コスモ 石油。 中古車販売なら高価買取|コスモ石油販売

コスモ・ザ・カードお客様サイト

コスモ 石油

『お金節約. com』編集長「より子」です。 コスモ石油のガソリン割引方法が変わります! これまではメール会員になって、定期的に「暗証番号」が記載された割引クーポンが配信される方法でしたが…。 この 「暗証番号割引」は、2019年9月30日で終了です。 これからは、スマホアプリ Carlife Square で 「QRコード」が記載された割引クーポンが配信されることになります! 肝心の新しいスマホアプリ Carlife Square は、8月1日から配信中なのですけれど、使い方がちょっと複雑なんです…。 コスモ石油のガソリン割引方法が変わります コスモ石油のガソリン割引クーポンは、メール会員になると定期的に「暗証番号」が記載された割引クーポンが配信される方法でした。 ところが!8月に入ってから、 終了・変更の告知が行われています。 現状のメルマガ方式は、相当長期間続いていた仕組みだと思うのですけれど、いよいよスマホアプリに表示される 「QRコード」を使った割引クーポンに切り替わります。 これまでの「暗証番号割引」は2019年9月30日で終了 コスモ石油から配信される暗証番号を自分で打ち込む 「暗証番号割引」は、2019年9月30日 月 で終了となることが、既に告知されています。 逆に言えば、9月末までは有効とも言えるわけですが、もし「暗証番号割引」の方法を知りたいという場合は、別の記事にまとめていますので、そちらを参考にしてください。 これからは「QRコード」で割引となる• 利用規約とプライバシーポリシーを確認して「上記に同意して利用する」をタップ• 位置情報の許可、ここは各自の判断です。 (今回は「このAppの使用中のみ許可」を選択)• プッシュ通知の許可、こちらも各自の判断です。 (今回は「許可」を選択)• 最後に「利用開始」をタップして完了です コスモ石油の新アプリ、Carlife Square(カーライフスクエア)は、 取得される可能性がある個人情報の範囲をかなり広く設定しているという特徴があります。 それでも、こちらの一連の流れから分かるように、 ガソリン割引クーポンを利用するだけなら、特に個人情報の入力は必要ありません。 ここはぜひ把握しておいてくださいね! 【Point3】メルマガ経由でアプリをDLすると自動的に「マイSS」に登録される アプリ左上 赤四角に「マイSS」が表示されています! アプリをメルマガ会員に配信される案内メール記載のURLから登録すると、メルマガ会員になっているガソリンスタンドが 「マイSS」として左上に表示されます。 『お金節約. 「マイSS」は、画面右上に見える歯車マークから設定画面に入り、「マイSSの変更」からいつでも変更可能です。 【Point4】割引クーポンは「マイSS」以外のどのガソリンスタンドでも使用可能 割引クーポンは「マイSS」以外でも使用可能なの? この点はちょっと迷ってしまう人もいると思いますが、結論から言うと心配要りません! コスモ石油のCarlife Square(カーライフスクエア)で、登録後すぐ配信されるガソリン割引クーポンは、 「マイSS」以外のどのガソリンスタンドでも使用可能です。 コスモ石油のガソリンスタンド、レジ機のNG表示 『お金節約. ところが、9月30日、成田市内の他のコスモ石油ガソリンスタンドで給油したところ、 『他店のバーコードは利用できません。 』との表示があり、ガソリン割引クーポンの適用ができませんでした。 現時点では、「マイSS」以外でのガソリン割引クーポンは適用できない状況です。 初期の状態からは、アプリの仕様が変わってきていますので、この点、ご注意ください! 【2019年11月5日追記】超重要!「マイSS」登録店舗以外でもガソリン割引クーポンを使用する方法が判明 超重要!この項目は必ずチェックしておいてください! 