危険物取扱者 難易度。 危険物取扱者の難易度・合格率と試験概要

危険物乙4の難易度は高い?合格率は?試験を突破する方法も解説

危険物取扱者 難易度

1.危険物取扱者とはどんな資格? 危険物取扱者とは、消防法に定められた危険物を取り扱うことのできる資格です。 危険物にはそれぞれ「指定数量」が定められており、これを超えた量の危険物を保管したり貯蔵したりする施設には、危険物取扱者の資格保有者がいなければなりません。 身近な例を上げると、ガソリンスタンドや石油貯蔵施設などです。 また、化学工場や食品工場などでも危険物が必要なところは多いでしょう。 危険物は甲種、乙種、丙種の3種類に分かれています。 丙種は、危険物第4類の一部の危険物を取り扱うことができるだけなので、これだけを取得してもあまり役に立ちません。 乙種はさらに1類~6類まで分かれており、合格した類に分類されている危険物を取り扱えます。 この乙種の4類が最も受験者が多いため、危険物といえば乙種4類、通称乙4といわれているのです。 甲種は、すべての危険物を取り扱うことができる資格になります。 また、甲種を取得すれば6か月の実務経験だけで危険物保安監督者にもなれるでしょう。 なお、危険物取扱者の乙種と丙種には受験資格がありませんが、甲種には受験資格があります。 大学で化学に関する単位を一定数取得するか、乙種を一定数取得しなければなりません。 ですから、乙種を取得した後で甲種を受験する方もいます。 関連記事 2.甲種の受験状況や難易度は? この項では、甲種の受験状況や難易度、合格率などをご紹介します。 乙種の上位資格である甲種ですが、難易度はどのくらい上がるのでしょうか? 2-1.甲種の受験者数が少ない理由は? 甲種は乙種の上位資格ですが、乙種よりも受験者はかなり少ないです。 これは、乙種を受験してから甲種を取得するメリットがほかの資格よりも少ないため。 乙種をすべて取得すれば、甲種とほぼ同じことができます。 また、多数の危険物を指定数量保管している施設はそれほど多くないでしょう。 ですから、「必要な乙種だけを取った方がよい」と思っている方も少なくありません。 しかし、甲種を取得しておけばどんな危険物を扱っている場所ででも働けます。 また、危険物保安監督者に短期間でなるには、甲種の資格が必要です。 ですから、受験資格を満たしているのならば取得しておいて損はありません。 2-2.甲種の難易度はどのくらい? 危険物甲種の試験内容は、乙種と変わりありません。 法令や危険物の性質、消火方法、物理、化学です。 このうち法令や性質、消火方法の難易度は乙種と同じ。 ただし、範囲が広いので暗記が大変になるでしょう。 一方、化学と物理は難易度がぐっと上昇します。 甲種の物理問題には、公式を理解していないと解けない計算問題が出るのです。 ですから、高校生レベルの物理は理解していないと歯が立ちません。 大学で化学を専攻した方ならば問題ないかもしれませんが、卒業してから時間がたっているほど忘れる事柄も多くなり、勉強が大変になるでしょう。 化学も同様です。 化学式や有機化学の問題も出ます。 さらに、電離の知識や高校数学の知識も必要です。 こちらも、学校を卒業して時間がたった人ほど勉強が大変になるでしょう。 乙種はどちらかといえば暗記に重点を置いた勉強法をすればよかったのですが、甲種の場合は暗記だけでなく計算も鍛えなければなりません。 ですから、効率よく勉強していかないと、試験日までに範囲が学習しきれないでしょう。 2-3.甲種の合格率は? 危険物取扱者甲種の合格率は平成29年度で37. ただし、これは甲種が乙種4類よりも簡単というわけではありません。 乙種4類の受験者が多いため、必然的に不合格者も増えて合格率が下がるのです。 また、甲種は受験資格が必要ですから、危険物のことを全く知らないという方は受験できません。 さらに、甲種を受験する方は「仕事に甲種が絶対に必要」という方が多いので、勉強もより真剣に取り組むでしょう。 それでも6割以上の人が不合格になるのです。 甲種の難易度は資格試験のサイトでは「ふつう~やや難しい」に分類されています。 しかし、感覚としては「かなり難しい」と思う方も少なくないでしょう。 3.危険物取扱者甲種に合格するための勉強法 では、最後に危険物取扱者甲種に合格するための勉強法をご紹介しましょう。 ぜひ参考にしてください。 3-1.独学で勉強するための注意点 危険物取扱者は独学でも合格できます。 特に、乙種を独学で取得してきた方は甲種も同じ勉強方法でいける、と思いがちでしょう。 しかし、甲種は範囲も広く前述したように、物理と化学の難易度が上がっています。 ですから、効率的に勉強していかないと合格ラインまでに達しないこともあるでしょう。 さらに、参考書の数も乙種に比べると少ないので、選び方が難しくなります。 3-2.通信教材を利用してみよう 通信教材とは、模擬試験を解いて送付すると添削して送り返してくれる教材です。 危険物取扱者は人気の資格ですから、取り扱っている業者も多いでしょう。 SATの教材は分かりやすいテキストだけでなく、講義式のDVDもついています。 黙読するよりも耳で聞いた方が分かりやすいという方にもお勧めです。 それに、SATでは受講者からの質問を何度でもメールで受け付けています。 分からないことばかりでなく、勉強の仕方やモチベーションのたもち方なども回答してくれるので、勉強に行き詰まったときでも安心です。 また、危険物に関する法令は定期的に改正されます。 通常の参考書よりも通信教材のテキストの方が改定は早いので、常に最新の情報で勉強ができるでしょう。 通信教材は参考書よりも高価ですが、メリットも大きいのです。 必ず合格したいという方や独学で不合格になってしまったという方は、通信教材を利用してみましょう。 関連記事 おわりに 今回は、危険物取扱者甲種の難易度などについてご紹介しました。 危険物取扱者は前述したように社会人にも人気の資格です。 しかし、人気のある試験が極一部なので、参考書などにも偏りがあるでしょう。 大学に在学中に資格を取る場合は、バックアップをしてくれる講座なども開設されているところもあります。 でも、社会人になってから取得するという場合は、独学か通信教材に頼るしかありません。 通信教材は会社により特色がありますが、よりきめ細やかな指導をしてくれるところのものを利用すると間違いないでしょう。 SATの教材はテキストとDVDの2種類の教材を使います。 ですから、いろいろな勉強法が試せますし、出先にも持ち歩きやすいでしょう。 また、挿絵が多く理解しやすいテキストを使えば、範囲が広くなっても暗記しやすいのです。 今年は必ず合格したいという方は、ぜひSATの教材を利用してみましょう。

