とんちんかん 類語。 「とんちんかん」に関連した英語シソーラスの一覧

とんちんかんなの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

とんちんかん 類語

A「前においしいって言ってたラーメン屋、どこにあるの?」 B「あのラーメン屋は、中華料理がおいしいよ!」 このように、 質問と違う答えが返ってくると、相手はイライラしてしまいます。 あまりもとんちんかんだと、仕事に影響してしまうことも… 「とんちんかんと言われたから、治したい!」という方は、まずは人の話をよく聞くことから始めましょう。 人の話を聞かずに適当に答えてしまうから、とんちんかんだと言われてしまうのです。 とんちんかんは漢字で頓珍漢 とんちんかんは漢字で、「 頓珍漢」と書きます。 中国語のように思えるかもしれませんが、日本語です。 「頓珍漢」は単なる 当て字なので、漢字に意味はありません。 とんちんかんの語源 由来 は刀を叩く擬音語? とんちんかんの語源は、 鍛冶屋の相槌の音が由来です。 鍛冶屋 かじや は、金属を熱して打ち鍛えて、色々な道具を作る職業。 「刀」を作るのも、鍛冶屋さんです。 相槌とは、二人の職人が交互に槌を打ち合わせることです。 親方が鉄を打つ間に弟子が槌を入れるのですが、息が合っていれば、たたく音は「 とんてんかん」と響いて聞こえます。 しかし、弟子の腕が未熟で、タイミングがずれてしまうと「 とんちんかん」と音がそろいません。 このように 音がそろわないことから、とんちんかんはちぐはぐや間抜けの意味になったのです。 そして、擬音語の「とんちんかん」に、当て字で「頓珍漢」の漢字を書くようになりました。 とんちんかんの類義語 見当違い:推測や判断を誤ること 荒唐無稽 こうとうむけい :言動に根拠がなくでたらめであること 支離滅裂 しりめつれつ :まとまりがなく、筋道が立っていないこと 筋違い:道理に外れていること 素っ頓狂 すっとんきょう :非常に間の抜けたさま ちぐはぐ:二つ以上のものが食い違ってそろわないこと ちんぷんかんぷん:話している内容が全く分からないこと つじつまの合わない:話の前後関係が論理的でないこと 非常識:常識に外れていること 不合理:論理的な筋が通らないこと 的外れ:大事な点を押さえていないこと 矛盾:前に言ったことと後に言ったことが一致しないこと むちゃくちゃ:物事の順序が、筋道だっていないこと めちゃくちゃ:どうにもならないほど、台無しになったこと 理不尽:道理に合わないこと 論外:議論に関係のないこと 他にも、とんちんかんを簡単な言葉で言い換えると、 「馬鹿馬鹿しい・アホらしい・おかしい」などになりますね。 とんちんかんの英語は? とんちんかんの「見当違い」というニュアンスは、英語で「 beside the point」と表します。 「beside the point」は、直訳すると 「ポイントを外れて」なので、とんちんかんの訳に合っていますね。 とんちんかんの例文 「 とんちんかんな受け答えで、会話がかみ合わない。 」 「質問内容を勘違いして、 とんちんかんな回答をしてしまった。 」 「リーダーが とんちんかんな返事ばかりするので仕事が進まない。 」 「その芸人レポーターは とんちんかんな発言しかしないのでつまらない。 」 「家の旦那は言われたこともできない とんちんかんな夫だ。 」 「友人は良くいえばマイペース、悪くいえば とんちんかんな人だ。 」 「母親は昔から とんちんかんな女性だった。 」 「子供が とんちんかんな時間に起きてゲームをしている。 」 「的外れで とんちんかんなことを言う癖を治したい。 」 「先生に急に当てられて、 とんちんかんな答えをしてしまった。 」 「祖父は耳が遠く、よく とんちんかんな返事をする。 」 とんちんかんについて、最後まで読んでいただきありがとうございました! とんちんかんだと言われないようにしたいですね!.

