新サクラ大戦 セーブ。 新サクラ大戦 攻略所

【新サクラ大戦】セーブができない?やり方を解説!

新サクラ大戦 セーブ

平和になった世界では、世界中に華撃団のシステムが流布し、歌劇と戦闘を織り交ぜた競技である「 世界華撃団大戦」が市民に熱狂を持って迎えられていた。 世界華撃団大戦はまた平和の祭典として人々に共有されつつあった。 しかし、 突如として現れた降魔たちによって平和の祭典が襲撃されてしまう。 『新サクラ大戦』の主人公、神山誠十郎は「 新・帝国華撃団」の隊長として、突如、新たな脅威と対峙することになった。 世界の脅威の前に華撃団は再び世界に平和をもたらすことができるのだろうか? 新サクラ大戦のシステム アドベンチャーパート 基本構造:バトルとアドベンチャーの2部構造 『新サクラ大戦』のゲームの基本構造は、過去シリーズから引き続き、 バトルパートとアドベンチャーパートを交互にプレイしていくことになる。 アドベンチャーパートでは、3Dで構成された大帝国劇場や銀座の街を自由に散策することができ、好きなキャラクターと交流することができる。 また、アドベンチャーパートでヒロインたちと親密度を深めていくと、 ストーリーの内容が変化したり、バトルでヒロインが強くなったりするぞ。 目当てのヒロインと仲良くなり、二人だけの特別な物語を体験しよう。 アドベンチャーパート:イベント アドベンチャーパートでは、主人公・神山を操作して大帝国劇場や銀座を歩き回り、イベントを進めていこう。 イベントは緑色の「!」で示されメインイベントの他にサブイベントもたくさん用意されている。 また、時機を逃すと挑戦できなくなる「 時間制限イベント 時限イベント 」も用意されているので、時間ゲージが出たらヒントや情報をかき集めて、イベントを解決しよう。 アドベンチャーパート:LIPS リップス サクラ大戦シリーズでおなじみの「 時間制限式選択肢:LIPS」は今作でも登場。 LIPSでは制限時間内に回答を選ばなければならず、選んだ回答次第ではストーリーの内容や信頼度が著しく変化してしまうことになる。 ヒロインたちの好みや性格を把握して、しっかり問題に向き合ってあげなければならないぞ。 また、本作では「 アナログLIPS」という機能が導入され、アナログスティックの上下を入力することで、回答のニュアンスに強弱を付けることができるようになった。 回答の強弱によっては、ストーリーの展開が変化することもあるようだ。 また、今作でもエンディングの分岐はもちろん健在。 すべてのキャラクターのエンディングを回収してグランドフィナーレを目指そう。 バトルパート バトルパートは、シリーズ初の「 アクションゲーム」となる。 前作までのシミュレーションゲームを脱却し、純粋なアクションゲームとしての新たなサクラ大戦史が幕を開ける。 バトルパートの最大の特徴は、 シンプル操作とド派手な演出。 連続攻撃、ダッシュ、ステップ、ジャンプなどを駆使して、敵機を数多く撃破していこう。 また、おなじみの「 必殺攻撃」とそれに伴う演出もバトルパートの見どころの一つとなっている。 新サクラ大戦公式のゲーム情報.

