アキュラ タイプ s。 ホンダの高級ブランド、アキュラにタイプSの名称が復活!モントレー・カーウィークでコンセプトモデルを発表!

アキュラ,ホンダ,タイプS,コンセプト,新型車,情報,発売日,スペック,価格

アキュラ タイプ s

スポーツセダンの新型「TLX」2021年モデル発表 本田技研工業が北米で展開する高級車ブランド「アキュラ」は5月29日(現地時間)、新型「TLX」2021年モデルを発表した。 今秋から米国での販売を開始し、価格は3万ドル半ば~を予定。 また、2021年春にはハイパフォーマンスバージョンである「TLX Type S」を導入することが予告されており、Type Sの復活は10年ぶりのことになる。 TLX、TLX Type Sともにトルクベクタリングを実現する「SH-AWD(Super Handling-All Wheel Drive)」を採用する。 TLX 2021年モデルのエクステリアデザインは、2016年のデトロイトモーターショーで世界初公開された「プレシジョン コンセプト」や2019年のモントレーカーウィークで発表された「Type S コンセプト」の流れを汲むもので、ワイド&ローを強調した4ドアスタイルが特徴。 従来モデルからホイールベースは3. 7インチ長くなり、全高も0. 6インチ低くなったという。 また、フロントまわりではダイヤモンド型の大胆な5角形グリルや4つのLEDエレメントを備えた新しいジュエルアイLEDヘッドライト、デイトナ24時間レースに出場した「アキュラARX-05」プロトタイプレースカーに触発された明るい白のLEDデイタイムランニングライトなどが与えられている。 TLX A-Spec 新設計のシャシーではフロントサスペンションにダブルウィッシュボーン式を、リアサスペンションにマルチリンク式を採用したほか、ドライバーが任意に選択可能なアダプティブダンパーシステムなど、パフォーマンス重視の新しいアイテムを投入。 また、重量バランスをとるためにフード、フロントフェンダー、フロントダンパーマウントなどにアルミニウムを採用するとともに、12Vバッテリーをトランクにレイアウト。 一方、足下は18インチホイールを標準装備とし、19インチ仕様も用意。 TLX Type Sでは10スポークの20インチホイールが装備される。 また、第2世代のNSX用に開発された電動サーボブレーキシステムを用いるほか、Type Sでは4ピストンのブレンボ製フロントキャリパーなどが与えられる。

次の

ホンダの高級ブランド、アキュラにタイプSの名称が復活!モントレー・カーウィークでコンセプトモデルを発表!

