部屋 片付け やる気。 部屋を片付けるやる気が出ない…万年汚部屋を脱出する方法

あっという間に汚部屋が“美部屋”になる、片付けの方法とやる気を出すコツ

部屋 片付け やる気

汚部屋になってしまうと、どこから何から手をつけたらいいかわからなくなります。 そこで、片付けのプロが初心者向けに、汚い部屋のゴミの処分や片付けのコツ、手順を解説します。 経験豊富だからこそわかる、ぜひ実践していただきたい内容になっていると自負しています。 YouTube「片付けトントン」チャンネルは、チャンネル登録者15万人、再生回数4,080万回(2020年4月現在)ですが、「動画を見て片付けをやる気になった」というコメントも、たくさんいただいています。 片付け始める前から、私には無理だと思って一切手をつけられなかったり、また、チャレンジしてみたけどすぐに挫折してしまったりしては残念です。 まずは、次の動画をご覧いただき、ちょっとだけテンションを上げてください。 【目次】• 汚部屋の片付けをやる気になれない理由とは? 先が見えないって、とても不安ですよね。 こんなにたくさんのモノ・ゴミが部屋を埋め尽くしているのに、はたして片付け切ることができるのだろうか? やれたとしても、どのくらい日数がかかるのだろう? 今までできなかったのですから、不安になるのは当然です。 ゴミを出す日や、出し方がわからない。 ダンボールや雑誌は、どうやって処分しよう。 洋服が多すぎる。 どのように片付けたら良いの? …などなど、問題は山積みです。 転勤や結婚のため引越ししなければいけないとか、火災報知器の点検に業者が入るとか、近所から苦情が出た、とかの理由でどうしても片付けなければいけない場合は、業者に頼むなり、家族に助けてもらうなりして、何とかするしかないでしょう。 そういった緊急の理由がない場合、どうするか迷った末、「しばらくはこのままでいいや」と先送りしてしまうことになりかねません。 でも、ちょっと待ってください。 先送りした場合、あなたのお部屋はどうなっていくと思いますか? はっきりと言えることがあります。 「なんとかしなきゃ」と少しでも思えた今が、片付けのチャンスです! これから「やる気」を出す方法を探っていきます。 汚部屋を片付けると、こんなに良いことがある 片付ける気持ちになるためには、片付けたらこんなに良いことがあるということをイメージしておく必要があります。 片付ければ良くなることを、ざっとリストアップしてみます。 ゴキブリがあまり出なくなる。 嫌な臭いがなくなる。 部屋が傷まない。 部屋でくつろげる。 急な来客があっても大丈夫。 部屋に人を呼べる。 探し物をするムダな時間が減る。 無駄な買い物が減る。 掃除がしやすくなる。 自炊するようになって、健康的だし節約にもなる。 自信が持てるようになる。 片付けると良いことがいっぱいあります。 その証拠に、片付けトントンのサービスをご利用のお客さまの声をご覧ください。 LINEでも、お客さまの声をいただきました。 ひょっとすると、人生が変わるレベルかもしれません。 片付けや掃除は、まず始めちゃうことが大切 まず、普通のお部屋の片付けについて考えてみます。 片付けや掃除が大好きでたまらない人は別として、大多数の人は「面倒だな」と思って片付け始めることが多いと思います。 でも、やっている内に徐々に苦痛ではなくなってきて、もう少しキレイにしようかな、と欲が出てきます。 そして、片付け終わると部屋も自分もスッキリ!そんな良い流れが起こります。 だから、次も片付ける気持ちになれると思うのです。 一方、汚部屋の片付けの場合はどうでしょう。 ゴミの分別・処分方法がわからない、どこから手をつけたらいいかわからない、ちょっと片付けたくらいでは部屋の様子はまったく代わり映えしない・・・。 これでは良い流れが起こるはずもなく、挫折しやすいのもわかります。 でも、うまいやり方をすれば、乗り越えられるはずです。 ここでは、まず片付け始めることが大切だと覚えておきましょう。 大きく分けて二つの片付け方法がある なるべく早く片付け効果が見えるようなやり方が良いでしょう。 効果が見えれば自信につながり、片付け続けることができるようになるはずです。 それには、大きく分けて二つの方法があります。 (1)エリアごとに片付ける これは他のホームページでも推奨の方法で、狭いエリアを決め、そこを徹底的に片付けていこうというものです。 例えば、ゴミ出しがしやすいように、まず玄関をキレイにし、続いてエリアを変えながらキレイな場所を増やしていきます。 【メリット】 片付け効果が目に見えて、とてもわかりやすいです。 最初の1箇所が上手くできれば、自分にもできるんだという自信につながります。 【デメリット】 エリアが狭くても多種多様のモノが出てくるので、ゴミの出し方、整頓の仕方、取っておくのか捨てるのかなど悩むことが意外に多く、混乱する場合があります。 例えば玄関なら…壊れた傘はどうしたらいいの?中身の入った靴クリームは?郵便物がいっぱい出てきたけどどうしよう? …などなど、すごく細かな部分に悩んでしまい、狭いエリアでも作業が進まない、ということが起こりかねません。 