ガウディ。 クロコダイルレザー(ワニ革)ショップ/メンズ財布・バッグ・ベルト/ガウディ

2020年 尾道ガウディハウスへ行く前に!見どころをチェック

ガウディ

生涯 [ ] 誕生 [ ] アントニ・ガウディは、1852年6月25日午前9時半 、のに、父フランセスク・ガウディ・イ・セラと母アントニア・クルネット ・イ・ベルトランの5人目の子として生まれた。 一家の次女マリアと長男のフランセスクはそれぞれ幼くして亡くなったため、三男アントニは長女のローザ、次男のフランセスクとの3人姉弟の弟として成長した。 ガウディの出生地とされる場所には、とその近郊の村リウドムス()の2箇所がある。 レウス説は、洗礼を受けた教会の台帳や学校に提出された書類に基づくものである。 その一方で、ガウディはリウドムスのマス・デ・ラ・カルデレラ()で生まれ、洗礼をレウスで行なったとも伝えられている。 ガウディ家の先祖は17世紀初頭にフランス、からリウドムスへやってきた。 リウドムス出身の父フランセスクは、銅板を加工して鍋や釜を作るであり、「銅細工師の家」の意味をもつマス・デ・ラ・カルデレラは彼の仕事場であった。 ガウディは父方・母方ともに銅細工職人という家系に生まれたことが、空間を把握するという、自らの建築家としての素地となったと考えていた。 幼少時代 [ ] 一家は母アントニアの出身地であるレウスで暮らした。 ガウディはラファエル・パラウの小学校に入学、その後、フランセスク・バランゲー(フランシスコ・ベレンゲール)の学校に移った。 バランゲーには同じ名前をもつ息子がおり、のちにガウディの助手となる。 ガウディは6歳になるまでににかかり、痛みのひどい時にはロバに乗って移動することもあった。 病弱だったため、他の子どもたちと同じように遊ぶことは難しかったが、この頃にクリスマスの飾りのために紙細工で風変わりな家を作っていたという逸話がある。 また、授業で鳥の翼は飛ぶためにあると説明した教師に対し、鶏は翼を走るために使っている、と反論したという話は、幼いガウディが自らの周囲にある物の造形をよく観察していたことを示すエピソードとして知られる。 後年、ガウディは自然を「常に開かれて、努めて読むのに適切な偉大な書物である 」と語っている。 1863年、ガウディは貧しい家庭の子弟のために設立されたピアリスト修道会()の学校に入学する。 この学校でガウディはエドワルド・トダ・イ・グエイ(エドゥアルド・トダ・イ・グエル)とジュゼプ・リベラ・イ・サンス(ホセ・リベラ・イ・サンス)という友人を得る。 トダの回想によれば、3人が発行した雑誌『エル・アルレキン』(「」の意)でガウディは挿絵を担当し、学校演劇の際には大道具や小道具を制作した。 当時のガウディの絵にはレウス出身でイタリアで活躍した画家の影響が指摘されている。 ガウディ、トダ、リベラの3人はレウスに近いのローマ遺跡やへの小旅行もしている。 特に当時、廃墟となっていたポブレー修道院については、トダが中心になって作った修復計画が立てられ、水彩で描かれた概略図が残っている。 ポブレー修道院へガウディたちが足を運んだ時期については、1867年と1869年の2つの説がある。 修復計画においてガウディが設計を担当したとも言われるが、実際にはトダが大半の作業を行ない、ガウディはそれに賛意を示したものと考えられている。 (世界遺産) 学生時代 [ ] 1873年から1877年の間、ガウディはでを学んだ。 学校では、歴史や経済、美学、哲学などにも関心を示したほか、の建築事典を友人から借りて熱心に読んでいたとも伝えられる。 また、学業と並行していくつかので働き、バルセロナのの装飾やの修道院の装飾にもかかわった。 建築家 [ ] ガウディの処女作は未完のものも含めると1867年ごろの産業コロニアだといわれている。 この仕事でマタロ協同組合の教師ペピタと知り合った。 