけ申込みましょう!! ってこと。 申込の際に「どこでも良い」を選ぶと、追加公演とかに回されるパターンもあるから気を付けてくださいね。 友人や家族と申し込む際も、自分がどの公演で代表者なのか、同行者なのかを考えて申し込んでくださいね。 本来「友人と被ったので譲ります」ってあり得ないはずなので。 被ってあたった時には、それぞれで同行者決めていけよ!ってことかと。 よく、FC会員同士で、「同行予定の人でみんなで同じ日希望で申し込もう!チケット被ったら誰かに譲ればいいし!! 」っていうのを見かけますが、名義人がいかないのであれば、 転売行為ですよ、、。 っていう。 このやり方に置ける多ステは 認められています。 重複応募・譲渡をしなければ、友達や家族と代表者・同行者をどうするのか相談してチケットを取ることは、なんの違反でもないわけです。 あくまで、故意的に行く気のない人の名義を使って多ステをすること、行けるかわからない日程でとりあえず応募して結果行けなくて名義人不在のまま譲渡することなどがです。 mari52smaV.

次の

チケットを譲渡したいとき:販売手数料の比較と注意点

ローチケ 譲渡

ローソンチケット電子チケットアプリ認証方法 今回使用する電子チケットは、 ローソンチケットの電子チケットなのですが、この電子チケット、一時期ニュースになるほど混乱が起きたそうで、びくびく怯えながら準備をしました。 大丈夫だと信じよう…。 iPhoneでのローチケアプリ認証方法 では早速始めます。 ちなみに、私は iPhoneユーザーです。 Androidの方は少し方法が異なるようですので、お気を付けください。 【iPhoneでのローチケアプリ認証方法】• 公演の10日ほど前にお知らせメールを受信• アプリを起動• (30秒くらい立たないと押せないことも)• 同行者がいる場合のチケット分配 さて、一人分のチケットの場合はこれで終了ですが、私の場合は同行者がいるので、 同行者へのチケット分配が必要です。 申し込んだ本人がこの作業を行わないと同行者はチケットを受け取れないので、忘れずに必ず分配を行いましょう。 【チケット分配方法 】• 申し込み者本人のスマホでローチケアプリを起動• 予め登録している 同行者の名前と電話番号が出るので、 分配したい人を選択• 同行者にSMSでチケットが分配された旨のメールが届く• 同行者もローチケアプリをインストール&認証を終える• 思ったよりも簡単にインストール&認証できましたが、もし どこかでエラーが出ていたらパニックになっていたかも …。 少しでも誰かの参考になれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 お役に立てたようで嬉しいです。 さて、ご質問の 「分配された側 相手 のSMS上に、分配した側(自分)の名前などは表示されているか」についてですが、 電話番号は出ていませんでしたが、名前は表示されていました(SMS確認済み)。 また、 「分配された側のアプリ上での表示」については、同行者が既にアプリを削除していたので確認ができないのですが、たしか名前は表示されていたように思います。 分配した側(この場合、私)のローチケアプリを確認しましたが、自分と同行者の両方の「名前と電話番号」が記載されていたので、恐らく 同行者側(分配された側)にも私(分配した側)の「名前+電話番号」もしくは「名前のみ」は表示されるものと思われます。 確実なことをお伝え出来なくて申し訳ありません。 少しでも参考になれば幸いです。 よろしくお願いします。

