士郎 と は 黙っ とれ 牛乳。 素人は黙っとれ――とは (シロウトハダマットレとは) [単語記事]

土を喰う日々(書評)・・・水上勉の「食」エッセイ

士郎 と は 黙っ とれ 牛乳

もっとも、ちょっとイタズラ心を起すと、「読む価値があるのは「」だけだとすると、「」も「読む価値のない本である」ことになり、その無価値の本で賞賛される「」も「読む価値がない」というを招きます。 まあ、」の作者・さんの勇み足ですね。 「」は除外すべきでしたね。 この「」、「食材にやたらうるさくて、目の前の料理を食べるのを拒否する児童」が現れる世相と相まって、功罪、やや罪のほうが大きい作品でしたね。 さて、さんは、若狭地方の貧しい樵(きこり)の家に生まれ、のため、京都の禅寺・・・(当時、・のであるとして、一般には蔑まれていた)に送られます。 そこでの基礎を学びますが、最後は寺を、いろいろな仕事を体験し、「フライパンの唄」という作品で、作家と認められた人です。 作家でもあります。 この本では、「料理のレシピ」を期待して読んだら、当てが外れます。 まあ、水上流梅干の漬け方などがありといえばありですが、この本は「料理の心」を書いた本なのです。 もちろん、水上さんの料理の心は、いろいろな素材と出合って輝きます。 この本を書いた頃、水上氏は、長野県・に住んでいました。 そこで自ら作ったり、もらったり、買ったりして手に入る野菜・果物の話題をしみじみ展開するのです。 その内の一つ、禅師の言葉を水上流に噛み砕いた部分: すべて品物を調理し支度するにあたって、凡庸人の眼で眺めていてはならない。 凡庸人の心で考えてはならない。 一本の草をとりあげて一大寺院を建立し、一微塵のようなものの中にも立ち入って仏の大説法をせにゃならぬ。 たとえ、粗末な菜っぱ汁を作るときだって、いやがったり、粗末にしたりしちゃならぬ。 たとえ、牛乳入りの上等な料理をつくる時に大喜びなどしてはならない。 そんなことではずんだりする心を押さえるべきである。 何ものにも、執着していてはならぬ。 どうして、一体粗末なものをいやがる法があるのか。 粗末なものでもなまけることなく、上等になるように努力すればいいではないか。 ゆめゆめ品物のよしわるしにとらわれて心をうごかしてはならぬ。 物によって心をかえ、人によってことばを改めるのは、道心あるもののすることではない。 例えば、ダイコンについても、売れない役者を「大根役者」と蔑むのに対し、「いつでもどこでも手に入るダイコンほどあり難い食材もない」と言ったり、菜園でとれた貧相なダイコンを食べてみたら、「辛さ」を十分に秘めた良いダイコンである、と思ったりしたりしています。 また、7月の章の記述からですが、(茗荷)は八百屋仲間では「バカ」という呼称で呼ばれる・・・植物本体から離れたところにひょっこり顔を出すからだとも、釈迦の弟子・周梨槃特(しゅりはんどく)は生まれつき記憶力が弱く、自分の名前さえよく忘れ、名札を下げて歩き、彼の死んだ墓からが生えてきた・・・という昔話からも、は「バカ」というがついてまわったのです。 ここで水上さんのひと言:「みょうがは、私にとって、夏の野菜としては、勲章をやりたいような存在だが読者はどう思うか。 こんなに、自己を頑固に守りとおして、黙って、滋味(にがみ、香味)を一身にひきうけている野菜をしらない。 それらの食材を分け隔てなく慈しむ珠玉のようなこの作品、是非、一読ください。 参考過去ログ タケノコ2題(と) の佃煮 「」:で400円.

次の

川端康成

士郎 と は 黙っ とれ 牛乳

私は東方の古典、とりわけ仏典を、世界最大の文学と信じてゐる。 私はを宗教的教訓としてでなく、文学的幻想としても尊んでゐる。 「東方の歌」と題する作品の構想を、私は十五年も前から心に抱いてゐて、これを白鳥の歌にしたいと思つてゐる。 東方の古典の幻を私流に歌ふのである。 (中略)西方の偉大な達のうちには、難行苦行の果て死に近づいて、やうやく遥かな東方を望み得た者もあつたが、私はの歌で、それに遊べるかもしれぬ。 — 川端康成「文学的自叙伝」 評価 特質性・芸術観 『』発刊、『』同人参加、らと共にの文学を取り入れた新しい文学を志した『』創刊での代表的作家として頭角を現し、その後は銓衡委員となり、戦中は海外報道班員、戦後は会長、(昭和43年)には、日本人で初の受賞という川端康成の軌跡は、戦前戦後と紛れもなくその時代を反映する時の人としての文学的経歴だが、的、に繋がる川端の作品自体は、時代のや世相に左右されることのない自身の観に基づいた澄んだ的なものとなっている。 そのため、的な思想の背景で敵視されるということもほとんどなく、の作家であったなども、川端のを集めた処女作品集『感情装飾』を愛読し、が1926年(大正15年)に運動で逮捕された時に京都の未決監へその本を差し入れ、出所後に林がその礼を述べると、「あれはいい本だな、少くとも美しい」とつぶやいたとされる。 は、醜いものを美しいものに転化させてしまう川端の作品の特性を、「残忍な直視の眼が、の最後まで見落とさずにゐて、その最後に行きつくまでに必ず一片の清い美しいものを掴み、その醜にせずにはやまない」川端の「逞しい力」と捉えている。 そして、『』に関する随筆『「伊豆の踊子」の映画化に際し』の中で川端が、実は踊子の兄夫婦が〈悪い病の腫物〉を持ち、見るに忍びなかったことは書かずじまいだったと告白する「を言おうとする直視癖」と、「美しいものを現わそうと願う人並はずれた強い執着」が交錯することに触れ、そういった川端の二つの特質が、時には「一つの表現のなかに二重になって」いて、それがさらに成功し「眼に映る場合には、この両立しない二つのものが、不思議な融合のしかたで有機的な一体になっている」と論じている。 伊藤は、川端のその「表現の分裂」は、『』で顕著なように、「作者の生来のものの現われ」だとし、それは一般的な「文章道」からは「大きな弱点になり得たかもしれない」が、川端はそれを「自然な構え」により棄てずに成長し、その一点から「氏にのみ特有なあの無類の真と美との交錯した地点にいたっている」と分析して 、川端自身が、〈どんな弱点でも持ち続ければ、結局はその人の安心立命に役立つやうになつてゆくものだ〉と述べていることを鑑みながら、「この作家が東方のを最も愛していると書く心にも、ここから道がついている」と考察している。 そして伊藤は、川端の文学史的な意義について、川端は、「ととの対立と交流の中」にとして立ちながら、「当時のとの両方から身をかわし、大正の創ったに即した文学を受け継ぎ、それを救った」ことだと評している。 は、川端が「温かいな」人でありながらも、過剰な親切やの押売りもなく、他人に対してどんな忠告もしない「達人」「」的な「無手勝流の生き方」に触れつつ、そのは全部「」であり、川端を「の旅人」だと呼び、川端の文学にもその態度が反映しているとして、以下のように解説している。 のあのの記の「終に無能無才にして此の一筋につながる」といふ一句は、又川端さんの作品と生活の最後の でもあらうが、川端さんの作品のあのやうな造型的な細部と、それに比べて、作品全体の構成におけるあのやうなの放棄とは、同じ芸術観と同じ生活態度から生じたもののやうに思はれる。 たとへば川端さんが名文家であることは正に世評のとほりだが、川端さんがついにを持たぬ小説家であるといふのは、私の意見である。 なぜなら小説家における文体とは、世界解釈の意志であり鍵なのである。 また三島は、近代作家において、「の秘められた味はひ、その、その感、その、そのほのぐらいを、本当にわがものにした」のは、川端一人だけだと高く評価している。 は、川端文学の特色を、「日本人の心の動きを純粋な形で見つめたもの」とし、それは作品の語り手(作者の分身)と対象(踊子など)の関係性が、の「」と「」に似ていて、「シテの多くがワキのの所産であり、同時に舞台の支配者である」関係となり、対象が幻でありながらも「に似た存在の重味」を得ているとして 、そこに川端の文学が、単なるのと異なる「現代性」「古典性」を獲得している理由だと解説している。 そして中村は、現実に対する川端の態度を、「誠実な自己批評あるいは自己否定の熱情」だとし、その批評や否定の対極に、川端自身(であり男)に無いものを持つ「」(踊子など)、「あるいは」があるとしている。 