高田美和 離婚。 高田浩吉

高田美和…片岡秀太郎との結婚から「離婚お礼会見」まで

高田美和 離婚

来歴 [ ] 新日本プロレス [ ] 少年時代はに憧れる野球少年で、少年野球ではオール橫浜に選出されるが、長嶋の引退と同時に野球熱が冷める。 その後に憧れて、中学生になった頃には入りを決意。 卒業後、をしながら独自の方法で体を鍛え 、にへ入団した。 道場ではとが兄貴分的な存在となり、スパーリングで鍛えられた。 太りにくい体質で、新弟子時代は毎月のように体重のノルマを課せられて、それをクリアできなければ解雇される状態だった。 5月9日に対戦でデビュー。 この頃の得意技は跳躍力を活かした。 からはアントニオ猪木の付き人を務める。 に猪木が遠征をした際に付き人として同行しており、欠場したの代わりにたまたま試合に出場したところ、ジャパニーズレッグロールクラッチで勝ちを収め、高田のテレビ中継デビュー試合でもあり、ポストタイガーマスクとして一躍注目を集める存在となった。 それまでは前座で勝てなかった先輩達(と)から勝利を収め、代打の形でテレビマッチにも抜擢されるようになり、「青春のエスペランサ」の異名がつけられた。 当時の入場テーマ曲は「疾風のライダー」という曲で移籍前の新日本時代にかかっていた。 また、ジュニア戦線での闘いを意識してを多用していた。 第1次UWF [ ] に師匠の誘いで 、新日本を離脱し、オープニングシリーズでは選手貸出しの形で参戦していた(旧UWF、第1次UWF、ユニバーサル)に移籍してと合流。 当時遙かに格上だったから勝利を収め、同時期にUWFに移籍したらと名勝負を繰り広げたものの、予定されていたの不参加などの要因で団体は崩壊。 新日本プロレス [ ] UWF所属選手は新日本へ合流し、新日本に参戦した期間には、を好敵手として「新・名勝負数え唄」と呼ばれる好試合を繰り広げ、のベルトを争った。 また、当時『』の実況を担当していたから「わがままな膝小僧」の異名を付けられた(キックを多用するファイトスタイルから。 「戦う」とも)。 この当時は女性ファンからの人気も高くにはが段ボール箱2、3箱届いていた。 第2次UWF [ ] 、前田日明、山崎一夫らと共に第2次UWFを立ち上げる。 第2次UWFでは前田に次ぐナンバー2の序列で 、前田、山崎とともに「前高山」と言われた。 第2次UWFは一世を風靡したものの、人間関係の不和から、に前田の、の、高田のの3団体に分裂。 UWFインターナショナル [ ] UWFインターナショナルを設立し、社長に就任。 「最強」を肩書きにした高田 は団体の絶対的エースとして 、、、、ら強豪選手との対戦などで人気を博し、にはのMVPである年間最優秀選手に選ばれる。 4月からはのスポーツニュース番組「」のキャスターを務めるまでになる (試合があった日も生放送に出演していた)。 1月にタレントの向井亜紀と挙式した。 高田以外に知名度のある選手がほとんどおらず、スポンサーやテレビもついていないUWFインターの経営は頃に苦しくなり、社長業が高田を精神的に苦しめるようになる。 6月に「近い将来、引退します」とマイクで宣言し 、さらに同年7月のにはから比例名簿順位2位で出馬するも落選。 8月にはから「僕と真剣勝負してください」と挑戦を受けるが拒否した。 数々のトラブルと選手離脱により倒産が現実味を帯びたUWFインターはとの対抗戦に踏み切り、1995年10月9日「新日本プロレス VS UWFインターナショナル全面戦争」における大将戦・()戦に敗北したことで、最強を標榜してきた高田とUWFインターは決定的なイメージダウンを受ける。 1月4日、東京ドームで武藤を破ってリベンジに成功。 第18代IWGPヘビー級王者となり、IWGPすべての王座を獲得した。 3月1日には、UWFインターナショナルのリングで防衛戦が行われ、を破って初防衛に成功したが、4月29日、に敗れ王座陥落となった。 その後、に参戦して交流試合を行い、と2度のシングルマッチを行い天龍との試合はの年間最高試合に選ばれる。 しかし、UWFインターの運営は混迷し、山崎に続いて、6月にはやが退団。 