水色 桔梗。 桔梗_中药材_中医世家

彩染補色劑

水色 桔梗

土岐水色桔梗 桔梗 太田桔梗 中陰桔梗 桔梗は美濃の土岐氏とその一門の家紋として知られている。 植物としての桔梗は秋の七草のひとつとして、朝顔の名で呼ばれているものである。 朝顔とは古代の呼称で、別名オカトトキとも呼ばれた。 これは「岡に咲く神草」の意で、このトトキの咲くところから土岐の地名が生まれた。 土岐氏が桔梗を家紋に用いるのは、氏を表わしたものに他ならない。 『見聞諸家紋』をみると、土岐氏の紋として桔梗が記され、注して「先陣で桔梗の花を胄にさし、敵を大いに打ち破った」と出ているところから、戦勝的な意味合いも含まれていたようだ。 ところで、桔梗紋の特徴はその色にある。 すなわち水色で、紋章を見た場合、中世ではほとんど白黒になっている。 土岐氏の水色は、かなりユニークで評判だったことだろう。 これは、土岐氏が源氏の一流で、嫡流の白をはばかって、幕を水色に染めたことから、家紋も水色に染めたものであるようだ。 土岐氏の桔梗紋は「土岐桔梗」と呼ばれる。 桔梗紋がはじめて文献に登場するのは『太平記』で、「土岐氏が桔梗一揆に六、七百騎を従え…」とある。 土岐氏は足利尊氏に従って、建武新政の成立に功があった。 当時の状況を反映した事件のひとつに、美濃国守護土岐頼遠による光厳上皇への乱暴狼藉の一件がある。 これは、上皇の車と出会った頼遠が、本来下馬すべきところを降りようともせず、それを上皇の召次にとがめられると、頼遠はせせら笑い、家来にいいつけて上皇の車にさんざんに矢を射かけたというものだ。 事件後、さすがにこの一件を重くみた、足利直義によって頼遠は断罪された。 とはいえ、その後も土岐氏は美濃守護として勢力をもち、揖斐・明智・石谷・本庄・鷲巣・船木・池田・浅野・植村などの庶族を分出し、いずれも桔梗紋を用いている。 土岐宗家は戦国時代に、京都から流れてきた斎藤道三によって滅ぼされたことはよく知られている。 土岐氏の一族では明智氏が知られ、明智光秀は宗家没落後、諸国を武者修行して歩き、尾張の織田信長に仕えたことから異例の出世をした。 しかし、本能寺において信長を攻め殺し、一時明智氏の水色桔梗が天下に鳴り響いたが、豊臣秀吉と京都の山崎において雌雄を決したが敗れ、逃走の途中で討死した。 土岐桔梗に対して太田桔梗がある。 これは太田道灌の太田氏が用いたもので、花弁が細いのが特徴である。 また、戦国武将の加藤清正は「蛇の目」の紋が知られているが、桔梗紋を使用していた。 これは、肥後入国後、その旧主尾藤氏の家紋を襲用せよ、との秀吉の配慮によるものという。 いまも、熊本城内にある加藤神社に訪れると、蛇の目と桔梗の紋が神紋として用いられている。 その他、徳川氏に仕えた植村氏も土岐氏の一族を称し桔梗紋を用いたが、一見、桔梗には見えない独特な意匠のものである。 桔梗紋は、桔梗が「更に吉」というめでたい文字の組み合わせでもあることから、美濃土岐氏以外の家でも用いられているが、やはり、土岐氏ゆかりの家で用いられていることが多い。 桔梗紋を使用される家の場合、一度先祖を調べて見られてはいかがだろうか。 どこの家にも必ずある家紋。 家紋にはいったい、 どのような意味が隠されているのでしょうか。 戦場を疾駆する戦国武将の旗印には、家の紋が据えられていた。 その紋には、どのような由来があったのだろうか…!?。 2010年の大河ドラマは「龍馬伝」である。 龍馬をはじめとした幕末の志士たちの家紋と逸話を探る…。 これでドラマをもっと楽しめる…ゼヨ!.

