マイル旅行券 大量に持ってる人。 マイル部

陸マイラーへの適性診断!マイルを貯めて旅行するのに向いている人とは?

マイル旅行券 大量に持ってる人

「陸マイラー」って言葉、聞いたことありますか? 最近お友達の家族が 急に海外旅行に行く回数が増えた。 しかも「マイルが貯まったから」とか言ってる。 仕事で良くフライトする人なのかな?と思われている方! お友達は「 陸マイラー」でうまくやってる(笑)可能性が高いです。 「陸マイラー」とは、一切空を飛ぶことなく、 陸上のポイント獲得活動(=ポイ活)で航空会社のマイルを貯めている人のことを言います。 私自身も陸マイラーですが、正直、空を飛ぶことによるマイル・・つまり フライトマイルは一切貯めていません。 自腹でフライトするお金もありませんし、出張族でもないので、飛行機の利用によるフライトマイルを貯める機会がないんです。 でもこれって、私だけではないですよね。 多くの方は、大量マイルを貯めるほど飛行機なんて乗らないでしょうし、乗れないと思います。 でも、ご安心ください。 一切空を飛ばなくても、マイルを貯めることはできます。 しかもお友達家族が羨ましがるくらい家族でガンガン海外旅行に行けるだけの、大量マイルが貯まります。 これ、2017年から2018年に掛け私が実際に利用したマイルです。 1年間でなんと驚愕の 100万マイルです。 使うってことは貯めたってことですから(笑)、これくらいのマイルは、本当に貯めることができます。 陸マイラーなら、 年間合計約50万マイル以上貯めることは 夢でもなんでもありません。 陸マイラーが実践しているANAマイルの「貯め方」とは? では、早速年間50万ANAマイルの貯め方を解説していきます。 まず、冒頭にも記載のとおり、私は 飛行機に搭乗してのマイルは一切貯めていません。 実際に飛行機に乗って大量マイルを貯めるのは、海外出張が多いビジネスマンでもない限り不可能 だと思います。 普通、航空会社のマイルって、航空機の利用で貯めるものって考えますよね。 でも、その先入観で考えていると、ANAマイルは全く貯めることができません。 「 大量マイルは飛行機に乗って貯めるものではない」んです。 まず、ここでこれまでの先入観を完全にリセットしてください。 大量ANAマイルを貯めるには、たった2つの方法しかない では、フライトマイルを貯めることは一切せずに、 陸の活動だけで大量のANAマイルを貯める方法って何なの?って思いますよね。 陸でマイルを貯める方法は、実は非常に単純明快です。 以下の2つの方法を実践するだけで良いんです。 これはもう マイルの貯め方を知っているか、知らないかだけの違いだといっても過言ではないと思います。 大量ANAマイルを貯める2つの方法• ポイントサイトで貯めたポイントを、ANAマイルに交換して貯める• クレジットカードの入会キャンペーンを利用して貯める これが、ANAマイルを貯める2つの方法です。 なんだそんなことなの?と思われましたか?でも、この2つの方法を愚直に、地道に毎日追求していけば、 だれでも絶対に大量ANAマイルを貯めることができるんです。 保有マイル欄をご覧ください。 40万マイルあります。 これくらいのマイルなら、本当に貯めることができるんです。 それが、 ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換して貯める方法です。 そして、これが 超重要です。 陸マイラーとしてマイルを獲得するメインとなる方法は、この、「 ポイントサイト の広告を利用してポイントを貯め」、「 貯めたポイントをANAマイルに交換する」サイクルを恒常的に継続することに尽きます。 このサイクルを継続できるかどうかに、陸マイラーとして大量マイルを貯められるかの半分以上が掛かっているといっても良いでしょう。 「ポイントサイトでポイントを貯める」とは? 例えば、こちらがポイントサイトに掲載されているクレジットカード発行案件です。 これはメジャーなポイントサイト「ハピタス」のライフカードの発行の広告ですね。 ライフカードは 年会費永久無料のカードです。 この年会費無料のカードをポイントサイト「ハピタス」経由で発行するだけで12,000円分のハピタスポイントがもらえるんです。 年会費無料のカード発行で12,000円分のポイントですよ?クレジットカードの発行者、つまりあなたの手出しのお金は一切ゼロ。 つまり 完全無料です。 とんでもないですよね。 こういう世界があるんです。 これがポイントサイトの世界です。 そして、この後詳しく説明しますが、 この12,000円分のポイントは 特定の交換ルートで超高倍率でANAマイルに交換することができるんです。 ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換する方法 ここまで、 ポイントサイトを利用すれば、実は簡単にポイントが貯まるという事実をご紹介しました。 ポイントサイトを活用すれば、1万円分くらいのポイントなら、例えばクレジットカードの発行やFX口座開設+利用など、たった1回のアクションで簡単に貯めることができます。 ただし、勘の良い方はもうお気づきと思いますが、ここまでの行動は「ポイントを貯めているだけ」です。 次に、この 貯めたポイントを、効率的にANAマイルに交換する方法を解説していきます。 この「効率的にANAマイルに交換する方法」、ここに 陸マイラーのメソッドが詰め込まれています。 とはいえそんなに難しいことではありませんので、しっかりとご理解ください。 せっかく貯めたこのポイントですが、実は普通にANAマイルに交換すると、 1ポイント(1円)=0. 5ANAマイル程度の価値にしか交換できません。 1円(1ポイント)=0. 5ANAマイル。 これがポイントサイトのポイントをANAマイルに交換する際の 基本的な相場だと思っていただければと思います。 ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換するために必須なのが「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOカード」 このように、ポイントサイトのポイントを普通にANAマイルに交換すると、1円分のポイントが0. 5ANAマイルにしか交換できません。 しかしながら、この 1円分のポイントを0. 75ANAマイルに交換できるクレジットカードがあります。 それが、 ANATOKYUカード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO)です。 ANATOKYUカードのポイントプログラム「TOKYU POINT」は、前述のとおり 1円=0. 75ANAマイルに交換することができます。 これ、他のTOKYUカードではダメです。 ANATOKYUカード限定のポイント交換レートですのでお気を付けください。 このように、普通に交換するより明らかに高い「1円=0. 75ANAマイル」という交換率を誇るこのANATOKYUカードが持つポイントプログラムの、ANAマイルへの 「ポイント交換機能」を利用することが、 ポイントサイトで大量のANAマイルを貯める最大のコツになります。 TOKYUルートの概要 そして、ここまでご紹介したANAマイルをザクザク貯めるために ANA陸マイラーが必須で覚えておく必要があるポイント交換ルート 「TOKYUルート」の概要がこちらです。 上の図を、左から目で追ってみてください。 各ポイントサイトで貯めたポイントを、ドットマネーを経由して東急ポイントに交換し、ANAマイルに交換するだけです。 この交換ルートで通常のマイルの交換率1円=0. 5ANAマイルを遥かに超える、 1円=0. 75ANAマイルに交換できます。 ポイントサイトのポイントを特定の交換ルートで交換すると一言でご紹介しましたが・・はじめは確かにとっつきにくいかもしれません。 しかしながら、何をはじめるのでも はじめはハードルが高いものです。 でも、足を一歩踏み出せば体で覚えられます。 私自身、説明だけ聞いても「よくわかんない・・」と思っていましたが、 実際にやって見たら実に簡単にできました。 要は、単なるポイント交換です。 ポイント交換をわらしべ長者的に繰り返すことで、ANAマイルに交換していけば良いんです。 特段難しいことはありません。 面倒臭がらずにまずはやって見てください。 すぐに仕組みが理解できると思います。 このTOKYUルートでポイント交換する方法や、必要となるクレジットカード、交換スケジュールなどの詳細は、以下の関連記事からご確認ください。 ポイントサイトの広告を利用して、大量ポイントを貯める• 貯めたポイントを、クレジットカードのマイル交換機能を利用してANAマイルに交換する これが、ポイントサイトを利用した ANAマイルの「貯め方」です。 意外に簡単ではないですか? ポイントサイトでの大量マイルの「貯め方」 上記のとおり、「大量マイルが貯まる」 ポイントサイトの破壊力の一端は、お分かりいただけたのではないかと思います。 この記事では、ここまで「ポイントサイトでポイントを貯める方法」について、かなり簡略化してご説明しましたが、実際にクレジットカード案件をはじめ、 ポイントサイトでポイントを大量に貯める具体的な方法は、下記関連記事に詳しく掲載しています。 