アウディ ttカスタム。 アウディTTの外装カスタム。ホイールのペイント(ブラック)、そしてエンブレム外し

アウディTT カスタム情報!【ホイール・エクステリア・マフラー等】

アウディ ttカスタム

AUDI 2017. 04 輸入車好き アウディTTのカスタム例!センスが良くて、大人カッコイイCUSTOMをしよう! アウディのモダンなスポーツクーペ、TT・・・今回はそのTTのカスタム例をご紹介していきます。 センスの良いカスタムをしたい人の参考になれば幸いです。 (シャコタンすぎたり、似合わないGTウイングが付いていたり、下品なカスタムは除外してあります) スポンサーリンク アウディTTのカスタム例【センスが良くてカッコイイ】 TTのカスタム車を見ると、シャコタン・超スポーティ・鬼キャンなど様々ありますが、今回ピックアップしたのは、 普通にカッコイイTTです。 激しいカスタムを求めている人には物足りないと思いますが、センス良いカスタムをしたい人には参考になるはず・・・ それでは見ていきましょう! 引用元 フロントとサイドに張り出しの強いエアロが付いています。 かなりスポーティに振っていますが、上手にまとめられていますね。 引用元 このTTのカスタムはカッコイイですね!ホイールデザインが初代TTに見事にマッチしています。 シャコタンすぎないのもGOOD 引用元 斜め前から。 古い車ですが、古さを感じさせないです。 引用元 後ろから見てもかなりイイ感じ。 ホイールのツライチ具合がタマラナイですね。 ホイールのセンターキャップのイエローもワンポイントになってセンスが良いです。 引用元 フルエアロにローダウン、そしてホイール変更の王道カスタム。 個人的にはこの指が一本か二本、入りそうなくらいのローダウン具合が一番好き。 引用元 ボディカラーに目が行きますね・・・つや消しのマットグレー!ホイールもディープリム過ぎなくて素敵です。 ウイングもさり気なくて、子供っぽさがでるギリギリに抑えてあります。 引用元 ホイールデザインと、ヘッドライトのウインカーポジション化で、 アメ車っぽいTTに仕上がっています。 引用元 シンプルなカスタマイズのTT。 ホイール変更とローダウンだけですが、ビシっと決まっています。 純正の良さが残っていて、結構好き。 車好きには良さが伝わる、大人のカスタマイズ。 引用元 このTTもさきほどのと同じ系統のカスタマイズですね。 ローダウン+ホイール変更のシンプルなカスタマイズです。 (リップスポイラーも付いてるけど) これで「純正だ」と言われても分からないくらい自然。 スポンサーリンク 引用元 フルエアロ+スポーツホイールで、カスタムカー感全開のTT。 これ以上やるとダサくなる手前ですね。 スポーツに振るにしても、これくらいに留めておかないと、ちょっと子供っぽくなっていきます。 引用元 個人的に好きなカスタムTT。 ボディカラーがブラックじゃないところが良いですね。 こういうダークグレー系のボディカラーは、カスタムすると一段とカッコイイ。 引用元 新型TTのカスタム。 ホイール変更にローダウンだけですが、十分キマってます。 これくらいのカスタムに抑えておけば、女のコウケも抜群。 引用元 かなりアグレッシブなTT。 女のコウケなしないと思いますが、メンズウケは良いでしょう。 派手ですがカスタムの方向性は統一されていて、まとまっています。 シンプルなカスタマイズのTT。 ローダウン+ツライチで大人のカスタマイズ。 引用元 カスタム感満載のTT。 見た目は派手ですが下品では無いです。 カッコイイと思わせるポイントをしっかり抑えたカスタム。 外国に持っていったらスゴク人気ありそうなカスタムですね。 引用元 こちらは純正の良さを残したシンプルなカスタムですね。 ホイールは見えませんが、ローダウンしているのが分かります。 マフラーの4本出しも出口が小さめでGOOD まとめ TTのカスタム例はいかがでしたか??比較的、シンプルで控えめなカスタムが多かったと思います。 派手なカスタムが好きな人には物足りなかったかと思います。 ですが逆に、大人っぽいシンプルなカスタムを目指している人には、多少なりとも参考になったのではないでしょうか。 やっぱり、 センスのあるカスタムは全体のバランス感が大事だと思います。 もちろん、ガチンコで激しいTTもカッコイイと思いますが、街中でみんなが見た時にどう思うかと考えると、ちょっと微妙・・・ その辺を考慮して、バランスのとれたカスタムのTTをご紹介させてもらいました。 街中にもっとカッコイイ、振り返るような素敵な車が増えたらいいなぁ・・・と思います。 スポンサーリンク 関連記事.

