男性 髪型 イラスト。 男キャラ 髪型 種類

男性キャラクターの描き方講座

男性 髪型 イラスト

1.短髪系(ショート・ベリーショート、坊主頭、ソフトモヒカン) 画像を選択すると拡大表示されます。 髪を半乾きにしたら、ワックスを手のひらに薄く伸ばして髪全体になじませます。 指先でちょっとつまんで髪の長短の部分に 毛束感を強調するのがポイント。 怖めの印象になるなら、おしゃれメガネでアクセントを。 後頭部ははハードワックスで根元から立ち上げ、サイド&トップは手のひらに余ったワックスを馴染ませるだけでOK。 自然乾燥のみでも形になるため、スタイリングの手間がかからず、スポーツをする方にもピッタリ。 顔を引き立たせる前下がりのフロント、サイドは地肌が透けるほど短くカットし、バックは頭の形を綺麗にするよう長めに残しボリュームを出します。 ハチ周りは横に立ってしまうため短めにカットし、えり足はやや長さを残して柔らかさを出す。 髪を濡らした後に軽くタオルで拭き取る。 濡れたままハードジェルを全体につけてトップが一番高くなるようセットし、仕上げにハードスプレーをする。 ワックスでスタイリング。 仕上げにジェルで艶を出します。 中央のモヒカンラインをやや長めに。 ワックスを毛先に付けるだけで簡単スタイリング。 明るめのカラーを入れるとよりオシャレで薄毛も目立ちにくい。 全体的に短めにカットしつつ、トップにボリュームを持たせる。 軟らかい毛は根本を立ち上げるのがポイント。 頭の形がキレイな方限定。 ヒゲやオシャレメガネでアクセントを。 前髪を長めに垂らしハイトーンカラーでお洒落度UP。 濡らした髪をタオルドライ後、ジェルとWAXを1対1で全体につけて自然乾燥でOK。 絶壁をカバーするように毛を立たせてスタイリング。 セット・スタイリングはほぼ必要なし。 タオルドライでOK。 スーツにもカジュアルなスタイルにもバッチリ合います。 タオルドライ後、ワックス・ジェルをつけて弱風で乾かすだけの簡単ヘア。 ありきたりな髪型に飽きた人におすすめ。 上手く決まればオシャレ度がワンランクアップします。 ツヤ感の出るスタイリング剤をしっかり全体になじませた後、左右どちらかに髪をとかしつける。 この時、前髪は立ち上げ、毛先ははねさせるように。 トップはペタンとなり過ぎないように少しニュアンスをつけるのがポイント。 境をはっきり見せるツーブロックスタイル。 シルエットを意識してワックスで丁寧にスタイリング。 バックはえり足から高めのポイントまで短く刈り上げるのがポイント。 少し艶のあるワックスやジェルで毛先を立たせて動きを出すと、よりオシャレでかっこよく。 自然にワックスでラフに仕上げてもOKなスタイルです。 1〜2分でスタイリングできるので、クセが気になる方・スポーツされている方にもオススメです。 カラーホワイトブリーチ後、薄くアッシュをかぶせてよりホワイトに。 肌との境が曖昧になるため薄毛が目立たちません。 ドライ後にワックスでスタイリング。 