平野綾 枕。 杉田智和『ハルヒ』EDダンス動画が話題 「キョンが踊ってくれたぁー!」平野綾も歓喜

平野綾★ミッドナイトレディオ#018(2010年2月6日)

平野綾 枕

平野綾の経歴 愛知県名古屋市で生まれ育った平野綾は、 5人きょうだいの長女である。 幼少時代の平野綾は活発な女の子で、 男の子3人を相手にケンカをしたこともあるという。 11歳の時には「 東京児童劇団」に入団し子役として活躍していた。 その後2001年にはアニメ「 おとぎストーリー天使のしっぽ」で若干13歳にして声優デビューを果たしている。 2006年3月にはシングル「Breakthrough」でミュージシャンとしての活動も開始している。 高校を卒業した平野綾は、本格的に声優としての活動を開始するとアニメ「 涼宮ハルヒの憂鬱」で初主演を果たし、アニメのヒットも手伝って大きく知名度を上げている。 声優として多くの作品に出演した他、テレビドラマや映画、ミュージカルなどにも出演しておりマルチタレントとして活躍している。 なたタレントとしても多くのバラエティ番組に出演しており、普段アニメを見ない視聴者にも知名度は抜群である。 スポンサーリンク スキャンダルがヤバすぎる さて平野綾のことでどうしてもさけて通れないのが過去のスキャンダルの話だろう。 最も有名なスキャンダルといえば2012年7月に発売された「 BUBKA」に掲載された内容である。 その内容というのが、 平野綾が彼氏らしき男性とベッドインしキスをしている画像が掲載されていたのだ。 その画像がこちらである。 かなり衝撃的な画像であるが、相手の男性というのが当時交際していたとされる 五十嵐勝人氏である。 平野綾のバックバンドを務めていた人物とされており、 この画像は五十嵐氏本人が流出させたとも言われている。 「リベンジポルノ」という言葉が近年良く耳にするが、別れてしまった腹いせに流出させた可能性は十分ありそうだ。 また2009年のことだが彼女のブログの記事で 「誰もいなかったので全裸で泳いでみました」 というコメントとともにプールを泳ぐ彼女の画像が掲載されている。 ところがその写真は誰撮ったのか?と話題になり彼氏と2人でいたのではないか?という疑惑が浮上したのだ。 そういったスキャンダルが続いたため平野綾は一時表舞台から消えていた時期もあったようである。 平野綾の現在は? スキャンダル後、一流声優の座から陥落することになってしまった平野綾。 近年は声優業もこなしながらも、 音楽活動や女優業をメインに行なっているという。 現在の平野綾の画像がこちらである。 仕事は決して少なくないようだが、 スキャンダル後はファンに見放され少しのことでも炎上するようになってしまったようである。 今後はミュージカルや音楽活動に活路を見出していくのだろう。 熱愛彼氏の噂は? 恋愛系のスキャンダルが多い平野綾だが、近年はそういったニュースはあるのだろうか? このことに関して調べてみると、 最近は平野綾のスキャンダルは無いようである。 過去の衝撃のスキャンダルで一時期ファンが離れてしまい、女優や音楽活動で再起を狙っていることを考えても、これ以上スキャンダルを出したらマズイと思っているのだろうか。 28歳という年齢だが、すでにベテラン芸能人である平野綾。 彼女の今後に期待したい。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 スポンサーリンク あなたにおすすめの記事.

