大相撲 動画 youtube。 YouTube動画を安全にダウンロードする方法&注意点2020年版 [インターネットサービス] All About

YouTube動画を安全にダウンロードする方法&注意点2020年版 [インターネットサービス] All About

大相撲 動画 youtube

新時代到来の大相撲。 若手力士の台頭にベテラン横綱が立ちはだかるか? 一戦必勝の勝ち抜き戦 番組内容 年に一度、賞金総額1132万円をかけた一戦必勝勝ち抜きトーナメント戦。 初場所、歴史的な幕尻優勝を飾った徳勝龍、そして今年の飛躍が期待される大関貴景勝、朝乃山、正代ら若手力士の活躍は! 復活なるか? 横綱白鵬が立ちはだかる! トーナメントならではの夢の同部屋対決、白鵬対炎鵬の師弟対決の可能性も? 初場所惜しまれつつ引退した元大関豪栄道が解説デビュー! 日本大相撲トーナメント第四十四回大会 出演者 解説 荒磯親方 元横綱稀勢の里 ゲスト解説 武隈親方 元大関豪栄道 実況 鈴木芳彦 フジテレビアナウンサー 花道リポート 今湊敬樹 フジテレビアナウンサー 日本大相撲トーナメント第四十四回大会 注目ポイント 毎回大相撲トーナメントを楽しみにみてますけども、今回の一番の注目を言えば先日幕尻優勝を飾った徳勝龍です。 徳勝龍がこのトーナメントを制すればいよいよ将来の大関や横綱への昇進の期待がもっともっと高まるはずです。 まあ普段の場所に比べたら大相撲トーナメントの場合は立ち合いの当たりが皆さん弱いの本場所よりやや手を抜いてるように感じますけどもそれでも大きな賞金もかかってるので皆さん一生懸命なのは伝わってきます。 大相撲トーナメントの面白い点を言えばトーナメントですので同じ部屋同士の対決も見れる点です。 同部屋対決は本場所だと優勝決定戦以外では見れませんので、普段見れない同部屋対決を見たい人にとっても楽しめる部分なのです。 あと、引退したばかりの豪栄道がこのトーナメントで解説者デビューをするそうです。 彼がどんな喋りを見せてくれるのかも大変注目しておりますし、私と同じように彼の解説デビューを楽しみになさってる方って多いと思います。 貴景勝あたりもこのトーナメントをきっかけない復調してほしいなって思ってます。 今年は横綱取りも期待されてますし優勝に絡んでほしい1人です。 大相撲トーナメントは負けたら終わりなところも好きな部分です。 日本大相撲トーナメント第四十四回大会 動画見逃し配信楽しみな点 一回戦から決勝までを一月場所の番付による幕内力士が第四十四回大会優勝力士の栄誉をかけて対戦するのが楽しみです。 普通の場所とは違い、優勝するためには、何度も土俵に上がらなければならない、負けの許されない、一戦必勝のトーナメントになっているので迫力がかんじられそうです。 いつもは、同じ部屋同士の戦いは見る事が出来ませんが、このトーナメントでは勝ち上がっていけば同じ部屋同士の戦いも見る事が出来る可能性もあり普段見る事の出来ない組み合わせの戦いを目に出来る可能性があります。 十両トーナメント戦は、3ブロックからそれぞれ勝ち上がった3力士による巴戦になっているのも、見る人からすれば楽しめる点です。 現役の力士の戦いは当然楽しみにしていますが、このトーナメントではOB戦もありかつて応援していた力士の雄姿を見られるのも嬉しい点です。 初切と呼ばれる相撲の多くの技を面白おかしく実演するコーナーもあり普段見る事が出来ないお相撲さんの姿を見れるのが楽しみです。 相撲好きの人には、いつもと違う相撲を見る事が出来ますし普段見ていない人にとっては相撲ってこんなに面白かったのかと感じさせてくれる面白さがありきっとファンになってしまうはずです。 