「マイSS」以外でガソリン割引クーポンを利用する方法が判明しましたのでお伝えします!• クーポンの配信などは、普段利用しているガソリンスタンドから貰った方が何かと便利かと思いますので! 結論としては、外出先で利用したガソリンスタンドに「マイSS」登録を一時的に変更すると、アプリの「マイSS」履歴に残り、 いつでも自由に変更できるかたちかと思います。 【2020年4月7日追記】コスモ石油でdポイントの利用が可能に! 2020年3月31日から、 コスモ石油とdポイントの提携が始まりました。 コスモ石油のガソリンスタンドで給油するときに、支払額に応じてdポイントが貯まり、逆にdポイントで支払うことも可能になるということですね。 基本的なポイント付与率などを確認してみましょう。 コスモ石油とdポイントの提携は順次拡大中 ポイント付与率 200円(税込)ごとに1ポイント セルフSS 2020年3月31日 火 ~順次開始 フルSS 2020年6月開始予定 3月31日からセルフサービス方式のガソリンスタンドで順次提携が開始となっています。 フルサービス方式のガソリンスタンドについては、6月開始予定です。 コスモ石油のレジ機もdポイントに対応 今回紹介したこと• コスモ石油のガソリン割引方法が、「暗証番号割引」からスマホアプリ Carlife Square(カーライフスクエア)の「QRコード」割引きに変わります。 スマホアプリの「QRコード」割引きは2019年8月1日から始まっていて、これまでの「暗証番号割引」は2019年9月30日で終了です。 スマホアプリのガソリン割引クーポンは「マイSS」以外のどのガソリンスタンドでも使用可能です。 スマホアプリのガソリン割引クーポンを適用するためには、ガソリンスタンドの給油機で「QRコード」を2回読み込ませる必要があります。 スマホアプリ Carlife Square(カーライフスクエア)のガソリン割引クーポンを適用する流れは若干複雑なので、一通り画面遷移を解説しています。 コスモ石油のスマホアプリ Carlife Square(カーライフスクエア)は、ダウンロード数も順調に伸びているようで、メルマガ方式からの切り替えが進んでいます。 開始当初こそ若干不安定になるタイミングがあったようですが、現在では十分安定的に利用できるようになっています。 Carlife Square(カーライフスクエア)でガソリン割引クーポンを利用するのは、 ちょっとだけ複雑なので、9月30日のメルマガ方式終了前に、できるだけ早いうちに慣れておくことをおすすめします。

次の

コスモ石油

コスモ 石油

各サービスステーションの詳しい情報につきましては、コスモ石油マーケティング公式サイトの 「サービスステーション検索」をご確認お願いいたします。 お申し込みの際は、アプリ内ポイント明細画面の注意事項をご確認ください。 お詫びのうえ、訂正させていただきます。 毎回の燃料油購入でのポイント付与となります。 毎回の燃料油購入でのポイント付与となります。 2019年8月1日より、「コスモビークルライフサイト」は「コスモ・ザ・カードお客様サイト」として リニューアルいたしました。 引き続きご愛顧いただきますようお願い申し上げます。 2019年8月から、「ライフポイント」は「キャッシュバックポイント」に名称が変わり継続します。 ポイントルールは以下の点が変更となります。 なお、2019年7月31日時点で保有されているライフポイント 新名称 キャッシュバックポイント の有効期限は2021年7月31日となります。 毎回の燃料油購入でのポイント付与となります。 キャッシュバックはポイント交換申請により実施されます。 システム改修に伴い、一部のお客様のマイカー情報が初期化されている場合がございます。 お手数お掛けしますが、再度のご登録をお願い致します。 長きにわたってご利用いただき、ありがとうございました。 (2016年6月から新しいコンテンツを予定しています) 2016年3月と4月のアンケート結果につきましては 順次公開させていただきます。 長きにわたってご愛読いただき、ありがとうございました。 0 の脆弱性の対応について 古い暗号化方式「SSL3. 0」においてセキュリティに関する脆弱性が報告されましたので 2014年11月12日より「SSL3. 0」での利用接続を停止させていただきます。 お詫びのうえ、訂正させていただきます。 誤) 2014年3月使用分(4月引落し)としてキャッシュバックいたします。 正) 2014年2月使用分(3月引落し)としてキャッシュバックいたします。 ログインの際に入力頂きます、IDとパスワードについては大文字・小文字の区別を致しますのでご注意ください。

次の

コスモがハイオク虚偽表示 洗浄添加物なし、10年以上サイトに 景品表示法違反恐れ

コスモ 石油

, Ltd. )は、製品を・販売するの一つ。 株式会社の子会社。 (旧:系)構成企業に属する。 コーポレート・メッセージは「ココロも満タンに、コスモ石油」。 概要 [ ] 大協石油(だいきょうせきゆ、商標は「大」の文字を桜の形に似せたもの)、 丸善石油(まるぜんせきゆ、商標は印)、旧:コスモ石油(大協と丸善の合弁会社、通称「精製コスモ」)の3社が合併して、1986年4月1日に発足した。 コーポレートは「 cosmo」で、宇宙の cosmos と世界市民の cosmopolitan から。 とコスモ石油の両社は、現在、を結び、を除く、石油輸送、製油所の共有などを図り、日本最大のグループを築いている。 事業所所在地 [ ] 本社・研究所 [ ]• 本社 - 芝浦1丁目1-1• 中央研究所 - 権現堂1134-2 製油所 [ ]• 千葉製油所 - 2• 四日市製油所 - 大協町1-1• 堺製油所 - 大阪府築港新町3-16• 現在はグループ企業、がとその他石油製品・石油化学製品・半製品の製造基地として使用している。 また旧:アジア石油時代から稼働していた坂出製油所(香川県)も2013年7月に廃止され、坂出物流基地となっている。 その他事業所 [ ]• 函館物流基地 - 北海道、旧:アジア石油函館製油所• 坂出物流基地 - 香川県坂出市番の州緑町1-1、旧:坂出製油所 コスモ石油マーケティング株式会社の支店 [ ]• 東日本支店 - 中央1-6-35• 関東支店 - 八重洲2-4-1• 中部支店 - 錦1-3-7• 関西支店 - 南本町1-7-15• 西日本支店 - 的場町1-3-6 ガソリンスタンド [ ] コスモ石油でのの名称は サービスステーション(SS)で、現在もフルサービスが主流であり、タイヤ・バッテリーなどの販売をコスモ・ザ・カードのガソリンマイル(ポイントサービス)キャンペーンを用いて積極的に行っている。 また、大規模な場を設けた「Auto B-cle(オートビークル)」店舗も設置している。 太陽工業御陵通SS なお、(を含む)にあったSSは、廃止又は他社に置き換えられたため、存在しない。 特徴のあるガソリンスタンド [ ]• 名阪治田インターSS() - が運営。 の南東(下り線入口側)に隣接。 ドライバーのために浴室を完備している。 名阪国道にはガソリンスタンドがないため、重宝されている。 セルフピュア松永SS() - コスモ石油販売セルフピュア事業部広島が運営。 敷地内に今津店()、松永店(24時間営業の)が併設されている。 SS(定山渓温泉東 - 以前はフルサービスのSSであったが、別のコスモ石油系列の販売会社が建物を買収した上規模を縮小し、日本国内では非常に珍しい軽油・灯油の専門店として引き続き営業している。 COSMO STATIONと書かれているが看板はなく、HP上では店舗としてカウントされていない。 御陵通SS 大阪府堺市 - 太陽工業が運営。 ・はで2月竣工。 や住宅街に近接している。 の外壁に段違いに並ぶ4つの板を持ち、そのうち1つはで店のが入る。 