扁桃 炎 英語。 大人の扁桃腺炎。その症状は?喉が痛い!高熱が出る!何日休む?良くなるまでとにかく休もう。

濾泡性扁桃體炎英文,濾泡性扁桃體炎的英語翻譯,濾泡性扁桃體炎英文怎麽說,英文解釋例句和用法

扁桃 炎 英語

もっと見る 扁桃炎にかかると、発熱のほかにも喉・関節の痛みや寒気などの症状が出ます。 風邪の症状と似ていますが原因は異なるため、風邪のときと同じ対処法では改善しない場合もあります。 この記事では扁桃炎による発熱の特徴や、なかなか熱が下がらないときの対処法を紹介します。 扁桃炎の症状と熱が続く期間について 扁桃炎とは、扁桃腺が炎症を起こすことで様々な不調が生じる状態です。 発症~治るまで。 熱はいつまで続く? 倦怠感・寒気・頭痛・関節痛など、 風邪と似たような症状がみられます。 急な発熱、扁桃腺の腫れや喉の痛みなども特徴的な症状です。 初期 初期の段階では熱はさほど高くありませんが、喉が腫れてイガイガしたり飲食がしにくくなったりします。 急性期 この時期になると38〜40度ほどの高熱が出て、 飲食が困難なほど喉に強い痛みが生じます。 慢性期 扁桃炎が慢性化すると熱は37度程度まで下がりますが、扁桃炎を繰り返しやすい状態となります。 慢性化した扁桃炎が再発すると、初期以上の倦怠感・喉の違和感・痛みが生じるとされています。 熱が続く期間 扁桃炎による 熱や痛み、腫れなどは約1週間程度で治癒すると言われています。 扁桃炎をくり返すと、慢性化することも 急性の扁桃炎を繰り返すことによって、慢性扁桃炎になる可能性もあります。 慢性扁桃炎になると扁桃腺そのものに症状は出ず、 皮膚・関節・腎臓などに表れることが多くなります。 これによって、関節リウマチや肋骨の変異などが生じるリスクも出てきます。 手術になる可能性も 扁桃炎は 風邪と違って市販の風邪薬や解熱剤で治すのは難しいので、原因菌に対応した抗生物質などを使用する必要があります。 そのため放置して慢性扁桃炎まで進行してしまうと、扁桃腺の摘出手術も視野に入れなくてはいけない可能性が出てきます。 扁桃炎の熱の治療について 1. 何科を受診すれば良い? 扁桃炎の疑いがある場合には、内科か耳鼻科を受診します。 風邪と判別がつかないとき:内科• 扁桃炎の可能性が高いとき:耳鼻科 扁桃炎自体は内科よりも耳鼻科が得意とする分野なので、あきらかに喉の痛みがひどく、「ただの風邪ではない」と思うのであれば耳鼻科の受診をおすすめします。 扁桃炎を耳鼻いんこう科で相談 扁桃炎の可能性が高いときに相談できるクリニック・病院をお探しの方は、こちらの情報をご覧ください。 治療方法 内科での治療 内科では抗生物質の投与などで、症状を抑える処置を行います。 耳鼻科での治療 耳鼻科では抗生物質の投与以外に、ファイバースコープといった機器を使用して喉の奥の状態を診察します。 慢性扁桃炎は扁桃腺の摘出手術が適用となることもあり、その場合は全身麻酔によって行うため2週間ほどの入院が必要になります。 熱があるときの対処法と注意点 1. 熱が下がるまでの過ごし方 とにかく安静に! 薬の服用によって少し良くなっても、無理をすれば症状を悪化させてしまう恐れがあります。 熱が出ている間は、安静にすることを心がけましょう。 入浴はシャワーで 38度以上の高熱があるときは、湯船に浸かるのは避けましょう。 高熱のときにさらに体を温めると体力を消耗するので、体調があまりよくないときの入浴はシャワーで済ませるのが無難です。 こまめに水分補給を 急性の扁桃炎では高熱のほか、喉の腫れにより食事や飲水が苦痛になる場合もあります。 しかし飲まず食わず状態では脱水症状を引き起こす可能性があるため、できる限りこまめな水分補給を心がけましょう。 経口補水液やスポーツドリンクなどは、効率よく水分補給できるためおすすめです。 口にしやすいものを食べる 食欲がないときはアイスクリームやゼリーなど、飲み込みやすいものを口にしましょう。 喉の痛みが少なく飲食に困難をきたさない状態であれば、しっかりと栄養のあるものを食べることが大切です。 特にビタミンCは免疫力アップの効果があるので、果物や野菜などから摂取できるのがベストです。 なかなか熱が下がらない場合の対処法 扁桃炎を引き起こした病原体によっては、なかなか熱が下がらないこともあります。 例えば細菌性の場合は抗生物質の服用後おおよそ2日以内に熱が下がるとされていますが、ウイルス性の場合は1週間ほど続く場合もあります。 ウイルス性の場合抗生物質は意味を成さないので、ウイルスの寿命によって熱が下がる期間が決まります。 そのため病院で適切な処置を受けた後は、既述の通り自身で安静にしてしっかり栄養補給をすることが重要です。 まとめ 扁桃炎は、風邪と似て非なるものです。 慢性化してしまうと再発しやすくなり、進行すると扁桃腺の切除が必要になる可能性も出てきます。 喉の腫れや痛み、発熱などの症状が出たら早めに病院を受診しましょう。

次の

扁桃腺の腫れちゃってって英語でなんて言うの?

