サバクトビバッタ 日本に来るか。 バッタの大群が日本に来るか調べてみた!大量発生の理由をくわしく解説!

大量発生中のバッタが中国や日本に来ることはあるのか?影響についてまとめ

サバクトビバッタ 日本に来るか

産卵するサバクトビバッタ : : : : : : : Schistocerca属 : サバクトビバッタ S. gregaria Schistocerca gregaria , サバクトビバッタ 英名 サバクトビバッタ(砂漠飛蝗、学名: Schistocerca gregaria )は、の。 サバクワタリバッタ、 サバクバッタ、 エジプトツチイナゴとも。 代表的な(locust)として知られ、時々大発生し、有史以来、、、に被害()を与え続けている。 サバクトビバッタは体が大きく、移動距離が長く速度も速いため、大きな蝗害を起こしやすい。 拡大写真 サバクトビバッタの寿命は3-6ヶ月、1年当たりの世代交代回数は2-5回である。 雨季になるまで、1匹1匹が別々に暮らしている。 雨季になって草が生長すると、雌が草地に卵を産む。 卵が孵った時に、草が餌と隠れ家になるためである。 ところが草地が元々少なかったり、降水量が減って草地が減ったりすると、幼虫は残された餌場を求めて集まってくる。 このような集団環境で育ったバッタが生む子の体色は、元来の緑ではなく、黄色や黒に変化する。 この現象はと呼ばれている。 幼虫が成長すると、茶色や赤、黄色になる。 また、羽根に比べて体長が短くなる。 さらに、互いを引き寄せるを放ち、群れを作るようになる。 群れは10-16世代にわたって増加を続け、1つの群れは最大で1,200平方キロメートルを移動し、1あたりに4,000万から8,000万匹が含まれている。 幼虫と成虫ではフェロモンの種類が異なる。 幼虫のフェロモンは互いを引き寄せる働きをするが、成虫が出すフェロモンは方向感覚を狂わせる働きがある。 そのため、成虫となった群れは2-3日で崩壊し、再び1匹1匹に分かれることがある(この性質を利用して、を防ぐ研究も進められている)。 分布 [ ] 大発生期を除いて、サバクトビバッタの分布はを西端として、、北部までの1,600万平方キロメートルに集中している。 北部のやで生まれた幼虫は、沿岸にゆっくりと移動してそこで成長する。 気象条件と生活環境によっては、群れが世代交代を繰り返しながら移動していくため、北はや、南はや、東はやにまで達する。 群れは、風に乗って移動するため、移動速度は概ね風速に近い。 1日あたりの飛行距離は100-200キロメートルである。 到達高度は最高で海抜2,000メートルであり、これ以上は気温が低すぎるため上ることができない。 そのため、、 、を超えて進むことはできない。 また、西アフリカ南部やのや中央ヨーロッパに進む事はない。 一方で、を超えてアフリカからアラビア半島を移動することが可能であり、1987年から1989年にかけての大発生の時には10日間をかけてアフリカからを越えてにまで到達している。 農被害 [ ] 餌を食べるサバクトビバッタ サバクトビバッタは、毎日自分の体重と同じ量の緑の植物を食べる。 種類は葉、花、皮、茎、果実、種と問わない。 農作物、非農作物のいずれも食し、農被害としては、、、、、、、果樹、、野菜、、、、などが多い。 さらにはバッタからの排泄物が食べ残した食物を腐らせる。 サバクトビバッタによる農被害は、早くも『』や『』に見られる。 に関する古文書にもの被害が報告されている。 20世紀に入ってからは、1926年-1934年、1940年-1948年、1949年-1963年、1967年-1969年、1987年-1989年、2003年-2005年、2020年などの被害が大きい。 大規模な蝗害 [ ] 2003-2005年 [ ] 詳細は「 ()」を参照 での2003年10月から2005年5月のサバクトビバッタの大量発生は、農業に大打撃を与え、地域のに大きな影響を与えた。 始めは、、、でそれぞれ独立した小規模の群れが発生した。 この後、のからの付近で2日間の異常な大雨が降り、それが原因で6ヶ月にわたってサバクトビバッタは急速に増え続けた。 群れは移動で拡散し、20ヶ国以上、130,000平方キロメートルが被害を受けた。 FAO の見積もりによると、この対策費は4億ドル以上、農被害は25億ドルに上った。 この被害は2005年前半に降水量が減り、気温が下がることでようやく終結した。 被害国は、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、であった。 2020年 [ ] エチオピア、ケニア、ソマリアなどの東アフリカでサバクトビバッタが大量発生し食糧不足が懸念されている。 ソマリア政府は「国家の食糧安全保障にとって大きな脅威」として、国家非常事態を宣言した。 対策 [ ] 現在、サバクバッタ駆除の主な方法は、散布機搭載車両、および空中散布機による散布である。 殺虫剤は直接散布、または薬剤の付着した植物の摂食によってバッタに摂取される。 バッタ対策を担当する主要国際機関は、(FAO のサバクバッタ情報サービス部門 である。 DLISはイタリアのローマ本部から状況を毎日監視し、で情報を提供している。 DLISは、影響を受ける国が実施した調査結果を受け取り、この情報を衛星データと組み合わせ、降雨量の推定、季節ごとの気温と降雨量の予測により、現在の状況を評価し、6週間前までに繁殖と移動のタイミング、規模、場所を予測する。 