御霊 前 と 御 仏前 の 違い は。 「御霊前」と「御仏前」の違い・意味と使い方・使い分け

御香典・御霊前・御仏前の違いは?宗派で使い分ける!神道やキリスト教・水引についても調査!この差って何?2月26日

御霊 前 と 御 仏前 の 違い は

A ベストアンサー 実親が死亡したときの香典は、葬式費用の一部を持つ意味があります。 あとは見栄体裁の部分がありますが、これは「葬式の時に香典係をする人は誰か」によって変わります。 どういうことかと言うと、隣近所組合で「葬式時の受付をする」習慣があると、どうしても「どこのだれがいくら香典を持ってきたか」が香典の記帳をするひとにわかります。 その方が口が堅い人ですとよいですが、そうでないと「あそこのウチは、妹さんがこれだけしか包んでなかった」と言いふらされることになります。 世話になったからと香典を奮発なさる方がいるような場合に、そういう方よりも低い額を肉親が出してると、奮発して出した人に失礼だという意味合いもあるように思います。 そのため、他の回答者様が言われるように「見られても恥をかかない額」を包む必要が出てきます。 「人が出した香典の額なんて、だれも見てない」と思うと間違いで、口に出さないだけで、知られるものです。 近所付き合いがあるとしても怖いところなのです。 相場などはありませんが、最低でも10万円は包んでおきましょう。 20万円でも30万円でも良いですが、余り多くても他の肉親(ご質問者はお姉さんしかおられないのですが)が迷惑します。 多くの兄弟姉妹がいる方は、金額を統一するように話し合いがされるものです。 実親が死亡したときの香典は、葬式費用の一部を持つ意味があります。 あとは見栄体裁の部分がありますが、これは「葬式の時に香典係をする人は誰か」によって変わります。 どういうことかと言うと、隣近所組合で「葬式時の受付をする」習慣があると、どうしても「どこのだれがいくら香典を持ってきたか」が香典の記帳をするひとにわかります。 その方が口が堅い人ですとよいですが、そうでないと「あそこのウチは、妹さんがこれだけしか包んでなかった」と言いふらされることになります。 世話になったからと... Q 不思議な出来事のことで義父の火葬が昨日あり義父の娘と母親の3人でお見送りをしたんですが、棺の中に色々思い出の物や妹はビニールが掛かった手帳にメモ書き程度に手紙をその思い出の物と一緒にポーチに入れて顔の近く置いてお別れをしました。 そして骨を骨壺に入れる時にそこのスタッフがどこの骨か説明しながら骨壺に入れるんですが、あれって頭の骨に何か模様があり気になったんですがそのまま家に帰る車の中で妹が頭の模様気が着いたって聞いて来たのでああ気づいたって言いました。 不思議な事に妹が書いた手紙が頭の骨に付いていたのです、妹が自分の字だから間違いないと言ってました。 どなたかこの様な体験ありますか?お願いします。 A ベストアンサー 半分の10万円とか寄付しておけばよいのではないでしょうか。 お寺の檀家であり、でも、お墓は別の場所にある。 一般的に、遺骨という人を火葬した後の骨は、霊園などの登録した墓地に納骨する。 納骨は、事前に電話などでその日にちや時間を予約し、相手の承認を得ておくと、 その日のその時間に、遺骨を納骨するために作業してくれる人がお墓を動かして もらえます。 その際に、「お経をあげてもらいたい」と希望しますと、お坊さんを1回あたり¥2,000 の手数料とかで呼んでもらえますので、どこかのお寺の檀家でなくても困りません。 納骨には、1回最低でも1万円くらいのお金を霊園の事務所に支払いますが、火葬許可証 という火葬した時の書類の原本を提出し、コピーを返してもらうしくみです。 人の骨が、あちこちの個人の家の庭とかにあると、それは殺人なども含めると捜査 しにくいという問題があるので、「墓地に火葬許可証の原本を提出する」という風に 決められています。 みなし墓地というのは、昔からとある個人の家の広い敷地の中にその周辺に住む人が お墓を建てていったという歴史があり、昔から私有地の中に存在する墓地は、墓地と みなすので、そこに納骨しても良いという風にみなされております。 正直なお話として、他人のお墓はどうでも良いようなところもあり、お金をもらうと それを守る義務が生じるで、お金をいただかないというケースもあります。 これは お金をいただいていなければ、ある日そのみなし墓地をなくすことも可能だからと いう考えになります。 そんな感じなので、お墓のある場所に、管理費とかを支払う方が良いので、お寺の 方はどうでも良い気がします。 