また中村は、三島が川端の人生を「旅」に喩えたことに関連し、川端にとって、旅が人生の象徴であるように、「すべての」(も含めた)が〈ゆきずり〉であるという思想が老年まで根を張り、それをすべての事象に川端が実感していることが『』や『』に顕現化しているとし 、『みづうみ』では主人公が、〈ゆきずり〉の人を〈ゆきずり〉のままで別れてしまうことを哀惜し、〈の果てまで後をつけてゆきたい〉という願望の実現の不可能性を語る場面に触れながら、そこで広い意味での〈ゆきずり〉の関係を示唆する川端が、社会生活での人間の存在形式を見つめていると解説している。 は、三島が川端を「永遠の旅人」と称したことを敷衍し、川端が処女作『ちよ』の中で自身を〈自分がに見えて、自身さへ怖れます〉、〈霊どもに力で生き、動かされてゐる幻です〉 と語っていることに触れながら、「こういう人が、たまたまを越えて、となってを訪れる。 そして踊子の純情を輝かし、雪国の芸者の生命を輝かすのだ」と考察している。 そして勝又は、川端が旅行記の中で、〈旅の私の胸にふれるのは、働く貧しい人の姿と、打ちひしがれたやうにさびしい人の姿と、と少年少女と古今東西の第一級の(もふくめて)と、そしてです〉と述べていることや 、エッセイでの「終始峻厳な作家の顔つき」を鑑みて、そこには、「現実には、ほとんど一人の踊子もいず、一人の駒子もいないこの世で、なお堪えなければならない」川端の「旅人」の素顔があるとし 、川端が『』で、や文人たちよりも者たちを並べていることに注目しながら、以下のように論じている。 氏のは、氏自身の官能の発露といふよりは、官能の本体つまり生命に対する、永遠に論理的帰結を辿らぬ、不断の接触、あるひは接触の試みと云つたはうが近い。 それが真の意味のエロティシズムなのは、対象すなはち生命が、永遠に触れられないといふメカニズムにあり、氏が好んで処女を描くのは、処女にとどまる限り永遠に不可触であるが、犯されたときはすでに処女ではない、といふ処女独特のメカニズムに対する興味だと思はれる。 まさしく作家としての氏は、女性讃美者ではなく、女体嗜好者なのである」と評している。 川端にとっては、も女も同列の生態であることを指摘している三島は、川端のその非情の「」を『』で見せたことについて以下のように解説している。 女はイヌのやうな顔をし、イヌは女のやうな顔をしてゐる。 作家が自分のうちに発見した地獄が語られたのだ。 かういふ発見は、作家の一生のうちにも、二度とこんなみづみづしさと新鮮さで、語られる機会はないはずである。 以後、川端氏は、禽獣の生態のやうな無道徳のうちに、たえず盲目の生命力を探究する作家になる。 いひかへれば、極度の道徳的無力感のうちにしか、生命力の源泉を見出すことのできぬ悲劇的作家になる。 これは深く日本的な主題であつて、氏のあらゆる作品の思想は、この主題のヴァリエーションだと極言してもいい。 横光利一との比較において は、が「」で、その文学に内在するは『』に顕著なように「男同志の決闘」である「文学」であるのに対して、川端康成は「」であり、「文学」だとし 、横光がある意味、積極的に「進取性」を持つために終生苦しい不毛な努力をし、「自分の文学を見失った観がある」のに比して、川端は、「から生きる智慧」を学び、常に流れに従っているように見えつつも、逆にそのことで「流れからくる力」を最小限に止めて成功したとしている。 そして中村は、が指摘したように、横光が「の役割に終始」し、川端は同じように彷徨に身を任せながら大きな収穫を得たその対立は、川端に「ある冷酷な狡さ」を感じるとして、以下のように論評している。 根が素朴で抒情家であり、批評的才能をまったく欠いていた横光氏は、そのときどきの文壇の意識にいつもその制作の態度を直結させていたので、この点で氏の新しい外観の底には大正期の作家の気風がそのまま生きていたのです。 (中略)(横光氏は)実はこの古風な文士気質の所産であったのですが、川端氏はとしても一流であっただけに、文壇の動きの裏がいつもよく見えていたので、時流にたいして逃避のように映る態度が、実際は自分の足下の土をもっとも着実に掘ることになったのです。 — 「川端康成」 三島由紀夫は、横光利一と川端康成は元々、同じ「人工的」な文章傾向の「」を持った作家であったが 、横光は苦闘し、その天性のをいつからか「」「的」なものに接近し過ぎて、「」「知的迷妄」へと沈み込み、自己の本来の才能やを見誤ってしまったのに対して、川端は、「もつとも知的なものに接近した極限の作品」である『』で、その「地獄」をのぞき、寸前でそこから身を背けたことで、「知的」「西欧的」「批評的」なものから離れることができ、「感受性」を情念、感性、官能それ自体の法則のままを保持してゆくことになったと論考している。 よって『禽獣』は川端にとり、分かれ目になった作品であり、「それまで感覚だけにたよつて縦横に裁断して来た的、いや現実そのものの、どう変へやうもない怖ろしい形」を、川端がそこで初めて直視しているという意味で、それが重要な作品であり、ある意味で川端は「実に抜け目」がなく、「俊敏なであつて、一見知的大問題を扱つた横光氏よりも、批評家として上であつた」と評している。 人物像・エピソード 黙って凝視する癖 川端康成の鋭いは特徴的で、人をじっと長くじろじろと見つめる癖があることは、多くの人々から語り継がれ、それにまつわる話は、が布団の中の川端の凝視にぎょっと驚き、「だめですか」と言って逃げ出したという実話や、大学時代にしていた家主のおばあさんが家賃の催促に来た時、川端はじっと黙っていつまでも座っているだけで、おばあさんを退散させたという有名な話があるのをはじめ、様々ながある。 気の弱い人は初対面で川端から黙ってじろじろと見つめられると冷汗を拭くばかりだとされ 、或る若い初心な女性は、初めて川端を訪問した時、他に誰も来客がなく、2人で面と面を突き合わせていたが、30分間ずっと何も話してもらえず、ただじっとじろじろと見つめられ、ついに堪えかねてワッと泣き出したという伝聞もある。 川端自身はマイペースで長い間黙り合っていても苦にならない性質らしく、彼女が泣き出した時に、「どうしたんですか」と言ったとされる。 また、来客が多数訪れていて、客の中の古美術商が川端の気に入る名品を持って来ていた場合などは、川端がそれをじっと観ることに没頭し自分の世界の中に入り込んでしまうため、のコの字も知らない連中までもが、「ひたすら氏の後ろ姿と古ぼけた名画とを鑑賞しなければならない羽目」になるという。 川端のじっと見る眼の強さについては、川端夫人の秀子も、「彼の性格を最もよく表現してゐるものは、彼の、あの鋭い眼です」と言い、以下のように語っている。 初対面の女性などについて、この鋭い観察眼は長所よりも欠点を即座に感じてしまふのです。 どんなに美しい人の前に出ても、あああの人にはこんな欠点があつた、などちやんと見抜いてしまふ。 然しそれは決して、殊更にアラを探さうといふ意地悪さからではなくて、かう、にあの鋭い眼が働くのです。 私なども、始終起居を共にしながら、あの鋭い眼光には往々射すくめられるのです。 — 川端秀子「あの鋭い眼が……」 の夫人・多恵子は、「あの大きな目を一様に見開いて、ぎょろりと御覧になる」と言い 、は、「物自体の本質が映っている眼」「虚無を映す眼」としている。 吉行は、川端家を訪れた或る女性が、「外に出たとき自分の躰が一まわり縮んだ気持がした」と言ったことに触れ、それを「おそらく、川端さんの眼でしゃぶりつくされたためであろう」としている。 画家のは、『雑草』を1953年(昭和28年)に発表し、その絵を川端が購入しているが、その当時のことについて、1メートルくらいの距離から川端にじっと見つめられたとして、「私は田舎から出てきたばかりで、先生はこの伊豆の踊子みたいな子が描いたのかと思われたのかもしれません。 でも、男性からじっと見つめられたことなどなかったので、少し怖かったです」と述懐している。 でも非常に親切で僕は湯ヶ島へ来たことを幸福に思つてゐる」と綴っている。 も、21歳の時に川端の家を初訪問した時の印象を、「氏の目はをさす人の目のやうであつた。 対局の、一見落着かぬやうでゐて、カンドコロを指す目であつた。 それは又の達人の目であつた。 