コーク ユーチュー バー。 YOUTUBER(ユーチューバー)の年収給料や最新版年収ランキング1位~100位、ジャンル別【ゲーム実況・キッズ・有名ユーチューバー】年収|平均年収.jp

【YouTube】再生回数30万だと広告収入はどれぐらいなのか暴露します【絶望】

コーク ユーチュー バー

YouTuberになるための3ステップ 本気でYouTuberになるためには様々な準備が必要です。 YouTubeチャンネルを作ることから、機材の準備も大事ですが、どんな動画を作るのかが一番大切ですので、よく考えてから初めてみましょう。 準備ができたらどんどん動画を作ってYouTubeに投稿していきましょう。 どんな人気YouTuberでも最初から人気があったわけではありません。 最初は再生回数も伸びないですが、根気強く動画投稿を続けるのが大切です。 動画制作に慣れて、定期的に動画をアップできるようになったら、動画収益化の条件をクリアして収入を得られるようにしましょう。 そして、さらなる高みを期待するのであれば事務所に所属することも目指してみましょう。 以下、YouTuberになるための手順を順を追って説明していきます。 YouTubeアカウントを取得しよう Googleアカウントの取得 YouTubeはGoogleが提供しているサービスですので、Googleのアカウントを作成することが必要です。 以下のURLからGoogleアカウントを作成してください。 YouTubeチャンネルの設定 Googleアカウントを作成したらYouTubeのサイト上でログインします。 ログインができたらメニューの中から「マイチャンネル」を選択します。 すると、以下のような確認画面が表示されますので、「チャンネルを作成」ボタンを選択してチャンネル作成を完了させてください。 チャンネル作成が完了すると以下のような画面が表示されます。 これがチャンネルのトップページであり、もうチャンネルは完成です。 この状態だとチャンネル名は自分の名前になっているはずです。 もし、自分の名前をチャンネル名にしたくない場合や、チームや組織としてチャンネルを作る場合は以下の手順で、新しいチャンネルを追加作成してください。 チャンネルを新規追加は、から行います。 ここで新しいチャンネルのチャンネル名を設定し、新しくチャンネルを作成します。 これでYouTubeチャンネルの完成です。 チャンネルのブランディング チャンネル登録者を増やし、より多くの人に見てもらうにはチャンネルのブランディングも重要です。 チャンネルに個性を出すことで、より覚えて貰い易くするのです。 チャンネルを作ったらチャンネルアイコンとチャンネルアートの設定を行いましょう。 「レイアウトの編集」ボタンからレイアウト編集画面に遷移できます。 まず設定しておくべきものはチャンネルアイコンとチャンネルアートの2つです。 これらはチャンネルの看板となるものですので、特徴的で分かりやすいものにしましょう。 チャンネルアートの作り方のほか、有名YouTuberのチャンネルデザインは以下のページでたくさん紹介していますので参考にしてみてください。 まずはYouTubeのサイト上部にある「アップロード」ボタンを選択します。 以下が動画のアップロード画面です。 方法は動画ファイルをページ中央付近にドラッグするだけです。 次の画面で動画のアップロードが開始されます。 アップロードが完了すると、処理中の表示になり、それが終わってはじめてアップロードの完了になります。 この一連の処理には時間がかかる場合があります。 動画に関する情報を設定する 投稿した動画には動画タイトルなどの情報を設定する必要があります。 この情報のつけ方次第で、検索エンジンに表示される順位に影響がでたりと、再生回数に関わる重要な部分ですのでしっかりと考えて設定しましょう。 動画のタイトル 動画のタイトルは分かりやすくするのが最も重要です。 動画の内容をきちんと反映しているものにしましょう。 また、旬なキーワードや検索されそうなキーワードを含めるのも効果的です。 動画の説明文 動画の説明文は最初の3行目までが最も影響が大きいと言われています。 だらだらと長く書くのではなく、最初の3行には動画の内容を簡潔にまとめた文章を書くようにしましょう。 タグ 関連するキーワード 投稿した動画の内容に関連するキーワードをいくつか設定しておきましょう。 たくさん設定すればよいという訳ではありませんので、本当に関連するキーワードを厳選して設定してください。 カスタムサムネイルの設定を行う 動画のサムネイルは設定しなくても自動で設定されますが、独自のサムネイルを作成して設定するのが一般的です。 