年賀状 早割 比較。 年賀状印刷を比較! 今年、安いサイトをオススメ│年賀状研究所

【年賀状早割】2019年の年賀状、気になる6社を比較してみました|続マナムスメと今日もゆく

年賀状 早割 比較

一方で、手軽にコンビニで商品を受け取りたい、ネットだけで年賀状を発注するのは怖いという方もいらっしゃるかと思います。 また、コンビニは納期が短めなので年末ぎりぎりになってしまったという場合でも間に合います。 今回はそんなコンビニにお願いできる年賀状の印刷サービスを紹介していきます。 コンビニの年賀状印刷を安くするためのポイント セブンイレブンもローソンもファミリーマートでも、年賀状印刷についてのいろいろな割引が用意されているのでそれらを上手に活用しましょう。 それでは、各コンビニの2019年の年賀状プリントサービスを見ていきましょう。 セブンイレブンの年賀状印刷サービス コンビニ最大手のセブンイレブンの年賀状印刷サービスです。 特にWEB割、超早割が大きいので、早期申し込みならもっとも割引率が大きいです。 ただし、超早割は11月5日までとややハードルが高いです。 写真年賀状(プリンターフォト)の価格 以下は写真年賀状(プリンター印刷)の印刷代です。 別途はがき代(1枚62円)が必要になります。 喪中はがきも同様です。 以下は通常価格で下記価格からWEB割引等が利用できます。 50枚:5,560円• 100枚:7,437 円 宛名印刷も希望する場合はオプションとして 宛名印刷を1枚あたり25円+基本料1,000円が必要になります。 12月1日以降はマルチコピー機で印刷できる セブンイレブンに年賀状をお願いした場合、12月1日以降、セブンのマルチコピー機を使って自分で印刷が可能です(@80円)。 少し年賀状が足りなかったという場合には便利です。 ローソンの年賀状印刷サービス ローソンの年賀状印刷の割引は最大45%。 超早割は11月6日まで。 通常の早割は12月6日までとなっています。 早割の期間が最も長いのはローソンですね。 ちなみに、年賀状への印刷サービスを行っている会社はファミリーマートと同じ「マイプリント」社となっているので、デザイン等はほとんど同じです。 写真年賀状(プリンターフォト)の価格 以下は写真年賀状(プリンター印刷)の印刷代です。 別途はがき代(1枚62円)が必要になります。 料金はややセブンイレブンより高いですね。 50枚:6,284円• 100枚:8,876円 宛名印刷も希望する場合はオプションとして 宛名印刷を1枚あたり30円+基本料1,000円が必要になります。 ファミリーマートの年賀状印刷サービス 割引は最大40%となっています。 セブンイレブン、ローソンが超早割の期限が11月上旬であるのに対して、ファミリーマートは11月末まで継続しています。 11月中の年賀状印刷ならコンビニの中で一番割引が大きくなります。 一方で12月入りすると割引がゼロになるので、一気に割高感が高くなってしまいます。 ちなみに、サークルKサンクスでも全く同じ条件で年賀状印刷サービスを行っています。 写真年賀状(プリンターフォト)の価格 以下は写真年賀状(プリンター印刷)の印刷代です。 別途はがき代(1枚62円)が必要になります。 印刷代はローソンと同じです。 50枚:6,284円• 100枚:8,876円 宛名印刷も希望する場合はオプションとして 宛名印刷を1枚あたり30円が必要になります。 コンビニの年賀状印刷を比較。 結局どこが安い? 3社のサービス内容を紹介しました、最後にどこで印刷するのが一番お得でしょうか。 全体的に見るとセブンイレブンの年賀状印刷がローソン、ファミマを頭一つ抜いている印象ですね。 ちなみに、ローソンとファミリーマートは実は「マイプリント」という会社が提供しているサービスを再販しているだけです。 割引の種類などに違いはあるみたいですが、基本は同じです。 そう考えると自前のセブンイレブンが自由度が高いし、価格競争力も持っているんでしょうかね。 安く済ませたいならオンデマンド印刷がお得 ちなみに、お値段で比較するのであればコンビニよりもオンデマンド印刷の業者の方が圧倒的にお得です。 印刷代はスタンダードタイプで、早割、WEB割などを考慮した価格となっています。 こうして比較すると価格は圧倒的にオンデマンド印刷が安いです。 さすがは専門業者というところですね。 ちなみに、おたより本舗は2018年年賀状印刷の受注件数No1だったそうです。 >> 以上、大手コンビニの年賀状印刷サービスや料金を比較してみました。

