ウィルス 性 胃腸 炎。 ウィルス性胃腸炎って感染する?予防法は?感染性胃腸炎との違いは?

ウイルス性胃腸炎で食事はいつから?良い食べ物は?治るまでの記録

ウィルス 性 胃腸 炎

ウィルス性胃腸炎って感染する? ウィルス性胃腸炎とはウィルスが感染することによって腹痛、下痢、吐き気や嘔吐の症状が突然出るものです。 この胃腸炎はいわゆる「お腹にくる風邪」の一種とされていますが、普通の風邪の症状はほとんどありません。 ウィルス性胃腸炎でここ最近多いのはノロウイルスですが、他にもロタウィルスや、アデノウィルスもあります。 乳幼児がかかりやすいのはロタウィルス、一方大人はノロウイルスに感染しやすいと言われています。 これらのウィルスは患者の嘔吐物や排泄物から感染します。 微量でも手等から口へと侵入していまったらあっという間に発症してしまうのです。 トイレのあとや食事前の手洗いが不十分だったりすると感染するということですね。 抵抗力の弱い子供やお年寄りの感染が目立つのは保育園や幼稚園、老人ホームでの集団感染があるからです。 自分では予防するのが難しい子供の場合は幼稚園等で感染し、老人ホームなども狭い空間で大勢過で過ごしているので、一人が感染したらあっという間に広まってしまいますよね。 そして家に帰り家族までも感染してしまいます。 基本的には空気感染はしないと言われていますが、患者が出した嘔吐物や排泄物がついたタオルや衣類を放置してた場合には、そこから浮遊する場合があります。 そして食事中に患者の咳や唾液等が家族の食事に付着してしまう可能性もあります。 付着した食事から感染してしまうので、できれば食事は別室のほうが安心ですね。 ウィルス性胃腸炎の予防法 ウィルス性胃腸炎の予防法は何といっても手洗いにうがいなのです。 学校などの集団の中ではそれくらいしかできませんが、家族が感染してしまった場合はもっと気をつけなければなりませんよね。 ウィルスは感染力が非常に強いので、ごくわずかな量でもあっという間に感染してしまうのです。 患者が発症している間はできれば別室で過ごすのがいいでしょう。 ノロウィルスの場合は症状がおさまっても2週間は感染の危険がありますので注意しましょう。 ウィルス性胃腸炎になった家族の看病 患者のお世話は手袋とマスクを着用しましょう。 もちろんタオルは共有しないこと。 タオルはペーパータオルなどの使い捨てを使用した方がいいですね。 すぐに隔離して捨てれるからです。 汚れものはすぐに二重にしたビニール袋の中に入れてしっかり縛り隔離しましょう。 スポンサードリンク 衣類などに嘔吐物がつていしまった場合、本来は捨てるべきですが、どうしてもという場合は100倍に薄めた塩素系漂白剤に10分ほどつけ置きして洗って下さい。 色落ちが心配な場合は、85度以上の熱湯に2分ほど浸してもいいですよ。 その後普通に洗濯すれば大丈夫です。 もちろん他の洗濯物とまぜたりせず洗濯する時も別で洗います。 私の場合、嘔吐物がついてしまったタオルは処分していました。 体調が良くなったからといって油断は禁物です。 特にお風呂は気をつけて下さいね。 患者が入るなら家族の最後にしてもらいましょう。 ノロウィルスの場合は治ってから2週間は同じように気を付けましょう。 ちなみに素人判断での下痢止め、吐き気止めの薬は服用させないほうがいいですよ。 薬を使うと体内に病原体がとどまってしまいます。 体に残っているウィルスや細菌を外に出さないことには症状はよくなりませんからね。 ウィルス性胃腸炎と感染性胃腸炎の違いとは ウィルス性胃腸炎は感染性胃腸炎のひとつです。 感染性胃腸炎とされるものの中にウィルス性胃腸炎があり、他には細菌性胃腸炎があります。 どちらも何かの病原体が原因で引き起こされるものです。 いずれの胃腸炎も、腹痛、吐き気、頭痛を伴うものです。 とにかく安静にして脱水症状にならないようにしっかり水分をとって過ごしましょう。 ウィルス性胃腸炎とは ウィルス性胃腸炎は主に冬場に流行するのですが、発生源とされるのは牡蠣やホタテなどの二枚貝だと言われています。 症状はそれほど重くはないのですが、乳幼児や高齢者、持病を抱えてる人は気をつけなければなりません。 細菌性胃腸炎とは 細菌性胃腸炎はいわゆる食中毒のようなもので、サルモネラ菌、陽炎ビブリオ菌、大腸菌などなどが病原体です。 夏場に流行るのは細菌性のものがほとんどです。 ウィルス性と違って人から人への感染の心配はありません。 周りも胃腸炎になったとしたら同じ菌が入った物を食べたからとなりますね。 ウィルス性胃腸炎についてのまとめ ウィルス性胃腸炎は経口感染といわれていますので、家族全員が手洗いとうがいをしっかりすることが予防になります。 ひとりでもサボると感染の危険性はあがりますので覚えておきましょう。 ノロウイルスの集団感染はよく耳にしますよね。 病院での院内感染や、台風や震災で避難所生活した場合はあっという間に広まってしまいます。 抵抗力が弱まっている状態なので余計なのですよね。 3日もすれば良くなりますが、ちょっと良くなったと思ってもウィルスは完全に消えていないので、しばらくは周りも注意が必要です。