アキュラ タイプ s

アキュラは1986年にアメリカで開業しています。 当時のラインアップはスポーツカーである「インテグラ」とフラッグシップセダン「レジェンド」のみ。 ちなみに、このブランド戦略はトヨタが展開する高級ブランド「レクサス」や日産の高級ブランド「インフィニティ」よりも早いタイミングで行われています。 1990年には和製フェラーリと呼ばれた「NSX」がアキュラブランドから発売されたことでその存在感を一層高める事に成功しました。 そんなアキュラが次期型の「TLX」をベースとしたと思われる「タイプSコンセプト」を発表しました。 「タイプS」はホンダグループのスポーティ指向のモデルに与えられるサブネームで、以前アキュラでも「タイプS」を関するモデルを販売していました。 この「タイプSコンセプト」の発表により、久しぶりに帰ってくることになりそうです。 今回はそんなアキュラ「タイプSコンセプト」についてご紹介したいと思います。 アキュラ「タイプSコンセプト」 アキュラ「タイプSコンセプト」のフロントマスクです。 アキュラのデザインアイコンである「ダイヤモンドペンタゴングリル」には中心から外側へと広がるメッシュデザインのラジエターグリルが採用されています。 さらにフロントバンパーには、メイングリルに負けない存在感を醸し出すロアグリルと「NSX」にインスピレーションを得たであろうスポーティなサイドダクトが確認できます。 そして、フロントスポイラーはサイドダクトの外側を通ってヘッドライトを繋ぐようなデザインとなっています。 ヘッドライトには力強い「L」字のデイタイムランニングライトと大きな宝石を並べたようなデザインの「ジュエルアイヘッドライト」が備わっています。 立体的なフロントバンパーと個性的なヘッドライトだけを取っても、「タイプSコンセプト」の存在感は目を見張るものがありますね。 ヨーロッパ車とはまた別の躍動感と存在感を手に入れています。 「タイプSコンセプト」のサイドビューです。 低いボンネットと長いノーズがホンダの名車「プレリュード」や「S2000」を思い出させてくれます。 ホンダが提唱していた低床ボンネットがこのようなところで復活するというのは非常に感慨深いです。 セダン車というよりもはやクーペのような低く流れるようなルーフラインが目を引きます。 そのルーフラインはトランクにあるリアスポイラーで一気に上へと跳ね上がられています。 フロントタイヤの後ろから始まるキャラクターラインは、リアへ進むにつれて深い彫が与えられることで後輪駆動車のような力強さを感じることが出来ます。 ユニークなくびれが与えられたダイナミックラインがあることによって、クーペの持つスタイリッシュな印象を受けます。 なんと言って、「タイプSコンセプト」のサイドビューで注目すべきはフロントブレーキキャリパーの設置場所です。 「タイプSコンセプト」のブレーキキャリパーをよく見ると、フロントは後ろに、リアは前にキャリパーが設置されています。 ホンダとアキュラは前輪駆動車(FF)を得意としています。 前輪駆動車(FF)の場合、真横にある前輪をドライブシャフトによって駆動します。 ドライブシャフトに干渉しないように前輪より後方に操舵系を設置する為、ブレーキシステムはスペースの開いている前輪の前方へ設置することになります。 よって、ホンダ車とアキュラ車では、フロントブレーキキャリパーは前方に設置されているのです。 しかし「タイプSコンセプト」ではブレーキキャリパーは前輪後方に設置されています。 まさに後輪駆動車(FR に採用されるブレーキキャリパーの位置になっているのです。 このことから「タイプSコンセプト」には「S2000」以来となる縦置きエンジンの後輪駆動車(FR)が採用される可能性があります。 「タイプSコンセプト」のリアビューです。 デイタイムランニングライトのグラフィックと同じリアテールライトが与えられたことで「タイプSコンセプト」のキャラクターが際立っています。 まだコンセプトカーなので、リアテールライトのディテールはこれからというところでしょうか。 片側2本出しのクワッドエキゾーストシステムの採用によって、この車が高性能車であることが伺い知ることが出来ます。 カーボンファイバー製のリアスポイラーとリアディフューザーが採用されていますが、市販モデルではコストの面から考えるとこれは無くなる方向で行くでしょうね。 欧州車に見られる外側に大きく張り出したフェンダーアーチがとても素敵ですね。 「タイプSコンセプト」のパワートレインを予想 気になる「タイプSコンセプト」のパワートレインですが、一番有力視されているのは「NSX」にも搭載している3. 373kW(500馬力)を絞り出す高性能エンジンが搭載されれば、「タイプSコンセプト」は欧州車にも負けないポテンシャルを発揮することは間違いないでしょう。 もちろん組み合わされるトランスミッションはホンダが理想の走りを求め多段化した9速デュアルクラッチトランスミッションです。 そしてさらに驚くことにハイブリッドシステムの搭載の噂もあります。 「NSX」のように3. ダイレクトドライブモーターはエンジンとトランスミッションの間に設置されたモーターのことです。 初速の早く太いトルクを発生するモーターの特徴を活かしてエンジンをアシストするシステムです。 次期型「TLX」からラインアップされると期待されている「タイプSコンセプト」には、「タイプS」と「タイプSハイブリッド」の2タイプあるかもしれませんね。 まとめ アキュラが発表した「タイプSコンセプト」の情報をご紹介しました。 アキュラとしてだけではなく、ホンダとしても「タイプS」が久しぶりに復活することになりそうですね。 リアルレーシングを追求した「タイプR」と快適性も考慮した「タイプS」はこれからの幅広いニーズに対応するべく様々なモデルに波及してくと予想されます。 今回の発表でアキュラは、まずは今後2年以内に少なくとも2モデルに「タイプS」を設定すると断言しています。 一つはスポーツセダンとして人気のある「TLX」の次期型であることは確定とすると、もう一台は今はやりのSUVモデルになるかも? アキュラの展開する「タイプS」がどんなものになるのは期待して待ちましょう。 最後までご覧いただきありがとうございました。 車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか? 愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。 「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。 しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました! 35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ! そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、 中古車買取実績No. 1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい! ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。 どうせ値段が付かないからと諦めていませんか? あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません! だからこそ、まずは査定してみましょう。 それに、中古車買取実績No. 1のガリバーは買取専門店ではありません! ガリバーは中古車販売実績No. 1の中古車販売店です!! 「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。 完全無料• 45秒のカンタン入力 たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます! もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。 「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます! あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、 まずは中古車買取実績No. 1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

