フェイル 意味。 「フェイクニュース」とは?意味や使い方を解説!

フェイルセーフとフールプルーフ~意味の違いと事例

フェイル 意味

(1 個々の取引の決済リスク• 信用リスク…取引の一方の当事者が財務状況の悪化等により決済不履行となった場合に、相手方当事者が損害を被るリスク。 プリンシパル・リスク 元本リスク …相手方の財務状況の悪化等による決済不履行のために 取引金額全体 元本額 について最終的に回収不能な損害を被るリスク。 このようなリスクは、当事者の一方が他方の為に立替払いしている場合や双務契約において一方が先履行した場合などに生じるリスクである。 リプレースメントコストリスク…相手方の決済不履行により予定通り資金や証券を受け取れないため、相手方当事者がこれを改めて手当て 置換 する際に、市場価格の変動により、当初の契約よりも高いコストの支払を余儀なくされるリスク。 通常、元本リスクが生じている場合にはリプレースメントコストリスクも伴っているが、DVPになっている場合には元本リスクは生じず、信用リスクとしては当該リスクのみが問題となる。 流動性リスク…決済時点で何らかの理由 コンピュータ障害等信用リスクの顕在化以外の理由を含む により一方の当事者の決済不履行が判明し、相手方が別途資金等を調達しようとした場合に、時間的制約が原因となって高コストの調達を余儀なくさ れ、最悪の場合には当該当事者も決済を履行できなくなるリスク。 Delivery vs. Payment の略 証券の決済とその資金決済の執行を同時に行うことを意味しており、その形態には以下のモデルがある。 ・グロス=グロス モデル1 証券と資金の双方ともグロス・ベースの振替指図を実行させる。 ・グロス=ネット モデル2 証券についてはグロス・ベースで振替指図が実行され、資金についてはネット・ベースで振替指図が実行される。 資金のファイナルな振替は、決済処理時間帯の最後にネット・ベースで中央銀行又は市中銀行を通じて行われる。 ・ネット=ネット モデル3 証券と資金の双方ともネッティングを行い、ネット・ベースの振替指図を実行させる。 証券、資金ともにファイナルな振替は決済処理時間帯の最後に行われる。 売買から決済に至る期間の短縮化を図る動きの、最終的な目標。 米国では、2002年6月を実施期限として、売買の翌日に決済を行うため、所要のインフラ整備や、処理の標準化・省略化を図ることとし、米国証券業者協会 (SIA)白書で方向性を打出していたが、2000年7月、SIAは、業界全体の対応期間を考慮すると、実施時期を2004年6月に延期することの発表を 行った。 更にSIAは、米国証券取引委員会(SEC)が2004年3月に公表したコンセプトリリースに対するコメントにおいて、証券決済サイクルの短縮についてはSTP 化プロジェクトに目処がついたタイミングで改めてその是非を検討し、当面は引続きSTP 化プロジェクトに注力するべきであるとした。

