ソニー損保とアクサダイレクト。 自動車保険・損保をガチ比較

自動車保険でアクサダイレクトとソニー損保で検討しているのですが、アクサダ...

ソニー損保とアクサダイレクト

そうなんだよ。 会社によって、どの部分を手厚くサポートするか違うんだよ。 比較して確認していこう。 次はソニー損保とアクサダイレクトの「ロードサービス」の充実度を細かくチェックし比較しました。 【無料レッカー距離と詳細】 ソニー損保 指定工場までは無制限、ユーザーの指定した修理工場までは150㎞まで。 契約期間中の回数制限もなし アクサダイレクト 指定工場までは無制限、ユーザーの指定した修理工場までは35㎞まで。 契約期間中の回数制限についての言及なし(要確認) 【緊急トラブル対応の詳細】 バッテリー上がり ソニー損保 バッテリーの点検、交換、ジャンピング 契約期間中1回限定、交換の場合はバッテリーはユーザーで準備 アクサダイレクト バッテリーの点検、交換、ジャンピング 契約期間中1回限定、交換の場合はバッテリーはユーザーで準備 キーとじ込み ソニー損保 イモビライザーなどセキュリティ装置がない一般的なカギの開錠に限定 アクサダイレクト イモビライザーつきでも対応可能な場合と不可の場合あり、不可の場合はレッカーで工場までの搬送をサポート ガス欠の際のガソリン補充 ソニー損保 契約期間中1回限定、初年度はガソリン代は有料2年目更新以後はガソリン10Lまで無料に。 ぬかるみなどのスタックの場合、自走可能な場所までのレスキュー。 雪のスタックの場合、雪道仕様(スタッドレス、チェーン装着)で除雪など努力してムリだった場合のみ(自宅車庫は不可) アクサダイレクト 落差1mまでの落輪、脱輪のレスキュー(ただし4輪全部の場合は不可) 雪のスタックの場合、雪道仕様(スタッドレス、チェーン装着)で除雪など努力してムリだった場合のみ(自宅車庫は不可) 宿泊サービス ソニー損保 ユーザー自身で手配、後日領収書を提出するなどして清算。 ホテルまでの交通費もこのサービスでカバーできる。 帰宅費用サポート ソニー損保 ユーザーが手配し、立替え後日清算、レンタカーの場合は24時間を限度。 最も合理的な交通手段での交通費をカバーするものとする。 アクサダイレクト ユーザーで立替たうえ後日清算、レンタカーの場合契約車両と同等クラスまでの車種で24時間を限度とする。 有料道路走行費用は対象外。 アクサダイレクト 搭乗中のペット限定で帰宅不可の場合のペットホテル料金をサポート。 いったんユーザー側で立て替えたうえ領収書を提出し後日清算。 【両社共通の特約】• 弁護士費用特約• ファミリーバイク特約• 全損時諸費用特約• 車内(車外)身の回り品特約 次に両社独自で用意されている特約は以下のようになっています。 ソニー損保の特約 おりても特約 「車で出かけた先」でのトラブルに対し、ケガをしたり携行品を破損した場合カバーできる特約 事故時レンタカー費用特約 車両保険をつけていて事故で修理中にレンタカーを借りる場合の費用をサポートする特約 個人賠償責任特約 日常生活のなかでの過失などで、他者に損害賠償をする必要がある場合にカバーできる特約、自転車で事故しケガをさせたなどの際にも助かる。 1事故につき最大で1億円まで。 アクサダイレクトの特約 地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約 地震・噴火、それに伴う津波で、契約車両が全損になったとき臨時費用の部分に対し50万円を一時金として支払うもの アクサ安心プラス ファミリー 搭乗障害の医療補償を2倍に。 形成手術費用補償特約として10万円補償家事労働対価を1日5000円。 残ったキズを形成手術費用補償特約で10万円補償 個人賠償3000万円まで補償。 レディース 搭乗障害の医療補償を2倍に。 事故で破損した携行品損害を30万円まで補償。 残ったキズを形成手術費用補償特約で10万円補償。 個人賠償3000万円まで補償 ペット 搭乗中事故にあったペットの治療費用および葬祭費用を10万円まで補償 個人賠償3000万円まで補償でペットがトラブルを起こした時も安心。 特にインターネット割引はじっくり確認しないとわかりにくいですね。 ある程度保険料が高めで更新の場合はアクサダイレクトのほうが割引額が多くなる感じでしょうか。 ただその他の割引についてはアクサダイレクトは具体的に金額や割引率が記載されていないものが多いので、きちんと見積を取って総額で比較する必要がありそうですね。 さらに「アクサダイレクト」では2018年7月3日以降インターネット割引が拡大されます! 【アクサダイレクト 7月3日以降のインターネット割引】 年間保険料 割引額 130000円~ 20000円 120000~130000円 19000円 110000~120000円 18000円 100000~110000円 17000円 100000~110000円 16000円 90000~100000円 15000円 80000~90000円 14000円 70000~80000円 13000円 60000~70000円 12000円 55000~60000円 11000円 50000~55000円 10000円 45000~50000円 9000円 40000~45000円 8000円 35000~40000円 7000円 30000~35000円 6000円 25000~30000円 5000円 20000~25000円 4000円 20000円未満 2000円 保険料が高い人ほど大きく割り引かれ、最大で「2万円割引」に。 これまで保険料が高かったユーザーは注目ですね! ソニー損保 VS アクサダイレクト 総括! さまざまなポイントでソニー損保とアクサダイレクトを比較してきました。 ユーザーの満足度はほとんど同じでしたので、後はライフスタイルやユーザー像によって自身に合うものをチョイスするのがよさそうです。 ロードサービスについては両社横並びに近いものの、ペットサポートでは差があったのがポイント。 また特約では「個人賠償責任保険特約」は「ソニー損保」は1億円まで、「アクサダイレクト」は安心プラスで付帯しても3千万円。 ここはどこまで必要か考えるべきでしょう。 個人的には 個人賠償が手厚い「ソニー損保」がおススメですね。 ただ「アクサダイレクト」は7月以降インターネット割引がパワーアップしているので、そうなれば総額が高いユーザーはアクサのほうがいいかもしれませんね。 最大で2万円の割引はかなり嬉しいですね。