カスタムサムネイルには以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。 「アカウントの確認」という処理を行うことでできるようになります。 アカウントの確認は以下のリンクから行ってください。 動画を収益化しよう YouTubeには動画に企業の広告を表示させ、それに応じた収益を得られる仕組みがあります。 以下にその収益化の方法について紹介します。 すると以下のような画面が表示されるので、収益受け取りの「有効にする」ボタンを選択します。 すると、収益受け取りプログラムの画面が表示されます。 収益受け取りプログラム 収益の受け取りは簡単に有効化することはできません。 収益受け取りプログラムの4ステップをクリアしていく必要があります。 以下、収益受け取りプログラムの4ステップについて説明していきます。 利用規約の同意 まずはYouTubeから提示される利用規約に同意する必要があります。 利用規約を読んだ上で、「同意する」ボタンを押し、利用規約に同意してください。 AdSenceアカウントとの紐づけ AdSence アドセンス とは自分のWebサイトや動画に企業の広告を掲載することで、Googleから収益を得る仕組みです。 すでにAdSenceアカウントをお持ちの方は、YouTubeチャンネルとAdSenceアカウントの紐づけを行うだけで完了です。 AdSenceアカウントをまだお持ちでない方は以下のリンクからアカウントの作成を行ってください。 名前や住所のほかに銀行口座の登録が必要になります。 収益化の設定をする ここで動画に掲載する広告のタイプを設定します。 設定しておけば、今後動画をアップロードした時に、その動画が自動的に収益化対象の動画になります。 収益化条件のクリアを目指す 2018年の1月にYouTubeの利用規約が厳しくなり、過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者数が 1,000 人に満たないチャンネルは収益化することができなくなりました。 この条件をクリアすると、コミュニティガイドラインに準拠しているかどうかの審査が行われ、この審査に合格して初めて収益化できるようになります。 当然ながら、著作権に違反した動画や、暴力や性的描写などの過激な内容を含む動画があると審査は通りません。 これらのルール コミュニティガイドライン については以下のページで詳しく紹介していますので参考にしてみてください。 ただし、チャンネル登録者が増えやすくなるようなコツもありますのでいくつかご紹介します。 ロゴの透かしを動画に表示する 「マイチャンネル」の「チャンネル設定」から「ブランディング」のページへ移動すると、動画上にロゴの透かしを表示させることができます。 ここで設定したロゴは自動で全ての動画に表示され、視聴者がこのロゴをクリックすると、チャンネル登録ページが表示されるようになります。 エンドカードで誘導する エンドカードとは動画の一番最後に挿入するちょっとしたエンディングムービーのようなものです。 このエンドカードでチャンネル登録へ誘導させる方法は、ほとんどのYouTuberが行っている手法でもありますので、ぜひ実践してみてください。 具体的な方法については以下の記事で解説しています。 YouTubeには簡単にTwitterを連携する機能があります。 「アカウント設定」から「接続済みアカウント」に移動すると以下のような画面が表示され、Twitterとの連携が行えます。 連携を行うと、動画をアップロードした際に自動でツイートしてくれるようになります。 YouTubeのイベントに参加しよう YouTubeでは定期的に誰でも参加できる勉強会や交流会を開催しています。 動画制作について学べるだけでなく、いい刺激にもなりますので積極的に参加してみましょう。 ワークショップ YouTubeが六本木にあるYouTube Space Tokyoという施設で定期的にワークショップを開催しています。 ここでは撮影に関する技術、動画編集技術に関する技術、さらには効果的にチャンネル登録者を増やす方法についてプロから直接学ぶことができます。 YouTubeチャンネルを開設ばかりの人や、チャンネル登録者が伸びずに悩んでいる方は是非参加してみてください。 MCN マルチチャンネルネットワーク に加入しよう MCN マルチチャンネルネットワーク とは? MCN マルチチャンネルネットワーク とは企業がYouTuberを束ねているものであり、芸能人が芸能事務所に所属するようなものです。 加入することによって、様々なサポートを受けることができたり、他YouTuberとの交流の機会を増やすことができます。 さらに、人気チャンネルともなればMCNから企業案件を受けることができます。 