次の

ウイルス性胃腸炎はうつるの?【潜伏期間と感染経路や症状】

ウィルス 性 胃腸 炎

感染性胃腸炎とは? 英語でストマックフルー(Stomach flu 胃腸の風邪)と言いますが、これは ウィルスや細菌に感染しておきる胃腸炎です。 ウィルス(ロタウィルスやノロウイルスなど)に感染すれば、相手はウィルスなので、薬はありません。 寝てるしかないです。 この点は風邪やインフルエンザと同じです。 細菌に感染した場合は抗生物質で治ります。 いつまでたっても熱が下がらないなら細菌に感染している怖れがあるので、医者に行ったほうがいいでしょう。 日本では、ふつうの風邪でもやたらとみんな医者にいきますが、あまり意味がないと思います。 カナダの医者は「ウィルスに感染してるだけだから、薬局で 症状を抑える薬を買って飲み、家で寝てなさい」と言うだけです。 実際自分の免疫で治すしかないのでそのとおりです。 ただし、ウィルスが原因の胃腸炎でも、乳幼児は症状がひどくなりうるので、病院につれていったほうがいいです。 高齢の人も症状が悪化するリスクが高いです。 感染性胃腸炎の症状 ・腹痛 胃腸炎なのでおなかが痛くなります ・吐き気、気持ちが悪くなる ・嘔吐 今回娘は4回ほど吐き、最後は黄色い胃液が出たとのこと(黄色は胆汁の色。 胆汁は消化液の1つです)。 ・発熱 ・水っぽい下痢 ・胃のあたりが痙攣(けいれん)する ・疲労感(全身ぐったり) ・筋肉痛 ・背中が痛い 娘は強烈に背中が痛いそうで、涙目になっていました。 「胃腸炎で背中が痛くなることってあるのかしら」と思って調べたら胃腸炎のとき背中が痛くなるのはよくあるようです。 内臓の機能が全体的に衰えて、血行が悪くなり筋肉が固くなって痛みが出ます。 また胃腸にガスがたまりすぎても、背中が痛くなるし、関連痛の可能性もあります。 関連痛とは、ある部分の痛みを脳が別の部分の痛みだと誤って認識する痛みです。 以上のような症状が全部でるか、複数出ます。 というより、そんな食欲もないでしょう。 24時間ぐらいは絶食が望ましい、ただし水分はとる 感染性胃腸炎にかかると、胃腸の中で免疫細胞が必死になって、異物(娘の場合はウィルス)の増殖をおさえ、外に出そうとしています。 だから、嘔吐や下痢をするわけです。 免疫がウィルスと戦っているあいだは、邪魔をせずそっとしておいたほうがいいです。 つまり余計な物は食べないほうがいいのです。 食べたところで、免疫ががんばっている以上、外に放出されます。 ただし、嘔吐と下痢、発汗で体内の水が失われるので、水分は取ります。 こんな水分がベスト 胃腸炎にかかっているとき取るべき水分は、 ・水、湯冷まし ふつうの水でいいです。 ただし冷たい水はおなかに負担がかかるので常温で。 ・薄い澄んだスープ 英語でbrothといいますが、要するにだし汁に塩でちょっと味をつけたものです。 日本ならすまし汁(具なし)、うすい味噌汁(具なし)がいいと思います。 いずれも塩分は控えめに。 発症後20時間後あたりに、娘にチキンのブロスを与えてみましたが、これでも下痢をしました。 野菜のブロスならよかったかもしれません。 だし汁でも下痢をする場合は、水だけに戻したほうがいいです。 何か食べたいと思うかもしれませんが、食べても下痢して苦しいだけです。 さて、最初は水とだし汁を飲んでおき、少しよくなったら以下のような飲み物を導入してもよいです。 ・ハーブティー 胃腸のトラブルをやわらげてくれるのはジンジャー(生姜)とミントです。 そのまま飲むのがいいと思いますが、甘みをつけるならハチミツをほんの少し入れるぐらい。 身体から体液が失われると電解質も失われます。 