沼津 東 高校。 沼津東

「沼津東高校」に関するQ&A

沼津 東 高校

定員・倍率の推移 普通科 年度 入学者選抜 再募集 募集定員 受検者数 合格者数 実質倍率 募集定員 受検者数 合格者数 実質倍率 平成28年度 240 252 246 1. 28 平成27年度 240 290 245 1. 53 平成26年度 240 271 247 1. 24 平成25年度 240 259 247 1. 31 平成24年度 240 325 246 1. 38 理数科 年度 入学者選抜 再募集 募集定員 受検者数 合格者数 実質倍率 募集定員 受検者数 合格者数 実質倍率 平成28年度 40 56 40 1. 40 平成27年度 40 61 40 1. 53 平成25年度 40 50 40 1. 25 平成25年度 40 50 40 1. 25 平成24年度 40 51 40 1. 中部地方• All right reserved. |||.

次の

沼津東高校(静岡県)の偏差値 2020年度最新版

沼津 東 高校

概要 [ ] に静岡県立沼津中学校として開校した静岡県の公立高校である。 に静岡県内の全日制高校としては初めて単位制を導入した。 それと同時に2学期制を導入したがより3学期制に戻された。 からの期間に校舎耐震工事が行われ、その間、旧校舎で授業を行っていた。 は「香陵(こうりょう)同窓会」と称し、県内のみならず県外、企業にも支部を持つ。 同窓会は母校の各施設の充実のため会員に寄付を募り、これまでに香陵記念館(後述)や、運動部用トレーニング室等の建設に尽力した。 沿革 [ ]• - 上香貫(沼津市御幸町 現・沼津市民文化センター)に静岡県立沼津中学校として開校。 - 出場。 - 新制の静岡県立沼津第一高等学校に改称、定時制設置。 - 静岡県立沼津東高等学校に改称。 - 沼津市岡宮に移転。 - 理数科設置。 - 全日制が単位制に移行・2学期制への移行。 - 創立100周年記念式典挙行。 - 3学期制への移行。 8月 - 校舎耐震工事のため、旧校舎に一時移転(~3月)。 3月 - 定時制閉課程。 特色 [ ] 自治会・応援団 [ ] 生徒会は自治会とよばれている。 戦後、新制の高等学校として再出発した際、かつて卒業生の多くが進学したを意識して、生徒による自治を実現する組織ということで自治会が発足した。 民主主義の基本原則にしたがって三権分立のしくみとした。 代議委員会(立法)、執行委員会(行政)、司法委員会(司法)からなる。 これらをまとめて「自治会三会」または単に「三会」と呼ぶ。 応援団は部ではなくホームルームから選出された者で編成され、自治会の執行委員会の一部である。 正式名称を「応援団運営委員会」という。 部活動 [ ] 全員入部制を原則とする。 香陵祭の体育祭をはじめ学校行事が部単位で運営されることが多い。 習熟度別授業編成とあいまって、授業における移動教室が多く、いわゆるホームルーム単位で授業を受ける機会が比較的少ない。 戦後新制高校となった当初は経済的理由で学費納付が困難である生徒が多く、この対策として校内で営業を認められた部があった。 これらは運動部・文化部に対して「厚生部」と呼ばれた。 購買部・理髪部・食堂部・清掃部等が知られている。 当初は各部ともに資本金10万円で発足し、一般の事業所にならって会計処理を行った上で部員に給与が支払われた。 社会の安定とともにその存在意義が薄れていき、徐々になくなっていった。 校舎・施設 [ ] 静岡県下の高等学校としてはに次いで二番目に広い敷地をもつ。 に、自習室やホールまで備えた図書館「香陵記念館」が完成した。 蔵書数は約5万冊。 現在使われている校舎はに完成した岡宮校舎である。 には全教室に冷暖房が完備された。 に、築40年を経過し老朽化が進んだ校舎の耐震工事のため、学校・同窓会の全機能が旧へ一時移転する。 若人の家 [ ] 「若人の家」とは沼津市の南端の大瀬崎にある沼津東高校のバンガローの宿泊施設である。 若人の家部が管理する。 なお、卒業生や在校生が申請により使用できる。 電気、水道、ガスコンロが完備されており、利用は無料である。 この施設は学校創立60周年記念事業の一環として設置された。 土地の造成工事から生徒が休日を利用して行った。 部ごとに予算を与え、バンガローを建設した。 著名な卒業生 [ ] 政治・行政 [ ]• (家、医師、元参議院議員)• (第17代、元畜産局長)• (元沼津市長)• (第62代)• (元沼津市長、元衆議院議員)• (第44代、第5代 公選 知事)• (元沼津市長)• (元参議院議員、元静岡県副知事)• (元参議院議員)• (元参議院議員)• (現衆議院議員)• (現衆議院議員) 経済 [ ]• (相談役 元社長・会長・名誉会長 、指揮者、会長兼理事長、館長)• (第2代社長)• (代表取締役社長、副会長、会長)• (代表取締役社長)• 池田隆之(東芝テック代表取締役社長)• 松田裕司(特種東海製紙代表取締役社長) 学問 [ ]• (研究者、英語科講師)• (考古学者、名誉教授)• (工学博士、教授)• (比較文学者、・名誉教授)• (メディアプランナー、大学院・教授)• (経営学者、教授)• (歴史学者、元教授、)• (歴史学者、大学院教授、)• (化学者、受章者、第23代院長)• (物理学者、名誉教授)• (経済学者、元教授)• (経営心理学者、元学長) 文学 [ ]• (小説家、受章者、第9代会長)• (小説家)• (歌人)• (詩人、文化勲章受章者、第11代日本ペンクラブ会長)• (小説家、受賞者)• (小説家、第5代日本ペンクラブ会長)• (小説家、受賞者)• (作詞家) マスコミ・芸能 [ ]• (元アナウンサー)• (俳優、声優)• (:お笑い芸人)• (アナウンサー)• (キャスター、ジャーナリスト、元大学院・客員教授、東京から疎開、へ転校)• (元アナウンサー)• (映画監督)• (NBSアナウンサー)• (KTSアナウンサー)• (グラビアモデル・モデル)• (SBSアナウンサー)• (映画監督) スポーツ [ ]• (プロ)• (ドルフィンスイミングクラブ会長、ドルフィンキック泳法=バタフライ考案者) 軍事 [ ]• () その他諸分野 [ ]• (編集者、教育家、理事長)• (、) 脚注 [ ].

次の

【500枚】沼津東高と暁秀高と韮山高のレベル【困っています】沼津東と暁秀ア...

沼津 東 高校

沼津東高校は、静岡県沼津市にある公立高校です。 設立から100年以上経過しています。 明治34年に、静岡県沼津中学校として開校したのがすべてのはじまりです。 通称は、「沼東」「東高」。 1996年に2学期制を導入しましたが、2008年に3学期制に戻しています。 教育方式は、学年制ではなく単位制です。 「普通科」「理数科」、2つの学科を設けています。 県内でトップのほうに位置する進学校で、数名の学生が毎年東京大学に合格しています。 「運動」「文化」、どちらも同程度の数の部活動があります。 運動部は、「野球」「陸上」など基本的な部活動がほとんどです。 文化部は、「ダンス同好会」「ギターアンサンブル」のような個性あふれる部活動もあります。 出身の有名人としては、小説家の井上靖がいます。

次の