次の

【新サクラ大戦】セーブの仕方・セーブ方法について

新サクラ大戦 セーブ

GOOD! ストーリー ざっくり確認したところ、他のレビューサイトやSNS、YouTube等ではストーリー展開についてはパックリ割れてますが、自分的にはシンプルに王道的で面白いと思いました。 道中所々、粗い部分もありましたが、後半辺りからは熱い展開で中々楽しめました。 キャラクター 事前にキャラクター達の情報はあまり入れずに遊んだので、また、キャラデザのクセが若干あるので、最初はこのキャラはどうなんだろう?気にいる事できるかなーって思ってましたが、クリアする頃には、みな個性があり魅力的でみんないい感じです。 ちなみにお気に入りは、神山、あざみ、クラリス、ユイですね。 グラフィック、モーション キャラクターのモデルなどはキレイで良いです。 モーションも微妙に雑だなぁと思う瞬間もありましたが、演技に合わせて動く細かい仕草や大袈裟な動きなどは良いと思いました。 また、帝国劇場などの細かい作り込みとう、例えば食堂の床や劇場舞台の細かい傷跡など、、は流石だなと。 音楽 シリーズ全ての作曲をやられている、田中先生による音楽は良きです。 特に新ゲキテイは聞いた瞬間にお気に入りになりました。 無双系みたく敵がわらわらと出現するので、簡単な操作でサクサクとやれるので爽快感はあって良いです。 ただ、 イライラくる要素も割とあります。 何個か挙げると、空中にいる敵に攻撃が当てづらい、さらに中盤辺り強化版が出てくるのでめんどくさいこと。 二つ目は敵の攻撃をタイミングよく避けるとジャスト回避的なことが出来るのですが、攻撃をしてる最中、空中(ジャンプ中)にいるときは回避が出来ないので、それで敵の攻撃を受けることがしばしば。 三つ目はAI(仲間)の頭の悪さです。 敵に囲まれると回避せず攻撃ばかりするのでドM並みに攻撃を受ける。 散らばって遠くにいる敵、空中にいる敵には積極的には攻撃しないので、結局はプレイヤーが倒すことになる。 やってみてて不満に思うことはこんぐらいでしょうか、あとは代わり映えのしないステージなど、敵のバリエーションが少ない、キャラによっては性能差があり過ぎるなど色々とありますが。 アドベンチャーパートの次に重要な要素だと思っているのでもう少し作り込んで欲しかったかなと思ってます。 フルボイス みなも指摘してるであろう、所々にボイスがないところ。 重要なシーンにボイスがなく、どうでもいいであろうサブイベントなどにボイスが付くなど、どういう基準でボイスの有無を決めてるのかイマイチです。 やはりキャラゲーであるので大人の事情などで仕方がないにしろ、残念なところです。 ブロマイド集め この収集条件がとにかく面倒くさいです。 売店で購入できたり、マップ内に落ちて集める以外に、いくさちゃんという機能がありまして、主にこれを使って集めるのですが、中々苦痛です。 その要素は擬似訓練を装って、今までクリアしてきたアクションパートのステージをまた別のキャラを使ってクリアする、というものです。 上記で書きましたがアクションパートの出来がイマイチなのでやるのが苦痛になります。 すべてのブロマイド集めたいと思うなら、最高評価である、天晴を獲得しないといけずやるのも苦痛、1ステージ大体10〜15分ぐらい、なのに天晴を逃したときは一気にモチベが下がります。 セーブ 任意でセーブができません。 めっちゃ不便です。 区切り区切りでセーブ場面に移行するか、オートセーブのどちらかしかありません。 オートの場合は左上に小さくアイコンで表示されますが、キャラごとのイベントが終わったりするとオートされるのか分かりませんが、見逃すことも多く、大体オートされるときはこのタイミングは違うな、って思うときがありましたし、やっぱり任意でさせて欲しかったなと思いましたね。 ムービーパート クオリティの差が激しいです。 しっかりときれいなときもありますが、基本は予算のない深夜アニメみたいな低クオリティです。 また、3Dになったり手描きなったりと統一しないので、ちぐはぐな感じです。 それと、帝国組は3Dで描かれ、他の華撃団たちは手描きになっているのもよくわかりません。 COMMENT 新サクラ大戦を購入しようと思ったきっかけは、これが復活する前より、麒麟さんというゲーム実況者が1〜4シリーズを実況していて、全部は観てませんが、世界観や曲などを気に入り、YouTubeやニコニコ等で舞台映像などを閲覧するほどでした。 けど5以降ぱったりとシリーズものがリリースされなくなり、寂しいよなぁって思ったりしていて、けど新作が出たら絶対買うという気でいて、1〜2年がたった頃、ファンの熱い要望により堂々復活し、やっとこさ新しいサクラ大戦で遊べることができました。 それで、現在の状況は1周目をさくらエンドでクリアし、現在は2周目に入ったばかりです。 一応、トロコンを目指しているので折れない限りは全員のエンディングを見るつもりです。 プレイ時間は一通りサブイベも回収し、こいこいやいくさちゃんもやりながら進めたので30時間ぐらいです。 満足度で言ったら、割と良かったと思います。 