ソフトバンク光料金。 「ソフトバンク光が高い!」料金の見直し方法と請求額が安くなる節約術!

2020年【ソフトバンク光料金は高い?】大手7回線比較&高額特典!

ソフトバンク光料金

ソフトバンク光が実は非常にお得、という話を聞いて、 ドコモ光と比較してみました。 ドコモユーザーによくありがちなのですが、なぜソフトバンクではなくドコモを利用しているのかというと、ソフトバンクに対してなんとなく、漠然とした不信感を抱えていたりする人が案外少なくなかったりします。 別に過去にトラブルがあったとか、そういうわけでもなく、です。 私も実は昔からそういう傾向があり、最近こそ平等に見ることができるようになってきたものの、相変わらずソフトバンク系サービスはほとんど利用していません。 ただそんな思い込みを捨ててしっかり内容を確認すると、やはりドコモ光よりもソフトバンク光がお得な部分もあるのかもしれない、と思い、内容を 確認して比較してみました。 ソフトバンク光の料金 まずはソフトバンク光の基本的な料金内容について確認しておこうと思います。 ソフトバンク光の基本料金は、ドコモ光よりもさらにわかりやすく、 マンションプランで月額3800円、 戸建プランで5200円です。 ドコモ光のマンション・タイプAが4000円、戸建・タイプAが5200円なので、戸建は同額、マンションはソフトバンクの方が200円安い設計となっています。 これだけで比較が完了するのであれば非常にわかりやすく単純な話ではあるのですが、セット割引やオプション、キャンペーン、選べるプロバイダーの違いなどがあるため、そう簡単にはいきません。 以下、順番に解説していきます。 ソフトバンク光の「おうち割 光セット」の割引内容 ソフトバンクを利用しながら自宅のインターネット回線をソフトバンク光にした場合のセット割引が、「 おうち割 光セット」です。 ドコモにおけるドコモ光パックと同じですね。 ただ、その割引内容は大きく異なります。 おうち割 光セットの場合の割引は、データ定額5GB・20GBの場合には2年間1回線あたり1522円の割引、3年目以降は1008円の割引です。 データ定額30GBの場合には毎月2000円の割引、3年目以降は1008円の割引です。 もしスマホでなく3Gケータイを利用している場合には、毎月ずっと500円の割引となります。 ここまで見ても、ドコモとはずいぶん仕組みが異なります。 当初24ヶ月間の割引額 それ以降の割引額 データ定額ミニ 1GB 500円 500円 データ定額ミニ 2GB 500円 500円 データ定額 5GB 1522円 1080円 データ定額 20GB 1522円 1080円 データ定額 30GB 2000円 1080円 データ定額(3Gスマホ) 443円 443円 データ定額(3Gケータイ) 500円 500円 おうち割 光セットの大きな特徴としては、 回線ごとに割引が適用されるという点で、例えばソフトバンクのスマホをデータ定額5GB、または20GBで家族三人が利用している場合、それぞれの回線から1522円が割引される形となり、合計すると3人分で4566円が割り引かれる形となります。 ドコモ光の場合には光とペアになる回線のみが割引適用されるため、一見ソフトバンク光の方がお得に思えなくもありませんが、 ドコモの場合、家族で利用する場合にはを利用することを前提としているため、一概に比較もしにくいところです。 例えばソフトバンクでドコモのシェアパックにあたるサービスとしては家族データシェアがありますが、 家族データシェアを利用している場合、おうち割 光セットでは割引対象外となるため、結果的に家族データシェアを利用しない方がお得になるケースが出てくるわけです。 ドコモの場合、シェアパック15で1800円の割引、ウルトラシェアパック30では2000円の割引が適用され、しかも二年限定という区切りもなく、ずっとその割引が適用されるため、そう考えるとむしろソフトバンク光よりもお得かもしれません。 もっと言うと、光の比較からは少し離れますが、シェアパックを利用するとドコモではも選択可能となりますし、購入機種によってはも利用できます。 しかし、ソフトバンクは格安サブブランドである ワイモバイルがあるがゆえに対抗プランをいまだ発表していないので、完全にドコモ有利と言ってよさそうです。 光の話に戻りますが、回線ごとに割引されるからソフトバンク光の方がお得、といえばそうかもしれませんが、その分回線ごとのデータ定額の基本料金がかかってきて高くついてしまうため、回線ごとに1522円割引されても結果としてドコモのシェアパックの方が回線数が増えれば増えるほど、1回線あたりの料金は安くなる可能性が高いわけです。 もちろん回線数と選択するデータ容量によって変わりますが、この辺りは意外にわかりにくい落とし穴と言えそうです。 おうち割 光セットは小容量プランもサポート おうち割 光セットでは、データ定額30GBで2000円、20GB、5GBで1522円の割引が二年間適用されますが、データ定額2とデータ定額1の小容量プランを利用している場合にも割引が適用されます。 ドコモの データSパックに適用される 期間限定割引は 1年間のみ500円の割引なので、ソフトバンク有利ですね。 ちなみに、おうち割 光セットの公式ページを見ても、データ定額2とデータ定額1に言及している部分が少なく、なかなか見つけにくいです。 