ウォン安 推移。 GSOMIA破棄は韓国経済にも大打撃 常識外れの決定に金融市場動揺、ウォン急落

ウォン安ドル高で1ドル=1300ウォン台間近…石油・航空業界「本当につぶれる」

ウォン安 推移

ウォン安が進む。 理由は明快だ。 2019年に入り貿易黒字が急減、GDPもマイナス成長を記録するなど「韓国経済の縮み」が明らかになった。 そのうえ、日本・米国との関係が極度に悪化し、通貨危機に陥っても誰からも助けてもらえないと見なされたからだ。 (文/鈴置高史) 4月の下落率1位 ウォンは2018年6月中旬から2019年4月下旬まで、1ドル=1110〜1140ウォン台でほぼ動く、ボックス相場を形成していた。 しかし4月25日に1年9カ月ぶりの安値を付けた後は、1150〜1160ウォン台を推移するようになった。 4月30日には前日比9・7ウォン安の1168・2ウォンまで下がり、1170ウォン台をうかがった。 2017年1月20日(1169・2ウォン)以降、2年3カ月ぶりのウォン安水準である。 予想外のマイナス成長 4月25日に前日比9・1ウォン安の1150・9ウォンと大きく下げたのは、同日発表の2019年第1四半期のGDP(速報値)が前期比で0・3%減と落ち込んだからだ。 世界が金融危機に陥った2008年の第4四半期(3・3%減)に続くマイナス成長だ。 市場予想はプラスの0・3〜0・4だったから「マイナス」には驚きが広がった。 ウォンが売られたのも当然だった。 ことに内容が悪かった。 半導体市況の低迷を受け、同製造装置への投資急減が響いた。 これも韓国経済の縮みを実感させた。 10カ月連続で景気指数が下落 4月30日のウォン急落も、同日発表の統計「2019年3月の産業活動動向」に足を引っ張られた側面が強い。 3月の景気の動向指数(循環変動値)と先行指数(同)は、それぞれ前月比0・1ポイント下落した。 2つの指数が共に10か月連続で下げるのは、1970年1月にこの統計をとり始めて初めて。 2019年の第1四半期の製造業の平均稼働率は71・9で、世界金融危機直後の2009年第1四半期以来の低い水準となった。 5月1日にも「韓国の縮み」を示す統計が発表された。 4月の通関統計(暫定値)だ。 輸出が前年割れするのは2018年12月以降、5か月連続だ。 あわせて読みたい関連本•

次の

ウォン安とは?なぜ問題なのか?韓国や日本に与える影響とは?分かりやすく解説してみた│地球の裏側からご近所まで

ウォン安 推移

また、聯合ニュースが伝えたところでは、11日は45人増で、合計1万1947人に拡大。 このところ、北朝鮮批判のビラ散布への対抗策として北朝鮮が「南北通信線遮断」措置をとったというニュースばかりが報じられているが、新型コロナも引き続き、注意深く見ていかなければならないだろう。 感染者数は35人、45人と、ひと頃に比べれば少なくなってきているが、問題はどこで感染者が出たかであり、この点で韓国では大手電機メーカーの工場、オンライン流通業者の倉庫などが挙げられている。 これらの場所では当面の期間の操業停止(封鎖)が行われるため、経済活動に対する影響が大きい。 足もとでは、日本では「夜の街」関連が感染の中心となっており、状況は異なる。 経済協力開発機構(OECD)がこのほど公表したところでは、新型コロナウイルスが第2波を迎えた場合、2020年の韓国の経済成長率はマイナス2.5%になる見通し。 OECDでは「年内に再び新型コロナが拡散する場合、世界的な景気低迷が韓国輸出に影響を及ぼし、投資の萎縮と雇用の減少につながる見通し」としている。 ドルウォン(USDKRW)は5月下旬以降、1240ウォン前後から1188ウォン近辺まで下落している。 ウォン円(KRWJPY)は6月に入って0.088円前後から0.091円近辺まで上昇。 いずれもウォン高で推移しているが、韓国経済の見通しは芳しいとは言えず、ウォン相場は反落のリスクがあることを留意すべきであろう。 USDKRW 1189.15、KRWJPY 0.089 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

ウォン安とは?なぜ問題なのか?韓国や日本に与える影響とは?分かりやすく解説してみた│地球の裏側からご近所まで

ウォン安 推移

08月02日、日本がついに韓国を「ホワイト国から除外」したため、近い将来韓国経済が非常に難しいことになる事態が予想されます。 株価の下落もそうですが、為替でもすでにその兆候が現れました。 以下は08月02日までの 日足 ひあし の ドルウォンチャートです チャートは『Investing. com』より引用:以下同。 株式、FXの取引をされない方は見方が分からないかもしれませんので、説明をさせてください。 「日足 ひあし 」チャートでは、1日ごとの値動きが「ローソク足」という棒で示されています。 また、1ドルが何ウォンで取り引きされているかを示しますので、赤い棒が上昇 ウォン安方向へ向かった 、緑色の棒が下落 ウォン高方向へ向かった を表しています。 同じチャートにトレンドライン 水色の線です を引いてみると以下のようになります。 58ウォン」までのレンジで推移しています。 「レンジ相場」といわれる状態で、一定の価格幅で推移することを指します。 2019年04月24日にどんと長いローソク足が出て一気にウォン安が進み、その後も上昇 ウォン安 が進行。 14ウォン」の 天井をつけ、ここがウォン安の 防衛線になっているのが分かります。 この天井部分を拡大して15分足 ローソク足1本が15分の値動きを示します で見たのが以下の図になります。 05月20日18時過ぎから極端な上昇下降を繰り返す、いわゆる「」が出現しているのがお分かりいただけるでしょうか。 61ウォン」 08月03日午前5時56分43秒終了 までウオン安が進行しました。 Money1では何度もお伝えしてきましたが、通貨安からドボンというのは非常によくある話です。 しかしながら、まだ日本政府が輸出管理を始めたばかり、ホワイト国除外を決めたばかり。 実際の影響が現れるのはこれからなのです。 韓国がデフォルト騒動を起こすかどうか注視する必要がありそうです。 一つの目安はこれまでに締結した「通貨スワップ協定」の利用を韓国が言い出すかどうかでしょう。 幸いなことに日本はもう韓国との通貨スワップ協定を結んでいませんのでセーフです。 柏ケミカル@dcp.

次の