うる は ルシア。 潤羽るしあの前世(中の人)は配信者・みけ猫だった!?

釧路の美容室ルシア

うる は ルシア

カバー株式会社(以下「当方」といいます。 )は、会員にご登録頂いた個人情報について、その重要性を認識した上で本ポリシーにしたがって適切に管理いたします。 個人情報の範囲 hololiveでは、次の各号に該当する情報のうち、利用者個人を識別することができる情報を個人情報として扱います。 1)hololiveの会員登録のための画面や商品の購入を申し込むための画面、その他の画面等に利用者が記入し、当方に提供された情報 2)その他hololiveに関して、当方が利用者から提供を受けた情報 hololiveでは、事前に利用者に通知した上で当方が収集業務を委託する会社(当方と守秘義務を締結します)を除き、当方以外の第三者が個人情報を収集することはありません。 hololiveのリンク先など、当方以外の第三者が個人情報を収集するウェブサイトでは、本プライバシーポリシーは適用されず、当方では一切の義務や責任を負いかねます。 それぞれのウェブサイトのプライバシーポリシーなどをご確認くださいますようお願いします。 なお、hololiveにおいて公開される情報は、利用者個人が識別されない範囲に限っております。 情報の収集 ・hololiveでは、hololiveをご利用いただくのに必要な情報のほか、利用者の皆様によりhololiveを楽しく、便利に使って頂けるよう活用する目的で個人情報を収集させていただくことがあります。 ・hololiveでは、キャラクターのなりきり機能のために、Appleが提供するTrueDepth API等を利用して顔の表情データを取得しますが、キャラクターへのなりきり以外の目的では使用せず、取得したデータを保存したり、第三者に共有することはありません。 ・hololiveや提携企業が提供する懸賞やその他のアンケートを目的としたページまたはイベントで、個人情報をお聞きすることがあります。 ・会員がhololiveにログインした場合、当該会員がどのようにサービスを利用しているのかが当方にわかるようになります。 ・利用者がhololiveのサービスのページを閲覧したり利用したりする際に、IPアドレスやクッキー情報などを自動的に取得します。 情報の利用と開示 当方は、hololiveを通じて収集した個人情報を以下の目的のために利用します。 ・利用者ひとり一人の利用状況や趣味嗜好に適合したサービスや広告を提供、表示するため。 ・利用者の興味を知り新規サービスを開発するため。 ・プレゼント企画で当選した場合に、その商品を配送するため。 ・サイト運営上必要な告知を利用者に対して行うため ・統計分析の為 なお、統計分析の結果については第三者に広く公開することがありますが、個々の個人情報が統計分析の結果に含まれることはありません。 当方が利用者の個人情報を第三者に開示することはありません。 但し以下の場合を除きます。 利用者本人の同意がある場合 2. 利用者に製品やサービスを提供する目的で、当方からの委託を受けて業務を行う会社(当方と守秘義務契約を締結します)が情報を必要とする場合(運送業者へのお届け先情報などの開示等を指します。 これらの会社が、当該業務に必要な範囲を超えて情報を利用することはできません。 ) 3. 裁判所、弁護士会及び警察等の公的機関から、法律に基づく正式な照会を受けた場合 4. 当方の権利、財産やサービス等を保護するために必要と認められる場合 5. 人の生命、身体および財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合 また、提携企業がイベントなどでhololiveを通じて利用者の情報を収集・利用する場合には、都度その旨を利用者に明示し、本人の同意を得た上でhololiveから提携企業に情報を提供します。 クッキーについて hololiveの一部では、利用者がより満足いただけるサイトに改良/変更等するために、クッキー(Cookie)を利用しています。 