次の

ソニー損保とアクサダイレクトの自動車保険を比較! | 保険比較ガイド

ソニー損保とアクサダイレクト

お支払回数によっては、記載の割引額ちょうどにならない場合があります。 緊急対処員の現場滞在時間は15分程度です。 緊急対処員は示談交渉を行うことはできません。 示談交渉はソニー損保にお任せください。 SA19-021 アクサダイレクトの自動車保険 ゴールド免許割引 走行距離に応じた割増引 休日事故現場急行サービス 【アイコンに関してのご説明】 アクサダイレクトでは、免許証の色、年間予想最大走行距離はリスク細分項目として保険料に反映しております。 お相手の方が死亡もしくは入院してしまった自動車事故を対象に、専任の面談担当者がおうかがいし事故解決まで直接サポートする「重傷事故急行面談サービス」をご提供しております。 詳細はアクサダイレクトのウェブサイトでご確認ください。 お住まいの地域や免許証の色、お車の使い方等、8つの要素を反映し、お客さまに納得いただける保険料をご提案いたします! インターネット割引が適用されると最大20,000円割引。 インターネット割引適用の条件、割引額はアクサダイレクトのウェブサイトをご覧ください。 ・車両保険をお付けいただいていないご契約も本サービスの対象となります。 ・ロードサービスをご使用になってもノンフリート等級はダウンしません。 (注4) (注1)「インターネット契約割引」(最大10,000円)と「eサービス(証券不発行)割引」 (500円)両方を適用した最大の割引金額です。 来年以降継続の際のインターネット 割引は3,000円です。 (注2)ご契約のお車以外のお車は、サービスの対象外となります。 部品代等はお客さまの負担となります。 総合自動車保険:11m04(201105) スーパー自動車保険 ゴールド免許割引 走行距離に応じた割増引 休日事故現場急行サービス チューリッヒの自動車保険 お客さまのニーズに合わせて、【スーパー自動車保険】と【ネット専用自動車保険】を販売しています。 二つの商品の違いについては、チューリッヒ保険会社のウェブサイトで詳細をご確認いただけます。 【スーパー自動車保険】 補償を手厚く、支払方法を選びたい、電話で相談したい方はこちら! インターネット割引は最大20,000円です。 翌年の等級や保険料にも影響はありません。 また、事故対応は専任担当者によるお電話での対応となります。 詳しくはチューリッヒ保険会社のウェブサイトをご覧ください。 「満足」「やや満足」「普通」の合計値。 (注) (注)事故の現場が山間部、島しょ部、高速道路上など急行不能な一部エリアおよび事故現場が特定できない場合などについては、現場急行サービスは提供されません。 〒102-8224 東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス紀尾井町 紀尾井タワー24階 情報内容のお問い合わせについてはをご覧ください。 よくあるご質問についてはをご覧ください。 この表示は弊社の経営方針に則り、各社保険商品の概要を示したものです。 弊社商品ページ上からネット上で直接お申し込み手続きいただける商品につきましては、取扱保険会社のページ上にて商品内容をご確認ください。 弊社商品ページから一度資料請求を行っていただき、その資料と同封の申込書 にてお申し込み手続きいただける商品につきましては、各保険会社の商品概要・契約概要をご確認ください。 ワイズ・インシュアランスの経営方針および自社のに基づき、取扱業務として受容できる商品のみ掲載としております。