次の

フェイルロード・グラン・ビルセイア

フェイル 意味

現在7,275名の方にご登録いただいています! Fail Fast(フェイルファスト)の重要な意味とは シリコンバレーでは、Fail Fastという言葉がよく使われている。 CEOにとっては、利益が得られない事業に関しては、いつか手を引かなければならない。 この場合、彼らにとってのFail Fastは、「早く失敗しろ」という意味ではなく「早く撤退する」の意味あいが強くなる。 グーグルの元CEOエリック・シュミットは、「Fail fast, fail cheap, and fail smart」と、韻を踏んで使うほど、この言葉がお気に入りだ。 直訳すれば、「早く失敗、安く失敗、賢く失敗」という意味となる。 『早い段階で事業に失敗したとしても、できるだけ安いコストでおさまるようにして、その失敗が次にいかされるような賢い撤退を迅速に決断したほうがいい』といったところだろう。 失敗を繰り返したシリコンバレーの著名な人物 アップルの創始者であり、世界的な著名人でもあるスティーブ・ジョブズは、大成功するまでに何回も失敗を繰り返している。 ウィンドウズにシェアを奪われたり、創業した会社を追い出されたりと、華やかな人生を送っている。 だが、彼が成功を続けられたのは、失敗するたびに自分には何ができるのかを深く考えていたからである。 失敗は成功のもと 日本には「失敗は成功のもと」というよき言葉がある。 だが、失敗したときに、「なぜ失敗したのか、次はどうすればいいのか」をまったく考えないのでは、成功につながることはないだろう。 出会いの方法から始まり、浮気や不倫、稼がせる方法、セックスまでブログでは言えないことを包み隠さず話します。 「parcy's」は、 国内No. 現在、あげまん理論メディアでは、年間480万人の女性が訪れています。 「parcy's」には年間300名以上の方が入学し「男性心理」「パートナーシップ」「自己肯定」について深く学んでいます。 「parcy's」は、パートナーシップで悩む女性、幸せだけどさらにパートナーと共に成長していきたい女性に向けたサービスです。 男女ペアの専属パーソナルコンサルタントが3ヶ月間のカウンセリングを実施。 カウンセリングの後はコミュニケーション・コーチングトレーニングを通じてパートナーシップで悩まないあなたになるトレーニングを行います。

次の

「フェイクニュース」とは?意味や使い方を解説!

フェイル 意味

フールプルーフ フールプルーフを直訳すると「簡単」となりますが、むしろ「フール」と「プルーフ」に分けた方が本来の意味に近いように思います。 つまり、「何も知らない人が使っても大丈夫なように証明されているもの」「使用方法を知らない、もしくは間違った使い方をしても大事に至らないような設計」のことです。 いくつか例を記述しましょう。 ふたが閉まっていないと脱水モードが動かない洗濯機(子供が間違って入ったらたいへんです)• ドアが閉じていないと動かない電子レンジ(部屋中に放電されたら怖いです)• 人が便座に座っていないと水が出ないおしり洗浄機(座っていないのに水がでたらそこらじゅうびしょ濡れ)• ブレーキを踏んでいないとパーキングからドライブポジションに入らない車のギア(急発進は危険です) 物を作る側では当たり前の事でも、実際に使う方は知らない事が多いものです。 使う方の目線で使いやすい設計をするのは当たり前ですが、さらに一歩踏み込んで誤った使い方をしないような設計が必要なんですね。 フェイルセーフ 失敗するけど安全?? 「操作方法を間違ったり、部品が壊れたり、誤作動したりした場合に、危ない方向ではなく、安全な方向へ向かう」ように設計することをいいます。 倒れると自動的にスイッチが切れる電気ストーブ(安全だ!)• 停電の時は降りたままで止まる踏み切りの遮断機(そうなんだ!)• 電車の運転手が操作しているデッドマンシステム(何て怖い名前なんだろう!) ストーブは下側に突起があり、通常の設置では突起が押されて沈み込んでいますが、地震などで転倒すると突起が飛び出し、これがスイッチと連動してストーブが消えます。 踏み切りの遮断機は電気で上げ下げ(開閉)していますが、停電などで電力が絶たれた場合、たとえ上がった状態であっても自重で自然と下がる仕組みになっています。 電車の運転で使うマスコン(自動車のハンドルのようなもの)には突起があり、マスコン・ハンドルを握ることで、この突起を押し込んでいないと電車は加速しません。 もし何らかの事情で運転手がマスコン・ハンドルから手を離すか、握力が弱まると自動的に車両は減速するようになっています。 それぞれナルホド、という仕組みが盛り込まれています。 燃えさかるよりは消える方を選択するストーブ、開いたままよりは閉まった状態を選択する遮断機、緊急時に加速するよりは減速する方を選択する車両・・・これがフェールセーフ設計です。

次の