状況評価と予測は、1970年代に遡る月刊バッタ速報で公開されているが、1990年代以降のものは、FAOのウェブサイトで入手できる。 FAOはまた、影響を受ける国に情報を提供し、駆除のトレーニングを行い、対策資金の配分を行う。 バッタ情報担当官 [ ] DLISはバッタ情報の専門家を養成するプログラムを2000年より開始し、各国から研修生を受け入れている。 プログラムに参加するすべての研修生は、国家の指定するバッタ情報担当官でなくてはならない。 参加者は多くの場合、自国のサバクトビバッタの調査、報告、管理において数年以上の経験を持つ。 注釈、出典 [ ]• この分類はの 2008 による。 Jahn 1993• 朝日新聞 2020年2月3日. 2020年2月5日閲覧。 参考文献 [ ]• afrol News. 2004年10月1日. 2020年2月2日閲覧。 [ ]• Lindsey, Rebecca 2002年9月18日. NASA Earth Observatory. 2006年10月3日時点のよりアーカイブ。 2020年2月2日閲覧。 Lomer C. , Bateman R. , Johnson D. , Langwald, J. and Thomas, M. 2001. Annual Review of Entomology 46: 667-702. OECD 2004年9月23日. 2020年2月3日閲覧。 [ ]• Peter Neuenschwander 2004-12-15. Nature 430: 801-802. 2020年2月3日閲覧。. 英語版 Jahn, G. 1993. Supplementary environmental assessment of the Eritrean Locust Control Program. USAID, Washington DC. 関連書籍 [ ]• 著 『バッタを倒しにアフリカへ』 2017年• 英語版 Abdin, A. van Huis, 2001. Spatial distribution of the desert locust, Schistocerca gregaria, in the plains of the Red Sea coast of Sudan during the winter of 1999. 英語版 Ceccato, P. , K. Cressman, A. Giannini, S. Trzaska. 2007. The desert locust upsurge in West Africa 2003-2005 : Information on the desert locust early warning system and the prospects for seasonal climate forecasting. Intl J Pest Management 53 1 : 7-13. 英語版 Cressman, K. 1996. Current methods of desert locust forecasting at FAO. 英語版 Huis, A. van, 1994. Desert locust control with existing techniques: an evaluation of strategies. Proceedings of the Seminar held in Wageningen, the Netherlands, 6-11 December 1993. 132 pp. 英語版 Huis, A. van, 1995. Desert locust plagues. Endeavour, 19 3 : 118-124. 英語版 Huis, A. van, 1997. Can we prevent desert locust plagues? In: New strategies in locust control Eds. : S. Krall, R. Preveling and D. Diallo , pp. 453-459. 522 pp. 英語版 Huis, A. van, K. Cressman, J. Magor. 2007. Preventing desert locust plagues: optimizing management interventions. Entomologia Experimentalis et Applicata 122: 191-214. 英語版 Symmons, P. van Huis, 1997. Desert Locust Control campaign studies: operations guidebook. Wageningen University. 167 pp. 英語版 Werf, W. van der, G. Woldewahid, T. Abate, M. Butrous, O. Abdalla, A. Khidir, B. Mustafa, I. Magzoub, O. 外部リンク [ ]• (英語)• (英語) [ ]• (英語) [ ]• (英語)• (英語)• (英語) [ ]• (英語) [ ].