次の

自動車保険のアクサダイレクト|ネット割最大20,000円!

ソニー損保とアクサダイレクト

自動車保険はソニー損保かアクサダイレクトかどっちがおすすめ? 1-1. 保険会社の中には、不要な特約を勧めてくるような会社もありますが、ソニー損保は本当に必要なものだけを揃えたシンプルなプランを薦められますので、その点も良心的であると言えるでしょう。 ホームページ上の文字も大きめで、イラストによる説明なども多く取り入れられていますので、「インターネットは苦手」という方にも易しい仕様になっています。 つまり、「これは必要ないかな…」と思うものに関しては、補償自体を省く事も出来るというわけです。 これにより、大きく保険料を抑える事も可能ですし、補償内容をさらに充実させる事も可能なんですね。 初心者におすすめの保険でもありますが、自由度の高さは保険上級者も納得といったところでしょう。 1-2. 特に、「元々の保険料が高くて困っていた」「見積もりを出すと、どこも保険料が高くなってしまう」という方におすすめです。 アクサダイレクトの割引システムは、保険料が高いほど割引率も高く、最大で20,000円の割引を受けられます。 元々保険料が安い場合には、他社の方がリーズナブルになってしまう事もありますが、見積もりを出して比較してみる価値はあるかと思いますね。 全国9,385箇所のロードサービス拠点があり、僻地のような場所でトラブルがあってもすぐに対応してくれるという安心感は嬉しいですよね。 他社からアクサダイレクトに切り替えられた方の満足度が高いのは、このあたりのサービスの充実度が大きな理由ともされています。 ・過去に事故を起こした経験が無い人 事故を起こすと、手続きのために何度か保険会社と連絡を取り合う必要があるわけですが、連絡するたびに担当者が違ったりする事もあり、手続きが円滑に進まないというケースがあります。 そういった際に、きちんと最後まで手続きを行ってくれる専任チームの存在は、非常に頼りになる存在であると言えるでしょう。 ソニー損保かアクサダイレクトか?【評判・口コミ】の違いは? 2-1. 情報量は多いのに、イラストを交えて分かりやすく説明されている。 リンクの行き先が分かりやすいので、スムーズに見積もりまで進める。 契約後の手続き方法なども書かれているのが嬉しい。 また、事故対応に関しては、担当者の方が親身になってスムーズに解決出来たという声が多く見られ、満足度の高さが伺えます。 2-2. 「無料のAXAプレミアムロードサービス」「納得のグッドプライス」など安さへのアプローチが分かりやすい。 インターネット割引の安さ、見積もりの保険料の安さで決めました。 他社と比べた時に、同等の内容で一番保険料が安かった。 多かった口コミは上記のような内容で、ロードサービスの迅速さについての口コミも多く寄せられていました。 アクサダイレクトを選んでいる客層としては、「普段そんなに車に乗らないけど、いざという時のために保険は入っておきたい」という方の割合が多いようです。 ソニー損保かアクサダイレクトか?【保険料】の違いは? 3-1. インターネット割引や、ペーパーレス割引も含めての金額が上記となりますので、少々割高な結果に感じられます。 3-2. ソニー損保の見積もりと比べますと距離の条件などの差異がありますし、細かい年齢や居住地域などによっても保険料が違ってきますので、全くの同条件で比べた場合、もう少し近い数字にはなるかと思います。 しかし、それらを加味した上でも、保険料の点ではアクサダイレクトの方が安価に収められるように感じられます。 ソニー損保かアクサダイレクトか?【補償内容】の違いは? 4-1. 