月 の お気 に 召す まま。 月のお気に召すまま4巻(最新刊)の発売日はいつ?無料で読む方法も紹介|アコミ!漫画の最新話ネタバレや無料で読む方法を随時更新

月のお気に召すまま 最新刊(次は4巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

月 の お気 に 召す まま

Contents• 月のお気に召すままの登場人物を紹介! 歩(あゆむ) 高2。 中学時代から月の先輩。 素直でだまされやすい。 月(るな) 高1。 中学時代から歩が好きだけど素直になれず、意地悪してしまう。 月はお酒入りのチョコレート持ってきて、子供な歩は酔うんじゃないかと食べさせます。 でも代わりに月が寄ってしまいました。 外の木陰のベンチで酔を覚ますことにしました。 お酒の影響で素直になった月が歩のことを先輩として認めてくれたので、歩は感激します。 歩が可愛い後輩だと言うと、男としてどう思ってるのかと聞いてきました。 キスしたいと言われて、歩は最大に混乱してガラスを割ってしまいます。 でも顔が赤いのはチークを塗っただけで、全部月の演技でした。 からかったネタばらしをしてると、次は本当に酔っ払った歩が月の頬にキスしてきました。 口にキスしようとする歩の可愛さに流されそうになりますが、月は酔った勢いでキスしたら絶対後悔すると拒否しました。 でも歩は直前で寝てしまい、月はホッとしたような残念なような気持ちでした。 10話。 月を加えた合コンメンバーで夏祭りに行くことに。 浴衣で気合を入れた歩でしたが、同じく浴衣で登場した歩に話題をかっさわれました。 一緒に回ってやるという月でしたが、進藤くんが歩のことを褒めてくれました。 進藤くんと歩がいい感じで金魚すくいしてると、月は歩に進藤と仲良くするなと入ってきます。 3人で射的に行くと、歩と進藤が競って月が褒めちぎるという男女逆転の立場に。 月を引き離そうと、かき氷を買ってきますがうまくいきません。 進藤がごみ捨てで離れると、月は歩に悔しいかと聞いてきました。 でも歩は月の先輩は私だと、違う方向にヤキモチをやいていたようです。 月が素直に歩の浴衣を褒めたタイミングで、盛大に花火が上がりました。 歩は憧れの先輩は歩だと自分に都合のいいように聞こえたと言ってきました。 ヤケになった月は好きだと叫びましたが、聞こえませんでした。

次の

月のお気に召すまま最新27話ネタバレと漫画感想!催眠を解かれて告る月

月 の お気 に 召す まま

月のお気に召すまま28話ネタバレ(別冊マーガレット2020年3月号) 文化祭でどうぶつ喫茶をしていた2-6。 どうぶつのきぐるみを着た女子たちが月にどういうことかと聞いてきます。 歩が男子たちにナンパしまくっているというのでした。 催眠術でキャシーになっているのだと月は説明します。 男を惑わすセクシーキャシーは月のことを恋人だと認識していました。 このままずっとキャシーのままから戻らなかったらと思うと沈んだ気持ちになってしまう月。 キャシーはそれを見て、心配なのは自分も一緒だからピザでも食べて気を紛らわそうアンディーと月に言います。 アンディーじゃないと突っ込む月。 なんで文化祭でピザなのかと疑問を口にする月にジョンも食べたいのかと月に答えます。 名前が変わってると返す月にキャシーがため息をつきながらしょうがないわねと言うと、あーんとピザを月の口に差し出します。 固まる月に食べないの?と上目遣いで聞くキャシー。 月はピザをパクっと食べます。 美味しいかと聞くキャシーに月は思うのでした。 この状況はおいしいと。 歩にいろんなことをさせるチャンスだと黒い考えが浮かぶ月はキャシーに恋人だよねと確認します。 なんでもしてくれるのかと聞くと、してあげると答えるキャシー。 月は赤くなりながら、なら手をつないでいいかと聞きます。 笑顔で承諾するキャシー。 月が手を繋ぐと、キャシーは指を絡ませる手つなぎにつなぎ直します。 こっちのほうがいいと微笑みかけるキャシー。 予想を越えたキャシーに恥ずかしくてたまらなくなる月。 キャシーはある屋台に並んでいた髪飾りを手にとって眺めていました。 ご機嫌の月はキャシーがそれを欲しがっていることを確認すると買ってあげると言います。 可愛らしいデザインが自分に似合うか心配だと言うキャシーに、月は歩はなににしてもかわいいと答えます。 髪飾りを直接つけてあげると、頬を赤くしながら喜び、大切にすると照れながらキャシーは言います。 そのまま体を擦り寄せてくるキャシー。 キャシーのあまりのかわいさに腹黒月が顔を出して歩でなくていい、キャシーのほうがかわいいと思い、心のなかで歩に別れを告げます。 キャシーの頭を撫でると、いつもこうして優しくできればいいのにとすこしさみしげに月は言います。 キャシーはなら優しくしてといって月の腕を引っ張り、体育館倉庫につれていきます。 マットの上に月を押し倒し、ここでキスをしてと迫るキャシー。 ビッチであることを忘れていたと後悔する月。 自分は攻めたいほうだからこういうのは好きじゃないと言って帰ろうとします。 キャシーは冗談じゃないと言って月を押さえつけると、キスしてと色っぽくねだります。 口を近づけながら今しかできないことをしてと続けるキャシー。 真っ赤になる月にキャシーがキスをしようとすると、月はバスケットボールでキャシーの頭をどつきます。 倒れ伏すキャシーを前に、月はこれは自分の求めているものとは違うと言います。 キスしたり抱きしめたり自分のものにしたいと思っているけど、一番欲しいのは自分を好きだと思ってくれる気持ちだと。 歩は目を見開いてそれを聞くのでした。 同じ気持ちでないと意味がないと腕で目を押さえる月は、キャシーには分からないと告げます。 月にどうしたの?と聞く歩。 話の流れや状況が理解できず、歩は戸惑います。 呆然とする月はとっさにアンディーのふりをして歩に話しかけます。 キャシーなのか歩なのかと。 疑問を浮かべながら歩だと聞かされ、今までの自分のセリフに一気に青ざめる月。 すべて聞いてたのかと歩に確認しようとすると、歩はアンディーになってるのかと月に聞きます。 あんなに恥ずかしいことを月が言うはずがないと。 話に合わせてアンディーになりきろうとする月。 歩は早く進堂になおしてもらおうと月を連れ出そうとします。 月は一人で行くと言って倉庫から出て入り口を閉めます。 死ぬほど恥ずかしいことを言ってしまったと落ち込んでドアの前に座り込む月。 歩は月の一番欲しいのは自分のことを好きっていう気持ちだという言葉を思い返し、アンディーの言うことは情熱的すぎると思っていました。 あんなふうに言われたら大好きになるだろうなとドアの後ろで照れながら思うのでした。

