視界 が 白く ぼやける。 視界がぼやける?視力低下や失明の可能性がある白内障を解説

視界異常と頭痛がセットでやってくる・・・原因は何か?

視界 が 白く ぼやける

この症状はパソコンを長時間使ったあとや、手元の細かい作業をし続けたあとにあらわれやすく、原因の多くは近くを見続けているために起る「疲れ目」です。 疲れ目というと、つい軽くみて放置してしまいがちですが、目を十分に休養させてそのたびに疲れを解消する習慣をつかねいと「眼精疲労」と呼ばれる慢性的な症状に発展してしまうことがあります。 こうなると単なる疲れ目と違って、首、肩のしつこいこりや、頭痛や嘔き気など、全身のさまざまな症状を伴うほか「網膜症」など重い病気を引き起こすことにもなりますので日頃から注意が必要です。 一方、目の病気としては、かすみやぼやけが起る代表的なものは「白内障」です。 また、視野の中心部だけがぼやけたり、うす暗く見えたりする場合は「黄斑変性症」「中心性脈絡網膜症」などの可能性もあります。 いずれも網膜の中心部に起る病気で、ぼやけや、かすむといった自覚症状が片側の目から始まることが多いようです。 【病名】「眼精疲労」「網膜症」「白内障」「黄斑変性症」 「中心性脈絡網膜症」 視野が狭くなったり、一部が欠けたりする状態をそれぞれ「視野狭窄」「視野欠損」といいます。 人によっては、カーテンが上から徐々におりてくるような感じがしたり、視野の中心にぽつりと何も見えない点があらわれたりすることもあります。 この症状があらわれる原因としては、網膜の病気と、視神経や大脳の病気という 2つのケースが考えられます。 つまり、ものがカメラにうまく写らなくなっているか、写った像をうまく受像機まで伝えられない状態です。 網膜の病気としては「網膜剥離」「緑内障」「網膜動脈閉塞症」などが、大脳や神経の病気では、「脳梗塞」「脳腫瘍」「頭蓋内出血」などが疑われます。 特に大脳の病気の場合は視野の半分が見えなくなる「半盲」が起りやすくなります。 ところが、視野狭窄には、片側に目の視野が狭くなっていても、反対側の目が見えづらさを補おうとするために異常になかなか気づけないという特徴があります。 目の疲れなど小さな異常に気づいたら、片目ずつチェックをしてみるようにします。 【病名】「網膜剥離」「緑内障」「網膜動脈閉塞症」 「脳梗塞」「脳腫瘍」「頭蓋内出血」 黒い点のようなものがちらつく 目のなかに黒い点のようなものがちらつく症状を「飛蚊症」とよび、人によっては糸くずや小さな虫のようなものが、視野の中を移動するケースもあります。 黒い点が移動するタイプの飛蚊症は、中高年に多くみられ、これは硝子体が老化して変化するために起ります。 これに対して、黒い点が突然あらわれ、ちらつくようなら、「網膜剥離」を起こしている可能性があります。 黒い点が移動せず、一定の場所にとどまっているようなら、角膜や水晶体、網膜に問題が起っている可能性があります。 やはり網膜剥離の可能性がありますので、症状に気づいたら必ず検を受けるようにしましょう。 【病名】 「飛蚊症」「網膜剥離」.

