お 時間 を 取ら せ て しまい 申し訳 ご ざいません。 ①あなたの貴重な時間を使わせてしまい申し訳ありません。 ②無駄な時間

「お忙しいところ」のビジネスメールでの正しい使い方

お 時間 を 取ら せ て しまい 申し訳 ご ざいません

「お手を煩わせる」という言葉はよく使いますか?どういう状況のときに使うのでしょうか。 相手に迷惑をかけるときや、面倒をかけるときに使うことがあると思います。 「手を煩わせる」というのは「面倒をかける。 手間を取らせる。 」という意味があります。 「手を煩わせる」の丁寧な言い方が「お手を煩わせる」という言葉になるのです。 日常的にも使われていますが、ビジネスシーンにおいて、会話やメールでもよく目にする言葉でしょう。 相手に何か頼み事をするときにも「お手を煩わせて申し訳ございません」という言い方をすると思います。 具体的にどんな状況で、どういう使い方をするのでしょうか。 ここでは詳しく調べていきたいと思います。 お手を煩わせるの使い方 「お手を煩わせる」は、上記でも少し説明しましたが、相手に迷惑をかけたときや、何か頼み事をするときに使われています。 直接相手に使い場合もありますが、第三者に対して使うことも出来ます。 「〇〇さんにはお手を煩わせてしまって、大変申し訳ございませんでした」というような使い方もします。 もう済んでしまったことに対しても使いますが、これから迷惑をかけるだろうという予想される出来事があるときにも使います。 「弊社の者がお手を煩わせるかもしれませんが、宜しくお願い致します。 」というような使い方も出来ます。 それと誤解が生じたときにも、「お手を煩わせる」という言葉が使えます。 誤解を解くことができたときに「お手を煩わせてしまってすみません」と一言付け加えると良い印象を持たれます。 敬語表現? 「お手を煩わせる」は敬語表現なのでしょうか。 「お手」と「お」と付けているので丁寧語ではあります。 この言葉と合わせて敬語を使うことができます。 「面倒かけてすみません」というよりは「お手を煩わせてしまって、申し訳ございません」という言い方をした方がより丁寧な印象を持ちます。 きちんとした文章を書くときにも、この表現を使った方が良いでしょう。 少し長い文章になってしまいますが、全体でみると綺麗な表現になっています。 丁寧な表現ですが、意味もよく分かる簡単な言葉なので、ビジネスシーンにおいてはよく使われています。 相手にも誠意が伝わりやすい言葉です。 日常生活でも誰かに迷惑をかけてしまったときに使ってみると良いでしょう。 「お手を煩わせる」は英語に訳するとどう表現するのでしょうか。 「お手を煩わせる」は「give somebody trouble」または「give 主語 述語 trouble」若しくは「cause 主語 述語 trouble」と表現します。 また「お手を煩わせて、申し訳ございません」という表現だと「Sorry for bothering you」や「Thank you for your trouble」という風にも言います。 「trouble」は問題や心配事という意味がありますが、「面倒なこと」や「困ったこと」という意味もあります。 日本語でもそうですが、英語表現においても、謝罪の言葉や感謝の言葉と合わせて使われています。 ビジネスメールでどのように使われているのでしょうか。 例文を上げて詳しく説明していきます。 」 これは見積もりの訂正を依頼したが、まだ届いてないときに早く送ってもらうように催促するメールです。 面倒なことではありますが、約束していることなので送ってもらうのは当たり前のことです。 ですが、「お手を煩わせる」という言葉を使うことで柔らかい表現になっています。 」 これは謝罪するときに送るメールです。 本当に相手に面倒なことをしてしまい、謝らなければいけない状況のときにも「お手を煩わせる」という言葉が使えます。 基本の意味になるのですが、「迷惑をかける」の丁寧な言い方が「お手を煩わせる」なのです。 会話における「お手を煩わせる」例文 会話の中ではどのような使い方がされているでしょうか。 ここでも例文を見ていきましょう。 」 これは、相手に謝罪している状況です。 こちらの不手際で、相手に迷惑をかけてしまったときに使える言葉です。 特に〇〇様にはお手を煩わせてしまって申し訳ございませんでした。 」 これは取引先の会社の人に対して、仕事が終わったときにかける言葉です。 特に迷惑をかけた訳ではなくても、仕事で特にお世話になった人に対して「お手を煩わせる」という言葉が使えます。 メールにおいても会話においても「本当に迷惑をかけたとき」と「迷惑をかけた訳ではないとき」の両方とも「お手を煩わせる」を使います。 状況によって意味合いが異なりますので、使うときや受け答えをするときには注意しましょう。 何か協力をしてもらって「お手を煩わせる」ことになったときは感謝の言葉も一緒に述べましょう。 「お手を煩わせて... 」の後に続くのは謝罪の言葉になりますが、その後にも「ありがとうございました。 」と感謝の気持ちを伝えましょう。 申し訳ないという言葉でも感謝の意味にも捉えることはできるのですが、言葉ではっきり「ありがとうございます」と伝えた方が相手にも気持ちよく聞こえます。 「申し訳ございません」というような謝罪の言葉はマイナスのイメージがあります。 それに比べると「ありがとうございます」という言葉はプラスのイメージがあります。 プラスのイメージがある言葉を添えるだけで明るい気持ちにさせてくれるのです。 相手も「今後も協力し合ってもっと良い仕事をしよう」と思ってくれるでしょう。 希望を持って仕事を進めるためにも「ありがとうございます」と感謝に気持ちを表していきましょう。