よくお寺などに寄付でもすれば、その人の人生に良い結果をもたらすかのような ことを言われる人がいらっしゃいますが、現実問題としては寄付をしてもしなくても その人の人生に影響を与えることとかないと思います。 お墓がお寺にあれば、それはお金を支払っていかないと、お寺が破たんするとかと いう結果になり、お墓が消えることもあり得ます。 でも、そうでない場合には、 お寺が破たんしても影響はまずないと考えられます。 ただ、何かのご縁があって檀家になっているような気もしますので、1度くらい 少し寄付をして、その後で嫌になった時に檀家をやめれば良いのではないでしょうか。 檀家制度というのは、たぶん、キリスト教などを禁止した時代に、必ずどこかのお寺 の檀家にならないといけないという強制的な制度からそのようになったと考えられます。 よく言うじゃないですか。 「物事は始まりはどうでも良くて、終わり方の方が重要」だと。 何がきっかけでそのことが始まったのか? ということはあまりどうでもよいような ことであり、その付き合いとかをやめる時に、何か気持ちなどで精算するという 感じでお世話になったお礼などをしてやめれば良いのかと思います。 半分の10万円とか寄付しておけばよいのではないでしょうか。 お寺の檀家であり、でも、お墓は別の場所にある。 一般的に、遺骨という人を火葬した後の骨は、霊園などの登録した墓地に納骨する。 納骨は、事前に電話などでその日にちや時間を予約し、相手の承認を得ておくと、 その日のその時間に、遺骨を納骨するために作業してくれる人がお墓を動かして... A ベストアンサー 親戚間での冠婚葬祭は、結婚して親とは別の所帯をかまえたときからが一人前です。 しかも、親戚間での冠婚葬祭は家単位、夫婦単位が基本。 その家を代表するもの1人、または夫婦1組が出ればじゅうぶんなのであって、一家総出、一族郎等全員引き連れていくものではありません。 子供 ご質問のひ孫 がまだ幼くて 1人で留守番できないとかなら連れて行くこともありますが、高校生にもなればそんな必要もないでしょう。 さらに言うなら、ご質問文からあなたは直系の孫ではない、すなわち分家した次男以降か他家へ嫁いだ身で、喪家の人間ではないと読みました。 出させなくて正解です。 A ベストアンサー 払えないとは、払いたくても払えないのか、そもそも過失を認めないのか不明ですが 母子家庭が理由で払わなくていいことにはならないと思います。 病院の領収書と診断書をもって弁護士等に相談すれば? 少額ですから、自分で小額訴訟もできます。 これだと費用はほとんどかからないですし。 あなたの言い分が正当なものかはわかりませんが、請求は可能です。 ただ相手に支払い能力がない場合、ない袖はふれません。 その場合、減額や分割の可能性もでてくると思いますよ。 まずは、口頭?で支払を要求し、内容証明等文書で要求。 弁護士等に相談、依頼するか(金額が小さいので費用とのかねあい) 少額訴訟するか判断にしてはどうでしょう。 時間や労力が必要なので、第三者をたてて相手と示談できればいいですね。 その際は感情は別にし、被害の費用のことだけ完結に要求。 そのためにはあなたにも譲歩は必要ですよ(早い解決を望むなら)。 たとえ自分に非がないとしてもね。 Q 供養についてお伺いしたいと思います。 10月の終わりに実父が亡くなり、実家に仏壇があるのですが遠い為、自宅で遺影の小さな写真とお花、線香。 お茶とご飯を毎日しています。 その3ヶ月後に義父も亡くなりました。 同じ様に自宅でご供養させて頂いていたのですが、実父は真言宗。 義父は浄土真宗。 幼い頃より慣れ親しんでいた真言宗のお経は、唱えらるのですが、浄土真宗は皆目わかりません。 お祀りの仕方も真言宗と浄土真宗では違うと聞きました(お茶を供える、供えない。 線香を立てる、立てない等)違いが分かっているところは、出来るだけ作法に則った仕方を・・・と、心得てしてるつもりですが、間違った供養をするくらいなら、しない方がいいのか?と疑問に思い始めました。 作法の違いや、こんな事はやめた方がいい等アドバイスをよろしくお願いします。 ちなみに両家とも、仏壇にて供養はしています。 A ベストアンサー >施主は私なので、お寺でします!で突き通しても問題ないでしょうか? 問題ありません。 それに貴方方の家ですから、義父母が家の管理についてどうこう言うのもおかしいです。 私は子の家の取得にあたってかなりの額援助しましたが、家についていっさい口出しなどしませんでしたし、今後もするつもりもありません。 そんなに言うなら、義父母に管理してもらえばどうでしょう。 >義父母との付き合いにほとほと疲れきってます… お察しします。