次の

バッタの大量発生は日本にくる?2020年の現在地と移動ルートは?

サバクトビバッタ 日本に来るか

スポンサーリンク バッタの大群が発生するのはなぜ? バッタの大群が日本に来たら コロナ以上に外に出れない 日本は今まで以上に対策に尽力してほしい — ツイッターおもしろ動画 haripotago そもそもなぜ、突発的にバッタの大群が発生するのでしょうか? こどもでもわかりやすいように解説したサイト から引用してみます! 繁殖環境によって集団行動をするバッタが発生する 空が暗くなるほど巨大なバッタの大群が飛んできて農作物を食い荒らす。 昔から世界各地でバッタが大量発生し、人々を苦しめてきました。 普段は単独行動を好むバッタが集団行動するようになる変化を「相変異」といいます。 仲間が少ないときのバッタを「孤独相」、多いときのバッタを「群生相」と呼びますが、相変異はバッタの大量発生と重要な関係があります。 なぜ相変異が起こるのか。 アフリカの半砂漠地帯に棲むサバクトビバッタを例に解説しましょう。 いつも乾燥している砂漠ですが、雨季に雨が降ると、バッタのエサとなる草が生えてきます。 バッタは、その先に雨が降っていることの多い季節風に乗って移動し、エサにありつきます。 そして、お腹いっぱいになると卵を産み始めます。 雨は数日しか降らないので、草は1か月ほどで枯れてしまいます。 孵化した幼虫はその前になんとか成虫になるものの、その場では生活できず、新しいエサ場を求めて旅に出ます。 ところが、珍しく大雨が降ると、草が枯れるのが遅くなるため、バッタは旅に出ずに数世代連続して繁殖します。 バッタの繁殖力は高く、あっという間に仲間の数が増えます。 草が枯れ始めると、草が残っている狭い範囲にたくさんのバッタが集まってきて、ますます数が多くなります。 仲間が多くなるとバッタの体に変化が起こります。 仲間と群れるようになり、翅が長くなって飛びやすい体になります。 これが相変異です。 実験の結果、バッタは仲間の姿や匂いではなく、ぶつかり合いに反応して相変異を引き起こすこと、そして、その接触刺激を触角で感じていることがわかってきました。 群生相になると1日に100km以上も飛び、途中で小さい群れ同士が合流し、群れはますます巨大になっていきます。 バッタの大群は、大雨によって引き起こされた群生相の大集団なのです。 (国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター・任期付研究員 前野ウルド浩太郎) (引用: ) 簡単にまとめると、 原因は大雨です! 大雨が原因で砂漠の草が枯れにくくなると、一箇所に大量のバッタが大繁殖してしまうんですね。 そこの草が枯れると、また草を求めて旅にでるのですが、そのうち小さい群れ同士が合体して、どんどん巨大化してしまうというわけです! おそろしいですね。 また、 「なぜ群れるようになるのか」というメカニズムまでは解明されていないようです。 今回大発生したサバクトビバッタは、海抜2,000mまで上昇することが出来ますが、それ以上は気温が低すぎ、上昇できないとされています。 なので、中国大陸や日本列島には到達することはなさそうですね。 しかし、油断は禁物です。 日本でも蝗害の発生例は確認されています。 今から92年前、日本で最後のバッタの大群攻撃を受けたのが宮古島です。 1928 年(昭和 3 年)5 月、フィリピンのルソン島でバッタが大量発生し、台湾と石垣島、 宮古島にも飛来して農作物に大きな被害が出ました。 この件に関して、興味深い資料を発見したので興味のある方は下のリンクからぜひチェックして見てください! まとめ さて、今回はアフリカのバッタが日本にくるのか?ということについて調べてみました! 今回、アフリカ東部で発生したサバクトビバッタが日本に被害をもたらす可能性は限りなく低そうですが、バッタの被害という点では、日本も全く関係ない話ではないということですね! フィリピン、台湾など、比較的日本に近い国で、大量発生することがあれば、日本にやって来る可能性も高いと思われます。 これに関しては対策のしようがないので、どう備えればいいのかわかりませんが、日本でもバッタによる被害がもたらされる可能性もあるということが知れたので、最低限の心構えはできたかな〜という感じですね笑 今回の件で、またなにか情報が入り次第こちらに追記していきたいと思います!.