次の

敬語チェックお願いします!

お 時間 を 取ら せ て しまい 申し訳 ご ざいません

様々なやり取りを行うビジネスメール。 ビジネスメールのやり取りを行えば相手のビジネスレベルがわかる、とも言われており、相手への配慮をしつつわかりやすくコミュニケーションをとることは重要なポイントです。 最低限相手に失礼のないメールができるよう相手に配慮するメール文面を理解しておきましょう。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う場面とは相手にお願いするとき ビジネスメールで「お忙しいところ」というフレーズは、「相手に仕事や質問・問い合わせの回答を頼むなど、相手の負担になることをお願いするとき」に使います。 たとえば、添付した資料の確認を求めるときには、「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします。 」といいます。 ビジネスメールは相手に要求する内容が多いため「お忙しいところ」をよく使う 相手に商談の時間をとってもらいたいときには、「お忙しいところ申し訳ございませんが、打ち合わせの時間をとっていただきたく、お願い申し上げます。 」とします。 ビジネスメールの多くは、相手になんらかの要求をする内容です。 なので自然に、「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになるのです。 「お忙しいところ」のバリエーションを相手や場合によって使い分ける ここでは、ビジネスメールで使う「お忙しいところ」のバリエーションを紹介します。 【ビジネスメールの「お忙しいところ」のバリエーション】 「ご多忙中、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中のところ誠に恐縮ですが」 「ご多用中恐縮でございますが」 「ご多忙のところ大変恐縮ですが」 「ご多忙の折、お手数をおかけして恐縮ですが」 「ご多忙のところ、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中とは存じますが」 「お忙しい中、失礼いたします」 です。 丁寧なビジネスメールは「ご多忙のところ大変恐縮ですが」を使う これらのバリエーションの中から、メールの用件に合ったものを選んで使いましょう。 丁寧なのは、「ご多忙のところ大変恐縮ですが」というように、「ご多忙」「お忙しいところ」と「恐縮」という言葉をセットにすることです。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う締めくくりは「よろしくお願いいたします」にする ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは大抵、自分の都合で質問や問い合わせ、仕事などの頼み事をするときでしょう。 なので、そのようなビジネスメールを書くときには、用件を持ちだすときに「お忙しいところ」を使い、メールの締めくくりは「よろしくお願いいたします」と書きましょう。 ビジネスメールでは相手に指図しないのがマナー また、「お忙しいところ」を書いたとき、相手に「指図をしない」ようにしましょう。 たとえば「早めのお返事、お待ちしております」というような書き方は、忙しいとわかっている相手に「早く返信しろ」と指図しているのでNGです。 反対に、「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるのでしてはいけません。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは相手に合わせた書き方にする 以上が、ビジネスメールにおける相手に対しての「お忙しいところ」の使い方についてです。 「お忙しいところ」というフレーズは、ビジネスメールでは相手に対してよく使うので、使い方はきちんとおさえておきましょう。 バリエーションも覚えておくと、用件や相手に合わせた書き方ができます。

