ほっけ グリル 焼き 方。 美味しいみりん干しの焼き方(片面ガスグリル編) 干物市場ドットコム 山陰の干物通販

老舗魚屋さんに聞く「魚の西京漬け」を焦がさずに焼くコツと、劇的に味変する意外な食べ方【今週はとろ~りチーズ】

ほっけ グリル 焼き 方

必殺!『余熱焼き』 魚のみりん干し、真っ黒に焦がした ことがありませんか? 佐藤です。 今回は、 「焦がさずに焼ける、みりん干し の焼き方」を伝授します。 秋は、焼き魚にすると美味しい 旬の魚がたくさん出てきます。 で、その焼き魚。 ついつい焦がして しまうこともあると思います。 これ、生からそのまま焼く塩焼き なら焦がしてもまだ何とか食べられる。 食べられたものではありません。 こんな失敗は避けたいですよね。 みりん干しやつけ焼き、味噌漬け といった焼き魚は、調味料で味付け するので、非常に焦げやすい… 特にみりん、砂糖、醤油、味噌の量が 多いと焦げやすい。 ですから、ちょっと焦げたと思う 程度の時には、すでに真っ黒こげ。 火加減、焼き加減がけっこう難しい 料理の1つなのです。 普通の考え方でいけば、 「弱火で焼けばいい」となりますが、 これ弱火でも、焦げることがある。 では、どうすれば焦げずに綺麗に 上手く焼けるのか? そこで、 今回は「みりん干し」をグリルで焼く ときの、 「焦ごさない焼き方」を伝授! 焦げないように焼く方法、それは… 『余熱焼き』。 弱火である程度焼いたら、火を止める。 そして、グリルの中の余熱を使い、 魚の中心まで熱を通す。 最後に もう一度火を付けて「仕上げ焼き」、 美味しそうな焼き目を付ける。 焼き続けるのではなく、途中で火を 止め、『余熱焼き』することで、 真っ黒焦げを防ぐことができるのですね。 そして、 抜群の焼き加減で綺麗に焼けて、 美味しく食べることができる… これ、調味料で味付けした焼き魚に 共通して使える方法です。 お店で焼く時は、専用グリルで焼いて ましたから、細かな火加減や火から 近づけたり離したりで微調整ができます。 ですが、家庭ではその微調整ができない。 この技を使うようになって、家でも 絶妙の焼き加減のみりん干しが美味しく 食べれるようになりました。 これ、あなたにも簡単にできますよ。 ですから、焼き始めは、皮を上に向けておきます。 両面焼きグリルの場合は、盛り付ける状態と同じにするので、 皮下、身上にしておき、焼き始めます。 2、火を付け、最小の弱火にします。 両面焼きは、約6分。 片面焼きは皮側をまず約4分焼きます。 (焼時間は目安。 みりん干しの種類、大きさ、厚みで変ります) 3、片面焼きは、皮側を約4分焼いたら裏返して3分焼きます。 その後、どちらも火を止めます。 ここで中まで熱を通します。 ここから、少し焼目をつける作業。 表側(身)に薄っすら焼き目が付けば出来上がり! (皮は脂分が多いので焦げやすいです) 5、長平皿に盛って完成です。 (大根おろしと食べると美味しいです) みりん干しは、とにかく焦げやすい… ですから、「余熱焼き」の技を使って 中まで熱を通したのち、仕上げに 軽く焼き目をつける。 この方法なら、真っ黒こげになること なく綺麗に焼けます。 是非、覚えてやってみて下さい。 カテゴリー一覧•