電解質とはその名のとおり、電流が流れる性質をもつものです。 通常ナトリウムなどの塩分をさすことが多いですが、カリウムなどもあります。 電解質がないと、体液の濃度をうまく保つことができないし、神経や筋肉もふつうに動かなくなります。 そこではげしい下痢をしたときは、電解質を補給するのも悪くないです。 とはいえ少しぐらいの下痢や嘔吐であれば、そんなに危機的な状況にはならないと思います。 電解質の補給には、日本ならばオーエスワンのような経口補水液がよいです。 スポーツドリンクは電解質の濃度が低いわりに、糖度が高いので、病気のときはふさわしくありません。 娘の場合、そこまでひどくないと思ったので、電解質の補充は考えませんでした。 かわりに天然のアルカリイオン水を買ってみました。 アルカリイオン水は下痢を改善すると言われております。 本当かどうかわかりませんが気休めに購入。 まあ、天然なのでそんなにアルカリ度は高くありません。 人工的なアルカリイオン水は害のほうが多いという説もあるので、注意してください。 いずれの飲み物も少しずつすすって飲みます。 がぶ飲みしてはいけません。 摂るべきではない水分 水分を補給するべきですが、こんな水分はかえって症状をひどくします。 ・ カフェインの入っているもの(コーヒーや濃いお茶、ココア) カフェインが入っていると、ぐっすり眠れません。 胃腸炎で苦しい思いをしているときコーヒーやココアを飲みたくなったりはしないと思いますが。 カフェインで下痢になる人もいますね。 すでに胃腸炎で下痢になっているのですから、これ以上下痢を加速させるのはまずいです。 ・ アルコール 病気のときにお酒を飲む人はいないと思いますがアルコールも利尿作用があるため、水分を失ってしまうのでよくありません。 ふつうの水がベストです。 下痢と嘔吐がおさまってきたら消化のよい物を 日本人ならやっぱりおかゆ。 吐き気や下痢がおさまったら、消化のよい物を食べます。 しかし、食欲がなかったら無理に食べなくてもいいです。 胃腸炎のときは、胃腸はできるだけ休ませたほうがいいですから。 北米ではよく、BRATダイエットがよい、と言われます。 いずれも消化のよいものです。 特にバナナはカリウムが豊富だし、りんごには整腸作用のあるペクチンがあります。 お米やトーストは炭水化物(エネルギー源)の補給です。 玄米や胚芽パンは消化が悪いので、白米に白いパンです。 この4つの食品の共通点は、自然な甘みがあることと(パンは砂糖が入ってるけど)柔らかいことです。 そういえば、大昔、ある英会話の先生(アメリカ人)が、「おなかを壊したときはトーストがいいね」と言ったので、「え、そうなの?」とびっくりしました。 日本人ならおかゆですよね。 あるいはにゅうめんとか。 BRATは見てもわかるように、タンパク質はあまりないので、最近は「BRATはよくないよ」という専門家も多いです。 スクランブルエッグなどを食べたほうがいい、という人もいます。 日本なら具なしであまり塩辛くない茶碗蒸しでしょうか。 1日2日ぐらいはBRATでもいいような気がします。 ただ、パンよりお米のほうがいいでしょう。 よけいな物が入っていないので。 梅干しをちょっぴりのせたおかゆがいいですね。 お腹が痛いとき食べないほうがいい物 胃腸炎の最中や回復期に食べないほうがいい物は消化の悪いものです。 具体的には以下のもの。 ・ 乳製品 乳製品は賛否両論ありますが、消化の悪い食べ物と言えます。 乳糖を消化する酵素を充分持っていない人が多いからです。 人間は牛じゃないですからね。 特に日本人は、牛乳でおなかがごろごろする人がたくさんいます。 