エリアごとに片付ける方法に向いている方 エリアごとに片付ける方法は、あまり悩まない方、ゴミの出し方がある程度わかっている方、つまり、ちょっと上級者向けの片付け方ではないかと思います。 いきなりこの方法で片付け始めると、挫折しやすいような気がします。 (2)種類や品目ごとに片付ける これは、服、ダンボール、可燃ゴミ、ペットボトル、缶など、その日のターゲットを決めて片付ける方法です。 【メリット】 ・悩むことが少なく、ひたすら同じ作業ができるので、効率的に作業ができます。 ・ゴミ出しが簡単です。 ・例えば、可燃ゴミの日の直前に可燃ゴミを片付けることにすれば、シンプルでわかりやすく、かつ、すぐゴミ出しができるので、スペースをうまく作れます。 【デメリット】 全体が少しずつ減っていくので、最初の内は効果がわかりにくいです。 種類や品目ごとに片付ける方法に向いている方 種類や品目ごとに片付ける方法は、どうしたら良いかわからないということが少ないので、効率的で、初心者にはとっつきやすい方法です。 また、スペースをうまく作ることができます。 片付けの基本を忘れないで! ちょっと話が逸れますが、ここで片付けの基本を確認しておきます。 汚部屋になってしまった原因は、モノが多すぎるかゴミが多すぎる。 たいていはその両方が原因でしょう。 原因を断てば改善に向かいます。 つまり、モノを処分する、ゴミを捨てるということです。 当たり前かもしれませんが、この基本を忘れないようにしてください。 中には、なかなか捨てられないで「あれもこれも取っておく」という方もいらっしゃいます。 今まで埋もれていたモノが、本当に必要ですか?できるだけ思い切って処分しましょう! プロが汚部屋を片付ける手順 ここで、汚部屋片付けのプロはどういう手順で片付けるのか、についてご紹介しておきます。 かなり大雑把な書き方をしましたが、だいたいこんなイメージです。 一人で汚部屋を片付ける場合の基本 プロが片付ける場合、スタッフが大勢いますから上記の方法で問題ありませんが、一人で片付ける場合はアレンジが必要です。 当たり前ですが、一人だと作業が長引きます。 部屋の中にゴミを抱えたままでは、作業がやりにくくなりますし、モチベーションもアップしません。 分別が済んだゴミは、なるべく早く回収場所に出すようにしてください。 【初心者向け8ステップ】• 道具類の準備• 汚部屋の原因となっている「邪魔ものベスト3」に注目• ゴミや資源を出す日を調べる• 害虫退治• 「邪魔ものベスト3」を片っ端から袋詰め• 細かなものにチャレンジ• 収納 【ステップ1】道具類の準備 片付けや掃除に必要とはいえ、最初からすべての道具を買い揃えるのは得策ではありません。 なぜならば、ただでさえゴミやモノが多くて困っているのに、使うか使わないかわからないモノを増やしてしまっては、さらに混乱しますし、片付けている内に掃除道具が出てくることもよくあるからです。 まずは、そのために必要なモノを準備してください。 【邪魔ものベスト3の例】 可燃ゴミ ダンボール、雑誌 ペットボトル、缶 しばらく着ていない多すぎる洋服 いかがですか?ベスト3は見つかりましたか? この時、「たくさんあるけど小さなもの」は気にしないようにしましょう。 例えば、郵便物、フィギア、アクセサリーなどです。 通常、不燃ゴミもたくさんはありませんから、当面は無視しておくほうが良いと思います。 【ステップ3】ゴミや資源を出す日を調べる 次は、邪魔ものベスト3の回収日を調べます。 ネットで調べても市役所で聞いても、どちらでもOKです。 ゴミ出し前日に片付ければ、翌日にはスッキリさせられます。 土日しか片付ける日がない場合は、少しの間我慢して、部屋の中かベランダなどに置いて置きましょう。 ここでちょっと問題となるのは、市や町の回収がない、または頻度が少ないモノの場合です。 古紙や古布類などが考えられますが、新聞紙、雑誌、ダンボール、古着などは部屋の中にたくさんある可能性が高いので、自分で古紙問屋、古紙のリサイクルセンターなどへ持ち込むことも考えましょう。 「古紙 名古屋」などで調べれば、持ち込み先がわかると思います。 洋服はリサイクルショップに売りにいけば、何がしかのお金になりますが、高価なものを除いて、ビックリするほど買取値段は安いので、苦労の割に実りが少ないかもしれません。 【ステップ4】害虫退治 バルサンやアースレッドなどを使って、ゴキブリやダニなどを駆除します(取扱説明書をよく読んで使ってください)。 隣近所に迷惑にならないよう、かつ、片付けの最中にあなたがビックリしないよう、最初にある程度処理しておきます。 【ステップ5】「邪魔ものベスト3」を片っ端から袋詰め あなたが見つけた「邪魔ものベスト3」を袋詰めしていきます。 これは「種類や品目ごとに片付ける」方法です。 可燃ゴミやペットボトルなら、市や町の指定ゴミ袋に入れます。 「邪魔ものベスト3」は、最初のうちは多いものから順番に袋詰めすれば良いと思います。 慣れてきたら、3つ同時にやっても問題ありません。 洋服、新聞紙、雑誌、ダンボールの処分 洋服は、取っておくか捨てるかの判断が必要ですが、今までゴミに埋もれていたものが必要でしょうか?