企業案件というは動画内で企業の商品を紹介したり、企業の要求に合わせて動画を制作するものです。 企業案件を受けると一度にまとまった額のお金を稼ぐことが可能です。 MCNに関しては以下の記事で詳しくまとめています。 多くのMCNはスカウトによって加入するチャンネルを確保していますが、UUUMネットワークでは加入するチャンネルを応募形式で募集しています。 UUUMネットワークは発足してからの時間は浅いものの、加入チャンネルの数が劇的に増えており、大手のMCNとなりつつあります。 興味のある方は以下のページから応募してみてもよいでしょう。 管理人がオススメする参考書籍 YouTube Perfect GuideBook 毎年のように改訂版が発売されている本で、YouTube関連本の中では定番中の定番です。 YouTubeアカウントの作成方法から、動画のアップロード方法まで、基礎的なことを図解でていねいに解説されていますので、これから本格的にYouTubeを初めたいという方にはピッタリな本です。 人物:YouTuber YouTuber歴8年。 登録者数10万人のチャンネルを適当に運営している。 ここは文字で伝えたいことを書くところ。 お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。 このブログの人気記事• 1,058,261 views• 729,351 views• 316,247 views• 302,304 views• 296,283 views• 262,422 views• 227,576 views• 202,038 views• 187,951 views• 187,411 views• 170,582 views• 158,230 views• 153,008 views• 147,284 views• 124,716 views• Feedly購読はこちらから.

次の

ユーチューバーはうざい?嫌われているYouTuberランキングTOP17

コーク ユーチュー バー

企業がYouTubeにお金を支払い自社の製品の宣伝を依頼• YouTuberは動画を投稿し、広告枠を設定する• 視聴者が広告と動画を見る• 動画の再生回数に応じてYouTubeはYouTuberにお金を分け与える 最近はネットが発達していますので、企業もテレビCMによる宣伝だけでなく、YouTubeでの宣伝活動も行うようになりました。 企業がYouTubeに広告宣伝料を支払い、YouTubeはその広告宣伝料をYouTuberに支払うという関係が成り立っています。 動画を見た視聴者に対し商品やサービスをPRすることで、間接的ではありますが、企業側も利益を得ています。 「はじめしゃちょー」や「ヒカキン」のようなトップユーチューバーは UUUMという事務所と契約をしており、 事務所との分け前は以下のようになっています。 (参考:) トップユーチューバーが専属契約しているアドセンス(Googleが提供しているクリック報酬型の広告)からの収益は、 80%がユーチューバー、20%がUUUMの取り分になります。 このような仕組みで、YouTuberはお金を稼いでいるのです。 広告にもいくつか種類がありますので、広告の種類を説明していきます。 インストリーム広告 引用: インストリーム広告とは、 YouTubeで動画が再生される前や再生される途中で流れるCMのことです。 長さは数秒~数十秒程度あります。 広告はいいから早く動画が見たいと言う場合は、スキップも可能なバージョンもあります。 スキップが不可能なものもあり、それに出くわしたらCMが終わるまで待たなくてはなりません。 特にスキップが不可能なものは、視聴者に強制的にCMを見せることになるので、宣伝効果は高いとされています。 オーバーレイ広告 引用: オーバーレイ広告とは、 動画の下部によく出てくる広告です。 動画にかぶさって表示されるので、邪魔だと感じている方は多いはずです。 消そうとしたら誤って広告の部分を押してしまうミスは、誰もが経験する「YouTubeあるある」です。 スマホでネット検索していてもブラウザを覆うように広告が出ることがありますが、あれもオーバーレイ広告の一種です。 オーバーレイ広告には多様なアニメーションが使われていて、画面上を上下に移動したり拡大縮小したりする広告もあります。 オーバーレイ広告も必ず目に入るものですので、宣伝効果は高いとされています。 サイドバー広告 引用: サイドバー広告とは、文字通り、 画面の右上部分のサイドバーに表示される広告のことです。 動画そのものに掲載される広告ではないので、上で紹介した2つよりはクリックする可能性は低く宣伝効果も低いといえます。 