10月にはインディー団体「」に参戦し、従来の路線からすればありえないマッチメイクであったとのシングルマッチを行ってまでなんとか団体の存続を図ったが 、1996年12月にUWFインターナショナルは解散した。 キングダムのサポート [ ] 多くの選手は新たに設立された団体「」に引き継がれたが、既に戦を見据えていた高田は意見の相違のため所属はせず、公開スパーリングと解説者としてかつての仲間をサポートするにとどまった。 UWFインターナショナルで興行に経営者として携わることに懲りており 、自らは興行会社としてのプロレス団体ではなく所属選手を持つ格闘技の道場として「」を設立した。 総合格闘家時代 [ ] キングダムの初期、高田道場の選手や海外のバーリ・トゥード系選手を招聘しての興行「PRIDE」の開始に深く関わる。 UWFインター時代の同門のがにを仕掛けるも返り討ちにあった因縁の結果、(詳細はお互いのリンク先を参照)PRIDE創生期に選手として活動、と2度対戦(、)するが敗退。 特に初戦において、エースクラスの日本人レスラーの総合格闘技での敗北はこれが最初でありプロレスファンの深い失望を招くとともに、A級戦犯としてプロレスマスコミからバッシングを受け、さらにからは「よりによって一番弱い奴が出て行った」と酷評される。 2度目のヒクソン敗北直後にヒクソンとの3度目の対戦を望んだ。 その後も()、()、()、()、()などと次々と戦うが、ドローに終わったクロコップ戦、ベルナルド戦以外は敗退した。 イゴール・ボブチャンチン戦からはメインイベンターの座からも降りた。 一方、()には勝利したが、コールマンは後にこの試合がブック 八百長 だったことを事実上認める発言をしている。 11月24日、の田村潔司相手に引退試合を行い、2Rに右フックで失神KO負け。 試合後のマイクで田村に「お前、男だ! 」と発言、このフレーズが後の大会で頻繁に使用されることになる。 引退後 [ ] PRIDE統括本部長に就任し、同時にPRIDE中継の解説も行っていた。 の特別興行「PRIDE男祭り」のオープニングでは、開会宣言で「おまえら男だ! 」と叫ぶ選手呼び込みで話題となった。 開催時にはの地上60メートルの屋上に立ち、開催時には一丁で暴れ大を叩いて、「 男の中の男たち、出てこいやーっ! 」と選手を呼び込んだ。 (後にこのフレーズは高田を形容するキャッチフレーズとなる。 単に「出てこいやー」とも。 )そして、開催時にはタップダンスを披露した後、開催時にはピアノ独奏を披露した後に、ふんどし一丁で暴れ大太鼓を叩いた。 一方で、(後にハッスルエンターテイメント)が主催するプロレスイベント「」においては、ハッスル1と『ハッスルGP2008』に電撃参戦するの記者会見に登場した。 なお、悪役レスラー軍団「」の「 」とは、高田の古くからの友人という設定になっている。 PRIDEに関わらなくなった時期においても、高田道場が主催する「ダイヤモンドキッス・カレッジ」に小路晃や、レフェリーらが参加するなど、ハッスルとは良好な関係にある。 の映画「」で声優に挑戦。 のテレビドラマ「戦国自衛隊 関ヶ原の戦い・第二部 愛する者のために」や、ドリームステージピクチャーズ製作の映画「」、大河ドラマ「」「」、・「」に出演した。 、の統括本部長に就任。 なお、RIZINでは女子格闘技も行うため、オープニングの選手呼び込みは「強者 つわもの たちよ、出てこいやーっ!」となった。 2018年のを最後に統括本部長の任からは離れたが 、肩書きのないスポークスマン的な役割を担っている。 タイトル歴 [ ]• プロレスリング世界ヘビー級王座• 得意技 [ ] フィニッシュホールド [ ] 右のでフィニッシュする。 打撃技 [ ] 通常、グランドでの連続で放つバージョンを使用。 各種蹴り技 ローキックビック、ミドルキック、ハイキック、ローリングソバット 投げ技 [ ] 関節技 [ ] フォール技 [ ] 入場テーマ曲 [ ]• 疾風のライダー(「バトルトラック」サントラ) - 離脱前• () - 第1次時代• () - 新日本プロレス出戻り参戦前期• 戦い(「」サントラ) - 新日本プロレス出戻り参戦後期• Last Hero() - 第2次UWF時代• 一時、下記2曲を使用。 