次の

[B! 平野綾] satoshieのブックマーク

平野綾 枕

腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。 女は長い髪を枕に敷いて、輪郭の柔らかな瓜実顔をその中に横たえている。 真白な頬の底に温かい血の色がほどよく差して、唇の色は無論赤い。 とうてい死にそうには見えない。 しかし女は静かな声で、もう死にますと判然云った。 自分も確にこれは死ぬなと思った。 そこで、そうかね、もう死ぬのかね、と上から覗き込むようにして聞いて見た。 死にますとも、と云いながら、女はぱっちりと眼を開けた。 大きな潤のある眼で、長い睫に包まれた中は、ただ一面に真黒であった。 その真黒な眸の奥に、自分の姿が鮮に浮かんでいる。 自分は透き徹るほど深く見えるこの黒眼の色沢を眺めて、これでも死ぬのかと思った。 それで、ねんごろに枕の傍へ口を付けて、死ぬんじゃなかろうね、大丈夫だろうね、とまた聞き返した。 すると女は黒い眼を眠そうに睁たまま、やっぱり静かな声で、でも、死ぬんですもの、仕方がないわと云った。 じゃ、私の顔が見えるかいと一心に聞くと、見えるかいって、そら、そこに、写ってるじゃありませんかと、にこりと笑って見せた。 自分は黙って、顔を枕から離した。 腕組をしながら、どうしても死ぬのかなと思った。 しばらくして、女がまたこう云った。 「死んだら、埋めて下さい。 大きな真珠貝で穴を掘って。 そうして天から落ちて来る星の破片を墓標に置いて下さい。 そうして墓の傍に待っていて下さいまた逢いに来ますから」 自分は、いつ逢いに来るかねと聞いた。 「日が出るでしょう。 それから日が沈むでしょう。 それからまた出るでしょう、そうしてまた沈むでしょう。 女は静かな調子を一段張り上げて、 「百年待っていて下さい」と思い切った声で云った。 「百年、私の墓の傍に坐って待っていて下さい。 きっと逢いに来ますから」 自分はただ待っていると答えた。 すると、黒い眸のなかに鮮に見えた自分の姿が、ぼうっと崩れて来た。 静かな水が動いて写る影を乱したように、流れ出したと思ったら、女の眼がぱちりと閉じた。 長い睫の間から涙が頬へ垂れた。 自分はそれから庭へ下りて、真珠貝で穴を掘った。 真珠貝は大きな滑かな縁の鋭どい貝であった。 土をすくうたびに、貝の裏に月の光が差してきらきらした。 湿った土の匂もした。 穴はしばらくして掘れた。 女をその中に入れた。 そうして柔らかい土を、上からそっと掛けた。 掛けるたびに真珠貝の裏に月の光が差した。 それから星の破片の落ちたのを拾って来て、かろく土の上へ乗せた。 星の破片は丸かった。 長い間大空を落ちている間に、角が取れて滑かになったんだろうと思った。 抱き上げて土の上へ置くうちに、自分の胸と手が少し暖くなった。 自分は苔の上に坐った。 これから百年の間こうして待っているんだなと考えながら、腕組をして、丸い墓石を眺めていた。 そのうちに、女の云った通り日が東から出た。 大きな赤い日であった。 それがまた女の云った通り、やがて西へ落ちた。 赤いまんまでのっと落ちて行った。 一つと自分は勘定した。 しばらくするとまた唐紅の天道がのそりと上って来た。 そうして黙って沈んでしまった。 二つとまた勘定した。 自分はこう云う風に一つ二つと勘定して行くうちに、赤い日をいくつ見たか分らない。 勘定しても、勘定しても、しつくせないほど赤い日が頭の上を通り越して行った。 それでも百年がまだ来ない。 しまいには、苔の生えた丸い石を眺めて、自分は女に欺されたのではなかろうかと思い出した。 すると石の下から斜に自分の方へ向いて青い茎が伸びて来た。 見る間に長くなってちょうど自分の胸のあたりまで来て留まった。 と思うと、すらりと揺ぐ茎の頂に、心持首を傾けていた細長い一輪の蕾が、ふっくらと弁を開いた。 真白な百合が鼻の先で骨に徹えるほど匂った。 そこへ遥の上から、ぽたりと露が落ちたので、花は自分の重みでふらふらと動いた。 自分は首を前へ出して冷たい露の滴る、白い花弁に接吻した。 自分が百合から顔を離す拍子に思わず、遠い空を見たら、暁の星がたった一つ瞬いていた。 「百年はもう来ていたんだな」とこの時始めて気がついた。 第一夜 做了一个这样的梦。 我抱着胳膊,坐在女人枕边。 仰面躺着的女人,温柔地说着:我将要死了。 女人的长发铺散在枕头上,轮廓优美的瓜子脸静静躺在上面,白皙的脸颊泛着温热的血色,双唇当然也鲜红欲滴。 怎么看都不像将死之人的样子。 但是女人却温柔清晰地,断定了自己的死亡。 我也很确信她的命不久矣。 在那睁大的湿润双眸中,细长的睫毛中包裹着一片漆黑。 而那漆黑的深处,鲜明的浮现着我的身姿。 我沉默了,从枕边移开,双手抱胸,依旧思索着:她真的非死不可吗?过了一会,女人又开口。 用大真珠贝壳挖一个深坑,再用天河降落的星尘碎屑作为墓碑。 然后请你在墓旁守候,我会回来看你的。 然后再升起吧,然后再落下吧。 话音犹在,黑眸里鲜明的我的身姿兀然崩碎了。 像静止水面泛起波澜破碎倒影一般,正感到自己的影像要随泪水溢出时,女人的双眸闭上了。 长长睫毛间淌出的泪珠垂落在脸颊上……她已经死了。 我来到庭院内,用一个真珠贝壳开始挖坑。 一个大而光滑,边缘尖锐的真珠贝壳。 掘土时,贝壳里映照着月光,闪闪烁烁。 四周逸散着湿润泥土的味道。 不久之后,深坑挖好了。 我把女人放进去,再将柔软细土,轻轻覆上。 覆土时,月光照耀在贝壳上。 然后我拾来散落在地的星尘碎片,轻轻放在泥土上。 碎片是圆的。 或许是在漫长的坠落中被磨去了棱角吧,这样想着。 把它们抱起搁在土堆上时,胸口手心,都感到暖意。 我坐在青苔上,从今往后,就要这样等待一百年啊。 我这样想着,抱着胳膊眺望着圆形的墓碑。 这之后,太阳如女人所说的从东方升起了。 是个又大又红的太阳。 再之后,太阳又如女人所说的,从西方落下了。 赤红的圆静谧地落下了。 第一天,我数着。 这之后 ,太阳又晃晃悠悠地升起。 之后再默然下沉。 第二天,我数着。 这样默默数着数着,我已经忘记到底见了几个红日。 数着,数着,无穷无尽的红日依旧不停地从我头顶越过。 一百年还没有到。 到头来,眺望着青苔丛生的圆形墓碑,是不是被女人欺骗了,我这样想到。 眺望着,墓碑下伸出一条青茎,伸向我的方向。 眨眼之间,它伸长到我胸前,停了下来。 晃神间,摇摇晃晃的瘦长青茎顶部,微微歪头的一只细长蓓蕾抵着心口,欣然绽放。 洁白的百合散发的彻骨清香萦绕在鼻尖。 从遥不可触的空际,落下的一滴露水,打在花上,使其悠悠摇晃起来。 我垂头,和带着冰冷露水的洁白花瓣亲吻。 情不自禁地在从百合中移开脸时仰头望见远方的空际,一颗闪烁的拂晓星辰孤单闪烁着。