センターに集めるようにドライヤーで乾かしてワックスで無造作にスタイリング。 前髪はセンターを立てて、サイドは厚めに残すようカットしつつ、上げずに馴染むように下ろしてスタイリングし、M字を自然にカバー。 サイドとえり足は青く見えない程度に短めにカットし、すっきりシャープでありながらナチュラルな感じを出す。 センターは長めに。 毛先は太めの束感が出るように毛量調節。 バックは後頭部の絶壁をキレイに見せるため、丸みを持たせ、毛束の中間から間引き毛先を内ハネにします。 スタイリングは、ハードワックスを全体に馴染ませ毛先をつまみ束感を出す。 M字の前髪はそりこみ部分を長めにして、真ん中を短くすることでバランスをとる。 後頭部は髪を立ててボリュームアップ。 サイドとえり足付近はスッキリカットしボリュームダウン。 頭頂部はワックスで揉み込んでボリュームを出し、サイドはハードスプレーで固める。 顔が縦長に見えるような仕上がりを意識する。 生え際や頭頂部は分け目を作らず自然に流す。 髪が寝てしまうなら、根本からしっかり立たせるようにドライヤーでブローし、ハードスプレーでスタイルをキープ。 髪が細く薄くなっている箇所はすきバサミを入れすぎないように。 毛先は少しギザギザにカットするとナチュラル感が出る。 耳周りとえり足はバリカンで大胆に刈り上げる。 ワックスを使って髪に動きを出すとよりオシャレに。 サイドとえり足付近は必ず短めにするのがポイント。 ヘアカラーやブリーチは髪や頭皮を痛めるので、できるだけ頭皮に付着しないよう注意。 必ず美容室でプロにカラーリングしてもらいましょう。 クールさを残しつつ、キレイめな雰囲気に。 レイヤーカットでサイドとえり足のボリュームを減らし縦長のシルエットにする。 ギザギザのトップに立ちあがりをつければ、爽やかな印象をアピール。 トップは立たせてひし形のシルエットを作り、ややモヒカン風に。 生え際がやや後退し薄毛が気になり始めたくらいの人なら違和感なく実現できるオススメスタイルです。 耳の上を短めにすると全体的にバランスが取れます。 前髪を分けて自然に流し、額全体を無理に覆わずに一部露出させるスタイルなので、無理なくスタイリングが可能です。 綺麗な仕上がりにするには、前面にある程度の髪量が必要です。 おでこの生え際が薄いタイプで、あまり薄毛が進行していない方向けです。 トップにボリュームを出し、サイドとえり足は青くならない程度に短めにカット。 前髪はベタッとさせずフンワリ感を出します。 髪の毛の色を明るめのアッシュ系にすることで頭皮の地肌が見えにくくなり、薄毛の陰気臭さが改善されます。 おでこがかなり上がってきても応用できるスタイルです。 3.有名人のサンプル画像 俳優・タレント・芸能人 多くの人に注目される有名人にはオシャレな方が多く、大変参考になります。 髪型だけでなく、メガネ、ひげ、ヘアカラー、服装などの要素をうまく活用されています。 画像を選択すると拡大表示されます。

