現代のもののけ姫 事故。 【メディア】「現代のもののけ姫」YouTuber Macoさんが新たに動画を公開(5/19更新)

『となりのトトロ』と『もののけ姫』は同じ世界観で繋がった物語だった トトロと乙事主に隠された“共通点”をアニメ評論家が解説

現代のもののけ姫 事故

脊損のもののけ姫 Maco 初めましてMacoと申します。 もののけ姫のように田舎の山の中で育ち、 茅葺職人の見習いとして 日本の古き良き文化財を守っていました。 ですが、 2018. 12 転落事故で脊髄損傷 T8 を受傷し 下半身麻痺の車椅子ユーザーとなったのです。 「脊髄損傷になりたてホヤホヤの方!! 初期が1番大切です! 私で良ければ情報共有できるので LINE からぜひ連絡ください」 このブログでは 感じたことや、カラダの変化、 自分がどんな生活を送ってきて これからどう脊髄損傷と向き合って暮らしていくのかを お伝えできればと思います。 エネルギー源でもあった山々を ハンターとして駆け巡り 野生動物と向き合っていた私ですが、 以前までの自分が出来たことに執着するのではなく、 車椅子でも…。 車椅子であるからこそ出来ることはたくさんある! ということを身をもってお伝えしていきます。 と思いブログを立ち上げました。 個人の考えなどが多く含まれてることをご理解頂ければと思います。 com.

次の

日本の技術者が警告! 中国の「原発」は必ず大事故を起こす(週刊現代)

