マツコ デラックス。 マツコ・デラックス

マツコデラックスは中森明菜の大ファン!?好きな曲NO1等詳細

マツコ デラックス

東京マックス美容専門学校を卒業し、美容師として働いていた過去を持っています。 また、東京大学出身かというYahoo知恵袋の質問や放送大学在学中という噂が流れましたが、テレビで的確なコメントをするために高学歴だと勘違いされているのでしょう。 東京マックス美容専門学校を卒業後はしばらく美容師をしていましたが、自分の居場所ではないと感じてゲイ雑誌『Badi』の編集部にアルバイトで就職しました。 今にも毒を吐き出しそうな雰囲気をすでに醸し出していますよね…。 他にもすっぴんでヒゲ面の画像があるんですよ。 がっつりおっさんですが、眉はきれいに整えられています。 さらに雑誌社にいた頃の画像です。 『松風』というペンネームで活動していたことが分かりますが、この頃はヒゲを長くしていて短髪なので、マツコ・デラックスだとは気付かないですね。 5年ほど雑誌社に勤めた後、人間関係が上手くいかずに退社し、2年間も引きこもっていたんですよ。 部屋の雨戸は閉めっぱなしで、ずっとCoccoの歌を大音量でかけていたのだが、マツコによると彼女の歌のおかげで、ギリギリの精神状態をなんとか保っていたらしい。 引きこもりから助け出したのは小説家でエッセイストの中村うさぎさんだったのですが、マツコ・デラックスさんのように才能があると救いの手が差し伸べられるのですね。 【中村うさぎ】 マツコ・デラックスの出身高校 マツコ・デラックスさんは 1988年4月に千葉県立犢橋(こてはし)高等学校へ入学し、1991年3月に卒業しています。 犢橋高校は、当時開校して3年目の新設校でした。 高校1年生の1年間だけですが、超イケメンと同級生だったんですよ。 マツコ・デラックスと木村拓哉は同級生だった! 木村拓哉さんは高校1年生のとき犢橋高等学校に通っていましたが、2年生で都立代々木高校に転校しています。 1年間だけですが同級生だった木村拓哉さんのことをマツコ・デラックスさんはよく覚えていて「可愛かったのよ」と2018年1月18日放送『夜の巷を徘徊する』で語っていました。 しかし、マツコ・デラックスさんが高校時代から変貌ぶりがハンパなかったことから、一体誰がマツコ・デラックスさんに変わったのか分からないんだそう。 卒アルを見ると、男子生徒以外の何物でもないので木村拓哉さんがマツコ・デラックスさんの記憶がないのも納得がいきますね。 木村拓哉さんもマツコ・デラックスさんも超ビッグアーティストですが、まさか同じ高校の同級生だったとは本当に奇遇ですね。 マツコ・デラックスさんは部活には所属せず、授業が終わるとすぐに帰宅して変装していました。 変装姿で木村拓哉さんがマツコ・デラックスさんと会っていたら、絶対に忘れられない人になっていたことでしょう。 マツコ・デラックスは高校時代に女装デビュー! 高校3年生のとき資生堂の企業文化誌『花椿』に刺激を受け、女装するようになります。 また、クラブ『芝浦GOLD』に通いだしたのですが、東京・田町駅前のコンビニのトイレで着替えてメイクもしていたんだとか。 高校時代は回転ずしで34皿食べた記録があるそうで、大きく成長した体のためにトイレで着替えるのは狭くて大変だったでしょうね。 【マツコ・デラックスの高校時代の同級生】• 実は、私の母校の、小中台中学校は、マツコさんの出身とのことです… 当時はまだ「男子」だったそうですが。 マツコ・デラックスさんは「みんな着ていたよなぁ。 オカマなのに私まで着てたもん」と先ほどの『夜の巷を徘徊する』で中学時代を振り返っていました。 マツコさんのサイズだと学ランは特注だったでしょうが、刺繍のサイズは変わらないと考えられるので、小さめの刺繍に見えたでしょう。 卒アルからは刺繍入りの学ランを着ていたとは思えないほど普通の学生です。 ちなみに、中学時代は中森明菜さんの大ファンで振付けも完璧に覚えていたそうで、鏡を前に踊りをチェックしていたのかもしれませんね。 マツコ・デラックスの出身小学校 マツコ・デラックスさんは 1979年4月に千葉市立園生小学校へ入学し、1985年3月に卒業しています。 不登校の時期は小学5年生のころだったという情報もありますが、思春期に突入する時期でガラスのように繊細な心で傷付きやすかったのでしょう。 小学校のころからゲイの自覚があり、女の子に興味はなかったんだそう。 愛読書は女性週刊誌だったのですが、母親のしつけが厳しかったとも言われているので、隠れて読んでいたのかもしれませんね。 従兄弟に恋心を抱いていた時期があったようですが、実はお笑いコンビ『シンデレラエキスプレス』の松井成行さんがマツコ・デラックスさんの従兄弟で、「もしかして自分が好かれていたのかも…。 」と複雑な心境を語っているんだとか。 マツコ・デラックスの出身幼稚園 マツコ・デラックスさんは幼稚園を 1997年4月に入園し、1979年3月に卒業しています。 マツコ・デラックスさんの出身幼稚園がどこなのかは明らかにされていませんが、中学校と小学校からの距離的なことを考え、下記の幼稚園のいずれかに通っていたと考えられます。 園生幼稚園• 小中台幼稚園• あやめ台第二幼稚園 マツコ・デラックスの幼稚園時代は野菜嫌いだった? 2016年11月30日放送『ホンマでっかTV』で、野菜嫌いなマツコ・デラックスさんのために幼稚園の先生が家でキャベツの千切りを毎日作ってきてくれて、少しずつ食べさせてくれたから野菜嫌いが克服できたエピソードを語っていました。 「今でも感謝していて、お礼を言いたい」とマツコ・デラックスさんは言っていましたが、なかなかそんな熱心な先生には出会えないからマツコ・デラックスさんは幸せですよね。 稲毛区はお茶屋の稲毛園で有名なのでマツコ・デラックスさんは利き酒ならぬ利き茶をしているような子供時代を過ごしたのかも? マツコ・デラックスさんはインパクトのある格好を学生のころからしていたのかと思っていましたが、中学でも高校でも短髪ですっぴんの普通の男子学生でした。 コメントでも毒を吐いたりしますが、基本真面目で常識ある内容だから人気者であり続けられているのでしょうね。

