卵巣 嚢腫 症状 おり もの。 卵巣嚢腫について

卵巣嚢腫の症状

卵巣 嚢腫 症状 おり もの

卵巣嚢腫には良性と境界悪性・悪性の3つの種類がある! 卵巣が腫れる原因の一つに、卵巣嚢 のう 腫があります。 嚢腫と言うと癌のような怖い病気に感じますが、 一概にそうとは言えません。 ここでは定期的にホルモンの分泌や排卵が起こり、女性の体に一定のリズムを作っている大事な役割があります。 この 卵巣に腫れが生じた状態を「卵巣嚢腫」と言い、多くの場合片側のみに発生します。 他の臓器の「嚢腫」と比べて非常にたくさんの種類があり、 良性・境界悪性・悪性と3つの群に分けられます。 この卵巣嚢腫は、更年期以降の女性だけではなく、 若い女性にも多いのが特徴です。 10代から年配者まで注意が必要なんですね。 卵巣嚢腫の種類と名称 卵巣の嚢腫は、 良性・悪性・境界悪性の3つに分類され、 9割以上が良性です。 実は「卵巣嚢腫」という名称は、卵巣の嚢腫の中でも、 良性のものを言います。 また、その良性の卵巣嚢腫も様々な種類の腫瘍に分けられます。 それぞれの種類と名称をまとめます。 【良性の場合・・・ 良性卵巣嚢腫(りょうせいらんそうのうしゅ) 】 代表的な種類• 漿液性嚢胞腺腫 しょうえきせいのうほうせんしゅ• 粘液性嚢胞腺腫(ねんせきせいのうほうせんしゅ)• 成熟嚢胞性奇形腫 せいじゅくのうほうせいきけいしゅ• チョコレート嚢腫 【境界性の場合・・・ 境界悪性腫瘍(きょうかいあくせいのうしゅ)】 【悪性の場合・・・ 卵巣ガン】 このように、卵巣の嚢腫と言っても多くの種類があり、名称も違うんですね。 それでは、種類ごとに詳しくご説明していきます! 良性卵巣嚢腫の種類と治療法 卵巣の嚢腫でも、 「良性」に分類されると「卵巣嚢腫」 と呼ばれており、 嚢腫の 9割以上 がこれに当てはまります。 嚢胞内に黄色い透明な液体が溜まる腫瘍で、球形の手のこぶし大ほどの大きさで、 縮小をしません。 治療 嚢胞を縮小させる治療を行った後に、 嚢胞を全摘出します。 10cm以下の場合は腹腔鏡下手術で行い、それ以上の場合は開腹手術になります。 成熟嚢胞性奇形腫 せいじゅくのうほうせいきけいしゅ これは、 「皮様嚢腫(ひようのうしゅ)」とも呼ばれ、生殖細胞が卵胞内の中で細胞分裂を始め、中途半端に成長することでできるものです。 嚢胞内に 皮脂、毛髪、歯、軟骨などが作られる為、卵巣が大きくなってしまいます。 この病で怖いのは、35歳以上の女性が発症した場合、1%の確率で 悪性転化し癌細胞になると言われています。 治療 主に、 腹腔鏡下手術で嚢胞を取り除く方法が取り入れられています。 また、妊娠の高く残ることで知られている、 腹腔鏡下嚢胞摘出術があります。 こちらも腹腔鏡下手術と同じような手法です。 境界悪性嚢腫の症状と治療法 卵巣の嚢腫が、良性 卵巣嚢腫 と悪性 卵巣ガン の中間の性質を持っていることを、 境界悪性嚢腫と呼びます。 基本的に摘出をすれば生命にかかわることはないのですが、 再発する可能性があります。 良性卵巣嚢腫と同じように、 漿液性 しょうえきせい と 粘液性(ねんせきせい)等の種類があります。 治療 摘出をすることで、命にかかわることがまずありません。 しかし、稀に再発をするので、 経過観察が重要になってきます。 摘出は、 卵巣の全摘出か一部のみの摘出のどちらかになります。 これは、妊娠や出産を希望している女性に、できるだけ妊娠の可能性を残せるようにする為です。 悪性嚢腫 卵巣がん の症状と治療 卵巣の嚢腫が 悪性の場合、「卵巣ガン」と呼ばれます。 初期の場合、完治率もあがりますが、進行したものは再発率も高く治療が困難です。 進行が早く、早期治療法がないのも特徴で、発見が遅れることが多いです。 卵巣ガンは、 良性の卵巣嚢腫が悪性化してできる場合もあるので、卵巣の腫れや影がみえた場合は精密検査を受けます。 治療法 子宮の摘出や、大網 だいもうと呼ばれ、胃と大腸の間にある膜 の切除、腹膜播種病変の切除の手術を行います。 また、この手術では、リンパ腺を摘出し、転移の有無を調べます。 手術後約1〜2週後から 抗がん薬を用いた化学療法を行います。 まとめ このように、卵巣の嚢腫は一言で説明できないことが分かりますね。 女性にとって大切な臓器の一つです。 少しでも症状があれば、また症状がなくても 定期的に検診を受けるようにしましょう。 良性・境界悪性・悪性の名称 卵巣の嚢腫は、 良性・境界悪性・悪性の3つに分類されます。 良性が、 「卵巣嚢腫」 境界悪性が、 「境界悪性嚢腫」 悪性が、 「卵巣ガン」 と呼ばれます。 卵巣嚢腫と卵巣ガンの違い.