次の

突然起こる目のかすみの「原因」と「症状」

視界 が 白く ぼやける

視界がぼやける4つの原因 まずは、目の病気以外で視界がぼやける原因についてお伝えしていきます。 多くの場合はここで紹介する原因が当てはまるはずですのでぜひチェックしてみてください。 目の疲れ・眼精疲労 最近はスマートフォンの使用によって眼精疲労をうったえる人が増えてきています。 少しの待ち時間でも無意識にスマホを見たりしていないでしょうか。 また、仕事でパソコンを長時間使うという方も多いはずです。 このようにスマホやパソコンの長時間の使用によって目の疲れがたまり、眼精疲労が深刻化すると視界がぼやけてくるような症状があらわれます。 そもそも、眼精疲労とは目の酷使により目のピントをあわせる毛様体筋という筋肉が長時間の緊張状態になってしまうことにより起こります。 これにより、ピントを合わせるための筋肉に大きな負担がかかり、機能が低下してしまい視界がぼやけるという症状があらわれるのです。 また、眼精疲労になると視界がぼやけるだけでなく、• 目の充血• 肩こり• まぶたの痙攣• 吐き気 といった症状もあらわれることがあります。 参考: ドライアイ ドライアイとは、目の表面を覆っている涙の量が減ってしまい目が乾いてしまうことです。 この目の表面を覆っている涙は目を守るためにとても大切な役割を担っています。 しかし、パソコンやスマホの使用、エアコンの使用、コンタクトレンズの使用、加齢などが原因でドライアイになってしまう方が増えているのです。 ドライアイになると、目がぼやけるだけでなく• 目が疲れやすく感じる• 目がゴロゴロする• 目がかゆくなる• めやにが出やすくなる といった症状があらわれるのが特徴です。 参考: コンタクトレンズの使いすぎ コンタクトをいつも使用している方は、コンタクトレンズの使いすぎが原因で視界がぼやけていることが考えられます。 例えば、2weekのコンタクトを2週間以上使っていたり、1dayのコンタクトを1日以上使いまわしていたりすると、目の表面の角膜を傷つけてしまうおそれがあります。 また、コンタクトの種類によって異なりますが、1日あたりに着用できる時間もそれぞれ決められています。 このような使用基準を守らないと、目を傷つけてしまい、それにより視界がぼやける原因となってしまうのです。 老眼 加齢による目の衰えは避けることができません。 人によって異なりますが、40代以降から視力の低下や目のかすみを感じることが多いです。 特に近くのものが見えにくくなるのが特徴です。 目がかすむときに疑うべき6つの病気 目のかすみや目がぼやけることが、症状のひとつとしてあげられる眼病(目の病気)についてお伝えしていきます。 症状が長期間続く場合、目のかすみの症状がひどい場合、頭痛や目の痛みなど他の症状も一緒にあらわれる場合は眼病の前兆であるケースも考えられるので必ず確認しておきましょう。 網膜剥離 網膜剥離とは、眼球の内側にある網膜が剥がれてしまう目の病気です。 網膜剥離は痛みを感じることは少ないですが、飛蚊症や目のかすみ、物が見えにくくなるといった症状があらわれます。 特に、視界に黒い点が見えるような飛蚊症がよく起こる場合は注意しましょう。 参考: 白内障 白内障とは、加齢などが原因で水晶体が濁ってしまう目の病気です。 これにより、視界が白っぽくぼやけてしまうという症状があらわれます。 白内障は高齢になるとほとんどの人であらわれますが、人によっては30〜40代でも白内障になってしまう方もいます。 なので、白っぽい目のかすみが続く場合は白内障を疑ってみましょう。 加齢黄斑変性症 加齢黄斑変性症とは主に加齢が原因で、目の黄斑という部分が変質してしまいます。 黄斑が変質すると、視力に大きな影響をおよぼし、• 視界がぼやける• 視野の中心が黒ずむように見える• ものが歪んで見える といったような症状があらわれます。 加齢黄斑変性症は、多くの場合はまず片目から発症します。 しかし、片目だけで症状があらわれるがゆえに、自覚症状が少なく発見が遅れてしまうケースが多いのです。 緑内障 緑内障とは、眼圧の上昇により視力が低下したり、視野が狭くなったりする病気です。 緑内障にもさまざまな種類がありますが、眼圧が急に上がっていく種類の緑内障では目の激痛や頭痛、吐き気などの激しい症状を引き起こします。 視神経炎 視神経炎とは、 20〜50代の女性で比較的多くあらわれる病気で、眼球の後ろにある視神経で炎症が起こる病気です。 明確な原因は未だ明らかになっていなく、視力の低下や目のかすみといった症状があらわれます。 糖尿病 持病で糖尿病を患っている場合は、糖尿病網膜症が原因であることも考えられます。 糖尿病により目の奥にある網膜が傷ついてしまうのです。 自覚症状が少なく、発見が遅れてしまうケースが多いので定期的に検査を受けるようにすることが大切です。 視界がぼやけるときの対処法 目を休ませる パソコンを長時間使用しているときなどに視界がぼやけるように感じたら、多くの場合は目の疲れが原因です。 このようなときは、無理をせずに目を休めてあげることが大切です。 目の疲れを感じたら、数分間、目を閉じたり、遠くの景色を見るように心がけるだけでかなりの効果期待できるでしょう。 また、眼精疲労がたまると頭痛にもなりやすくなるので注意しなければなりません。 参考: 目のマッサージをする 目の周りを優しくマッサージしてあげることでも改善に効果があります。 マッサージをすることで、目のまわりの血行が良くなることが期待できます。 ただし、強くマッサージしてしまうと逆に目を痛めてしまうことがありますので、軽い力でマッサージするようにしてください。 ツボを押す 疲れ目に効果のあるツボを押すことも効果的です。 例えば、以下のようなツボがあげられます。 承泣:目の下にある骨の縁にあるくぼみ• 攅竹:まゆげの目尻側の端にあるへこんだ部分• 合谷:手の人差し指と親指が合流する部分にあるくぼみ 眼精疲労や老眼予防に効果があるツボは他にもいろいろありますので、ぜひご自身にあったツボを探してみましょう。 目薬を使う 特にドライアイに心当たりがある場合は、目薬を定期的に使うことで視界がぼやけることを改善することができます。 市販の目薬にはさまざまな種類がありますが、ドライアイに効果的な目薬を使用してみましょう。 目を温める 目の周りを温めることで、血行を促進し、筋肉の緊張をほぐすことができます。 市販のホットアイマスクを使用したり、蒸しタオルを目に当てるといいでしょう。 目を冷やす 逆に、目のかゆみや充血などがある場合は冷たいタオルで目の周りを冷やしてあげることが効果的です。 参考: 目のかすみは予防して防ごう! 視界がぼやけてしまう原因や病気、そのさまざまな対処法についてお伝えしました。 パソコンやスマホなどで日頃、つい目を酷使してしまうことが多くなっていますよね。 なので、目をしっかりと休ませたり、目薬を使うなどしてしっかりと日頃から予防をしていくことが大切です。 ただ、中には目の病気が原因であるケースも考えられるので、目のかすみなどが長期間続いたり、症状が深刻な場合は必ず眼科を受診するようにしましょう。

次の

コンタクト装着時に片目がぼやける!そんな時はどうすればいい?