日本大相撲トーナメント第四十四回大会 視聴者感想 大相撲トーナメントは普段の勝敗数で競う相撲場所と違って、トーナメント形式の一発勝負で、また違った緊張感の中、力士の真剣勝負を見れるので、すごく楽しみです。 今回の注目は、初場所で幕尻からの優勝をした徳勝龍関です。 徳勝龍関の初場所の優勝インタビューはすごく印象的で、面白い人だと思いましたが、今回は注目される中、どのような取り組みを見せてくれるのか楽しみですし、彼のインタビューでの発言も見逃せないです。 同じ関西人として応援しているので、このトーナメントでも是非優勝して欲しいです。 そしてもう一人私が応援しているのは貴景勝関です。 今日本人の力士としては実力はナンバーワンと言っても良い存在で、今後の相撲界を引っ張って欲しい力士ですが、前に突き進む相撲の姿もカッコよくて、いつも応援しています。 優勝候補だと思いますので、持ち前の勢いのある相撲で、ライバルや横綱を倒して優勝する姿も見てみたいです。 他にも人気の炎鵬関の相撲も見どころです。 彼の小さい体で大柄の力士を倒す相撲は見ていて爽快なので、今回のトーナメントでも活躍を期待したいです。 大相撲トーナメントはNHKではなく民放での放送なので、アナウンサーや解説者の実況も雰囲気が違って面白いです。 家族で楽しく見たいと思います。 まとめ 年に6場所ある大相撲。 しかしそれ以外にも花相撲と呼ばれる巡業やファンイベントなどはけっこう存在しており、この日本大相撲トーナメントはその中でも特に大規模な大会です。 トーナメントという名前通り一発勝負で力士が勝ち進んでいくので、その日の仕上がりによっては番付の低い力士がどんどんと勝ち上がっていくのが楽しく、毎回けっこう力を入れて応援しますね。 正直、ここ10年くらいはモンゴル勢の無双っぷりが凄まじいと感心する反面、日本人力士の存在感の低さが顕著だった相撲界ですが、しかし皆さんご存じのように近年は若手の日本人ホープがどんどんと頭角をあらわしてきています。 具体的には大関取りが現実味を帯びてきた朝乃山、少し停滞していた印象もあったにもかかわらずまた鋭い勝負を見せるようになってきた遠藤、舞の海の再来のような炎鵬、そしてもちろん幕尻優勝した徳勝龍も。 彼らが一発勝負でどのような相撲を見せてくれるのか楽しみでたまりません! 実際に当日国技館に向かえば、人気力士たちと撮影できるチャンスもありますし、また美味しくて評判の各部屋の特製ちゃんこ鍋も味わえるそう。 きっと老若男女問わず楽しいひと時を過ごすことができると思います! 44回目を迎えるトーナメントです。 一発勝負で1日で終了する大会なので、誰が優勝するのか全く分かりません。 過去の大会を見ても白鵬が優勝4回している以外は、横一線です。 ここ5年間を見ても、優勝者は、高安、栃ノ心、稀勢の里、白鵬、日馬富士という顔ぶれで、2006年から08年まで3連覇した朝青龍以来連覇もありません。 そのため本場所とは違って番狂わせが頻繁に起きます。 現在の番付では両横綱が34歳で明らかにピークが過ぎて下り坂となり世代交代が起こりつつあります。 大関豪栄道が引退し、来場所は1大関となったため、熾烈な競争が起こりそうです。 初場所を見てもノーマークだった徳勝龍が優勝し、正代が2敗でした。 そのほかにも朝乃山、御嶽海、北勝富士、遠藤といった学生時代のタイトルホルダーが上位進出を狙っています。 気づいてみれば両横綱以外は日本人力士が多数を占める時代となりました。 今大会でもその傾向は非常に強いと言えるでしょう。 御嶽海VS朝乃山、北勝富士VS貴景勝で勝った方が遠藤、正代VS栃ノ心、白鵬VS炎鵬といったカードが序盤からありそうなトーナメントとなりました。 予想できない処に本場所とは違った魅力があります。 また引退直後の豪栄道が解説デビューということで見どころ満載です。

