隣のヤング。 ワンパンマンについて

ヤングエースUP

隣のヤング

3-2. 第1話の衝撃! で第1話を見た時に 本当にゾッとしました!! 最初は、少女漫画? というくらいに絵が綺麗で 内容も日常的な大学生の 日常のお話しかと思いました。 【隣の悪女 引用】 そこへ、花音が入ることで、 あ!これ三角関係のドロドロ的な流れだ! っと思い読み進めていきます。 【隣の悪女 引用】 桐太と花音は高校時代の同級生。 そのこともあって、仲良くなる二人。 【隣の悪女 引用】 あぁぁぁぁ 亜里子の立場がぁぁぁぁぁ。 そんな中、廊下で花音と会う桐太。 夕飯を作りすぎて貰って欲しいと。 【隣の悪女 引用】 鳥の唐揚げ。 【隣の悪女 引用】 うんうん! まぁ別に隣の家の人からのおそすわけ。 漫画の世界ではよくあるよねぇ。 一方、隣にいる亜里子の部屋では 飼っていた鳥がいなくなった!? 【隣の悪女 引用】 ゾワッ!!!!!!! え!?待って!!? ・・・・まさかね。 一色花音の目的は? 衝撃的なスタートを迎えた「隣の悪女」 花音の目的は!? なぜ桐太に近づくの!? 詳しい事は実はまだわかっていません。 ただ第2話で桐太の回想のような言葉が。 の法則 水の入った鍋に蛙を入れて 鍋をゆっくり熱していくと 蛙は茹でられていることに 気づかないまま 逃げることなく死ぬ 【隣の悪女 引用】 【隣の悪女 引用】 【俺は蛙だった そのことに気づいてなかった】 どういうことーーーーー!? 桐太どうなったの!? そして、第3話では 【花音ちゃんは復讐するため 引っ越してきた】 【当時の俺は何も知らなかった】 廊下で管理人さんと会う花音。 手には殺虫剤。 害虫でもいましたか?という 管理人さんの問いに 【隣の悪女 引用】 3-4. 花音の計算された恐ろしい行動 もう、花音の計算された行動が怖すぎる! 第1話で亜里子が飼っていた 鳥のぴーたんを探しに行こうと話す二人。 それを壁一枚挟んだ横には花音。 【隣の悪女 引用】 しかも鳥の羽持ってる!! そして、桐太と同じタイミングで ドアを開ける。 【隣の悪女 引用】 スゴイグウゼンー(棒) そしてこれも計算? 雨の日の花音。 ブラジャー着けてない!! 透け透けで見えた状態でこの態度。 【隣の悪女 引用】 これも計算!? そして美少女花音からの告白 【隣の悪女 引用】 この続きは是非本編でご覧ください。 そしてそして、第3話では 花音の魔の手は亜里子迄! 【隣の悪女 引用】 そしてそしてそして、 第4話では桐太にも!! 【隣の悪女 引用】 何度も叫びますが、 一体何が目的なのーーーー!? 第5話では、そんな二人の元に 亜里子帰宅!! 【隣の悪女 引用】 どうなる!? 気になる続きは本編をお楽しみください。 最後に もう、「なんで?」「どうして?」が続く サスペンスホラー作品です!! 絵は本当に綺麗なんです。 だから最初は桐太を取り合う 女のドロドロした三角関係の話しかと 思っていたのです。 しかし、これは 復讐物語だったのです! どうして復讐をするのか、なぜ桐太が 狙われているのかは今の所わかりません。 しかし、1話1話話しが作りこまれていて 物語に引き寄せられるのです。 そしてこの後、更なる事件が!! コンニチハ!!