システム周りはダメな部分も多いですが、キャラやストーリーなどは満足しました。 古参ファンからすると、旧作のキャラの扱いにガッカリされる方もいるかもしれません。 ストーリーに関しては旧作もびっくりガバガバ展開も多く、今作の展開について、面白くないなどは個人的な意見として、ヤル気が出ないなどはよーくわかりません。 実際に遊んでなく、他のレビューなどを観て、ネガティブな意見をしてる人もいるんじゃないかなって思う人もいると思います。 もし、次作が出るとしたら、次も絶対に買うつもりです。 今作は第1作目ということもあるので、次作では前作で評判の良くなかった部分もきっと改善してくれると思うので、期待してます。 ストーリー上ではあまり言及されなかった旧華撃団たちも、もしかしたら帰ってくるかもしれません。 GOOD! サクラ大戦が復活した事。 バーチャロン同様、それ自体は本当に良かったと思います。 見慣れるとかわいく見えてくるし、3Dのキャラモデリングは悪く無いと思います。 わざと「可愛すぎない」ように制作したのではないでしょうか? バトルパートも、グラフィック的には十分でしょう。 いつもと変わらない音楽。 真っ黒で右下に何か回っているのとは違い、カラフルなシルエットのかっこいいロード画面。 リブートと言うなら、 「別の世界にする」 「数十年後、前作のキャラは一切出さない」 こうしておけば熱心なファンも、ただの「凡ゲー」という感想で済んだと思います。 前作を「破壊する必要は無い」。 そぉーとしておけばよい。 過度に「ギャルゲー化」した。 昔、ドリームキャストマガジンで、「好きなギャルゲー」アンケートが有りまして、そこで初代サクラ大戦は「ランクインしなかった」。 「シェンムー2」「だいなあいらん」「サクラ大戦3」などがランクインしているのに「初代サクラ大戦」は圏外。 ドリームキャストマガジンの読者はよく理解している。 初代サクラ大戦は「ギャルゲーでは無い」と言うのが、ファンの共通認識なのです。 新サクラ大戦も、「ギャルゲー化しない」方向性の方が良かったのではないでしょうか? アクション化したバトルパートについて。 「夜のソニック」が、面白く無い事は分かり切っています。 それなのに、なぜバトルパートを「夜のソニック」にしたのか? アクションにするにしても他の選択肢が有ったはずです。 何事もやってみないと分からないですが、「分かっている事」も有ります。 「龍が如く7」もターン制に移行するし、「ファイアーエムブレム」「戦場のヴァルキュリア」などが受け入れられているのだから、ターン制でも問題無かったはずだと思います。 キャラクターデザインの、久保帯人さんは「人選ミス」だと思います。 理由は、 1「乙女ゲームに向いた絵柄」 2「古い」 明確です。 つまり、「男受けするデザイナー」「最近流行りの人」を器用するべきだったと思います。 ゲームの種類によりますが、この手のタイトルの「フルボイス化は必須」だと思います。 メインキャラだけは、フルボイスを達成し、(通行人など以外は)そのためには、ギャラが安く、暇な「新人声優を起用するべき」だったと思います リブートなのだから、「新人声優で」松風雅也さんのように、キャラクターと「一緒に成長する」という考え方が良かったのではないでしょうか? 「3Dキャラ」「アニメムービー」「静止画」で絵柄が変わりすぎていて、冷めます。 これは、3Dでキャラモデリングした意味が無いと思います。 シェンムーで達成した事は、「ムービー」と「ゲームプレイ時」の、グラフィック差を無くすという事でしょう? お金が掛かるのは理解していますが、どこを切り取っても「同じ絵柄」を目指すべきだったと思います。 差別化と、世界を際立させるために、街並みなど、もっと「大正スチームパンク」を強調するべきだったと思います。 「近代化した大正」は、現在と変わらない。 COMMENT 私の、サクラ大戦のイメージは、「中間管理職ゲーム」です。 名越さんは「新サクラ大戦」の取捨選択にタグを付けたと言っていましたが、 私の考えた「新サクラ大戦」なら、 1「高速ターン制バトル」 2「前作とは別の世界設定」 3「旧キャラは出さない」 4「最近流行りのキャラクターデザイナーを起用する」 5「ギャルゲー化しない」 6「ムービーと3Dモデルの絵柄を統一」 7「フルボイス」 8「もっと王道ストーリー」 9「新人声優の起用」 10「田中氏の続投」 11「フラットデザインにはしない」 12「淡い色にしない、原色系の色彩」 13「大正スチームパンクを強調する」 こうタグを付けたでしょう。 結果論ではない自信があります。 これまで、静止画一枚とテキストで済んだ物を、3Dでキャラモデリング、演技させる事に決めた段階で、予算の都合、キャラクターを掘り下げる事や、ミニゲーム、シナリオなどにボリュームを求めるのは無理だと理解しています。 はっきり言って、サクラ大戦はそんな凄いビデオゲームでは無く、全てが「B級」であり、「PCエンジンを少し良くした」程度のゲームでした。 なので、もっとキャラクターを大事にして、「王道」「B級」「偉大なるマンネリ」を追及したタイトルを目指して頂きたいと思います。