極力思い切って処分しましょう。 取っておく服と捨てる服を素早く判断しながら、捨てるものは透明のビニール袋に入れておきます。 新聞紙や雑誌は、分別してヒモで縛るか、ダンボールに入れてください。 捨てる洋服、新聞紙、雑誌、ダンボールは、なるべく早くリサイクルに回します。 【ステップ6】細かなものにチャレンジ 「邪魔ものベスト3」をやっつけたら、少しずつ床が見えてくると思います。 それに伴って、あなたも少しずつ自信を取り戻してきているでしょう。 「細かなものにチャレンジ」のステップは、基本的に「エリアごとに片付ける」方法です。 中には、処分の仕方がわからないものがあるかもしれませんが、もうあなたは大丈夫。 ネットで調べたり、市役所に聞いたりして対処ができるはずです。 【ステップ7】掃除 長年にわたってゴミなどが堆積していたのですから、かなり汚れていることが予想されます。 床の半分を掃除した写真 まずは、 掃除する場所のホコリを丁寧に取り、水拭きだけで汚れが落とせないかチャレンジします。 ダメだったら、次は中性洗剤の出番です。 ネットなどで調べ、場所ごと素材ごとに適切な洗剤、適切な掃除方法で行なってください。 また、ふすまや畳などが損傷している場合もあります。 なるべく、この機会にキレイに直すようにしてください。 そうすることでお部屋が癒しの空間に変わります。 次は、お風呂掃除の方法についての動画です。 【ステップ8】収納 掃除が終わった場所から順に収納していきますが、この項では、収納の基本・チェックポイントについてお話します。 収納場所に隙間はできそうですか? 人生に隙間が必要なように、収納にも隙間がないと、いつか無理が来ます。 モノの量と収納スペースを比べてみて、収納後に2〜3割の隙間ができそうな感じならバッチリです。 その時・・・ ・モノが多すぎると思ったら、長い間使っていないモノを思い切って処分する。 ・いくら何でも収納場所が狭すぎると思ったら、収納用具を買う。 ・・・という判断をします。 適切なモノの置き場所を決めましたか? 出したらしまうができないと、部屋が散らかります。 モノの定位置を決める時は、そのモノを使う場所の近くで、どこにしまったのか想像しやすい場所を選びましょう。 次の画像をご覧ください。 文房具とリンゴを一緒にしまうなんて、あり得ないと思われるかもしれませんが、これと似たようなことをしてしまっているから、モノを探し回るはめになるのだと思います。 「出し入れしやすい」入れ方についても考えてみます。 上の画像では、4人分のコーヒーカップを取り出すのは面倒な感じです。 並べ替えてみます。 種類別に奥に向かって並べることで、取り出しやすくなりました。 次の動画は、整理収納の基本ワザの動画です。 コマ撮り風に、ちょっと可愛く仕上げたつもりです。 【リバウンドしないために】 ・ゴミ出しをさぼらない ・床にモノを置かない ・出したらしまう(モノの定位置を守る) ・無駄なモノを買わない ・モノを買う時は、必ず収納場所を考えてから買う ・部屋のカーテンやシャッターを閉めっぱなしにしない ちょっと大変そうに思えるかもしれませんが、汚部屋になってしまった時の苦労に比べれば、全然どうということはないレベルです。 ちょっとだけ我慢して続ければ習慣になり、綺麗な部屋を維持できます。 まとめ(自力で片付ける場合) 汚部屋になってしまった場合は、まず、たくさんあって場所を取っている「邪魔ものベスト3」を片付けます。 これができれば、徐々に床が見えてくるはずですし、自信も出てくるでしょう。 その次は、エリアごとに細かいものを片付けていきます。 エリアの決め方は、あなたが一番片付けたい場所で良いと思います。 業者にまかせるという選択肢もある 業者にまかせて早くリセットするという選択も、もちろんアリです。 それぞれのメリット、デメリットを比較して決めましょう。 自力で片付ける場合 【デメリット】 ・費用が高額になる ・業者選びに悩む ・簡単に片付くので、リバウンドの危険性が高まるかも 時間に余裕がない場合、体力に自信がない場合は、業者にまかせる方が良さそうです。 予算の範囲内で、部分的にやってもらうのもアリだと思います。 業者の選び方 ざっくりですが、業者選びのポイントをご説明します。 ホームページなどで実績を調べてください。 適正に処分されることを確認してください。 その市町村の一般廃棄物収集運搬許可を持っているか、許可業者と提携して作業をするなら大丈夫です。 キャンセルの取り扱い、追加費用が発生する条件も明確であるべきです。 おまけダウンロード「整理収納の基本技」 整理収納の仕方がわからないとお悩みの方のために、「整理収納の基本技」をダウンロードできるようにしてみました。 整理収納アドバイザー1級でもあるYouTube編集担当の作です。 片付けが成功し、あなたがステキなお部屋でステキな生活をお過ごしになれますように! もっと詳しく知りたいと思われた方は、次のブログもどうぞ。 片付けトントンは、ゴミ屋敷・汚部屋の片付けを承っています。 自力で片付けるのが難しい場合は、お気軽にお問い合わせください。 サービスエリアは愛知県内(一部地域を除く)です。 詳細は、をご覧ください。