広告の種類を3つ紹介してきました。 これらの広告は表示されるか、またはクリックされると収益が発生します。 動画の再生回数が多いほど、収益も増えます。• スーパーチャットとは、 視聴者がYouTuberに直接寄付できる機能です。 主に生配信の時に、視聴者がコメントにお金を乗せて投稿できます。 俗に投げ銭といわれます YouTuberのなかには広告収入だけではやっていけない人も多いです。 動画の再生回数が多くならないと収入が増えないためです。 その点、スーパーチャットであれば、動画の再生回数は関係ありません。 魅力ある内容の生配信を行えば、そのたびに視聴者から直接お金が貰えます。 このスーパーチャットの機能を使って、月数十万程度稼いでいる強者YouTuberもいます。 例えば「かずぽこ」さんというYouTuberは、1度の配信で24万円稼いだとの情報が出ていました。 スーパーチャットの購入はこちらのサイトから行えます。 以前は月額490円の一択でしたが、現在はYouTuberが複数の会員レベル(最大5つ)を設定できるようになっています。 ユーザーは、月額料金を払うことでバッジや絵文字といった様々な特典をチャンネルから得られます。 ちなみに、YouTubeチャンネルメンバーシップは、チャンネル登録者数3万人から利用することが可能です。 スーパーチャットとメンバーシップを使えば、まだ知名度は高くないYouTuberでもある程度は安定した収益を上げることができるようになりました。• 有形:ラインスタンプ、グッズ• 例えば講演会やセミナー、オフ会などのイベント、ツアーなど様々な使い方ができます。 イベントの告知ができるサイト「」では、YouTuberのセミナーやイベントがたくさん告知されています。 講演会やセミナーなら、だいたい1人あたり3,000〜5,000円の参加費を集められます。 例えばエステなら、施術の様子をYouTubeで公開すれば、お客さんは「どんなことをするのか不安」というハードルを払拭できます。 画像や文字だけでは伝わりにくい様子も、動画ならば細部まで伝わりやすいです。 「チラシを作ってみたけれど集客効果が上がらない」というお店でも、YouTubeなら動きによって細かい様子を伝えられるので、ユーザーの興味を引きつけやすいです。 単価は1動画あたり3,000〜5,000円くらいで、初心者YouTuberから需要があるので安定して稼ぐことが可能です。 などのネット上の仕事仲介サービスでも、動画編集の仕事を募集していることがあるので、副業としても取り組みやすいです。 この ファンクラブを月額課金制にすれば、毎月ファンから収入を得ることが可能です。 例えば、人気ユーチューバーはじめしゃちょーさんの「」なら、入会金1,080円(税込)、月額324円(税込)で会員になれます。 会員になると、限定日記が読めたり、プレゼントがもらえたり、一般的なファンクラブと同じような特典を受けられます。 会員制ビジネスには、ファンクラブ以外にも月額課金のメルマガやオンラインサイト(YouTuber同士が集まる)もあります。 3.YouTuber(ユーチューバー)の収入はどれくらい? YouTuberが収入を得られる仕組みについてはもうお分かりいただけたと思います。 それでは、実際にYouTuberはどれくらいの収入が得ているのでしょうか? ここでは、YouTuberの平均年収や単価相場などを説明します。 YouTuberトップ100人の平均年収は約3,200万円 日本人YouTuberのTOP100人の中央値を確認すると、 年収は約3,200万円でした。 (参考:) ただし、これはあくまでTOP100人の方の年収で、ランキング1,000位あたりのYouTuberになると年収は15万円いくかいかないかというレベルです。 本当なら全てのYouTuberに自分の年収を申告してもらって、平均を出したいところです。 しかしYouTuberは最近でてきた職業ですので、まだきちんとした統計を取れる段階に達していません。 しかも、そもそも現段階では、YouTuberが自分の収入額を公開するのは、YouTubeの規約で禁じられています。 これらを考慮すると、YouTuberの年収の実情を正確に把握することは今のところ難しいです。 YouTuberの収入の特徴として挙げられるのは、 安定していないことです。 会社勤めなら毎月会社から決まった額の給与が支払われますが、YouTuberの場合、動画の再生回数に応じて収入が変わります。 ですから、下は月収0円近くで我慢している人から、上は数百万、数千万と稼いでいる人までいて、年収に大きな幅が出ます。 YouTuberの単価相場 よく言われているのは、 1再生あたり0. 