次の

アキュラ,ホンダ,タイプS,コンセプト,新型車,情報,発売日,スペック,価格

アキュラ タイプ s

アコードのアキュラ版!? TLXの立ち位置は? アキュラ 新型TLXの2021モデル。 写真は久々に復活した「タイプS」で、同車の頂点グレードに位置付けられる アキュラは、レクサスやインフィニティより早い1986年に米国で開業。 当時は初代レジェンドとクイントインテグラというラインナップであった。 ホンダが米国で大人気のブランドということもあり、アキュラは顧客満足度1位になるなどしながら定着。 2000年代に入り世界展開も始まり、日本でも開業が宣言されたもののリーマンショックによる景気低迷を理由に白紙となっている。 現在のラインナップは、スーパーカーのNSXをフラッグシップに、それぞれ大きい方からセダン系は「RL」 日本のレジェンド 、「TLX」、「ILX」 シビックのアキュラ版 、SUV系は「MDX」、「RDX」 CR-Vのアキュラ版 、「CDX」 ヴェゼルのアキュラ版、中国専売 の7車種だ。 TLXは、それまでの北米向けアコードのアキュラ版となる「TL」と、日本と欧州向けアコードのアキュラ版となる「TSX」を統合したプレミアムスポーツセダンとして2014年に登場。 そのため、ボディサイズは大きいが、米国市場ではレクサス IS、インフィニティ Q50 日本のスカイライン 、BMW 3シリーズなどがライバル車となる存在だ。 タイプSのエンジンは日本開発!? 開発は新しい3L・V6ターボエンジン(タイプSに搭載)だけは日本となるが、エンジン以外の開発はアメリカホンダ、生産もオハイオ州のメリーズビル工場と、アメリカ主導で開発されたモデルだ。 クルマの土台となるプラットホームは新設計とのことで、次期TLXのプラットホームはベンツがCクラスとEクラス、BMWが3シリーズと5シリーズといった具合にそれぞれの共用部分が増えているのと同じように、次期RL&レジェンドにも使われるのかもしれない。 レジェンドでもおなじみの五角形グリルがスポーティなTLX。 グリル内にはType Sのバッジも 新型TLXのスタイルは、現行レジェンド/RLに対し、スポーツセダンというコンセプトから、だいぶマッチングがよくなったように感じるペンタゴン 五角形 グリルを採用。 車両後方に行くに従ってルーフが若干傾斜するクーペルックのシルエットや太いテールパイプを強調したリア周りなど、スポーツセダンらしいアグレッシブなものとなっている。 ここ数年のホンダ車で採用例が増えているボタン式となるシフトを使うインテリアも、大きなセンターコンソールで運転席と助手席を明確に区切っている点など、スポーツセダンらしい雰囲気を強く感じる。 頂点に「タイプS」が復活! 新型TLXのバリエーション TLX「タイプS」のフロントシート。 7kgm と、新開発となる3L・V6ターボ 現時点ではスペック非公表 の2つ。 トランスミッションはそれぞれ10速AT。 駆動方式は2L直4ターボ車がFFとSH-AWD(レジェンドやNSXにも採用)、3L・V6ターボはSH-AWDのみとなる。 日本人の視点で次期TLX最大の注目ポイントとなりそうなのが、3L・V6ターボは「タイプS」のグレードを名乗る点だ。 1997年に行われた初代NSXのビッグマイナーチェンジで展開が始まったタイプSは、「タイプRをノーマルのままサーキットを全開で走れるサーキットベストとするなら、タイプSはワインディングベスト」という位置づけで、国内ではアコードやインテグラなどに設定。 8代目アコードのタイプS。 2011年の改良でワゴンのツアラーにも設定され、2013年まで販売 タイプSはタイプRほどメジャーにはならなかったものの、公道ユースにはほどよいモデルだった。 米国で販売されるホンダ車では「TL」以来10年振り、日本で販売されるホンダ車では先々代アコード以来7年振りとなる次期TLXで復活する「タイプS」は、400馬力を優にオーバーしそうな3L・V6ターボエンジンを搭載。 加えて、可変ダンパー、20インチタイヤ+ブレンボブレーキなど、サーキットもガンガン走れそうなアイテムが盛りだくさんとなっている。 これでタイプSのコンセプト通り、公道も快適かつ楽しく走れるモデルに仕上がっていれば、米国のスポーツセダン市場において面白い存在になるに違いない。 ホンダ広報部によれば「グレイスは7月に、シビックセダンは8月に生産終了する」という。 TLXの日本導入はないだろうが、ホンダが日本で販売するセダンを再構築するのなら、このようなモデルの導入は、やってみる価値のあるチャレンジかもしれない。

次の