クッキーとは、ウェブの閲覧等をした際に、ブラウザとサーバの間で送受信される小さなファイルです。 利用者が、ご利用のパソコンでクッキーを受け取る設定にしている場合に、お使いのパソコンの所定の場所に保存されます。 クッキーを使用することで、hololiveのサーバは特定のコンピュータがhololive内のどのページを訪れたか等(以下「クッキー情報」といいます。 )を記録することが可能となります。 ただし、利用者が、利用者自身の個人情報をhololive内に入力されない限り、利用者個人を識別することはできませんのでご安心ください。 また、利用者がご自身でクッキーの受取を拒否する、或いは、クッキーを受け取った場合に警告を表示させるようブラウザの設定を変更することができます(詳しくはご使用のブラウザの説明をご参照下さい)。 ただし、クッキーの受取を拒否された場合、hololiveのサービスの一部がご利用できなくなる場合もございます。 hololiveでは、クッキーを以下の目的で使用します。 ・不正な利用を確認するために使用することがあります。 ・よりカスタマイズされたサービスを提供するにあたり、会員を確認しhololive内の登録情報にアクセスするためにクッキーを使用します(会員が登録またはログインするときに設定されます。 ) ・効果的に広告を表示するために使用することがあります。 ・利用者数を計り、統計分析を行うために使用することがあります。 アクセスログについて 当方は、利用者の皆様がhololiveのウェブページにアクセスした際に、その情報を当方サーバにアクセスログという形で記録し一定期間保存しています。 アクセスログに記録される内容は、アクセスされた日時、IPアドレス、使用しているブラウザの種類、クッキー情報などです。 これらは当方のサーバの運用情報としてサーバの利便性の向上、サーバ管理、不正な利用に対する調査の目的で利用いたします。 登録情報に関するお問い合わせ窓口 会員登録の際などにご登録いただいた個人情報は、hololive内の所定のページにて、ご自身で随時ご変更いただけます。 なお、なんらかの理由によりご自身で変更がうまくいかない場合や、ご自身の個人情報に関しては、当方へお問い合わせください。 改訂 当方は各規約、ガイドライン及び約款(以下「規約等」といいます。 )を会員に対しての予告なしに改訂できるものとします。 また改訂された規約等は、改訂以前、以後に関わらず全ての会員に対して適用されるものとします。 改訂された規約等については、サイト上あるいは電子メールで告知されるものとします。

次の

潤羽るしあの中の人(魂)やキャラデザを担当した人は誰?ホロライブ3期生に注目!

うる は ルシア

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年3月) WOLF'S RAIN 漫画 作者 出版社 掲載誌 発表期間 - 2004年 巻数 2巻完結 話数 全11話 アニメ 原作 、 監督 キャラクターデザイン メカニックデザイン 音楽 アニメーション制作 BONES 製作 フジテレビ、ボンズ 放送局 系列 放送期間 - 話数 全30話: (総集編:第15話 - 第18話) (OVA:第27話 - 第30話) - プロジェクト ポータル 『 WOLF'S RAIN』(ウルフズ・レイン)は、制作の及び作品。 前者はから同年まで系列の一部で放送された。 途中で総集編4話が挿入され、ストーリーが完結せずに放送が終了した。 残りの4話は2004年1月から2月にとして、DVDの第9巻・第10巻やDVD-BOXに収録されている。 この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2018年3月)() 200年以上も昔に絶滅したと言われる伝説の獣・狼。 しかし、実は狼は時折その姿を人へと変え、人間たちの目を騙しながら、密かに生き延びていた。 一方、チェザの研究に没頭する余り私生活を捨て夫の元を去るシェール。 それを追う元夫のハブ。 