うごくと共にうごく目であつた。 人をみつめる死んだ鋭さではなかつた」とし、「川端氏のあのギョッとしたやうな表情は何なのか、犯人の目を氏はもつてゐるのではないか」と記している。 しかし三島は、川端と親しくなった以降では、川端がとの交遊の場で、を見つめている様子を、「氏ほど西洋人を面白がつて眺めてゐる人はめづらしい。 西洋人の席にゐる氏を見てゐると、いつも私はさう思ふが、それはほとんど、が西洋人を面白がつてしげしげと眺めてゐるあのなに近づいてゐる」とし、川端に見つめられた或るの大女のおばあさんが、全くも知らないのに、すっかり川端を気に入ってしまい、ただ2人で目と目を見交わし楽しそうだったと語っている。 また三島は、ある日の川端のお茶目な様子を以下のように記している。 物事の本質を見きわめようとするから、鋭く見えるのだ。 相手を深く識ろうとするから「こわく」見えるのだ。 こっちが無心で対座していれば、氏の目は日ごろのその「鋭さ」や「恐ろしさ」からは想像できないような、あたたかいやさしさをたたえて静まっている。 — 「川端康成・心の遍歴」 孫の明成が誕生し喜んだ川端は、明成を可愛がり、例によってじっと黙って赤ん坊の顔をひたすら見つめていたが、たちまち明成は怖がって泣いたという。 なお、川端本人も早くから自分の癖を自覚し、中学時代の日記には、自身の容姿へのコンプレックスを吐露すると共に、〈俺ほど人の美貌をまんじりとせず見つめる者はあるまい。 そしてのろひうらやみ抱擁せんと常に思ふのである〉とし 、自伝小説では、〈人の顔をじろじろと見る私の癖は、と二人きりで何年も暮してゐたところから生れたのかもしれません〉とも語っているが 、この癖については、川端が幼い時の眼底の病痕で、右の眼がよく見えないことからくるのではないと推測している。 温かさと孤独 上記のように川端康成は、と凝視癖で初対面の人に取っ付きにくい印象を与えるが、とても親切で窮地にある人の援助や就職の世話をしたり、恩人の遺族の面倒を見たりといった話は多い。 また、訪問客が絶えず、も川端の家で行われることが恒例であったが、集まった客同士で賑やかな時でも、川端はいつも静かであったため、賑やかなが「君は全くだね」と大声で言ったことがあるという。 ちなみに、はその時に、久米正雄の方がよほど孤独に見えたとし、「豊かな製作をしてゐる作家の孤独などは知れてゐる」と語っている。 三島由紀夫は、川端を「温かい義侠的な立派な人」であり、のような人であるが、その行為はちっとも的でなく、そういう人にありがちな過剰な善意で、私生活に押し入って忠告してくるようなことや、「附合」を強要することもないとし、そういった「達人」のような境地には普通の人間では、なかなかなれないとしている。 人との和を重んじて争わず、社交的であったため、川端は「文壇の」と呼ばれたこともあるという。 は、川端の人徳について、「海の幸、山の幸といふ言葉があるが、川端康成の作家は何時もあふれるほどその周囲から多くの幸を受けてゐる。 この人に冷酷な批判を加へた批評家を私は知らない。 冷徹温情の二面相搏ち、軽々しく人を愛しないが、人から愛せられることでは此の人ほどの作家はまた私の知らないところである」と述べている。 川端は、前衛画家・と親しかったが、古賀が1933年(昭和8年)に病に倒れた時には、古賀に兄事していた高田力蔵を助けて、その面倒を見ていた。 また、によると、が脳腫瘍で倒れた際には、共訳した『』のは、野上に全額あげると言い、皆が感涙したという。 は、が死去した際のことに触れながら、川端の人柄について以下のように語っている。 青野季吉が長逝された。 (中略)その病室には、大ぜいの見舞客や見舞品が殺到したらしいが、その中で、特に川端さんが、懇ろに、を持っていったり、をはこんだりしている様子に、私は思わず、目がしらを熱くした。 昭和年代の作家として、やはり川端さんは、ずば抜けて偉いものだと思う……。 そう云えば、氏のときも、川端さんの行動に、私などは唯、あれよあれよと、敬服するだけだった。 臆病な私は北條民雄と聞くだけでも、近寄れないのに、川端さんはまるで何ンでもないように、往ったり来たりしていた。 — 「川端さんの寛容」 従軍記者体験について 川端は(昭和20年)4月にの推薦で海軍報道班員として、の特攻基地であった鹿屋基地の取材を行っている。 志賀は、海軍報道部高戸顕隆海軍主計大尉からの依頼を受けた雑誌「台湾公論」の元編集長吉川誠一軍属から、と川端のいずれが、特攻作戦の取材で「日本の心を正確に誤りなく時代に語りつぐこと」ができるか?と問われ、「横光さんは大きくか小さく書くでしょう、川端さんなら正しく書くでしょう」と川端を推薦したという。 吉川は1945年4月10日に川端宅を訪れて、防空壕掘削作業中の川端に海軍報道班員の引き受けを打診したところ、川端は「場合によっては、原稿は書かなくてもいいんですね」と念を押したうえで応諾した。 報道班員にはほかに新田潤、山岡荘八が選ばれ、4月23日に3人はに呼び出されたが、新田と山岡が大きな陸軍靴を履いていたのに対して、川端は痛々しく痩せた身体に子供靴のような真っ赤な靴を履いていた。 その靴は川端によればの遺品ということであったが、戦時中の物資不足の折に山岡には羨ましく感じたという。 川端ら3人は鹿屋に出発前に報道部の高戸大尉から、「海軍報道班員は、戦地に赴き、その勇壮なる戦いぶりを書いて国民の志気を高揚させるにある」「ただし、みなさんはこの戦いをよく見て下さい。 そして今、ただちに書きたくなければ書かないでよろしい。 いつの日か三十年たってでも、あるいは五十年たってでも、この戦さの実体を、日本の戦いを、若い人々の戦いを書いて頂きたい」と伝えられた。 鹿屋で川端らはに滞在し、特攻機が出撃するたびに見送りをしたが 、3人が鹿屋に着いてまもなく飛行機墜落事故があった。 昼夜問わずもあり、そのたび山の中のに駆け込んだ。 山岡は、「こんなとこでは死んでも死にきれないだろう」と驚き、川端はただじっと黙ってその方角を見つめ、その大きな目の中は真っ赤だった。 川端らが取材していた時期に、鹿屋で特攻出撃のために待機していた出身の杉山幸照によれば、川端は杉山らで予備士官となった大学出身の特攻隊員と食堂などでよく文学談義に花を咲かせたり、隊員からお菓子をもらったりと懇意にしていた。 このときの川端は予備士官には特攻の非人道的暴挙を非難し同情を寄せており、書物を渇望する学徒の予備士官のために、鎌倉文庫から本を30-40冊鹿屋に送るよう妻秀子に頼むなどの気配りを見せる一方で 、で特攻作戦を指揮していたの上層部と話すときには、笑いながら特攻を賛美するような話をしていたので、杉山はその上下で態度を変える川端に対して「彼(川端)ほど小心で卑屈な人間を見たことがない」「偉大な作家であっただけに、その狡猾な言動を快くは感じていなかった」と痛烈に批判し、他の特攻隊員も不信を抱いていたという。 川端は当時の心境を「も見こみがなく、日本の敗戦も見えるやうで、私は憂鬱で帰つた。 特攻隊について一行も報道は書かなかつた。 神雷(桜花)こそは実に恐るべき兵器だ、この新鋭武器が前線に来た時、わが精鋭は勇気百倍した、これさへあれば沖縄周辺の敵艦船群はすべて海の藻屑としてくれるぞ!神雷特別攻撃隊の意気は今天を衝いておる。 親飛行機の胴体に抱かれて行く、いはば子飛行機のこの神雷兵器は小さな飛行機の型をしてゐて色彩も優雅で全く可愛い、ところが敵艦発見と同時に猛然と親の懐を離れて神雷兵器は一瞬にして凄まじい威力を持つ特攻兵器となる、 したがって敵がこの神雷を恐れることは非常なものだ、身の毛もよだつといつてゐるといふが、その通りだらう、神雷さへ十分に威力を発揮できたらすべての敵艦はことごとく葬り去られ神風の再現ができる、 親飛行機と戦闘機の増産、これが今神雷に一番大切なことだ、これさへできれば神雷は数百数千の稲妻のごとく敵艦に殺到してすべてを沈めさるであらう、飛行機を作れ、飛行機を作れ、神雷による勝機は今目前にある、必勝を信じて神雷にまたがり、淡々と出撃する勇士等に恥づかしくない心をもつて生産戦に戦ひ抜かう、爆撃に決して屈するな、私は心からお傳したい。 