次の

危険物取扱者の難易度は?甲乙丙の違いは?乙種4類は需要が高い!|資格取得Navi+

危険物取扱者 難易度

ガソリンなどの石油類や金属などを大量に「製造・貯蔵・取扱」する場所で必要とされる危険物取扱者。 モノ作り大国と言われる日本には欠かせない資格となっています。 石油、ガスなどの工場が多い地域、または企業では、危険物取扱者の資格を持った人材は一人でも多く求められるものです。 また、若いうちから危険物取扱者の資格を持っておくと、キャリアアップも見込めます。 危険物取扱者の資格には甲種・乙種・丙種があるので各種難易度と資格取得のメリットについてまとめてみたので紹介していきます。 危険物取扱者は"燃焼性の高い物品の専門家"です ここで言う危険物とは、ガソリンなどの石油類、金属粉など"燃焼性の高い物品"を指します。 これらを大量に「製造・貯蔵・取扱」する場所で必要とされ、管理責任を担うのが危険物取扱者なのです。 言わば"燃焼性の高い物品の専門家"ですね。 危険物取扱者は、薬品・化学工場・燃料・印刷・塗料、ガソリンスタンドなど様々な業種で活躍の場があり、それだけ必要とされる資格でもあるのです。 危険物取扱者の業務 危険物取扱者の資格を持っていると様々な危険物の取り扱い・定期点検・保安の監督ができます。 化学工場やガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設など一定数量以上の危険物を貯蔵している施設には危険物取扱者の資格保有者が必ず必要です。 ですが、甲種・乙種・丙種と持っている資格によって取り扱える危険物の難易度も変わってきます。 危険物取扱者の種類によって扱える危険物は変わる 危険物取扱者の資格には甲種・乙種・丙種とあり、資格の持っている種類により取り扱える危険物も変わってきます。 それではこれから各種類ごとに紹介していきますので見ていきましょう。 甲種危険物取扱者が扱える危険物 「甲種危険物取扱者」は全種類の危険物、乙種危険物取扱者は指定の種類の危険物について取り扱いが可能になります。 また、6か月以上の実務経験があれば、危険物保安監督者になれます。 丙種危険物取扱者が扱える危険物 「丙種危険物取扱者」は、ガソリンや灯油・原油などを除く特定の危険物 第4類危険物のみ に限り取り扱いが可能となります。 また甲種で紹介したような、実務経験を積んでも危険物保安監督者にはなれませんのでご注意ください。 乙種危険物取扱者が扱える危険物 「乙種危険物取扱者」は第1類〜第6類のうち自分が免状を交付されている類の危険物の取扱いと立会いができます。 下記に第1類〜第6類の情報をまとめます。 ・乙種第1類 酸化性固体(塩素酸カリウム、過マンガン酸カリウム、次亜塩素酸ナトリウムなど) ・乙種第2類 可燃性固体(硫黄、赤リン、マグネシウムなど) ・乙種第3類 自然発火性物質及び禁水性物質(ナトリウム、リチウム、黄リンなど) ・乙種第4類 引火性液体(ガソリン、灯油、軽油、エタノールなど) ・乙種第5類 自己反応性物質(ニトログリセリン、トリニトロトルエン、アジ化ナトリウムなど) ・乙種第6類 酸化性液体(過酸化水素、硝酸など) 危険物取扱者資格の取得難易度は これまでにも、危険物取扱者資格には甲種・乙種・丙種と種類があると紹介してきましたが、ではそれぞれの危険物取扱者資格の取得難易度はどのようになっているのでしょうか。 