かつて家族を惨殺された記憶を持ち狼に復讐を誓うクエント元保安官。 彼らもまたそれぞれの思惑の元、キバたちと同じ終着点を目指し、交錯していく。 登場人物 主要人物 キバ - 本作の主人公。 狼の本能で楽園を目指す白い狼。 人間の姿になった時はボサッとした黒髪と青瞳を持つ。 服は、白いシャツに黒のフライトジャケット、青のジーンズ、スニーカーを身に着け、袖は肘当たりまで捲ってある。 今まで群れをなさず、人間の姿にもならず生きてきたが、ヒゲとの出会いで一時的に人間の姿になって人間を惑わすことを覚える。 直感で行動する事が多い。 幼い頃に月の花が咲き乱れる土地に群れて暮らしていたが、人間にそこを焼き払われ唯一生き残った過去がある。 その後、人間に拾われ少しの間飼われていた。 自分にはもう群れも無い、帰る場所も無い、という絶望にも似た想いから楽園を目指す。 チェザとは他の3匹よりも仲が良い模様。 ツメ 声 - 胸に傷のある灰色狼。 人間の姿になった時は灰色の髪に金瞳を持つ。 ぴっちりとした肩と腹の出る形の黒いレザーのような服を着て、金のピアスを着けている。 狼ゆえのずば抜けた身体能力を利用して人間のフリをして窃盗団のリーダーになって生活していたが、手下の裏切りに遭ってしまう。 貴族を嫌っているため、当初はチェザに不信感を持っていた。 胸にある傷は昔の仲間に付けられたもの。 戦闘能力は極めて高く、人間の姿の時はナックラーに刃物がついたような武器を使っている模様。 狼の姿の時にも爪を使った攻撃を使う。 転落死させてしまったゲルと重なったためか、トオボエに思い入れがある。 仲間の狼の中では一番大人であるが、素直になれず喧嘩早い一面もある。 ヒゲ 声 - 敏感な嗅覚を持つ狼。 毛はこげ茶で体毛が多く太ってみえる。 人間の姿になった時は明るい茶色の髪。 肩に黒いスジが入り袖が灰色の黄色いパーカーとややだぼっとしたズボンを穿いている。 あちこち気ままに放浪していた所を貴族に捕らわれているキバに出会い、面白そうだからという理由で楽園を目指す旅に同行する。 飄々とした雰囲気を持っている。 小太りで食べ物には目がない。 元々は群れで行動していた模様。 基本的には女好きだが、吹雪の中、女性と子供は休ませるようキバに仕向けるなど、頼れる一面も見せる。 トオボエ 声 - 茶色の狼。 4匹の中で最も幼く、カラスにも馬鹿にされるほど気弱で怖がり屋。 人間の姿になった時は赤茶色の上着に緑のズボンを穿いている。 狼の時と同じく右腕(右前足)に腕輪を嵌めている。 長い間人間に飼われていたが、飼い主と死に別れたため生活に困っていた。 飼われていた時に付けられた腕輪をずっとしている。 好んで遠吠えをするが肝心な時に遠吠えを忘れてしまうなど、まだ幼い面を見せる。 口癖は、主に「今準備してるんだよ! チェザ 声 - オーカム(声 - )のラボで研究材料にされていた少女。 その正体はダルシア一世が錬金術で月の花から生み出した人間・花の少女。 一人称は「これ」。 薄い桃色の髪と深紅の瞳が特徴。 金の輪を首と手首に嵌めている。 狼を特別に惹き付ける力がある。 ダルシアにラボから連れ去られた後、飛行機から逃亡しキバ達に出会う。 食事はせず、水を飲み日光を浴びる事を必要とする。 花なので長い間、水や日光を浴びないと枯れてしまう。 水が足りないと茶色の脈状の筋が首や顔に浮き、苦しそうにする。 植物と話が出来るらしい。 ハブ・リボウスキー 声 - オーカムの傘下の警察官で、シェールの元夫。 クエントを捕まえた事から徐々に狼を取り巻く謎に巻き込まれていき、シェールがチェザを探しに旅立った事をきっかけに警察官を辞め、クエントと共にシェールを追う旅に出る。 離婚したシェールとはまだ気があるためか度々連絡をとっている。 シェール・ドゥグレ 声 - オーカムのラボでチェザの研究をしていた女性科学者。 月の書を持っており、チェザの研究にのめり込むうちに狼を取り巻く謎に巻き込まれていく。 ハブとは夫婦であったが、お互いの距離が次第に離れたため離婚した。 クエント・ヤイデン 声 - 狼の抹殺を目的として放浪している元保安官で、ブルーの飼い主である男性。 