3月、新日本プロレスに入門。 翌年デビュー。 、第1次UWFに参加。 、新日本プロレスに復帰。 、第2次UWFに参加。 、UWFインターナショナル旗揚げ。 、元新体操選手で女優・タレントのと結婚。 同年4月から翌年3月までで「」のキャスターを務める。 、6月に「近い将来引退します」と発言。 7月に代表としてにから出馬するも落選。 1月4日、前年10月9日にタイトルマッチで敗れた武藤敬司に勝利して第18代IWGPヘビー級王者となる(防衛1回)。 1996年9月11日、神宮球場で天龍源一郎とのシングルマッチに勝利。 この試合は年間最高試合賞となった。 10月11日、でヒクソン・グレイシーとの試合に臨むも、敗戦を喫した。 10月11日、にて再びヒクソン・グレイシーと対戦するも、を極められ敗戦を喫した。 3月、向井亜紀原作『16週 〜あなたといた幸せな時間〜』がフジテレビでドラマ化される。 3月には続編となる「」が放送。 2002年11月24日、でのとの試合で引退。 その後、高田道場社長を務める。 は若手時代の高田を評価しており、第一次UWFが崩壊した際には、と高田の2人だけを全日本プロレスに欲しがり、実際に高田とホテルで面会した。 の著書「泣き虫」において、真剣勝負だという触れ込みで行っていた試合が全て結果の決まっていた試合であったことを告白した。 には、出場選手の「グランプリレーサーオリジナルユニフォーム」のデザイン監修をした。 このデザインは2020年現在も継続使用されている。 出演 [ ] 映画 [ ]• (1989年) - 高田 延彦 役• (2006年) - 本島則之 役• (2007年6月16日) - 山口先生 役• (2010年5月15日) - 岡島茂 役• (2010年) - 西表誠 役• (2014年) - 棗永海 役• (2015年10月17日) - 深大寺亮 役• 映画 2019年 - 稲尾和久 役 ドラマ [ ]• 『拝啓、男たちへ』(、1992年)本人役(ただし、団体名はUWFインターではなくWインターとされた)• (、2006年)片岡五郎左衛門役• (、2006年)役• 『出張料理人〜最後の晩餐届けます〜』(、2007年) 神崎喜久夫役• (NHK大河ドラマ、2007年) 役• 『』(、2007年)桜木真一役• (NHK、2008年)森本正介役• 『』(、2009年)都塚猛役• 新春スペシャルドラマ 『』(フジテレビ、2012年)バイク便の配達員役• 第11話(、2012年)ゼウス橋本役• 『』シーズン8第11話(テレビ東京、2019年12月14日)- ジンギスカン専門店『どぅー』店主役 吹き替え [ ]• (2004年) - アンダーマイナー 役• (2004年、フジテレビ版) - スコーピオン・キング〈〉役• (2014年) - ジェームズ・"モンスター"・マレー〈〉役• (2018年) - アンダーマイナー 役 その他のテレビ番組 [ ]• ()コメンテーター• (フジテレビ・1994年4月 - 1995年3月)• 『ネタ祭り2007夏の陣』(、2007年)統括本部長• 本人役• 大晦日年越しSP第1部 大メインクライマックス2008 山崎VSモリマン 炎のファイナルリベンジマッチ(日本テレビ、2008年12月31日、2009年1月4日)• ()チェアマン• (NHK)自ら主催の高田道場にてよく作るというを作り、道場生にふるまう。 (テレビ東京、2010年6月6日)• 「」(、2010年6月 - 8月)• (、2010年10月2日-)• ・()不定期ゲスト出演• (2015年9月 - 、テレビ東京) - 月曜日コメンテーター• (2015年10月 - 、フジテレビ) CM・広告 [ ]• 「」(2013年)• 大きいサイズの店フォーエル(2012年 -)• 「クリアアサヒ」(2009年 - 2010年)、と共演• MLJ「アーティスト公式サウンド」(2006年)• ・シウバ編 、と共演• PRIDE・ミルコ編 、と共演• サンリッツ「ハッスルドリンク・アリシンZ」(2004年) 高田総統として出演• 「イロメロミックス」と共演• 