現代のもののけ姫 事故

Contents• もののけ姫というタイトルになったのはプロデューサーが強行した結果 『もののけ姫』というタイトルで制作が進んでいた映画がほぼ完成した頃、宮崎駿監督は別のタイトルを考えていました。 宮崎駿監督が考えたタイトルは 「アシタカせっ記」(「セツ」は草冠の旧字体の下に耳を二つ。 宮崎駿による創作とされている、日本の漢字には存在しない字)でした。 正史には残らず、耳から耳へ伝えられたアシタカの物語という意味です。 しかし、話を持ちかけられた鈴木プロデューサーは、「もののけ姫」というタイトルが直感的に気に入っていたので、タイトルを変えようとしませんでした。 制作後、宮崎駿監督はタイトルが変わっていないことに気づいたものの、特に問い詰めることはしなかったそうです。 アシタカは内面的に成長しなかった!? 宮崎駿監督がタイトルに採用しようとしたアシタカ。 宮崎駿監督が『もののけ姫』で本当に伝えたいこととして噂されているのは、 「アシタカが内面的に成長しない神話」とする説があります。 アシタカは、成功する可能性が高い範囲でしか動こうとしません。 これは、近代的に言えば、「成長しない」内面を表現していると言えます。 神話の世界では、「不老不死」が定番で、内面の成長しない部分がシンクロしても違和感がありません。 『もののけ姫』は、神話と内面の不成長を融合させ 、「生きることは成長すること」というメッセージを伝えたかったと言われています。 ボツになったキャッチコピー案は50本近くあった 『もののけ姫』の公開時のキャッチコピーは糸井重里氏による「生きろ」です。 このキャッチコピーが完成するまでには、糸井重里氏と鈴木プロデューサーの間で半年ほど激しいやり取りがあったと言います。 ボツになったコピー案は50本近くありました。 主な候補に次のものがありました。 「おそろしいか、愛しいか。 」 「だいじなものは、ありますか。 」 「おまえは、まぶしい。 」 「昔々は、今の今。 」 「死ぬのと、生きるの、どっちが好きだ。 」 「死ぬなっ。 」 タタラ場はハンセン病患者のために作られた施設だった!? 宮崎駿監督は、『もののけ姫』を通してハンセン病への考えを表現したと言います。 タタラ場はハンセン病患者をかくまって生活させている施設とする、怖い都市伝説があります。 タタラ場には包帯を巻いた病人風の人たちがいます。 ハンセン病患者は、近代まで社会的に差別の対象となっていました。 普通の市民生活を送ることはできませんでした。 そこで、エボシがタタラ場をつくり、ハンセン病患者が自立して生きていけるようにしたと言われています。 カヤはアシタカを待って未婚を貫く!? 物語の始めの方に登場するエミシの村の娘、カヤ。 アシタカを「兄様」と呼んでいますが、実の兄妹ではなく、里公認のアシタカの許嫁です。 アシタカが村を追われたとき、カヤは黒曜石の小刀を贈っています。 これは、エミシの乙女が変わらぬ心の証しとして贈る習わしのものとされています。 未婚の女性が守り刀を男性に渡すのは、求婚の証しと言われています。 村に戻ってくることのないアシタカに守り刀を渡すことで、カヤが一生未婚のまま過ごすことを暗示するとする指摘があります。 この小刀はのちにサンへ贈られています。 カヤとサンの両方の声を担当した石田ゆり子さんが宮崎駿監督に抗議したところ、 「男なんてそんなもん」と言われたそうです。 スポンサーリンク サンの複雑すぎる生い立ちは? カヤの守り刀をアシタカから贈られたサン。 宮崎駿監督のアニメのヒロインとしては、珍しく童顔ではありません。 「サン」という名前は、1980年に宮崎駿監督がアニメ企画案として構想した作品のヒロインが「三の姫」だったことに由来します。 サンは、犬神のモロに育てられましたが、もともとは、山を汚した人間が生贄としてモロに差し出した少女です。 モロは森を切り開こうとする人間を憎んでいました。 中でも憎んでいたのがエボシでした。 モロがエボシを憎悪の対象としていたのは、エボシがタタラ場を率いていたからだけではないとする説があります。 それは、 エボシがサンの生みの親だったとする説です。 サンを慈しんだモロは、サンを捨てたこともあってエボシを憎んでいたのではないかと言われています。 サンのセリフは自然の声を代弁している!? サンは人間に捨てられ、自然の懐で育った娘です。 そのため、その口から出る言葉は、自然の声を代弁していると見る説があります。 サンのセリフに 「アシタカは好きだが、人間は嫌いだ」というものがあります。 邪悪な者に対しては徹底的に戦わなければならないというメッセージを、投げかけているとされています。 エボシは海賊の頭領の妻だった!? サンと微妙な関係のエボシ。 タタラ場をつくる資金はどこから得たのでしょうか? エボシ自身、不遇な生い立ちだったと言われています。 生家が没落して身売りされ、倭寇(わこう)と呼ばれる海賊の頭領の妻にされます。 しかし、頃を見計らって夫を殺害し、財産を奪って逃走し、その金でタタラ場をつくったとされています。 ちなみに、エボシを妻とした倭寇の頭領の手下だったのがジコ坊で、 ジコ坊はエボシに惚れていたため、日本に付いてきたという裏設定があります。 エボシが死ななかったのは監督のお気に入りだったから!? 夫を殺害する気性の強さを見せるエボシ。 エボシはモロによって腕をもぎ取られてしまいます。 そのままモロに食われてしまうことに、制作段階ではなっていたそうです。 しかし、エボシは宮崎駿監督のお気に入りのキャラクターでした。 制作スタッフと長い議論を経たのち、「やっぱり殺せないよ、エボシは」という結論に至ったそうです。 猩々(しょうじょう)は宣伝のために作られた!? 目が赤く光る謎の猿が 猩々(しょうじょう)です。 人間を食らって人間の力を手に入れたいと訴えることもあります。 人語を50%ほど理解し、人間によって切り開かれていく森を取り戻そうと、夜な夜な木を植えています。 この猩々は、スポンサーのイオングループが地球環境事業に取り組んでいることを宣伝するために作られたと言われています。 コダマはのちにトトロになる!? 『もののけ姫』の最後に登場するのが白い妖精のコダマです。 宮崎駿監督は、コダマがトトロになることをイメージして『もののけ姫』のストーリーを考えたと周囲に話していたそうです。 コダマがトトロと似ても似つかぬ姿なので、スタッフは驚きました。 コダマには耳が生えていませんが、数百年の間に立派な耳が生えてトトロになる様子を思い描いたとされています。 映画が作成されたのは税金対策だった!? 『もののけ姫』では、14万枚以上もの作画が使用されました。 これ以前の宮崎駿監督の長編アニメは、およそ5万から7万枚ほどの作画枚数で製作されてきました。 宮崎駿監督は、 「ジブリを使いつぶす」ほどの覚悟で桁外れの労力を投入したと言われています。 以降の『ハウルの動く城』は約14. 8万枚、『崖の上のポニョ』は約17万枚です。 『もののけ姫』は制作体制そのものを刷新する結果になっていますが、都市伝説も生んでいます。 その都市伝説とは、『もののけ姫』が税金対策で制作されたというものです。 スタジオジブリは、1990年代後半、作品から得られる印税やグッズの販売が好調でした。 多額の税金を納める必要に迫られ、スタッフ全員で話し合った結果、「税金を納める額があれば、映画が作れるのではないか?」と思いついたと言われています。 そして、 ジブリ史上で最高額と噂される『もののけ姫』の制作がスタートしたそうです。 スポンサーリンク.