家族を狼に惨殺されたと信じているため、復讐のために全ての狼を殺す事を誓っている。 でやなどを常に持ち歩いて浴びるように飲んでいる。 を使用するを携行している。 ブルー 声 - クエントと一緒に狼抹殺の旅をしていた雌の。 人間の姿になった時は赤いスカーフと黒いコートの青瞳の女性。 チェザとの偶然の接触で、狼の血に目覚めたためクエントから離れる。 自分が何者か知るべくキバ達の旅に同行する。 しかし、クエントを嫌いになった訳ではなく、離れている間も「親父さん」とクエントを想う。 旅が進むにつれ、ヒゲに魅かれてゆく。 戦闘力も比較的高く、他の狼にひけをとらない。 ダルシア三世 声 - 没落した貴族の男性。 チェザについて熟知している。 普段左目に眼帯をしているが、そこには狼の目が隠されている。 恋人のハモナが楽園病になったことから楽園を目指している。 その他の人物 ハモナ 声 - ダルシアの恋人。 楽園病にかかり深い眠りについていたが、ジャガラ侵攻の際に命を落とす。 ジャガラの双子の妹。 ジャガラ 声 - 貴族の女性。 各地のドームを破壊できる程の大きな軍隊を持ち、狼専用の特殊部隊を使い狼を捕獲している。 侍従(声 - )がいる。 貴族のみの楽園を開く「月光炉」を持つ。 ハモナの双子の姉。 妹と同じ男「ダルシア三世」に恋をし破れたため、狼を駆逐する侵攻の際、妹を殺害する。 ダルシア一世 声 - ダルシア家の始祖。 200年前に「滅びの日」を提唱した。 ゲル 声 - ツメがリーダーをしていた窃盗団のメンバーの少年。 逃走路である高所のパイプから足を滑らせツメに助けられそうになるも、掴まれた左腕に狼に噛みつかれているイメージを見て驚愕しツメの手を振り解き(もしくはツメの方がその表情に驚いた為手を離してしまい)転落死してしまう。 第3話でトオボエがパイプから滑落しそうになるシーンでも全く同じシークエンスで展開され、その差異が印象付けられる演出となっている。 チェン 声 - ツメがリーダーをしていた窃盗団のメンバーの少年。 赤のヘルメットを被っている。 セド 声 - ツメがリーダーをしていた窃盗団のメンバーの少年。 メガネ型のゴーグルを掛けている。 ミュウ 声 - の少女。 キバが永遠の園へ迷い込んだ際に現れた。 キバに対して好意的に接しこの場に留まるよう誘うが、その正体はかつて巨大な毒草の餌食になった魂であり現世での記憶をほぼ失った状態(人格や理性はある)。 事実上疑似餌のような役割を担っている。 後に長老(声 - )によってキバの魂が戻された際には涙ながらに別れを言い彼を現世に帰した。 レアラ 声 - ニット帽を被っている優しい少女。 父親(声 - )と一緒にドームに住んでいる。 空腹だったトオボエにソーセージを与える。 これに恩義を感じたトオボエは彼女に近づこうとするが、幼さゆえの失敗で彼女の飼っている鷹を殺してしまう。 その結果に驚いたトオボエが意図せずに狼の姿を現してしまい、レアラにショックを与えてしまう。 ネーゼ 声 - ダルシアに仕える女性。 ひたすらダルシアに従っていたが、ジャガラ侵攻の際に扉に磔にされていた。 その後、空中艇の撃ったビームの爆発に巻き込まれる。 生死は不明。 ザリ 声 - 人間の街に住む狼の群れを統率するリーダー。 人間時の姿は中年の男性。 左頬に大きな切り傷がある。 かつて楽園を目指していた。 コール 声 - ザリの元で暮らす女狼。 狼時の姿は描写されていない。 ヒゲに食糧を与える。 モス 声 - ザリに従う狼。 よそ者であるキバらを排除しようとしないザリの方針に不満を感じ、仲間とともに彼を見限る。 ハス 声 - 断崖絶壁にある空中都市の少年。 チェザを追ってきた奪還隊隊員に対して盗みを働き、負傷した所をクエントから手当を受ける。 終始無口であった。 イーク 声 - 移動民族の男。 トオボエを狼狩り部隊と勘違いして襲いかかる。 彼の属する民族はのような風俗をしており、動物を崇める風習がある。 ティア コミック版にて登場した森林地帯にある集落の少女。 アニメ版におけるレアラの立場にあり、最終話にも登場している。 