これが初恋であった。 しかし、成婚に至らず、その後一生独身であった。 1878年に建築士の資格を取得している。 当時のバルセロナ建築学校校長で建築家のアリアス・ルジェン(エリアス・ロジェント、)は、ガウディについて「彼が狂人なのか天才なのかはわからない、時が明らかにするだろう」と言ったと伝えられる。 同年、ガウディはに出展するクメーリャ手袋店のためにショーケースをデザインした。 この作品を通じてガウディの才能を見初めたのが、繊維会社を経営する富豪エウセビオ・グエル()であった。 グエルは、その後40年あまりの間パトロンとしてガウディを支援し、グエル邸、コロニア・グエル教会地下聖堂、グエル公園などの設計を依頼した。 1883年にはサグラダ・ファミリアの専任建築家に推薦される。 モンセラート修道院 前半生の主な作品 [ ] 太字で示したものは、としてに登録されている。 年 名称 所在地 備考 1878-79 レイアル広場の街灯 1878 手袋屋のショーケース パリ 現存せず 1878-82 マタロの労働組合本部 ごく一部で初めて木材を用いた放物線状のデザインを表現(ガウディの放物線アーチ第1号、紡績工場の漂白棟のみ現存)。 1879 ジベール薬局の装飾 バルセロナ 1882 ガラーフの狩猟小屋パビリオン計画 1883- バルセロナ 1883-89 バルセロナ 一人前の建築家となって最初の作品、レンガと多彩タイルからなる造形 1883-85 エル・カプリーチョ 第1期、中世のお城にアラブ建築の異国情緒を混ぜたような傾向の建築 1884 グエル別邸のパビリオンと厩舎 バルセロナ 1886-89 グエル邸 バルセロナ 1887-93 1889-94 サンタ・テレサ学院 バルセロナ 1891-92 レオン 1898-1900 カサ・カルベット バルセロナ 1898-1914 地下聖堂 サンタ ・コロマ・ダ・サルバジョ 未完、コロニア・グエルにある小会堂で、グエルがそこの労働者たちのために建てた宗教施設。 1900-14 バルセロナ 第2期、独自の造形表現の境地に達する。 1901 ボデーガ・デ・ガラーフ 1902 ミラーリェス別邸の門と塀 バルセロナ 1904-06 バルセロナ 1905-07 バルセロナ 「石切り場」のあだ名がある。 1909 サグラダ・ファミリア付属学校 バルセロナ 第3期 1909 ベリェスグアルド(フィゲーラス邸) バルセロナ 1914 の修復 サグラダ・ファミリアのガウディのアトリエ(再現) 後半生の主な作品 [ ]• ブラーネス教会の説教台(1912年)• モンセラット「栄光の第一秘蹟」(1916年)• バレンシア教会の説教台(1924年) 死 [ ] 1926年6月7日、ガウディはミサに向かう途中、この日眼鏡を家に忘れた彼は段差に躓き転倒、そこに通ったに轢かれた。 晩年身なりに気をつかわなかったため、と間違われて手当てが遅れ、事故の3日後に73歳で息を引き取った。 遺体はサグラダ・ファミリアに埋葬されている。 であったらしく、終生であった。 設計手法 [ ] 彼の建築は曲線と細部の装飾を多用した、生物的な建築を得意とし、その独創的なデザインは多くの建築家や芸術家に影響を与えた。 その設計手法は独自の構造力学的合理性と物語性に満ちた装飾の二つの側面より成立する。 装飾は形式的なものに留まらず、植物・動物・怪物・人間などをリアルに表現した。 「美しい形は構造的に安定している。 構造は自然から学ばなければならない」と、ガウディは自然の中に最高の形があると信じていた。 その背景には幼い頃、郊外の村で過ごし、道端の草花や小さな生き物たちと触れ合った体験から来ている。 ガウディの自然への賛美が最も顕著に表れた作品が、地下聖堂のガウディ設計部分である。 傾斜した柱や壁、荒削りの石、更に光と影の目くるめく色彩が作り出す洞窟の様な空間になっている。 