次の

ヤングエースUP

隣のヤング

僕の大好きなヤングジャンプ!! キングダム、元ヤン、ゴールデンカムイ、ブンゴ等を収録し、最近の週刊誌の中では 唯一買うに値する週刊誌だ!! (あくまでも僕の基準ですよw そんなヤングジャンプに 超面白い新連載が始まった。 これでますますヤングジャンプは盤石になっていく!! 少年ジャンプとはエライ違いだ(笑) 噂のその新連載とは…….。 【隣の悪女】 スポンサーリンク 隣の悪女とは 現在ヤングジャンプにて3話目を連載中の恋愛?漫画。 (2018年4月10日現在) 著作権の関係があるので、絵を掲載できないのが残念ですが、少女漫画風のキレイな絵です。 (是非ヤングジャンプで見て下さいね) 作者は 玉木ヴァネッサ千尋 もう名前からして、何かやってくれそうな普通じゃない名前ですよね。 しかし、告白する事もなく、片思いのまま高校を卒業していた過去がある。 主人公の彼女と隣の悪女は見た目も性格も真逆の女子。 タイトルからして、 隣の悪女が主人公を誘惑するような漫画だと思うであろう。 しかし、俺の予想は大きく裏切られた!!!(笑) 主人公を誘惑するのは 当然なのだが、 まぁ、当然ですよねw まさかの第一話で、主人公と彼女の二人が飼っていたピーさん(文鳥?) をカラアゲにして主人公に食わせる残虐さ!!! (確実にピーさんを調理した確証はないが、完全にそんな描き方。 鳥が行方不明になったタイミングでニヤニヤしながらカラアゲを食わせていた) そして、第二話では偶然を装い、主人公とばったり会い、 主人公と公園でキスをし告白。 (主人公はギリ断る) まさかの第三話では主人公の彼女亜里子に近づき、少しずつ仲良くなる。 さらには「女の子しか好きになれない」と言い、 亜里子ともキスをしようとする(所で三話が終わった) まさかの主人公だけではなく、 主人公の彼女までもを手玉にとろうとする悪女。 かなり予想を裏切られた行動に仰天!!!! 隣の悪女は主人公に復讐をするために隣に越してきた。 と書かれてあるシーンがあったので、一体二人の過去に何があったのかも、これから明らかになっていくだろう。 (主人公は、花音に話しかける事すらできないような人なのに、一体何をやらかしたと言うのかは不明だが) これから先が異様に楽しみだ。 これはただのドロドロ漫画じゃないぜ!!! きっとこれからも期待を良い意味で裏切り続けてくれるだろうと思う。

次の

ヤングジャンプの新連載、隣の悪女がドロドロしてて超面白い【漫画感想ブログ】

隣のヤング

「 ヤングジャンプ」はこの項目へされています。 増刊号である 月刊ヤングジャンプについては「」をご覧ください。 週刊ヤングジャンプ WEEKLY YOUNG JUMP 愛称・略称 ヤンジャン、YJ ジャンル 雑誌 刊行頻度 (木曜日発売) 発売国 言語 出版社 編集部名 週刊ヤングジャンプ編集部 発行人 (2013年7月現在) 編集長 刊行期間 1979年5月 - 発行部数 52万部(2018年1月 - 3月調べ) レーベル ウェブサイト 特記事項 1981年に週刊化。 『 週刊ヤングジャンプ』(しゅうかんヤングジャンプ、WEEKLY YOUNG JUMP)は、が発行するの。 (昭和54年)5月に誌『 ヤングジャンプ』として創刊し、(昭和56年)の週刊化に伴い誌名を変更。 毎週発売。 略称は「 ヤンジャン」、「 YJ」。 概要 [ ] 5月に創刊。 『』の二代目編集長であったが創刊編集長を務めた。 現在刊行中の週刊青年漫画誌として最長の歴史を持つ。 集英社は青年漫画誌として(昭和44年)より『ジョーカー』を発行していたが同誌は半年で休刊となっており、10年振りとなる青年漫画誌であった。 『ヤングジャンプ』の誌名の由来は、当時のの名称を流用したものである。 創刊時の編集方針は「(性を内包した)・・(からの解放)」。 これは『』の三大方針である「友情・努力・勝利」を受け継ぎつつ、の枠を取り払った自由度の高い青年誌において何を描くかという視点から生まれたものであり、いずれも想定読者層である10歳代後半から20歳代前半の頃に誰もがぶつかる壁でもあった。 とは同じジャンプ系列の雑誌であるが、編集部同士の交流はほとんどない。 元・週刊少年ジャンプ編集長のによると「週刊少年ジャンプと週刊ヤングジャンプは集英社内ではライバル関係であり、基本的に互いの編集方針や宣伝には関与しない」とのことである。 表紙は、創刊からしばらくはによるのであったが、その後1980年代後半には掲載作品、1990年代前半より女性アイドルグラビアに変わり、以降2014年現在に至るまで原則としてグラビアが表紙を飾っている。 