用語 200年以上昔に絶滅したとされる伝説上の生き物。 しかし、実際は特殊能力を使って人間になりすまし(「特殊能力」というのは狼を人間の姿に見せる視覚効果のようなものであり、大抵の人間には人間の姿で見えるが、一部の人間や動物には狼の姿で見える)、人間社会に溶け込んで生きている。 そのため、作中では相当数が生存している。 楽園を目指せる唯一の存在。 月光により、治癒能力を高めることができる。 楽園 この世のどこかにあるとされる伝説の場所。 かつて人間文明が滅びた時には、狼はそこで住んでいたらしい。 そこには、月の花が一面に咲き乱れ、不安が一切ないとされるが、実際に辿り着いた者もそこから帰ってきた者も誰一人としていない、と言い伝えられている。 最終話で楽園の意義が明らかとなる。 月の花 月光を浴びて咲く花。 楽園にはそれが一面に咲き乱れている。 月の花の香りは楽園の在り処を示すという。 チェザは、この花から生み出された。 かつては至る所に咲いていたようだが、人間の文明発達にともない、絶滅したらしい。 葉や花の形状は月下美人に似ている。 ハナビト 声 - 貴族が研究していた月の花から高度な技術を用いて人工的に創りだされた人間。 複数体が研究されていたようだが、チェザを除いて失敗した模様。 作中には、ハナビトの生き残りが登場している。 月の書 旧世紀に狼や楽園、月の花などについて書かれた書物。 元はシェールが持っていたもので後にハブに託された。 色々な不思議を持った本で最終話にも伏線のような形で登場している。 なお、表紙及び内容にはが使用されている。 貴族 文明が崩壊した後に国家や政府に代わった自治組織。 ドームなどに住む一般人とは比較にならないほど裕福な生活水準で暮らしている。 貴族の大多数がをモチーフにした風俗をしており、を思わせる仮面をつけている。 ダルシア、オーカム、ジャガラなどが貴族である。 各勢力は物語進行の過程で敵対することになる。 また、各勢力は空中艇やなどを所有した軍事組織を持っている。 また、貴族とは単なる身分・組織ではなく、人間とは異なる種族であることが本人達の会話から伺える。 人間 かつて狼が作ったとされる種族。 また狼が長い年月を経て人間へと変わるパターンもある。 現在でその事を知っている人間は皆無であり、完全に人間化した狼もそれを忘れている。 スタッフ• 原作 - 、• 監督 -• キャラクターデザイン -• 美術デザイン - 、武半慎吾• メカニカルデザイン -• 美術監督 - 森川篤• 色彩設計 - 水田信子• 撮影監督 - 荒川浩介• 音響監督 -• 音楽 -• プロデューサー - 、高梨実、• アニメーション制作 - BONES• WOLF'S RAIN 1 ()初版発行• WOLF'S RAIN 2 (講談社)初版発行 ソフト化 DVD 日本ではから単品DVDが全10巻、DVD-BOXが全1巻ずつ発売された。 BD 日本では未発売だが、アメリカでは発売に向けてアップコンバートを希望する連絡がボンズへ来たという。 脚注 [] 注釈.

次の

潤羽るしあの前世(中の人)はみけにゃん!魂発覚で顔バレ!

うる は ルシア

多肉植物ハオルチアとは ハオルチアは、ハオルシアとも呼ばれており、南アフリカが原産の多肉植物です。 500種類くらいの品種があると言われていますが、今なお、様々な交配種がたくさん作り出されていることから、実際には500種類以上の品種があると言われています。 ほとんどの種類は、春と秋に生長期を迎える「春秋生育型」で、サイズもそれほど大きくなく、生長しても15cm程です。 ハオルチアを大きく分類すると、「軟葉系」と「硬葉系」に分ける事が出来ます。 軟葉系の品種は、葉っぱが柔らかく透明感のあるのに対し、硬葉系の品種は、硬い葉っぱを持ち、シャープな印象を与える物が多いです。 軟葉系の多くの品種は、光を取り込むために「窓」と呼ばれる、淡く白色に透けた部分が葉っぱにあり、品種によって光の通し具合や色合いなどが、それぞれ違います。 また、硬葉系よりも多肉質で太く短い葉っぱとなっています。 