「ZIPANG」(2004年)桜庭和志、ヴァンダレイ・シウバ、と共演• (2000年)、、と共演• ゴールデン・ウィーク映画キャンペーン 2010年4月9日より上映映画本編前• 王・ホットフィールズ 2016年• 日東リバティ(2019年) オリジナルビデオ [ ]• 高レート裏麻雀列伝(2007年6月25日、) - 安永萬 役• むこうぶち2 高レート裏麻雀列伝 鬼の棲む荒野(2007年7月25日、オールインエンタテインメント)• むこうぶち3 高レート裏麻雀列伝 裏プロ(2008年4月25日、オールインエンタテインメント)• むこうぶち4 高レート裏麻雀列伝 雀荘殺し(2008年6月25日、オールインエンタテインメント)• むこうぶち5 高レート裏麻雀列伝 氷の男(2008年12月25日、オールインエンタテインメント)• むこうぶち6 高レート裏麻雀列伝 女衒打ち(2009年6月25日、オールインエンタテインメント)• むこうぶち7 高レート裏麻雀列伝 筋殺し(2010年3月19日、オールインエンタテインメント)• むこうぶち8 高レート裏麻雀列伝 邪眼(2010年12月17日、オールインエンタテインメント) 著書 [ ]• 最強の名のもとに(1993年6月)• 11(2005年12月2日)• 覚悟の言葉 〜悩める奴らよでてこいや! 〜(2012年6月8日) 関連書籍 [ ]• 「泣き虫」()• 「高田延彦のカタチ - 高田延彦22年間とは? 」()• 鈴木健「最強のプロレス団体UWFインターの真実 夢と1億円」()• 最強の真実」()• 「ALL FOR WIN」• 宮澤正明「WORKS」()• 「永久戦犯「泣き虫」に捧げる」(新紀元社、2004年12月19日) - 高田延彦の半生を描いたノンフィクション。 出典 [ ] []• 金子達仁『泣き虫』幻冬舎、2003年、p. 『泣き虫』p. 39-40• 『泣き虫』p. 『泣き虫』p. 『泣き虫』p. 『泣き虫』p. 『泣き虫』p. 『泣き虫』p. 『泣き虫』p. 101• 『泣き虫』p. 105• 『別冊宝島179 プロレス名勝負読本 あの日、リングに奇跡が起きた! 』宝島社、1993年、p. 210-211• 『「高田延彦」のカタチ』東那出版編、東那出版、2002年、p. 山崎一夫インタビュー。 板橋雅弘『夢のいる場所 新U. 伝説 高田延彦 エースへの物語』集英社、1990年、p. 田村潔司『孤高の選択』東邦出版、2006年、p. 104• 『泣き虫』p. 168• 最強の真実』エンターブレイン、2003年、p. 145• 最強の真実』p. 112• 『泣き虫』p. 202• 鈴木健『最強のプロレス団体 UWFインターの真実 〜夢と1億円〜』エンターブレイン、2002年、p. 240• 『泣き虫』p. 197• 『泣き虫』p. 183, 195, 214• 『泣き虫』p. 218• 『泣き虫』p. 216-227• 『泣き虫』p. 228-229• 『泣き虫』p. 230-237• 『泣き虫』p. 238• 110。 高田延彦、天龍源一郎対談• 『UWFインターの真実』p. 182-183• 『泣き虫』p246, 249, 278• 『子殺し 猪木と新日本プロレスの10年戦争』宝島社、2009年、p. 268• 2012年8月22日閲覧。 変態新書』『kamipro』編集部編、エンターブレイン、2008年、p. 247• eFight 【イーファイト】. ヨシクラデザイン 2019年2月1日. 2020年6月24日閲覧。 ヘッドライン. 3 2019年3月31日. 2020年6月24日閲覧。 高田インタビュー。 板橋雅弘『夢のいる場所 新U. 伝説 高田延彦 エースへの物語』集英社、1990年、p. 234. - Keirin JP、配信日:2002年12月13日• シネマトゥデイ. 2015年1月17日• 2014年10月1日閲覧。 映画ナタリー. 2018年4月20日閲覧。 お笑いナタリー 2015年10月13日. 2015年10月13日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - レプロエンタテインメント• - チャンネル• - (英語).

