羽沢 横浜 国 大 駅 時刻 表。 羽沢横浜国大駅

羽沢横浜国大駅

羽沢 横浜 国 大 駅 時刻 表

2012 (平成24)年より度々調査してきたについて、相鉄グループの相模鉄道株式会社から2017(平成29)年12月11日、新駅名称の発表があった。 今まで羽沢駅(仮称)としてきた名称を、「羽沢横浜国大(はざわよこはまこくだい)」駅として手続きを開始したという。 神奈川東部方面線(相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線)完成路線図(クリックして拡大) 駅名選定の理由は、主な利用者として羽沢地区の地域住民と、南東に位置する横浜国立大学(以下、横浜国大)の関係者を想定し、町名である「羽沢(はざわ)」と、将来利用者となるであろう「横浜国大」を併記した駅名を選定したとのこと。 現段階では神奈川県および横浜市と協議を行っており、正式な決定を待っている状態だ。 「羽沢横浜国大(仮)」駅の外観完成予定図 2012年当時は2015(平成27)年4月に開業予定だった相鉄・JR線直通の鉄道路線計画。 用地取得や地盤の問題などにより、され、現段階では2019年下期開業予定とのこと。 2017(平成29)年12月12日現在 2012年時点では、地下ホームと地上の土木工事が行われていた。 2012年の様子(画像はより) 2017年12月12日現在、羽沢横浜国大駅(仮)はこのようになっている。 土木工事が終了し建築工事へ 着々と工事が進む中、地域住民の方は「羽沢横浜国大」駅という名称について、どのように感じているのか。 そもそも知らない まず話を伺ったのは、着工当初からこの現場を見てきた警備員さん。 「羽沢横浜国大駅? 初めて聞いたよ」 「きっと横浜国大の学生さんが集まる駅になると思うから、いいんじゃないかな。 この辺りは何もないから、お店なんかも増やして活気が出るといいね」と話してくれた。 続いて話を伺ったのは、工事現場前にある神奈中バス停「羽沢貨物駅」へ向かう80代の女性。 1時間に1本の運行 「すぐそばに住んでいるけど、もう7~8年工事をしているよね。 完成したら慣れ親しんだ風景が変わるんだろうね。 どんな駅名でも、無事に完成してくれるのが一番だよ」と、しみじみ話してくれた。 「バスに乗り慣れているから駅には詳しくないんだよね」 工事現場付近は人通りがほとんどなく、すれ違うとしても自転車や車ばかりだ。 そこで、横浜国大生にも意見を聞いてみようと思い、場所を横浜国立大学前に移動する。 赤い三角形が羽沢横浜国大駅(仮)(Googlemapより) 合わせて、横浜国大までの所要時間を計測した。 歩道橋を渡った駅の向かい側にある道 もっと近道があるかもしれないが、そこは横浜国大生に発見していただきたい。 坂が多く道も広くはない 地図を片手に早歩きで行くこと約15分、横浜国大の西門に到着した。 将来的に大学の最寄り駅の一つとなるには、許容範囲な距離感だ。 慣れれば10分ほどで到着できるかもしれない 早速、横浜国大生に話を聞いてみよう。

次の

相鉄線・話題の新駅「羽沢横浜国大駅」に潜入!

羽沢 横浜 国 大 駅 時刻 表

相鉄からは20000系電車がJR線に乗り入れる 2019年11月30日に開業予定の相鉄・JR直通線。 相模鉄道(相鉄)とJR東日本の相互直通運転がこの路線を介して始まり、東京と神奈川を乗り換えなしで直結する新しい鉄道ルートができることになる。 相鉄・JR東日本・そして直通線沿線の3者に大きなインパクトをもたらす路線で既に開業後のダイヤも公表されているが、新規開業する羽沢横浜国大駅の時刻表を見ると、首都圏都市部とは思えない意外な列車本数で、開業後のダイヤを見たネットユーザーや鉄道ファンからは、「秘境駅か」と突っ込まれてもいる。 ダイヤ編成の難しさが影響か 相鉄・JR直通線の列車本数は平日・土休日ともに46本が設定される。 相鉄側からJRへと向かうルートで考えると、相鉄本線・西谷駅で従来の横浜駅方面に向かう路線と分岐。 新駅である羽沢横浜国大駅を経由し、JR武蔵小杉駅へと接続し、渋谷・新宿方面にアクセスる。 とりわけ横浜市西部の相鉄沿線から川崎・東京へのアクセス性は抜群によくなるが、懸念は本数だ。 時刻表を見ると、運転間隔は朝ラッシュ時で10〜20分間隔、データイムには約30分間隔となっている。 具体的に見てみよう。 横浜方面と直通線方面のすべての列車が停車する相鉄二俣川駅の平日朝8時台の本数を比較すると、従来の横浜方面に向かう列車が22本に対し、直通線方面は5本にとどまる。 直通線ではラッシュ時でも運転間隔は10〜20分間隔にとどまり、さらに、唯一新規開業する途中駅の羽沢横浜国大駅の時刻表を見ると、11時台から15時台の間はすべて30分間隔、毎時2本の運転。 これは横浜市内の駅としては異例の少なさである。 横浜市内で羽沢横浜国大駅に匹敵するくらい本数の少ない路線には東急こどもの国線とJR鶴見線がある。 しかし両線でもデータイムの運転本数は20分間隔の毎時3本で、特に鶴見線は臨海部の工業地帯を走るという特殊な事情がある。 相鉄とJRという大動脈同士を結ぶ線としては、心もとない本数である。 この本数となった背景は何だろうか。 J-CASTニュースが羽沢横浜国大駅でどの程度需要を見込んでいるかを相鉄に取材したところ、同駅の乗降人員は約1万人を想定しているとのことである。 2018年度の相鉄全駅の乗降人員は、最も少ないゆめが丘駅が2198人、これに次ぐ平沼橋駅が8768人。 想定通りであれば、羽沢横浜国大駅は3番目に乗降人員が少ない駅になる計算だ。 とはいえ列車本数には格段の差がある。 こうなってしまったのは、直通線特有の事情になる。 JR側の過密ダイヤや貨物列車の存在だ。 相鉄・JR直通線は相鉄側の西谷駅で相鉄本線から分岐し、羽沢横浜国大駅を経由してJR武蔵小杉駅でJRに合流するが、直通線にはすでに湘南新宿ラインと横須賀線の列車が走り、羽沢横浜国大周辺では貨物列車とも線路を共有する。 特に編成が長く、電車に比べて加速度の遅い貨物列車が間に入るとダイヤ編成は難しくなる。 ダイヤ編成を主導したのはJR東日本だが、前出のダイヤとなった理由については取材に対し「線路を共有する横須賀線・貨物線・湘南新宿ラインの現状を鑑みて編成した」と答えている。 東急直通後に真価を発揮か 需要を見込んでいないわけではないが、路線の特殊な事情で首都圏としてローカルな本数にとどまった羽沢横浜国大駅、現在同駅周辺はJR貨物の横浜羽沢駅があるほかは住宅と田畑が広がるエリアだが、駅周辺の開発も今のところは低調で、列車本数も開発を推進するには至らないだろう。 「秘境駅」との揶揄には、こうした背景がある。 同駅が真価を発揮するのは、2022年下半期開始予定の相鉄・東急の直通運転だろうか。 東急方面とJR方面は同駅から東京寄りで分岐する計画で、東急側は貨物列車やJRダイヤの影響を受けにくく、新横浜駅に直通できるメリットがある。 相鉄側から新横浜・東急線方面への増発が実現すれば、JR直通時点では渋谷・新宿方面に限られている行き先もさらに増える。 都市部の駅らしい列車本数になりうるだろう。