おススメポイントサイト、おススメ案件から日常のポイント活動の行い方まで、 目から鱗の、 陸マイラーだけが知っているポイントの貯め方、ANAマイルの貯め方のメソッドの全てが詰め込まれています。 この記事をご覧いただければ、ポイントサイトでポイントを貯める方法は完全にご理解いただけると思います。 クレジットカードのショッピングではマイルが貯まらないという「誤解」をしている方も実は多いのですが、 それは大きな誤りです。 クレジットカードもうまく使うことで、年間10万マイル以上を貯めることができます。 冒頭にご紹介したとおり、私は年間20万マイル近いマイルを貯めています。 クレジットカードでマイルを貯める方法は、簡単に言ってしまうと 入会キャンペーンをうまく使うことです。 各クレジットカードは、 ほぼ常時「入会キャンペーン」を開催しています。 クレジットカードに入会して、「一定期間内」に「一定額」以上の利用をすると数万マイルもらえる、というキャンペーンです。 例えば、上記のようなキャンペーンですね。 例えば、上記はANAアメックスゴールドカードの入会キャンペーンで貯めたポイントですが、 これだけで138,422ANAマイルです。 アメリカンエキスプレスのポイントは、 1P=1ANAマイルに交換できますので、ポイントと同じ額のANAマイルに交換することができるんです。 他にもクレジットカードの入会キャンペーンをクリアしており、全部合わせて2017年度には、 1年間で18万マイル以上貯めることができました。 このように、クレジットカードの入会キャンペーンを攻略し、そのポイント獲得条件が満了するまでカードを使い終わったら、また次のカードを発行して入会キャンペーンを攻略する。 クレジットカードの還元率は、何も考えずに使っていると0. さらにマイルに移行すると移行率は大体1ポイント=0. 5ANAマイルなので、還元率は0. つまり、普通のカードをいくらショッピングで使っていても、 100万円決済しても、貯まるマイルは2,500ANAマイルにしかならないということです。 これでは、マイルは絶対に貯まりません。 マイルの有効期限は3年なので、特典航空券に交換できるだけのマイルを貯める前に、有効期限が来て失効してしまうでしょう。 このように、普通にカードを使っていたら100万円決済しても貯まるマイルは2,500マイルですが、私はこの方法で 300万円ほどの決済で約20万マイル貯めました。 クレジットカードの入会キャンペーンを徹底的に利用して大量ANAマイルを貯める方法は、上記関連記事で詳しくご紹介しています。 入会キャンペーンを利用しまくるだけなら簡単だろ・・と思われるかもしれませんが、これ、かなりの知識と経験が必要な職人技です。 クレジットカード決済でも大量マイルは絶対に貯まりますので、日常生活でも、マイルをしっかり貯めるようにしてください。 これが、実はボディーブローのように効いてきます。 もし、「 どのカードから発券すればいいかわからない!」って方がいらっしゃったら、まずは下記関連記事を参考に、アメックスゴールドカードを発券してみてください。 まさに「人生が変わる」体験ができると思いますよ。 大量ANAマイルを貯める方法• ポイントサイトの広告利用で年間40万マイル• クレジットカードの入会キャンペーンで10万マイル お分かりいただけましたでしょうか? この記事では、ANAマイルを貯める2つの方法をご紹介しました。 上記2つの方法が、 年間50万マイル貯めるための陸マイラーのメソッドになります。 この方法を 本気で地道に繰り返せば、確実に大量のANAマイルを貯めることができると思います。 ANAマイルの価値は1マイル=2円以上!自由な旅行と上級クラス旅行が満喫できる そしてこの大量に貯めたANAマイルは、 1マイル=2円以上の価値で使えます。 つまりこの50万ANAマイルは100万円・・・場合によってはそれ以上の価値で実際に使える、ということです。 例えば国内なら週末にふらっと国内どこでも自由に旅行できます。 沖縄でも函館でも、国内旅行は家族4人なら数万マイルですので、これは本当に「はした金」ならぬ「半端マイル」です。 どこでも気楽に旅に出ることができます。 そして海外旅行でも、これまで乗ったこともなかった 国際線ファースト/ビジネスクラスに いとも簡単に乗れますからね。 例えば国際線ファースクラスなら1マイルの価値は15円以上、ビジネスクラスなら8~9円以上にまで跳ね上がります。 「でも、ANAマイルって本当に、1マイル=2円以上で使えるの?」そんな疑問を持たれた方は、下記関連記事をご覧ください。 ANAマイルの価値について、そして1ANAマイル=2円以上で使う方法を解説しています。