杉山予備少尉が、特攻出撃のために待機していた鹿屋からの本隊への帰還を命じられたときに、食堂で食事中の川端を見かけ別れの挨拶をしたところ、川端はいつもの癖で杉山の顔を凝視しながら顔を真っ赤にして「自分も急用があり,身体の具合も悪いので、ちょっと帰りたいのだが飛行機の都合がつかないので困っている。 」と鹿屋からの脱出の手助けをして欲しいと懇願した。 杉山は川端を快くは思っていなかったが、一緒の飛行機で帰ることを提案し、川端はその提案に基づき自ら司令部と交渉して杉山が乗るに同乗することができた。 途中、燃料補給で降りたで飛行機酔いして顔面蒼白になっていた川端に士官食堂でを奢ったところ、しょぼしょぼとしながらも綺麗にたいらげ、「の非人間性」について語ったという。 杉山は、川端が軍の上層部に対しては特攻を礼賛するような発言をしていたことを知っており、その二面性に辟易している。 杉山は戦後に出版した著作内の川端に関する回想で、一緒に取材していた「2,3の報道班員の人たち」(新田と山岡)は戦後に特攻隊員を紹介し、隊員の霊を慰めほめたたえてくれたのに 、最後まで川端が特攻について語ることがなかったのが残念であったと記している。 ただし、川端は鹿屋での体験を基にした作品『生命の樹』を書いており、杉山がこの作品を知らなかったのか、「川端さんの文章をもってすれば,どんなに人に感動をあたえることだろう」と多大な期待をしていた杉山にとって『生命の樹』では期待外れであったのかは不明である。 川端が早々に退散したあとも山岡は鹿屋に残り、6月13日にはが全国放送した神雷部隊の隊員らの様子を伝えるラジオ放送の司会や解説もしている。 結局、山岡は神雷部隊がやにある富高基地に後退が決定するまで鹿屋に留まった。 神雷部隊の後退が決まった日に山岡は司令の大佐を訪ねたが、岡村は山岡に東京に早く帰りなさいと即して、第一回目の出撃で戦死した大佐ら戦死した隊員の位牌に供えられていた、ウィスキーの角瓶や果物の缶詰といった、当時では貴重品ばかりの大量のお供え物を「東京も焼け野原と聞いている。 家族は困っているでしょう。 せめて、これをリュックに入れていってあげなさい」と渡している。 山岡は川端と異なり自らの手配で陸路で東京に帰ったが、途中で空襲や機銃掃射にもあいながら5日もかけてどうにか帰り着いている。 敗戦後、川端は、「生と死の狭間でゆれた特攻隊員の心のきらめきを、いつか必ず書きます」と島居達也候補生に約束したとされる。 そして鹿屋での体験を基にして作品『生命の樹』を書き上げたが、一部分がにより削除されたという。 その他 に現存する唯一の蔵元の日本酒に、「この酒の風味こその味」と、作品名『』を揮毫した。 晩年川端は、宿泊先で()と面会した際に「古都という酒を知っているか」と尋ね、知らないと答えた相手に飲ませようと、寒い夜にもかかわらず自身徒歩で30分かけて買いに行ったと、桑原は回想している。 (国鉄)が1970年(昭和45年)から始めたのにおいて、川端のノーベル賞受賞記念講演のタイトルと類似した「美しい日本と私」という副題の使用を快諾し、その言葉を自ら用に揮毫してくれたという。 1971年(昭和46年)6月に、ののテレビに出演して、世間を驚かせたという。 そのCM用の撮影フィルムらしきカラー映像が、2014年(平成26年)10月に映像関連会社の倉庫から発見された。 その5分ほどの映像には、詩人のによる川端についての詩の朗読がついている。 サトウの次男の佐藤四郎さんは、「ハチローが出演する予定だったCMに病気で出演できなかった際、川端先生が代わりに出演してくれ、ハチローは涙を流して喜んだと弟子から聞いたことがある」と話している。 1971年(昭和46年)のに立候補したの応援のため宣伝車に乗るなどの選挙戦に参加した川端は、瑚ホテルでを取っている時に突然と起き上がって扉を開け、「やあ、様ようこそ」と挨拶したり、風呂場で音がすると言いながら再び飛び出していって、「おう、君。 君も応援に来てくれたか」と言い出したために、按摩は鳥肌が立ち早々と逃げ帰ったという。 その話を聞いたも、都知事選最後の日に一緒に宣伝車に乗った際に川端が、「日蓮上人が僕の身体を心配してくれているんだよ」とにこにこ笑いながら言ったと語っている。 ちよ - 招魂祭一景 - 油 - 葬式の名人 - 南方の火 - 篝火 - 非常 - 孤児の感情 - 青い海黒い海 - - 白い満月 - - 彼女の盛装 - 祖母 - 春景色 - 霰 - 死者の書 - 温泉宿 - 花のある写真 - 針と硝子と霧 - 浅草日記 - 水晶幻想 - 父母への手紙 - - 慰霊歌 - - 二十歳 - 寝顔 - - 散りぬるを - 水上心中 - 田舎芝居 - - - 花のワルツ - - 女学生 - 父母 - - 高原 - - 母の読める - - - - - - - - - - - 寒風 - 朝雲 - 父の名 - 再会 - 生命の樹 - 反橋 - 生きてゐる方に - しぐれ - 住吉 - 天授の子 - 地獄 - たまゆら - 富士の初雪 - 岩に菊 - 無言 - 水月 - 離合 - - 匂ふ娘 - - 竹の声桃の花 - 隅田川 中編小説• 1943:• 1948:• 1951:• 1953:• 1954:• 1955:• 1956: ・• 1957:• 1958: ・ ・• 1959: ・• 1960: ・・• 1961: ・・・• 1962: ・・• 1963: ・• 1964:• 1965: ・• 1966: ・• 1967: ・• 1968:• 1969:• 1970:• 1971:• 1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1997:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2011:• 2013:• 2016:• 2017:• 2018: 田渕俊夫• 2020: 村居正之• 1942:• 1943:• 1950:• 1951: ・• 1952: ・• 1953:• 1954:• 1956:• 1957: ・• 1958:• 1959: ・・• 1960: ・• 1961: ・• 1962:• 1963: ・• 1964: ・• 1965:• 1966: ・• 1967:• 1968: ・• 1969: ・• 1970: ・• 1971:• 1972:• 1973:• 1976:• 1977:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1986: 広瀬功• 1988:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2012:• 2013:• 2015:• 2017:• 2018: 湯山俊久• 1943:• 1950:• 1952:• 1953:• 1954:• 1955:• 1957:• 1958:• 1961:• 1963: 中川清・• 1966: ・• 1968:• 1970:• 1971:• 1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1977:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1990:• 1991:• 1992:• 1994:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2012: 吉野毅• 2016:• 2019: 池川直• 1943:• 1950:• 1951:• 1952:• 1953:• 1954: 沼田一雅 ・• 1955: ・内藤春治• 1956: ・・三井義夫• 1957:• 1958: 山室百世• 1959: ・大須賀喬• 1960: 各務鉱三・岸本景春• 1961: ・• 1962: ・山脇洋二• 1963: ・番浦省吾・森野嘉光• 1964: 辻光典• 1965:• 1966:• 1967: 浅見隆三• 1968: 北出塔次郎・安原喜明• 1969: 般若侑弘• 1970: 海野建夫• 1971:• 1973: 佐野猛夫• 1980: 新開寛山• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986: 