次の

卵巣嚢胞:症状、治療、その他のよくある疑い

卵巣 嚢腫 症状 おり もの

「卵巣嚢胞(卵巣嚢腫)の症状にはどんなものがあるの?」 「治療は必要なの?」 卵巣嚢胞 らんそうのうほう (あるいは卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ))とは、女性の左右に1つずつある卵巣にできた嚢胞のことで、 人間ドックや婦人科検診などで偶然発見されることがあります。 卵巣嚢胞の多くは良性である場合が多いです。 良性の場合、機能性卵巣嚢胞と言われる排卵が原因でできる嚢胞であることが多いのですが、サイズが大きかったりするとフォロー(経過観察)されたり、婦人科に紹介されることもあります。 そんな 卵巣嚢胞について• 卵巣嚢胞の症状• 卵巣嚢胞は治療が必要?• 経過観察の期間は?• 卵巣嚢胞の診断方法について• 卵巣嚢胞の種類 といったことについて図(イラスト)や実際のMRI画像やCT画像を用いてわかりやすくまとめました。 黄体は妊娠が成立しない場合は、やがて消失して行きます。 この過程の中で、• 卵胞が嚢胞化したものを 卵胞嚢胞• 黄体に液体や血液が溜まり嚢胞化したものを 黄体嚢胞 と言い、 これらを合わせたものを機能性嚢胞と言います。 これらの嚢胞は経過観察で消失するものがほとんどです。 卵胞嚢胞 このうち卵胞嚢胞は、おおよそ 3cmくらいまでの大きさですが、ときに8cmくらいまで大きくなることもあります。 壁の薄い嚢胞として、エコーやMRIなどの画像検査で同定されます。 若い女性に多く見られれますが、閉経前後や小児期に認めることもあります。 症例 30歳代女性 右卵巣嚢腫の精査 MRIのT2強調像の横断像です。 子宮の右〜右上には8cm大の境界明瞭な単房性嚢胞がを、子宮の左側には正常卵巣と連続する26mm大の境界明瞭な単房性嚢胞を認めています。 とくに右側はサイズが目立ちますが、機能性卵巣嚢胞(中でも卵胞嚢胞)として2ヶ月後フォローされましたが、その際には、腫大は消失していました。 これらから、 両側の機能性卵巣嚢胞(中でも卵胞嚢胞)と診断されました。 黄体嚢胞 卵胞嚢胞と比較して、 壁が厚いのが特徴で、内部に液体や血液を伴います。 血液を伴うことがあるのは、黄体に新生血管が豊富であるためです。 破裂により、腹痛や血性の腹水を生じることがあります。 この黄体嚢胞の破綻が、卵巣出血の原因として最も多いのです。 症例 40歳代女性 スクリーニング MRIのT2強調像の横断像です。 子宮の左側に先ほどよりも壁の厚い嚢胞性病変を認めており、 黄体嚢胞を疑う所見です。 卵巣嚢胞の症状は? 卵胞嚢胞と黄体嚢胞に分けて見ていきましょう。 卵胞嚢胞の場合 卵胞嚢胞は 通常症状はありませんが、サイズが大きい場合は 腹部の膨満感として現れることもあります。 黄体嚢胞の場合 一方黄体嚢胞は上で述べたように、内部に出血を起こすことがあり、それが破裂すると 下腹部痛として現れます。 この場合腹腔内に出血を起こしますので、 血圧が下がったりショック状態になり輸血が必要になることもあります。 黄体嚢胞が出血を起こし、それが破裂する原因としては、 性行、外傷があります。 症例 30歳代女性 腹痛。 左腹痛。 骨盤内左側に弛緩した(虚脱した)壁の厚い嚢胞あり。 黄体嚢胞を疑う所見です。 また腹腔内には血性腹水を疑う所見(CTで高吸収、T1強調像で高信号)を認めており、 黄体嚢胞の破裂(卵巣出血)と診断されました。 保存的に加療されました。 卵巣嚢胞が見つかった場合治療は必要?経過観察の方法は? まず覚えておくべきは、卵巣嚢胞の多くを占める 機能性卵巣嚢胞はあくまで 閉経前にできるものであるということです。 ですので、閉経後に卵巣に嚢胞が見つかった場合とは分けて考える必要があり、閉経後の場合は悪性の可能性も上がります。 また一概に卵巣嚢胞と言っても悪性の可能性が高いものも含まれます。 その場合は短い期間でフォローされたり、悪性の可能性が高いものは婦人科で詳しく調べて、場合によっては手術や他の治療が行われます。 ここでは• 良性の形態を呈する卵巣嚢胞• おそらく良性であろう卵巣嚢胞 の2種類に分けて、フォロー期間についてSRU American College of Radiology 5 に基づいて記載します。 良性の形態を呈する卵巣嚢胞の場合 まず、良性の形態を呈する卵巣嚢胞とは• 円形あるいは楕円形• 内部が均一で1つの嚢胞• 辺縁が整である、あるいは認識できないほど薄い壁を持つ• 充実部位や壁在結節を持たない• 最大10cm未満• 閉経前の場合は嚢胞内に液面形成を認めても良い これらを満たすものです。 