他、高輝度を避ける夜間照明や低木ながら緑化の効果を持つ等の景観が評価され、度建築サイン・アート賞を受賞した。 提携クレジットカード [ ] いずれのカードも会員価格で給油が可能である。 コスモ・ザ・カード・ハウス [ ] ・などの加盟店で使える「 コスモ・ザ・カード・ハウス」を1987年から発行している。 ハウスカード事業は(現:)へ委託を行い、石油業界では唯一自社(コスモ石油)で発行する形態を採ってきた。 しかし、2009年9月にコスモ石油とセディナは新たな提携合意の締結を発表し、2009年12月1日付けの会員規約改正からセディナが発行元となるコスモ石油との形態へ移行した。 2011年4月を目処に新ハウスカードの発行開始を予定している。 カードセンターは、1999年6月から2007年9月まではへ、2007年10月以降はプロセント(セディナのプロセシング部門子会社)へ委託の上運営されている。 2001年からオーパス発行開始まで、サービスステーションの一部で30分で審査の上、店舗内で発行を行う即時発行サービスを実施していた。 主な特典 [ ]• ガソリンマイレージ• 2001年4月より「ガソリンマイレージ」が開始されている。 Gマイルは公式サイト「G-mile. com」を通じて提携アフィリエイトサイトを利用する事でも獲得できる。 コスモ・ザ・カード・トリプル [ ] セディナCF(旧:セントラルファイナンス)発行の国際ブランド付帯のである。 サービス内容はと大きく異なり、月々のカードショッピング金額に応じて給油代金のキャッシュバック金額が決まるという、一部のCFカードで実施されているサービスに準拠した形となっている。 コスモコーポレートカード [ ] 法人での経費決済用途のコーポレートカードであり、ハウスカード単体と、JCBコーポレートカードに一体化されたものがある。 発行会社はいずれもである。 コスモ・ザ・カード・オーパス [ ] (旧:)との国際ブランド付帯の提携カードであり、2006年6月より募集開始されている。 年会費は無料。 入会当初(3か月以内)から50リットル給油分まで、1リットルあたり10円値引く入会特典がある。 2012年以降、一部のサービスステーションでWAONも利用可能になる等、コスモ・ザ・カードの主力としている節がある。 沿革 [ ] 大協石油 [ ]• (14年) - 下の中小製油業者8社が合同し、 大協石油株式会社設立。 (昭和18年)7月 - 四日市製油所新設。 (昭和24年)• - 株式上場。 - 石油元売業者に指定。 (昭和29年) - 四日市製油所で火災。 原油・重油タンク4基などが炎上。 (昭和38年) - 午起製油所が操業開始。 (昭和45年)4月 - 午起製油所を四日市製油所に統合。 (昭和59年) - 丸善石油と共に、石油精製部門を分社化し、旧:コスモ石油(精製コスモ)を設立。 四日市製油所を譲渡。 丸善石油 [ ]• (40年)5月 - 丸善礦油部創業。 (明治45年) - 丸善礦油合名会社に改組。 (昭和7年) - 下津製油所を新設。 (昭和8年)• - 丸善礦油大阪製油所が独立し、 丸善石油株式会社設立。 丸善礦油合名会社を合併。 (昭和17年)• - 寳山丸一號(868トン)竣工。 海運部門を設立。 (昭和19年)• 1月 - 海運部門を共同企業株式会社に譲渡。 6月 - 松山製油所新設。 8月1日 - 石油元売業者に指定。 (昭和24年) - のユニオン・オイル(現:)と提携。 (昭和33年) - 丸善ガス開発(現:)を設立。 (昭和34年)10月 - 石油化学部門を分離独立させ、同社の全額出資により(現:)設立• 1963年(昭和38年) - 千葉製油所が操業開始。 (昭和39年) - 丸善石油などの出資により、株式会社設立。 (昭和43年) - 関西石油堺製油所が操業開始。 (昭和48年) - (現:ENEOS)と共同で株式会社を設立。 (昭和54年)10月1日 - 関西石油を合併。 (昭和57年)• 2月 - 下津製油所廃止。 - 丸善松山石油(現:)を設立。 1984年(昭和59年)4月1日 - 大協石油と共に、石油精製部門を分社化し、旧:コスモ石油(精製コスモ)を設立。 千葉製油所・堺製油所を譲渡。 (昭和61年)2月 - コスモ石油潤滑油製造(現:)を設立。 アジア石油 [ ]• (昭和27年) - などの出資により、 亜細亜石油株式会社設立。 アウル()印を商標とする。 (昭和28年) - の横浜製油所を買収。 (昭和35年) - 株式会社(設立)を合併、 新亜細亜石油株式会社に商号変更。 函館製油所(1956年操業開始)を移管。 (昭和37年) - 亜細亜石油株式会社に商号変更。 (昭和39年)11月1日 - アジア石油株式会社に商号変更。 (昭和40年) - 、と共同で(現:ENEOS)を設立。 (昭和41年) - 販売部門を共同石油に譲渡。 (昭和45年) - 共同石油と共同で株式会社を設立。 (昭和47年)10月1日 - アジア共石坂出製油所が操業開始。 (昭和56年) - 共石グループ離脱。 (大協石油による買収)• (昭和59年) - 函館製油所操業停止。 (昭和62年)1月1日 - アジア共石・と合併。 (平成元年)2月 - 横浜製油所廃止。 大協・丸善合併後 [ ]• 1986年(昭和61年)• - 大協石油株式会社が丸善石油株式会社、(旧)コスモ石油株式会社(精製コスモ)を合併し、(新) コスモ石油株式会社に商号変更(計画段階での名称は 「大丸コスモ石油」だった。 6月 - コスモ石油ガスを設立。 (昭和62年) - ガソリンの「マグナム100」販売開始。 ガソリンスタンドの導入にあわせて、自社発行の「コスモ・ザ・カード()」の発行を開始。 後に(現:)提携の「コスモ・ザ・カード トリプル」も発行。 1989年(元年)10月 - アジア石油株式会社を合併。 (平成4年) - 「スーパーマグナム」発売開始• (平成6年) - と共同出店などで提携。 (平成16年)• のと提携し、共同店舗を出店。 (平成18年)• と提携し、「コスモ・ザ・カード オーパス」の発行を決定。 「コスモ・ザ・カード(ハウスカード)」は事業継続。 4月 - 千葉製油所で爆発火災事故が発生。 (平成19年) - 首長国の政府系投資機関である国際石油投資公社 IPIC=現 ムバダラ投資会社、上位株主名簿ではインフィニティ・アライアンスの名義で表記 がコスモの筆頭株主(20. (平成25年) - 坂出製油所廃止。 (平成27年)• - 及びと小売事業を、昭和シェル石油、住友商事及び(現:ENEOS)とLPガス元売事業を経営統合。 傘下の小売事業会社であった東北コスモガスは、株式交換によりの子会社となる。 元売事業はコスモ石油ガスが受け皿となり、会社分割により承継した対価として株式を交付。 - 上場廃止• - 単独により、持株会社の株式会社を設立。 コスモエネルギーホールディングスがコスモ石油に代わり株式上場。 販売関連事業をコスモ石油マーケティングに会社分割により承継。 新規事業 [ ] 近年では植物・農業分野への事業にも進出しており、ALA(5-アミノレブリン酸)を利用した家庭園芸用・業務用の液体肥料を子会社等を通じて販売している。 また、がデザインしたキャラクター「ALAちゃん」が出演するテレビCMも放映している。 広告活動 [ ] モーレツ [ ] 旧・丸善石油時代のに放送した「丸善ガソリン100ダッシュ」ので、に扮したが発した「オー・モーレツ」のは、昭和40年代を象徴するとなった。 はとが歌唱。 当時のポスターには「Oh! モウレツ」(「モーレツ」ではない)と記されていた。 と問題が深刻化していた1970年に放送されたのテレビCMにおいて、「モーレツからビューティフルへ」と言う的なが起用され、昭和40年代の世相やCM作品を扱う際にしばしばセットで取り上げられることが多い。 