次の

陸マイラーへの適性診断!マイルを貯めて旅行するのに向いている人とは?

マイル旅行券 大量に持ってる人

「もし宝くじが当たったら?」 という問いに、ほとんどの人の回答には「旅行」が入っているそうです。 旅行が嫌いな人ってあまりいませんよね。 特に旅行好きのあなたは、もっと行きたい!と願い、マイルを貯めようと思ったのでは? 私も同じです。 その人の話を聞いてワクワクが止まらず、何より心を奪われたのが、ビジネスクラスでの旅行。 私は、母親をビジネスクラスで海外旅行に連れて行ってあげたい!そう思ったのがマイルを貯めるきっかけでした。 そこから調べに調べて、マイルを貯めるには、 いかにクレジットカードが大きく影響するのかを知ることに。 でもネット上には、たくさんのカードが勧められており、一体どれが良いのか迷ってしまいますよね。 今回は、 リアルに私が使って必須のものを抜粋してみました。 マイルは貯め方さえ知れば、必ず貯まります。 そして、あなたを行きたかった旅に連れていってくれますよ。 それでは、マイルを貯めるカードを、 ANA・ JALあわせて5枚ご紹介していきます。 Contents• マイルを貯めるならANAもJALも貯まるカードを使おう! マイルは、飛行機に乗らなくても貯めることはできます。 このカード1枚で、ANAマイルもJALマイルも貯めることができる、ということ。 ただお得なカードには必ず大きなデメリットもあり、このSPGアメックスも例外ではありません。 ですが、そのデメリットを受けても、正直、このカード以上に楽しくマイルを貯められるカードは、今はないと思います。 楽しいクレジットカードって何?と思いますよね。 でも、旅が好きで、もっと旅行に行きたいと願い、マイルを本気で貯めたいあなたには、この最強カードを強くおすすめします。 別途マイレージプログラムに登録をしましょう! マイル口座を作る感じですね。 入会費も年会費も無料です。 また、その他に日本で利用しやすい、、 のマイレージプログラムもおすすめですよ。 入会キャンペーン 入会後3か月以内に10万円の利用で、30,000ポイントがもらえます。 と、 ここまでは誰でももらえるポイントですが、 あと6,000ポイント追加することができます。 「ご紹介プログラム」 これは、 SPGアメックスを持っている人から紹介があると、入会時に6,000ポイントが付くというもの。 これで合計39,000ポイントに! 39,000ポイント= 13,000マイル このままマイルで特典航空券(無料の航空券)に交換すると、ANAもJALも往復で「東京ー大阪」「大阪ー福岡」へ行けます。 または、60,000ポイントまで貯めて交換すれば、15,000ポイントの追加があるので、合計75,000ポイント。 マイルでいうと25,000マイル! これだけあれば、沖縄はもちろん、海外なら香港や台湾にだって行けちゃいますよ。 速やかにご対応させて頂きます。 なお、メールアドレスは、返信以外の用途には利用しないことをお約束いたします。 ANAマイルを貯めるならこの2枚が最強カード! ANAマイルだけを貯めるなら、必ず持っていて欲しいカードがこちら。 そして2枚目は、もっとハイスペックなカードで、効率よくANAマイルを貯めたいと思ったらこちら。 『 ANA VISA ワイドゴールドカード 』 三井住友系のこのカードは、ANAマイルを一番効率よく貯めるゴールドカードとして、陸マイラーにも愛用者がたくさんいます。 まずは、ソラチカカードで慣れて、その後、2枚目のANAカードとしておすすめです。 そこで、ポイントサイト(お小遣いサイト)で貯めたポイントを、ANAマイルへ移行させて貯める裏ワザがあります。 ソラチカカードは『ANA To Me CARD PASMO JCB』 です。 速やかにご対応させて頂きます。 なお、メールアドレスは、返信以外の用途には利用しないことをお約束いたします。 というのは、ソラチカカードは、ポイントサイトからマイルへ移行するのに絶対に必要。 でもカード単体でみると、どういてもマイルを貯めるにはスペックが足りないのです。 そこで、ソラチカカードは保持しながら、 実 際に日常で利用するのは、このパワーのある「ANA VISA ワイドゴールドカード」にすれば、マイルの貯まる率が一気にあがることに。 このカードの特徴や年会費を大幅に減額する方法などのコツは、こちらをご参照ください。 そのため、いかに日常で効果的にマイルを貯めるかが、重要となるんですね。 その方法が 「ショッピングマイル・プレミアム」に登録してマイルを2倍にすること。 とは・・・カード年会費に3,240円(税込)をプラスして入会すると、カード払いのショッピングマイルが2倍に! 通常 200円=1マイル(還元率0. まとめ いかがでしたでしょうか。 陸マイラーさんの中には、数枚を使い分けている方もおりますが、不慣れな時に何枚もクレジットカードを発行するのも、利用するのも大変ですよね。 私がおすすめするマイルの貯め方は、 カードはできるだけ少ない枚数でシンプルに貯めること。 その上で、もっと効率良くマイルを貯めたいと思ったら、少しずつハイクラスのカードを考えてみるのも有りだと思いますよ。