次の

新サクラ大戦レビュー(評価) :: PlayStation mk2

新サクラ大戦 セーブ

GOOD! ストーリー ざっくり確認したところ、他のレビューサイトやSNS、YouTube等ではストーリー展開についてはパックリ割れてますが、自分的にはシンプルに王道的で面白いと思いました。 道中所々、粗い部分もありましたが、後半辺りからは熱い展開で中々楽しめました。 キャラクター 事前にキャラクター達の情報はあまり入れずに遊んだので、また、キャラデザのクセが若干あるので、最初はこのキャラはどうなんだろう?気にいる事できるかなーって思ってましたが、クリアする頃には、みな個性があり魅力的でみんないい感じです。 ちなみにお気に入りは、神山、あざみ、クラリス、ユイですね。 グラフィック、モーション キャラクターのモデルなどはキレイで良いです。 モーションも微妙に雑だなぁと思う瞬間もありましたが、演技に合わせて動く細かい仕草や大袈裟な動きなどは良いと思いました。 また、帝国劇場などの細かい作り込みとう、例えば食堂の床や劇場舞台の細かい傷跡など、、は流石だなと。 音楽 シリーズ全ての作曲をやられている、田中先生による音楽は良きです。 特に新ゲキテイは聞いた瞬間にお気に入りになりました。 無双系みたく敵がわらわらと出現するので、簡単な操作でサクサクとやれるので爽快感はあって良いです。 ただ、 イライラくる要素も割とあります。 何個か挙げると、空中にいる敵に攻撃が当てづらい、さらに中盤辺り強化版が出てくるのでめんどくさいこと。 二つ目は敵の攻撃をタイミングよく避けるとジャスト回避的なことが出来るのですが、攻撃をしてる最中、空中(ジャンプ中)にいるときは回避が出来ないので、それで敵の攻撃を受けることがしばしば。 三つ目はAI(仲間)の頭の悪さです。 敵に囲まれると回避せず攻撃ばかりするのでドM並みに攻撃を受ける。 散らばって遠くにいる敵、空中にいる敵には積極的には攻撃しないので、結局はプレイヤーが倒すことになる。 やってみてて不満に思うことはこんぐらいでしょうか、あとは代わり映えのしないステージなど、敵のバリエーションが少ない、キャラによっては性能差があり過ぎるなど色々とありますが。 アドベンチャーパートの次に重要な要素だと思っているのでもう少し作り込んで欲しかったかなと思ってます。 フルボイス みなも指摘してるであろう、所々にボイスがないところ。 重要なシーンにボイスがなく、どうでもいいであろうサブイベントなどにボイスが付くなど、どういう基準でボイスの有無を決めてるのかイマイチです。 やはりキャラゲーであるので大人の事情などで仕方がないにしろ、残念なところです。 ブロマイド集め この収集条件がとにかく面倒くさいです。 売店で購入できたり、マップ内に落ちて集める以外に、いくさちゃんという機能がありまして、主にこれを使って集めるのですが、中々苦痛です。 その要素は擬似訓練を装って、今までクリアしてきたアクションパートのステージをまた別のキャラを使ってクリアする、というものです。 上記で書きましたがアクションパートの出来がイマイチなのでやるのが苦痛になります。 すべてのブロマイド集めたいと思うなら、最高評価である、天晴を獲得しないといけずやるのも苦痛、1ステージ大体10〜15分ぐらい、なのに天晴を逃したときは一気にモチベが下がります。 セーブ 任意でセーブができません。 めっちゃ不便です。 