もしソースを確認したいのであれば、最終的に「おうち割 光セット」の提供条件書を確認するとしっかり記載されています。 ともかく、永年割引という 部分について、純粋にソフトバンク光のドコモ光に対するアドバンテージと言ってよさそうです。 おうち割 光セットには必須オプションがある この点は、実は非常に見落としやすいポイントでもあります。 何しろ、ソフトバンク光の公式ページを見ていても、目立つ形では書いていないので、 初見ではほぼ見落とします。 私も途中まで完全に気づきませんでしたが、実際に申し込みページに進んだところで気づきました。 こうあります。 (月額500円~) つまり、元々電話を利用しようと考えていたユーザーであれば、あまり気にする必要はないのですが、電話など必要なくインターネットのみ利用しようと考えていたユーザーについては、 「おうち割 光セット」を適用させるためには強制的に月額500円が追加される形となります。 つまりは割引額が500円減るのと同じことですね。 これはしかし、を利用した際の au スマートバリューと構造としては似ています。 au スマートバリューも適用には 光電話が必須とされていますので、月額500円はどうしてもかかります。 ということは、です。 ドコモ・au・ソフトバンクの三大キャリアの光回線インターネットサービスにおいて、電話や追加オプションを必須としていないのは、ドコモの「ドコモ光」だけなのです。 この点については、ドコモの良心と考えたいところですね。 ソフトバンク光はプロバイダーの選択が不可能 ドコモ光の場合、ドコモ光対応プロバイダーが数多くあるため、NTTフレッツ光で利用していたプロバイダーをそのまま引き継ぐことも多くのケースで可能なのですが、ソフトバンク光の場合にはプロバイダーの引継ぎができるのは Yahoo! BB(ヤフーBB)のみで、そのほかのプロバイダーを利用している場合にはすべて、プロバイダーはヤフーBBに切り替えという形になります。 フレッツ光からドコモ光に転用する場合でも、プロバイダーが変更になる場合、それが一つの障壁となって転用に踏み切れないケースがあると思います。 それがソフトバンクの場合はより顕著で、転用に踏み切れないケースも多いのではないかと思われます。 ただ、ドコモ光の場合にはどうしても変更になってしまうヤフーBBが、逆にソフトバンク光ではそのまま継続可能という利点もあるので、ヤフーBBユーザーにとってはソフトバンク光は申し込みしやすいコラボ光であるといえそうです。 新規契約の場合もソフトバンク光ではプロバイダーの選択はできず、自動的にヤフーBBを利用する形となります。 ただ、新規契約の場合には転用よりもそれほど抵抗はないと思います。 ソフトバンク光の工事料はキャンペーンで相殺できる? ソフトバンク光を新規で申込する場合、これは当然のことながら 工事料金が発生します。 ドコモ光についても、が、ソフトバンク光においても工事料はどうしても発生します。 しかも、理由はよくわかりませんが、ソフトバンク光の方が、ドコモ光の新規の場合よりも工事料金の設定が若干高めです。 ドコモ光の場合は新規工事費が戸建で 18000円ですが、ソフトバンク光は 24000円です。 しかし、その工事料金分を、 他社光回線からの乗り換え新規契約であれば、キャンペーンによって事実上ゼロにすることができます。 ただし、乗り換え新規のみなので、 通常新規の際には適用しません。 通常新規であれば、あきらめて工事料金を支払うしかありません。 ちなみにドコモ光の場合には、乗り換えでも通常新規でもdポイント10000ポイント、転用でも5000ポイントがもらえます。 ソフトバンク光のもう一つのキャンペーンとして、他社インターネット回線解約時の違約金全額キャッシュバックキャンペーンが実施されています。 この二つのキャンペーンをどちらも活用することができれば、初期費用としてはかなり有利に他社から乗り換えることができます。 ソフトバンク光とドコモ光の違いまとめ こう内容を見てくると、どうやら必ずしもソフトバンク光がドコモ光に対して有利である、とは言えないようです。 というか、ドコモユーザーが利用するのであれば、やはりドコモ光を選択するのが一番です。 特に家族が多い場合にはシェアパックを活用し、かつ dカード GOLDによる高還元ポイントもゲットし、最大限にお得に利用することができるはずです。 加えて、Wi-Fiルーターについても無料でレンタルすることがあるも存在しています。 同じように、今までのプロバイダーに不満がある、という場合には、ドコモ光に変更するにあたって別のプロバイダーを選択したり、あとから別のプロバイダーに変更したりすることもできるわけです。 ソフトバンク光と比べると、格段に選択肢の幅が広いといえます。 他社からの乗り換えキャンペーンについては、ソフトバンク光はかなり手厚いキャンペーンを用意しているため、一見お得に見えたりもするわけですが、この辺りもよくよく検討してから答えを出しましょう。 そもそもドコモユーザーがソフトバンク光を利用するという選択肢はほとんどないので、利用するとしたらドコモを完全に解約してケータイ/スマホごと固定回線もソフトバンク光へ、という流れになると思います。 となると、ソフトバンク光というよりもトータルでのコストを出していく必要があるのですが、シェアパックとdカード GOLDを持つドコモはやはり有利であるといえそうです。 ドコモ光についての詳細内容は、改めて「 」にて確認されてください。