一般にプロバイオティクス(乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌)入りのヨーグルトは胃腸炎の回復期に食べるとよい、と言われています。 プロバイオティクスが、腸内フローラ(腸内細菌叢 ちょうないさいきんそう。 腸の中の細菌の生態系)のバランスをよくしてくれるから、というのがその理由です。 しかしヨーグルトを全否定する専門家もいます。 ヨーグルトの中の乳酸菌は人間の腸にとっては異物だから、胃酸にすぐに殺されるという主張があるし、そもそもヨーグルトは脂肪分やタンパク質が多いので、柔らかくて液体に近い形状ですが、消化はよくありません。 甘いヨーグルトを食べてしまったら、よけいな糖分をとってしまいます。 私の夫はプロバイオティクス入りのヨーグルトを好んで食べていますが(しかも甘いやつ)、明らかに私より胃腸の調子が悪そうです。 私はふつうにお通じがあるのに、夫は異様にトイレが長い。 それに数年前、自分はリーキーガット症候群だと思うといって、よくインターネットで調べていました。 リーキーガット症候群とは、腸壁の粘膜にある穴や傷から、まだしっかり消化していない物質や、有害な菌が腸に侵入してしまい、腸の機能が衰えたり、細菌や毒が血液に入りこんで、体のあちこちにまわり、そこかしこで不調が出る病気です。 夫がリーキーガットかどうかはともかく、胃腸のトラブルをかかえているのは確かです。 個人的にプロバイオティクス配合のヨーグルト食べるのが、かえってよくないような気がします(こんな主張をしても、夫には全く相手にされませんが)。 ・ 塩辛いもの 塩辛いものはいつ食べても健康によくありません。 ・ カフェイン 回復期でもカフェインは控えるべきです。 ・ 砂糖や甘いおやつ 砂糖は血糖値のアップダウンを起こすため、身体が弱っているときは摂らない方がいいです。 ・ 脂肪分の多い食べ物 脂肪は消化の始まりが遅く吸収に時間がかかります。 よく言えば腹持ちがよく、悪く言えば、とても消化が悪い物質です。 ・ 加工食品(加工度の高いもの) 食品添加物などよけいなものが入りすぎているので、内臓に負担がかかります。 するとやっぱりバナナでしょうか。 豆腐もよさそうですが、娘は豆腐は食べたくないというし、アップルソースもいやだというし、とりあえずブロスを与えています。 娘の看病をしていたので、私の体内にもしっかりウィルスが入り込んでいるはずです。 たぶんロタウィルスだと思うので、発症するなら、明日か明後日でしょう(しかし今のところ全く元気なのでご心配には及びません)。 ロタウィルスは潜伏期間が短いのです。 娘は丈夫なほうですが、試験勉強、アルバイト、夜遊び、ジム(夜遅くに行く)のせいで、慢性睡眠不足。 そのため免疫が落ちて症状がひどいのでしょう。 あと、本人によるとストレスもあったそうです。 ウィルスによる感染症は、身体が「休ませてください」というサインを出しているのかもしれませんね。 みなさんも、年末年始、忙しかったり生活が乱れると思いますが、睡眠はしっかりとってください。 【追記】 読者のちょんこさんから、感染性胃腸炎の予防法を教えてもらいました。 ちょんこさんのお宅では、毎冬のように家族で胃腸炎にかかっていたが、育児サークルで看護師長から、「胃腸炎が流行する時期は料理のさい、塩の代わりに梅酢を使いなさい」とアドバイスされたそうです。 そのとおりに実践したら、パタリと胃腸炎にかからなくなったそうです。 今年は梅酢を切らしていたので、末のお子さんが2週間前に流行の胃腸炎にかかったものの、家族中で梅干しを毎食、食べるようにしたら誰にもうつらなかったとのこと。 梅酢のお湯割り(ハチミツを少々いれる)もよいそうです。 ぜひお試しください。

