特急はしだて 列車編成。 はしだて (列車)

国鉄183系電車

特急はしだて 列車編成

地図を動かすと自由に移動できます。 IE9以上のブラウザでご確認ください。 たかまつ• こうざい• きなし• はしおか• こくぶ• さぬきふちゅう• かもがわ• やそば• さかいで• うたづ• まるがめ• さぬきしおや• たどつ• かいがんじ• たくま• たかせ• ひじだい• もとやま• かんおんじ• とよはま• みのうら• かわのえ• いよみしま• いよさんがわ• あかぼし• いよどい• せきがわ• たきはま• にいはま• なかはぎ• いよさいじょう• いしづちやま• いよひみ• いよこまつ• たまのえ• にゅうがわ• いよみよし• いよさくらい• いよとみた• いまばり• はしはま• なみかた• おおにし• いよかめおか• きくま• あさなみ• おおうら• いよほうじょう• やなぎはら• あわい• こうようだい• ほりえ• いよわけ• みつはま• まつやま• いちつぼ• きたいよ• みなみいよ• いよよこた• とりのき• いよし• むかいばら• いよおおひら• いよなかやま• いよたちかわ• こうのかわ• いよかみなだ• しもなだ• きたなだ• いよながはま• いよいずし• いよしらたき• はたき• はるか• ごろう• いよおおず• にしおおず• いよひらの• せんじょう• やわたはま• ふたいわ• いよいわき• かみうわ• うのまち• しもうわ• たちま• いよよしだ• たかみつ• きたうわじま• うわじま• たどつ• こんぞうじ• ぜんつうじ• ことひら• しおいり• くろかわ• さぬきさいだ• つぼじり• はしくら• つくだ• あわいけだ• みなわ• いやぐち• あわかわぐち• こぼけ• おおぼけ• とさいわはら• とよなが• おおたぐち• とさあなない• おおすぎ• とさきたがわ• かくもだに• しげとう• しんがい• とさやまだ• やまだにしまち• とさながおか• ごめん• とさおおつ• ぬのしだ• とさいっく• あぞうの• こうち• いりあけ• えんぎょうじぐち• あさひ• こうちしょうぎょうまえ• あさくら• えだがわ• はかわ• おむらじんじゃまえ• くさか• おかばな• とさかも• にしさかわ• さかわ• えりのの• とがの• あそう• おおのごう• おおま• すさき• とさしんじょう• とさくれ• かげの• ろくたんじ• にいだ• くぼかわ.

次の

国鉄183系電車

特急はしだて 列車編成

大阪と白浜、串本、新宮方面を結ぶ「くろしお」には2編成ありまして、そのなかでもオーシャンアローは人気の編成になります。 先頭車両は自由席側はこのようになっており、 車内からも前面展望は楽しむことができない構造になっておりますが、 1号車側ですと、グリーン車になっており、 先頭の席からは、 このように前面展望を楽しむことができます。 ちなみに和歌山方面に向かう場合はこちらが先頭車両になりますが、 大阪方面に向かう場合はこちらが最後尾になります。 グリーン車のリクライニングは結構深め。 テーブルは観光特急らしく肘掛からすこし出る程度。 ですが、前方座席の背面にテーブルがあるわけではないので、こうして座席を回転させてグループで使ってもテーブルが確保できるのがよいですよね。 ちなみに1名掛け席もこうして対面シートにすることも可能。 そして最前列、最後列のフットレストもオットマンではなく、ちゃんと設置されているのが嬉しい。 ちなみに6列目を境に2列席と1列席が入れ替わるので、海側を希望される場合は1名であれば1番から5番のD席、2名であれば7番から11番のCD席をおすすめいたします。 そして窓もグリーン車のシートピッチに合わせて大きな窓が設置されております。 普通席と比べても窓の大きさが違います。 今回は子ども連れで利用したのですが、こうしてシールをたくさんいただくことができました。 おまけ情報:グリーン車も良いけど展望ラウンジもおすすめ。 実はオーシャンアローの3号車と4号車の間には展望ラウンジがあり、こちらは指定席利用者でも自由席利用者でもどなたでも利用可能になっております。 山側にはソファ席があり、 海側は1人掛け椅子があり、 どちらに座っても海側の眺望を楽しめるつくりになっておりますよ。 いかがでしたか。 参考になれば幸いです。