次の

YouTube動画を安全にダウンロードする方法&注意点2020年版 [インターネットサービス] All About

大相撲 動画 youtube

新時代到来の大相撲。 若手力士の台頭にベテラン横綱が立ちはだかるか? 一戦必勝の勝ち抜き戦 番組内容 年に一度、賞金総額1132万円をかけた一戦必勝勝ち抜きトーナメント戦。 初場所、歴史的な幕尻優勝を飾った徳勝龍、そして今年の飛躍が期待される大関貴景勝、朝乃山、正代ら若手力士の活躍は! 復活なるか? 横綱白鵬が立ちはだかる! トーナメントならではの夢の同部屋対決、白鵬対炎鵬の師弟対決の可能性も? 初場所惜しまれつつ引退した元大関豪栄道が解説デビュー! 日本大相撲トーナメント第四十四回大会 出演者 解説 荒磯親方 元横綱稀勢の里 ゲスト解説 武隈親方 元大関豪栄道 実況 鈴木芳彦 フジテレビアナウンサー 花道リポート 今湊敬樹 フジテレビアナウンサー 日本大相撲トーナメント第四十四回大会 注目ポイント 毎回大相撲トーナメントを楽しみにみてますけども、今回の一番の注目を言えば先日幕尻優勝を飾った徳勝龍です。 徳勝龍がこのトーナメントを制すればいよいよ将来の大関や横綱への昇進の期待がもっともっと高まるはずです。 まあ普段の場所に比べたら大相撲トーナメントの場合は立ち合いの当たりが皆さん弱いの本場所よりやや手を抜いてるように感じますけどもそれでも大きな賞金もかかってるので皆さん一生懸命なのは伝わってきます。 大相撲トーナメントの面白い点を言えばトーナメントですので同じ部屋同士の対決も見れる点です。 同部屋対決は本場所だと優勝決定戦以外では見れませんので、普段見れない同部屋対決を見たい人にとっても楽しめる部分なのです。 あと、引退したばかりの豪栄道がこのトーナメントで解説者デビューをするそうです。 彼がどんな喋りを見せてくれるのかも大変注目しておりますし、私と同じように彼の解説デビューを楽しみになさってる方って多いと思います。 貴景勝あたりもこのトーナメントをきっかけない復調してほしいなって思ってます。 今年は横綱取りも期待されてますし優勝に絡んでほしい1人です。 大相撲トーナメントは負けたら終わりなところも好きな部分です。 日本大相撲トーナメント第四十四回大会 動画見逃し配信楽しみな点 一回戦から決勝までを一月場所の番付による幕内力士が第四十四回大会優勝力士の栄誉をかけて対戦するのが楽しみです。 普通の場所とは違い、優勝するためには、何度も土俵に上がらなければならない、負けの許されない、一戦必勝のトーナメントになっているので迫力がかんじられそうです。 いつもは、同じ部屋同士の戦いは見る事が出来ませんが、このトーナメントでは勝ち上がっていけば同じ部屋同士の戦いも見る事が出来る可能性もあり普段見る事の出来ない組み合わせの戦いを目に出来る可能性があります。 十両トーナメント戦は、3ブロックからそれぞれ勝ち上がった3力士による巴戦になっているのも、見る人からすれば楽しめる点です。 現役の力士の戦いは当然楽しみにしていますが、このトーナメントではOB戦もありかつて応援していた力士の雄姿を見られるのも嬉しい点です。 初切と呼ばれる相撲の多くの技を面白おかしく実演するコーナーもあり普段見る事が出来ないお相撲さんの姿を見れるのが楽しみです。 相撲好きの人には、いつもと違う相撲を見る事が出来ますし普段見ていない人にとっては相撲ってこんなに面白かったのかと感じさせてくれる面白さがありきっとファンになってしまうはずです。 日本大相撲トーナメント第四十四回大会 視聴者感想 大相撲トーナメントは普段の勝敗数で競う相撲場所と違って、トーナメント形式の一発勝負で、また違った緊張感の中、力士の真剣勝負を見れるので、すごく楽しみです。 今回の注目は、初場所で幕尻からの優勝をした徳勝龍関です。 徳勝龍関の初場所の優勝インタビューはすごく印象的で、面白い人だと思いましたが、今回は注目される中、どのような取り組みを見せてくれるのか楽しみですし、彼のインタビューでの発言も見逃せないです。 同じ関西人として応援しているので、このトーナメントでも是非優勝して欲しいです。 そしてもう一人私が応援しているのは貴景勝関です。 今日本人の力士としては実力はナンバーワンと言っても良い存在で、今後の相撲界を引っ張って欲しい力士ですが、前に突き進む相撲の姿もカッコよくて、いつも応援しています。 優勝候補だと思いますので、持ち前の勢いのある相撲で、ライバルや横綱を倒して優勝する姿も見てみたいです。 他にも人気の炎鵬関の相撲も見どころです。 彼の小さい体で大柄の力士を倒す相撲は見ていて爽快なので、今回のトーナメントでも活躍を期待したいです。 大相撲トーナメントはNHKではなく民放での放送なので、アナウンサーや解説者の実況も雰囲気が違って面白いです。 家族で楽しく見たいと思います。 まとめ 年に6場所ある大相撲。 しかしそれ以外にも花相撲と呼ばれる巡業やファンイベントなどはけっこう存在しており、この日本大相撲トーナメントはその中でも特に大規模な大会です。 トーナメントという名前通り一発勝負で力士が勝ち進んでいくので、その日の仕上がりによっては番付の低い力士がどんどんと勝ち上がっていくのが楽しく、毎回けっこう力を入れて応援しますね。 正直、ここ10年くらいはモンゴル勢の無双っぷりが凄まじいと感心する反面、日本人力士の存在感の低さが顕著だった相撲界ですが、しかし皆さんご存じのように近年は若手の日本人ホープがどんどんと頭角をあらわしてきています。 具体的には大関取りが現実味を帯びてきた朝乃山、少し停滞していた印象もあったにもかかわらずまた鋭い勝負を見せるようになってきた遠藤、舞の海の再来のような炎鵬、そしてもちろん幕尻優勝した徳勝龍も。 彼らが一発勝負でどのような相撲を見せてくれるのか楽しみでたまりません! 実際に当日国技館に向かえば、人気力士たちと撮影できるチャンスもありますし、また美味しくて評判の各部屋の特製ちゃんこ鍋も味わえるそう。 きっと老若男女問わず楽しいひと時を過ごすことができると思います! 44回目を迎えるトーナメントです。 一発勝負で1日で終了する大会なので、誰が優勝するのか全く分かりません。 過去の大会を見ても白鵬が優勝4回している以外は、横一線です。 ここ5年間を見ても、優勝者は、高安、栃ノ心、稀勢の里、白鵬、日馬富士という顔ぶれで、2006年から08年まで3連覇した朝青龍以来連覇もありません。 そのため本場所とは違って番狂わせが頻繁に起きます。 現在の番付では両横綱が34歳で明らかにピークが過ぎて下り坂となり世代交代が起こりつつあります。 大関豪栄道が引退し、来場所は1大関となったため、熾烈な競争が起こりそうです。 初場所を見てもノーマークだった徳勝龍が優勝し、正代が2敗でした。 そのほかにも朝乃山、御嶽海、北勝富士、遠藤といった学生時代のタイトルホルダーが上位進出を狙っています。 気づいてみれば両横綱以外は日本人力士が多数を占める時代となりました。 今大会でもその傾向は非常に強いと言えるでしょう。 御嶽海VS朝乃山、北勝富士VS貴景勝で勝った方が遠藤、正代VS栃ノ心、白鵬VS炎鵬といったカードが序盤からありそうなトーナメントとなりました。 予想できない処に本場所とは違った魅力があります。 また引退直後の豪栄道が解説デビューということで見どころ満載です。