次の

汚部屋の片付けは気合いより計画が大切!

部屋 片付け やる気

片付けられない特徴から完璧に片付けられるコツまで完全網羅! この記事では汚部屋男子の特徴や、無理なく部屋を片付ける最初の手順などから始まり、どのようにすれば、片付けが簡単になるのか。 さらに、どうしても片付けるやる気が出ない人に向けて自身への見つめ方を伝え、やる気が向上する方法までを解説する。 この記事の最後では、バリバリ仕事をする男性でも部屋が片付けられるコツまで網羅した。 これで晴れてあなたの悩みである「部屋の片付け」についての問題がが解決されるだろう。 片付けられない特徴から完璧に片付けられるコツまで、順番に解説していく。 STEP1 まず、汚部屋男子の「共通点」を知る。 部屋が片付けられない人には3つの共通点がある。 汚部屋から脱出するためにも、まずはその特徴を知ることから始めることだ。 また、自分の部屋が汚部屋に該当するかどうかも、この記事から確認してほしい。 これに気がつくだけでスタートを早く切れるだろう。 どのくらい前の服が入っているだろうか。 男性は女性と違い、流行に大きく左右されることがないため、定番の服は長く着ることができる。 しかし、捨てることなく新しい服を購入し続けるとどうなるだろう? 増え続けた服で収納スペースが足りなくなり、部屋にあふれる結果となる。 これが部屋を片付けられない一つ目の理由である「物が捨てられない」原因だ。 この記事で紹介していることは、部屋の片付けが習慣になる方法や手順を身に付けることで、いつまでも片付いた部屋を維持できるということだ。 まずは知識を蓄えよう。 例えば、出かける前に5分程度でいいので時間を確保し、 朝に使った食器は片付けてから出かけるといった ルーティンワークを入れてみることだ。 それから来客者の目線で見ること。 いつまでもきれいで片付いた部屋が実現できるだろう。 この記事を読んでもう一度確認してほしい。 今住んでいる部屋を見て、片付けが必要だと感じているだろうか? あなたの部屋を、ゴミ袋が散乱し足の踏み場もない部屋ではなく、散らかっている程度の部屋だと仮定して話を進めよう。 手軽に実践できる片付けのコツについて、10個厳選している。 これを覚えることで、必ずあなたの生活動作は楽になり、暮らしの質を高めることができるだろう。 本や服は所定の位置に。 もちろん溢れかえる前に新しい収納を確保しよう。 全く使ってないもの、飽きてしまったものは、時には思い切って捨ててしまおう。 分別すれば、本当に必要なもの、必要ではないものが見えてくるだろう。 この記事の内容を咀嚼することで、片付けられない原因を解明でき、その原因の根本から改善することが出来るのだ。 そうするためには、ここで紹介している片付けるための方法を徹底的に学ぶこと。 さらに、再び部屋を散らかさないための考え方として、「理想の暮らしを思い描くこと」を心掛けてみることだ。 「一人暮らし」という時間は、これから所帯を持つかもしれないあなたにとって、何度もあることではないはずだ。 これを意識して生活すれば、不要な物を捨てられる。 必ず一年中きれいに保つことが出来る部屋になることを約束しよう。 もう一記事いかが?お部屋片付けの参考に!記事はこちら ・ 部屋をきれいにするにはまずは部屋を知るところから! ・ 家具の配置を変えるだけで部屋が劇的変化! ・ デットスペースを使って上手に収納! ・ 収納といえばタンス。 上手なタンスの選び方をご紹介!•