1円という基準です。 1再生あたり0. 1円であれば、1000回再生されれば100円、10万回再生されれば10,000円です。 ちなみに、事務所のUUUMに入ってくる金額を参考にすると、以下のように0. 1円代の計算になります。 これはUUUMへの支払い額なので、この金額の80%がユーチューバーへ支払われていると考えられます。 ただ、本当に1再生あたり0. 1円であるかは確定的なことは言えません。 動画の長さや再生回数に応じた報酬額を公開することも、YouTubeの規約違反とされているのです。 5円だったり、0. 02円だったりと様々な意見があります。 さらに、この報酬額は常に一定というわけではなく、時期や季節によって変動します。 単価自体は1円に満たないとても小さな金額ですが、動画の再生回数が何万回にもなると、単価の大小が報酬の差にかなり影響を与えてきます。 4.YouTubeで再生回数を稼ぎやすいジャンルはどれ? YouTubeといっても、投稿されている動画のジャンルは様々です。 ここでは、多くの視聴者の目を惹く「再生回数の多いジャンル」を3つ紹介していきます。 動画再生数あたりの収益予想:約1. 6億円• 動画再生回数:124億回以上• 登録者数:約1,622万人• 動画本数:4,495本• ただし、Hikakin TVの視聴回数は現在非公開。 『参照:「」』 (2020年6月時点) 言わずと知れた日本のYouTuberの草分け的存在、「ヒカキン」です。 ヒカキンはメインの「HikakinTV」のだけでなく、ゲーム実況専門の「HikakinGames」や「HIKAKIN」「HikakinBlog」の合計4つのチャンネルを運営しています。 動画再生数あたりの収益予想:約1. 2億円• 動画再生回数:約110億回• 登録者数:約871万人• 動画本数:3,310本• 『参照:「」』 (2020年6月時点) 中学時代の友達7人組で結成したYouTuberです。 「アスレチック動画」や「ドッキリ動画」などを投稿し、人気を集めています。 「思い出ネットパフォーマー軍団」と名乗り、その名の通り、中学時代に遊んでいた光景そのままの様子を撮影。 2020年1月26日には「【ご報告】ンダホ、結婚します!」という動画にて、ンダホが昨年夏に結婚していたことを発表しました。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今のキャリアに少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ YouTuberの収入源は、広告収入です。 また日本のTOPYouTuber100人の平均年収は、約3,200万円です。 自分の投稿する動画に、広告を掲載し、宣伝料をYouTubeから得ています。 報酬は動画の再生回数に応じて金額が変わるので、再生回数の多い動画を投稿すれば、それだけの金額が稼げます。 また、スーパーチャットやYouTubeチャンネルメンバーシップによって、安定した収入を得ることも可能となっています。

次の

歯科材料・歯科用品の通販サイト|フィード

コーク ユーチュー バー

YouTuberになるための3ステップ 本気でYouTuberになるためには様々な準備が必要です。 YouTubeチャンネルを作ることから、機材の準備も大事ですが、どんな動画を作るのかが一番大切ですので、よく考えてから初めてみましょう。 準備ができたらどんどん動画を作ってYouTubeに投稿していきましょう。 どんな人気YouTuberでも最初から人気があったわけではありません。 最初は再生回数も伸びないですが、根気強く動画投稿を続けるのが大切です。 動画制作に慣れて、定期的に動画をアップできるようになったら、動画収益化の条件をクリアして収入を得られるようにしましょう。 そして、さらなる高みを期待するのであれば事務所に所属することも目指してみましょう。 以下、YouTuberになるための手順を順を追って説明していきます。 YouTubeアカウントを取得しよう Googleアカウントの取得 YouTubeはGoogleが提供しているサービスですので、Googleのアカウントを作成することが必要です。 以下のURLからGoogleアカウントを作成してください。 YouTubeチャンネルの設定 Googleアカウントを作成したらYouTubeのサイト上でログインします。 ログインができたらメニューの中から「マイチャンネル」を選択します。 すると、以下のような確認画面が表示されますので、「チャンネルを作成」ボタンを選択してチャンネル作成を完了させてください。 チャンネル作成が完了すると以下のような画面が表示されます。 