笠井アナブログ。 笠井信輔アナが退院!闘病した悪性リンパ腫とは?

笠井アナ涙のブログ・山下達郎からの奇跡のクリスマスプレゼントが泣ける

笠井アナブログ

Contents• 治療法も違って、 カテゴリー的にはこの部類ならこれと」と、 型によって治療法が違うと伝えた。 大変な病気ですよね! 先は少し長そうですが頑張っていただきたいです。 笠井アナはフジテレビの番組のとくダネ!に 出演されていましたので、職場は港区の お台場ですね。 通勤できる範囲の場所が自宅にあると 思いますので、都内近郊ですね。 笠井信輔(56)が19日、東京都内の病院に入院した。 この日、「とくダネ!」に生出演後、東京・台場の同局から車で移動し、 都内にある病院の血液内科に入院。 その直前、車中でサンケイスポーツの取材に応じ、 「毎日3回、鎮痛剤を飲むけど腰はシクシクと内側からしょっちゅう痛む。 血液のがんなので全身に回り、他にも痛む箇所は肩や手首、右の脇の下とか変わるんです」と 告白した。 都内で血液内科があって入院できる病院を 調べてみましたら5つありました。 また夜間、休日も様々な病気、怪我に対応して、 一人ひとりの患者さんを大切にした丁寧な医療を心がけてます。 「すべては患者さんのために」の院是の下、急性期医療とがん・脳疾患・ 心臓病を中心とした高度先進医療を提供しております。 半年間は闘病しなければならないのは かなり辛いですね。 又元気な姿でテレビに戻ってきて いただきたいなと思います。 フォロワーも増えていますので 勇気付けられますね!.

次の

笠井信輔アナが退院!闘病した悪性リンパ腫とは?

笠井アナブログ

笠井信輔アナ ブログはどこ? 悪性リンパ腫で入院手術をすることになった元フジテレビの笠井信輔アナウンサーのブログが特定されました! アメブロで12月22日の昼12時過ぎに初投稿されました! そのURLは ameblo. これまでつながる事が出来なかった方とブログを通じて繋がる事ができて笠井アナも喜んでいらっしゃいます。 instagram. shinsuke. kasai がシェアした投稿 — 2019年12月月21日午後9時11分PST スポンサーリンク 笠井信輔に関するネットの反応 笠井信輔アナについてネットに寄せられたコメントを見て見ましょう。 みんな応援しています。 笠井さん。 ブログのホロワーになりました。 TVでしか見られなかった笠井さんにコメント出来るとは、思いもしなかった事です,これもご縁ですね。 病んでみて、分かること、見えてくること、沢山あるでしょうね、前に向かって病を克服されます様に念じております。 今もホルモン療法を続けています。 主治医の先生から抗がん剤と言われて不安で不安で仕方なかったこと思い出します。 今回も初期で良かったと喜んだのも束の間、 病理の結果、非常に珍しいタイプと言われまして、自分なりに調べたら、予後不良の文字が・・・ それ以上は怖くて調べてません! でも、幸いリンパ転移はなかったので、前向きに生きています。 とは言え、やはり不安や恐怖は拭い切れません 。• 1年半前を思い出し泣いてしまいました。 我が息子は16歳で笠井さんとは型が違いますが、悪性リンパ腫と診断されました。 定期的に検査をしながら、受験勉強を頑張っています。 2人に1人は癌になる時代、今は医学も発展して癌は治せる時代なんだ!と言った息子。 その言葉に私は救われました。 辛かった時期もあったはず。 でも治るんだという強い気持ちを持っていたから今があるんだと思います。 笠井さん、辛い時は辛いと吐き出して下さい。 ワガママ言って家族に甘えて下さい。 自分の事を信じて下さい。 3万人の方は 笠井アナを応援している方々です 強い力となる事を信じてます。 私も3年前にガンになりました。 今でも 再発? 大丈夫なのか数値的に??な 状態ですが 前向きに頑張ってます。 ガンになり時間は無限に当たり前にある訳でわないと 1日1日を大切に過ごすようになりまさした。 ガンになってなかったら当たり前の1日を過ごしてたと思います。 これから 治療大変でしょうが 完治する事を 願っています。 私は 18年前に 子宮癌になり 半年間の抗がん剤治療で入院しました。 初めての大きな病気 まだ 33歳 これから子供を授かるかと思った時に… 主人と私 子供無し… 「どうして私が」と 思っていました。 泣いて泣いて 死にたかった… 今でも 忘れない告知の瞬間です。 笠井さんの 「どうして自分が…」と 思う気持ちは わかります。 私の時より 医学は発展しています。 笠井さん 家族の皆様 応援しています。 なので大変だとはおもいますがあえて頑張ってください。 テレビの速報や報道で目にしてからずっと気になっておりました。 実は私もガン悪性リンパ腫患者です。 笠井さんとは違うタイプですが、非ホジキンリンパ腫のB細胞型のろほう性リンパ腫でゆっくりゆっくりタイプですが、抗がん剤の効き目が悪く再発を繰り返し、苦渋の決断で去年、ドナー登録をし幹細胞移植までを経験しました。 公に告白したのは今が初めてです。 大丈夫です!癌に打ち勝つって信じて頑張れば治療は絶対にうまくいきます!勿論、ポートも埋め込みましたし、移植する際にはポートからの感染予防で使わないポートを外しその替わりに静脈CVを鎖骨付近に入れました。 何度も体にメスを入れました…。 まだその時の傷も残ってます。 そしてオペから約一週間後に退院しましたが退院の日に癌の告知をされその後に半年間抗癌剤治療を受けました。 髪が抜け食事もなかなか受けつけず仕事も8ヶ月休みましたが今は元気に仕事、家事も頑張っています。 まだ副作用の痺れは有りますが生活には影響は有りません。 なので笠井さんも大丈夫。 頑張ってください。 思うように体が動けない日もあったりしますが、どんな病気でもやはり体をとにかく休めて病気に立ち向かう力を蓄えておかねばと思います。 明日から抗がん剤治療、とてもとても辛く大変さは計り知れない域だと思うのでどんな言葉を言えば正しいのかわかりませんが、癌に打ち勝ってまたお仕事への復活待っています。 笠井さんの優しい雰囲気が大好きでした。 番組へ笠井さんに対してのメッセージを送ったこともあります。 ずーっとファンでした。 どうか、辛い治療もあると思いますが頑張ってください。 毎日、毎日応援してます。 必ずまた、テレビで元気な姿を見せてくださいね。 お医者様の言うことをよく聞いて治療に専念してくださいね。 私も癌ではありませんが、 完治のない病気と寛解をめざして頑張っています。 この病気になって繋がった友人や薬剤師さんやたくさんの人に助けてもらいながら毎日暮らしています。 明日からの治療はどの言葉を選べばいいのかわからないほど大変なものだと思います。 ありきたりですが、 頑張って下さい。 しんどいとき、辛いとき、泣きたいとき。 気持ちのままをブログを書いて下さいね。 笠井アナのニュースにとても驚きました。 まだお若いですしガンバってください。 笠井さんと、同じように胸にポート埋め込んで頑張っています。 お互い、病気は違いますが。 元気に退院できるよう、応援しています。 笠井さんのブログ、フォローさせて頂きました。 私も8年前、息子の病気がきっかけでブログを始めブログを通じたくさんの方々に励まされ前を向く事ができました。 笠井さんの応援団は沢山いらっしゃると思います!私もその一人として、闘病を応援させてくださいね。 病より気持ちが強ければ、絶対に病に勝ちます。 笠井さんのポジティブさは、もう勝利間違いなしです。 頑張って下さいね。 応援しています。 元気付けられ、一緒に前を向くぞ!と思われた方々も多くいらっしゃると感じます。 html cbox スポンサーリンク.