次の

片付けのコツ&捨てワザ10選!捨てるコツで部屋をスッキリ快適に [収納] All About

部屋 片付け やる気

片付けられない特徴から完璧に片付けられるコツまで完全網羅! この記事では汚部屋男子の特徴や、無理なく部屋を片付ける最初の手順などから始まり、どのようにすれば、片付けが簡単になるのか。 さらに、どうしても片付けるやる気が出ない人に向けて自身への見つめ方を伝え、やる気が向上する方法までを解説する。 この記事の最後では、バリバリ仕事をする男性でも部屋が片付けられるコツまで網羅した。 これで晴れてあなたの悩みである「部屋の片付け」についての問題がが解決されるだろう。 片付けられない特徴から完璧に片付けられるコツまで、順番に解説していく。 STEP1 まず、汚部屋男子の「共通点」を知る。 部屋が片付けられない人には3つの共通点がある。 汚部屋から脱出するためにも、まずはその特徴を知ることから始めることだ。 また、自分の部屋が汚部屋に該当するかどうかも、この記事から確認してほしい。 これに気がつくだけでスタートを早く切れるだろう。 どのくらい前の服が入っているだろうか。 男性は女性と違い、流行に大きく左右されることがないため、定番の服は長く着ることができる。 しかし、捨てることなく新しい服を購入し続けるとどうなるだろう? 増え続けた服で収納スペースが足りなくなり、部屋にあふれる結果となる。 これが部屋を片付けられない一つ目の理由である「物が捨てられない」原因だ。 この記事で紹介していることは、部屋の片付けが習慣になる方法や手順を身に付けることで、いつまでも片付いた部屋を維持できるということだ。 まずは知識を蓄えよう。 例えば、出かける前に5分程度でいいので時間を確保し、 朝に使った食器は片付けてから出かけるといった ルーティンワークを入れてみることだ。 それから来客者の目線で見ること。 いつまでもきれいで片付いた部屋が実現できるだろう。 この記事を読んでもう一度確認してほしい。 今住んでいる部屋を見て、片付けが必要だと感じているだろうか? あなたの部屋を、ゴミ袋が散乱し足の踏み場もない部屋ではなく、散らかっている程度の部屋だと仮定して話を進めよう。 手軽に実践できる片付けのコツについて、10個厳選している。 これを覚えることで、必ずあなたの生活動作は楽になり、暮らしの質を高めることができるだろう。 本や服は所定の位置に。 もちろん溢れかえる前に新しい収納を確保しよう。 全く使ってないもの、飽きてしまったものは、時には思い切って捨ててしまおう。 分別すれば、本当に必要なもの、必要ではないものが見えてくるだろう。 この記事の内容を咀嚼することで、片付けられない原因を解明でき、その原因の根本から改善することが出来るのだ。 そうするためには、ここで紹介している片付けるための方法を徹底的に学ぶこと。 さらに、再び部屋を散らかさないための考え方として、「理想の暮らしを思い描くこと」を心掛けてみることだ。 「一人暮らし」という時間は、これから所帯を持つかもしれないあなたにとって、何度もあることではないはずだ。 これを意識して生活すれば、不要な物を捨てられる。 必ず一年中きれいに保つことが出来る部屋になることを約束しよう。 もう一記事いかが?お部屋片付けの参考に!記事はこちら ・ 部屋をきれいにするにはまずは部屋を知るところから! ・ 家具の配置を変えるだけで部屋が劇的変化! ・ デットスペースを使って上手に収納! ・ 収納といえばタンス。 上手なタンスの選び方をご紹介!•

次の