次の

【年賀状印刷早割】開始時期・割引率など徹底比較

年賀状 早割 比較

せっかくなら素敵な文面やデザインで、送る相手を喜ばせたいもの。 しかし、年賀状は印刷会社でデザインも価格も大きく異なります。 そこで、わかりやすい会社ごとの違いを徹底比較。 その中でもコスパが良い印刷会社を紹介します。 2020年1月20日時点でも販売している印刷会社のランキングも掲載。 「今からでも年賀状を送ろう」と考えている人も必見です。 選ぶ際は下記の4点に注目ください。 【POINT1】 印刷費用の安さ 最も見比べたいのは、やっぱり印刷費用。 ネットで年賀状の印刷を発注すれば、人件費などが掛からない分、お得になります。 その中でも、どこが一番安いのか? 早割など各キャンペーンの内容も考慮した上で、選ぶべき印刷サービスを見極めたいところです。 【POINT2】 デザインの豊富さ 年賀状印刷サービスのメリットは、たくさんのデザインが用意されていること。 プロが作ったのでクオリティが高く、多いところでは2000種類以上もラインナップ。 自分好みのデザインを選べます。 つまり、デザインの豊富さも印刷サービスを決める重要な条件なのです。 【POINT3】 印刷の仕上がり 印刷の質も、こだわりたいところ。 実際に注文して手にとってみないとわからない部分ですが、印刷会社によって仕上がりは大きく異なります。 年賀状の色合いや風合いなど、自分好みになっているかも発注前に確認しておきましょう。 【POINT4】 納期の早さ 発注してから手元に届くまでの期間もポイント。 多くのサービスは2〜3営業日ほど掛かりますが、即日で発送してくれる会社もあります。 年賀状は早めに発注したいものの、もし発注がギリギリになってしまった場合は、納期を忘れずにチェックしましょう。 オススメの年賀状印刷 BEST8 年賀状を作るのにベストだと思う印刷会社をランキング形式でおすすめ! 年印刷費の安さ、印刷の品質、サービスの使い勝手などを総合的に比べます。 データは2019年12月27日のものです。 こちらは2021年の年賀状づくりのご参考に。 【1位】しまうまプリント 画像: 価格やデザイン、印刷の品質などすべてが高レベルな「しまうまプリント」が1位を選出。 基本料金が比較的高めですが、印刷費が安めなので、注数が多くなるほどオトクになります。 業界最安値というわけではありませんが、コスパでは業界トップクラスでしょう。 注枚数によって安い会社が変わるので「10枚」「30枚」「50枚」「100枚」ごとに試算しました。 記載されている料金は基本料金と印刷費用、はがき代、送料を含めた税込価格。 早割やキャンペーン、はがき代の割り引きをしている場合には適用しています(2019年12月13日19時現在)。 なお、宛名印刷などオプション費用は含まれていません。 写真にこだわるのかある程度でOKなのかで印刷方法を決めたうえで、印刷する予定枚数のランキングを参考にすると良いでしょう。 続いて、「旧年中はお世話になりました」といった礼や幸福を祈る言葉、「今年もよろしくお願いします」といった挨拶などを書きます。 当然、「2020年1月1日」「令和二年元旦」など年月日も明記します。 また、「去る」「失う」などの忌み言葉は避けるようにしましょう。 厳密なマナーでは、自分の氏名を書くのは表面でも裏面でもよく、両面に自分の氏名を書くのも問題ありません。 ただ、「氏名は表面のみに記載する」人が多いため、それに合わせた方が無難です。 ちなみに、基本的に相手の敬称は「様」で、先方が団体の場合は「御中」を用います。 年賀状の投函時期 郵便局で年賀はがきの受付が始まる12月15日から。 元旦に届けたい場合は、郵便局が推奨する12月25日までに出すのがベターです。 ちなみに、年賀状は1月1日〜1月7日の間に届くように出すことが原則。 12月14日より前に出すと通常の配達日数で年内に届いてしまうので要注意です。 喪中の年賀状 自分が喪中の場合は、12月の初旬頃までに喪中欠礼状を出しましょう。 1年以内に二親等以内の近親者で不幸があった時、年賀状を送ってくださりそうな相手に、前もってその旨を知らせます。 ただ、身内には出さないのが通例です。 一方で相手が喪中の場合、正確には年賀状を出してはいけないわけではありません。 ただ最近は、相手が喪中だと知っているなら年賀状を控えるケースが増えています。 代わりに、1月8日(松の明け)から2月4日(立春)の間に「寒中見舞い」を送るのが良いでしょう。