次の

笠井アナ、闘病生活伝えるブログ開設へ「自分が消えるのは許せない」

笠井アナブログ

「私、がんなんですが」と電話で聞いたが 笠井さんは9日「生命保険って、ホントに... 」と題してブログを更新した。 投稿では、「保険資料を1冊にまとめて、病院に持ってきました」と切り出し、保険請求の手続きを始めたと語った。 笠井さんは自分が「がん保険」に入っていたか全く記憶になく、悪性リンパ腫に罹患して改めて保険を確認したところ、2つの保険に「がん特約」がついており胸を撫で下ろしたと話す。 ほとんどの保険の請求は退院時に行うらしいが、ただひとつだけ「早めに書類を申請してください」と指示を受けた保険があるという。 そこで保険会社に「私、がんなんですが、どんな保証があるんですか?」と電話したところ、向こうの様子が変わり「... 被保険者の方が亡くなった場合のみ保険金が支払われます」と返されたとのこと。 笠井さんは「あちゃー。 私が死なないと支払われない保険とは。 カスタマーセンターの人も、それを患者本人に伝えなきゃならない。 大変なお仕事です」と書きつづった。 「保険のありがたみをヒシヒシと感じています」 投稿の最後には「がん発覚の2か月前に退社したので、少なくともこれから半年は無給状態。 ですから今回、『がん』になって保険のありがたみをヒシヒシと感じています」と、改めて保険の大切さを説き、 ブログの読者に対し「みなさんも、健康なうちに、一度、保険のチェック。 いかがでしょう」と呼びかけた。 この投稿には、 「病気で手術をしたとき、思った以上にお金が支払われ、入院費全額賄えました。 安くはないけど、保険に入っていて良かったと思います」 「我が家も手術をしたのですが、保険に入っていたおかげで大変助かりました」 など、保険に加入して良かったという実体験が集まっている。

次の