これらを満たす場合、閉経前と閉経後に分けてフォロー期間を見てみましょう。 閉経前• 閉経後5年以下の場合• 閉経後5年以上の場合• おそらく良性であろう卵巣嚢胞の場合 おそらく良性であろう卵巣嚢胞とは、良性の形態を持っているものの• 輪郭に角張ったところがある。 円形あるいは楕円形とは言えない。 嚢胞の一部がアーチファクトなどで良好に見えない。 場合が該当します。 これらを満たす場合、閉経前と閉経後に分けてフォロー期間を見てみましょう。 閉経前• 閉経後5年以下の場合• 閉経後5年以上の場合• 卵巣嚢胞の診断方法は? 卵巣嚢胞は一般的に• 腹部超音波検査(エコー) で見つかることが多いですが、• 腹部CT• 骨盤MRI で見つかることもあります。 ここまで卵巣嚢胞の症状や診断・経過観察の期間などについて説明してきましたが、卵巣嚢胞の種類についても説明しますね。 機能性嚢胞以外の卵巣嚢胞の種類は?消えることもある? 多くは月経に基づく機能性の嚢胞でありますが、そうでない嚢胞性病変の場合もあります。 それらをまとめると以下のようになります。 機能性卵巣嚢胞 卵胞嚢胞、黄体嚢胞• 子宮内膜症性嚢胞(卵巣チョコレート嚢胞)• 封入嚢胞• 漿液性嚢胞• 粘液性嚢胞• 傍卵巣嚢胞 では、それぞれについて説明しますね。 機能性卵巣嚢胞 上での述べたように、機能性卵巣嚢胞とは 排卵に伴う貯留嚢胞のことであり、閉経後は認めません。 卵胞嚢胞• 黄体嚢胞 機能性卵巣嚢胞には、これら2つの種類があります。 これらは排卵に伴う嚢胞であり、 通常数週間から数ヶ月で消えたり、小さくなることが一般です。 1 2 一方で、機能性卵巣嚢胞以外の、卵巣嚢腫は通常消えたり小さくなることはありませんので、経過観察をすることで診断できることがあります。 それぞれ詳しく見ていきましょう。 卵胞嚢胞 月経周期の始めに、10個前後の原子卵胞が発育を始めます。 そのうち、1個のみが成熟して排卵され、他の卵胞は退縮して閉鎖卵胞となります。 閉鎖卵胞は、通常3cm以下ですが、下垂体から分泌される性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)によって8〜9cmの大きさになることがあります。 これが 卵胞嚢胞です。 黄体嚢胞 また黄体嚢胞は排卵後に破裂した卵胞壁が修復したところに、液体が溜まったもののことです。 こちらは嚢胞内にしばしば出血を起こします。 場合によっては破裂を起こし、腹痛の原因になります。 1 2 子宮内膜症性嚢胞(卵巣チョコレート嚢胞) 卵巣の子宮内膜症でも、嚢胞が作られ、その中に古い出血が溜まって腫大したものです。 漿液性嚢胞• 粘液性嚢胞 があります。 封入嚢胞とは、排卵の繰り返しの中で、卵巣の表面が陥入することでできた嚢胞です。 その嚢胞の中にサラサラの水のようなものが分泌されて溜まったものを漿液嚢胞といいます。 嚢胞の中に、ネバネバの粘液が溜まったものを粘液嚢胞といいます。 どちらも無症状であることがほとんどで、治療の必要はありませんが、 消失することはありません。 そのため、 茎捻転などに注意が必要です。 また、良性・悪性腫瘍の原因になることも考えられますので、経過観察が必要になります。 超音波検査で他の卵巣嚢胞との鑑別が困難なため、開腹手術となった場合に発見されることが多くなっています。 4 参考文献・サイト 1 婦人科乳腺外科ビジュアルブックp21-22 2 3 病気がみえるvol. 9婦人科・乳腺外科p168 4 5 J Am Coll Radiol 10:675-681,2013 婦人科MRIアトラス P152-152 最後に では、今回の記事の内容をまとめますね。 卵巣嚢胞の症状は 無症状であることが多い• 嚢胞のサイズが大きい場合は、 腹部膨満感が現れることもある• 黄体嚢胞の場合は、出血を起こすことがあり、それが破裂することで 下腹部痛が起こることもある• 出血を起こすことで、 血圧が下がり、ショック症状を起こすこともある• 卵巣嚢胞の診断は 腹部超音波・腹部CT・骨盤MRI• 卵巣嚢胞の経過観察と治療について• 卵巣嚢胞の種類は大きく分けて4つあるが、 一番多いのは機能性卵巣嚢胞である• 卵巣嚢胞は茎捻転を起こすこともある 卵巣嚢胞の多くは良性の機能性卵巣嚢胞ですが、悪性が疑わしい場合は婦人科で詳しく検査をすることになります。 良性の場合は、通常無治療ですが、サイズや閉経の有無によりフォローの有無やフォロー期間が決まります。 カテゴリー• 141• 103•