次の

美味しいみりん干しの焼き方(片面ガスグリル編) 干物市場ドットコム 山陰の干物通販

ほっけ グリル 焼き 方

魚焼きグリルにはガスコンロとihクッキングヒーターの2種類があります。 まず始めに、ガスとihの違いについてみていきましょう。 ガスコンロの魚焼きグリル ガスコンロの魚焼きグリルは、水あり片面焼きグリルと水なし片面焼きグリル、水なし両面焼きグリルの3種類があります。 水ありはグリルの底に水を入れるタイプで、水なしは入れないタイプです。 グリルの中に魚を入れると上の部分しか火が出ないため、片面焼きグリルを使って両面を焼くときはひっくり返す必要があります。 両面焼きは上下から火が出るので一度に両面を焼くことができますが、焼き上がるまでひっくり返すことができないので、魚が網にくっつきやすくなります。 しかし、グリルプレートを使えばその心配はありません。 ihクッキングヒーターの魚焼きグリル ihクッキングヒーターは、メニューボタンの自動調理機能を使うと、ボタン一つで簡単に両面焼きで魚を焼くことができます。 遠赤外線効果で、外はパリッと中はジューシーに仕上がります。 焼き加減も調節できるので便利です。 フッソ加工している焼き網は魚の皮や身がこびりつきにくく、面倒なお手入れも台所用洗剤を使って楽に落とすことができます。 魚焼きグリルの使い方 「水なし」魚焼きグリルの使い方 水なしの魚焼きグリルの使い方で魚を焼くと、魚の表面はパリッと中はふっくら、高温で生臭さが飛んでしまうのでさらに香ばしさが増します。 これが両面タイプであれば、裏返す工程を省くため、半分の時間で焼き上がります。 魚以外に使い方は、焼きおにぎり、天ぷらや揚げ物の温め直しです。 ただ、水ありに比べて両面焼きは価格が高いです。 片面焼きはあまり変わりません。 ガスコンロを購入する際は、参考にするとよいでしょう。 「アルミホイル」の上手な使い方 網の上にアルミホイルをあらかじめ敷いておくと、後片付けが楽になります。 魚焼きグリルは網にこびりついてしまうと、なかなか取れず洗うのが大変です。 アルミホイルを捨てればよいので、わずらわしさも解消されます。 このように、魚を直接網に乗せない使い方もあります。 ししゃもなど小魚を焼くときも網からこぼれるのを防いだり、ニオイも軽減されるようなので、アルミホイルの使い方も覚えておきましょう。 ただ、脂がのってるサバやサンマの場合は、アルミホイルから脂が流れて引火する可能性があるので気をつけてください。 それを防ぐには、アルミホイルに数か所穴を開けて水の張ったトレイに脂が落ちるようにします。 また、アルミホイルに油を塗っておくと、網にアルミホイルがくっつきにくくなります。 便利な使い方なので覚えておきましょう。 魚焼きグリルの「予熱」と「余熱」の使い方 魚焼きグリルの使い方のコツは、片面焼きのグリルなら強火で2~3分予熱すると、旨味を閉じ込めることができます。 両面焼きグリルの焼き網のくっつき防止にも役立ちます。 中までもう少し火を通したいときは、火を止めて2~5分魚焼きグリルの中で余熱すればよいでしょう。 予熱と余熱の使い方を覚えて、魚焼きグリルを有効に利用しましょう。 ほっけの干物 魚焼きグリルの使い方(焼き時間・焼き方) 冷凍している干物はあらかじめ解凍しておきます。 急いでいるときは半解凍でも大丈夫です。 片焼きグリルは身から先に焼くと脂が落ちてしまうので、皮から焼きましょう。 最初は強火、途中から中火で約7分くらい焼きます。 ほっけを切らずに焼くときは、途中で尾や頭をアルミホイルで包んでおくと焦げにくくなります。 両面焼きは身を上にすると脂が落ちにくいです。 アジの塩焼きの作り方 1. 下処理したアジを水洗いして、キッチンペーパーで水気をふき取ります。 アジの中央に深さ5mmくらいの切り込みを斜めに入れます。 裏も同じようにします。 指で背ビレ、胸ビレ、尾ビレに塩をまぶし、上から全体にも振りかけます。 これを表裏両方行います。 魚焼きグリルの使い方(焼き時間・焼き方) アジの頭が左になるように並べ、中火で5~6分焼きます。 焼き色がついたら裏返して、さらに4~5分焼きましょう。 オーブントースターではなく、魚焼きグリルでトーストを焼くと、表面はカリッと香ばしく、中はふっくらしっとりとした食感になります。 魚焼きグリルの使い方(焼き時間・焼き方) ・片面焼きの場合 網の上に5枚切りの食パンを並べて強火で2~3分焼きます。 食パンをひっくり返して、強火で約1分焼きましょう。 ・両面焼きの場合 アルミホイルを網の上に敷き、上下約2分余熱します。 5枚切りの食パンを2枚並べて、上弱火・下強火で2~3分焼きましょう。 アルミホイルを敷くと火力をやわらげて、焦げ過ぎを抑えることができます。 パンが厚くなるほど上火のバーナーに近くなるため、焼き時間を短めに設定してください。 パンを置く位置や網の高さによって、焼き色に差ができます。 野菜 魚焼きグリルで野菜を焼くと、野菜から水分が抜けて味が濃くなります。 また、茹でたり、炒めたりするよりも、栄養素が逃げません。 焼き野菜 魚焼きグリルの使い方(焼き時間・焼き方) ・片面焼きの場合 (ジャガイモ、カボチャ、ニンジンなど 7~8mmの厚さ)網の上にのせて、上下強火12~15分焼きます。 竹串を刺して火が通っているのかを確かめましょう。 (アスパラ、スナップエンドウ、パプリカなど くし型切り)上下強火で9~12分焼きましょう。 ・両面焼きの場合 (ジャガイモ、カボチャ、ニンジンなど 7~8mmの厚さ)網の上にのせて、上下強火8~10分焼きます。 竹串を刺して火の通りを確認してください。 (アスパラ、スナップエンドウ、パプリカなど くし型切り)上下強火で6~8分焼きます。 鮭 魚焼きグリルの使い方(焼き時間・焼き方) 鮭に塩を振って5分くらいおき、温めておいた魚焼きグリルで3分くらい焼きましょう。 鮭から脂が出てきたら霧吹きで日本酒を吹きかけると、冷めてもふっくらおいしく仕上がるので、お弁当におすすめ。 あとは7分くらい焼いて出来上がりです。 片面焼きのグリルを使う場合は、両面で10分くらい焼いてください。 使い方をマスターして美味しく調理.