区切り区切りでセーブ場面に移行するか、オートセーブのどちらかしかありません。 オートの場合は左上に小さくアイコンで表示されますが、キャラごとのイベントが終わったりするとオートされるのか分かりませんが、見逃すことも多く、大体オートされるときはこのタイミングは違うな、って思うときがありましたし、やっぱり任意でさせて欲しかったなと思いましたね。 ムービーパート クオリティの差が激しいです。 しっかりときれいなときもありますが、基本は予算のない深夜アニメみたいな低クオリティです。 また、3Dになったり手描きなったりと統一しないので、ちぐはぐな感じです。 それと、帝国組は3Dで描かれ、他の華撃団たちは手描きになっているのもよくわかりません。 COMMENT 新サクラ大戦を購入しようと思ったきっかけは、これが復活する前より、麒麟さんというゲーム実況者が1〜4シリーズを実況していて、全部は観てませんが、世界観や曲などを気に入り、YouTubeやニコニコ等で舞台映像などを閲覧するほどでした。 けど5以降ぱったりとシリーズものがリリースされなくなり、寂しいよなぁって思ったりしていて、けど新作が出たら絶対買うという気でいて、1〜2年がたった頃、ファンの熱い要望により堂々復活し、やっとこさ新しいサクラ大戦で遊べることができました。 それで、現在の状況は1周目をさくらエンドでクリアし、現在は2周目に入ったばかりです。 一応、トロコンを目指しているので折れない限りは全員のエンディングを見るつもりです。 プレイ時間は一通りサブイベも回収し、こいこいやいくさちゃんもやりながら進めたので30時間ぐらいです。 満足度で言ったら、割と良かったと思います。 システム周りはダメな部分も多いですが、キャラやストーリーなどは満足しました。 古参ファンからすると、旧作のキャラの扱いにガッカリされる方もいるかもしれません。 ストーリーに関しては旧作もびっくりガバガバ展開も多く、今作の展開について、面白くないなどは個人的な意見として、ヤル気が出ないなどはよーくわかりません。 実際に遊んでなく、他のレビューなどを観て、ネガティブな意見をしてる人もいるんじゃないかなって思う人もいると思います。 もし、次作が出るとしたら、次も絶対に買うつもりです。 今作は第1作目ということもあるので、次作では前作で評判の良くなかった部分もきっと改善してくれると思うので、期待してます。 ストーリー上ではあまり言及されなかった旧華撃団たちも、もしかしたら帰ってくるかもしれません。 GOOD! サクラ大戦が復活した事。 バーチャロン同様、それ自体は本当に良かったと思います。 見慣れるとかわいく見えてくるし、3Dのキャラモデリングは悪く無いと思います。 わざと「可愛すぎない」ように制作したのではないでしょうか? バトルパートも、グラフィック的には十分でしょう。 いつもと変わらない音楽。 真っ黒で右下に何か回っているのとは違い、カラフルなシルエットのかっこいいロード画面。 リブートと言うなら、 「別の世界にする」 「数十年後、前作のキャラは一切出さない」 こうしておけば熱心なファンも、ただの「凡ゲー」という感想で済んだと思います。 前作を「破壊する必要は無い」。 そぉーとしておけばよい。 過度に「ギャルゲー化」した。 昔、ドリームキャストマガジンで、「好きなギャルゲー」アンケートが有りまして、そこで初代サクラ大戦は「ランクインしなかった」。 