かん あき インスタ。 2018年最新版!かんなあきらファミリーの年収や名前本名年齢誕生日!かんあき・あさひ・ぎんた

かんあきチャンネルの本名や家族構成・年齢は?きっかけは父親の職業!|けせらせらトレンドニュース

かん あき インスタ

親子ユーチューバーとして国内屈指の影響力を持つアカウントを運営する一家が初めてメディアの取材に応じました。 スポンサーを受けない理由や、親子で動画作りをする意味について聞きました。 かんなさん(10)、あきらさん(8)が主に出演し、2人は「かんあき」などと呼ばれています。 最近ではあさひさん(3)、ぎんた君(1)も登場しています。 このほかにライブ専門チャンネルなど一家で計4チャンネルを持ち、新しい動画が投稿されたときに通知を受け取ることができるチャンネル登録者は計約240万人に達しています。 ファンだったブロガーが紹介したデジタルカメラの部品を買って「よかったですよ」とコメントしたところ、「僕も購入を考えます」との返答。 自分で買って紹介していたと思っていた忠昭さんはショックを受けました。 「子どもたちに同じ思いをさせたくない」と原則スポンサーを受けないことにしました。 あるメーカーのチョコレート味の即席焼きそばをライブ中継で紹介したとき、かんなさんは「焼きそばの味はしないし、スイーツとしても変な味がする」と辛口のコメントをしました。 商品の提供を受けないことは、子どもたちの自由な発言を守ることでもあると忠昭さんは考えています。 視聴者と電話で会話する様子をライブ中継する投稿では、通話を希望する人たちから忠昭さんが無作為に選びました。 選ばれた2人はともに千葉に住む15歳と17歳の女性でした。 「子どもやその親以外の世代にも見てもらえていることがわかり励みになった」と振り返ります。 このライブ中継では、複数のカメラを使いました。 視聴者との会話が始まったとき自分しか映ってないことに気づいたかんなさんは「(あきらさんと2人が映る)メインカメラにかえて」と忠昭さんに要求しました。 「娘は自分の作品だと認識してカメラに向かっている」と忠昭さん。 子どもの動画をめぐっては、意図しない形で公開されてトラブルになったケースも出ています。 もし、かんなさんに将来、「恥ずかしいから動画を消して」と言われたら? 忠昭さんは「隠し撮りした動画を投稿しているわけではない。 内容は子どもがやりたいことを聞いて家族で決めており、カメラを向けた瞬間に娘たちは自分の作品だと思って撮影に臨んでいる。 だからそれはないと思う」と語ります。 あきらさんはダンサーだ。 =熊本市内の自宅 出典: 朝日新聞 成長を感じるときも 撮影の場以外でも娘の成長を感じる瞬間があったといいます。 動画の投稿が始まったころ、かんなさんがはじめて受けたバレエ教室のレッスンでの出来事です。 他の子どもたちは保護者と一緒に教室の真ん中で恥ずかしそうにしていました。 一方かんなさんは「それじゃ、行ってくる」と一人で元気に教室に向かっていったそうです。 「動画制作で物おじしなくなった。 胸がキュンとなりました」と忠昭さんは語ります。 昨年は、親子で動画投稿をしていてよかったと思う時も。 「6歳の娘がいじめに遭ってご飯も睡眠もとれなくなり笑わなくなってしまった」という母親から「今日、かんなちゃんとあきらちゃんの動画をみて半年ぶりに笑ったのです。 これからも娘に笑顔を届けてください。 本当にありがとう」というコメントが届きました。 この投稿には、家族全員が喜んだそうです。 「ユーチューブは子どもたちや私たちが撮影を通じて成長する場。 スターになるためや収入を得るためだけじゃない」 「最初から全世界に発信せずに身近な人に限定公開するだけでもいい。 現在80カ国以上で数百万人が動画から収益を得ており、年間10万ドル以上を稼ぐチャンネル数は、昨年7月時点で前年比50%増えている。 ユーチューブでは13歳未満に対し、投稿に必要なアカウントの取得を禁じており、子どもは家族での利用が前提となっている。 「かんあきチャンネル」の動画は主に母親のめぐみさんが撮影する=熊本市内の自宅 撮影は業務用のデジタルビデオカメラを使う=熊本市内の自宅 クオリティの高い動画に仕上げるためには2台の照明が必要だという=熊本市内の自宅 撮影に使う机ではかんなさんとあきらさんが宿題もする=熊本市内の自宅 「かんあきチャンネル」の(左から)、めぐみさん、かんなさん、あきらさん、忠昭さん=熊本市内の自宅 かんなさん(左)の将来の夢はファッションモデル。 あきらさんはダンサーだ。 =熊本市内の自宅 かんなさん(左)とあきらさんは宿題も一緒にする仲良し姉妹だ=熊本市内の自宅 かんなさん(左)とあきらさんは専用チャンネルでライブ中継にも出演する=熊本市内の自宅 撮影や編集の技術はほぼ独学という忠昭さん=熊本市内の自宅 めぐみさんは動画の編集、コメントの返信もする=熊本市内の自宅 「かんあきチャンネル」は海外からの視聴者が3割。 いつか交流するのが夢だ=熊本市内の自宅 かんなさん(右)、何のポーズ?=熊本市内の自宅 おすすめ記事(PR)•

次の

かんなあきらの年収2017年最新版!かんあきの本名や漢字、年齢、誕生日は?