次の

御霊前と御仏前の違いを、教えて下さい。

御霊 前 と 御 仏前 の 違い は

皆様は「御霊前」と「御仏前」の違いは何かをご存知ですか? よく法要事の袋の表書きを書く時などにどちらを書けば問題ないのか?と悩まれることかとは思いますが、これは仏教においての一つの考え方が現れており、また同じ仏教であっても考え方の違いにより使用されないこともあります。 ではその違いを詳しく見てみましょう。 まず御霊前というのはどういう意味かというと、仏教の教えでは、人の死後~四十九日までの間は、「霊」として考えられており、霊である魂をこの世で静め、仏になる準備をされていると考えられています。 ですから霊を信じる宗派の場合は、四十九日までの間は、御霊前と考えるのが一般的です。 そして御仏前は、四十九日を過ぎ、霊である旅を終えられ、仏様となった時からこの御仏前という言葉を用いられるようになります。 ですから、四十九日や一周忌など、それ以降の法要は全てこの御仏前が使用されます。 しかし同じ仏教の教えであっても、霊の存在がないと考えている宗派があります。 それらは、浄土真宗、日蓮正宗でこれらの宗派の考えでは霊などなく、その存在を認めておらず、人はすぐ亡くなれば仏様となるとされているので、これらの宗派では通夜や告別式など、四十九日前であっても御仏前を使用します。 お葬式の場で、仏様にお供えする言葉として、一番差し支えない言葉は、「お香典」「お香資」が宗派を問わず使用出来る言葉です。 普段使用する言葉ではありませんし、それぞれの宗派の考えを深く理解していなければ、なかなか難しい言葉ではありますが、少しでも知識として頭に入れておけば、恥をかくことはありませんし、相手様に対しても失礼のない対応が出来ると思います。 大切なのは分からない言葉を分からないままにしておかないことです。 葬儀は毎回あってはならないものかもしれませんが、その機会には色々調べてみると日本人として勉強になりますよ。