次の

舞台のチケットを譲渡する方法

ローチケ 譲渡

電子チケットの譲渡 譲渡はできる? 基本的に電子チケットには分配機能が備え付けられています。 しかし、4枚組だったら3人までにしか分配できず、 自分のチケットを誰かに渡すことはできません。 これだと、自分が当日ライブにいけなくなってしまった場合には困りますよね。 結論から先に言うと、 チケットの発券元にもよりますが譲渡は可能です。 例えば、tixeebox(ティクシーボックス)というアプリを介したチケットであれば 「DMMパスストア」「チケットキャンプ」といったサイトを利用することで、譲渡できます。 譲渡の方法 自身が入手したQRコードを他人に譲渡する方法が一般的です。 詳細な方法は各公式サイトを見ていただくのが正確かと思うので、このページでは省略いたします。 先に挙げた2サイトも多少の形式の違いはあれど、ステップは以下の通り同じです。 サイトに登録して譲渡したいチケットを出品• チケットが欲しい人が購入• チケット代金が支払われる• QRコードなどのチケット情報が譲渡される 譲渡におけるトラブルの対策 ここで問題となるのが 本人確認や、不正に複数人へ譲渡された場合での入場エラーです。 実際に、チケットキャンプでも電子チケット関連のトラブルが多発したようです。 そこで、チケットキャンプが導入したのが 「代金預かりシステム」。 簡単に言ってしまえば、 購入者が入場を確認するまで、売却者にお金は支払われないというシステムです。 購入者が安全に入場できたことを確認して、はじめて代金が支払われます。 もし トラブルが起こった場合には、購入者に代金が返金されるので安心です。 さらには、売却者には代金が支払われないばかりか、罰則があります。 不正なチケット販売を行う業者を淘汰するシステムですね。 このシステムの導入によって、チケットキャンプにおける電子チケットのトラブルは大幅に減少したようです。 本人確認はどうなる? 本人確認があるライブやイベントの場合には、事前に大々的に告知がされている場合が多いです。 電子チケットについて更に詳しく 譲渡の方法がわかったところで、さらに電子チケットについて深掘りしていきます。 電子チケットとは、ライブなどのチケットを購入後に紙媒体ではなく、データとして配布するサービスです。 入場時に、スマートフォン上配布されたチケットのにQRコードを読み取る形式をとります。 映画館をネット予約できる 「ムビチケ」や 「KINEZO」も似たようなサービスですね。 これらは映画館の発券機でQRコードを読み取って発券する必要がありますが チケットを買うために並ぶという面倒な仮定をカットできる便利なサービスです。 まさに 電子チケットの前身とも言えるでしょう。 最近では、映画館でもQRコードで入場する チケットレスサービスが徐々に実装されてきているようですね。 電子チケットの利点 紛失の心配がない 紙媒体と違って、紛失の心配がありません。 ライブまでの期間でチケットの保管場所に困った経験はありませんか? その点、電子チケットはネット上にデータとして保存されるので、保管の心配も要りません。 また、当日にチケットの準備を忘れたり、財布がかさばらないのも魅力です! 購入後すぐ手元に来る 紙媒体のチケットを購入すると、郵送が行われます。 届くまではなんだか落ち着かないですし、郵送物を受け取るなどの手間があります。 しかし、電子チケットは購入したらすぐにメールで届きます。 さらに、データなので わざわざ受け取る必要もありません! このスピード感は電子チケットならではのメリットです。 友達と分配が簡単 さらに電子チケットは分配も簡単です。 チケットに分配機能がついていますから、例えば4枚組のチケットを購入したら、手軽に3人に分配することができるんです。 分配された側も、即時で反映されますから、手軽に代理購入できちゃいます。 そしてやはり、直接の受け渡しが必要ないのも魅力です。 友達のチケットを預かるのってなんだか責任感があって不安ですよね^^; 電子チケットなら、購入したらすぐに分配できちゃうので、気にする必要がありません! これからの電子チケット 矢沢永吉さんが「YAZAWAの勘」と言っていましたが、 彼の言う通り、 電子チケットのサービスは今後どんどん導入されていくでしょう。 そして電子チケットを取り巻く一番の問題は 「譲渡」です。 電子チケットがチケットの転売を防ぐことを目的としたサービスである一方で ライブにいけなくてチケットの処理に困る人が存在することも紛れもない事実です。 電子チケット業界は、転売や譲渡におけるトラブルを防ぎつつも、 譲渡をスムーズにする構造を作っていく必要があると思います。 例えば、先述のように定額での譲渡なら、転売屋のターゲットにもなりにくいです。 そして、譲渡における本人情報をスムーズに転換できるサービスが今最も求められているものでしょう。 これからの 電子チケットの譲渡の仕組みは更に便利・安全になっていくと予想できます。 まとめ• 電子チケットは譲渡可能• 一方で譲渡の手間やトラブルの問題もある• 譲渡の仕組みは便利・安全に進化していく 以上、電子チケットの譲渡についてのまとめでした。 個人的には、紙媒体のチケットは好きではないので、電子化でどんどん便利になって欲しいですね! 最後までお読みいただき、ありがとうございました!.

次の