次の

国鉄183系電車

特急はしだて 列車編成

JR西日本への直通運転をする特急列車の運用の場合 乗車日の1か月前の10時から全国のみどりの窓口 主な旅行会社 インターネット(JR九州ネット予約 JR西日本e5489 JR東日本えきねっと)で予約可能です。 インターネットで空席照会も可能です。 シートマップも表示されるので希望の席番を取る事も可能です。 (ただし、JR西日本e5489・JR九州ネット予約は京都丹後鉄道線内分は予約できません。 )【えきねっと】での予約はこちらから 上の緑のバー一番左【きっぷ予約・変更】からお進みください。 京都丹後鉄道線内での運用(主にたんごリレー号)の場合 乗車日の1か月前の10時から京都丹後鉄道各有人駅および契約のある旅行代理店(JTB、近畿日本ツーリスト、日本旅行など)にて予約が可能です 車内のご案内(指定席) はしだて、タンゴリレーは1号車。 まいづるは6号車です。 車内全体の様子です。 座席の色は何種類かに色分けされています。 展望席?の様子です。 一番前の席は1列です。 (13A席) 水戸岡デザインの特徴で前面に装飾されています。 前面展望は期待しないで下さい。 ちょっと残念ですが。 車内のご案内(自由席) 車内の様子です。 展望エリア入口と展望エリアからの眺望の雰囲気です。 展望エリアには暖簾がかかっています。 展望エリアにはソファー席が用意されています。 自由席の座席です。 自由席も何種類かに座席の色が分かれています。 オススメ座席 丹後の海では絶景区間を走ることが殆どありません。 なのでどの席をとられても良いかと思いますが、「タンゴリレー号」や「はしだて」で宮津~岩滝口間で天橋立を見る事が出来ます。 その場合は指定席はD席、自由席はA席が良いと思います。 車窓 現在の「丹後の海」で京都丹後鉄道内の最大の絶景区間、宮津~丹後神崎間を走るのは1列車のみ西舞鶴6時18分発だけです。 ちなみにこの区間の車窓は観光列車「あかまつ」でご紹介していますのでをご覧ください。 お得な乗車 丹後の海は普通列車として運行されているものがあります。 乗車券だけで乗車が可能です。 上記の時刻表にも掲載していますが福知山発7時29分発 宮津発8時19分発 西舞鶴6時18分発 網野20時29分発 又特急はしだてが途中から快速運転する区間も乗車券のみで乗車可能です。 京都丹後鉄道の観光列車 京都都丹後鉄道にはこのほかに観光列車「あおまつ」、観光列車「あかまつ」、観光列車「くろまつ」が運行されています。 詳しくは下記ページもご覧ください。 観光列車「あかまつ号」が走る京都丹後鉄道の沿線には日本三景で有名な「天橋立」があり、実際に歩いたり、天橋立ビューランドから眺めたりと観光には事欠きません。 この「あかまつ」号の運転日・時刻表・停車駅・座席表や予約方法・オススメ座席・車窓からの眺め等を記事に纏めました。 観光光列車「あおまつ号」が走る京都丹後鉄道の沿線には日本三景で有名な「天橋立」があり、実際に歩いたり、天橋立ビューランドから眺めたりと観光には事欠きません。 この「あおまつ」号の運転日・時刻表・停車駅・座席表や混雑状況・オススメ座席・車窓からの眺め等を記事に纏めました。 レストラン列車「くろまつ号」が走る京都丹後鉄道の沿線には日本三景で有名な「天橋立」があり、実際に歩いたり、天橋立ビューランドから眺めたりと観光には事欠きません。 この「くろまつ」号の運転日・時刻表・停車駅・座席表や混雑状況・オススメ座席・車窓からの眺め等を記事に纏めました。

次の