次の

ソフトバンク光の料金は結局いくらなの?かかる費用をまとめてみた

ソフトバンク光料金

ソフトバンク光に関わる料金のおさらい ソフトバンク光を最安値にするためのお得な申込方法や料金シュミレーションする前に、基本的なソフトバンク光の料金についておさらいしておきます。 月額料金や初期費用などが解らないままにシュミレーションしても意味がないのでしっかり確認しておきましょう。 ソフトバンク光の月額料金 自宅でソフトバンク光を利用してインターネットをする場合、当然ですが月額料金の支払いが必要です。 ソフトバンク光の月額料金は以下のように2つに分かれます。 集合住宅 戸建住宅 ソフトバンク光 月額料金 3,800円 5,200円 出典: マンションやアパートなどの集合住宅の場合は月額3,800円。 一戸建てのような戸建住宅の場合は月額5,200円でソフトバンク光を利用することが出来ます。 もちろん、月額料金の中にプロバイダ料も含まています! ちなみに、ソフトバンク光以外のネット回線の月額料金も同じように集合住宅の方が安いので戸建住宅の人は怒らないでくださいね~ 初期費用(工事費と事務手数料) 続いてソフトバンク光の初期費用に関する事をおさらいします。 開通工事費 ソフトバンク光を自宅で利用するためには、利用する光回線を自宅へ引き込む工事が必要です。 その為、 開通工事費の支払いが初期費用として発生します。 工事費• フレッツ光ネクストから転用する場合 不要• フレッツ光を利用中でない場合• フレッツ光ネクスト以外のフレッツを利用中の場合• 他社から乗り換えの場合 24,000円 出典: NTTフレッツ光ネクストを現在契約中の人がソフトバンク光へ 転用する場合は工事不要なので工事費が必要ありません。 それ以外の人は24,000円の開通工事費が必要と考えておいた方がいいでしょう。 SoftBankのスマホを契約している• ソフトバンク光の代理店キャンペーンサイトから申し込む 上記2つのポイントを以下で詳しく解説します。 おうち割光セットで割引 SoftBankのスマホを契約している人がソフトバンク光も契約すると、スマホも自宅ネット回線もSoftBank契約になるので 「おうち割 光セット」というセット割が適用できるようになります。 契約中プラン 毎月の割引額• データプランメリハリ/データプランミニフィット• データプラン50GB+/データプランミニ• データ定額 50GBプラス/ミニモンスター• データ定額 50GB/20GB/5GB• パケットし放題フラット for 4G LTE• パケットし放題フラット for 4G• 4Gデータし放題フラット+ 1,000円• データ定額(おてがるプラン専用)• データ定額ミニ 2GB/1GB• データ定額(3Gケータイ)• パケットし放題フラット for シンプルスマホ• (iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE• (タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G 500円 出典: 上記のようにソフトバンクのスマホや携帯電話の 契約中プランによって毎月の割引額に違いがあります。 例えば、データ定額5GBでソフトバンクのスマホを契約している人なら毎月1,000円割引されます。 キャッシュバック分をソフトバンク光の支払いに充てれば最安値で実質利用できる計算になるので、どれだけ「速く」「高額」にキャッシュバックしてくれる代理店キャンペーンサイトで申し込むかが重要なポイントになります。 最安値になる?ソフトバンク光の料金シュミレーション では、実際にソフトバンク光の料金シュミレーションをしてみたいと思います。 料金シュミレーションをするには、仮定のシチュエーションが必要です。 今回は以下の3パターンに分けて料金シュミレーションをしてみたいと思います。 あなたのパターンに近いものがあれば参考にしてみてくださいね。 料金シュミレーション パターン1 マンションで一人暮らし中。 