次の

★基本★ほっけのおいしい焼き方 by 道産子美鈴 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ほっけ グリル 焼き 方

ホッケといえば今や居酒屋の定番メニューである。 熱々の脂がのったホッケをつつきながらの一杯は、なんとも言えない至福の時間だ。 ホッケは身が大きく、一匹開きがあれば長いこと味わえて楽しめる。 その大きさが原因してか、ホッケを家で調理するのは面倒に感じ、外で食べるものとする人も少なくないようだ。 しかし大きければ切って焼けばいいのだ。 旬の時期のホッケは特に脂が乗って美味しく、他の魚同様、ぜひ家でも調理して味わってほしい。 ホッケは漢字で「魚へんに花」という字をあてるが、「北方」と書かれることもあり、字が示すごとく北の海に生息する魚である。 稚魚から成長していく間に呼び名が変わり、体調4〜15cmほどのものをアオボッケ、20cm前後になるとロウソクボッケ、20〜25cmほどをハルボッケ、それ以上になるとネボッケと呼ばれ60cmほどにまで成長する。 一番体が大きいネボッケは脂が乗って美味しいが値段も高くなる。 スーパーで見かけるホッケは「真ホッケ」と「シマホッケ」の2種類あり、日本でとれるホッケのほとんどが「真ホッケ」である。 北海道より更に北のロシア近郊の海では「シマホッケ」がとれ、日本に輸入されている。 シマ模様が特徴のシマホッケは低温かつ深海を好み、体を守るために体内にたくさん脂を身にまとう。 一般にシマホッケは脂の乗りがよく、真ホッケは脂が少ないが深みのある味を持っている。 どちらのホッケも大きいものほど脂が乗り旨味が増す。 美味しいホッケを食べたいときは体の大きいものを選ぶと良いが、その分値段も上がる。 ホッケは鮮度が落ちるのがとても速い。 漁獲地である北海道では鮮度の良いホッケの刺身が食せ、その美味さから「白身のトロ」と称されている。 しかし北海道以外の地域では生食は難しく、ホッケは開いて干物にされることがほとんどだ。 家庭でホッケの開きを調理するのは決して難しいことではない。 ホッケが手に入ったらぜひグリルかフライパンで焼いてみよう。 ホッケが大きすぎる場合は、ホッケを半分か4つに切り分け、残りは味が落ちないように必ず冷凍保存するようにしよう。 次回調理するときには、冷蔵庫に移し3〜4時間ほど待てば、良い具合に解凍できる。 冷凍保存した干物は、室温で解凍すると旨味が失われてしまうので、必ず冷蔵庫で解凍することが肝心だ。 ホッケはやはりグリルを使って直火で焼くのが美味しい。 グリルには片面焼き、両面焼きと2つのタイプがあるが、上方から火がでるタイプの片面焼きグリルを例に、焼き方の手順と目安時間をご説明しよう。 焼く時間はホッケの大きさや厚さによって変わるので、途中確認しながら調節する。

次の