次の

マツコ・デラックスの学歴|高校中学校や大学の偏差値とキムタクと同級生だった

マツコ デラックス

から毎週 23:00 - 23:40()に放送されている。 レギュラー放送が開始する前は、単発特番として5回放送された。 概要 [ ] 歴史上に名を残す偉人達は、みな世間的に型破りである「アウトな人」だった……ということから、BAR「逢人(あうと)」を舞台にマスターの矢部と常連客のマツコが、現代にも存在する「アウトな人々」をゲストに迎え、トークを繰り広げる。 番組中、トークの所々で作曲の「」がBGMに使用されている。 2013年4月4日よりレギュラー化されて、毎週木曜日 23:00 - 23:30(JST)で放送開始された。 2017年10月12日より放送時間が30分から40分へ拡大されて、毎週木曜日 23:00 - 23:40(JST)となった。 2018年4月12日には、過去最長の・での2時間半スペシャル(21:00 - 23:28)が放送された。 出演者 [ ] 司会 [ ]• マスター:()• 柿沼しのぶ• 瀬戸一樹(しるびあ)• とその母• 山下恵司• ほか バーカウンターガール [ ] カウンター席に毎回座っている女性。 初代バーカウンターガールとして放送開始〜2013年後半までショートパンツ姿で美脚・美尻を強調した体勢で出演し、「日本一の美脚」と一躍話題になった。 放送回にて降板理由が男性問題だったことが発表された。 2016年11月3日放送回にゲストとして出演。 騒動を謝罪し、当時愛人契約のオファーがあったことを告白した。 レギュラー放送( 44)のオーディションで決定した、二代目バーカウンターガール。 所属事務所とのトラブルにより、2016年5月26日放送回をもって降板(番組内では「引退」と表現されていた)した。 足利美弥• 牧野紗弓(エイジアプロモーション)• 過去の出演者 [ ]• ほか ネット局 [ ] レギュラー放送 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 ネット状況 脚注 木曜日 23:00 - 23:40 制作局 ・ フジテレビ系列 土曜日 1:00 - 1:40 (金曜日深夜) 木曜日 0:59 - 1:39 (水曜日深夜) 金曜日 0:55 - 1:35 (木曜日深夜) 日本テレビ系列 木曜日 1:29 - 2:09 (水曜日深夜)• 初回はの22:00 - 23:24に放送。 クロスネット局であるテレビ大分・でも22:00からのスペシャル版は、いずれも22時台がフジテレビ同時ネット枠のため、同時ネットで放送する。 スタッフ [ ]• 構成:、金森直哉、、横田俊介• TP:児玉洋(フジテレビ)• TM:高瀬義美• SW:高田治• CAM:吉川和彦• VE:齋藤雄一• AUD:森田篤• LD:川田敦史• 美術プロデューサー:三竹寛典(フジテレビ)• 美術デザイン:邨山直也(フジテレビ)• 美術進行:西嶋友里• 大道具:松本達也、裏隠居徹• 電飾:斉藤誠二• アクリル装飾:斉藤祐介、相原加奈• アートフレーム:坂脇伸吾• 装飾:門間誠• 植木装飾:後藤健• メイク:• 編集:鈴木敬二、石川大貴• MA:、古川小百合• 音効:大久保吉久• リサーチ:野村直子()、木崎綾子、宇津木瞳子• 技術協力:、、• 制作協力:、、• 広報:佐々木順子(フジテレビ)• TK:水越理恵• デスク:高橋幸里• プロデューサー:瓜生夏美(ガスコイン・カンパニー)、児玉芳郎(フジテレビ)、小林靖子()、林田直子(ガスコイン・カンパニー)、田中美咲(フジテレビ)• ディレクター:浦川瞬・井上真吾(共にガスコイン・カンパニー)、鈴木章浩、勝部美帆(ガスコイン・カンパニー)• 監修:(フジテレビ)• 演出:(フジテレビ)• チーフプロデューサー:大江菊臣(フジテレビ、2019年7月25日-、以前はプロデューサー)• 制作著作: 過去のスタッフ [ ]• 構成:(SPのみ)• TP:塩津英史(フジテレビ)• CAM:岩田一己(SPのみ)、横山政照• VE:谷古宇利勝• LD:安藤雄郎• 編集:一瀬将吾• 扉デザイン:岩澤柾憲• 生花装飾:荒川直史(SPのみ)• 編成:加藤達也(フジテレビ)• 広報:鈴木良子(SPのみ)・小中ももこ・・木場晴香(共にフジテレビ)• デスク:若林咲子、福田有岐、梅都恵• チーフプロデューサー:・(共にフジテレビ) 脚注 [ ] []• 単発時代から。 