硬葉系は、葉っぱが硬くまるでアロエのような、スライリッシュでシャープなフォルムをしています。 葉先は尖ったものが多く、その葉っぱが放射状に広がり幾何学的に整った姿になります。 また、葉先の尖っている部分は「ノギ」と呼ばれています。 このように、軟葉系と硬葉系では全く見た目も違うので、バリエーションが豊富で、そのためコレクターも多く、希少な品種は、高額で取引されています。 スポンサーリンク ハオルチアの育て方 原産地では、岩の隙間や背の高い草の根元など、直接日の光が当たらない場所に生息する多肉植物なので、直接的な日の光よりも、明るめの間接的な光を好みます。 そういう意味では、室内での栽培にも向いているといえるでしょう。 逆に、暑さや寒さに弱いので、夏場は涼しく風通しの良い室内に置き、冬場は、暖かい日当たりの良い室内に置いて育てましょう。 秋から春にかけては、明るい半日陰に置いて、たっぷりと間接的な光に当てて下さい。 この季節であれば、直接光が当たっても大丈夫ですが、葉っぱを綺麗に保つには、軽く遮光したほうが良いでしょう。 また、真夏の強すぎる日差しに当たると、葉焼けを起こしたり蒸れて根腐れを起こしたりして、株が弱ってしまうので、なるべく直射日光が当たらない場所で管理して下さい。 水やりに関しては、基本的には乾燥気味に育てますが、原産地では、雨季の間何日も雨に当たっていることもあるので、少しであれば多めに水やりしても、元気に育てってくれます。 目安としては、土の表面が乾いた後2~3日経ってから与えると良いでしょう。 また、夏や冬は、休眠期で生長が一時的に止まるので、夏の水やりは控えめにし、冬は完全に断水してしっかりと休眠させましょう。 ハオルチアの種類 軟葉系と硬葉系、それぞれのタイプ別に紹介します。 ハオルチア軟葉系 万象(まんぞう) 生えていた葉っぱを途中でばっさり切ったかのように、先端が平らになった葉っぱが特徴の万象は、自生地では、外敵から実を守るために、土の中に潜って葉っぱの表面だけを地面の上に出して、そこから光を集めて光合成を行っています。 生長がゆっくりで、30年ほどかけても5cmほどしか生長しません。 そんなこともあり、なかなか高い値段で流通しており、斑入りの品種などは、ウン百万で取引されているものもあるようです。 ハオルチアの根は、細い髭のような根っこを伸ばすものが多いのですが、万象は太い根っこを真っ直ぐ伸ばすため、鉢は、深さがあるものを選ぶようにして下さい。 玉扇(ぎょくせん) ハオルチアの中では有名な品種で、多肉質な葉っぱは、扇を広げたような形で生えています。 また、葉っぱの先端は、万像のように途中で切断したかのような平らな形をしています。 先端の断面には、日の光を取り込みやすいようにレンズの役割を果たしていて、土に潜ったままでも光合成が出来るように進化した姿だと言われています。 スポンサーリンク オブツーサ ハオルチアの代表種ともいえる品種がこのオブツーサで、ハオルチアと聞くと、オブツーサを思い浮かべる人も多いと思います。 「雫石」という通称も持つこの品種は、葉っぱの上の部分「窓」と呼ばれる半透明なところがあり、そこから内部まで光が通り、キラキラした美しい葉っぱが特徴です。 オブツーサの品種の中には、「白肌オブツーサ」や「紫オブツーサ」といった品種があり、白肌オブツーサは、通常のものより白っぽい色をしています。 紫オブツーサは、紫色をしており、通常のオブツーサより生長がゆっくりです。 また、オブツーサ・トゥルンカータという品種は、通常のオブツーサよりも葉先が丸く、ぷりりんとしています。 ピクタ 葉っぱの先端の丈夫にのみ窓があるのが特徴で、株元から沢山生えた三角柱の葉っぱは、真上から覗くと三角形の葉っぱが折り重なって生えているように見えます。 ピクタは種類が多く、窓が透明な品種やレースのような窓の品種、モザイクのような窓の品種などが様々です。 ベヌスタ 原種であるベヌスタの葉っぱの表面は、白くて産毛のような毛に包まれているのが特徴で、その細かな毛は、時には透き通って見えることもあります。 また葉色は、個体によって様々です。 