シンクロナイズド スイミング 名前。 世界水泳2009 大会ヒストリー : appels-urgents.peuples-solidaires.org

[B! スポーツ] シンクロナイズドスイミングの競技名変更へ

シンクロナイズド スイミング 名前

シンクロの名前変更理由は? 「シンクロナイズドスイミング」は、1984年のロサンゼルス五輪から正式種目として採用されている競技です。 長年親しまれてきた「シンクロナイズドスイミング」という名前が「アーティスティックスイミング」に変更になるとのことですが、どうして今頃になって変更なのでしょうか? 国際水泳連盟(FINA)は、 ・ソロの種目などが「同調性」を意味する「シンクロナイズド」に合っていない ・芸術性の高い演技を求められる種目に「シンクロナイズド」はあわない ・芸術的という表現の方が適切に感じている ・一般やメディアへの理解度が深まる ということで、去年から名前の変更を検討していたそうです。 競技内容をイメージしやすい「芸術的な水泳」という意味合いの名前に変えることで、種目の人気を高めるのが狙いだと五輪専門サイト「インサイド・ザ・ゲームズ」は言っているようです。 名前の変更に関しては、シンクロ関係者の反対は多いようですが、国際オリンピック委員会(IOC の思惑で、FINAも反対できない状況だという情報もあるようです。 一般人の意見を見てみると… ・何かしっくりこないな~ ・これ意味あるの? ・なんで浸透しているものをいちいち変えるの? ・馴染みにくそう。 ・二人以上で同調して泳ぐからシンクロなのであって、ソロはシンクロしてないからシンクロという呼び名に違和感があった。 ・シンクロなのにシングルがあるから変えた方がいいなとは思っていたんだよね。 など、反対派と賛成派がいるようですが、いずれ「アーティスティックスイミング」という名前にも慣れ、「シンクロナイズドスイミング」という名前は遠い昔のものになっていくのでしょうね。 個人的には、「シンクロナイズドスイミング」略して「シンクロ」のほうがいいのですが…。 だって「アーティスティックスイミング」覚えられませんから! 私のように覚えられない人も多いのではないでしょうか? 今後は、アーティスティックスイミング = アーティスティック・アースイ・アース などなど、呼び方も色々と出てきそうですね。 スポンサードリンク 変更はいつから? 2018年4月1日から、シンクロナイズドスイミングの名称を「アーティスティックスイミング」に変えるとのこと。 日本代表を何度も世界の表彰台に導いた井村雅代ヘッドコーチが率いる「井村シンクロクラブ」も「井村アーティスティックスイミングクラブ」に変更となる。 まだまだ聞きなれない「アーティスティックスイミング」。 東京オリンピックをきっかけに慣れてくるのでしょうか。 アーティスティックの意味について 「アーティスティック」ということば聞きなれない言葉なのですが、 ・芸術の ・芸術的な ・趣のある ・優雅な という意味があるようです。

次の

シンクロナイズドスイミングの井村コーチって、なんで日本のコ...

シンクロナイズド スイミング 名前

12歳のとき日本代表に選出され、カナダ年齢別選手権大会で3位入賞。 高校生になると単身で米国に留学して恵まれた環境のなかで演技に磨きをかけ、オリンピック日本代表選手に選出された。 ソウルオリンピックでは女性初の旗手を務め、デュエットとソロで銅メダルを獲得する活躍を見せる。 その後もシンクロ界の女王として日本を引っ張っていくが、スポーツ振興へと活動の場を広げるために休養に入り、長野オリンピックの招致活動などを行った。 その後、バルセロナオリンピックを目指して選手へと復帰し代表となるも、出場機会がないま引退することとなった。 引退後は国連総会に出席したり、教育関連の要職に起用されたりと大活躍。 6歳で水泳をはじめ10歳になるとシンクロに転向。 小谷実可子選手と出会う。 14歳でカナダ国際ソロ・デュエット大会へ出場してデュエットで準優勝を果たし、15歳のときには最年少で日本代表Aチームに選出された。 高校を卒業後はさらにシンクロに打ち込むため、環境の整った日本大学へと進学。 在学中にはマドリード大会で4位(ソロ)、チームでは銅メダルを獲得した。 その後も活躍を重ね、ソウルオリンピックでは小谷実可子選手と息の合った演技を見せ、銅メダルを獲得。 1989年の引退発表後は、日本の代表チームのアシスタントコーチを務めた。 その後も指導者としてさまざまなカリキュラムを学び、フランス代表チームのコーチなどを経験。 結婚や出産を経て起業し、数々のスポーツ指導を行う株式会社ポリゴンを設立している。 また2015年には「びわこ成蹊スポーツ大学」の客員教授に就任した。 シンクロを始めたのは小学生の頃だった。 京都踏水会で基礎を学び、その後に井村シンクロクラブで指導を受けた。 1991に出場した「世界ジュニア選手権大会」では3冠を達成。 四天王寺高校を卒業後は同志社大学へと進むも、さらに演技に磨きをかけるため、大学を中退しカナダへと留学。 アトランタオリンピックでは日本代表選手に選出され、日本チームとして銅メダルを獲得。 その後のシドニー、アテネオリンピックともデュエットとチームで2大会連続で銀メダルを獲得。 武田美保選手と挑んだ2001年の世界水泳選手権では、史上初となる金メダルを獲得した。 現役を引退後は指導者としての道を選び、アメリカのカリフォルニアにあるクラブに留学。 2008年に帰国した後、井村シンクロクラブでコーチとして後輩の指導にあたっている。 シンクロは7歳からはじめ、13歳の頃にはジュニアの日本代表に選出。 デュエットを組む立花美哉選手とともに、井村シンクロクラブでシンクロを学んでいく。 四天王寺高等学校を卒業後、立命館大学へと進学。 2年生のときには日本代表選手に選ばれ、アトランタオリンピックのチーム戦に出場し銅メダルを獲得。 大学を卒業後は立花美哉選手とコンビを組みシドニー、アテネオリンピックと銀メダルを獲得した。 2001年に開催された世界水泳では、日本のシンクロ界初となる金メダルを獲得する快挙をあげた。 引退後もインストラクターなどを務め、現在の三重県知事の鈴木英敬さんと結婚。 移住して三重県のシンクロクラブで指導をおこなっている。

次の

オリンピックトリビア④「女性アスリート 輝きの歴史」

シンクロナイズド スイミング 名前

国際水泳連盟(FINA)は7月22日、ブダペストで総会を開き、シンクロナイズドスイミングの名称を「アーティスティックスイミング」に変更することを決めた。 2020年東京五輪は新名称で実施される見通し。 同時性に限らず表現力や演技の構成を競うシンクロについて、国際オリンピック委員会(IOC)などから「シンクロナイズド(同調した)」に代わり、「アーティスティック(芸術的な)」を用いた名称変更案が挙がっていた。 日本水連の青木剛会長は、FINAの改称以降に国内大会にも変更を反映させる考えを示した。 yahoo. シンクロにおいてロシアが一強という状態にあり、続いて中国、そしてその下に日本とウクライナが並んでいるという感じ。 リオでそのウクライナに勝って3位を獲得したが、先日の世界水泳では負けた。 王者が文句を言うなら分かるが、3位争いしているレベルでは単なる戯言である。 そもそも今回ルール変更はしていない。 あくまでドイツ人の会長がアメリカ式からドイツ式の呼び方に変更しただけ。

次の