次の

男性キャラを描くための顔・髪型・身体の特徴を解説!

男性 髪型 イラスト

1.短髪系(ショート・ベリーショート、坊主頭、ソフトモヒカン) 画像を選択すると拡大表示されます。 髪を半乾きにしたら、ワックスを手のひらに薄く伸ばして髪全体になじませます。 指先でちょっとつまんで髪の長短の部分に 毛束感を強調するのがポイント。 怖めの印象になるなら、おしゃれメガネでアクセントを。 後頭部ははハードワックスで根元から立ち上げ、サイド&トップは手のひらに余ったワックスを馴染ませるだけでOK。 自然乾燥のみでも形になるため、スタイリングの手間がかからず、スポーツをする方にもピッタリ。 顔を引き立たせる前下がりのフロント、サイドは地肌が透けるほど短くカットし、バックは頭の形を綺麗にするよう長めに残しボリュームを出します。 ハチ周りは横に立ってしまうため短めにカットし、えり足はやや長さを残して柔らかさを出す。 髪を濡らした後に軽くタオルで拭き取る。 濡れたままハードジェルを全体につけてトップが一番高くなるようセットし、仕上げにハードスプレーをする。 ワックスでスタイリング。 仕上げにジェルで艶を出します。 中央のモヒカンラインをやや長めに。 ワックスを毛先に付けるだけで簡単スタイリング。 明るめのカラーを入れるとよりオシャレで薄毛も目立ちにくい。 全体的に短めにカットしつつ、トップにボリュームを持たせる。 軟らかい毛は根本を立ち上げるのがポイント。 頭の形がキレイな方限定。 ヒゲやオシャレメガネでアクセントを。 前髪を長めに垂らしハイトーンカラーでお洒落度UP。 濡らした髪をタオルドライ後、ジェルとWAXを1対1で全体につけて自然乾燥でOK。 絶壁をカバーするように毛を立たせてスタイリング。 セット・スタイリングはほぼ必要なし。 タオルドライでOK。 スーツにもカジュアルなスタイルにもバッチリ合います。 タオルドライ後、ワックス・ジェルをつけて弱風で乾かすだけの簡単ヘア。 ありきたりな髪型に飽きた人におすすめ。 上手く決まればオシャレ度がワンランクアップします。 ツヤ感の出るスタイリング剤をしっかり全体になじませた後、左右どちらかに髪をとかしつける。 この時、前髪は立ち上げ、毛先ははねさせるように。 トップはペタンとなり過ぎないように少しニュアンスをつけるのがポイント。 境をはっきり見せるツーブロックスタイル。 シルエットを意識してワックスで丁寧にスタイリング。 バックはえり足から高めのポイントまで短く刈り上げるのがポイント。 少し艶のあるワックスやジェルで毛先を立たせて動きを出すと、よりオシャレでかっこよく。 自然にワックスでラフに仕上げてもOKなスタイルです。 1〜2分でスタイリングできるので、クセが気になる方・スポーツされている方にもオススメです。 カラーホワイトブリーチ後、薄くアッシュをかぶせてよりホワイトに。 肌との境が曖昧になるため薄毛が目立たちません。 ドライ後にワックスでスタイリング。 センターに集めるようにドライヤーで乾かしてワックスで無造作にスタイリング。 前髪はセンターを立てて、サイドは厚めに残すようカットしつつ、上げずに馴染むように下ろしてスタイリングし、M字を自然にカバー。 サイドとえり足は青く見えない程度に短めにカットし、すっきりシャープでありながらナチュラルな感じを出す。 センターは長めに。 毛先は太めの束感が出るように毛量調節。 バックは後頭部の絶壁をキレイに見せるため、丸みを持たせ、毛束の中間から間引き毛先を内ハネにします。 スタイリングは、ハードワックスを全体に馴染ませ毛先をつまみ束感を出す。 M字の前髪はそりこみ部分を長めにして、真ん中を短くすることでバランスをとる。 後頭部は髪を立ててボリュームアップ。 サイドとえり足付近はスッキリカットしボリュームダウン。 頭頂部はワックスで揉み込んでボリュームを出し、サイドはハードスプレーで固める。 顔が縦長に見えるような仕上がりを意識する。 生え際や頭頂部は分け目を作らず自然に流す。 髪が寝てしまうなら、根本からしっかり立たせるようにドライヤーでブローし、ハードスプレーでスタイルをキープ。 髪が細く薄くなっている箇所はすきバサミを入れすぎないように。 毛先は少しギザギザにカットするとナチュラル感が出る。 耳周りとえり足はバリカンで大胆に刈り上げる。 ワックスを使って髪に動きを出すとよりオシャレに。 サイドとえり足付近は必ず短めにするのがポイント。 ヘアカラーやブリーチは髪や頭皮を痛めるので、できるだけ頭皮に付着しないよう注意。 必ず美容室でプロにカラーリングしてもらいましょう。 クールさを残しつつ、キレイめな雰囲気に。 レイヤーカットでサイドとえり足のボリュームを減らし縦長のシルエットにする。 ギザギザのトップに立ちあがりをつければ、爽やかな印象をアピール。 トップは立たせてひし形のシルエットを作り、ややモヒカン風に。 生え際がやや後退し薄毛が気になり始めたくらいの人なら違和感なく実現できるオススメスタイルです。 耳の上を短めにすると全体的にバランスが取れます。 前髪を分けて自然に流し、額全体を無理に覆わずに一部露出させるスタイルなので、無理なくスタイリングが可能です。 綺麗な仕上がりにするには、前面にある程度の髪量が必要です。 おでこの生え際が薄いタイプで、あまり薄毛が進行していない方向けです。 トップにボリュームを出し、サイドとえり足は青くならない程度に短めにカット。 前髪はベタッとさせずフンワリ感を出します。 髪の毛の色を明るめのアッシュ系にすることで頭皮の地肌が見えにくくなり、薄毛の陰気臭さが改善されます。 おでこがかなり上がってきても応用できるスタイルです。 3.有名人のサンプル画像 俳優・タレント・芸能人 多くの人に注目される有名人にはオシャレな方が多く、大変参考になります。 髪型だけでなく、メガネ、ひげ、ヘアカラー、服装などの要素をうまく活用されています。 画像を選択すると拡大表示されます。