にあるの「時代別ラジオ・テレビCMコーナー」において両TVCMの視聴が可能となっている他、ポスター広告も展示されている。 2001年7月〜8月に「」のテレビCM・広告でを起用してコスモ石油がリメイクした (キャッチフレーズは「猛烈サービス・超モーレツ! 同CMは、調べによる2001年7月度の自動車・石油業界CM好感度調査で1位となった。 2006年11月10日にが「」の創刊22周年記念でを起用した「Oh、モーレツ!」のポスター広告を展開した。 このCMは時に「昭和、とりわけ高度成長期の象徴」扱いされる。 にの楽曲『』とタイアップしたのCMや、4月公開の映画『』など、小川ローザのフレーズをさせた作品もある。 この内『HOTEL PACIFIC』のやサザンオールスターズのライブでは、小川ローザと酷似したコスチュームを身に纏ったバックダンサーが出演し、「モーレツ娘」と名付けられた。 『オトナ帝国の逆襲』に関しては映画の内容から、 このCMが「昭和の象徴」として使われたものと思われる。 ココロも満タンに [ ] から使われているコーポレートメッセージ「 Heart-Full。 ココロも満タンに、コスモ石油」は、のが考案した。 なお、ラジオやテレビ放送の他、やCS放送などでもスポットCMで流れている。 また、新聞や雑誌広告にも出稿している。 このCMは好評で2007年7月から2007年12月まで、ラジオCM好感度調査でコスモ石油が6か月連続で1位に輝いている。 使用されている曲は作曲「Seeds of life」。 提供番組 [ ] テレビ [ ] 2019年5月現在• (系・PTの時がある。 (同上・PTの時がある。 (同上・不定期) その他、週替わりまたはPT扱いが多数。 (系)• (TBS系)• (フジテレビ)• (製作・系)• (製作・系)• (系・金曜、他の曜日にも提供する事がある)• (テレビ朝日系)• (テレビ朝日系)• (TBS系・月曜)• (テレビ東京系)• 一時期PT扱いを経て、再び提供クレジット化。 (フジテレビ、不定期提供、金曜。 基本的には金曜日不定期提供)• (フジテレビ、隔日提供)• (、PT扱い、2018年4月11日放送分のみ)など多数。 ラジオ [ ] 及び系列FM局にて、(ダイヤトーン)の跡を受け、番組『』がからまで放送されていた。 終了後、2017年4月1日より『』で引き続き提供を行っている。 これに合わせて共同でキャンペーン『』を展開している。 また毎年末には、各都道府県から1店ずつ系列を選び、店長に「x県のコスモ石油を代表して(利用)お礼申し上げます」というメッセージを語らせ放送している。 これらのことから、エフエム東京ではコスモ以外ののスポットCMは流れない((現・)のは例外。 ただし、番組 枠を買えば他社でも流れる。 も参照)。 その他、『』内で放送の『コスモ石油presents ママとパパのごきげんドライブ』(パーソナリティはとTBSアナウンサー)にも提供している。 その他、における単独提供番組としては、首都圏のである、、で放送中の「コスモ ディスカバリーアース」がある。 旧・丸善石油は1970年代に文化放送から全国ネットの平日(途中までは土曜日も)帯ベルト「」のスポンサーであった。 (ただし、「大相撲熱戦十番」の期間中は放送時間がずれたりもしくは文化放送・への放送は休止。 ラジオCMのみ『大相撲熱戦十番』の番組内で流す処理をしてその他のネット局にはで場所期間中は流していた。 ) 旧・大協石油は1970年代にで夕方5時から当時放送していた「」のスポンサーであった。 度は、度は、度は、度は、度は、度は、度は、度はをそれぞれ起用している。 なお、1994年度からとのコンビを起用していたこともあった。 環境活動 [ ] 石油会社の中では積極的に環境保護に対して取り組む姿勢を見せている。 