対物修理超過費用は、事故を起こしてしまった際に、相手の損害が対物補償の範囲を上回ってしまった場合に受けられる補償で、これがある事によって示談交渉がスムーズに行えるというメリットがあります。 アクサダイレクトは、対物修理超過費用を特約として設けていますが、セットに含まれている方が安心感は高いと言えるでしょう。 4-2. アクサダイレクトの補償内容 アクサダイレクトの補償内容の特徴としては、事故の際に自分や相手だけではなく、同乗者まで補償される特約が存在する事です。 自動車事故を原因とする怪我の治療、手術などに掛かる費用の補償はもちろん、携行品やペットに関する補償など、様々なケースに合わせた補償を受けられるのがアクサダイレクトのメリットであると言えるでしょう。 災害時に車が全損してしまった場合にも、50万円の一時金が補償されるなど、ソニー損保とは違った特徴を持っています。 特にペットに対しての補償が手厚いのは、アクサダイレクトならではと言えます。 ソニー損保かアクサダイレクトか?【事故対応・ロードサービス】の違いは? 5-1. 両者共に指定工場までの牽引は無制限ですが、修理工場を指定する場合、ソニー損保は最大150km、アクサダイレクトは35kmとなっており、ソニー損保の方が大幅に優位となっています。 事故対応のみをクローズアップしますと、口コミから伺えるスタッフの対応、対物修理超過費用の補償がある事を加味して、こちらもソニー損保が優位であると言えるでしょう。 5-2. アクサダイレクトの事故対応・ロードサービス アクサダイレクトのロードサービスで優れている点は、やはり9,385件のサービス拠点を持っている事でしょう。 これによって、事故を含むトラブルに対して迅速に対応する事が出来ます。 細かい点でソニー損保と比較してみますと、鍵の閉じ込みについての補償に関して、ソニー損保は「イモビライザー無しの開錠に限る」となっていますが、アクサダイレクトは「イモビライザー付きの鍵も対応可能な場合もある」となっており、この点においてはアクサダイレクトの方が優位であると言えるでしょう。 また、走行中や事故などによってスペアタイヤに交換する際に関しても、ソニー損保がタイヤの交換のみの対応に対し、アクサダイレクトは交換だけではなく、タイヤの点検も同時に行なってもらえますので、その点でもソニー損保との違いがありますね。 実際に事故を起こすと、保険会社に連絡した後に「あれからどうなっているんだろう?」と不安になる方も多いかと思いますので、このサービスにおいては非常に有効であると言えるでしょう。 自動車保険の選び方まとめ 自動車保険の大手2社を比較してみましたが、いかがでしたでしょうか。 例えば、今回の記事では保険料はアクサダイレクトの方が安い結果になりましたが、保険料も年々変動するものですので、翌年にはアクサダイレクトの方が高くなっているという事も考えられるわけですね。 自動車保険のパンフレットを見るだけでは目に付かない部分も多いかと思いますので、この比較が読者様の保険選びに少しでも役立てば幸いです。 自動車保険はロードサービスや事故対応のの評判が気になりつつも、 やっぱり決め手になるのは保険料の安さです。 もし、できるだけ安く抑えたいならしてみましょう! 保険料はどこの会社もそこまで変わらないと思われているかもしれませんが、同じサービス内容でも会社によって 平均35,000円近く安くなることもあり、 5万円以上安くなったという方もいます。 同じサービス内容なのに値段がここまで変わるのかと驚かれることでしょう。 さらに、 補償内容を見直せば数万円単位でグンと安くなることもあります。 ロードサービスや事故対応の評判が気になるのであれば、保険料を比較した上で安い会社から評判を調べると、調べる手間が少なくなるのでおすすめです。

次の