次の

男性 髪型 種類 イラスト

男性 髪型 イラスト

男性のイラストを描くときに「ひげってそもそもどう描くと 男の人らしくなるのだろう?」「髪型がどうしも単調になってしまう... 」 そんな悩みをお持ちの方は、やとみさんによる男性キャラクターの 描き方講座で男性らしい顔の描き方をマスターしましょう! 男性キャラクターの描き方~顔・髪・身体~ 男性の顔の描き方 はじめに顔の描き方について紹介します。 男性キャラクターの顔の特徴としては、目の位置が高い、シャープな輪郭、太い首、直線的な眉、高い鼻などがあります。 男性は骨格がしっかりとしているため、横を向いたときは鼻が高く、顎の骨が張って見えます。 このように、男性キャラクターの顔は全体的に直線的で骨格が目立つという特徴があります。 男性の顔を描くときはこれらのパーツを強調して描くと、より男性らしい顔を描くことができます。 それでは次に男性と女性ではどのような違いがあるのか比べてみましょう。 女性キャラクターの顔の特徴として、目の位置が低い、ふっくらとした輪郭、細い首、弓なりな眉、低い鼻などが挙げられます。 直線的なラインが目立つ男性に比べ、女性は曲線的なパーツが多いのが特徴的です。 男性を描く場合でも、これらの特徴を理解した上で描くように意識しましょう。 男女の違いを理解せずに描いてしまうと、このように男性を描いているつもりが、女性のような顔に見えてしまったり、男性か女性かわからない顔立ちになってしまうことがあるので注意しましょう。 男性のひげの生え方 次は、ひげの生え方について紹介します。 ひげを生やすことによって顔の印象は大きく変わるため、キャラクターの幅を広げる上でとても重要なポイントです。 ひげが生える箇所は主に口周り、あご、頬、の三箇所です。 量が少なく短いひげは、線で表現します。 量が多い場合は、髪の毛を描くときと同じように面で表現します。 右のように口ヒゲと顎ヒゲをつなげる生やし方もあります。 ヒゲが長く生えている場合は眉毛の毛量を増やしたり、もみあげと顎ヒゲをつなげたりすることで、より毛深い印象を出すことができます。 男性の髪型の描き方 続いて、男性の髪型を紹介します。 一つ目は一番スタンダードなストレートの髪型です。 頭の頂点から骨格に沿わせるようにして描いていきます。 このようなシンプルな線を使って描く髪型の場合は特に頭の形が不自然にならないよう注意しましょう。 二つ目はパーマがかかった髪形です。 この髪型はストレートのときとは違い、髪の曲線とつむじを意識して描いていきます。 毛先を横へ向かせり、上へ向かせることで、クセのある毛を表現することができます。 横を向いたときは、頭の上部の凹凸 おうとつ が目立つのが特徴的です。 三つ目は前髪を上げた髪型です。 髪の毛を後ろへ流しているので、オールバックと似たような髪型になります。 このように前髪を上げている髪型の場合は、前髪と後ろの髪の毛を別々の塊として考えます。 毛の流れが後ろへ向かうように描くことで、普通のストレートヘアやパーマヘアとは少し違った印象を出すことができます。 男性の体つきについて 次は男性の身体つきについて紹介します。 成人した男性であれば、7等身~7. 5頭身程度のプロポーションになります。 女性と比べ、骨格や筋肉が発達しているため、直線的でごつごつとしたラインが特徴的です。 特に首や肩、胸の筋肉は男性らしさを表現する時にとても重要なパーツになります。 より男性らしいキャラクターにしたい場合は首や腕を太くしたり、胸板や腹筋を強調することで、 女性とは違った体つきを表現することができます。 そして、男女の骨格において最も違いが現れる箇所は腰です。 男性の腰の位置は女性より低く、胴が長く見えます。 男性は女性より骨盤が狭く、筋肉が目立つため、直線的な腰のラインになるため、どんなに痩せていても女性のようなくびれができることはありません。 実際に男性キャラクターを描く 男性キャラクターを描く それでは、これまでの内容を踏まえた上で、実際に男性キャラクターのラフを描いていきたいと思います。 男性らしい直線的な顎を意識しながら描いていきます。 次に、首、鎖骨周辺の骨格を目立たせるようにラインをとっていきます。 反対に曲げているほうのひざは筋肉より骨が目立ちます。 胸板の下の部分に線をいれ、筋肉を強調して大まかなベースは完成です。 最終的に輪郭や腕の角度を修正し、頭の大きさを変えて等身を低く調整しました。 これで男性キャラクターの大まかなラフスケッチは完成です。 以上で「男性キャラクターの描き方講座」は終了です。 動画講座では実際に描いていきながら解説を行っていますので、記事よりも更に理解しやすくなっています。 ぜひチェックしてみてくださいね!.

次の