また、まれに表紙に男性が起用される場合もある((1993年1号)、(1995年18号)、(2000年16号の第2表紙)、の一員(2010年40号)、(2015年17号)、(2018年47号)など)。 2000年代に入り、掲載作品のカラーイラスト中心のデザインが用いられるようになった。 『』(2001年35号)を皮切りに、『』(2013年31号)、『』(2014年15号)、『』(2014年19号)、『』(2017年35号)などがある。 漫画だけでなく、や、などへのインタビュー記事なども誌面に盛り込んでいる。 また、をデビュー直後からグラビアに掲載し、頃から始まる「広末人気」を強く後押しした。 その信頼関係から、にが広末の進学先の大学名に関して取材に躍起になっていた時期に『ヤングジャンプ』のみが、広末自身の心境を吐露した記事を掲載した。 1990年代以降、他メディアで取り上げられる作品を多く輩出し、「サラリーマン金太郎」「」「」「」「」「」「」などの作品はドラマ化、「」「」「」「」「」「」「極黒のブリュンヒルデ」などの作品はアニメ化、「ALIVE」「スカイハイ」「GANTZ」などの作品は映画化された。 掲載作は「」に収録される。 2018年3月29日発売の17号より電子版の配信を開始した。 2019年に創刊40周年を迎え、それを記念して同年10月19日にヤンジャン文化祭が開催された。 トレードマークキャラ [ ] 初代の Mac Bearと2代目 Buddy Bearがいる。 いずれもをモチーフとしてがデザインを担当している。 初代のデザイン時にモチーフがクマとなったのは、松下にデザインを依頼した副編集長(当時)の依頼に因る。 初代の Mac Bearは松下にとって初めてとなるオリジナルキャラクターであり 、創刊からよりしばらくは毎号の表紙を飾っていた。 1999年の『YJ』20周年を期に2代目の Buddy Bearに交代。 表紙をグラビアが飾る2014年現在においても表紙と裏表紙に必ず描かれている。 歴代編集長 [ ] この節のが望まれています。 (1979年1巻1号 - 1983年)• ( - ) - 創刊スタッフの一人であり 、初代副編集長。 (1992年 - 1995年)• 日野義則(1995年 - 2000年)• 古田秀樹(2000年 - 2004年)• 田中純(2004年 - 2009年29号)• 今井孝昭(2009年30号 - 2012年31号)• (2012年32号 - 2013年47号)• (2013年48号 - 2014年)• 嶋智之(2014年 - 2019年)• (2019年 - 現職) 連載中の作品 [ ] 以下、2020年7月2日(2020年31号)現在連載中の作品。 月1連載作品や不定期連載作品も含む。 作品名 作者(作画) 原作など 開始号 備考 りある いのうえ たけひこ - 1999年48号 シリーズ連載 きんくたむ はら やすひさ - 2006年9号 こおるてんかむい のた さとる なかかわ ひろし (アイヌ語監修) 2014年38号 ふんこ にのみや ゆうし - 2015年3号 かくやさまはこくらせたいてんさいたちのれんあいすのうせん あかさか あか - 2016年17号 『』より移籍 すなつくはすえ ふおひとうん しふかわ - 2017年33号 くつとしよふ もとみや ひろし たかの ひろし (原作) 2018年29号 シリーズ連載 かくやさまをかたりたい しいすりい いた あかさか あか (原作) 2018年34号 『』のスピンオフ作品 しやとおはうす そうまとう - 2018年40号 ふうあいあむこれかしふんだというかかやき とみさわ こうき わうわう ふうあいあむ ふろしえくと『』プロジェクト 2018年47号 シリーズ連載 りひとおす かさはら まき - 2018年49号 めいといんひつこみゆうす さんかくへつと - 2018年50号 ももさふらつとていかあ すきと あきら - 2019年9号 かわいそうにねけんきくん こみや かい - 2019年14号 ひんひんふくふくなすなさま いなは そおへえ - 2019年42号 くほさんはもふをゆるさない ゆきもり ねね - 2019年47号 くうろんしえねりつくろまんす まゆつき しゆん - 2019年49号 当初は通常連載 2020年14号からはサイクル連載 2勤1休連載 きみのことかたいたいたいたいたいすきなひやくにんのかのしよ のさわ ゆきこ なかむら りきと (原作) 2020年4・5合併号 がんつい かけつ しん おく ひろや (原作) 2020年6・7合併号 「GANTZ」のスピンオフ作品 月1連載 はんす