次の

「御霊前」と「御仏前」の違いは?御香典や四十九日についても解説

御霊 前 と 御 仏前 の 違い は

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 突然、通夜や葬儀に参加しなければならず、不祝儀袋を買いにいった際「御香典」「御霊前」「御仏前」などが並んでいて、どれを買ったらいいのか悩む方も多いのではないでしょうか。 どれでもいいと思っている方もいるのではないでようか。 意味があって香典の表書きを分けています。 よって、 使い分けることがマナーであり、どちらでもいいということはないのです。 知らずに違う表書きで通夜や葬儀に参列すれば、自分が恥をかくだけではありません。 マナー違反ですので故人や親族に対して失礼になってしまいます。 御仏前と御霊前の違いについて、以下で詳しく解説いたします。 御仏前と御霊前はなにが違うの? 御仏前と御霊前にある「仏」と「霊」の違いはなんなのでしょうか。 仏教においては、故人が お亡くなりになられてから四十九日までを「霊」、 四十九日を過ぎて忌明けとなると「仏」になるとされています。 「御霊前」と「御仏前」の違いはここにあります。 以下で更に詳しく解説いたします。 御仏前とは? 故人が成仏した仏様の前ということを意味しています。 仏教では、四十九日法要を終えると、成仏して極楽浄土に行くという考え方があります。 「御仏前」は仏様に供える金品や供物の表書きとして用いられます。 御霊前とは? 故人の御霊の前ということを意味しています。 仏教では、人が亡くなると霊になるという考え方があります。 「御霊前」は御霊に供える金品や香典の表書きとして用いられます。 御霊前と御仏前の違いについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。 どちらが書いてある香典を使うの? 「霊」と「仏」で使い分けますので、四十九日法要を基準とすれば分かりやすいです。 亡くなってから四十九日法要を堺目にして「御霊前」と「御仏前」を使い分ける形となります。 宗派によっては、四十九日法要前でも「御霊前」を用いない場合がありますので注意が必要です。 御仏前が書いてある香典を使う場合 「仏」になってから用いる表記ですので、 四十九日法要が終わってからの法要の際は「御仏前」を用いてください。 新盆法要や一周忌法要などの香典袋や不祝儀袋の表書きは「御仏前」になります。 御霊前が書いてある香典を使う場合 亡くなってから四十九日法要までの「霊」の期間に用いる表記ですので、 四十九日法要までは「御霊前」を用いてください。 通夜や葬儀、四十九日法要などの香典袋や不祝儀袋の表書きは「御霊前」になります。 宗派による違いについて 「御霊前」と「御仏前」を分けるのは仏教の考え方から来ています。 仏教といっても宗派がたくさんあります。 宗派によっては「御霊前」を使いません。 例えば、同じ仏教の浄土真宗では、亡くなるとすぐに「仏」になるという考えです。 そのため「霊」の期間がありません。 浄土真宗では、四十九日法要前でも「御仏前」を使います。 神道の場合は「御霊前」は使いますが「御仏前」は使わず「御玉串料」「御神前」「御榊料」などを使います。 神道では仏になるという考えが無いからです。 キリスト教では「御霊前」の代わりに「御花料」を使うのが一般的です。 ただし、「御霊前」を使っても問題はありません。 亡くなったら霊魂となり、神に召されると考えられているからです。 お通夜や葬儀に参列する場合は、事前に宗派を確認しておくことをお奨めします。 香典の渡し方 香典はいつ渡せばいいのか、どうやって渡せばいいのか。 分からない方がいるかと思います。 香典を渡すタイミングや渡し方にもマナーがあります。 常識として身に付け、自分が恥をかいたり、相手に失礼がないようにしたいものです。 香典の渡し方や持っていく際の注意点について以下で解説いたします。 香典は袱紗に入れて持っていく 香典は袱紗 ふくさ に包んで持参するのがマナーです。 不祝儀袋を上着のポケットや鞄などに、そのまま入れて持参するのだけは避けてください。 渡す直前に香典を取り出し、取り出したら手早く袱紗を折りたたんでください。 また、間違っても受付に行く前や、並んでいる途中で袱紗から出すことはしないでください。 袱紗の色は男性なら青色、女性ならえんじ色が一般的です。 紫色なら男女兼用で使える色のため、持っておくと便利かもしれません。 袱紗の包み方にもマナーがありますので、知らない方は事前に確認しておいてください。 御霊前の香典の渡し方について 通夜・葬儀に参列する場合、受付の方に香典を渡すことになります。 渡し方にもマナーがあるため注意が必要です。 手順としては、 受付に着いたら一礼します。 次に お悔やみの言葉を述べ、袱紗から香典を取り出します。 袱紗のまま渡すことはマナー違反ですので注意してください。 袱紗から取出した香典は自分の正面向きになるよう袱紗の上に置き、それを180度右に回転させ、相手から見て、正面向きになるようにして手渡します。 お悔やみの言葉について、下記に例文を記載しますので参考にしてください。 法要は自宅で行うケースが多いです。 この場合、持参した香典や供物は拝む際に仏壇にお供えします。 どの様に置いたらいいのかご存じですか? 置き方にもマナーがあります。 葬儀やお通夜で香典を渡す向きと仏前で置く向きに違いがありますので注意が必要です。 仏前に香典を供える時の向きとは? お通夜や葬儀で受付へ香典を渡す時は、正面が受付側になるようにして渡します。 それに対し、 仏前に香典を供える時は、正面を自分に向けて置きます。 仏様に正面を向けてお供えすることで、仏様が慈悲を感じ、香典をあなたの方へ向けようとしますが、仏様は向きを変えられないため最初から自分の方へ向けるのだと言われています。 香典を置く向きにも意味があるため、間違わないよう、しっかり覚えておいてください。 仏前に供物を置く向きとは? 香典と一緒に故人の好きだった食べ物や御花を持参する方もいるかと思います。 香典と同様に、必ず、 供える時は自分の方へ正面を向けるようにして置いてください。 香典の御仏前と御霊前の違いまとめ• 御仏前と御霊前は「仏」と「霊」の違いで分けている。 通夜や葬儀、四十九日法要などの香典袋や不祝儀袋の表書きは「御霊前」になる。 新盆法要や一周忌法要などの香典袋や不祝儀袋の表書きは「御仏前」になる。 仏教でも宗派によっては「御霊前」を使わない。 神道の場合は「御霊前」は使うが「御仏前」は使わず「御玉串料」「御神前」「御榊料」などを使う。 キリスト教では「御霊前」の代わりに「御花料」を使うのが一般的。 ただし、御霊前を使っても問題はない。 香典は袱紗に包んで持参するのがマナーである。 斎場の受付に着いたら一礼し、お悔やみの言葉を述べ、袱紗から香典を取り出す。 お通夜や葬儀の受付へ香典を渡す時は、正面が受付側になるようにして渡す。 仏前の香典は霊前の香典と同様に袱紗に包んで持参するのがマナー。 仏前に香典を供える時は、霊前とは逆に正面を自分に向けて置く。 仏前への供物は香典同様に、自分の方へ正面を向けるようにして置く。 今後、お通夜や葬儀、法要などに香典や供物を供える場合はマナー違反にならないよう、今回の記事をぜひ参考にしてください。 「終活ねっと」では、他にも法事・法要に関する記事も多数掲載しております。 以下では、香典袋の正しい書き方について詳しく解説していますので、ぜひそちらもご覧になってください。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の