労働 衛生 コンサルタント。 労働衛生コンサルタントの資格について詳しく解説

労働衛生コンサルタント試験に合格する方法①

労働 衛生 コンサルタント

概要 [ ] 業務は、同法81条に規定されているとおり、労働安全コンサルタントの名称を用いて、他人の求めに応じ報酬を得て、の安全の水準の向上を図るため、の安全についての診断及びこれに基づく指導を行うこととなっている。 業務の実施に当たっては、同法86条にあるとおり信用を失墜する行為や知り得た秘密を漏らす行為を行ってはならず、特に秘密を漏らした場合は同法第117条により1年以下の又は100万円以下のに処せられる。 コンサルタントの資格自体は業務独占でも名称独占でもないが、コンサルタントの集まりである日本労働安全衛生コンサルタント会については名称独占が規定されている(同法87条)。 区分 [ ] 試験の区分は機械・電気・化学・土木・建築の5種類である。 合格後の業務では試験区分に制限されず(区分はいわば得意分野を示す程度のもの)、のように資格の名称を表示する際区分を明示する必要もない。 受験資格 [ ]• による を除く。 若しくは旧大学令による大学又は旧専門学校令 明治36年勅令第61号 による専門学校において理科系統の正規の課程を修めて卒業した者で、その後5年以上安全の実務(安全管理計画の企画、立案及び運営に関すること、生産現場等の具体的な災害防止対策の推進に関すること、安全教育の計画の策定、推進に関すること、の原因の把握、再発防止対策に関すること、労働災害の調査、分析に関すること)に従事した経験を有するもの• 学校教育法による短期大学又はにおいて理科系統の正規の課程を修めて卒業した者で、その後7年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 学校教育法による高等学校 旧中等学校令(昭和18年勅令第36号)による中等学校を含む。 又は中等教育学校において理科系統の正規の学科を修めて卒業した者で、その後10年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 昭和58年法律第25号 第4条第1項に規定する第二次試験に合格した者 以下「技術士試験合格者」という。 昭和39年法律第170号 第44条第1項第1号の第1種免状の交付を受けている者 以下「第1種電気主任技術者」という。 施行令 昭和31年政令第273号 第27条の3の規定による1級の土木施工管理技術検定に合格した者 以下「1級土木施工管理技士」という。 )及び1級の建築施工管理技術検定に合格した者 以下「1級建築施工管理技士」という。 昭和25年法律第202号 第12条の試験に合格した者 以下「一級建築士試験合格者」という。 第11条第1項の規定によるとして10年以上その職務に従事した者• が指定する安全に関する講習(東京安全衛生教育センター及び大阪安全衛生教育センターが行う「安全管理講座(前期・後期)」、(財)労働安全衛生研修所が行う「労働安全衛生大学定期講座(当該講座の受講者のうち、特別の資格証明書の発行を受けた者に関し行われた講習に限る。 )」を修了し、かつ、15年以上安全の実務に従事した経験を有する者• 旧 大正7年勅令第389号 による高等学校高等科、旧(大正7年勅令第388号)による大学予科又は旧 昭和18年勅令第109号 による高等師範学校において理科系統の正規の課程を修めて卒業した者で、その後7年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 昭和44年法律第64号 による職業能力開発総合大学校 職業能力開発促進法及び雇用促進事業団法の一部を改正する法律 平成9年法律第45号 による改正前の職業能力開発促進法(以下「平成9年改正前の職業能力開発促進法」という。 )による職業能力開発大学校及び職業能力開発促進法の一部を改正する法律(平成4年法律第67号)による改正前の職業能力開発促進法(以下「旧能開法」という。 )による職業訓練大学校を含む。 )における長期課程(職業訓練法の一部を改正する法律 昭和60年法律第56号 による改正前の職業訓練法 以下「訓練法」という。 による長期指導員訓練課程を含む。 の指導員訓練を修めて卒業した者で、その後5年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 昭和39年法律第118号 第12条第1項の安全管理士 以下「安全管理士」という。 又は安全管理士であった者• 労働安全衛生法第93条第1項の 以下「産業安全専門官」という。 