かん あき インスタ

かんあきは、かんなちゃんとあきらちゃんの名前をとってチャンネル名にしているようですね。 そんな2人の本名は 住吉 かんな 住吉 あきら だそうです。 2人とも本名で活動しているようですね。 かんなちゃんのプロフィール Instagram• 本名:住吉かんな• 生年月日:2006年5月13日生まれ(2020年で14歳)• 好きな食べ物:エビフライ、パエリア、キウイ、バナナ• 将来の夢:モデル 4人姉弟の一番上だけあって とてもしっかりした性格のかんなちゃん。 学校や習い事をこなしながらyoutube撮影も行っているのでかなり多忙な生活を送っていそうですね。 あきらちゃんのプロフィール Instagram• 本名:住吉あきら• 生年月日:2008年9月28日生まれ(2020年で12歳)• 好きな食べ物:ポテトチップス、ピーナッツ あきらちゃんとはとっても仲が良い為、 双子と間違えられることがあるそうです。 お姉ちゃん大好きって感じがしてとても可愛いです。 もともとこの 看板屋の宣伝のためにyoutubeを始めたことが「かんあきチャンネル」のきっかけだったようです。 会社の宣伝の為ブログをやっていたそうですが、動画も良いじゃん!と始めたそうです。 ブログにも子供たちを良く載せていたことから動画であるyoutubeにもそのまま登場するようになったのでしょうね。 どのように会社の宣伝用youtubeが小学生の日常を配信するyoutubeに変わっていったのかは分かりませんが、子供たちへの反響が大きかったことから少しずつ子供たちの動画が増えていったのかもしれませんね。 お父さんの忠昭さんは「かんあきチャンネル」のサブチャンネルとして「 kougeisha」というチャンネルを運営しており、こちらも2020年5月現在で 登録者数204万人の人気チャンネルとなっています。 内容は「かんあきチャンネル」とほぼ同じで子供たちがオモチャで遊ぶ様子やお出かけの様子をアップしているようですね。 tuber-town. html 2010年5月1日から開設された「かんあきチャンネル」ですが、 2020年5月で 開設からなんと10年目を迎える長寿youtuberですね! そんな10年目の現在で 登録者数はなんと300万人を誇る超人気チャンネルとなっています。 かんあきチャンネルの炎上騒動 youtuberと切っても切り離せないのが「炎上」ですよね? キッズyoutuberのかんあきチャンネルもその例外ではありません。 過去に炎上したことがあったようなので調べてみました。 コメント欄がきっかけで炎上 かんあきチャンネルでは英語字幕が付いていますが「その字幕は誰のためのものなのか?」と炎上してしまったようです。 ここまで読んだだけでは意味が分からないかと思いますが、一部の視聴者の間で「コメント欄に性的な意味で子供好きの外国人視聴者がいる」と話題に。 かんあきチャンネルは「世界の子供たちに向けて発信したい」との思いで英語字幕を付けていましたが、「危険な視聴者からでさえも再生回数を稼ごうとしている」と受け取られてしまったことが炎上の原因のようです。 自分の意図とは反して情報が受け取られてしまうというのがネット社会の恐ろしいところです。 特にかんあきチャンネルは「子供を出演させて再生回数を稼いでいる」と一部の視聴者からは常に批判にさらされているようなのでしょうがない気もしますね。 どんなことでも賛否両論があるのがお決まりですからね。 ただ、かんあきチャンネルの子ども達も大きくなってきているので社会的に不利な立場にならないことを祈ります。 ネットで個人情報を晒すことは恐ろしい事件にも発展しますからね、両親には気を付けて欲しいですね。 かんあきチャンネルの事務所は? 多くのyoutuberがUUUMなどの専門事務所に所属していますが、かんあきチャンネルはどうなのでしょうか? 調べてみると、かんあきチャンネルはどこの事務所にも所属していないことが分かりました。 長寿youtuberだけあって、事務所よりも前から活動していますし不便はないのかもしれませんね。 と思いましたが、以前は最大手のUUUMに所属していたことが分かりました!現在は「sisters」という事務所を立ち上げて活動しているようです。 さすが300万人を誇るyoutuber!