次の

【メディア】「現代のもののけ姫」YouTuber Macoさんが新たに動画を公開(5/19更新)

現代のもののけ姫 事故

今日で事故からもう一年が経った。 一年の中には書ききれないほどの多くの出来事があった。 あの頃は仕事も生活も多くの事にチャレンジし始めた時で、 一気に 積み上げてきたものが崩れゼロになった。 しかし、悲しむ暇もなく 自分の體を元に戻していくことで精一杯の日々を送り続けた。 どんな姿であっても生きている。 じゃあ。 生きている限りは多くの時間を笑顔で過ごしたい。 私はそう思うようになっていた。 怪我をしなければ出会うことのなかった人たち。 怪我をしなければ見ることのなかった景色。 失ったことは多くても数え切れるほどしかない。 でも、 得たこと、これから得ることは数え切れないほどある。 今まで積み上げてきたこともゼロになっただけでマイナスではない。 また 1から違うカタチで積み上げていけばいいのだ。 この一年で多くの人たちと出会った。 人と人との繋がりは自分の人生を大きく変えていくものだと実感した。 自分が知っていることなんて本当に少ない。 出会いがあるたびに発見がある。 何十億という中の1人でしかないのだ。 でも、それはちっぽけという事ではなく、 私がそうであるように、 みんなそれぞれが何十億分の1なのだ。 自分1人が得れる情報なんて僅かだからこそ、 人と繋がり、1を増やしていく。 1の輪を繋げていく。 そうすることで多馬力の知恵をつけることが出来るのだ。 自分の中では出来ないだろうと思っていたことも 輪が広がり知識を得たことでやれる方法を見つけることが出来る。 どうしてそんなに明るいの? どうして毎日そんなに笑顔なの? 私を知っている人たちは口々に言う。 それは 未来が明るいからだ。 楽しみなことが多くあるからだ。 車椅子になってもチャレンジ出来ることが多くあるからこそ毎日が楽しいのだ。 不安じゃないの? 怖くないの? 自分で考える不安は予想、想像でしかない。 実際は大したことじゃないかもしれない。 予想を超えることもあるかもしれないが、それは進んでみないとわからない。 本当に人生は一度きりなんだ。 同じことを繰り返す日々より、常に進化する日々のほうが私は理想だ。 キッカケが落ちていたら拾うし、キッカケを探しにいく。 今日の自分より明日の自分を好きになっていきたいからだ。 車椅子、障害者を弱者だとは思わない。 生活するなかで不自由なこと、出来ないことは多い。 なぜそれを弱者と表すのだろうか? 車椅子がなければどこにも行けない。 ベッドの上から降りることもできない。 這って進んでいかなくてはいけない。 トイレもまともに出来ない。 尿も便も漏らす。 漏らしたところで片付けるのもままならない事が多い。 人の手を多く借りる。 でもそれは 助け合いではないだろうか。 助けてもらうことは弱いことではない。 どんな立場でも誰でも助けてもらうことはある。 みんな支え合って過ごしているはずだ。 普通なら尿意を感じてトイレに行く、行かなければ我慢する。 それが 出来ない人は色んな調整をして、體を知って漏らさないように過ごす。 これって とても凄いことだと思わないだろうか? 使えない部分がありながら、不具合な部分がありながら、 それでも みんなと同じように24時間365日生きている。 人としてとても強いとは感じないだろうか? 健常者の何倍も頑張って生きている。 もし、悩んでる人が読んでくれているのなら自分は強い人間ということを気付いてほしい。 君は強いんだ。 27年間付き合ってきた體を経った1年間で慣れることは出来ないし、 まだまだ元に戻すための努力を怠らない。 しかし、やりたいことも多くある。 もっと まだ見ぬ自分を見たい。 自分が叶えていきたかった理想の未来を追求していきたい。 でも、それは1人では出来ない。 多くの人からの助けが必要となるのだ。 支えてくれる人たちの為にも 在りたい自分の姿になるためにも 今日からまた新しい出会いをする。 何か力になれることがあればご連絡ください。

次の