次の

情熱大陸 大相撲 貴乃花部屋【動画】(2012.4.22) 情熱大陸

大相撲 動画 youtube

1990年代前半、世の中は若貴フィーバーと共に「 大相撲ブーム」を迎えていた。 その中心にいたのは、若花田と貴花田(後の若乃花と貴乃花)の若貴兄弟であったが、千代の富士・小錦・曙・武蔵丸・寺尾……などなど、個性的な関取が多い時代でもあった。 中でも小柄ながら東小結まで上り詰めた『 舞の海』は、「平成の牛若丸」「技のデパート」と称され、大相撲ブームの一翼を担っていた1人である。 そんな舞の海の華麗な取り組みだけを集めた動画が、YouTube上で公開されているのでご紹介したい。 動画のタイトルは『』という。 ・YouTubeユーザー「tabli tennisy」氏が作成 まずは動画の作者をご紹介しておこう。 YouTubeユーザー「tabli tennisy」氏である。 同氏は大相撲の他に、プロ野球・テニス・卓球・バトミントンなどの動画も公開しており、生粋のスポーツ好きだと推測される。 中でも卓球関連の動画が多く、底知れないピンポン愛を感じさせる。 ・平成の牛若丸 それはさておき、当時の大相撲は小錦・曙・武蔵丸の外国人勢はもちろんのこと、比較的大柄な力士が目立つ時代であった。 現役時代、身長 170センチ・体重は 97キロしかなかった舞の海はかなりの小兵力士であり、生涯成績も385勝418敗27休と負け越している。 それでもファンは舞の海に熱い視線を送り続けた。 大柄な力士相手に華麗な技で立ち向かう姿は「 平成の牛若丸」と称され、自分より2倍も3倍も大きな相手に土をつける様子は、まさに「 柔よく剛を制す」を体現していた。 ・技と熱いハートを併せ持つ名力士 中でも1991年11月場所の 曙戦は、本人の思い出に残る一番としても語られる名勝負である。 身長204センチ・体重198キロの曙を相手に舞の海はどう戦ったのか? 後に「 牛若丸vs弁慶」とも言われたこの取り組み……気になる内容は動画を確認してほしい。 入門テストに身長が足りず、頭にシリコンを注入して合格したエピソードはあまりにも有名である。 技能だけがフューチャーされがちな舞の海であるが、並々ならぬ情熱を持った 熱い力士でもあった。 記録より記憶に残る『舞の海』の、華麗なる取り組みの数々をご覧いただきたい。 参照元: 執筆: イラスト:.

次の