次の

とんちんかん(頓珍漢)の意味とは?語源(由来)は刀?使い方(例文)も!

とんちんかん 類語

1 「馬鹿」は、頭の働きが悪く、血のめぐりの悪いこと。 また、おろかな行いをする人。 「ばかな話」「ばかを見る =つまらない目にあう 」「そんなばかなことがあってたまるか」のように、無益なこと、くだらないことをいったり、「ばかに暑い」「ばか力」「ばか高い」などのように、程度の甚だしいことをいったりもする。 また、「役者ばか」「学者ばか」のように、そのことに熱中して他のことにうといことにもいう。 2 「あほう」は、「馬鹿」と同じ意味で、使い方も似通っている。 特に関西では「あほ」の形とともに多く用いられている。 「阿呆」「阿房」と当てる。 3 「まぬけ」は、物事を行うのに、手ぬかりや、うっかりしたミスなどをよくおかす人。 言動がその場にぴったり合わず、どこかずれているさまにもいう。 「間抜け」とも書く。 4 「たわけ」は、考え違い、心得違い、思慮の不足などから、おかしな言動をしている相手などを侮蔑 ぶべつ していう語。 「馬鹿」や「あほう」にくらべて知能そのものが低いというより、人格的に足りないための愚かさをいう気持ちが強い。 5 「とんま」は、その言動がとんちんかんだったり的外れだったりする人。 また、そのさま。 どことなく喜劇的なので、あまり辛辣 しんらつ な感じを持たない。 「頓馬」と当てる。 知的な鋭敏さを欠いている、または知的な鋭敏さの欠如で特徴づけられる の意• 間ぬけ• 学ぶ、あるいは理解するのが遅い; 知的な鋭敏さが不足すること の意• 見た目や行動が、標準を超えて の意• 非常識なほど無責任な の意• 不条理な; 冷笑を誘う の意• 馬鹿ばかしい• 阿房臭い• 目茶苦茶• 目茶目茶• 阿房くさい• 筋ちがい• 馬鹿げた• すじ違い• 知性を欠いた の意• 間ぬけ• 愚かに、軽率に行動する特性 の意• 他愛なさ• 馬鹿さ• たわい無さ• 間ぬけさ• 愚かしさ• 莫迦さ• 愚かさ• 間抜けさ• たわいなさ• 間抜さ• だまされやすくて、利用しやすい人 の意• 阿呆垂れ• 阿呆者• 阿房者• 馬鹿垂• 好いかも• 白痴者• 愚か人• だまされやすい人• 阿呆垂• 虚け者• 馬鹿垂れ• 呆気者• 分別に欠ける人 の意• ひょうろく玉• 馬鹿垂• 薄野呂• 薄のろ• 魯鈍漢• 間ぬけ• 愚か人• 滑稽者• 虚け者• 馬鹿垂れ• 呆気者• 知性が通常より劣る人 の意• ひょうろく玉• 低能者• 知恵遅れ• 取替え子• 薄野呂• 薄のろ• 腑ぬけ• ふ抜け• 間ぬけ• 白痴者• 虚け者• 知的な鋭敏さを欠いている、または知的な鋭敏さの欠如で特徴づけられる の意• 間ぬけ• 良識か判断力に欠けている の意• 薄野呂• 薄のろ• 愚かしげ• 間ぬけ• 愚かに、軽率に行動する特性 の意• 他愛なさ• 馬鹿さ• たわい無さ• 間ぬけさ• 愚かしさ• 莫迦さ• 愚かさ• 間抜けさ• たわいなさ• 間抜さ• だまされやすくて、利用しやすい人 の意• 阿呆垂れ• 阿呆者• 阿房者• 馬鹿垂• 好いかも• 白痴者• 愚か人• だまされやすい人• 阿呆垂• 虚け者• 馬鹿垂れ• 呆気者• 分別に欠ける人 の意• ひょうろく玉• 馬鹿垂• 薄野呂• 薄のろ• 魯鈍漢• 間ぬけ• 愚か人• 滑稽者• 虚け者• 馬鹿垂れ• 呆気者• 知性が通常より劣る人 の意• ひょうろく玉• 低能者• 知恵遅れ• 取替え子• 薄野呂• 薄のろ• 腑ぬけ• ふ抜け• 間ぬけ• 白痴者• 虚け者• なんの意味も伝達していないと思われるメッセージ の意• 世迷言• 出たら目• ナンセンスさ• 無意義さ• 無意味さ• 荒唐無稽さ• べら棒• 分別に欠ける人 の意• ひょうろく玉• 馬鹿垂• 薄野呂• 薄のろ• 魯鈍漢• 間ぬけ• 愚か人• 滑稽者• 虚け者• 馬鹿垂れ• 呆気者• 知性が通常より劣る人 の意• ひょうろく玉• 低能者• 知恵遅れ• 取替え子• 薄野呂• 薄のろ• 腑ぬけ• ふ抜け• 間ぬけ• 白痴者• 虚け者• 良識か判断力に欠けている の意• 薄野呂• 薄のろ• 愚かしげ• 間ぬけ• 滑稽な、愚かな の意• 馬鹿ばかしい• 間ぬけ• 愚かに、軽率に行動する特性 の意• 他愛なさ• 馬鹿さ• たわい無さ• 間ぬけさ• 愚かしさ• 莫迦さ• 愚かさ• 間抜けさ• たわいなさ• 間抜さ• 分別に欠ける人 の意• ひょうろく玉• 馬鹿垂• 薄野呂• 薄のろ• 魯鈍漢• 間ぬけ• 愚か人• 滑稽者• 虚け者• 馬鹿垂れ• 呆気者• 知性が通常より劣る人 の意• ひょうろく玉• 低能者• 知恵遅れ• 取替え子• 薄野呂• 薄のろ• 腑ぬけ• ふ抜け• 間ぬけ• 白痴者• 虚け者• 鈍感で愚かでまぬけな人 の意• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の