この柱と壁の傾斜を設計するのに数字やを一切使わず、ガウディは10年の歳月をかけて実験をした。 その実験装置が「逆さ吊り模型」で紐と重りだけとなっている。 網状の糸に重りを数個取り付け、その網の描く形態を上下反転したものが、垂直加重に対する自然で丈夫な構造形態だとガウディは考えた。 建設中に建物が崩れるのではないかと疑う職人達に対して、自ら足場を取り除き、構造の安全を証明した(これは力学的に全くの正解であった。 まさしく力学的に安定である為、今日広く使われているそのものである)。 ガウディは、設計段階で模型を重要視し、設計図をあまり描かなかった。 設計図は役所に届ける必要最小限のものを描いたのみである。 彼の模型や設計図といった資料はで多くが焼失した が、焼失を免れた数少ない資料を手がかりに、現在のサグラダ・ファミリアの工事は進められている。 評価 [ ]• は『』でサグラダ・ファミリアを酷評している。 註 [ ]• ファン・バセゴダ・ノネル『ガウディ』美術公論社、1992年、p. カスティーリャ語式の発音に準じたコルネットの表記もある。 バセゴダ、pp. 22-29. ファン・ヘンスベルヘン『伝記ガウディ』文藝春秋、2003年、p. 鳥居徳敏『アントニオ・ガウディ』SD選書197、鹿島出版会、1985年、pp. 48-50. 入江正之『ガウディの言葉』彰国社、1991年、p. 116。 ファン・ヘンスベルヘン、pp. 42-43. 424-425. 後年、外交官としてアフリカやアジアを訪れ、エジプト学にもかかわったトダは、実際にポブレー修道院の再建に取り組んだ。 Wikipediaスペイン語版、を参照。 岡部明子『バルセロナ』中央公論新社 《中公新書 2071》 2010年 84ページ• Capilla, Antoni 2005年6月. Ruta del Modernisme. 2007年10月19日閲覧。 もっとも、この逸話は信憑性に欠ける伝説とする意見もある。 鳥居、p. 新建築社『NHK 夢の美術館 世界の名建築100選』、2008年、224頁。 外尾悦郎『ガウディの伝言』光文社新書、2006年、pp. 33-34. 参考文献 [ ]• 『ガウディの生涯』彰国社、1978年• 中山公男・・編『ガウディ全作品1 芸術と建築』六耀社、1984年• 中山公男・磯崎新・粟津潔編『ガウディ全作品2 解説と資料』六耀社、1984年• 鳥居徳敏『アントニオ・ガウディ』197、鹿島出版会、1985年• 田中裕也『ガウディの建築実測図面集』彰国社、1986年• 鳥居徳敏『ガウディの建築』鹿島出版会、1987年• 田中裕也『アントニオ・ガウディとその師弟たち』、鹿島出版会、1988年• サビエル・グエル(訳)『ガウディの世界』彰国社、1988年• 入江正之『ガウディの言葉』彰国社、1991年• 赤地経夫・田澤耕『ガウディ建築入門』とんぼの本、新潮社、1992年• ファン・バセゴダ・ノネル(訳)『ガウディ』美術公論社、1992年• 田中裕也『ガウディの独り言』京都書院、1998年• ヘイス・ファン・ヘンスベルヘン(野中邦子訳)『伝記ガウディ』文藝春秋、2003年• 『ガウディの伝言』光文社新書、2006年• 『気になるガウディ』新潮社、2012年ISBN 978-4-10-602234-0• 田中裕也『実測図で読むガウディの建築』彰国社、1912年• 田中裕也『ガウディ・コード、ドラゴンの瞳』長崎出版、2103年 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - ガウディにちなんで命名された。 - 日本にガウディを紹介した。 - サグラダ・ファミリア初の日本人彫刻家。 - ガウディの弟子・助手にして協力者。 外部リンク [ ]• - ガウディセンター(レウス)• in English.