折原久佐ヱ門• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992: 永井鉄太郎• 1993:• 1994: 井波唯志• 1996: 大塩正義• 1997:• 1998:• 1999: 西本瑛泉• 2000: 吉賀将夫• 2001:• 2003: 大角勲• 2004:• 2006: 原益夫• 2007:• 2010:• 2012:• 2013: 寺池静人• 2016:• 2018: 三田村有純• 2019: 並木恒延• 1951:• 1953:• 1955:• 1957:• 1960: ・• 1961: ・• 1962: 炭山南木• 1963: 山崎節堂• 1964:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968:• 1969:• 1970:• 1971: 大石隆子・• 1972:• 1973:• 1976:• 1977: 殿村藍田• 1978:• 1981:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1989: 浅香鉄心• 1990: 伊藤鳳雲• 1991:• 1992:• 1993: 尾崎邑鵬• 1994:• 1995:• 1996: 榎倉香邨• 1997: 甫田鵄川• 1998: 松下芝堂• 1999:• 2000: 梅原清山• 2001: 津金孝邦• 2002: 桑田三舟• 2003:• 2004: 新井光風• 2005: 黒野清宇• 2006: 劉蒼居• 2007: 池田桂鳳• 2008:• 2009: 小山やす子• 2010: 樽本樹邨• 2011: 黒田賢一• 2012: 星弘道• 2017: 高木聖雨• 2018: 土橋靖子• 2019: 真神巍堂• 1950:• 1952:• 1953:• 1957:• 1959:• 1961:• 1962:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968:• 1971:• 1974:• 1975:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1995:• 1996:• 1999:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2006:• 2008:• 2010:• 2011:• 2013:• 2015:• 2020:• 1950:• 1951:• 1952:• 1955:• 1956:• 1957:• 1959:• 1960:• 1961:• 1963:• 1966: ・• 1967:• 1968:• 1969:• 1972: ・• 1973:• 1975:• 1976: ・• 1977: ・• 1979: ・・• 1980:• 1981:• 1982: ・・• 1984:• 1986:• 1987: ・• 1988:• 1989:• 1993: ・• 1994:• 1995:• 1998: ・• 1999:• 2000: ・・• 2001:• 2003:• 2004: ・• 2006:• 2007:• 2009:• 2011:• 2016:• 2017:• 2019:• 1948:• 1951:• 1953:• 1954: 茂山弥五郎• 1960:• 1961:• 1963:• 1970:• 1975:• 1977:• 1980:• 1983: 田中幾之助• 1985: 梅若雅俊• 1987:• 1988: ・• 1990: ・• 1992: ・• 1995:• 1996:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008: 一噌仙幸• 2009:• 2011:• 2013:• 2014: 香川靖嗣• 2015: 柿原崇志• 2016: 高橋章• 2017:• 2019:• 1948:• 1953: ・• 1955:• 1956:• 1957:• 1959:• 1961:• 1962:• 1968:• 1971:• 1972: 杵屋六一朗• 1974: 中能島慶子• 1980: 二代目上原真佐喜• 1983:• 1987:• 1990:• 1991: ・• 1992:• 1993:• 1994: 山彦節子• 1995:• 1999:• 2000:• 2002:• 2002:• 2003: ・• 2004: ・・• 2007:• 2009: ・豊英秋• 2010: 二代目今藤政太郎・• 2011:• 2012: ・笠置侃一• 2013:• 2014: 小野功竜• 2015: ・• 2017:• 2020: 杵屋勝国• 川端に贈られたのは「 フランクフルト・アム・マイン市のゲーテ・メダル ()」。 また「」とは、メダルというよりは小さなバッジである。 この「保身」という文字は川端の生活信条となり、日記の随所に出てくる。 小笠原義人の実家は上嵯峨村(現・)で、一家はのであった。 小笠原義人は1900年(明治33年)11月11日生れ。 五男三女の3番目で長男。 祖父・弥太郎義信は士(高天神小笠原家 )。 大祖はの弟・で、の鼻祖は、であるという。 義人の父・義之は紀伊藩士・森儀三郎の二男で、義信の養子。 母・ヒサは士・御納戸役の飯森薫の長女である。 この「師の柩を肩に」は、のち1927年(昭和2年)に、「学窓ロマンス 倉木先生の葬式」と改題し、『』3月号に再掲載された。 川端は親戚の川端松太郎に、10月31日付で、11月2日付でなど旅先からを送っている。 川端は、中学の入学試験の体格検査や、病院で右眼のがよくないことに驚いていたが 、眼底にの病痕があることを40歳頃に医者から教えられた。 その後も川端は、今東光の家に度々招かれて、霊談義を聞くことがあったようで、〈の話〉〈霊知学の話〉を、〈面白き話と思ふ〉と日記に記している。 この『ちよ』に関連する作品『処女作の祟り』では、処女作『ちよ』を書いたために、登場人物の故郷の村の男〈千代松〉が祟られ、〈ちよ〉という名前の女性に〈僕〉が失恋する話が描かれている。 この〈千代松〉の挿話は架空であると川端は言っているが、実在人物かは明確ではない。 の妻の甥・平出実の元妻であったマダム・山田ます(1887年生まれ)は、帝大生の福田澄夫と男女関係となり、福田がに入社するのに同行して行った。 の父親・伊藤忠吉は農家の長男だが、土地の風習で長子の姉が婿養子を迎えて家を継ぎ、忠吉は同村のS家に婿入りして二児を儲けたが離婚し、職を求めて若松市(現・)へ行った。 そこで大塚サイと知り合い初代を儲け、再婚して学校守り()となり二女・マキを儲けた。 初代は、1906年(明治39年)9月16日に福島県若松市川原町25番地で出生。 母・サイが1914年(大正3年)に死去すると、翌1915年(大正4年)春、9歳で叔母(母の妹)に預けられた。 3歳の妹・マキの方は父・忠吉に連れられ郷里のに行き、忠吉はその地で小学校の用務員となる。 叔母の家の初代は、小学校も中退させられて上京し(祖父の大塚家が上京したため)、子守としてに出されて他家を転々とした後、カフェ・エランのマダムの山田ますが身許引受人となって、そこで働き出した。 1920年(大正9年)までは大学、高校とも、学年度は9月11日に始まり、7月10日に終わった。 によると、同人誌を企画し、皆で「湯島サロン」という店で話し合っているところへ、、らが偶然やって来て、その場で菊池から『新思潮』を譲ってもらったとされ、翌日に菊池宅を訪問したとされている。 初代に惚れ込んだヤクザな常連客が、自分の女に横恋慕する奴だと川端を名指し、撲るとか斬ると言っていたのを知ったは、相棒の宮坂普九と一緒に、「其奴を殴り倒し二度と川端に対して手を出せないように仕様と、実は短刀まで用意した」と語っている。 が1923年(大正12年)10月に、カフェ・エランの前の煙草屋の主婦から聞き出した情報では、伊藤初代は、にいた時に、ある者に犯されて自暴自棄になって家出してしまったとされる。 この人物が誰なのかは、伏字のない川端の日記によると、〈西方寺にて僧に犯されたり〉となっている。 2014年(平成26年)に、この強姦事件が事実であったことが、伊藤初代の息子の桜井靖郎により確認されている。 