「とんちんかん」に関連した英語シソーラスの一覧

とんちんかん 類語

1 「馬鹿」は、頭の働きが悪く、血のめぐりの悪いこと。 また、おろかな行いをする人。 「ばかな話」「ばかを見る =つまらない目にあう 」「そんなばかなことがあってたまるか」のように、無益なこと、くだらないことをいったり、「ばかに暑い」「ばか力」「ばか高い」などのように、程度の甚だしいことをいったりもする。 また、「役者ばか」「学者ばか」のように、そのことに熱中して他のことにうといことにもいう。 2 「あほう」は、「馬鹿」と同じ意味で、使い方も似通っている。 特に関西では「あほ」の形とともに多く用いられている。 「阿呆」「阿房」と当てる。 3 「まぬけ」は、物事を行うのに、手ぬかりや、うっかりしたミスなどをよくおかす人。 言動がその場にぴったり合わず、どこかずれているさまにもいう。 「間抜け」とも書く。 4 「たわけ」は、考え違い、心得違い、思慮の不足などから、おかしな言動をしている相手などを侮蔑 ぶべつ していう語。 「馬鹿」や「あほう」にくらべて知能そのものが低いというより、人格的に足りないための愚かさをいう気持ちが強い。 5 「とんま」は、その言動がとんちんかんだったり的外れだったりする人。 また、そのさま。 どことなく喜劇的なので、あまり辛辣 しんらつ な感じを持たない。 「頓馬」と当てる。 知的な鋭敏さを欠いている、または知的な鋭敏さの欠如で特徴づけられる の意• 間ぬけ• 学ぶ、あるいは理解するのが遅い; 知的な鋭敏さが不足すること の意• 見た目や行動が、標準を超えて の意• 非常識なほど無責任な の意• 不条理な; 冷笑を誘う の意• 馬鹿ばかしい• 阿房臭い• 目茶苦茶• 目茶目茶• 阿房くさい• 筋ちがい• 馬鹿げた• すじ違い• 知性を欠いた の意• 間ぬけ• 愚かに、軽率に行動する特性 の意• 他愛なさ• 馬鹿さ• たわい無さ• 間ぬけさ• 愚かしさ• 莫迦さ• 愚かさ• 間抜けさ• たわいなさ• 間抜さ• だまされやすくて、利用しやすい人 の意• 阿呆垂れ• 阿呆者• 阿房者• 馬鹿垂• 好いかも• 白痴者• 愚か人• だまされやすい人• 阿呆垂• 虚け者• 馬鹿垂れ• 呆気者• 分別に欠ける人 の意• ひょうろく玉• 馬鹿垂• 薄野呂• 薄のろ• 魯鈍漢• 間ぬけ• 愚か人• 滑稽者• 虚け者• 馬鹿垂れ• 呆気者• 知性が通常より劣る人 の意• ひょうろく玉• 低能者• 知恵遅れ• 