次の

パトリツィオ・マゾーラ/お気に召すまま

月 の お気 に 召す まま

が、歩はジンクスの内容を勘違いしており、あえなく撃沈。 そんな話を食堂でしていると、歩たちを見ていた一年生の日花ちゃん。 彼女は月を狙って近づこうとしますが、気付けば歩の虜となっていたのでした。 月のお気に召すまま【第19話】ネタバレ ある日、月が一緒に帰ろうと歩を誘いに行くと、歩のテンションが異常に低く戸惑います。 心配する真魚ちゃんですが、どうせくだらない理由でしょと月は呟きます。 その予想は、的中していました。 歩はただ虫歯が痛かっただけなのです。 喋るのも辛いほどに。 そんな歩を、大変心配して何か悩みがあるのかと聞く月と真魚ちゃん。 どんどんただの虫歯だと言い辛くなっていく中、歩は月と帰ることに。 その中で月は元気を出してください、とアイスをおごってあげます。 痛いけれど申し訳ないという気持ちで頑張って食べようとする歩。 会話の中で、月には関係ないから放っておいてと言ってしまいます。 そんな歩に月は面白くなくなり、無理やり頬を掴んで自分の方に向かせました。 すると、痛みで泣き出してしまう歩。 虫歯だとは知らない月は、頼ってよと悲しそうに言います。 その時、雨が降ってきて地面には水たまりが。 その水たまりの上を車が通りかかり、二人はびしょ濡れになってしまいます。 途端に笑い出す歩。 しかしその弾みで歯の痛みを覚えました。 ようやくただの虫歯だと気付いた月。 原因が一安心して、月も笑ったのでした。 月のお気に召すまま【第20話】ネタバレ とある日、歩に事件が起こりました。 それは、手紙です。 手紙には「亀井歩さんへ 今日の放課後、校舎裏で待ってます」と書かれていました。 そのことを自慢しに月の教室へ赴いた歩。 しかし、今時ラブレターなんてとバカにされ、ムキになって教室を後にしてしまいます。 そして、いざ校舎裏に来てみるも、どんな人が来るのかと緊張してしまう歩。 そんな歩に、月もしっかりついてきていました。 と、そこでサッカー部のエースである三年生の男子生徒が登場。 歩は勝手に「彼氏になったらリードしてくれるんじゃ・・・」と期待を馳せます。 ところが、先輩の目的はただ月を部活に勧誘したいだけでした。 歩をバカにする月ですが、次に柔道部の部長である男子生徒が現れます。 歩は「この人は誠実なお付き合いをしてくれそう・・・!」とまた期待を馳せますが、彼もまた月を勧誘しに来ただけでした。 紛らわしい事が連発して月に文句を言う歩。 月は月で、やっぱりラブレターなんかじゃなかったんですよ、と言い放ちます。 と、そんな時。 現れたのは、進堂くんでした。 ちなみに新堂くんはバスケ部です。 手紙の主は、どうやら進堂くんだったようで、歩は「告白しに来てくれた」という事で切り出そうとします。 が、もちろん月が邪魔をします。 バスケットボールを投げて適当な会話で話を逸らそうとする月。 しかし進堂くんは月と話す前に歩ちゃんと話したいとハッキリ告げます。 が、進堂くんの話とは、なんと歩をバスケ部のマネージャーに勧誘したい、というだけの内容でした。 それだけ言い終えるとあっさり去っていく進堂くん。 取り残された歩と月。 やがて歩は「ラブレターじゃなかった、彼氏云々よりラブレターもらえたことが嬉しかったのに」と嘆きます。 すると、月が「俺がラブレター書いてあげますよ」と言います。 それから、土に木で文字を書いていく月。 突然のラブレターに、歩が過剰に反応するも、その内容は告白ではなくいつものバカにしたような文章でした。 文字ですら素直になれない月ですが、歩は月の文章の横に来てくれてありがとう、と書き足します。 それから立ち上がり、帰ろっか、と言う歩ですが、月は地面に書き加えました。 「好き」と。 その文字に、歩が気付くことは無いのでした。 月のお気に召すまま【第19・20話】感想 今回も笑わせられました・・・w 冒頭から不自然な歩、と思えば虫歯(笑) 喋れなくなるレベルって放置しすぎですね。 しかし、いつもと違う歩に戸惑う月が可愛かったです! それから、ラブレター話では進堂くん・・・。 個人的には進堂くんに引っ掻き回してほしい感がありますが、あくまでもラブコメなのでそういった展開はないんでしょうね。

次の