桜井靖郎は姉の珠代から、この母の秘密の事実を聞いていたという。 伊藤初代との体験を元にした作品には、『南方の火』『篝火』『非常』『霰』『彼女の盛装』『新晴』『日向』『咲競ふ花』『生命保険』『弱き器』『火に行く彼女』『鋸と出産』『写真』『青い海黒い海』『丙午の娘讃』『明日の約束』『伊豆の帰り』『合掌』『大黒像と駕籠』『犠牲の花嫁』『父』『五月の幻』『入京日記』『処女作の祟り』『遥か昔』『西国紀行』『母国語の祈祷』『真夏の盛装』『二重の失恋』『空の片仮名』『水仙』『父母への手紙』『』『雨傘』『見知らぬ姉』『父の十年』『浅草に十日ゐた女』『化粧と口笛』『姉の和解』『』『再婚者』『日も月も』『離合』『』『水郷』『途中下車』『時代の祝福』がある。 『文藝時代』の同人は、、、川端康成、、、、、、、、、、、、、南幸夫、酒井真人、、であった。 川端は、も同人に加えたかったが、菅忠雄などが反対ぎみの意向を示している。 『文藝時代』の創刊翌月、『』11月号に載った「文壇諸家価値調査表」(が作った文士採点表)をめぐって憤慨した今東光が 、翌1925年(大正14年)4月に脱退し 、その後『文党』に行った。 横光利一も文士採点表に憤慨し、その掲載を許した菊池寛と『文藝春秋』に対してに投書を送ったが、川端になだめられて一緒に読売新聞社に行き、その速達を返してもらったという一件があった。 前年1925年(大正14年)の秋に文藝日本社から処女作品集『驢馬に乗る妻』が刊行予定だったが、出版社の破産で実現しなかった。 熱海を舞台にした作品には、『椿』『死者の書』『女を殺す女』などがある。 ちなみに、逃げる泥棒を川端が玄関まで追ったが、梶井基次郎は怖くて、秀子夫人から呼ばれても部屋から下りて来られなかったという。 その後、支払わなかった家賃の催促が家主から無かったため、そのままになったが、家賃を遺して退去したのは、この熱海だけであるという。 〈を踏み倒したことはなかつた〉と川端は語っている。 浅草を題材とした「浅草物」には、続編の『浅草祭』や、『踊子旅風俗』『』『「鬼熊」の死と踊子』『白粉とガソリン』『鶏と踊子』『浅草日記』『化粧と口笛』『』『浅草の九官鳥』『妹の着物』『二十歳』『寝顔』『虹』『田舎芝居』『』などがある。 この年にの妻・愛子が死去したため、大宅の家にお手伝いに来ていた出身の少女・嶋守よしえ(小学校5年生)を川端宅で引き取ることとなり、よしえのきちんとした身許になるため夫婦の籍を入れたとされる。 のちに、嶋守よしえの娘・敏恵も、川端家のお手伝いとなる。 伊藤初代は、川端と婚約破棄した後、中林忠蔵と結婚し、1923年(大正12年)に長女・珠江を儲けたが、中林は1927年(昭和2年)6月に肺病で死去。 上京後知り合った桜井五郎と再婚し、1929年(昭和4年)に長男が生れるが夭折し、1931年(昭和6年)11月に次男が生れた。 初代は桜井との間に7人の子供を儲け、内3人が死んで、4人を育てて、1951年(昭和26年)2月に数え年46歳で死去した。 その後、は川端に世話になり、戦後の1959年(昭和34年)に『喪われた祖国』を出版する。 しかし秀子夫人の弟・松林喜八郎が小岩の公庫住宅に当たったという話を聞き、自分宅(借金をしてから借地した土地)の中野区1-605(現・中野区野方4-30-9)の隣りに借りた方がいいと、1958年(昭和33年)9月に誘い、そこに家を建て住んだ松林喜八郎と土地問題でトラブルとなり、訴えて敗訴する。 「日本文学者会」の発起人には、、、、、、、、、、、、、、、中島健藏、、、日比野士郎、、、らがいた。 1945年7月20日の第1回目の受賞者はから戦記作家に転向した、里村は1940年7月に発表した自身のでの従軍記『第二の人生』でにノミネートされながらも受賞を逃している。 その後、里村は再度召集されて、、、を転戦しながら戦記を書き続け、1945年2月にで戦死したため、戦記文学賞受賞理由を「報道戦における殊勲とその壮烈な戦死に対して」として、その「功績」に対して表彰し、遺族に賞金500円と記念品が追贈された。 なおこの第1回だけで終戦により廃止となっている。 ( 1945年7月20日)• ほかに、、清水昆、、、、らも、日替わりで店番をした。 三島は来訪する時、可愛い動物の飾りのあるや高級菓子を手土産に持参し、秀子夫人が受取ろうとすると、直接政子に手渡ししたがったという。 やがてその作戦が尽きると三島は、鎌倉文庫にいた山川朝子にアイデアの相談をしていたとされる。 この写真で川端の背後の床の間に掛かる絵は(中国・明末清初)の『墨竹図』で、川端の美術コレクションの一品である。 川端は同行者を、と書いているが、『日本ペンクラブ三十年史』では、同行者は豊島与志雄、となっている。 実際、1961年(昭和36年)に、川端がを受賞する可能性があったことが、2012年(平成24年)のの情報開示で明らかになった。 ちなみに三島は、2014年(平成26年)の開示情報で、1963年(昭和38年)度のノーベル文学賞の有力候補6人の中に入っていたことが明らかになった。 なお、6人の中には三島の他に、、川端も名を連ね、1964年、1965年度も同4名が候補に入っていた。 1965年については川端と谷崎への同時授賞も検討されていた。 後藤孟は「賀茂丸」で川端と会ったことを以下のように述懐している。 空腹だというので、わたしは親のこしらえてくれた弁当のをすすめたんです。 川端さんはそれをホオばりながら、「ぼくには父も母もいないんだ」としんみり話ました。 そうして、わたしに「が見つからなかったら、相談に来たまえ」といってくれた。 東京に着くと、川端さんが「朝ぶろに行こう」と誘った。 熱すぎたのでジャ口をひねってうめていると、をした若い衆が五、六人はいって来て「ぬるいぞッ」とどなった。 わたしは胸がドキドキしたが、川端さんは顔色ひとつ変えず、平然としていました。 — 後藤孟「談話」(『実録 川端康成』)• ちなみに、三島由紀夫が初めて候補者に名を連ねた1963年度のノーベル文学賞選考資料で、選考委員会がに日本の作家についての評価を求めていたことが分かった。 しかし、谷崎や川端が、もし三島に先を越されたら、日本の一般市民は奇妙に感じるだろう。 三島には、この先にもチャンスがある」と考えたと2015年(平成27年)3月に明らかにした。 鹿沢縫子の実母・T子は長野市出身で、市内のの小料理屋で働いていた20代前半の時に、出身の50代の妻帯者・Oと知り合い、縫子を産んだ。 Oには、妻との間に子がなかったため、縫子をし、妻とも養子縁組させて、同県の自宅へ引き取った。 O宅は裕福であったが、縫子が8歳の時にOが亡くなり、養母がその6年後に盆栽店を経営するMと再婚し、縫子を連れて穂高町に来た。 Mには、すでに2人の男児と1人の女児があり、彼らは縫子の義兄、義姉となった。 縫子は県内のを卒業後、家業を手伝い、植木を車で配達していた。 鹿沢縫子には、穂高町に恋人(中学以来の同級生)がいて、その翌年1973年10月に結婚した。 三島由紀夫は、川端との会話での印象を以下のように綴っている。 「の連中が、にこり、ダンスでうかれてゐる、けしからん」と私が云つたら氏は笑つて、「全くけしからんですね」と云はれた。 それはそんなことをけしからがつてゐるやうぢやだめですよ、と云つてゐるやうに思はれる。 (中略) 僕が「はの残虐を引用してを弾劾してゐるが、暴虐をしたの後裔でなくて何で喜んで天皇を戴くものか」と的な物言ひをしたらびつくりしたやうな困つたやうな迷惑さうな顔をした。 「近頃の本屋にもよくが来てゐますよ」と云はれるから、「でも碌な本はありますまい」と云つたら、「エエッ」とびつくりして顔色を変へられた。 そんなに僕の物言ひが怖ろしいのだらうか。 雨のしげき道をへかへりぬ。 — 三島由紀夫「川端康成印象記」• 川端が1955年、当時新進芸術家であった草間彌生の作品を購入したことについては、草間の自伝には言及されているが、川端自身は草間の作品についての文章を残しておらず、どのような作品を購入したのかは一般には知られていなかった。 2004年、東京国立近代美術館が草間の展覧会を開催するに際して調査した結果、『雑草』(1953年)と『不知火』(1955年)という2つの作品が川端康成記念会に保管されていることがわかった。 