矢部の声は黄色、マツコの声は緑色で表示される。 スポニチアネックス. 2017年9月5日閲覧。 あべみほ 2013年4月5日. あべブロ. 2013年4月12日閲覧。 2014年逝去。 (2013年版)• 2019年9月までは新潟総合テレビ。 初回スペシャルは2013年4月14日の15:30 - 16:54に放送。 開始当初は火曜日に放送。 2013年4月26日から放送開始。 なお、初回スペシャルは放送なし。 外部リンク [ ]• - 番組公式サイト• (1987年 - )• (1987年)• (1987年 - 1993年・1996年)• (1987年 - 2000年)• (1988年 - 1989年)• (1990年 - 1992年・1996年 - 2003年・2005年 - 2007年・2017年・2020年 - )• (1987年 - 1990年・1992年 - 1996年・1998年 - 2001年・2004年 - 2013年)• (1990年 - 1992年)• (1991年)• (1992年 - 1995年・2019年)• (1992年 - 1994年)• (1996年・1998年 - 1999年)• (1992年 - 1994年)• (1992年)• (1994年)• (1994年)• (1995年・1997年・2009年)• (1995年)• (1995年・1997年・2002年 - 2006年、2011年 - )• (1997年)• (1997年 - 1998年)• (1998年 - 2004年)• (1998年)• (1998年)• (1998年・2001年・2004年 - 2005年・2008年 - 2015年)• (1998年 - 2000年・2007年・2011年 - 2014年)• (2000年・2007年)• (2001年 - 2007年・2011年 - 2012年・2015年)• (2001年 - 2003年・2006年)• (2001年 - 2003年・2005年)• (2001年)• (2002年)• (2003年)• (2004年・2011年 - 2012年・2015年)• (2004年・2008年 - 2012年)• (2005年)• (2005年)• (2005年)• (2006年)• (2006年 - 2012年・2016年)• (2006年 - 2011年)• (2006年 - 2007年)• (2008年・2014年)• (2008年・2019年)• (2008年 - 2010年)• (2009年 - 2010年)• (2009年 - 2012年)• (2009年 - 2010年)• (2011年 - 2013年・2016年 - 2018年)• (2011年 - 2013年)• (2011年)• (2011年)• (2011年・2015年)• (2011年)• (2012年)• (2011年 - 2012年)• (2011年 - )• (2012年・2014年)• (2012年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2014年・2016年)• (2015年)• (2016年 - )• (2016年 - 2018年)• (2016年)• (2016年)• (2016年 - 2017年)• (2016年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年 - )• (2017年 - )• (2018年 - )• (2019年) スピンオフ.