これから資格の取得を目指す人としては、気になる所かと思います。 それでは見ていきましょう。 危険物取扱者資格:甲種の難易度 ではまず、甲種危険物取扱者の取得難易度から見ていきましょう。 甲種危険物取扱者は受験資格がある上、試験範囲も広く、試験難易度としては「やや難しい」レベルと言えます。 危険物取扱者資格:柄種の難易度 続いて、丙種危険物取扱者について見ていきます。 丙種危険物取扱者はごく基本的な問題を扱うので、比較的取りやすい資格です。 中には、ガソリンスタンドでアルバイトをするのにあると便利な資格として取得する人もいるようです。 ですので、試験難易度としては「かなり易しい」レベルと言えそうです。 危険物取扱者資格:乙種の難易度 最後に乙種危険物取扱者を見ていきます。 こちらは、甲種危険物取扱者と比べ、一部科目の免除制度というものがあります。 これは、1つの類の免状取得後は受験科目が一科目となり、合格率が一挙に上がるので、試験難易度としては、「やや易しい」レベルと言えます。 資格取得までの勉強時間は… 危険物取扱者の資格は他の国家資格に比べると難易度は高くなく、知識がなくても比較的取りやすい資格になります。 独学での取得も十分可能で、柄種、乙種であれば2ヶ月ぐらいで十分取得できる資格です。 ですので勉強法によっては短期間での合格も可能なのです。 但し甲種危険物取扱者の場合、しっかりと勉強しておかないと合格できないので余裕を持った勉強時間を持つといいでしょう。 危険物取扱者資格をとるメリット・デメリット 燃焼性の高い物品や危険物を取り扱い際には必ず必要となる危険物取扱者。 資格を取得するにあたっては、将来的な面でのメリットもあれば、資格取得に必要な時間や費用といった面のデメリットもあります。 危険物取扱者の資格であっても、それは同様です。 実際のビジネスシーンにおいて、資格取得のメリット・デメリットをみてみましょう。 デメリット:出題範囲が広く取得に時間がかかる 危険物取扱者資格のデメリットといえば、甲種危険物取扱者において言えば独学だと時間がかなりかかるので非効率である点、また一定の受験資格が必要であり、試験範囲が広がり覚える内容が膨大になるという点です。 とはいえ、危険物を扱う管理者ともなると、専門知識を持っていてほしいのでこれは仕方がないとも言えますよね。 メリット:実用性の高さと資格手当が魅力 危険物取扱者は、国家資格試験として代表的な資格である点からもわかるように、実用性が高く、必要とされる業種が多く存在しています。 そのため、多くの企業は危険物取扱者資格保有者には、資格取得手当を支給しています。 ですので、業種によってはかなり期待できる資格であると言えます。 危険物取扱者 甲種・柄種・乙種 資格は実用性があり比較的難易度も低めなので取っておくべき ここまで危険物取扱者 甲種・柄種・乙種 資格の詳細や難易度、また資格取得のメリットやデメリットについて紹介してきましたがいかがだったでしょうか?危険物取扱者の社会的評価は非常に高く、資格手当がつく企業もあります。 この資格を有していることで、扱える業務の幅は大幅に広がり、昇進にも役立つでしょう。 その業界で長く働く事を考えているのであれば、早いうちに危険物取扱者の資格を取得することにより、さらなるキャリアアップも見込めるようになるでしょう。

次の

危険物取扱者の丙種を取得したい! 確実に合格できる方法は?

