明治19年。 【みんなの知識 ちょっと便利帳】明治何年? 大正何年? 昭和何年? 平成何年? 令和何年?

明治18年にあった出来事や活躍した人物 Weblio辞書

明治19年

現在入手できる一番古いタイプの戸籍がこの明治19年式戸籍です。 この戸籍には、家を一つの単位として戸主を中心に直系と傍系の親族が記載されています。 現在のような夫婦を単位とした戸籍ではなく、多くの親族が戸籍に名前を連ねています。 この明治19年式戸籍から、転籍や家督相続に伴う除籍制度が設けられるようになりました。 今、この明治19年式戸籍を手に入れようとすると、除籍または改製原戸籍としてになります。 明治19年式戸籍のフォーマット この戸籍は、私が取り寄せた直系先祖の明治19年式戸籍です。 個人情報ですので、住所や名前など人物を特定できる箇所は修正しています。 薄いピンクで色付けした箇所が、ひとつ前の壬申戸籍からの変更点です。 壬申戸籍では「〇〇番屋敷」と屋敷番で記載されていた右上の本籍が、この明治19年式戸籍から「〇〇番地」に変わりました。 この戸籍から4人の直系先祖が分かる この一枚の戸籍から4代の先祖情報が読み取れるのが分かるでしょうか? まず戸主のA。 そして戸主の記載欄の左に「父」とありますので、これでAの父Bが分かります。 さらに父の記載欄の右横に「亡祖父〇〇長男」とありますので、ここからAの祖父Cも判明します。 最後は「長男」という項目からAの長男Dが分かります。 私が取得できた戸籍ではこれが一番古い戸籍で、これ以上古い戸籍情報はありませんでした。 この戸籍からは一番古いご先祖様Cの出生年月日は分かりませんでした。 Bの出生日がこの戸籍からは読み取れ「文政7年」と書かれています。 文政7年は西暦に直すと1824年です。 つまり今から約190年前のご先祖様の詳細とその一つ上のご先祖様の名前まで分かったことになります。 一番古い先祖が分かる このように古い戸籍には家単位で構成されていますので、一枚からたくさんの情報を得ることが出来ます。 実はもう一枚つづきの戸籍があって、そこには孫の名前まで書いてありましたから、実際には2枚で5代の先祖情報が判明しました。 ただし孫くらいまでになると、もう少し新しい戸籍の内容と重複していますので、 ここでは一番古い先祖情報が分かればOKです。 見ての通り、明治時代初期の戸籍ですので当然手書きです。 これはまだ解読できやすいほうです。 この時代の戸籍は、変体仮名や旧字体の数字なども多く使われているため、保存状態が悪かったり乱筆だったりすると、慣れてこないと読み解くのが難しいです。

次の

明治

明治19年

家の単位に戸主を中心としてその直系・傍系の親族を一つの親族として記載しています。 現在の戸籍は夫婦単位で子までの二世代が記載されますが、明治19年式戸籍では孫やひ孫、兄弟の妻や甥姪、更にその子など非常に多くの人が同じ戸籍の中に記載されていました。 出生・死亡・結婚・離婚・養子縁組といった事柄を主に記載していましたが、失踪者の帰還、家督相続の変更、族称の改称、勘当等も記載されていました。 手書きであり、ほとんど解読不明な場合もあります。 また、変体仮名や旧字体の数字等も多いので慣れないとなかなか読み取れないことも多くなります。 尚、変体仮名と旧字体の数字については【古い戸籍の文字について】のページをご参照ください。 この戸籍から読み取れることは下記のような事柄になります。 ・上記の家督相続によって、同日この戸籍が除籍された。 ・孫四郎さんは明治30年1月23日に阿きさんと結婚した。 ・孫四郎さんの母はいちさんで、弘化2年5月1日に松野榮五郎さんの長女として生まれた。 ・母いちさんは、明治元年2月28日に父源三郎さんと結婚した。 ・母いちさんは、明治38年9月4日に死亡した。 ・長男の文治さんは明治31年4月14日生まれで、明治36年7月24日午後3時に死亡した。 ・長女のはまさんは明治35年3月6日生まれで、大正12年8月11日田中耕吉さんと結婚した。 ・次女のくまさんは明治37年2月8日生まれで、昭和2年5月5日に池田富五郎さんと結婚した。 ・三男の民作さんは明治40年4月9日生まれ。 ・四男の周次さんは明治42年2月8日生まれで、明治42年2月10日に死亡した。 これ以上遡ることは不可能なため、「始まり」を明確にする必要はありません。 但し、「戸籍の終わり」については理由と日付が必ず記載されていますので、次の戸籍とつながるようにすることが必要です。 また、こちらに記載の情報を基にお客様ご自身がお手続きされた際に生じたトラブル、損失等に関して弊社は一切関知致しませんのでご了承下さい。

次の

明治時代とは?どんな時代だった?【1868年から1912年までの出来事を年号順でまとめました】

明治19年

現在入手できる一番古いタイプの戸籍がこの明治19年式戸籍です。 この戸籍には、家を一つの単位として戸主を中心に直系と傍系の親族が記載されています。 現在のような夫婦を単位とした戸籍ではなく、多くの親族が戸籍に名前を連ねています。 この明治19年式戸籍から、転籍や家督相続に伴う除籍制度が設けられるようになりました。 今、この明治19年式戸籍を手に入れようとすると、除籍または改製原戸籍としてになります。 明治19年式戸籍のフォーマット この戸籍は、私が取り寄せた直系先祖の明治19年式戸籍です。 個人情報ですので、住所や名前など人物を特定できる箇所は修正しています。 薄いピンクで色付けした箇所が、ひとつ前の壬申戸籍からの変更点です。 壬申戸籍では「〇〇番屋敷」と屋敷番で記載されていた右上の本籍が、この明治19年式戸籍から「〇〇番地」に変わりました。 この戸籍から4人の直系先祖が分かる この一枚の戸籍から4代の先祖情報が読み取れるのが分かるでしょうか? まず戸主のA。 そして戸主の記載欄の左に「父」とありますので、これでAの父Bが分かります。 さらに父の記載欄の右横に「亡祖父〇〇長男」とありますので、ここからAの祖父Cも判明します。 最後は「長男」という項目からAの長男Dが分かります。 私が取得できた戸籍ではこれが一番古い戸籍で、これ以上古い戸籍情報はありませんでした。 この戸籍からは一番古いご先祖様Cの出生年月日は分かりませんでした。 Bの出生日がこの戸籍からは読み取れ「文政7年」と書かれています。 文政7年は西暦に直すと1824年です。 つまり今から約190年前のご先祖様の詳細とその一つ上のご先祖様の名前まで分かったことになります。 一番古い先祖が分かる このように古い戸籍には家単位で構成されていますので、一枚からたくさんの情報を得ることが出来ます。 実はもう一枚つづきの戸籍があって、そこには孫の名前まで書いてありましたから、実際には2枚で5代の先祖情報が判明しました。 ただし孫くらいまでになると、もう少し新しい戸籍の内容と重複していますので、 ここでは一番古い先祖情報が分かればOKです。 見ての通り、明治時代初期の戸籍ですので当然手書きです。 これはまだ解読できやすいほうです。 この時代の戸籍は、変体仮名や旧字体の数字なども多く使われているため、保存状態が悪かったり乱筆だったりすると、慣れてこないと読み解くのが難しいです。

次の