これがチャンネルのトップページであり、もうチャンネルは完成です。 この状態だとチャンネル名は自分の名前になっているはずです。 もし、自分の名前をチャンネル名にしたくない場合や、チームや組織としてチャンネルを作る場合は以下の手順で、新しいチャンネルを追加作成してください。 チャンネルを新規追加は、から行います。 ここで新しいチャンネルのチャンネル名を設定し、新しくチャンネルを作成します。 これでYouTubeチャンネルの完成です。 チャンネルのブランディング チャンネル登録者を増やし、より多くの人に見てもらうにはチャンネルのブランディングも重要です。 チャンネルに個性を出すことで、より覚えて貰い易くするのです。 チャンネルを作ったらチャンネルアイコンとチャンネルアートの設定を行いましょう。 「レイアウトの編集」ボタンからレイアウト編集画面に遷移できます。 まず設定しておくべきものはチャンネルアイコンとチャンネルアートの2つです。 これらはチャンネルの看板となるものですので、特徴的で分かりやすいものにしましょう。 チャンネルアートの作り方のほか、有名YouTuberのチャンネルデザインは以下のページでたくさん紹介していますので参考にしてみてください。 まずはYouTubeのサイト上部にある「アップロード」ボタンを選択します。 以下が動画のアップロード画面です。 方法は動画ファイルをページ中央付近にドラッグするだけです。 次の画面で動画のアップロードが開始されます。 アップロードが完了すると、処理中の表示になり、それが終わってはじめてアップロードの完了になります。 この一連の処理には時間がかかる場合があります。 動画に関する情報を設定する 投稿した動画には動画タイトルなどの情報を設定する必要があります。 この情報のつけ方次第で、検索エンジンに表示される順位に影響がでたりと、再生回数に関わる重要な部分ですのでしっかりと考えて設定しましょう。 動画のタイトル 動画のタイトルは分かりやすくするのが最も重要です。 動画の内容をきちんと反映しているものにしましょう。 また、旬なキーワードや検索されそうなキーワードを含めるのも効果的です。 動画の説明文 動画の説明文は最初の3行目までが最も影響が大きいと言われています。 だらだらと長く書くのではなく、最初の3行には動画の内容を簡潔にまとめた文章を書くようにしましょう。 タグ 関連するキーワード 投稿した動画の内容に関連するキーワードをいくつか設定しておきましょう。 たくさん設定すればよいという訳ではありませんので、本当に関連するキーワードを厳選して設定してください。 カスタムサムネイルの設定を行う 動画のサムネイルは設定しなくても自動で設定されますが、独自のサムネイルを作成して設定するのが一般的です。 カスタムサムネイルには以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。 「アカウントの確認」という処理を行うことでできるようになります。 アカウントの確認は以下のリンクから行ってください。 動画を収益化しよう YouTubeには動画に企業の広告を表示させ、それに応じた収益を得られる仕組みがあります。 以下にその収益化の方法について紹介します。 すると以下のような画面が表示されるので、収益受け取りの「有効にする」ボタンを選択します。 すると、収益受け取りプログラムの画面が表示されます。 収益受け取りプログラム 収益の受け取りは簡単に有効化することはできません。 収益受け取りプログラムの4ステップをクリアしていく必要があります。 以下、収益受け取りプログラムの4ステップについて説明していきます。 利用規約の同意 まずはYouTubeから提示される利用規約に同意する必要があります。 利用規約を読んだ上で、「同意する」ボタンを押し、利用規約に同意してください。 AdSenceアカウントとの紐づけ AdSence アドセンス とは自分のWebサイトや動画に企業の広告を掲載することで、Googleから収益を得る仕組みです。 すでにAdSenceアカウントをお持ちの方は、YouTubeチャンネルとAdSenceアカウントの紐づけを行うだけで完了です。 AdSenceアカウントをまだお持ちでない方は以下のリンクからアカウントの作成を行ってください。 名前や住所のほかに銀行口座の登録が必要になります。 収益化の設定をする ここで動画に掲載する広告のタイプを設定します。 設定しておけば、今後動画をアップロードした時に、その動画が自動的に収益化対象の動画になります。 収益化条件のクリアを目指す 2018年の1月にYouTubeの利用規約が厳しくなり、過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者数が 1,000 人に満たないチャンネルは収益化することができなくなりました。 