次の

クロコダイルレザー(ワニ革)ショップ/メンズ財布・バッグ・ベルト/ガウディ

ガウディ

生涯 [ ] 誕生 [ ] アントニ・ガウディは、1852年6月25日午前9時半 、のに、父フランセスク・ガウディ・イ・セラと母アントニア・クルネット ・イ・ベルトランの5人目の子として生まれた。 一家の次女マリアと長男のフランセスクはそれぞれ幼くして亡くなったため、三男アントニは長女のローザ、次男のフランセスクとの3人姉弟の弟として成長した。 ガウディの出生地とされる場所には、とその近郊の村リウドムス()の2箇所がある。 レウス説は、洗礼を受けた教会の台帳や学校に提出された書類に基づくものである。 その一方で、ガウディはリウドムスのマス・デ・ラ・カルデレラ()で生まれ、洗礼をレウスで行なったとも伝えられている。 ガウディ家の先祖は17世紀初頭にフランス、からリウドムスへやってきた。 リウドムス出身の父フランセスクは、銅板を加工して鍋や釜を作るであり、「銅細工師の家」の意味をもつマス・デ・ラ・カルデレラは彼の仕事場であった。 ガウディは父方・母方ともに銅細工職人という家系に生まれたことが、空間を把握するという、自らの建築家としての素地となったと考えていた。 幼少時代 [ ] 一家は母アントニアの出身地であるレウスで暮らした。 ガウディはラファエル・パラウの小学校に入学、その後、フランセスク・バランゲー(フランシスコ・ベレンゲール)の学校に移った。 バランゲーには同じ名前をもつ息子がおり、のちにガウディの助手となる。 ガウディは6歳になるまでににかかり、痛みのひどい時にはロバに乗って移動することもあった。 病弱だったため、他の子どもたちと同じように遊ぶことは難しかったが、この頃にクリスマスの飾りのために紙細工で風変わりな家を作っていたという逸話がある。 また、授業で鳥の翼は飛ぶためにあると説明した教師に対し、鶏は翼を走るために使っている、と反論したという話は、幼いガウディが自らの周囲にある物の造形をよく観察していたことを示すエピソードとして知られる。 後年、ガウディは自然を「常に開かれて、努めて読むのに適切な偉大な書物である 」と語っている。 1863年、ガウディは貧しい家庭の子弟のために設立されたピアリスト修道会()の学校に入学する。 この学校でガウディはエドワルド・トダ・イ・グエイ(エドゥアルド・トダ・イ・グエル)とジュゼプ・リベラ・イ・サンス(ホセ・リベラ・イ・サンス)という友人を得る。 トダの回想によれば、3人が発行した雑誌『エル・アルレキン』(「」の意)でガウディは挿絵を担当し、学校演劇の際には大道具や小道具を制作した。 当時のガウディの絵にはレウス出身でイタリアで活躍した画家の影響が指摘されている。 ガウディ、トダ、リベラの3人はレウスに近いのローマ遺跡やへの小旅行もしている。 特に当時、廃墟となっていたポブレー修道院については、トダが中心になって作った修復計画が立てられ、水彩で描かれた概略図が残っている。 ポブレー修道院へガウディたちが足を運んだ時期については、1867年と1869年の2つの説がある。 修復計画においてガウディが設計を担当したとも言われるが、実際にはトダが大半の作業を行ない、ガウディはそれに賛意を示したものと考えられている。 (世界遺産) 学生時代 [ ] 1873年から1877年の間、ガウディはでを学んだ。 学校では、歴史や経済、美学、哲学などにも関心を示したほか、の建築事典を友人から借りて熱心に読んでいたとも伝えられる。 また、学業と並行していくつかので働き、バルセロナのの装飾やの修道院の装飾にもかかわった。 建築家 [ ] ガウディの処女作は未完のものも含めると1867年ごろの産業コロニアだといわれている。 この仕事でマタロ協同組合の教師ペピタと知り合った。 これが初恋であった。 しかし、成婚に至らず、その後一生独身であった。 1878年に建築士の資格を取得している。 当時のバルセロナ建築学校校長で建築家のアリアス・ルジェン(エリアス・ロジェント、)は、ガウディについて「彼が狂人なのか天才なのかはわからない、時が明らかにするだろう」と言ったと伝えられる。 同年、ガウディはに出展するクメーリャ手袋店のためにショーケースをデザインした。 この作品を通じてガウディの才能を見初めたのが、繊維会社を経営する富豪エウセビオ・グエル()であった。 グエルは、その後40年あまりの間パトロンとしてガウディを支援し、グエル邸、コロニア・グエル教会地下聖堂、グエル公園などの設計を依頼した。 1883年にはサグラダ・ファミリアの専任建築家に推薦される。 