前述の「コスモ アースコンシャス アクト」における「クリーンキャンペーン」や、「コスモ・ザ・カード(エコ)」及び「コスモ・ザ・カード・オーパス(エコ)」加入者からの寄付(年500円)ならびにコスモ石油グループ内からの寄付金を元に「コスモ石油エコカード基金」を設立し、様々な環境活動を支援するなどの活動を行っている。 映画による広報啓発活動 [ ] 前身企業の一つである丸善石油が、同社から石油化学部門を分離独立させてを設立した1959年から千葉製油所が操業を開始する1963年までの時期にに関する短編映画3本、『 』・『 』・『 -石油の起源-』を企画している。 このうち『ガソリン』と『潤滑油』はタイトルで示された石油製品各々の働きについて映像を使って解説しており、残る『マリン・スノー -石油の起源-』は石油の起源として今日有力視されている有機説に基づいて石油の成り立ちを探っている。 何れも東京シネマが制作しており、現在は(NPO法人・科学映像館を支える会)のWebサイト上に於いて無料公開されている。 スポーツ活動 [ ]• - 1955年から1981年にかけて活動していたチーム。 愛媛県松山市の松山製油所を拠点にしていた。 丸善石油下津硬式野球部 - 1971年から1976年にかけて活動していた。 和歌山県有田市の下津製油所を拠点にしていた。 大協石油硬式野球部 - 1960年代に三重県四日市市の四日市製油所を拠点に活動していた。 - 1966年から1996年にかけて活動していた(JSL)、(旧JFL)のクラブ。 三重県四日市市の四日市製油所を拠点にしていた。 - 1950年から1998年まで活動していたクラブ。 千葉県市原市の千葉製油所を拠点にしていた。 事故・不祥事 [ ] コスモザ・カード・ハウス会員情報流出事件• 2004年4月以降、複数人のハウスカード会員に、や・からのDM送付や電話勧誘が行われる。 その個人情報がハウス会員として登録した連絡先などと一致していた等の申告により、コスモ・ザ・カードのが濃厚となり、同月21日に役員が記者会見でその疑いが有る旨を発表した。 会員に対しては「お詫び」として同年6月にコスモ石油から50Gマイル(500円相当)が契約中の会員全てに付与が行われた。 内部調査により、先ので、同年3月頃に顧客システム移行の過程で関係社員が情報を意図的に持ち出したのが濃厚であると発表されたが、その該当社員は否定し、以後未決着のままである。 千葉製油所火災爆発事故• 2006年4月16日早朝に同製油所で爆発火災事故が発生(負傷者はなし)。 関係官庁の検査過程で各製油所で都道府県知事へ届出を行わずに高圧ガス設備などの完成工事を行う等、複数の法令違反が判明し、から全製油所への認定取り消しなどの処分を受けた。 関係官庁の立ち入り検査を毎年受けなければならず、 更に毎年停修工事を実施する為数十億円の損失が発生すると専門家は指摘している。 [ ] 千葉製油所転落死亡事故• 2008年10月9日朝、同社社員が製油所内の軽油タンク底で死亡しているのが発見された。 同社発表では前日に施設内で行方が分からなくなり、過って転落した可能性があるとして前日に警察へ捜索依頼を出していた。 2010年6月16日に同社社員が製油所内の重油直接脱硫装置で整備作業中、地上約10メートルの高所から地面に転落。 で市内の病院へ搬送されるも死亡した。 同社発表では安全帯を装着していなかった。 千葉製油所石油タンク火災• 2011年、()によって、も5強の激しい揺れに見舞われた。 この地震で千葉製油所内のLPG配管から出火しLPGタンクにまで延焼した。 同日午後5時半頃には上空800mにまでの火柱を上げるなど激しい火災となった。 の巡視船「」「あわなみ」、、の消防艇が駆けつけて放水したものの、ガスの流出を防ぐためタンク内のガスを燃やし続ける必要があり、10日後の21日10時10分にようやく鎮火した。 6名負傷(うち、全身やけどの重傷1名)。 またこの火災に関連して「有害物質を含んだ雨が降る」というが、主にを通じてインターネット上などで拡散された。 