ベヌスタは、ハオルチアの様々な品種との交配種があり、手頃な値段のものから高額なものまであります。 ピリフェラ 葉っぱの先に、硬葉系でも見られる「ノギ」と呼ばれるトゲのようなものがついているのが特徴で、軟葉系の中では、大きな窓が付いています。 一見痛そうなノギですが、ピリフェラのノギは柔らかく、また同じ品種でも、ノギの長さは個体によって長いものや短いものがあります。 rakuten. ムンドゥーラの葉っぱは、縦に刃物でバッサリと切られたような形をしており、その断面のような所に、窓があります。 比較的耐寒性はありますが、霜が当たるような寒さには耐えることが出来ません。 また、葉焼けを起こしやすいので、直射日光に当たらないように注意が必要です。 salchu. html 白い細かな毛に全体を覆われた姿が特徴のセミビバは、一見サボテンのように見えますが、細かな毛は、ノギが伸びたものなので、サボテンのトゲのように硬くはありません。 セミビバの個体によっては、葉っぱの表面が見えなくなるほど毛で覆ってしまい、ハオルチアの特徴ともいえる窓が見えなくなるほどです。 ただ、そんなセミビバも、苗が小さい間は、毛(ノギ)が生長していないので、葉先にあるきれいな窓を楽しむことが出来ます。 青雲の舞(ビッタータ) 明るいきれいな緑色の葉っぱの葉先がツンと尖って、窓は、葉っぱの先端から根元にかけて放射状に入っています。 窓が大きめなのでとても美しく、「青雲の舞」という名前も納得です。 その割には、普及種であるため意外と安価で流通しています。 球形に生長する特徴があり、葉っぱの縁にはノギが付いていますが、品種によってはノギがないものがあります。 また、青雲の舞は、ハオルチアの中では、中型の種類で、生長すると15cmほどにまで大きくなります。 rakuten. 窓は葉脈に沿ったように入っています。 そのため、光に当てると、窓に透けて黄緑色になっている葉っぱの中を、葉脈の濃い緑が映えてとてもキレイです。 シンビフォルミスの原産は南アフリカで、雨季の間は、何日も雨に当たることがあるので、乾燥気味に育てる多肉植物の中では、比較的水を好む性質があります。 そのため、シンビフォルミスを育てる場合は、他の多肉植物よりも、少し多めに水やりをするといいでしょう。 コンプトニアナ 肉厚でむちむちした印象を与えるコンプトニアナの葉っぱには、その表面に様々な模様があり、その模様が存在感を際立たせています。 この模様は、三角形に入った窓と葉っぱを走る白線から作られています。 窓は、放射状に広がった葉っぱの表面を全体的にあるため、一見すると、柔らかそうに見える葉っぱですが、実際に触ると硬いゴムのような感触です。 コンプトニアナは、ハオルチアの中では生長が早く、またたくさんの光を必要とします。 光が少ないと徒長してしまうので、真夏の強すぎる直射日光以外は、日の光が十分に入る明るくて風通しの良い場所において育てて下さい。 レツーサ 葉っぱの先端は尖っていて、葉先の平面にある窓には、筋模様が入っていて、まん丸で柔らかな印象のオブツーサに比べると、スッキリとしてスタイリッシュな印象を与えます。 レツーサには、交配種がたくさんあるため、大型の品種から小型の品種まで豊富にあります。 レツーサの中で有名なものだと、美しい斑入りの「寿」があります。 プラニフォリア 肉厚で幅広の葉っぱがロゼット状に広がるとても美しい品種です。 鮮やかで優しい色合いの緑色の葉っぱが特徴で、その葉っぱが円形状に広がる様子は、まるで蓮の花のようで、プラニフォリアが一株あるだけでも、とてもエレガントで華やかな印象を与えてくれます。 普段は、緑色をした葉っぱですが、紅葉シーズンになると、葉っぱの先がピンク色に染まり、見る人を楽しませてくれます。 暖かい季節になると、薄いピンク色の花を咲かせてくれるので、1年を通して様々な姿を楽しむことが出来ます。 しかも、生長が早く丈夫な性質なので、初めてハオルチアを育てる人にもオススメです。 ssl-lolipop. html 硬めの葉っぱを持つパークシアナの生長は、とてもゆっくりの小型の品種です。 ある程度まで育つと、それ以上大きくならず群生します。 