モンセラート修道院 前半生の主な作品 [ ] 太字で示したものは、としてに登録されている。 年 名称 所在地 備考 1878-79 レイアル広場の街灯 1878 手袋屋のショーケース パリ 現存せず 1878-82 マタロの労働組合本部 ごく一部で初めて木材を用いた放物線状のデザインを表現(ガウディの放物線アーチ第1号、紡績工場の漂白棟のみ現存)。 1879 ジベール薬局の装飾 バルセロナ 1882 ガラーフの狩猟小屋パビリオン計画 1883- バルセロナ 1883-89 バルセロナ 一人前の建築家となって最初の作品、レンガと多彩タイルからなる造形 1883-85 エル・カプリーチョ 第1期、中世のお城にアラブ建築の異国情緒を混ぜたような傾向の建築 1884 グエル別邸のパビリオンと厩舎 バルセロナ 1886-89 グエル邸 バルセロナ 1887-93 1889-94 サンタ・テレサ学院 バルセロナ 1891-92 レオン 1898-1900 カサ・カルベット バルセロナ 1898-1914 地下聖堂 サンタ ・コロマ・ダ・サルバジョ 未完、コロニア・グエルにある小会堂で、グエルがそこの労働者たちのために建てた宗教施設。 1900-14 バルセロナ 第2期、独自の造形表現の境地に達する。 1901 ボデーガ・デ・ガラーフ 1902 ミラーリェス別邸の門と塀 バルセロナ 1904-06 バルセロナ 1905-07 バルセロナ 「石切り場」のあだ名がある。 1909 サグラダ・ファミリア付属学校 バルセロナ 第3期 1909 ベリェスグアルド(フィゲーラス邸) バルセロナ 1914 の修復 サグラダ・ファミリアのガウディのアトリエ(再現) 後半生の主な作品 [ ]• ブラーネス教会の説教台(1912年)• モンセラット「栄光の第一秘蹟」(1916年)• バレンシア教会の説教台(1924年) 死 [ ] 1926年6月7日、ガウディはミサに向かう途中、この日眼鏡を家に忘れた彼は段差に躓き転倒、そこに通ったに轢かれた。 晩年身なりに気をつかわなかったため、と間違われて手当てが遅れ、事故の3日後に73歳で息を引き取った。 遺体はサグラダ・ファミリアに埋葬されている。 であったらしく、終生であった。 設計手法 [ ] 彼の建築は曲線と細部の装飾を多用した、生物的な建築を得意とし、その独創的なデザインは多くの建築家や芸術家に影響を与えた。 その設計手法は独自の構造力学的合理性と物語性に満ちた装飾の二つの側面より成立する。 装飾は形式的なものに留まらず、植物・動物・怪物・人間などをリアルに表現した。 「美しい形は構造的に安定している。 構造は自然から学ばなければならない」と、ガウディは自然の中に最高の形があると信じていた。 その背景には幼い頃、郊外の村で過ごし、道端の草花や小さな生き物たちと触れ合った体験から来ている。 ガウディの自然への賛美が最も顕著に表れた作品が、地下聖堂のガウディ設計部分である。 傾斜した柱や壁、荒削りの石、更に光と影の目くるめく色彩が作り出す洞窟の様な空間になっている。 この柱と壁の傾斜を設計するのに数字やを一切使わず、ガウディは10年の歳月をかけて実験をした。 その実験装置が「逆さ吊り模型」で紐と重りだけとなっている。 網状の糸に重りを数個取り付け、その網の描く形態を上下反転したものが、垂直加重に対する自然で丈夫な構造形態だとガウディは考えた。 建設中に建物が崩れるのではないかと疑う職人達に対して、自ら足場を取り除き、構造の安全を証明した(これは力学的に全くの正解であった。 まさしく力学的に安定である為、今日広く使われているそのものである)。 ガウディは、設計段階で模型を重要視し、設計図をあまり描かなかった。 設計図は役所に届ける必要最小限のものを描いたのみである。 彼の模型や設計図といった資料はで多くが焼失した が、焼失を免れた数少ない資料を手がかりに、現在のサグラダ・ファミリアの工事は進められている。 評価 [ ]• は『』でサグラダ・ファミリアを酷評している。 註 [ ]• ファン・バセゴダ・ノネル『ガウディ』美術公論社、1992年、p. カスティーリャ語式の発音に準じたコルネットの表記もある。 バセゴダ、pp. 22-29. ファン・ヘンスベルヘン『伝記ガウディ』文藝春秋、2003年、p. 鳥居徳敏『アントニオ・ガウディ』SD選書197、鹿島出版会、1985年、pp. 48-50. 入江正之『ガウディの言葉』彰国社、1991年、p. 116。 ファン・ヘンスベルヘン、pp. 42-43. 424-425. 後年、外交官としてアフリカやアジアを訪れ、エジプト学にもかかわったトダは、実際にポブレー修道院の再建に取り組んだ。 