次の

bond pickupitem

アウディ ttカスタム

audi. html 1998年に発売、1999年10月には日本市場での正規輸入販売も開始されたアウディの小型スポーツカー『TT』は現在2015年8月に日本でもモデルチェンジされた3代目が販売されています。 かつて1980年代、『アウディ・クワトロ』がフルタイム4WDターボマシンの先駆けとしてWRC 世界ラリー選手権 を席巻して以来、イメージリーダーとなるクーペモデルを持たないままアウディは1990年代の終わりを迎えようとしていました。 TTの登場はドイツ第3の高級車メーカー入りを狙うアウディにとりイメージアップのためにも重要だったのです。 基本的には4シーター2ドアクローズドボディの『TTクーペ』と2シーター2ドアオープンボディの『TTロードスター』の2種類で、高性能版『TTS』やアウディのハイパフォーマンスブランド、アウディスポーツのバッジをつけた『TT RS』もラインナップ。 エンジンラインナップも1. 8~2リッターターボの普及版『TT』がA3、2リッターターボの高性能版『TTS』がS3、2. 5リッターターボのハイエンド版『TT RS』がRS3に相当します。 audi. 搭載されるエンジンも高効率かつハイパフォーマンスを両立しており、A3がダウンサイジングターボ的な実用トルク重視傾向にあるのに対し、TTではより高回転までパワフルかつスペック上も数十馬力アップが図られています。 また、『TT RS』には現在では珍しくなった直列5気筒エンジンが『アウディの伝統と実績の進化系』として搭載されているのも大きな魅力です。 デザイン上もアルミ製フューエルキャップを筆頭にスポーツカーらしいアクセントが随所に施されており、内装にもメーターパネルの代わりに12. 3インチ高解像度フルデザイタルインストルメントパネルを採用した『アウディ・バーチャルコクピット』を採用しました。 夜間走行時に対向車へハイビームを浴びせないよう照射範囲を自動で切り替える『マトリクスLED』ヘッドライトや、『TT RS』には量産車で初めてOLED 有機発光ダイオード リヤライトをオプションで準備するなど、先進技術が集められています。 3代目アウディTTのカスタム事情 高い性能を保ちつつ、デザイン的にも美しいホイールこそがアウディTTのカスタムにふさわしいホイールでしょう。 アメリカ生まれの『AGIO wheels』は塊感のある上質なホイールとして輸入車オーナーに人気のメーカーです。 AGIO wheel precisione KTR アメリカはカリフォルニア州に設立されたホイールメーカー『AGIO wheels』。 2004年に設立されたこの会社のホイールは、ストリートで美しく映えるデザインはもちろんのこと、レースなどサーキットでの使用にも耐えられる精度・剛性を持った逸品ばかり。 KTRの特徴は、曲線の美しい7本スポーク。 ナイフのようなエッジ感は、他のクルマとは一線を画すデザインを実現できる美しい仕上がりです。 8リッター FF 】 471万0,000円 【クーペ2リッター 全車4WD 】 591万0,000~776万0,000円 【クーペ2. 5リッター 4WD 】 989万0,000円 【ロードスター2リッター 4WD 】 607万0,000円 【ロードスター2. 5リッター 4WD 】 1,005万0,000円 クーペの1. 5リッター車がハイパフォーマンスモデル『TT RS』です。 クーペの2リッター車のみ230馬力の通常版『TT』と286馬力の高性能版『TTS』に分かれます。 なお、中古車価格は以下。 audi. html 初代では曲面の多用で、アウディというよりビートル以来のフォルクスワーゲン車を思わせる柔らかいフォルムが特徴だったTTですが、代を重ねるに従いアウディらしい顔つきに、そしてスポーツカーらしいフォルムを得てきました。 FFベースのコンパクトカーなれど普及版の1. 8リッターモデルを除けば全車クワトロシステム 4WD 採用による安定した走りも魅力で、『路面に伝えられないスペックは高性能と呼ばない』というアウディのポリシー通りのスポーツカーです。 2シーターのロードスターで軽快に流すもよし、実用性と走りを兼ね備えた4シーターのクーペでロングドライブからサーキット走行までこなすもよし、小型ながら多彩なステージで活躍できるスポーツカーがアウディTTです。 あわせて読みたい.