次の

Kan & Aki's CHANNELかんあきチャンネルの最新動画|YouTubeランキング

かん あき インスタ

親子ユーチューバーとして国内屈指の影響力を持つアカウントを運営する一家が初めてメディアの取材に応じました。 スポンサーを受けない理由や、親子で動画作りをする意味について聞きました。 かんなさん(10)、あきらさん(8)が主に出演し、2人は「かんあき」などと呼ばれています。 最近ではあさひさん(3)、ぎんた君(1)も登場しています。 このほかにライブ専門チャンネルなど一家で計4チャンネルを持ち、新しい動画が投稿されたときに通知を受け取ることができるチャンネル登録者は計約240万人に達しています。 ファンだったブロガーが紹介したデジタルカメラの部品を買って「よかったですよ」とコメントしたところ、「僕も購入を考えます」との返答。 自分で買って紹介していたと思っていた忠昭さんはショックを受けました。 「子どもたちに同じ思いをさせたくない」と原則スポンサーを受けないことにしました。 あるメーカーのチョコレート味の即席焼きそばをライブ中継で紹介したとき、かんなさんは「焼きそばの味はしないし、スイーツとしても変な味がする」と辛口のコメントをしました。 商品の提供を受けないことは、子どもたちの自由な発言を守ることでもあると忠昭さんは考えています。 視聴者と電話で会話する様子をライブ中継する投稿では、通話を希望する人たちから忠昭さんが無作為に選びました。 選ばれた2人はともに千葉に住む15歳と17歳の女性でした。 「子どもやその親以外の世代にも見てもらえていることがわかり励みになった」と振り返ります。 このライブ中継では、複数のカメラを使いました。 視聴者との会話が始まったとき自分しか映ってないことに気づいたかんなさんは「(あきらさんと2人が映る)メインカメラにかえて」と忠昭さんに要求しました。 「娘は自分の作品だと認識してカメラに向かっている」と忠昭さん。 子どもの動画をめぐっては、意図しない形で公開されてトラブルになったケースも出ています。 もし、かんなさんに将来、「恥ずかしいから動画を消して」と言われたら? 忠昭さんは「隠し撮りした動画を投稿しているわけではない。 内容は子どもがやりたいことを聞いて家族で決めており、カメラを向けた瞬間に娘たちは自分の作品だと思って撮影に臨んでいる。 だからそれはないと思う」と語ります。 あきらさんはダンサーだ。 =熊本市内の自宅 出典: 朝日新聞 成長を感じるときも 撮影の場以外でも娘の成長を感じる瞬間があったといいます。 動画の投稿が始まったころ、かんなさんがはじめて受けたバレエ教室のレッスンでの出来事です。 他の子どもたちは保護者と一緒に教室の真ん中で恥ずかしそうにしていました。 一方かんなさんは「それじゃ、行ってくる」と一人で元気に教室に向かっていったそうです。 「動画制作で物おじしなくなった。 胸がキュンとなりました」と忠昭さんは語ります。 昨年は、親子で動画投稿をしていてよかったと思う時も。 「6歳の娘がいじめに遭ってご飯も睡眠もとれなくなり笑わなくなってしまった」という母親から「今日、かんなちゃんとあきらちゃんの動画をみて半年ぶりに笑ったのです。 これからも娘に笑顔を届けてください。 本当にありがとう」というコメントが届きました。 この投稿には、家族全員が喜んだそうです。 「ユーチューブは子どもたちや私たちが撮影を通じて成長する場。 スターになるためや収入を得るためだけじゃない」 「最初から全世界に発信せずに身近な人に限定公開するだけでもいい。 現在80カ国以上で数百万人が動画から収益を得ており、年間10万ドル以上を稼ぐチャンネル数は、昨年7月時点で前年比50%増えている。 ユーチューブでは13歳未満に対し、投稿に必要なアカウントの取得を禁じており、子どもは家族での利用が前提となっている。 「かんあきチャンネル」の動画は主に母親のめぐみさんが撮影する=熊本市内の自宅 撮影は業務用のデジタルビデオカメラを使う=熊本市内の自宅 クオリティの高い動画に仕上げるためには2台の照明が必要だという=熊本市内の自宅 撮影に使う机ではかんなさんとあきらさんが宿題もする=熊本市内の自宅 「かんあきチャンネル」の(左から)、めぐみさん、かんなさん、あきらさん、忠昭さん=熊本市内の自宅 かんなさん(左)の将来の夢はファッションモデル。 あきらさんはダンサーだ。 =熊本市内の自宅 かんなさん(左)とあきらさんは宿題も一緒にする仲良し姉妹だ=熊本市内の自宅 かんなさん(左)とあきらさんは専用チャンネルでライブ中継にも出演する=熊本市内の自宅 撮影や編集の技術はほぼ独学という忠昭さん=熊本市内の自宅 めぐみさんは動画の編集、コメントの返信もする=熊本市内の自宅 「かんあきチャンネル」は海外からの視聴者が3割。 いつか交流するのが夢だ=熊本市内の自宅 かんなさん(右)、何のポーズ?=熊本市内の自宅 おすすめ記事(PR)•

次の