川端旧蔵の金銅三鈷杵は奈良国立博物館の所蔵となっている。 (参照: )• 川端旧蔵の汝窯青磁盤は東京国立博物館の所蔵となっている。 (参照:)• この絵は昭和30年6月22日付けで川端康成蔵として重要文化財に指定されたものである。 三八郎の生れ年に関しては、「幾歳幾月調」「明治八年十二月 国民軍取調誕生表」で調査すると、前年の天保11年(1840年)とあるため、こちらの年だという見解もある。 恒太郎の死亡日については、は5月14日としているが、笹川隆平は墓石で確認し、4月14日としている。 「生きているのに」の曲名で収録。 この背景には、太宰治の友人・が『道化の華』を推していて、川端ならきっと理解してくれると話していたため、審査過程で何か要らぬ力が作用したと太宰が考え、「お互ひに下手な嘘はつかないことにしよう」、「ただ私は残念なのだ。 川端康成のさりげなささうに装つて、装ひ切れなかつた嘘が、残念でならないのだ」と言い 、川端や、その背後にいる人たちを批判しているとされる。 477-479)• 2-3)• 7-42)• 65-111)• 18-31)• 73-96)• 「第二部第五章 新人才華」(, pp. 281-295)• 86-96)• 500-517)• 「川端康成氏の生誕地について」(国文学 1971年7月号)。 『川端康成〈その人・その故郷〉』(婦人と暮しの会出版局編、1974年4月)。 , pp. 45ff、, pp. 24ff。 , pp. 141-162に所収• 465-481)• 161-165)• 、, pp. 437-444に所収• , pp. 373-378、, pp. 239-245に所収• 、, pp. 181-232に所収• 、, pp. 181-232に所収• , pp. 141-256に所収。 に第5、6、7、9回分掲載。 , pp. 55-96に抜粋掲載• 「私のふるさと」( 1963年7月15日号)。 , pp. 187-189、, pp. 288-290に所収• 中野好夫「川端康成」(『現代の作家』岩波新書、1955年9月)。 , pp. 549-564に所収• 7-26)• 『ノーベル賞受賞の川端康成氏と川端家』(私家版、1971年4月)。 , pp. 35ff、, pp. 11ff。 川端富枝『川端康成とふるさと 宿久庄』(私家版、1990年4月)• , pp. 113-140に所収• 311-317)• , pp. 473-544に所収。 に「一」から「五」まで掲載。 、田中保隆「故園」(, pp. 189-204)に抜粋掲載• 467-493)• 「川端康成、その故郷」( 新大国語1975年3月号)。 , pp. 21-34に所収• , pp. 65-100、, pp. 7-44、に所収• , pp. 62-84に所収• , p. , pp. 35-61に所収• , pp. 84-99、、, pp. 246-264に所収• 、, pp. 181-232、に所収• 『落花流水』(新潮社、1966年5月)に所収。 , pp. 213-215、, pp. 114-118に所収• 「」( 1932年2月号)。 , pp. 471-500、、, pp. 105-142、, pp. 133-168に所収• 婦人之友 1925年10月号に再掲載)。 , pp. 61-70、, pp. 360-369、に所収• 川嶋至「川端康成伝の問題点」(, pp. 448-467)• , pp. 53-54• 248-255)• , pp. 71-82、に所収• 「父母への手紙(続)」(「父母への手紙」第四信)(若草 1933年9月号)。 、, pp. 181-232に所収• 2-17)• 「春夜友を訪ふ」(大正3年3月3日付)。 『少年』内に掲載• , pp. 13-31に所収• 郡恵一『康成と壮一と』(生活情報センター、1982年4月)p. 、, pp. 181-232、に所収• 「日向」(文藝春秋 1923年11月号)。 , pp. 23-25、, pp. 27-30に所収• 文藝往来 1949年10月号)。 , pp. 11-15、, pp. 11-17に所収• , pp. 75-100に所収• 「大黒像と駕籠」(文藝春秋 1926年9月号)。 , pp. 141-162に所収• , pp. 103-106に所収• 298-312)• 「春を見る近眼鏡」( 1926年4月号)。 , pp. 325-340に所収• , p. 130に所収• 「當用日記」(大正4年3月1日付)。 , pp. 141-142に所収• 「文章雑感」〈のち「文章について」と改題〉(『日本文学講座』岩波書店版 付録「文學」第10号・1932年3月号。 芸術科 1933年7月号に再掲載)。 , pp. 98-103に所収• 「當用日記」(大正5年1月20日付)。 , pp. 286-287に所収。 , p. 55-96• 「當用日記」(大正5年4月11日付)。 , pp. 319-320に所収• 『少年』内の引用記載作品。 27-49)• 「ある恋の話」(文藝時代 1924年10月号)。 , pp. 165ff. , pp. 165ff. 、, pp. 44-45、, pp. 90ff• 宮崎尚子「新資料紹介 川端康成『生徒の肩に柩を載せて 葬式の日、通夜の印象』」(国語国文学研究、2012年)。 , pp. 82-83• 「年譜」(, pp. 195-201)• 「川端康成君の生活」(新潮 1929年11月号)。 羽鳥徹哉編『日本文学研究資料新集27 川端康成・日本の美学』(有精堂、1990年6月)に所収。 , p. 27-30)• , pp. 32-53に所収• 「父の名」(文藝 1943年2月-3月号)。 , pp. 267-280に所収• 「『』について」( 1951年5月号)。 , pp. 137-145、, pp. 411-423に所収• 「『』時代の川端康成」(歴史と人物 1972年7月号)。 「解説」()、, pp. 70-72、, pp. 165ff. 、, pp. 88ff、, pp. 90-95• 「川端松太郎宛ての葉書」(大正7年10月31日付)。 , p. 15に所収• 「川端松太郎宛ての葉書」(大正7年11月2日付)。 , p. 15に所収• , pp. 158-161、, pp. 93-94,100• , pp. 158-159• 52-55)。 に抜粋掲載• 「當用日記」(大正4年3月30日付)。 , pp. 155-156に所収• 500-508)• 「日記」(大正11年5月1日付)。 , pp. 540-542に所収• 池田虎雄(麗進)「康さん」(向陵〈一高同窓会誌〉 1972年11月号)。 「川端康成と心霊学」(国語と国文学 1970年5月号)。 , pp. 294-335に所収• 「日記」(大正12年1月1日付)。 , p. 571に所収• 86-97)。 , pp. 51-52• , pp. 193-210に所収• , pp. 9-26、, pp. 289-309、, pp. 41-59に所収• , pp. 187-192、, pp. 219-225に所収• 、各所• 『エランの窓 伊藤初代の生涯続編』(江刺文化懇話会、1993年2月)。 , pp. 47ff. 85-126)• のち「大学予科生」と改題し、『鼠の王様』(東峰書房、1969年6月)に所収。 「『南方の火』のころ」(楽味 1972年6月-10月号)。 『「南方の火」のころ』(東峰書房、1977年6月)に所収。 , pp. 166ff. , pp. 168ff. 、, pp. 47ff. 菅野謙『川端康成と岩谷堂』(江刺文化懇話会、1972年12月)。 , pp. 168ff. 115-127)• 「川端康成・愛の体験」(国語国文学報 第29号、1976年3月)。 , pp. 163-185に所収• 「南方の火」(第6次 1923年8月・創刊号)。 , pp. 65-76、, pp. 15-26に所収• 47-55)• 長谷川泉「『南方の火』の写真」(向陵 1972年11月号)。 , p. 190• 「篝火」( 1924年3月号)。 , pp. 83-104、, pp. 100-123、に所収• 、, pp. 493-544、, pp. 35-99に所収• , pp. 186-226に所収• 「第一部第七章 恋愛」(, pp. 96-110)• , pp. 48-50、, pp. 163-166、, pp. 196-199に所収• 「非常」(文藝春秋 1924年12月号)。 , pp. 127-152、, pp. 27-58、, pp. 142-170に所収• 「彼女の盛装」( 1926年9月号)。 , pp. 163-196、, pp. 235-274に所収• 「川端さんとの五十年」(新潮臨時増刊 川端康成読本 1972年6月号)。 , pp. 115-116に抜粋掲載• , pp. 54-75に所収• 「暴力団の一夜」(のち「霰」と改題)(太陽 1927年5月号)。 , pp. 471-492、, pp. 197-221に所収• 「日記」(大正12年11月20日付)。 , p. 587に所収• 56-88)• 319-325)• , pp. 227-274に所収• , p. 298• , p. 10に所収• 「創作月評」(時事新報 1922年2月号)。 , pp. 7-13に所収• 「新春創作評 犬養健氏の三作」(新潮 1923年2月号)。 , pp. 14-21に所収• 「日記」(大正13年3月30日付)。 , pp. 587-588に所収• 「犬養健氏」〈のち「犬養健」と改題〉(文藝春秋 1928年11月号)。 , pp. 218-219に所収• , pp. 232-235に所収• , pp. 7-10、に所収• , pp. 218-236に所収• , pp. 207-214に所収。 , pp. 6,70-71• , pp. 410-414に所収• , pp. 173-193に所収• 「宛ての書簡」(大正13年8月15日付)。 , pp. 51-53に所収• 菅忠雄「川端康成宛ての書簡」(大正13年8月22日付)。 , p. 85に所収• 今東光「文藝春秋の無礼」(新潮 1924年12月号)。 , pp. 81-82に抜粋掲載• 今東光「ユダの揚言」(新潮 1925年2月号)。 , p. 83に抜粋掲載• 「第二部第一章 『文藝時代』廃刊」(, pp. 225-239)• 「第十五章 菊池寛『文藝春秋』を創刊」(, pp. 44-84)• 36-47)• 「新感覚派の誕生」(世紀 1924年11月号)。 , p. 50-72)• 「掌篇小説の流行」(文藝春秋 1926年1月号)。 , pp. 230-234に所収• 「あとがき」(『川端康成選集第6巻 父母への手紙』、1938年8月)。 , p. 141• 5-44)• 「第一年」(新潮 1925年12月号)。 , p. 15に所収• 「第一部第十章 『文藝時代』創刊」(, pp. 138-151)•

次の

客「牛乳はどこで売ってますか?」ペッパー君「牛乳売り場です」→ポンコツすぎてクビ

士郎 と は 黙っ とれ 牛乳

名無しさん 3. 2018年01月23日 06:44 ID:ENC1MGSO0 4. そんなんワイでもわかるわ! 無能黙っとれボケ 5. 名無しさん 7. 2018年01月23日 06:46 ID:OUcCZWnA0 8. すごいね 無能なものを買ったやつが悪い 使いこなせないやつが悪い 日本らしい恥の上塗りだと思う 9. 名無しさん 11. 2018年01月23日 06:46 ID:D8. 99qOS0 12. 間違ってない。 正しい。 名無しさん 15. 2018年01月23日 06:48 ID:OYRCSvZF0 16. サンドウィッチマンのネタにありそう 17. 名無しさん 19. 2018年01月23日 06:58 ID:eHKemDLa0 20. 陣内とかな 販売力だけはすごいが、どうしたらええんやろな 21. 名無しさん 23. 2018年01月23日 07:03 ID:jmvral0b0 24. 活かせない使い手が無能な可能性 25. 名無しさん 27. 2018年01月23日 07:08 ID:Nv7c9lLU0 28. ペッパーくんショートコントできるんじゃね 美人が尋ねたらなぜかハキハキ答えて売り場まで案内するんだろ 29. 名無しさん 31. 2018年01月23日 07:10 ID:ZG8U2zww0 32. ペッパー君てお高いオモチャだし仕方ない 33. 名無しさん 35. 2018年01月23日 07:21 ID:j4nuwmK10 36. ペッパー「最寄りのスーパーのマップを表示します」 37. 名無しさん 39. 2018年01月23日 07:39 ID:gZnpQ6Ie0 40. 名無しさん 43. 2018年01月23日 07:40 ID:eAW3Amlc0 44. オッケーGoogle!って話しかけないと反応しないよ 45. 名無しさん 47. 2018年01月23日 07:43 ID:ErIY6ia60 48. 使いこなせないのが悪いって教育に労力が必要なら人間使った方が早いだろうが 何のための機械だよ 49. 名無しさん 51. 2018年01月23日 08:06 ID:V1WbOBdO0 52. AIは優秀だよ 俺が店員なら「牛乳ぐらい自分で探せやバーカ」って言っちゃうね 53. 2018年01月23日 08:09 ID:SoxYq93L0 56. フロアのマップ見せても馬鹿は地図読めないから無意味だ 現在地と目的地を分かりやすく表示しても本当の馬鹿はどの通路選べば良いか分からないから結局連れてくしかない 57. 名無しさん 59. 2018年01月23日 08:20 ID:brY4VnIR0 60. ペッパーが無能ではなくそういう設定にさせた開発が無能だろ 61. 名無しさん 63. 2018年01月23日 08:23 ID:0KtDCSDR0 64. 名無しさん 67. 2018年01月23日 08:44 ID:2TDQ6NO80 68. アスペかよ、ってのは言い得て妙かもな。 AIにとって一番難しいのは、人間の行動原理を理解する事だと思う。 名無しさん 71. 2018年01月23日 08:50 ID:o6gz5ftZ0 72. 客「牛乳売り場はどこにありますか? イライラ」 ペ「この店の中にあります」 73. 名無しさん 75. 2018年01月23日 08:50 ID:evMxs9mz0 76. アスペッパー 77. 名無しさん 79. 2018年01月23日 09:12 ID:WFvNkHlP0 80. 使い方が悪いとしか言いようがないなw 81. 名無しさん 83. 2018年01月23日 09:24 ID:lDy50Mx60 84. 「牛乳はどこに売ってますか?」 「お客さんw踏んでますよwww」 85. 名無しさん 87. 2018年01月23日 09:27 ID:oUSOx39f0 88. アスペはペッパーだった・・・? 89. 名無しさん 91. 2018年01月23日 09:34 ID:aElScNq20 92. 塩対応は草 93. 名無しさん 95. 2018年01月23日 09:36 ID:6yhecrPK0 96. 乳製品売り場がどこにあるかと聞かれて乳製品売り場ですって答えるならあれだけど牛乳が乳製品売り場にあるって答えるのは普通だろよ。 ナマの店員だって こっちがその店初めてで牛乳の在り処聞いてもペッパーと同じ答え方して置いてけぼりにするの多いぞ。 初めてじゃなくても大幅な棚替えでやらかすこともある。 名無しさん 99. 2018年01月23日 09:49 ID:fkP. Jv080 100. いちいち案内されんとわからん人間の方が無能だと後に語るペッパー君であった 101. 102. 名無しさん 103. 2018年01月23日 10:41 ID:z. 3hLxHL0 104. 日本の技術力のなさを嘆けや! 105. 106. 名無しさん 107. 2018年01月23日 11:02 ID:KJoAFfd70 108. あんなとこに置き去りされているよりも 我が家の方が 美味しく電気を食べれるぞ、と。 109. 110. 名無しさん 111. 2018年01月23日 11:08 ID:Q002haRo0 11.

次の