ソフトバンクスマホ(データ定額5GB)で契約中。 ソフトバンク光を新規契約予定。 料金シュミレーション パターン2 引っ越したばかりのマンションに夫婦2人暮らし。 夫婦2人ともスマホを(データ定額5GB)で契約中。 ソフトバンク光をフレッツ光から乗り換え(転用)予定。 料金シュミレーション パターン3 一戸建てに家族4人で暮らしている。 家族4人全員スマホを(データ定額5GB)で契約中。 他社ネット回線からソフトバンク光へ乗り換え予定。 では、上記の条件でソフトバンク光を正規代理店キャンペーンサイトで加入手続きしたと仮定して料金シュミレーションをしていきましょう。 パターン1の場合の料金シュミレーション• マンションで一人暮らし中• SoftBankスマホ(データ定額5GB)で契約中。 現在自宅では固定ネット回線は使っていない。 ソフトバンク光を新規契約予定。 パターン1の場合、就職などで1人暮らしをしている人ですね。 スマホもSoftBankの「データ定額5GB」で契約して利用中です。 今現在は自宅で光回線のネットを利用しておらず、これからソフトバンク光を新規契約しようと考えている人です。 初月 2ヶ月目~ 24ヶ月目 25ヶ月目 以降 ソフトバンク光 月額料金 3,800円 3,800円 3,800円 おうち割光セット 必須オプション 500円 500円 500円 ユニバーサル サービス料 3円 3円 3円 契約事務手数料 3,000円 ー ー 開通工事費 1,000円 24,000円を 24ヵ月で分割 1,000円 24,000円を 24ヵ月で分割 ー 合計 8,303円 5,303円 4,303円 おうち割光セット 適用で スマホ代割引 ー 1,000円割引 1,000円割引 代理店独自 キャッシュバック ー 33,000円キャッシュバックを 23ヶ月で割ると 実質約1,434円割引 ー ソフトバンク光 実質月額料金 8,303円 2,869円 3,303円 初月はソフトバンク光の月額料金やおうち割光セット適用の必須オプション以外にも契約事務手数料の3,000円や工事費24,000円の分割分1,000円があり8,303円です。 しかし、24ヶ月目まではおうち割光セットで毎月1,000円スマホ代が割引され、さらに33,000円のキャッシュバックを行う代理店から契約すれば、そのキャッシュバックを23ヶ月で割ると約1,434円割引になる計算になるため、実質月額料金は2,869円になります! 25ヶ月目以降は分割の工事費がなくなるため、4,303円ですがおうち割光セットの割引で実質月額3,303円でソフトバンク光が利用できる計算になります。 パターン2の場合の料金シュミレーション• 引っ越し先でソフトバンク光を始めて利用する。 マンションに夫婦で2人暮らし。 夫婦でSoftBankスマホ(メリハリプラン)で契約中。 パターン2の場合、最近マンションへ引っ越したばかりのご夫婦2人。 まだネット回線の契約はしていないのでソフトバンク光を新規契約する予定。 夫婦2人ともSoftBankのスマホを「メリハリプラン」で契約している。 また、代理店独自のキャッシュバックも支払いに充てれば2ヶ月目~24ヶ月目は実質1,864円でソフトバンク光を利用できる計算になりますね! パターン3の場合の料金シュミレーション• 一戸建てに家族で住んでいる。 家族4人は全員スマホを(データ定額5GB)で契約中。 現在、NTTフレッツ光ネクストを契約中。 フレッツ光からソフトバンク光へ転用予定。 パターン3のの場合、一戸建てに住んでいる家族が4人全員がSoftBankスマホを「データ定額5GB」で契約中。 現在はNTTが提供しているフレッツ光ネクストでインターネットをしているが、ソフトバンク光へ転用(乗り換え)予定である。 毎月スマホ代が1,000円割引になるプランに加入している家族が4人居れば、毎月4,000円も割引になり実質ソフトバンク光が最安値で利用できる事が料金シュミレーションからご理解頂けたのではないでしょうか?.