コスモ石油販売の景品表示法違反• 子会社(現在はコスモ石油マーケティングの子会社)ののカンパニーが、からにかけて、および内のガソリンスタンドでのに関する折込に於いて、「通常検査費用」を1万4,040円とし、8,640円か7,560円に値引きすると宣伝したが、実際には以降、当該の値引価格で検査した実績はなかったことが明らかになったほか、セール期間について「月末まで」としていたにもかかわらず、実際には該当月を過ぎても同様のセールを繰り返していた。 にはコスモ石油販売に対し、違反(優良誤認)に該当するとして、再発防止のを出した。 ハイオクガソリンの虚偽表示• コスモ石油が販売するについて、などが含まれていないにもかかわらず、同社公式ウェブサイト上では含まれているかのように虚偽の表示をしていたことが、に判明した。 に違反する可能性があり、少なくとも頃から続いていた模様で、は、問題があれば実態調査を実施した上で対応したいとしている。 関連企業 [ ] グループ企業 [ ] 輸送• コスモ海運株式会社 備蓄• 沖縄石油基地株式会社(持分法適用関連会社) 物流• 東西オイルターミナル株式会社(持分法適用関連会社)• 北斗興業株式会社• 坂出コスモ興産株式会社• 関西コスモ物流株式会社• コスモテクノ四日市株式会社• コスモペトロサービス株式会社 潤滑油製造・販売• コスモ石油ルブリカンツ株式会社 製造• CMアロマ株式会社 石油製品販売• SS資産管理• コスモ石油プロパティサービス株式会社 提携企業 [ ]• 株式会社• コスモ・ザ・カード関係• 丸善石油• 回顧二十年(丸善石油株式会社企画部 編) 発行、85ページ。 躍進の25年(丸善石油株式会社 編) 発行、134ページ。 35年の歩み(丸善石油社史編集委員会 編) 発行、210ページ。 大協石油• 大協石油株式会社三十年史(大協石油株式会社 編) 1969年10月発行、146ページ。 大協石油四十年史(大協石油株式会社社史編さん委員会 編集) 10月発行、527ページ。 コスモ石油• 創業ふたたび コスモ石油10年史(コスモ総合研究所、日本経営史研究所 編集) 発行、449ページ。 飛躍へのかけ橋 コスモ石油20年史(コスモ総合研究所、日本経営史研究所 編) 2006年4月発行、 260ページ。 一歩ずつ、明日へ - コスモエネルギーグループ30年の歩み -(コスモエネルギーホールディングス編)2016年発行、157ページ。 在籍していた著名人 [ ]• - 元会長・頭取• - 第91代、第22代• 脚注 [ ]• 大阪都市景観建築賞運営委員会. 2020年5月26日閲覧。 「19日に操業予定 大協石油」『日本経済新聞』昭和29年10月17日 3面• - ジャパンアーカイブズ 2019年6月18日閲覧。 、コスモ石油、2001年9月13日。 (のキャッシュ)• 、コスモ石油。 (インターネットアーカイブのキャッシュ)• 、ZAKZAK、2001年8月13日。 (インターネットアーカイブのキャッシュ)• 、SANSPO. COM、2006年11月10日。 (インターネットアーカイブのキャッシュ)• 海上保安庁『2012海上保安レポート』、25頁、27頁。 コスモ石油株式会社・コーポレートコミュニケーション部 広報室「」、2011年3月12日付、2012年9月閲覧。 毎日新聞 2017年5月12日• コスモ石油販売ニュースリリース 2017年5月12日• 毎日新聞 2020年6月28日• 毎日新聞 2020年6月29日 関連項目 [ ]• - 「コスモアースコンシャスアクト・アースデー・コンサート」として1998年から2009年まで協賛。 (ジャパンエフエムネットワーク)• - 1980年代後半、子会社「アルファロメオジャパン」を設立し、輸入したことがあった。 - 「ココロも満タンに、コスモ石油」のの考案者。 外部リンク [ ]• 広報映画〔企画/旧・丸善石油(下記3本共)〕•

次の