「シェンムー2」「だいなあいらん」「サクラ大戦3」などがランクインしているのに「初代サクラ大戦」は圏外。 ドリームキャストマガジンの読者はよく理解している。 初代サクラ大戦は「ギャルゲーでは無い」と言うのが、ファンの共通認識なのです。 新サクラ大戦も、「ギャルゲー化しない」方向性の方が良かったのではないでしょうか? アクション化したバトルパートについて。 「夜のソニック」が、面白く無い事は分かり切っています。 それなのに、なぜバトルパートを「夜のソニック」にしたのか? アクションにするにしても他の選択肢が有ったはずです。 何事もやってみないと分からないですが、「分かっている事」も有ります。 「龍が如く7」もターン制に移行するし、「ファイアーエムブレム」「戦場のヴァルキュリア」などが受け入れられているのだから、ターン制でも問題無かったはずだと思います。 キャラクターデザインの、久保帯人さんは「人選ミス」だと思います。 理由は、 1「乙女ゲームに向いた絵柄」 2「古い」 明確です。 つまり、「男受けするデザイナー」「最近流行りの人」を器用するべきだったと思います。 ゲームの種類によりますが、この手のタイトルの「フルボイス化は必須」だと思います。 メインキャラだけは、フルボイスを達成し、(通行人など以外は)そのためには、ギャラが安く、暇な「新人声優を起用するべき」だったと思います リブートなのだから、「新人声優で」松風雅也さんのように、キャラクターと「一緒に成長する」という考え方が良かったのではないでしょうか? 「3Dキャラ」「アニメムービー」「静止画」で絵柄が変わりすぎていて、冷めます。 これは、3Dでキャラモデリングした意味が無いと思います。 シェンムーで達成した事は、「ムービー」と「ゲームプレイ時」の、グラフィック差を無くすという事でしょう? お金が掛かるのは理解していますが、どこを切り取っても「同じ絵柄」を目指すべきだったと思います。 差別化と、世界を際立させるために、街並みなど、もっと「大正スチームパンク」を強調するべきだったと思います。 「近代化した大正」は、現在と変わらない。 COMMENT 私の、サクラ大戦のイメージは、「中間管理職ゲーム」です。 名越さんは「新サクラ大戦」の取捨選択にタグを付けたと言っていましたが、 私の考えた「新サクラ大戦」なら、 1「高速ターン制バトル」 2「前作とは別の世界設定」 3「旧キャラは出さない」 4「最近流行りのキャラクターデザイナーを起用する」 5「ギャルゲー化しない」 6「ムービーと3Dモデルの絵柄を統一」 7「フルボイス」 8「もっと王道ストーリー」 9「新人声優の起用」 10「田中氏の続投」 11「フラットデザインにはしない」 12「淡い色にしない、原色系の色彩」 13「大正スチームパンクを強調する」 こうタグを付けたでしょう。 結果論ではない自信があります。 これまで、静止画一枚とテキストで済んだ物を、3Dでキャラモデリング、演技させる事に決めた段階で、予算の都合、キャラクターを掘り下げる事や、ミニゲーム、シナリオなどにボリュームを求めるのは無理だと理解しています。 はっきり言って、サクラ大戦はそんな凄いビデオゲームでは無く、全てが「B級」であり、「PCエンジンを少し良くした」程度のゲームでした。 なので、もっとキャラクターを大事にして、「王道」「B級」「偉大なるマンネリ」を追及したタイトルを目指して頂きたいと思います。

次の