次の

玫瑰花鲜花直批云南基地直发洋桔梗混搭水养花真同城速递家用插花

水色 桔梗

キキョウの花 土岐 とき 氏や土岐氏の庶流とされる明智氏が使用したことでも有名な家紋です。 「桔梗紋」の 由来は、キキョウの花を仏や神に捧げて 吉凶を占ったことから、「吉凶を占う花」として、きっきょう(吉凶 がききょう 桔梗 に転じ花の名前になったとの説があります。 また、別の由来もあり「桔梗」の字を分解すると、「木」「吉」、「木」「更」となり、ここから「 更に吉(さらによし)」という言葉をつくることができ、縁起を担いだとの説もあります。 桔梗紋は美濃国 みののくに 岐阜県)に一大勢力を築いた土岐氏が多く使用していた家紋です。 土岐氏は清和源氏 せいわげんじ である英雄・源頼光 みなもと の よりみつ の流れを汲んでいるとされる名門です。 平安時代末期~鎌倉時代初期にかけての武将で源頼朝(みなもと の よりとも)の御家人・土岐光衡 とき みつひら が、戦で 水色の桔梗の花を兜の前立にさして戦い、大勝利を治めたことが、桔梗紋の由来であると云われており、そこから清和源氏に広がったそうです。 その土岐氏の庶流に明智氏がいて、「明智光秀」が輩出されています。 光秀が使用した水色桔梗 明智光秀は桔梗紋の中でも「水色桔梗」を使用していたそうです。 「水色桔梗」は、珍しく水色で目立ったため、織田信長も光秀の家紋を羨ましがっていたそうです。 明智光秀の出生地候補の岐阜県恵那市にあった水色桔梗の旗 明智光秀と土岐氏について、また清和源氏や美濃の土岐氏についてはこちらの記事に記載しています。 先に述べたように、土岐光衡が大勝利を治めた縁起物として家紋にされた桔梗紋ですが、「水色桔梗」を掲げた光秀の本能寺の変によって、裏切り者の家紋となってしまいます。 その後、桔梗紋から家紋を変更する武将が続いたそうですが、江戸時代にも土岐氏の支流が桔梗紋を使用しています。 因みに、織田信長の子孫は現代になっても、桔梗の花を飾ることは避けているとのことです。 また、『明智氏一族宮城家相伝系図書』によると光秀の家紋は、「陰の桔梗」 かげのききょう と、替紋として「丸に橘」の家紋を使用していたとしているそうです。 桔梗 加藤清正とは、豊臣秀吉の子飼い武将で武勇に優れ出世し、秀吉没後は徳川家康に近づき、52万石の熊本藩主となった人物です。 豊臣家恩顧の武将の為、徳川家の毒殺説もありますが急死し、清正の亡き後の加藤家は、改易され大名の座から転落してしまいます。 こちらの記事に加藤清正についての詳細を記載しています。 桔梗紋を使用した武将・山県昌景 武田信玄で有名な武田家の武田四天王の一人・ 山県昌景(やまがた まさかげ)も同じく 桔梗紋を使用していたそうです。 美濃山県氏といわれる一族で、土岐氏と同じく清和源氏である英雄・源頼光 みなもと の よりみつ の流れを汲んでいるとされていますので、山県家のご先祖は明智光秀と同じということになります。 その後平安時代に源国直(みなもと の くになお)が、美濃国山県郡に住み山県を名乗ったことから始まります。 山県昌景は、一族の飯富虎昌(おぶ とらまさ)が信玄の父に成敗されたことで、飯富昌景から山県昌景に名を改め、断絶していた名門である山県家を継いだとされています。 なので、山県昌景は山県家の血筋ではありません。 武田信玄の没後は、跡を継いだ武田勝頼に従います。 そして、織田信長との戦である長篠の戦いが起きて、武士としての武田家滅亡へ繋がります。 山県昌景は、無謀な戦いであると撤退を進言したものの受け入れられず、長篠の戦いで戦死してしまいました。 桔梗紋を使用した武将・坂本龍馬 坂本龍馬(さかもと りょうま)も 桔梗紋を使用していたそうです。 光秀の子孫説もありますが、現在は否定的な意見が主流です。 坂本龍馬の光秀子孫説についてはこちらに記載しています。 坂本 龍馬は、薩長同盟成立の立て役者になるなど、明治維新に貢献しますが、志半ばで暗殺されてしまいます。 このように、桔梗紋を使用した先人達は、明智光秀を含め偶然にも悲運の最期を迎えました。