扁桃 炎 英語

もっと見る 扁桃炎にかかると、発熱のほかにも喉・関節の痛みや寒気などの症状が出ます。 風邪の症状と似ていますが原因は異なるため、風邪のときと同じ対処法では改善しない場合もあります。 この記事では扁桃炎による発熱の特徴や、なかなか熱が下がらないときの対処法を紹介します。 扁桃炎の症状と熱が続く期間について 扁桃炎とは、扁桃腺が炎症を起こすことで様々な不調が生じる状態です。 発症~治るまで。 熱はいつまで続く? 倦怠感・寒気・頭痛・関節痛など、 風邪と似たような症状がみられます。 急な発熱、扁桃腺の腫れや喉の痛みなども特徴的な症状です。 初期 初期の段階では熱はさほど高くありませんが、喉が腫れてイガイガしたり飲食がしにくくなったりします。 急性期 この時期になると38〜40度ほどの高熱が出て、 飲食が困難なほど喉に強い痛みが生じます。 慢性期 扁桃炎が慢性化すると熱は37度程度まで下がりますが、扁桃炎を繰り返しやすい状態となります。 慢性化した扁桃炎が再発すると、初期以上の倦怠感・喉の違和感・痛みが生じるとされています。 熱が続く期間 扁桃炎による 熱や痛み、腫れなどは約1週間程度で治癒すると言われています。 扁桃炎をくり返すと、慢性化することも 急性の扁桃炎を繰り返すことによって、慢性扁桃炎になる可能性もあります。 慢性扁桃炎になると扁桃腺そのものに症状は出ず、 皮膚・関節・腎臓などに表れることが多くなります。 これによって、関節リウマチや肋骨の変異などが生じるリスクも出てきます。 手術になる可能性も 扁桃炎は 風邪と違って市販の風邪薬や解熱剤で治すのは難しいので、原因菌に対応した抗生物質などを使用する必要があります。 そのため放置して慢性扁桃炎まで進行してしまうと、扁桃腺の摘出手術も視野に入れなくてはいけない可能性が出てきます。 扁桃炎の熱の治療について 1. 何科を受診すれば良い? 扁桃炎の疑いがある場合には、内科か耳鼻科を受診します。 風邪と判別がつかないとき:内科• 扁桃炎の可能性が高いとき:耳鼻科 扁桃炎自体は内科よりも耳鼻科が得意とする分野なので、あきらかに喉の痛みがひどく、「ただの風邪ではない」と思うのであれば耳鼻科の受診をおすすめします。 扁桃炎を耳鼻いんこう科で相談 扁桃炎の可能性が高いときに相談できるクリニック・病院をお探しの方は、こちらの情報をご覧ください。 治療方法 内科での治療 内科では抗生物質の投与などで、症状を抑える処置を行います。 耳鼻科での治療 耳鼻科では抗生物質の投与以外に、ファイバースコープといった機器を使用して喉の奥の状態を診察します。 慢性扁桃炎は扁桃腺の摘出手術が適用となることもあり、その場合は全身麻酔によって行うため2週間ほどの入院が必要になります。 熱があるときの対処法と注意点 1. 熱が下がるまでの過ごし方 とにかく安静に! 薬の服用によって少し良くなっても、無理をすれば症状を悪化させてしまう恐れがあります。 熱が出ている間は、安静にすることを心がけましょう。 入浴はシャワーで 38度以上の高熱があるときは、湯船に浸かるのは避けましょう。 高熱のときにさらに体を温めると体力を消耗するので、体調があまりよくないときの入浴はシャワーで済ませるのが無難です。 こまめに水分補給を 急性の扁桃炎では高熱のほか、喉の腫れにより食事や飲水が苦痛になる場合もあります。 しかし飲まず食わず状態では脱水症状を引き起こす可能性があるため、できる限りこまめな水分補給を心がけましょう。 経口補水液やスポーツドリンクなどは、効率よく水分補給できるためおすすめです。 口にしやすいものを食べる 食欲がないときはアイスクリームやゼリーなど、飲み込みやすいものを口にしましょう。 喉の痛みが少なく飲食に困難をきたさない状態であれば、しっかりと栄養のあるものを食べることが大切です。 特にビタミンCは免疫力アップの効果があるので、果物や野菜などから摂取できるのがベストです。 なかなか熱が下がらない場合の対処法 扁桃炎を引き起こした病原体によっては、なかなか熱が下がらないこともあります。 例えば細菌性の場合は抗生物質の服用後おおよそ2日以内に熱が下がるとされていますが、ウイルス性の場合は1週間ほど続く場合もあります。 ウイルス性の場合抗生物質は意味を成さないので、ウイルスの寿命によって熱が下がる期間が決まります。 そのため病院で適切な処置を受けた後は、既述の通り自身で安静にしてしっかり栄養補給をすることが重要です。 まとめ 扁桃炎は、風邪と似て非なるものです。 慢性化してしまうと再発しやすくなり、進行すると扁桃腺の切除が必要になる可能性も出てきます。 喉の腫れや痛み、発熱などの症状が出たら早めに病院を受診しましょう。

次の

扁桃腺の腫れちゃってって英語でなんて言うの?