Wikipediaスペイン語版、を参照。 岡部明子『バルセロナ』中央公論新社 《中公新書 2071》 2010年 84ページ• Capilla, Antoni 2005年6月. Ruta del Modernisme. 2007年10月19日閲覧。 もっとも、この逸話は信憑性に欠ける伝説とする意見もある。 鳥居、p. 新建築社『NHK 夢の美術館 世界の名建築100選』、2008年、224頁。 外尾悦郎『ガウディの伝言』光文社新書、2006年、pp. 33-34. 参考文献 [ ]• 『ガウディの生涯』彰国社、1978年• 中山公男・・編『ガウディ全作品1 芸術と建築』六耀社、1984年• 中山公男・磯崎新・粟津潔編『ガウディ全作品2 解説と資料』六耀社、1984年• 鳥居徳敏『アントニオ・ガウディ』197、鹿島出版会、1985年• 田中裕也『ガウディの建築実測図面集』彰国社、1986年• 鳥居徳敏『ガウディの建築』鹿島出版会、1987年• 田中裕也『アントニオ・ガウディとその師弟たち』、鹿島出版会、1988年• サビエル・グエル(訳)『ガウディの世界』彰国社、1988年• 入江正之『ガウディの言葉』彰国社、1991年• 赤地経夫・田澤耕『ガウディ建築入門』とんぼの本、新潮社、1992年• ファン・バセゴダ・ノネル(訳)『ガウディ』美術公論社、1992年• 田中裕也『ガウディの独り言』京都書院、1998年• ヘイス・ファン・ヘンスベルヘン(野中邦子訳)『伝記ガウディ』文藝春秋、2003年• 『ガウディの伝言』光文社新書、2006年• 『気になるガウディ』新潮社、2012年ISBN 978-4-10-602234-0• 田中裕也『実測図で読むガウディの建築』彰国社、1912年• 田中裕也『ガウディ・コード、ドラゴンの瞳』長崎出版、2103年 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - ガウディにちなんで命名された。 - 日本にガウディを紹介した。 - サグラダ・ファミリア初の日本人彫刻家。 - ガウディの弟子・助手にして協力者。 外部リンク [ ]• - ガウディセンター(レウス)• in English.

次の

ガウディ(Gaudi)|ホットペッパービューティー

ガウディ

この記事の目次• ガウディ建築の特徴とは? スペインの建築家アントニ・ガウディ(1852-1926 は、「美しい形は構造的に安定している。 構造は自然から学ぶべきである。 」と考えており、建築のほとんどに、自然からのヒントを取り入れ模倣した作品が多いです。 設計図を描かずに模型を重視するということも特徴で、作品は設計図なしで作られたモノだというから驚きですよね。 ガウディのこだわった建築法があることを考えて、作品を見るとより楽しめるでしょう。 「アントニ・ガウディの作品群」として世界遺産に登録! ガウディの作品群として、1984年にユネスコの世界文化遺産として登録されました。 中でも代表的な作品は、晩年のガウディが全身全霊で挑んだ「サクラダファミリア」という壮大な教会は誰が見ても別格の作品だと感じるはず。 2005年にはガウディ作品群の世界遺産への登録の範囲が拡大され、年々評価が高まっています。 完成に300年かかると言われていましたが、2026年に完成予定と発表されました。 理由としては設計図もない手探り状態での作業が、近年のコンピューター技術の発展によりスムースに進行出来るようになったからです。 未完の世界遺産を見れるのもあと少しの話になったので、今のうちに見ておきたいですね。 入館料は5種類あって鐘塔に登れるチケットが一番人気。 価格は29ユーロ(日本円で3,800円ほど)とお値段は高く感じますが、価格以上の価値があります! 当日だと長蛇の列ができてしまうので、必ず事前予約をしてから行きましょう。 アクセスは、バス、地下鉄、タクシーがありますが、サグラダファミリア駅を下車してすぐの場所にあるので、地下鉄がおすすめ。 サンツ駅からは5号線にのって5駅目にあり、カタルーニャ駅、リセウ駅3号線にのってパセッチ・ダ・グラシア駅で2号線に乗り換えて3駅目にサクラダファミリア駅があります。 サグラダファミリアについては「」こちらもチェック! サグラダファミリア基本情報 住所 C. 入り口に入ると、装飾のされた45段も凄まじい階段が待ち受けています。 階段を登ることによっていつもと違う非現実的な世界へと導かれて行くでしょう。 イメージはお菓子の街という具合のポップで可愛らしい街並みです。 ヘンゼルとグレーテルの中に出てくる「お菓子の家」をモデルにしていることから、形、装飾がとても可愛らいしい作品。 