この条件をクリアすると、コミュニティガイドラインに準拠しているかどうかの審査が行われ、この審査に合格して初めて収益化できるようになります。 当然ながら、著作権に違反した動画や、暴力や性的描写などの過激な内容を含む動画があると審査は通りません。 これらのルール コミュニティガイドライン については以下のページで詳しく紹介していますので参考にしてみてください。 ただし、チャンネル登録者が増えやすくなるようなコツもありますのでいくつかご紹介します。 ロゴの透かしを動画に表示する 「マイチャンネル」の「チャンネル設定」から「ブランディング」のページへ移動すると、動画上にロゴの透かしを表示させることができます。 ここで設定したロゴは自動で全ての動画に表示され、視聴者がこのロゴをクリックすると、チャンネル登録ページが表示されるようになります。 エンドカードで誘導する エンドカードとは動画の一番最後に挿入するちょっとしたエンディングムービーのようなものです。 このエンドカードでチャンネル登録へ誘導させる方法は、ほとんどのYouTuberが行っている手法でもありますので、ぜひ実践してみてください。 具体的な方法については以下の記事で解説しています。 YouTubeには簡単にTwitterを連携する機能があります。 「アカウント設定」から「接続済みアカウント」に移動すると以下のような画面が表示され、Twitterとの連携が行えます。 連携を行うと、動画をアップロードした際に自動でツイートしてくれるようになります。 YouTubeのイベントに参加しよう YouTubeでは定期的に誰でも参加できる勉強会や交流会を開催しています。 動画制作について学べるだけでなく、いい刺激にもなりますので積極的に参加してみましょう。 ワークショップ YouTubeが六本木にあるYouTube Space Tokyoという施設で定期的にワークショップを開催しています。 ここでは撮影に関する技術、動画編集技術に関する技術、さらには効果的にチャンネル登録者を増やす方法についてプロから直接学ぶことができます。 YouTubeチャンネルを開設ばかりの人や、チャンネル登録者が伸びずに悩んでいる方は是非参加してみてください。 MCN マルチチャンネルネットワーク に加入しよう MCN マルチチャンネルネットワーク とは? MCN マルチチャンネルネットワーク とは企業がYouTuberを束ねているものであり、芸能人が芸能事務所に所属するようなものです。 加入することによって、様々なサポートを受けることができたり、他YouTuberとの交流の機会を増やすことができます。 さらに、人気チャンネルともなればMCNから企業案件を受けることができます。 企業案件というは動画内で企業の商品を紹介したり、企業の要求に合わせて動画を制作するものです。 企業案件を受けると一度にまとまった額のお金を稼ぐことが可能です。 MCNに関しては以下の記事で詳しくまとめています。 多くのMCNはスカウトによって加入するチャンネルを確保していますが、UUUMネットワークでは加入するチャンネルを応募形式で募集しています。 UUUMネットワークは発足してからの時間は浅いものの、加入チャンネルの数が劇的に増えており、大手のMCNとなりつつあります。 興味のある方は以下のページから応募してみてもよいでしょう。 管理人がオススメする参考書籍 YouTube Perfect GuideBook 毎年のように改訂版が発売されている本で、YouTube関連本の中では定番中の定番です。 YouTubeアカウントの作成方法から、動画のアップロード方法まで、基礎的なことを図解でていねいに解説されていますので、これから本格的にYouTubeを初めたいという方にはピッタリな本です。 人物:YouTuber YouTuber歴8年。 登録者数10万人のチャンネルを適当に運営している。 ここは文字で伝えたいことを書くところ。 お問い合わせ・お仕事のご依頼はこちらから。 このブログの人気記事• 1,058,261 views• 729,351 views• 316,247 views• 302,304 views• 296,283 views• 262,422 views• 227,576 views• 202,038 views• 187,951 views• 187,411 views• 170,582 views• 158,230 views• 153,008 views• 147,284 views• 124,716 views• Feedly購読はこちらから.

次の