危険物取扱者 難易度

消防法で定められた国家資格で、発火物や引火性の強い物質を製造する製造所や貯蔵所などにおいて、保守管理を行う為の知識を問う試験になります。 危険物と聞いて、一般の方にはなかなか想像しにくいかもしれませんが、皆さんの身近なところで言うと、ガソリンや灯油、石油などが危険物に分類されます。 試験は「甲種」「乙種」「丙種」の3つに分類され、丙種ではガソリンや灯油などの取り扱いができ、乙種は1種~6種まで存在し、その中から1つを選択して試験を受験します。 甲種は最も上位資格になり、全ての危険物を取り扱うことができます。 一般的には、引火性液体(ガソリン、灯油など)を取り扱うことのできる乙4種と手軽に取得できる丙種のどちらかを受験される方が大半を占めています。 保安資格の中で最も認知度があり、多くの学生や社会人が取得を目指しています。 スポンサーリンク 危険物に関する法令(10問)、燃焼及び消火に関する基礎知識(5問)、危険物の性質並びにその火災予防及び消火の方法(10問) 合格点 各科目60%以上の正解率 危険物取扱者試験の受験者数・合格率 2019年度 区分 受験者数 合格率 甲種 15,397人 39. 6% 乙1種 8,849人 67. 4% 乙2種 8,737人 68. 2% 乙3種 9,667人 67. 5% 乙4種 172,299人 38. 4% 乙5種 9,903人 68. 4% 乙6種 9,780人 66. 0% 丙種 21,434人 50. 5% 2018年度 区分 受験者数 合格率 甲種 15,744人 39. 6% 乙1種 9,413人 66. 4% 乙2種 9,026人 68. 2% 乙3種 10,057人 68. 1% 乙4種 181,151人 38. 5% 乙5種 10,282人 65. 1% 乙6種 10,661人 63. 7% 丙種 23,376人 51. 5% 受験者データを見てもらえば分かりますが、乙4種の受験者数が圧倒的に多いのが見て取れます。 その理由は、乙4種で取り扱える危険物が「ガソリン」や「灯油」など、生活に密着した危険物が多く、就職・転職に有利になりやすいことが理由として挙げられます。 乙種の合格率で見ても乙4種が半数ぐらいの合格率しかありません。 これは、試験そのものが他の区分よりも難しい訳ではなく、乙4種を受験する人の多くが、「とりあえず取得しようか・・・」とか「学校から指示されて仕方なく・・・」など、それほど本気で受験する人が少ないので、必然的に合格率が低くなっていると思われます。 法令に関しては、指定数量の考えなどが少しややこしかったりするのですが、過去問を解けば合格点に達すると思います。 (乙四類 20代男性 会社員)• 化学的性質に関しては、高校の理科程度の問題だと感じました。 過去問を解けば十分に合格点に達することができると感じました。 (乙四類 20代男性 大学生)• 大学で化学を勉強した、乙種の免状交付を受け実務2年以上、あるいは乙種を4種類以上免状交付を受けていることが受験資格となるため難しい。 試験内容は物理学及び化学も乙種より計算量・質ともに多くなっているため難しい。 また、乙種1類〜6類全ての危険物について細かいところまで出題されるため、覚える知識が多く難しい。 (甲種 30代男性 会社員) 危険物取扱者試験の勉強法 危険物取扱者試験のお勧めテキスト 知識0から10日で合格は難しいけど要点を分かりやすくまとめているので短期勉強でも合格できる• 「」はテキストが分かりやすく、これから初めて勉強される方にもお勧めです。 費用も甲種で約2万円、乙種で約1万5千円なので学生でも安心です。 資格を活かせる仕事 化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク施設など、危険物を取り扱う場所で活躍することができます。 また、ガソリンスタンドの場合は、資格手当が付く場合があります、アルバイトの場合でも、時給がアップする可能性があります。 甲種もしくは乙種を取得すれば、危険物取り扱いの定期点検や保守の管理を行うことができます。 ちなみに丙種の場合は、ガソリンなどの特定の危険物のみの定期点検しか行なえず、管理を行うことができません。 受験者の口コミ評判 タップ(クリック)で口コミが見れます.

次の