又は産業安全専門官であった者で、8年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 職業能力開発促進法施行令 昭和44年政令第258号 別表に掲げる検定職種のうち製鋼、鋳鉄溶解、鋳造、鍛造、金属熱処理、機械加工、金属プレス加工、鉄工、板金、仕上げ、機械検査、電子機器組立て、電気機器組立て、織機調整、木工機械調整、建築大工、とび、左官、ブロック建築又は化学分析に係る1級の技能検定に合格した者• 職業能力開発促進法施行規則 昭和44年労働省令第24号 第9条に定める普通課程の普通職業訓練のうち同令別表第2に定めるところにより行われるもの 職業能力開発促進法施行規則等の一部を改正する省令 平成5年労働省令第1号 による改正前の職業能力開発促進法施行規則別表第3に定めるところにより行われる普通課程の養成訓練並びに職業訓練法施行規則及び雇用保険法施行規則の一部を改正する省令 昭和60年労働省令第23号 による改正前の職業訓練法施行規則別表第1の普通訓練課程及び職業訓練法の一部を改正する法律 昭和53年法律第40号)による改正前の職業訓練法第9条第1項の高等訓練課程の養成訓練を含む。 当該訓練において履修すべき専攻学科又は専門学科の主たる学科が工学に関する科目であるものに限る。 を修了した者で、その後10年以上安全の実務に従事した経験を有するもの、職業能力開発促進法施行規則第9条に定める専門課程の高度職業訓練のうち同令別表第6に定めるところにより行われるもの 旧能開法規則別表第3の2に定めるところにより行われる専門課程の養成訓練並びに訓練法規則別表第1の専門訓練課程及び旧訓練法第9条第1項の特別高等訓練課程の養成訓練を含む。 当該訓練において履修すべき専攻学科又は専門学科の主たる学科が工学に関する科目であるものに限る。 を修了した者で、その後7年以上安全の実務に従事した経験を有するもの、職業能力開発促進法施行規則第9条に定める応用課程の高度職業訓練のうち同令別表第7に定めるところにより行われるもの 当該訓練において履修すべき専攻学科の主たる学科が工学に関する科目であるものに限る。 を修了した者で、その後5年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 昭和22年法律第49号 第99条第1項の 以下「労働基準監督官」という。 として8年以上その職務に従事した者• 昭和36年法律第249号 第187条第1項の林業専門技術員として5年以上その職務に従事した者• 外国において学校教育における16年の課程を修了した者のうち、その最終の学校において理科系統の正規の課程を修めて卒業した者で、その後5年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 外国において学校教育における14年の課程を修了した者のうち、その最終の学校において理科系統の正規の課程を修めて卒業した者で、その後7年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 、、、を卒業した者で、その後5年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 、本科、旧中央気象台気象技術官養成所の研究科又は本科、旧国立工業教員養成所、旧東京農業教育専門学校、旧水産講習所又は旧函館水産専門学校、旧高等農業講習所本科、旧商船学校、旧陸海軍の学校等、旧海軍技手養成所その他の教育施設を卒業した者で、その後7年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 学校教育法による大学 短期大学を除く。 以下同じ。 若しくは旧大学令による大学又は旧専門学校令による専門学校を卒業した者で、その後大学又は公共的な研究機関において7年以上専ら労働安全に関する研究に従事したもの• が設置する教習機関において工学に関する課程 学校教育法による大学における工学に関する学科に準ずるものに限る。 を修めて卒業した者で、その後7年以上安全の実務に従事した経験を有するもの• 日本国有鉄道が設置する教習機関において工学に関する課程 学校教育法による高等学校における工学に関する学科に準ずるものに限る。 を修めて卒業した者で、その後10年以上安全の実務に従事した経験を有するもの 試験 [ ] 一次試験は各地の安全衛生技術試験協会で行う。 一次試験の合格者を対象として口述式の二次試験が東京と大阪(何れか選択)で実施される 試験科目• 択一式 - 産業安全一般・産業安全関係法令• 記述式 - 機械安全・電気安全・化学安全・土木安全・建築安全から選択• 口述試験 - 受験区分の内容 外部リンク [ ]•