次の

水飞蓟(桔梗目菊科植物)_百度百科

水色 桔梗

キキョウの花 土岐 とき 氏や土岐氏の庶流とされる明智氏が使用したことでも有名な家紋です。 「桔梗紋」の 由来は、キキョウの花を仏や神に捧げて 吉凶を占ったことから、「吉凶を占う花」として、きっきょう(吉凶 がききょう 桔梗 に転じ花の名前になったとの説があります。 また、別の由来もあり「桔梗」の字を分解すると、「木」「吉」、「木」「更」となり、ここから「 更に吉(さらによし)」という言葉をつくることができ、縁起を担いだとの説もあります。 桔梗紋は美濃国 みののくに 岐阜県)に一大勢力を築いた土岐氏が多く使用していた家紋です。 土岐氏は清和源氏 せいわげんじ である英雄・源頼光 みなもと の よりみつ の流れを汲んでいるとされる名門です。 平安時代末期~鎌倉時代初期にかけての武将で源頼朝(みなもと の よりとも)の御家人・土岐光衡 とき みつひら が、戦で 水色の桔梗の花を兜の前立にさして戦い、大勝利を治めたことが、桔梗紋の由来であると云われており、そこから清和源氏に広がったそうです。 その土岐氏の庶流に明智氏がいて、「明智光秀」が輩出されています。 光秀が使用した水色桔梗 明智光秀は桔梗紋の中でも「水色桔梗」を使用していたそうです。 「水色桔梗」は、珍しく水色で目立ったため、織田信長も光秀の家紋を羨ましがっていたそうです。 明智光秀の出生地候補の岐阜県恵那市にあった水色桔梗の旗 明智光秀と土岐氏について、また清和源氏や美濃の土岐氏についてはこちらの記事に記載しています。 先に述べたように、土岐光衡が大勝利を治めた縁起物として家紋にされた桔梗紋ですが、「水色桔梗」を掲げた光秀の本能寺の変によって、裏切り者の家紋となってしまいます。 その後、桔梗紋から家紋を変更する武将が続いたそうですが、江戸時代にも土岐氏の支流が桔梗紋を使用しています。 因みに、織田信長の子孫は現代になっても、桔梗の花を飾ることは避けているとのことです。 また、『明智氏一族宮城家相伝系図書』によると光秀の家紋は、「陰の桔梗」 かげのききょう と、替紋として「丸に橘」の家紋を使用していたとしているそうです。 桔梗 加藤清正とは、豊臣秀吉の子飼い武将で武勇に優れ出世し、秀吉没後は徳川家康に近づき、52万石の熊本藩主となった人物です。 豊臣家恩顧の武将の為、徳川家の毒殺説もありますが急死し、清正の亡き後の加藤家は、改易され大名の座から転落してしまいます。 こちらの記事に加藤清正についての詳細を記載しています。 桔梗紋を使用した武将・山県昌景 武田信玄で有名な武田家の武田四天王の一人・ 山県昌景(やまがた まさかげ)も同じく 桔梗紋を使用していたそうです。 美濃山県氏といわれる一族で、土岐氏と同じく清和源氏である英雄・源頼光 みなもと の よりみつ の流れを汲んでいるとされていますので、山県家のご先祖は明智光秀と同じということになります。 その後平安時代に源国直(みなもと の くになお)が、美濃国山県郡に住み山県を名乗ったことから始まります。 山県昌景は、一族の飯富虎昌(おぶ とらまさ)が信玄の父に成敗されたことで、飯富昌景から山県昌景に名を改め、断絶していた名門である山県家を継いだとされています。 なので、山県昌景は山県家の血筋ではありません。 武田信玄の没後は、跡を継いだ武田勝頼に従います。 そして、織田信長との戦である長篠の戦いが起きて、武士としての武田家滅亡へ繋がります。 山県昌景は、無謀な戦いであると撤退を進言したものの受け入れられず、長篠の戦いで戦死してしまいました。 桔梗紋を使用した武将・坂本龍馬 坂本龍馬(さかもと りょうま)も 桔梗紋を使用していたそうです。 光秀の子孫説もありますが、現在は否定的な意見が主流です。 坂本龍馬の光秀子孫説についてはこちらに記載しています。 坂本 龍馬は、薩長同盟成立の立て役者になるなど、明治維新に貢献しますが、志半ばで暗殺されてしまいます。 このように、桔梗紋を使用した先人達は、明智光秀を含め偶然にも悲運の最期を迎えました。

次の