先端が尖った葉っぱの表面は、ザラザラとした質感なので、マットな肌感で、その見た目から和名を「群鮫」と呼ばれています。 水分不足になると、葉っぱの色が黒く変色し、張りもなくなるので、生長期には水切れしないようにしっかり水やりをして下さい。 十二の巻 セダムやエケベリアなどに混ざって売れていることも多いようですが、ハオルチアの硬葉系の中では、よく見かける品種で、硬葉系の代表種といっても過言ではないほどです。 濃い緑の細長い葉っぱの先端は尖っていて、その葉っぱが放射状に真っすぐ伸びていきます。 葉っぱの外側に入る、白い縞模様が特徴です。 硬葉だと、直射日光に強そうなイメージですが、実際は直射日光が苦手なので、室内の明るい場所に置いて育てましょう。 十二の塔 葉っぱの形や色、模様の葉入り方は、十二の巻とよく似ていますが、それよりも葉っぱが短くこじんまりとしています。 また、「塔」と名前がつく通り、葉っぱが塔のようになって育ち、株元から仔吹きして形よく群生してくれます。 ニグラ ニグラとは、「黒質の」という意味があり、その名の通り葉っぱは、黒みがかっています。 しかも、その葉っぱの表面には、イボのような細かい突起があり、ザラザラとした質感であるため、和名では、「黒鮫」という名前が付いています。 竜鱗(りゅうりん) 葉っぱの表面に竜の鱗のような網目模様が入っているのが特徴で、その葉っぱが塔のように上へどんどん重なって生長します。 尖って鋭い葉っぱは、三角形で放射状に生える品種です。 竜鱗という名前だけ聞くと、なんだかとても厳つくて、どっしりとしたイメージですが、竜鱗の葉っぱには、すけ感があるため、実際見てみると、名前から感じる重厚感はそれほどありません。 竜鱗は、葉焼けをすると、とても目立ってしまうので、直射日光が当たらない場所で管理するように気をつけて下さい。 瑠璃殿(るりでん) 肉厚で硬い葉っぱが、重なり合うように生えています。 先が尖って三角形のような形の葉っぱは、少しずつ位置をずらしながら生えているため、上から見ると渦を巻いたような螺旋状になっています。 「ストリアータ」とも呼ばれる瑠璃殿は、ハオルチアの中では比較的大きく生長する品種で、大きいものだと20cm近くまで育ちます。 weblio. 松の雪は和名で、「ハオルチア・アテナータ」という別名もあり、そちらの名前で呼ばれることもあります。 冬の星座 なんともロマンチックな名前のこの品種は、濃い緑の葉っぱに、白い大きめの斑点が横並びに入っているのが特徴で、まるで、白いドットで描かれたボーダー柄をしています。 葉っぱの緑が濃い分、斑の白色とのコントラストが鮮やかで、華やかな印象を与えます。 ビスコーサ ビスコーサの特徴は、やはり硬くて先が尖った濃い緑の葉っぱでしょう。 その硬い葉っぱは、まるで葉っぱの塔のように連なりながら上へと育っていきます。 先が尖った葉っぱが連なっている姿は、幾何学的でスタイリッシュで、どこかヤシの木やシュロなどの南国の木々をイメージさせます。 そんなスタイリッシュでクールな印象のビスコーサですが、春から夏にかけて、白に黄緑色の筋が入った長細いラッパ型の花を咲かせます。 しかし、ビスコーサよりも、葉っぱは柔らかく、少し丸まっている分多少柔らかな印象を与えます。 ハオルチアは、結構高価な金額のものが多いですが、樹形もシンプルでハオルチアの中ではリーズナブルな価格設定がされた品種です。 rakuten. そんな橋の名前がついたこのハオルチアの葉っぱは、やはり美しい弧を描いて育ちます。 葉っぱには凹凸があるため、光の当たり具合によって、葉っぱが光って見えることもあります。 pinterest. 生長はとても遅く、葉っぱが段になって重なっているものやカーブを描いているもの、直立するものなど、樹形は様々です。 まとめ ハオルチアの種類を系統別に紹介しました。 宝石のようにキラキラとしたきれいなものから、スタイリッシュなものまで、様々な種類が存在するハオルチア。 育て方もそれほど難しくはないので、もし気に入ったものがあったら、コレを機会に、育ててみてはいかがでしょうか?.

次の