次の

相鉄線・話題の新駅「羽沢横浜国大駅」に潜入!

羽沢 横浜 国 大 駅 時刻 表

「羽沢横浜国大」駅(仮称「羽沢駅」)の完成予想図(相鉄ニュースリリースより) 「相鉄・JR直通線」(相鉄線・西谷~羽沢~JR線方面)と「相鉄・東急直通線」(羽沢~日吉)から成る 神奈川東部方面線で、仮称となっていた 羽沢新駅について、相模鉄道(相鉄)は名称を「 羽沢横浜国大(はざわよこはまこくだい)」にすると発表しました。 同駅からJRへの直通線は、 2020年3月(平成31年度下期)までに、日吉方面への東急直通線は、2022(平成34)年度下期(同年10月から2023年3月までの間)に開業が予定されています。 仮称となっている新綱島と新横浜、羽沢と3つ設けられる新駅のなかで、 正式駅名が決まったのは初めてとなります。 羽沢横浜国大駅は、相鉄直通線のなかでも、 JR線方面と新横浜・新綱島など 東急線方面の路線が分岐する重要な駅。 現在は JRの貨物駅となっており、人の乗り降りは行われていません。 また、新駅の建設が行われている神奈川区羽沢南2丁目の環状2号線沿いは、 倉庫と貨物駅と大規模道路が目立ち、住宅は比較的少ない環境にあります。 「羽沢横浜国大」駅の位置図、横浜国立大の北門は近い位置にある(2015年7月の「都市計画市素案説明会」の横浜市資料より) 駅は地下13メートルに設けられ、地上部では約2万2000平方メートルの敷地を使い、 駅舎とともに高さ100メートルまでの高層ビルと 高さ31メートルまでの中高層建物の2棟を新たに建設。 高層階をマンションとし、下層階は 飲食店や商業施設などもテナントとして入れる予定です。 また、ビル内には大学に関する施設も設けられる計画となっています。 駅から1キロ(直線距離では約700メートル)ほどの位置にある保土ヶ谷区常盤台には、 横浜国立大学がキャンパスを構えており、駅出入口の位置やアクセス道路の整備状況によりますが、 同大学の「北門」までは最短で徒歩10分程度でアクセスできる可能性があります。 また、横浜駅からの路線バスが発着する「西門」へも徒歩15分程度となる見通しです。 横浜国立大のキャンパスマップ、正門からもっとも遠い「北門」(マップ上部右側)が「羽沢横浜国大」駅の最寄りとなる(同大学より) 相鉄では「同駅の 主な利用者として、羽沢地区にお住まいの方および 南東に位置する横浜国立大学の関係者を想定」(ニュースリリース)しているといい、今回の駅名についても「 沿線価値の向上を目指していくという想いを込め、町名である『羽沢』と当駅周辺に立地する『横浜国大』を併記するこの駅名を選定しました」(同)といいます。 横浜国立大は現在、最寄りとなる地下鉄ブルーラインの三ツ沢上町駅から「正門」まで徒歩約16分、相鉄線の和田町(わだまち)駅から「南門」までは徒歩約20分と遠く、 羽沢横浜国大駅がもっとも近い駅となることから、駅名に反映させたものとみられます。 【関連記事】 ・(2018年1月18日、しんよこ新聞、工事の進捗状況など) ・(2017年7月29日、しんよこ新聞) 【参考リンク】 ・( PDF、2017年12月11日、相模鉄道) ・(保土ケ谷区) ・(2015年7月、横浜市、羽沢駅周辺の再開発について).

次の