ニホン ノワール 最終 回。 ニッポンノワール最終回の最後!清春は生きてる?誰に撃たれ(刺され)た?

【ニッポンノワール】最終回ネタバレ結末 広末涼子を殺したガスマスクの男の正体

ニホン ノワール 最終 回

ニッポンノワール、衝撃の最後でした。 エンディングロールの途中で、 見るのをやめてしまった方がいたら、 もう一度最後まで見たほうがいいですよ。 真犯人が分かり、激しい格闘の末、 勝利した清春。 くしくもその日は克喜(かつき)の誕生日だった。 「誕生日おめでとう。 ケーキ買って家に帰るか」 と仲良く並んで家に帰る二人。 Sponsored Link ニッポンノワール最終回の最後! エンディングロールで、 咲良と克喜と清春で、 ケーキを囲み、克喜の誕生日を祝っている。 3人とも、とても楽しそうだ。 戦いの最中で、 清春が父であることを知った克喜。 うれしそうにしている。 壮絶な戦いの後、訪れた穏やかな時間。 咲良に何か言われ、 何かを取りに部屋を出ていく清春。 一瞬、何かに驚いた顔をしたあと、倒れる。 その後、映ったのは、 胸の辺りが血まみれになって 壁にもたれかかっている清春。 壁には 3本の血の筋が。 Sponsored Link ニッポンノワール最終回の最後!清春は生きてる? 最後に映った、清春の手元。 親指がわずかに動いた。 目は閉じている。 まだ、生きてはいるのか? 誰かが早く気づけば、間に合うのか? ニッポンノワール最終回の最後!誰に撃たれ 刺され た? 一瞬、驚いた顔をした時は、かなりのアップだったので、 そうとうな至近距離だったはず。 3本の血の跡からすると、 3発撃ち込まれたのか? 使われたのが銃だとすると、 やはり警察関係者、 つまりニッポンノワールだ。 ニッポンノワール最終回の最後!誰に撃たれ 刺され た? — 名越 気になったのは、 南武課長が名越を逮捕した時。 南武課長は一人だった。 その時、 捜査一課の他の面々は本庁にいた。 手錠をかけているとはいえ、名越はあの腕力だ。 一人で車を運転しながら、運ぶのは危険ではないだろうか。 ただし、南武は名越の本当の腕力を知らなかったと思う。 搬送途中で、南武が名越にやられた可能性は? 清春の前に現れたのが、名越だったとすれば、 一瞬驚いた表情をしたのが、納得な気がする。 清春が無事だったことは、捜査一課にも伝えられている。 警察内の人間は、清春が家に帰っていることを知っているのだ。 仁平課長(相島一之)か? ニッポンノワールにとって、 覚醒し、新薬を使い、 すごい腕力となった清春は、敵として厄介だ。 早めに始末してしまわなくてはならない。 ニッポンノワール最終回の最後!清春は生きてる?誰に撃たれ 刺され た? まとめ エンディングロールで、誕生日を祝い、 幸せそうにしている画面の直後で、 思わぬ結末に! 衝撃的でした。 でも、 やっぱり「ニッポンノワール」 が、ハッピーエンドでは 「ニッポンノワール」じゃないのかも知れないですね。 あの後、どうなったのかが気になってしょうがない….。 そして、克喜はどうなるのか? では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!! Sponsored Link.

次の

ニッポンノワール最後に清春死亡!?誰に殺された?結末バッドエンド?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