なかの ゆうすけ - 2020年10号 しようねんのあひす みねなみ りよう - 2020年13号 あはくもの はは あきふみ - 2020年14号 おおらい はしもと すすひら - 2020年15号 おしのこ よこやり めんこ あかさか あか (原作) 2020年21号 ふたりほつちのおたさあのひめ くうるきようしんしや - 2020年22・23合併号 しゆひたりあ かしやま ひろつく - 2020年24号 うまむすめしんてれらくれい ひさすみ たいよう すきうら まさふみ・ いとう しゆんのすけ (ストーリー) さいけえむす (原作) 2020年28号 「ウマ娘 プリティーダービー」のコミカライズ版 すたんとあつふすたあと ふくた しゆう - 2020年29号 休載中 [ ] 作品名 作者(作画) 原作など 開始号 備考 てらふおおまあす たちはな けんいち (画) さすか ゆう (作) 2012年22・23合併号 『』より移籍 休載中 過去の連載作品 [ ]• ()2000年4・5合併号 - 2002年44号• (・)1979年2号 - 1981年1号• ()2000年17号 - 2003年21・22合併号• ()2018年41号 - 2019年25号• ()2011年30号 - 2012年10号• ()1994年43号 - 1995年9号• (・)2006年10号 - 2007年19号• ()2005年35号 - 2006年16号• ()2000年42号 - 2001年25号• ()2015年32号 - 2016年19号• ()1999年10号 - 1999年29号• ()1989年45号 - 1990年37号• ()1984年 - 1987年• (・)2000年 - 2001年• ()1996年38号 - 1998年50号• ()1992年• ()1994年35号 - 1996年34号• ()1981年 - 1985年• ()1979年1号 - 1980年20号• ()1984年 - 1987年52号• ()2002年11号 - 2002年23号• 犬のジュース屋さんZ、2007年21・22合併号 - 2009年2・3合併号• ()2005年9号 - 2005年44号• (作:、画:)1995年15号 - 1997年11号• ()2006年24号 - 2018年4・5合併号• ()1998年36・37合併号 - 1999年2号、不定期連載• (鈴木祐美子)1990年21号 - 1992年30号• ()2015年40号 - 2015年49号、短期集中連載• ()2016年36号 - 2017年44号• (・)1986年23号 - 1992年24号• ()1993年 - 1994年• 栄光なき天才たち2009(・原案:)2009年48号 - 2010年7号• 栄光なき天才たち2010()2010年8号 - 2010年40号• 栄光なき天才たち2011(・監修:、原案:)2011年47号 - 2012年4・5合併号• ()1991年 - 1992年• ()2002年26号 - 2003年6・7合併号• ()1996年9号 - 1999年29号• ()2002年27号 - 2005年39号• (原作:、構成:、漫画:、キャラクター原案:)2014年06・07合併号 - 2014年26号、短期集中連載• ()2003年17号 - 2007年08号• ()1985年20号 - 1996年18号• (・)1981年 - 1983年• ()2010年19号 - 2011年25号• おはにゅ〜 -女子アナコレクション-()2011年3号 - 2012年29号、月1連載• ()1993年27号 - 1994年45号• 〈刑事編〉()1979年1号 - 1981年18号• 〈三四郎編〉()1992年21・22合併号 - 1993年52号• ()2011年21号 - 2011年46号• (STORY:、ART:)1993年25号 - 1996年5・6合併号• (・)2003年52号 - 2007年17号、月1連載• ()2010年49号 - 2011年18・19合併号• ()2004年41号 - 2012年41号• ()2017年21号 - 2017年49号• ()2003年47号 - 2005年52号• ()2013年32号 - 2015年4・5合併号、第一部完• ()2015年2号 - 2015年43号• ()2006年42号 - 2010年12号• ()2007年35号 - 2008年48号• ()1985年 - 1988年• ()2003年10号 - 2010年33号• ()2019年27号 - 2020年9号• ()1996年52号 - 2005年18号• ()2015年33号 - 2016年12号• ()2006年39号 - 2007年47号• 仮面ティーチャーBLACK 2013年21・22合併号 - 2014年46号• ()1990年51号 - 1991年30号• (作:、画:)1991年14号 - 1991年47号• ()2001年7号 - 2013年2号• ()2000年4・5合併号 - 2013年29号、途中より隔週連載• ()2002年• ()1981年31号 - 1985年51号• ()1995年47号 - 1997年27号• (原作:、構成:、漫画:)2016年22・23合併号 - 2017年10号• (・)2005年24号 - 2007年14号• ()2001年3・4合併号 - 2002年24号• キャプテン翼 海外激闘編 IN CALCIO 日いづる国のジョカトーレ 2009年23号 - 2009年47号• キャプテン翼 海外激闘編 EN LA LIGA 2010年11号 - 2011年21号• キャプテン翼 海外激闘編 EN LA LIGA 最終章 2012年16号 - 2012年19号• ()2001年 - 2002年• (原作:、漫画:)2012年46号 - 2013年15号• ()1980年 - 1985年• ()1991年 - 1992年• ()1985年 - 1989年• 孔雀王 退魔聖伝 1990年 - 1992年• ()2002年49号 - 2005年9号• ()2016年43号 - 2017年45号、第一部完• クノイチノイチ! (・)2002年41号 - 2003年18号• ()1992年 - 1993年• ()2015年41号 - 2016年31号• ()2013年39号 - 2017年29号、第一部完• (・)2008年21・22合併号 - 2009年19号• 2003年35号 - 2012年34号• ()2008年48号 - 2010年15号• ()2012年09号 - 2016年18号• ()2012年44号 - 2013年35号• ()2004年23号 - 2005年25号• (原案:、原作:・、作画:)2007年48号 - 2011年48号、最後の4話のみ月1連載• ()1980年 - 1981年• ()2004年1号 - 2005年24号• ()2002年25号 -2003年13号• ()2011年32号 - 2014年43号• ()1991年 - 1992年• ()1983年28号 - 1987年28号• ()2002年02号 - 2003年5・6合併号• (Karte:、Operateur:)1997年44号 - 2001年8号• (漫画:、ストーリー協力:)2018年30号 - 2019年8号• ()1996年 - 2002年• ()2008年13号 - 2014年17号• () 1994年30号 - 2002年9号• サラリーマン金太郎マネーウォーズ編 2005年49号 - 2006年37・38合併号• 新サラリーマン金太郎 2009年7号 - 2011年12号• サラリーマン金太郎 順不同 2010年18号 - 2011年1号• サラリーマン金太郎 五十歳 2015年20号 - 2016年11号• ()2011年52号 - 2012年22・23合併号• ()1995年 - 1996年• ()1994年13号 - 1996年52号• ()2019年34号 - 2020年15号• (漫画:)、原作:)2019年26号 - 2020年4・5合併号• (・)2004年29号 - 2004年33号• ()1979年 - 1981年• ()2019年17号 - 2020年9号• ()2005年14号 - 2010年48号• 、2011年16号 - 2011年24号、短期集中連載• ()2010年40号 - 2013年34号• ()2005年27号 - 2008年08号• ()1988年24号 - 1994年03・04合併号• COMAGOMA、2000年6号 - 2004年17号• (海野そら太)2005年26号 - 2006年24号• ()2014年35号 - 2017年33号• ()2012年49号 - 2013年52号• ()1995年 - 2001年• (原作:、漫画:、企画協力:、ストーリー構成・脚色:、メインキャラクターデザイン:)2019年41号 - 2020年30号、『』のコミカライズ• ()2010年7号 - 2010年50号• ()1988年15号 - 1989年25号• (原作:、作画:)2011年15号 - 2011年51号• ()2005年16号 - 2005年38号• シリーズ()• スカイハイ、2001年16号 - 2002年19号• スカイハイ・カルマ、2003年08号 - 2003年30号• スカイハイ・新章、2003年36・37合併号 - 2004年50号• ()2006年8号 - 2006年37・38合併号• ()1983年38号 - 1983年41号• ()2011年33号 - 2012年49号• ()1979年創刊号 - 1980年4号• ()2004年42号 - 2005年19号• ()2001年51号 - 2002年20号• ()2002年48号 - 2014年34号、途中から月1連載、第一部完• ()2017年53号 - 2018年42号• ()1985年21号 - 1986年1・2合併号• ()2002年28号 - 2003年6号• ()1998年43号 - 2000年45号、月1連載• ()1989年 - 1990年• ()2012年30号 - 2014年12号• ()2017年30号 - 2018年26号• (、作・原案:)1992年28号 - 1993年1・2合併号• ()1987年51号 - 1990年27号• ()2001年48号 - 2006年4・5合併号、月1連載• ()2004年10号 - 2004年44号• ()1996年47号 - 2000年2号• ()1996年24号 - 1997年45号• (・)1980年 - 1982年• ()1993年 - 1996年• ()1991年• ()2005年8号 - 2005年11号• ()2003年24号 - 2004年35号• ()1997年 - 1998年• ()1990年 - 1994年• ()1993年30号 - 1996年43号• ()2012年37・38号 - 2012年40号 3週集中連載• (原作:、作画:)1983年 - 1985年27号• ()2010年6号 - 2012年30号• ()1995年 - 1998年• ()1991年 - 1992年• (・)1997年51号 - 1998年43号• ()2003年48号 - 2004年10号• ()2011年41号 - 2014年42号• 東京喰種 トーキョーグール:re()2014年46号 - 2018年31号、「東京喰種 トーキョーグール」の続編• ()2001年33号 - 2004年6・7合併号、月1連載• ()1980年7号 - 1981年25号• (原作:、漫画:)1982年 - 1983年• ()1979年1号 - 1980年22号• (原作:・作画:)2001年24号 - 2002年45号• ()2013年24号 - 2013年30号• (竹田エリ)2008年18号 - 2010年17号• ()2018年5・6合併号 -2019年30号• ()1995年27号 - 1997年46号• ()2014年27号 - 2015年31号、連載前は不定期掲載シリーズ読切• ()2000年51・52合併号 - 2001年51号• ()2011年34号 - 2011年44号• ()1989年10号 - 1992年29号• ()2003年3号 - 2003年51号• ()2010年23号 - 2011年15号• ()2013年28号 - 2014年13号• ()1999年45号 - 2005年2号• ()2006年41号 - 2014年33号• ()1980年2号 - 1980年13号• ()1983年10号 - 1988年10号• ()1990年 - 1991年• ()2018年43号 - 2018年52号、第一部完• (・)1979年1号 - 1982年14号• ()2018年32号 - 2019年24号• (原作:、漫画:)2010年29号 - 2011年31号、2011年33号に「特別編」掲載• ()2002年10号 - 2002年40号• (原作:、漫画:、キャラクター原案:)2011年48号 - 2012年30号• ()2010年27号 - 2015年12号、不定期連載• (シナリオ:、漫画:)2013年51号 - 2015年2号、途中から月1連載• ()2005年28号 - 2005年34号• ()2000年12号 - 2000年53号• ()2003年19号 -2003年48号• ()1983年41号 - 1986年6号• ()2014年13号 - 2015年2号• ()2004年33号 - 2004年50号• ()2011年13号 - 2011年34号• ()2004年20号 - 2011年10号• ()1997年52号 - 2000年4・5合併号• ()2013年13号 - 