視界 が 白く ぼやける

INDEX• 物がゆがんで見えたりする「目のかすみ」 パソコンやスマートフォンの画面を見続けていたら、物が見えづらくなったという経験はありませんか? 近頃、このような「目のかすみ」を訴える人が少なくありません。 しかし、ひと口に目のかすみといっても、人それぞれです。 今回は、そんな目のかすみの原因と症状についてご紹介します。 「目の疲れ」「加齢」「病気」に注意 何が原因で「目のかすみ」が起きるのでしょうか?目のかすみは、大きく分けて「目の疲れ」「加齢」「病気」の3つの原因が関係していると考えられます。 これらの3つの原因について、ご説明します。 「目の疲れ」によるかすみ 「目の疲れ」の原因には、次のようなことが考えられます。 テレビやパソコンの画面を長時間見続けた場合 テレビやパソコンの画面や、携帯画面の細かい文字を長時間見続けると、目の「毛様体」の筋肉に緊張状態が続きます。 その結果、毛様体の筋肉に負担がかかり、目のピント調節機能が低下して目のかすみが起こります。 暗い場所で本を読んだりテレビの画面などを見続けたりした場合 暗い場所で長時間本を読んだり、テレビやパソコンの画面を見続けていると、目の中で光を吸収して視覚情報を脳に伝える物質「ロドプシン」の再合成が追いつかなくなり、ものが見えづらくなったり、目のかすみの症状があらわれたりします。 コンタクトレンズの過剰使用などの場合 コンタクトレンズの過剰使用や不具合など、目を酷使した時に「疲れ目」が起こり、目のかすみの原因となることがあります。 「加齢」による目のかすみ 歳をとるにつれて、目のピントを合わせる機能は低下します。 これは、目のピントを合わせる役割を果たす「毛様体」の筋力が衰えるためです。 この結果、遠くのものははっきりと見えるのに、近くのものが見えづらくなり、物がかすんで見えるなどの症状があらわれます。 このような場合は、眼科医の診察を受け、早めの対策をして目の負担を減らしましょう。 「病気」による目のかすみ 目のかすみは、「白内障」や「緑内障」などの「目そのものの病気」、または「糖尿病」や「高血圧」などの「全身の病気」が原因で起こることもあります。 目のかすみは、原因により治療法がまったく異なります。 次のような病気の可能性もあるので、目のかすみの症状を自覚したら、自己判断せずに眼科医の診察を受けてください。 ドライアイ 何らかの原因で目を保護する涙の量が少なくなったり、涙の成分バランスが変化することにより、目が乾燥し、目の表面に傷などの障害が生じる病気です。 眼科医からは、「ドライアイ(涙液分泌減少症や眼球乾燥症、乾性角結膜炎など)」と診断されることがあります。 また、症状が極めて重い場合は、「シェーグレン症候群」などの自己免疫疾患と診断されることもあります。 白内障 視界に白いフィルターがかかったようにものがかすんで見える場合、「白内障」の可能性があります。 白内障は水晶体が白く濁る病気で、目のかすみに加えて、光をまぶしく感じたり、明るい場所では見えづらくなるという症状の特徴があります。 緑内障 「緑内障」は眼圧の上昇により視神経が障害を受け、視界が欠ける、狭くなるなどの様々な目の症状があらわれてくる病気です。 緑内障は初期から中期の自覚症状がほとんどあらわれないため、発見が遅れがちですが、手遅れになると深刻な視力障害を引き起こす可能性があります。 ブドウ膜炎 「ブドウ膜」とは、毛様体、虹彩、脈絡膜と、それに隣接する組織の総称です。 「ブドウ膜炎」は毛様充血を起こす代表的な目の病気です。 主に、まぶしさ、それにともなう流涙や目の痛み、視力低下といった症状があらわれます。 糖尿病網膜症 糖尿病のため、網膜の血管に障害が起こり発症する網膜の合併症です。 「糖尿病網膜症」により目の網膜の黄斑部に障害が生じると、視野の中心がかすんで見えたり、ゆがんで見えたりするなどの症状が起こります。 症状が進行すると、最悪の場合、失明することもある危険な病気です。 目のかすみの「症状」 目のかすみの「症状」としては、次のようなものがあります。 以下のような症状を感じたら、注意が必要かもしれません。 物がかすんで見える 2. 物がぼやけて見える 3. 物がゆがんで見える 4. 近くの物が見えづらい 物にピントが合わせにくい 5. 視力の低下 視野全体がぼやける、かすむ 視野が狭くなる 6. 視界の一部がぼやける、かすむ、欠ける 7. 視界に白いフィルターがかかったように見える.

次の