次の

マイル部

マイル旅行券 大量に持ってる人

このサイトを読めばたった一年でファーストクラスが現実に・・・ハワイ行き航空券も無料で・・・ホントです。 マイルと言えば、飛行機に何回も乗る出張族の人や、会社の決済が多い人だけが得する制度かなと。 ANAとかって運賃が高いイメージでLCC派だったし、関係ないと・・・。 そんな僕がマイルに興味を持ち始めたのは、屋久島空港のレンタカー送迎で一緒になった美女に出会ってから。 一体どないなっとんねん。 話によると、 ポイントなら 1ポイントで1円相当の価値だけど、マイルなら 1マイルで2〜15円相当にもなるということを教えてもらえった。 つまり同じ1ポイント・1マイルの場合、マイルの方が価値が高いのだ。 そして、クレジットカード決済や飛行機に乗って貯めるやり方しかないと思っているのは古い考えらしい(笑) 概要を聞くうちに「おお!それなら誰でもできそうやん!」と興奮し、SNSを交換し、後日詳しく教えてもらうことに。 僕にとっては、美女と会えるし、自分で実践してマイル貯めれそうやし、みんなに情報をシェアできるし、一石三鳥!ぐへへ・・・それでは、マイル女王に登場してもらいましょう。 いいですね!ファーストクラスでどこに行きましょう?世界一周とかもできますよ。 ここでどれくらいのマイルを貯めれば憧れの旅ができるか、必要マイル数を教えてもらった。 例えば、ANAの場合• 国内旅行・・・10,000マイル〜• ソウル・・・10,000マイル〜(エコノミー)・25,000マイル〜(ビジネス)• ハワイ・・・35,000マイル〜(エコノミー)・60,000マイル〜(ビジネス)• 北米・・・40,000マイル〜(エコノミー)・150,000マイル〜(ファーストクラス)• 欧州・・・45,000マイル〜(エコノミー)・165,000マイル〜(ファーストクラス)• ドットマネーは無料で登録できる中継サイト。 ANA東急カードがあれば貯めたポイントを81%のレートでANAマイルに交換できる 先生の説明分かりました?つまり、、、 手順1:ポイントサイト(ハピタス・モッピー等)を活用してポイントを貯める。 手順2:貯めたポイントを中継サイトのドットマネー、ANA東急カード(TOKYUポイント)経由で交換する。 このポイントサイトとANA東急カードの2つがないと始まらないようなので、最初にポイントサイトに登録し、ANA東急カードも申し込みしたほうが良さそうね。 クレジットカードって申し込みから発行まで数日かかるし。 ところで、数あるポイントサイトの中で、なんでハピタスやモッピーがオススメなのでしょう? そうやった!20年かけて2,000万円を決済するより簡単や! ここで必要なものを一気に揃えよう 先生推薦の5つのポイントサイトに会員登録をしよう(登録・年会費無料)。 