ニホン ノワール 最終 回

遊佐清治は数か月分の記憶を失っている状態で山の中で目を覚まします。 隣には先輩刑事である臼井薫(広末涼子)が亡くなっており、自分の手には拳銃が握られているという状況です。 記憶がない遊佐清治は一体ここで何が起きたのかまったく分かりません。 自分は誰かにはめられたのか、自分が臼井薫の命を奪ったのか・・・。 証拠はすべて消され、捜査内容も偽造され遊佐清治を含めた刑事全員が容疑者に! 臼井薫の謎の死の真相を暴くために遊佐清治は事件に立ち向かいます。 相棒は臼井薫の一人息子である幼い少年ただ1人! 追われる立場になった遊佐清治は仲間だった人が敵になり、同僚刑事でさえも信じることが出来ない状況に陥っていくのです。 遊佐清治が調べていくうちに、この事件には未解決事件「十億円強奪事件」に繋がっていきます。 十億円強奪事件の真相と臼井薫の犯人に遊佐清治はたどり着けるのか? Sponsored Link 【ニッポンノワール刑事Yの反乱】最終回結末ネタバレ!黒幕を原作から予測! まさに思い描いていた遊佐清春のイメージ! 脚本がどんどん立体的になっていくこの楽しさよ。 早く動いているところが見たい。 そして、それをまた脚本に反映していく。 そんなキャッチボールの日々が始まろうとしている。 ……もう始まっちゃうんだなぁ(笑)。 踏ん張ろう。 ・臼井薫が命を落とした理由と犯人は一体誰? ・遊佐清治は何故現場に居たのか? ・未解決の十億円強奪事件の真相と犯人、十億円の行方は? 遊佐清治は記憶を失っている為、自分が臼井薫の命を奪ったのか、誰かにはめられたのかも分からない状態です。 現場の状況を見れば確実に 遊佐清治が犯人です(笑) 今までの仲間である刑事も状況から遊佐清治のことを疑うのは当然の流れでしょう。 ただ遊佐清治にとってもなぜこのような状況になったのか知りたいですよね。 生前の臼井薫と遊佐清治は十億円強奪事件の真相を追っていたとします。 そして 真相を掴みかけた、または真相を知ってしまったとします。 警察内部に事件に関わっている人物がいるとすれば、真実を知った2人を放っておくことはできませんよね! けれど亡くなっていたのは臼井薫のみで、遊佐清治は生きています。 このことから考えると、 臼井薫が真相にたどり着いた為、命を奪われた。 遊佐清治もその捜査に関わっていたため、今後捜査をしないように犯人に仕立て上げられた。 このようなことが考えられます! 遊佐清治自身が事件に関わっていて臼井薫の命を奪っているとすると、そんな人物が臼井薫の幼い1人息子を相棒にするとは思いません。 最終的に 裏切る結果になってしまうからです。 母親の命を奪われ、信頼していたお兄ちゃんにも裏切られるなんて展開はありえませんよね! 幼い子どもに対してひどすぎます^^; そのため遊佐清治以外に犯人がいると予想します! 十億円強奪事件の真相は 警察上層部の子供で、親が隠蔽していた!なんて展開もありえますね! または十億円強奪事件の裏にさらに何かが隠されているとか・・・。 タイトルのノワールの意味は フランス語で「悪」という意味。 十億円強奪事件の真相にたどり着いた臼井薫は命を奪われ、同じく捜査していた遊佐清治が捜査を継続しないように犯人に仕立て上げられた(逮捕されれば捜査を続行できないので) 十億円強奪事件の真相は警察上層部、さらに国家ぐるみの犯罪に関わっているため隠蔽する必要があった! 臼井薫の命は上司に命令された遊佐清治の先輩刑事や同僚刑事など近しい人が実行した。 このような最終回結末がまっていると予測します! 賀来賢人インタビュー プロデューサーから細かい構想を聞き、そして台本を読み、間違いなく、今まで日本で見たことのない、スケールのドラマになると確信しました。 こういう物語が観たかったんだ!という思いをぶつけられる作品になると思います。 正義とは何か。 人間とは何か。 是非最後まで見届けて頂けたら嬉しいです。 引用: 主演の賀来賢人さんが 「今まで日本で見たことのないスケールのドラマ」と言っていることから、警察内ではなくもっと大きな組織が関わっていることは確かです! 国を揺るがす事件なのかもしれませんね! 【ニッポンノワール刑事Yの反乱】最終回結末ネタバレ!脚本家武藤将吾さんから予想! このドラマの脚本を担当している武藤省吾さんは、2019年の大人気ドラマ「3年A組今から皆さんは人質です」を手掛けた方なんです。 このドラマは高校のクラスメイトが自ら命を落としたことから始まります。 彼女の命を奪った本当の犯人は一体誰なのか? それぞれが抱える悩みや苦しみ、罪悪感を露わにするため、教師が生徒を人質にとって学校に建て込もり生徒自身に考えてもらうという今までにないドラマでした。 嫉妬や妬みから1人1人がした何気ないことが、どんどん膨れて大きくなっていった結果、女子生徒は学校でもSNSでも誹謗中傷されることになったのです。 知らない人からも言われる心無い言葉。 そのことに耐えることが出来なかった女子生徒は生きる気力を失い、自ら命を落とすという選択をしたのです。 誰が犯人というわけではなく、それぞれの小さな過ちが積み重なって起きた事件。 SNSが普及している時代、SNSを通していじめがありますよね。 それぞれ顔を出さずに発信することができるからこそ使えるひどい言葉。 「言葉が人の命を奪うことがある」ということを教えてくれました。 この結末はまったく想像していなかったのでとても驚きました! 【ニッポンノワール刑事Yの反乱】最終回結末ネタバレ!SNSでの反応をチェック! 武藤将吾さん、すごいなぁ。 ニッポンノワール、めちゃめちゃ楽しみです。 — 芳々 yoshi5552003yj 粗暴でエキセントリックな役どころ、そしてアンストッパブルなミステリー。 全く想像できない分、見たことない賀来くんが観れそうでもはや楽しみしかないし、オリジナル脚本だから先が読めない楽しみも味わえそう。