次の

500馬力でR8以上の速さ!ABT Sportsline アウディ TT RS

アウディ ttカスタム

自動車大国のドイツから発祥した「アウディ」。 1998年そのアウディから突如として「TTクーペ」が発売されました。 今までのアウディにはなかったお椀のような2ドアタイプのクーペスタイルと、1. 8L直4ターボもしくは3. 2LV6エンジンを選ぶことができ、スポーティーさのある走りが話題を呼び、その後のアウディだけでなく自動車業界にも影響を与えるほどでした。 2015年には3代目が誕生し、日本国内だけでも根強い人気があります。 今回はそんなアウディ・TTクーペをカスタムするうえでどんなホイールを履かせようか迷っているユーザー向けに、当編集部がおすすめするホイールを厳選させていただきました。 そして、アウディ・TTクーペに乗っている他のCARTUNEユーザーがどんなホイールを装着しているかなども織り交ぜながらご紹介します。 日本生まれの老舗ホイールメーカーの一つである「ワーク」。 高い品質と国内生産にこだわり、世界へ発信し続けている有名なメーカーです。 中でも「ワーク エモーション」シリーズは、モータースポーツで培った技術と経験を生かして、高い剛性をそのままに無駄なものを削ぎ落したデザイン、そして軽快な走りを可能にする軽さを「極み」のところまで実現させた、ワークのフラッグシップモデルです。 設定サイズ 4本合計• マットブラック• ホワイト• キャンディブルー• アッシュドチタン• キャンディレッド• こちらの商品はカテゴリとしてはスポークですが、メッシュに近い9本の細いツインスポークデザインとなっております。 ブレーキキャリパーの逃げを考慮した立体型のアルミホイールは、TTクーペに似合うこと間違いなしです。 また「ホムラ」シリーズの中でも大径サイズの商品なので、お乗りになっているTTクーペに大きなホイールを履かせたいという方にはおすすめです。 設定サイズ 4本合計• スパークプレーテッドシルバー• 徹底して鍛造製法と鍛造だからこそなしえる美術作品のようなデザインの美しさが特徴です。 「エクスリート 107M モノブロック」はツインスポーク7本で構成されたアルミ製1ピース鍛造ホイールで、TTクーペ以外の輸入車にも対応しています。 設定サイズ 4本合計• 18インチの価格:オープン価格• 19インチの価格:オープン価格 カラーバリエーション• フラットハイパーガンメタ• グロスブラック• フラットブラック• タイヤ製造メーカーだからこそ、タイヤを装着した際のバランスや車のフェンダーバランスなども考慮されて開発されているのが特徴です。 「アドバンレーシング GT」は輸入者向けのホイールブランドで、ヨコハマタイヤがレース業界にて培ったノウハウを注ぎ込んで、5本スポークというシンプルなデザインながらスポーティーな車にも煌びやかなドレスアップな車にも合わせやすいものとなっています。 設定サイズ 4本合計• 特徴は輸入車の雰囲気に合った洗礼されたデザインと、国内ではあまりないサイズも取り扱っているのがポイントです。 「VVS CV3-R」は輸入車との相性がばっちりの力強いストレート形状の5本スポークと19インチからというかなり大きいサイズが特徴的です。 ちなみに公式サイトではオプション扱いとして、ボディ同色への塗装注文も可能です。 設定サイズ 4本合計• プラチナムメタリックシルバー• 世界最高峰レース「フォーミュラ1」にも実戦投入された経験があるほどです。 そしてその経験は、「SPORT」などの市販車向けアルミホイール生産・販売にも生かされています。 「スーパーツーリズモ LM」は、ル・マン24時間レースにも使用されたことから「LM」の称号がついています。 レースで得たデータを基に、ブレーキクリーニング性が高い細めのスポーク形状に仕上げています。 設定サイズ 4本合計• マットレースシルバー• その後はほとんどの製品が日本で生産されており、長年培われた実績とモータースポーツ業界においても多くの企業が採用しているほどの高い信頼を得て、世界中におけるアルミホイール製造メーカーの中でも人気の高いメーカーとなっています。 その中でアウディ・TTクーペに合うものは、煌びやかなホイールピアスボルトとシルバーカラーで統一されたリム、そしてBBSの代名詞ともいえるメッシュデザインと剛性の高い2ピースタイプの「LM」がおススメです。 設定サイズ 4本合計• 17インチの価格:オープン価格• 18インチの価格:オープン価格• 19インチの価格:オープン価格 カラーバリエーション• ダイヤモンドシルバー• ダイヤモンドブラック• ゴールド アナタはどんなデザインがお好み?アウディ・TTクーペに似合うホイールデザイン 数あるカスタムホイールのうちから、当編集部がチョイスした10種は気に入っていただけましたでしょうか?お次は、TTクーペに似合うホイールデザインを選ぶうえでポイントとなるところを、ホイールデザイン別にご紹介します。 スポーク こちらのユーザーさんは2代目TTクーペにワークの「グノーシス GR205」のホイールを合わせています。 注目すべき点は、純正サイズが17インチであるのに対し2サイズも大きい19インチのものを履かせています。 ホイールの煌びやかなデザインに相まって、19インチという非常に大きいサイズですから、インパクトが増して非常にカッコよく映えます。 TTクーペの純正ホイールサイズ アウディ・TTクーペの純正サイズは歴代合わせて5種類もあります。 さらに表記以外にもオプション設定されたサイズもあるので、お手持ちの車のホイールサイズが気になる方は、車の取扱説明書をご覧になって確認してください。 なおPCDは表記のサイズはいずれも「112」、そしてハブ数は「5」となっています。 インチ数 大きさ オフセット J数 幅 タイヤサイズ 16インチ 31 インセット 7 205 16インチ 45 8. 5 225 17インチ 32 インセット 7. 5 225 17インチ 50 8. 5 245 18インチ 52 9 245 純正で履けるサイズは?.

次の