次の

“22歳差婚”大浦龍宇一とゆりえ、離婚前提に別居

高田美和 離婚

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 (1999年) 共同作業者 DREAMS COME TRUE 公式サイト 吉田 美和(よしだ みわ、 - )は日本の、、。 (ドリカム)の担当で、同グループの楽曲の全ての作詞と数多くの作曲を手がけている。 一人称は「おいら」「あっし」 目次• 経歴 [ ] 、同池田中学校卒業。 中学時代に学校祭でを結成し、自作の曲を発表。 在学中、と出会う。 と初めて会った時、彼に「うれしはずかし朝帰り」「週に一度の恋人」を歌って聴かせた。 その時、中村正人からボーカルとしての高い才能を評価され、バンド結成を持ちかけられた。 にはアルバム「」でソロデビュー。 アルバムの題名は名前の「美」と「和」を英訳したところから名づけられた。 ニューヨーク・LAで活躍するや、 ()、、、 ()らのトップミュージシャン達と共演を果たし、のアルバム「フー・イズ・ディス・ビッチ・エニウェイ」とほぼ同じバックが固める。 レコーディング時とほぼ同一メンバーと共に全国ツアーを行った。 、交際中だった映像ディレクター、のが成立(末田は吉田の9歳年下で、一児を持つ既婚者だった)。 公開の映画『』を自主制作し、中村正人とともに初の原案・主演を果たす。 同年、の課題曲として「」を作詞作曲。 には、有楽町西武のシンボルキャラクターに起用された。 、夫の末田がで死去。 、10年振りに改訂されたの広告媒体に著名人8人の1人として起用される。 キャンペーン統一テーマは「ことばには、意味がある。 」で、吉田を象徴する言葉として「愛」とともに登場した。 同年10月13日、吉田の出身地である北海道池田町から、同町初の町民特別栄誉賞を受賞。 、の鎌田樹音と3月8日に入籍した事を発表した。 人物 [ ] 作曲家としても数多くの曲を作っているが、楽譜が読めないことを公言している。 そのため、作曲の際には吉田が書いた独特のメモを元に中村が採譜している。 楽器の演奏も不得手だがは得意としており、『琥珀の月』(『』に収録)では吉田のオカリナ演奏が収録されているほか、ライブにおいてはしばしば、ピアノ・ティンパニー・パーカッションなどの演奏も披露されている。 ・といったドリカムの変名ユニットでの活動時や、他のアーティストへ歌詞を提供する際には「 観音崎すみれ」のを使用することがある(「アマレット」における彼女の役名でもある)。 また、アンドレ中村とオホーツクボーイズでは「 岡リーナ」の変名を使用していた(前述の通りオカリナが得意であることにちなんだもの)。 なぜか「降らせ物」(上から大量に物が降ってくるもの)に弱く、大量に物が降ってくるとすぐに泣いてしまう。 『』(系)に出演していた当時はその性質を番組のに見抜かれ、番組では吉田を泣かせるために要所で風船などを降らせる演出が使われていた。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ]• (2003年5月6日)• 涙の万華鏡 -m. yo mix-/あなたのかわいい人 -radio mix-(J-WAVE「LIVING IN TOKYO〜夢と冒険の世界へ〜」キャンペーンソング) アルバム [ ]• (1995年12月18日)• beauty and harmony/つめたくしないで/泣きたい/バイバイ/パレードは行ってしまった/A HAPPY GIRLIE LIFE/DARLIN'/冷えたくちびる/奪取/生涯の恋人/beauty and harmony〜reprise• (2003年5月6日)• theme of beauty and harmony 2/涙の万華鏡/どうしてこんなに/お願いします/夢の続き/あなたのかわいい人/the lessons/おとなじゃん!/告白/theme of beauty and harmony 2 for strings 映像 [ ]• 3 VIEWS(3 VIEWS、)- のを中心としたユニットのアルバム。 メドレーでボーカルを担当。 (、2000年) 出演 [ ] ラジオ番組 [ ]• (、1989年10月 - 1990年3月)- 『』枠で放送。 CM [ ]• 「レシェンテ」(1993年)• (2012年3月 - ) プロデュース [ ]• オリジナル香水 脚注 [ ] [].