次の

『ニッポンノワール』最終回ラスト5秒の急展開にネット騒然 「なにそれ…」

ニホン ノワール 最終 回

刑事Y:遊佐清春 ゆさ きよはる (賀来賢人)は叩き上げの刑事で、目的のためには手段を選ばず捜査の最前線で活躍していた。 遊佐が目を覚ますとここ数カ月の記憶を失っていた。 そして右手には拳銃、横には上司の 碓氷薫班長(広末涼子)が死んでいた。 状況証拠は遊佐が犯人だと示してるが、遊佐には碓氷班長を殺す動機はない。 誰かにハメられたのか?このままだと犯人にされるため証拠を消して山小屋を去った。 しかし2日前に碓氷班長が殺されたとき遊佐は無断欠勤していたため、同僚から疑われる。 犯人4人が仲間割れによって全員死亡し、10億円の在処は不明だが、被疑者死亡で解決済みとなった事件だが、 警察内部の者が関与していた疑いがあり捜査していた。 碓氷班長を殺した犯人がその警察関係者だとしたら、記憶のない遊佐も含め、捜査に関わる全ての人物が容疑者となる。 遊佐は、克喜が母親(碓氷班長)の死の真相を握ってることを知らない。 やがて未解決の「十億円強奪事件」の真相へとつながっていく。 記憶を失い碓氷班長の遺体の横で寝ていたため容疑者として同僚から追われるハメになる。 裏で誰にも言えない真実を隠し持つ。 瀬ヶ山署生活安全課の刑事だったが「魁皇高校3年A組立てこもり事件」で手柄をあげ捜査一課に異動した。 雲のような存在感で異彩を放つ。 母親(碓氷班長)の死の真相を握っている。 遊佐の常連の店のマスター。 主人公はエキセントリックな刑事Y ストーリーは騙しだまされのアンストッパブル・ミステリー 楽しみです。 犯人はその警察関係者。 犯人は若手俳優だったという場合もあるので、名越時生(工藤阿須加)と高砂明海(立花恵理)も怪しい。 一番怪しいのは意外な人物ということで、遊佐に刑事のイロハを叩き込んだ超有能な才門要(井浦新)。 遊佐は数日前、犯人に襲われて薬で眠らされた。 しかしそのとき抵抗で暴れてもみあいになり、頭をうったショックで偶然、記憶喪失になってしまった。 記憶喪失は犯人にとっても予想外の出来事。 遊佐は無実を証明するため、碓氷班長を殺した犯人と「十億円強奪事件」に関与した警察関係者を探していくなかで、接触した人物の顔や会話、モノ、景色などがきっかけで、徐々に記憶を取り戻していく。 なぜ真犯人は遊佐をハメようとしたのか?その理由も明らかになる。 いったいどういうことか。 犯人を目撃したのかもしれない。 母親と犯人の会話を聞いていたのかもしれない。 10億円強奪事件に関与した警察関係者も逮捕。 遊佐は記憶を取り戻し、警察の闇をあばくラストとなりそうです。 黒幕からの指示で遊佐を犯人に仕立てようとしてるか、もしくは黒幕や真犯人に騙されて純粋に犯人逮捕しようとしてるだけかもしれません。 名越・・・碓氷班長に恋してた。 これは本当っぽい。 才門要・・・碓氷班長と親しかったので10億円強奪事件の捜査状況について詳しく知っていた。 死んだ4人以外に真犯人が1人いて証拠も見つけたと聞いていた。 警察関係者で間違いないだろう。 その真犯人が隠し持っていた10億円の在処を碓氷班長はさがしてあてて別の場所に隠していた。 つまり金の在処を聞きだそうとして碓氷班長を殺した。 才門要はそう考察した。 宮城遼一・・・遊佐を目の敵にして碓氷班長を殺した犯人扱い。 宮城遼一はむかし遊佐に手柄を横取りされた恨みがあった。

次の