次の

【MRI画像あり】卵巣嚢胞の症状まとめ!治療は必要?消えることもある?

卵巣 嚢腫 症状 おり もの

発覚するまでの日常生活で、 卵巣に痛みや違和感を一切感じなかったからだ。 子宮頸がん検診など、自治体が提供する無料の検診も恥ずかしながら受けたことが無かった。 エクアドルの病院で「卵巣が肥大している」と言われた時も何かの間違いだと思っていたほどだ。 憩室炎でお腹が痛くなり、病院を受診しなかったら 今でも卵巣嚢腫に気付いていなかったと思う。 しかし、私の左の卵巣は14㎝にもなる嚢腫を抱えていたのだ。 主治医も「気づきませんでしたか?」と驚く程、大きな物だった。 今思い返せば、卵巣嚢腫があった時は 下腹部がぽこっと出ていた。 ちょうどおへそからこぶし一個分程下の所だろうか。 しかし、当時の私は「太ったからだろう。 加齢で下腹が出ると言うし。 」程度にしか思っていなかった。 また、朝起きると 膀胱がかなり張っていることもあった。 (あくまで今思い返せばの話し) 主治医によると嚢腫のせいで膀胱がだいぶ圧迫されているらしかった。 ちなみに生理も毎月周期通りに来ていたし、生理痛も耐えられる範囲だった。 唯一PMSはかなり酷く、生理前は可哀想な程夫に当たり散らしていたが、病院に行く程ではなかった。 (生理の変化なども今後の報告していきたいと考えている。 ) お節介かもしれないが、この記事を読んでくれた女性は 是非一度病院に行ってもらいたい。 「私は健康だから関係無い。 」と思っていてもだ。 早くに見つかれば、ダメージの少ない腹腔鏡での手術も可能だそうだ。 腹腔鏡での手術ならば仕事を休む期間も短くて済むだろう。 もし病院に行って何も見つからなかったら「やっぱり健康で良かった。 」と良い気分にもなれるだろう。 日常生活に戻ったら、私は大腸の内視鏡検査を受けることにしている。 極まれに憩室から癌が見つかる人がいるらしいからだ。 年齢的にも、ほとんど大腸がんの可能性は無いらしいが念のために受けることにした。 大嫌いな下剤をまた飲まなきゃいけないとなるととても憂鬱だ。 自分は健康だと思っている人でも、未来の自分の為に、ほんの少し時間を割いてほしいと思う。 (ブログランキングに参加しています。 励みになりますのでポチっとお願いします。

次の