2013年21・22合併号• ()1986年• ()1990年50号 - 1994年5・6合併号• ()2011年49号 - 2013年35号• ()2004年11号 - 2004年31号• ()2013年15号 - 2017年50号• 干物妹! うまるちゃんG 2017年53号 - 2018年20号• ()2017年10号 - 2018年17号、不定期連載• (原作:、漫画:)2017年44号 - 2018年29号• ()1991年 - 1994年• (作:、画:)2003年40号 - 2004年11号• ()1979年1号 - 1982年1号• (作:、画:)2015年21・22合併号 - 2017年21号• ()2018年1号 - 2018年23号• ()1998年33号 - 2000年15号• ()2017年1号 - 2017年51号• ()1997年 - 2001年• ()2010年8号 - 2014年6・7合併号• ()2007年8号 - 2011年46号、月一連載• (原作:、漫画:)2017年24号 - 2018年13号• ()1991年 - 1995年• ()1999年20号 - 2001年3・4合併号• ()2018年21・22合併号 - 2018年28号、短期集中連載• (原作:・作画:)1996年36・37合併号 - 1999年51号• ()2014年02号 - 2016年24号• (、協力:)1994年5・6合併号 - 1997年13号• ()2019年24号 - 2019年45号• ()1989年36号 - 1990年16号• ()1997年6・7合併号 - 2000年30号• ホットマン2003、2003年18号 - 2003年21・22合併号• ()1996年34号 - 2000年17号• ()1990年 - 1992年• ()2005年25号 - 2006年50号• ()2007年5・6合併号 - 2007年18号• ()1989年 - 1990年• ()1987年18号 - 1989年8号• (企画・原作:、演出・脚本:、漫画:、協力:『ミエリーノ柏木』製作委員会)2013年7号 - 2013年29号• (・)2001年12号 - 2001年46号• ()1984年21号 - 1987年50号• ()2004年28号 - 2005年35号• ()2011年42号 - 2019年40号• ()1982年49号 - 1987年33号• ()で2006年40号 - 2007年27号• ()2004年02号 - 2007年46号• ()2002年46号 - 2004年20号• ()2008年27号 - 2010年20号• もぐささんは食欲と闘う 2016年31号 - 2017年35号• (・)2005年40号 - 2006年18号• ()2015年23号 - 2018年36・37合併号• ()1999年37・38合併号 - 2005年10号• ()2013年33号 - 2014年20号• (原作:、作画:井上紀良)2003年9号 - 2010年16号• ()1995年3・4合併号 - 1997年33号• ()2005年36・37合併号 - 2006年40号• ()1979年 - 1980年• (谷岡ヤスジ)1980年 - 1987年• ()2001年20号 - 2001年41号• ()2009年49号 - 2010年31号• ()1984年21・22合併号 - 1986年32号• ()2005年10号 - 2005年23号• ()2016年32号 - 2017年52号• ()2001年31号 - 2005年20号• ()2014年14号 - 2017年30号• ()2010年34号 - 2011年3号• ()1997年 - 1999年• (・)2004年 - 2007年• (原案:、漫画:、ストーリー協力:)2015年15号 - 2015年34号、『』より移籍• ()2014年11号 - 2015年1号• ()2005年12号 - 2015年8号、不定期連載• ()2013年5・6合併号 - 2013年21・22合併号• ()2011年39号 - 2012年14号• ()1996年45号 - 1996年48号• ()2007年30号 - 2008年12号• ()2014年20号 - 2019年25号• ()1987年35号 - 1988年11号• ()2017年31号 - 2018年23号• (・)2005年17号 - 2005年44号• ()2015年8号 - 2015年28号• ()1987年51号 - 1990年9号• ()1988年32号 - 2001年44号、月1連載• ()1979年 - 1984年• ()1994年 - 1998年• ()2003年15号 - 2005年22・23合併号• ()1997年20号 - 2000年34号• ()2000年 - 2001年• (原作 :・著者 :)2007年10号 - 2007年44号• ()2001年21・22合併号 - 2002年28号 発行部数 [ ]• 2004年(2003年9月 - 2004年8月) 1,136,666部• 2005年(2004年9月 - 2005年8月) 1,081,459部• 2006年(2005年9月 - 2006年8月) 1,006,875部• 2007年(2006年9月 - 2007年8月) 967,250部• 2008年(2007年10月 - 2008年9月) 939,896部 発行部数(2008年4月以降)() 1〜3月 4〜6月 7〜9月 10〜12月 2008年 935,417 部 920,834 部 900,917 部 2009年 851,667 部 838,334 部 820,834 部 805,834 部 2010年 770,834 部 755,000 部 746,154 部 738,334 部 2011年 723,084 部 675,637 部 682,084 部 675,834 部 2012年 662,500 部 650,000 部 636,667 部 624,167 部 2013年 611,667 部 602,500 部 599,167 部 598,462 部 2014年 598,182 部 598,334 部 591,667 部 588,462 部 2015年 577,273 部 574,167 部 564,167 部 563,462 部 2016年 561,250 部 553,333 部 550,000 部 546,250 部 2017年 535,000 部 532,500 部 534,167 部 530,833 部 2018年 522,500 部 512,500 部 505,417 部 485,538 部 2019年 467,209 部 466,075 部 449,000 部 433,077 部 2020年 421,909 部 この節のが望まれています。 派生誌・増刊号 [ ] 『YJ』は集英社における青年漫画誌の源流であり、同社の多くの青年漫画誌が『ヤングジャンプ増刊』として始まっている。 このため派生誌の単行本もレーベル下からの発行となっている。 ただし、青年漫画誌の中でも『』は『YJ』創刊後に『』の増刊号として始まっており、『YJ』からの派生誌ではない。 このため単行本もからではなくからの発行となっている。 1月13日、休刊した月刊ヤングジャンプに代わり、新たな兄弟誌『』が創刊された。 増刊号 [ ]• 派生誌 [ ]• (休刊)• webYJ [ ] 『webYJ(Web YOUNG JUMP)』は、ヤングジャンプ公式サイトの略称。 かつて、サイト内で本誌連載作品の新エピソード連載が行なわれていたが、現在は『となりのヤングジャンプ』にウェブ上での新作発表の場を譲り、webYJの「オンラインマンガ」はもっぱら本誌作品の試し読みおよびMANGAグランプリ入賞作品発表の場として運用されている。 以下は『webYJ』で連載された漫画作品の一覧である。 略称は「 となジャン」。 連載作品 [ ]• 過去の連載作品 [ ]• ヤンジャン! [ ] 『ヤンジャン! 』は、集英社の公式マンガアプリである。 『YJ』本誌や『となジャン』連載作の最新話や、過去の人気作品を読むことができる。 基本的に木曜日発売。 ただし、木曜日が祝日の際は水曜日発売となる。 この段落は、「BEARS 30th LEGEND 週刊YJクロニクル 第1回」『週刊ヤングジャンプ』2009年6号(1月22日号、31巻4号、通巻1423号)集英社、424 - 425頁を参照。 週刊ヤングジャンプ1998年10月29日46号「REAL 広末涼子ロングインタビュー」より• コミックナタリー 2018年3月28日. 2018年4月21日閲覧。 2004年2月10日. 2009年1月27日閲覧。 「BEARS 30th LEGEND 週刊YJクロニクル 第2回」『週刊ヤングジャンプ』2009年7号(1月29日号、31巻5号、通巻1424号)集英社、434 - 435頁。 モバイル版でのお気に入り追加時のアイコンを参照• 『週刊ヤングジャンプ』2012年28号406頁より。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• tonarinoyj -• - チャンネル.

次の