次の

バッタ大量発生!現在地や原因は?日本へ来る可能性と影響は?

サバクトビバッタ 日本に来るか

バッタの大群は日本に来る? ずばり、大量のサバクトビバッタが日本に来る可能性は限りなく低いでしょう。 海に囲まれているためバッタは日本まで直接来れませんし、現在大量発生しているバッタはヒマラヤ山脈で引き返しています。 バッタの大群が日本に来るかもというツイートを見かけたが そもそも現在はヒマラヤ山脈でUターンしている。 まずいことに変わりはないがもっと勉強してどうぞ。 しかしそうして日本に入ってきてしまったサバクトビバッタは日本の環境に適していないので影響は少ないでしょう。 それは輸入の影響です。 サバクトビバッタの大群によって、インドでは飛行機の離着陸に影響が出ています。 また、バッタの群衆が農作物を食い荒らして移動しているため、食糧危機となっている地域も。 ヒマラヤ山脈を超えられなかったバッタたちはUターンして、アフリカなどで第二波の被害が出始めているようですね。 インドの民間航空省は、バッタの大群は今やあまりに巨大化し、「航空機の運航にとって極めて重要な離着陸の際、機体に脅威を及ぼし得る」と懸念を示し、「個々のバッタは小さいが、無数のバッタがフロントガラスを覆えば、操縦士の視界に影響を与えることは明白だ」と話した。 — AFPBB News afpbbcom インドでバッタが農作物を食い荒らし、政府が駆除に追われています。 被害は26年間で最悪の規模とか。 輸入に頼る日本の食への影響が心配です。 食糧も「脱中国」で、自給率を高める必要があります。 — 釈 量子 shakuryoko 日本は輸入に頼っていることが多いので、間接的な被害は避けられないかもしれません。 アフリカから、バッタの大群がインドや中国に渡ってきています やがて日本にも? 日本に来なくても、食料の多くを輸入に頼っているわけで・・・ サバクトビバッタの正体 ちなみにイナゴと違って食用には適さないそうです — ビジネスマインド buisinesmind SNSでの反応、バッタの群衆写真 やはり日本に来るのではないかと思っている人は多く、以下のような反応が多いですね。 殺虫剤が品切れになる!• 日本に来たらどうしよう…• あんなバッタの大群がいたら生きられない 精神的に 自分も思います。 あんな大量のバッタが家の周りを飛んでいたら、まず外に出れませんし、精神的に追い詰められそう、と 笑 バッタの大群は今やあまりに巨大化ついにインドに。 怖すぎる。 インドでは飛行機の運行にも影響が出てるらしい。 車ですら、こんなの襲ってきたら停めて去るのを待つけど、 飛行機は停まれないもんな~。。 ウィルスの次はバッタ、それに付随した食糧危機。。 とか、今年は本当に大変な年になったな~。 日本に来ないことを祈るしかない。 — きのこ sizenseikatsu1 まとめ• 日本にサバクトビバッタが群衆で来る可能性は低い• 輸入用コンテナなどに成虫や卵が入り込む可能性はある• 日本には直接の影響はないが、間接的に影響はありそう サバクトビバッタについては、こちらの動画でとても詳しく解説されていて、私も視聴させていただきました。 70万回以上再生されている今回のバッタの解説動画なので、気になる方は是非ご覧ください!.

次の