次の

SoftBank 光(ソフトバンク 光)の料金プラン

ソフトバンク光料金

ソフトバンク光の有料オプション 下記は全て、ソフトバンク光のオプションです。 知っているオプションもあれば、知らないオプションもあるかもしれません。 これらのオプションの中で自分が現在加入しているものを把握した上で、必要なものと不必要なものを見極めることが大切です。 BBフォン• BBフォンオプション• WiFiマルチパック• とく放題 B• BBライフホームドクター• BBマルシェ by 大地を守る会• BBお掃除&レスキュー• BBサポートワイドサービス• 基本サービス• 光電話機能• 光BBユニットレンタル もし、自分にとって必要が無いオプションがあるなら、そのオプションを解約することによって月々の利用料金を下げられます。 日々生活をしていく中で、固定費となる月々の利用料金を下げることができれば、家計全体の節約として考えても、大きい効果が期待できるでしょう。 知らない間に加入しているオプションがある 現在ソフトバンク光を利用している人の中には、自分が加入しているオプションをしっかり把握していない人も多いのではないでしょうか。 自分では知らない間にいくつかのオプションに加入していて、意識せずに毎月多くのオプション料金を支払っていたという人もいるようです。 また、契約する際に高額キャッシュバックが付く条件として、オプションへの加入が必須となっている場合もあります。 契約時にあまり書類の内容を確認していなかったという人は、あらためて内容を確認すると良いでしょう。 もし、利用開始してから今まで、自分がどのようなオプションに加入しているのかを気にしてこなかったという人は、ぜひ一度、オプションの見直しを行いましょう。 もしかすると、全く身に覚えもないような有料オプションに加入しているかもしれません。 ソフトバンク光で加入しているオプションを確認する 必要の無いオプションを解約するための第一歩として、まずは自分が現在加入しているオプションを確認しましょう。 自分がどのようなオプションに加入しているのかを正確に把握することによって、必要の無いオプションも見えてきます。 ここでは、Webから確認する方法と電話で確認する方法を紹介します。 Webから確認する方法 仕事の都合などで日中にあまり時間を割けないような人は、Webからの確認が便利でおすすめです。 Webからでしたら、24時間、曜日も関係なくいつでも自分の都合の良い日時に確認できるため、日中は仕事でサポートセンターに電話をかけることができないという人にもおすすめです。 Webから確認する場合は、パソコンやスマートフォンで公式サイト「My SoftBank」にログインして行います。 ログインの際には、携帯の電話番号やパスワード、S-IDが必要となるため、これらログインに必要な情報は、事前に用意しておくとスムーズです。 電話で確認する方法 自分が加入している有料オプションは、サポートセンターに電話して確認することも可能です。 受付時間内に電話をかけることができて、口頭で話したほうが早いという人には電話で確認する方法がおすすめです。 一般の電話からかける場合は「0800-111-2009」、携帯電話やPHSからかける場合は「093-288-0110」に連絡しましょう。 電話受付時間は、どちらの番号とも午前10時~午後7時です。 ソフトバンク光の不要なオプションを解約して節約しよう 現在加入している有料オプションを確認した結果、自分にとって不要と思われるオプションがあったら解約手続きをして、無駄な出費を抑えましょう。 毎月、ソフトバンク光の利用料金が高いと思っていた人がオプションの見直しを行ったところ、利用料金が数千円下がったという事例もあります。 インターネット接続するだけならオプションは不要 インターネット接続するだけであれば、有料オプションに加入する必要はありません。 ただし、「」のように割引サービスのなかには、特定の有料オプションへの加入が必須となっているものがあるため、もし割引サービスを適用している場合は注意が必要です。 せっかく有料オプションを解約しても、それによって割引サービスが適用されなくなってしまうと節約になりません。 割引サービスのことも考慮した上で、不要と思われる有料オプションのみを解約しましょう。 必要なオプションはユーザーによって異なる 同じオプションでも、必要か不要かはユーザーの環境や事情によって異なります。 