次の

ウイルス性胃腸炎の症状が出る期間とは?この日数に要注意!

ウィルス 性 胃腸 炎

冬の集団感染の代名詞といえばインフルエンザ・ノロウイルス…。 もしノロウイルスにかかってしまったら、激しい下痢やおう吐に苦しむため、 とても仕事ができる状態ではありませんね。 周りの人にうつさないためにも、基本的には会社を休む必要があります。 ノロウイルス・アデノウイルス・ロタウイルスなどが原因の 『感染性胃腸炎』については、 実際のところ「出勤停止期間」などは 法的に特に定められていません。 しかし、もし体が元気で 「仕事はできるから会社にいく!」 と自分では思っているのに、会社から 「周りにうつすから出勤しないで自宅療養してください」 と言われた場合の お給料や休み方はどうなるのでしょうか? また、復帰の目安期間はどれくらいでしょう。 ・ 「ウイルス性胃腸炎」 流行性嘔吐下痢症 ・「細菌性胃腸炎」 ・「寄生虫」 と 3種類に分けられ、いずれも胃や小腸、腸などに感染し、• 激しい下痢• 発熱 などの炎症を起こします。 ウイルス性胃腸炎はノロウイルスが代表的 そして、冬の時期はノロウイルスなどの 「ウイルス性胃腸炎」 によるものが圧倒的に多くなります。 感染性胃腸炎・急性胃腸炎・食中毒の違いは? 「感染性 胃腸炎」は、しばしば聞かれる 「急性胃腸炎」・ 「食中毒」 とはどのような違いがあるのでしょうか。 これは、 症状・病原体によって区別されるわけではなく、医学的にみて総合的にどのように診断されるのかで決まります。 ・ ・労働安全衛生法第68条 という2つの法律があります。 しかし、このどちらも、 ノロウイルスなどの『感染性胃腸炎』については、就業禁止の対象になっていません。 つまりノロウイルスに感染しても 出勤NGとなるような法律はもともと無いということです。 この場合、会社の 『就業規則』 に以下のような記載があれば、会社側は感染した従業員に自宅療養を命じる事ができます。 1 感染症患者および疑似患者 2 その他感染のおそれのある者 自分の会社の就業規則をあまりじっくり見ることは無いかもしれませんが、 これを機に一度確認してみてくださいね。 手元にない場合は総務課・人事課などで管理しているはずです。 [出勤しないで]と会社から言われた時の給料は 会社は「就業規則」に沿って、従業員側に自宅療養を命じることができますが、 会社側から、つまり 『会社都合』で 「出勤しないで自宅療養してください」 と言われた場合、 雇用されているあなた(従業員側)は少なくとも 『休業手当』 として 平均賃金 日給相当額 の60%を会社に請求することができます。 どうして会社側は休業手当を払わなくてはいけないの? 事業主が『会社都合』で働いている人を強制的に休ませる場合、 法令 労働基準法第26条 の定めを超えた「会社の自主的な判断」に過ぎないとみなされます。 会社から[有給扱いで申請して]と言われたら? 普通の風邪などで会社を休む場合、 有給 年次有給休暇 日数が残っている人は 『有給扱い』 で申請することが多いと思います。 ではノロウイルスなどで休むときに、会社から 「有給扱いで申請して」 と言われたらどうすればよいのでしょうか。 結論から言うと、 これには応じる必要はありません。 なぜなら、本来、有給という権利は、 「労働者本人に決定権があり、会社側から利用を命じる権利はない」 ものだからです。 とはいえ、「休業手当」が支給されると言っても、金額は平均賃金の60%。 もらう金額を考えると、有給として申請したほうが得の場合もあるので、 有給の取得予定や残り日数を確認してみてくださいね。 休業手当が申請できるときのおさらい 休業手当を申請できる状況はあくまで、 まとめ ノロウイルスの感染力は非常に強く、集団感染を起こしやすい病原体ですが、 出勤停止の決まりなどは法的に定められていないため、 個人個人がしっかり感染を防ぐという意識を持つことが大切です。 仕事を休めないからと無理をせず、嘔吐や下痢などの症状があるうちは、 自主的に出勤を控え、しっかり身体を休めましょう。 感染症胃腸炎にかかっても、充分働ける状態の体とであるにもかかわらず、 会社側が『出勤停止』を命じてきた場合は、 「休業手当」の支払いを会社に請求する事が出来ます。 就業規則などを今一度確認して、しっかり万一に備えておきましょう。 日頃から[]をし、感染症にかかりにくい強い体作りをしていくことも大切です。

次の