次の

先日、声優の平野綾のCDを割りながら、1人の男が騒いでいる話をネット...

平野綾 枕

声優の平野綾さんの動画と画像だけしかありません。 平野綾さんが好きな人はとてもすばらしいブログだと評価してくれると思います。 【声優】平野綾の動画で昨日はオナニーしましたよ 声優の平野綾さんは可愛いですね。 黒髪から茶髪になっちゃいましたけど、それもまた可愛くて毎晩おかずにさせていただいてます。 平野綾さんのマンコに生中出ししたり、枕営業で平野綾さんが嫌々セックスし生臭い男汁の顔面シャワーで可愛い顔がドロドロになっちゃうところとかを妄想して果てます。 ニックネームは「あーや」。 スペースクラフト・エンタテインメント所属。 血液型はO型。 身長159cm。 幼少時は、アメリカで過ごしていた。 1998年に「東京児童劇団」へ入団。 テレビコマーシャルなど、女優活動を行っていた。 その後、アニメ『天使のしっぽ』で、声優デビューを果たす。 一時期は、伊藤彩華・吉田有希らと、ユニット「Springs」を結成して、CDを発売するなどの活動を行っていた。 高校卒業後に本格的な活動を開始。 多数のアニメレギュラーを獲得し、ソロ歌手デビューを果たす。 また、主演アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』のオープニング主題歌のセカンドシングル『冒険でしょでしょ?』、エンディング主題歌『ハレ晴レユカイ』(茅原実里・後藤邑子も参加)、劇中歌集シングル『涼宮ハルヒの詰合』がヒットを記録。 テレビ『HEY! HEY! HEY! 』、ライブ『Animelo Summer Live 2006』に出演した。 満を持してのノンタイアップサードシングル『明日のプリズム』も、ヒットを記録した。 セーラーふく』(加藤英美里・福原香織・遠藤綾も参加)も大ヒットしている。 『Animelo Summer Live2007』でゲスト出演している。

次の