自分にとって必要の無いオプションは解約すべきですが、必要なオプションを誤って解約するのは避けたいところです。 そのためにも、そのオプションが自分にとって必要であるかどうかを正確に見極めることが非常に重要と言えます。 例えば、「BB お掃除&レスキュー」は買い物などを代行してくれるオプションですが、自分で買い物に行ける人には不要である可能性が高いオプションです。 その一方、年配の人や多忙で買い物に行く暇も無い人には必要なオプションと言えるでしょう。 ソフトバンク光のオプションを解約する方法 見直しを行った結果、自分にとって必要が無いと思われるオプションがあったら解約しましょう。 ここからは、オプションの解約方法を解説していきます。 電話で解約する オプションの解約は、電話で行えます。 ソフトバンク総合窓口「0800-111-2009」に電話をかけて、解約したいオプションを告げましょう。 なお、ソフトバンク総合窓口の受付時間は午前10時~午後7時です。 この時間帯に電話をかけることが難しい場合は、次に紹介するWebで解約する方法で解約手続きを申し込みましょう。 Webで解約する オプションの解約手続きは、Webからも申し込むこともできます。 Webの場合、24時間365日、いつでも自分の都合の良いときに解約申し込みが可能です。 Webで解約手続きを行う場合は、ソフトバンクの会員ページにログインして、メニューから「オプションサービスのお手続き」をクリックします。 次の画面で「お申込中サービスのみを表示する」をクリックすると、加入中のオプションのみが表示されます。 表示された加入中のオプションから、解約したいオプションの右側に表示されている「お手続き」ボタンを押して、そのオプションの解約操作を行ってください。 解約したら確認する 解約の手続きを行ったら、確かに解約されているか確認することをおすすめします。 ソフトバンクの会員ページで現在加入中のオプション一覧を表示して、解約操作をしたオプションがそこに表示されないことを確認しましょう。 また、月額の基本使用料も確認して、オプション解約前より安くなっていることも確認しておきましょう。 ソフトバンク光のオプションを解約する際の注意点 ここからは、オプションを解約する際の注意点を見ていきます。 オプションを解約すれば、その分、月々の利用料金は下がりますが、闇雲にどんどんオプションを解約すれば良いというわけではありません。 ここで紹介する注意点を踏まえて、必要の無いオプションのみを解約しましょう。 おうち割 光セットには必須オプションがある もし現在、「おうち割 光セット」を利用しているのであれば、オプションを解約する際に注意が必要です。 有料オプションのうち、「光BBユニット」、「WiFiマルチパック」、「ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/ BBフォン」のいずれかに加入していないと、おうち割は適用されません。 ただし、今後ソフトバンクのスマートフォンを解約する予定があれば、これらのオプションの解約も視野に入れて良いでしょう。 なぜなら、ソフトバンクのスマホを解約した時点で「おうち割 光セット」は適用されなくなるからです。 無料期間中でも解約は可能 オプションの中には、最初の一定期間のみ無料で利用可能となっているものもあります。 このようなオプションは、無料期間中に解約すれば余計なお金がかからなくてお得です。 自分にとって不必要と思われるオプションは早めに解約してしまいましょう。 一点注意すべき点として、代理店独自のキャンペーンの中には、定められた一定期間は継続利用することが、キャッシュバックの条件となっていることがあります。 このようなケースもあるため、キャッシュバックのためにオプションを付けている場合は、代理店に確認してキャッシュバックの条件をしっかり確認しておきましょう。 キャッシュバックの条件に注意する 特典として受けられるキャッシュバックに魅力を感じてソフトバンク光を契約した人も多いかもしれません。 そのような場合は、キャッシュバックの条件に注意する必要があります。 ほとんどの場合、キャッシュバックを受けるための条件が設定されています。 特に多いのが、特定のオプションを継続利用することが必須条件となっている場合です。 このような場合に、そのオプションを解約してしまうとキャッシュバックを受けることができなくなってしまうため注意しましょう。

次の