次の

「お手間を取らせる」「かけさせる」「手間」の類義語と正しい使い方

お 時間 を 取ら せ て しまい 申し訳 ご ざいません

ビジネスシーンにおけるコミュニケーションは、丁寧かつ正確な言葉を使って行うことが大切です。 言葉の丁寧さだけでなく、内容の丁寧さなども求められることが多く、相手への気遣いや心配りも重要です。 特に、相手に何かを依頼したり、謝罪したりする際は、より丁寧な表現や気遣いをすることが大切です。 ちょっとした一言や一文があるだけでも、相手への印象が変わることもあるため、気遣いや丁寧さを表現するフレーズのバリエーションは、たくさん知っていた方が良いでしょう。 今回は、気遣いや丁寧さを表現するフレーズの1つである「お手間を取らせてしまい」といいう言い回しをテーマにして、意味や使い方を考察・ご紹介していきます。 Web電話帳を導入しませんか? まずは、「お手間を取らせてしまい」というフレーズの意味について考えていきます。 「お手間を取らせてしまい」という言葉の意味について考える際、解釈に迷いやすいのが、「手間」という言葉だと考えられます。 そこでまずは、「手間」という言葉の意味について考えていきましょう。 「手間」について、「goo辞書」では以下の引用のように解説されています。 引用の内容によると、「手間」という言葉には、大きくわけて3種類の意味があるとされています。 「手間」の1つ目の意味や、物事などを行う際に必要となる時間や労力のことだとされています。 2つ目は、「手間賃」という言葉を略したものとしての意味です。 そして3つ目は手間賃を取って行う仕事や、それらの仕事を行う人のことだと言われています。 1 そのことをするのに費やされる時間や労力。 2「手間賃」の略。 3 手間賃を取ってする仕事。 手間仕事。 また、その仕事をする人。 最近は、仕事の相談や交渉なども、メールでやり取りするケースが多いと言われています。 そこでまずは、ビジネスメールにおける「お手間を取らせてしまい」というフレーズの使い方について考察していきます。 メールにおいて、「お手間を取らせてしまい」を使用する場合は、依頼や謝罪をする際に使用されるケースが多いと考えられます。 また、相手に何らかの迷惑をかけてしまった場合に、「この度は、お手間を取らせてしまい申し訳ございせんでした」といった言い回しで謝罪の文章を記入すると、より丁寧な謝罪をすることが可能になります。 会話 上記では、「お手間を取らせてしまい」という言葉を敬語として使うには、前後の言葉の選び方に気を付けることが大切だと考察しました。 また、その一例として「申し訳ございません」などの言葉を選ぶことで、目上の人にも使用できる言い回しになることをご紹介しました。 反対に、目上の人に対して使用するのに丁寧さに欠ける言葉としては、「すみません」などが挙げられます。 「すみません」という言葉は、決して汚い言葉というわけではありません。 しかし、「申し訳ございません」と比較すると、相手への敬意の度合いは低い言葉だと考えられます。 そのため、同じ「お手間を取らせてしまい」を使った言葉であっても、「お手間を取らせてしまいすみません」は、上司などに使うのには微妙な言葉だと言えそうです。 会話の場合はややフランクでもOK 「お手数をおかけしてしまい」というフレーズもまた、「お手間を取らせてしまい」というフレーズと並んで、ビジネスシーンで頻繁に使われる言い回しの1つです。 「手数」という言葉の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「手数」には2つの意味があると読み取れます。 1つ目の意味はある物事などをするのに必要な動作などを指すものとなっています。 そして2つ目の意味は、他人のためにかける手間だとされています。 上記のような意味から、「お手数をおかけしてしまい」というフレーズには、「お手間を取らせてしまい」と同じような意味があると考えられそうです。 1 それをするのに要する動作・作業などの数。 てかず。 2 他人のためにことさらにかける手間。 てかず。 お手を煩わせてしまい 「お手間を取らせてしまい」と似ている意味を持つフレーズとして、「お手を煩わせてしまい」という言い回しも挙げられます。 「手を煩わせる」という言葉の意味については、「weblio辞書」にて、以下の引用のように解説しています。 引用の内容から、「手を煩わせる」とは、相手に面倒をかけてしまうことを意味する言葉だと読み取れます。 上記のような意味を持つ「手を煩わせる」に、丁寧な意味を持つ「お」などを付け加えた言葉が、「お手を煩わせてしまい」という言い回しだと考えられます。 物事を依頼した場面において、相手に面倒をかけることを強調した、しへりくだった表現。 手紙文などで多く用いられ、「お手を煩わせ恐縮ではございますが・・・」などのように使う。 直接相手に言う場面だけでなく、「他人の手を煩わせる」などのようにも用いる。 「お手間を取らせてしまい」は便利なフレーズ.

次の