次の

マツコ・デラックスを制すものはバラエティーを制す! “隣で輝く”男性芸能人

マツコ デラックス

今回、マツコさんの撮影の舞台となったのはセルジュ・ルタンス 銀座店。 黒を基調にゴールドを効果的に配した空間は、まるでルタンスのクリエイションに漂う幻想と幻惑で満ちているようだ。 撮影中、「今日は、肌をいつもより白めに仕上げたのよ。 その方がルタンスぽいでしょ。 アイラインと眉も描き方を変えてるの」とマツコさん。 セルジュ・ルタンスと彼の世界観を、さすがに深くご存じだ。 そんなマツコさん流のメイクのポリシーとは、どんなものなのだろう。 「私のメイクなんか、誰の参考にもなりませんって。 ファンデーションを塗るにも、左官屋さんみたいな作業してるんだから。 でも日本人は、ファンデの量が少ないと思うのよ。 薄づきであることが命、ナチュラルであることが正義みたいになってるけど、46歳のおっさんの私がこんな風に見せていられるのもメイクの力。 だから思い切ってもっとファンデを塗るべきだし、思い切ってアイラインも引くべきなのよ」 では、マツコさんにとってメイクという行為が意味するのは? 「昔、作家の中村うさぎさんに、あんたのメイクは武装かと言われて、なるほどと思ったことがあるの。 そう、これは武装で、戦いに行く鎧だったりするわけですよ。 それは世の女性も同じで、社会に出て戦うためにメイクで武装する。 男性から見たビューティーだけでなく、武装するためのビューティーという概念を、いろんな女性に持ってもらえると面白いと思う。 昔流行ったギャルメイクも、好きだったわ。 男から見た自分でなく、女としてどうありたいかというのをいちばん発信した時代。 男ウケを狙うのでなく、私がやりたいからやってるんだというね」 この日、まとったのはルタンスが手がける口紅。 「これは、覚悟がないとつけられない色ですよ。 それなりに気合いを入れ、塗ってるということを意識して行動しないと。 この赤は生命力の証し。 血や肉をも連想させる色。 まとう人を簡単には寄せ付けない、すごく稀有な口紅だと思うわ」 セルジュ・ルタンス自らが1色ごとにカラーを調合。 審美眼を持ち、希少性を求める人のためのメイクアップカラーがネセセール ドウ ボーテの身上なのだ。 「今の世の中って親近感とか、かわいいものがお金になる時代じゃない? ルタンスが描き出す恐怖や畏怖の念を感じさせるファッションはどんどん遠のいてる。 自分が最初にファッションに触れて興味を持った80年代中頃は、今では考えられないようなものが発表されていた時代。 そういうものに触れたことで、自分にも影響があったのは確実で、より高みを見たいと思うし、自分のあり方も問いただすきっかけになっている。 セルジュ・ルタンスの存在は、志を高く持つようにしてくれた一つだわ」 さらにマツコさんは続ける。 「ルタンスは自分をものすごくコントロールしてると思うし、覚悟がなきゃいられない生き方を彼自身がしているから、孤高でいられるんだと思う。 魂なんて簡単に売れるのよ。 それをせずにあり続けられる稀有な存在。 こういう時代にあっても、ルタンスには孤高であってほしい。 だからこそ私はルタンスが好きなのよ」 2018年11月にオープンしたセルジュ・ルタンス 銀座では、ネセセールドゥボーテ全製品に出合い、試すことが可能。 宝石のようにきらびやかで、永遠にエレガントな美をぜひ体験して。 〈右から〉繊細なベージュトーンの口紅。 小ぶりなそのサイズも、口紅を塗るという行為を美しく演出。 ファーアレーブル 18 マツコさんが口元にまとったカラーのネーミングは「最後の一突き」。 ファーアレーブル 1 各¥8,500 星屑のようにきらめくシルバーが目もとに繊細な輝きをもたらす4色入りアイシャドウ。 ファーアポピエール 5 ¥15,000 マツコさんも使用した、漆黒のペースト状アイライナー。 時間が経ってもにじまず、薄れないのも特徴。

次の