詳しくは各ポイントサイトにてご確認を。 ) どのポイントサイトも ポイントが超貯まります! ・・・単価が高い案件多数。 友達が利用したときの紹介ポイントが最強。 超オススメ! ・・・最高峰のキャッシュバック率。 友達紹介時のボーナスポイントが最強。 超オススメ! ・・・陸マイラーに一番人気のポイントサイト。 超オススメ! ・・・クレジットカード案件がトップクラス。 入会ボーナス225マイル相当 ・・・プリンスホテルの宿泊券にも交換できて人気!にて ホテル好きにオススメ! ・・・ LINEポイントに直接交換できるポイントサイト。 モニター制度・覆面アンケートが豊富で貯めやすい。 ソラチカルートにオススメ! ちなみに上記のポイントサイトサイトで貯めたポイントは、下記の「ドットマネー」と「TOKYUポイント(ANA東急カード)」を経由することで、最もお得なレートで交換できます。 中継用のサイトも登録しておこう。 ・・・amebaが運営するポイント交換サイト ANA東急カードを作ったら、ログインしよう。 ・・・ANA東急カードが届いたら、ログインしてみよう。 あ、そうだ。 ANA東急カードについても簡単に教えてくださーい。 ANA POINT ClubQ PASMO マスター• 決済時のマイル還元率は0. 入会時・継続時に1,000マイルもらえる• 東急系列店で使うと3-10%のTOKYUポイントボーナス• ポイントサイトで貯めたポイントを高レートでANAマイルへ交換できる• 年会費はマイ・ペイすリボに設定して年に1回以上利用することで、年会費は751円(税別)に。 早速、マイル貯めるぜ! 了解!一番簡単なのは、クレジットカード案件だね。 ハピタスにログインしてみて。 ポイントサイトは誰でも直感的に使えるようになっています。 だけど、「こういうのを操作するのは苦手!」って人のために基本的なサイトの使い方を下記で説明しています。 試しにクレジットカードで検索して、ポイントがもらえる順に並び替えてみる。 手順は下記の通り。 あ!最後に。 陸マイラーがどんどん増えてくると、マイルの条件が改悪になる可能性があるから、 早めの参入がお勧めだよ。 とのことです。 まだポイントからマイルへ交換はしてないけど。 カード決済が月に5万円以上あって、お金に多少の余裕がある人なら、誰でもできるはず。 追記2:リッツやシェラトンの上級会員資格を初月でゲット シェラトンやウェスティン、マリオットやリッツ・カールトンの上級会員資格を取得しました。 まぁクレジットカードを作っただけなんやけど。 レイトチェックアウトに、クラブブラウンジ、客室アップグレードというおもてなしを受けることができました。

次の