次の

高田美和

高田美和 離婚

ゆりえは、離婚の意思を固めているという。 ゆりえは元フジテレビのひょうきんアナウンサー寺田理恵子(57)の長女。 大浦の祖父は戦前に「歌う映画スター」として一世を風靡(ふうび)した俳優高田浩吉で、叔母は女優高田美和(72)という芸能一家。 2人は一昨年のクリスマスに出会い、コラボライブに向けて曲作りをするうちに愛が芽生え、昨年3月から交際していた。 大浦は07年に前妻と離婚して、11年から今春に中学校を卒業した長男と暮らしていた。 関係者によると、結婚して同居を始めてから、金銭問題などでお互いの意見が衝突することが多かったという。 ゆりえは最近、SNSに、けんかして家を飛び出したことや金銭トラブルについて書き込んでいた。 この日、11日の午前中には前日からの「離婚を前提とした別居」を書き込んでいた。 また、ブログでも登録者向けに「諦めも、必要」と題して「思春期の子もですが、心閉ざした大人もなかなか大変だと感じています」などと書き込んでいる。 日刊スポーツが11日午後、別居を報じると、大浦はブログに「僕は離婚する気持ちは全くありません」などと書き込んだ。 ただ、ゆりえの意志は固く、関係者は別居の事実を認めている。 ゆりえの所属する芸能事務所、生島企画室では「事実確認中です。 大浦さんの所属事務所とも連絡を取り合っておりまして、近日中に正式なコメントを発表させていただきます」と説明している。 photo• 芸能 欅坂が5年間の歴史に幕、改名までの歴史/写真特集 []• 芸能 [7月16日 20:53]• 坂道 [7月16日 20:53]• 坂道 [7月16日 20:45]• 芸能 [7月16日 19:29]• 音楽 [7月16日 16:58]• 芸能 [7月16日 16:57]• 芸能 [7月16日 16:57]• 音楽 [7月16日 16:40]• 芸能 [7月16日 16:07]• ドラマ [7月16日 15:33]• AKB48 AKB柏木由紀、29歳の誕生日に配信限定ソロ公演 []• AKB48 [7月15日 21:33]• AKB48 [7月15日 9:25]• AKB48 [7月14日 9:01]• AKB48 [7月10日 22:18]• AKB48 [7月9日 17:39]• AKB48 [7月7日 9:00]• AKB48 [7月6日 23:15]• AKB48 [7月5日 20:33]• AKB48 [7月5日 0:26]• AKB48 [7月2日 14:41]• ジャニーズ V6井ノ原主演「特捜9」9話も好調12・7% []• ドラマ [7月16日 10:25]• ジャニーズ [7月16日 5:01]• ドラマ [7月16日 5:01]• 芸能 [7月14日 19:58]• ジャニーズ [7月13日 23:36]• 芸能 [7月13日 9:04]• ジャニーズ [7月13日 0:00]• ジャニーズ [7月12日 8:08]• ジャニーズ [7月12日 4:00]• ジャニーズ [7月11日 9:47]• ハリウッド 「グリー」女優リベラさん遺体発見 共演者命日に… []• コラム [7月14日 14:32]• ハリウッド [7月14日 13:32]• ハリウッド [7月13日 19:26]• ハリウッド [7月13日 11:42]• ハリウッド [7月12日 11:56]• ハリウッド [7月12日 11:55]• ハリウッド [7月12日 11:53]• ハリウッド [7月12日 9:43]• ハリウッド [7月11日 12:20]• ハリウッド [7月10日 10:09]• 映画 今井翼「わがままを言って…」初体験ナレーション []• シネマ [7月15日 16:32]• シネマ [7月15日 15:02]• シネマ [7月15日 9:22]• シネマ [7月14日 19:35]• シネマ [7月14日 16:05]• シネマ [7月14日 15:30]• シネマ [7月13日 9:04]• シネマ [7月12日 21:11]• コラム [7月12日 10:00]• シネマ [7月12日 8:08]• ドラマ 杉咲花、おちょやんクランクイン「現場にいる幸せ」 []• ドラマ [7月16日 15:33]• ドラマ [7月16日 13:47]• ドラマ [7月16日 12:28]• ドラマ [7月16日 10:25]• ドラマ [7月16日 10:06]• ドラマ [7月16日 5:01]• ドラマ [7月15日 10:06]• ドラマ [7月15日 10:06]• ドラマ [7月15日 9:22]• ドラマ [7月15日 6:31]•

次の