次の

【2019年最新版】200人に聞いた!年賀状に関する意識調査、アンケート結果

年賀状 早割 比較

今年も残りわずかとなりましたが、年賀状の準備はおすみですか? 年賀状は毎年の行事ですが、年末ぎりぎりになって印刷の手配をしたり、プリンターのインクを注文したりと慌しくなることもあります。 年賀状作成ソフトを使ってデザインもバッチリ! 後は印刷するだけ! いざ、印刷しようと思ったら 「プリンターがインク切れ!」ということもよくある話です。 でも、あわてなくて大丈夫です! おすすめのネットで簡単に注文するだけで、オリジナルの素敵な年賀状が格安で作る方法があります。 もちろん、自分で撮影した写真やイラストを載せるだけでなく、面倒くさがりの人も年賀状のデザインを選ぶだけで作成できます。 年賀状を印刷するためだけに、わざわざプリンターのインクを買うよりも格安に年賀状が印刷できる方法があります。 ここでは、年賀状を格安で印刷できる人気のネットプリントサービスの料金やデザインを比較したランキングをご紹介しています。 実際に利用して注文が簡単にできる年賀状の印刷屋さんだけをピックアップしています! 目次• 人気No. 1-ネットスクウェア【NET年賀状印刷】 ネットスクウェアの年賀状印刷で一番の魅力はデザインの豊富さですが、なんと「1,058種類」の中から好きなデザインを選ぶことができます。 そして、料金も他社と比べて安いだけでなく、注文してから仕上がりがとても早いので、急ぎの注文でも大丈夫です。 もちろん、安くて早いだけじゃありません。 印刷された年賀状の仕上がりもバッチリですので、人気No. 1の理由が分かります。 デザイン数 1,058種類 料金 カラー50枚 2,818円 税込 料金 カラー100枚 3,695円 税込 送料 無料 納期 2営業日後発送 最終受付 12月28日 ネットスクウェアの10%OFFの割引クーポン ネットスクウェアで年賀状のご注文をする際に 下記のコードを入力すれば 【10%OFF】になりますので、ぜひご利用ください。 人気No. ネットプリントは「しまうまプリント」が運営してますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。 初回注文の時だけは基本料金が1,980円と少し高めですが、2回目以降は基本料金が500円となりますので、年賀状印刷だけでなく暑中見舞いや残暑見舞い他、年間と通して何度もご利用する方にはおすすめです。 また、年明けでも注文が可能ですので。 予想していた枚数では足りなかった場合にも役立ちます。 デザイン数 1,265種類 料金 写真仕上げ50枚 3,580円 税別 料金 印刷仕上げ100枚 5,180円 税込 送料 無料 納期 5営業日後発送 最終受付 2018年1月3日 人気No. 3-イメージングゲート【年賀ポストカード】 スマホから年賀状の印刷を注文したい方に一押しの年賀状印刷屋さんです。 イメージングゲートは基本料金が980円と他社に比べてお安めで、印刷単価も安いので少ない枚数を印刷される方に向いています。 年賀状印刷の注文は「写真タイプ」「印刷タイプ」の2つから選ぶシンプルな注文システムです。 パソコン PC が無くても注文できますので、誰でも手軽に利用できるところがポイントです! デザイン数 数100種類 料金 写真タイプ50枚 2,430円 税込 料金 写真タイプ100枚 3,880円 税込 送料 全国一律540円(税込) 納期 2~3営業日後発送 最終受付 12月27日 年賀状印刷2018年のまとめ 年賀状印刷は、毎年恒例の行事ですので「今年こそは年賀状の準備を早めにしなくちゃ!」と思っていても、師走はいろいろと忙しいのが現実です。 プリンターのインクは、たっぷり残っているはず、と思っていてもプリンターで印刷をしていないとなぜか使えなくなってしまいます。 面倒な作業はネット注文で時間短縮して、余った時間で年末年始をゆっくり楽しみたいですね! 年賀状印刷【番外編】 年賀状は基本的に毎年同じ人に送る習慣がありますので、印刷部数は大体決まっていますので余分にプリントする人は少ないと思います。 しかし、懐かしい方から年賀状が届いて慌てたことはありませんか? 年賀状を余分に印刷していなければ、返信する事ができなくて困ることもあります。 そんな時に役立つのがコンビニのプリントされた年賀状! 3~5枚の少ない枚数で販売されてますので、大した出費にはなりませんが自分の住所や名前を手書きで書くと如何にも間に合わせた感じが否めません。 少し手間はかかりますが、そんな時はコンビニで購入した年賀状にインクジェットプリンターの黒(ブラック)のみで自分の住所や名前を印刷(上書き)すると、間に合わせた感がなくなるのではないでしょうか。 そんな、小細工でも相手側には気持ちは伝わると思いますのでオススメです。

次の