取替え子• 薄野呂• 薄のろ• 腑ぬけ• ふ抜け• 間ぬけ• 白痴者• 虚け者• 知的な鋭敏さを欠いている、または知的な鋭敏さの欠如で特徴づけられる の意• 間ぬけ• 良識か判断力に欠けている の意• 薄野呂• 薄のろ• 愚かしげ• 間ぬけ• 愚かに、軽率に行動する特性 の意• 他愛なさ• 馬鹿さ• たわい無さ• 間ぬけさ• 愚かしさ• 莫迦さ• 愚かさ• 間抜けさ• たわいなさ• 間抜さ• だまされやすくて、利用しやすい人 の意• 阿呆垂れ• 阿呆者• 阿房者• 馬鹿垂• 好いかも• 白痴者• 愚か人• だまされやすい人• 阿呆垂• 虚け者• 馬鹿垂れ• 呆気者• 分別に欠ける人 の意• ひょうろく玉• 馬鹿垂• 薄野呂• 薄のろ• 魯鈍漢• 間ぬけ• 愚か人• 滑稽者• 虚け者• 馬鹿垂れ• 呆気者• 知性が通常より劣る人 の意• ひょうろく玉• 低能者• 知恵遅れ• 取替え子• 薄野呂• 薄のろ• 腑ぬけ• ふ抜け• 間ぬけ• 白痴者• 虚け者• なんの意味も伝達していないと思われるメッセージ の意• 世迷言• 出たら目• ナンセンスさ• 無意義さ• 無意味さ• 荒唐無稽さ• べら棒• 分別に欠ける人 の意• ひょうろく玉• 馬鹿垂• 薄野呂• 薄のろ• 魯鈍漢• 間ぬけ• 愚か人• 滑稽者• 虚け者• 馬鹿垂れ• 呆気者• 知性が通常より劣る人 の意• ひょうろく玉• 低能者• 知恵遅れ• 取替え子• 薄野呂• 薄のろ• 腑ぬけ• ふ抜け• 間ぬけ• 白痴者• 虚け者• 良識か判断力に欠けている の意• 薄野呂• 薄のろ• 愚かしげ• 間ぬけ• 滑稽な、愚かな の意• 馬鹿ばかしい• 間ぬけ• 愚かに、軽率に行動する特性 の意• 他愛なさ• 馬鹿さ• たわい無さ• 間ぬけさ• 愚かしさ• 莫迦さ• 愚かさ• 間抜けさ• たわいなさ• 間抜さ• 分別に欠ける人 の意• ひょうろく玉• 馬鹿垂• 薄野呂• 薄のろ• 魯鈍漢• 間ぬけ• 愚か人• 滑稽者• 虚け者• 馬鹿垂れ• 呆気者• 知性が通常より劣る人 の意• ひょうろく玉• 低能者• 知恵遅れ• 取替え子• 薄野呂• 薄のろ• 腑ぬけ• ふ抜け• 間ぬけ• 白痴者• 虚け者• 鈍感で愚かでまぬけな人 の意• 日本語ワードネット1. 1 c 2009-2011 NICT, 2012-2015 Francis Bond and 2016-2020 Francis Bond, Takayuki Kuribayashi.

次の