閉館日などはなく、年中無休で開園されているので予定を建てやすいですね。 地下鉄「レスパス駅」で降りて、公園の左入り口から入場出来ます。 四年という長い歳月をかけて作られた家を見たことがあるでしょうか? 特徴は、「グエルの生活様式まで考えて作られた」ということです。 地下から21本もの柱で支えられている程の大きな館。 当時使用していた家具がそのまま展示されているというところも見所ですね。 装飾には所々、グエル公園をイメージさせる可愛い装飾が成されています。 地下鉄の「リセウ駅」が最寄り駅。 バルセロナには毎月第一日曜日に美術館や建造物の入場料が無料になる日があり、グエル邸も適応しています!ただし17:00~無料ということをお忘れなく。 別名「骨の家」や「あくびの家」と呼ばれるユニークな外観の建物ですが、実は長い間未公開で、公開されたのがガウディ150年生誕祭の2002年でした。 建物のテーマは「海」。 入り口から、外壁は海面の海のように波立ち、中は吹き抜けになっています。 全体が同じ色に見えるように下の水色から上の水色まではだんだんと濃い青色へと変わっていくところもガウディの工夫が成されていますね。 こだわりの強いガウディは、煙突にまでガウディらしいデザインで演出させています。 アクセスは地下鉄の地下鉄2・3・4号線 パセッチ・ダ・グラシア駅から徒歩2分程です。 一般的な建築様式とは随分と異なり、自然を模倣したかのような、曲線で波を打っているデザインにはガウディらしい他にないセンスを感じること間違いなし。 ガウディ建築の中の四天王の1つと言われているカサ・ミラ。 屋上からはサグラダファミリアが見えることと、屋上にガウディの真骨頂であるオブジェが複数あるので全体がフォトスポットとなっています。 地下鉄5号線ディアゴナル Diagonal 駅から徒歩3分程なのでアクセスも便利。 まずはカサ・ビセンスを見てから時代の流れとガウディの技術の変化を感じながら他の作品を見るのもおすすめ。 他の作品とは違い、唯一庶民地帯にある建物であることも特徴の1つです。 外見はレンガやタイルが多く使われ、楽しそうなサーカスでも行われているかのようなデザインですね。 レンガ、タイルが多く使われているのには理由があります。 最初の所有者、レンガタイル工場の社長、マヌエルビセンスの住居であったからです。 自分の住居が世界遺産になり、高額の値段がつけられるとは住居者は信じられない状況にあったでしょう。 住居であったために見学などは勿論出来なかった作品が、2017年11月から可能に。 1世紀の間、公開されていなかった作品を見ることの出来なかった人も多くいますが、今だから見れるという奇跡の機会を大切にしたいですよね。 アクセスはフォンタナ駅から徒歩4分程。 ガウディが完璧な逆さ吊り模型に10年もの時間を費やしてしまったこと、制作から6年後に、サクラダファミリアの制作に集中するため作業を中断したことから、途中までしか作られなかった作品というところが見どころ。 完成されたのは半地下だけで、現在はそこを礼拝堂として利用しています。 中には、礼拝堂の完成予想図があるので、現在の協会と比較してイメージしてみるのも面白いですよね。 綺麗な蝶のステンドグラスに差し込む光や、ガウディらしい曲線を利用した作品ということも特徴の1つです。 アクセスはコロニアグエル駅から10分ほどで、降りてから青い足跡のイラストが地面にあり、辿っていくと教会のインフォメーションに着きます。 コロニア・グエル地下礼拝堂基本情報 住所 Colonia Guell S. 他の作品と比べると、石造りのシンプルな建物で、形がクローバーのような三つ葉デザインのバルコニーが見所です。 現在は、住民の一部がレストランと、バーになっています。 外見のみ見学は可能ですが、興味のある方はレストランを予約して見るのも1つの方法ですよね。 アクセスはアークイナローナ駅から徒歩3分に位置しています。 他の作品に比べると質素なデザインに感じると思います。 現在も学校として利用されているため中の見学はすることが出来ません。 今までに紹介してきた作品とは違い、ガウディが建築を手がける以前に、前任者が途中まで仕上げていた段階から建築が行われました。 あらゆる建築を途中まで作っていたガウディが、他人の作品を途中から作るというのは珍しいパターン。 前任者の建築様式を変え、ネゴシック様式からムディハル様式へと変えていきました。 サグラダファミリアを始め多くの、ガウディ建築に使われるデザインが残されているサンタテレサ学院はラ・ボナノバ駅から徒歩5分に位置しています。

次の