扁桃 炎 英語

[] 扁桃體炎(Tonsillitis),或稱 扁桃腺炎,通常會快速發病。 扁桃體炎屬於的一種。 其症狀包括、、腫大、吞嚥困難、頸部的 ( 英語 : )。 併發症包括 ( 英語 : )。 由引起的扁桃腺炎稱為。 由、 ( 英語 : )、等其他細菌引起則較罕見。 扁桃腺炎通常是透過空氣於人群間傳播感染。 如 ( 英語 : )等評分系統可以協助釐清可能原因 ,並可以透過 ( 英語 : )或確診。 治療方式為試圖改善症狀及減輕併發症。 (乙酰胺酚)和(ibuprofen)可用來止痛 ;若咽喉發炎時,則通常會建議口服。 而對於盤尼西林過敏的病患,可考慮改用(cephalosoprins)或是(macrolides)治療。 又如孩童經常罹患此症,亦可考慮直接 ( 英語 : )以杜絕未來再次發炎的風險 在英國,約有7. 服用抗生素則可緩解症狀約16個小時。 病因 [ ] 根據耳鼻喉科專家一些的說法,扁桃體隱窩內部的細菌以及病毒同新陳代謝產生的物體進入體液後,可能產生抗體的形成,接着而來的是之腺體內將會產生抗原抗體結合物,可以達到一種複合的免疫作用,許多醫學專家從而認爲慢性扁桃體炎是一種自身的免疫反映。 因爲自身抗體抗原結合時亦會對自身的組織細胞產生損害,而有利於感染,亦促使抗原抗體反應,從而會產生一種惡性的循環。 症狀 [ ] 反覆發作急性扁桃體炎亦會形成慢性的扁桃體炎症。 根據一些醫學資料顯示,亦有一部分病患發生人並沒有明顯的急性發作史。 主要的表現爲時常咽喉部位不適,並產生異物感,咽喉乾澀痕癢,時常還會引起刺激性咳嗽以及口臭等症狀。 兒童 [ ] 兒童由扁桃體可能會引起呼吸、吞嚥、語言困難。 如果伴有腺樣體肥大亦可能引起鼻塞、鼾聲以及其他性質的。 因爲時常嚥下分泌物以及隱窩中的細菌毒素,可能引起消化不良、頭痛、乏力、低熱等情況發生。 分級 [ ] 在臨床上,多數醫務人員爲了記錄方便,亦會將可將症狀分類。 根據扁桃體的外型尺寸分爲三度。 但扁桃體的大小不能被視爲炎症的發生,亦是因爲兒童有生理性肥大,成人多萎縮。 檢查 [ ] 治療 [ ]• 一般首先用,肌注或靜脈滴注均可,也可選用類藥物。 因本病多為感染,故抗菌消炎是主要治療原則,解熱鎮痛是重要的對症治療措施,可用等製劑。 一般治療:患病後注意休息,多飲開水,以流質飲食為宜,體溫增高可予以解熱止痛劑,如復方,大便秘結則服用緩瀉劑。 手術治療:反復發作經保守治療仍無效者,可待急性炎症消退後施行扁桃體切除術。 參考文獻 [ ]• PubMed Health. [ 30 September 2016]. (原始內容於7 January 2017). [ 4 August 2016]. (原始內容於25 March 2016). Klug, TE; Rusan, M; Fuursted, K; Ovesen, T. Peritonsillar Abscess: Complication of Acute Tonsillitis or Weber's Glands Infection?. Otolaryngology—Head and Neck Surgery. August 2016, 155 2 : 199—207. Clinical practice guideline: tonsillitis I. Diagnostics and nonsurgical management.. European Archives of Oto-Rhino-Laryngology. April 2016, 273 4 : 973—87. 2009: 2083. (原始內容於2016-10-02) (英語). Ferri, Fred F. Elsevier Health Sciences. 2015: PA1646. (原始內容於2016-10-02) (英語). Windfuhr, JP; Toepfner, N; Steffen, G; Waldfahrer, F; Berner, R. Clinical practice guideline: tonsillitis II. Surgical management.. European Archives of Oto-Rhino-Laryngology. April 2016, 273 4 : 989—1009. Jones, Roger. Oxford University Press. 2004: 674. (原始內容於2016-08-18) (英語). Antibiotics for sore throat.. The Cochrane Database of Systematic Reviews. 5 November 2013, 11: CD000023.

次の