次の

労働衛生コンサルタントとは?どんな人が持ってる資格?|産業医のプロ集団|メンタル対応/BCP対応のAvenir産業医

労働 衛生 コンサルタント

秋元労働衛生コンサルタントは 現場第一主義の 産業医・ 労働衛生コンサルタントです 健康管理メンタルヘルス はもちろんのこと消化器内科専門医として勤務した経験から 健康診断・人間ドック等の健診関連も得意としておりますので お気軽にご相談ください。 【最新情報】 2020. 1 事務所を移転しました。 新事務所 〒102-0076 東京都千代田区五番町12-7 ドミール五番町1-054 電話・FAXは変更ありません。 (旧事務所 〒102-0081 東京都千代田区四番町2-4 ブランズ四番町1402 2016. 19 日本医師会認定産業医制度基礎研修会 産業医科大学産業医学基礎研修会 東京集中講座 講師 2014. 24 公益財団法人埼玉県健康づくり事業団主催 『石綿作業主任者技能講習会』 講師 2014. 9 池袋労働基準監督署等主催 労働衛生週間説明会 「企業が進めるメンタルヘルス対策の取り組みについて」 2014. 21 環境技術管理協会 労働衛生指導センター主催 「衛生管理者養成研修会」 担当 『労働生理』 2014. 1 九段北事務所を開設しました 2014. 26 環境技術管理協会 労働衛生指導センター主催 「衛生管理者養成研修会」 担当 『労働生理』 2014. 1 財団法人労働医学研究会 「健康フォーラムin新橋」 総合司会 2014. 4 公益財団法人埼玉県健康づくり事業団主催 『石綿作業主任者技能講習会』 講師 2012. 17 日本経済新聞2012年6月25日付夕刊に掲載されました 「職場とうつ 何か困ってる?声かけて」 2011. 14 江東地区安全衛生推進大会で講演をしました 2011. 13 年末年始災害防止講習会で講演をしました.

次の

労働衛生コンサルタント 難易度

労働 衛生 コンサルタント

労働衛生コンサルタントの業務は、労働衛生コンサルタントの名称を用いて、他人の求めに応じ報酬を得て、労働者の衛生の水準の向上を図るため、事業場の衛生についての診断及びこれに基づく指導を行うこととなっている(労働安全衛生法 第81条第2項) 企業の行う労働災害防止活動をおもに医学・労働衛生面からサポートすることが主となるため、企業からの依頼により、作業状況などを調査し、そこに内在する問題点の指摘、衛生面の指導、教育訓練などの適切なアドバイスを行うことが職務となります。 試験は筆記試験と口述試験からなり、筆記試験は共通科目が択一式、区分ごとの科目は記述式で行われ、口述試験は各試験区分に応じた範囲で筆記試験の合格者に対してのみ行われます。 受験資格 労働衛生コンサルタント試験 受験資格 1 大学の理系卒業者で、労働衛生実務5年以上の者。 2 短大、専門学校の理系卒業者で、労働衛生実務7年以上の者。 3 高校の理系学科を修了し卒業た者で、労働衛生実務10年以上の者。 4 医師国家試験合格者 5 歯科医師国家試験合格者 6 薬剤師、保険師、技術士、1級建築士、衛生管理士、労働衛生専門官など、学歴や取得資格で一定の実務経験が必要。 」との事業者等の証明が必要です。 スケジュール ・試験日: 一次試験(筆記試験):10月中旬 二次試験(口述試験):翌年1月下旬~2月上旬の指定日時 ・申込期間: 試験センター郵送の場合は試験日の2ヵ月前から14日前。 第47回(平成31年度)労働安全・労働衛生コンサルタント試験日程は、6月中旬に官報公告されます。 医師は1次試験が免除されるため、2次の面接試験のみ受けますが、それでも3割程度か合格しない試験だと言われています。 また、一般受験者には受験資格に多くの制限があることや、口述試験でも実務的な経験が聞かれたりしますので、ある程度の実務経験が必要なことなどでさらに難易度が高くなっています。 そういうことから、「現場を知らないと口述試験は通らない」と言われる試験になっています。 結局、労働衛生コンサルタントは、実際に衛生工学などの現場経験がないと実際の対策ができないことや、労働安全衛生の理解は法律を覚えるだけでは不可能であることから受験生は現場に密着した人が多くなっています。 資格の難易度は、労働安全コンサルタントと同様、行政書士やビジネス実務法務検定1級、FP技能士1級などと同じ程度のレベルと考えていいでしょう。 労働衛生工学は、工場などの現場の有害粉塵や有機溶剤が健康被害をもたらさないように、換気システムの設計など工学的な指導が中心になります。 受験対策は、過去問題集を中心にやるのが独学での勉強方法ですが、文系の方は「保健衛生」の区分で受けたほうが、計算問題がないので楽かもしれません。 理科系の試験ではありますが、計算問題は、対数や三角関数は出題されませんので、文系でも十分合格は可能です。 資格取得後は、労働衛生関連のコンサルティング企業や事務所に勤務するなど実務経験を積み、人脈をひろげておくのが良いでしょう。 労働衛生コンサルタントは、産業医や保険師がキャリアアップにとる資格にもなっているため、労働衛生コンサルタントの資格だけでは開業は難しいと思います。 開業を目指したり、企業などのコンサルティングをしている方は、社会保険労務士や労働安全コンサルタントの資格も併せて取得するなど、顧客や専門の幅を広げて持つことが大切なようです。 実際に、企業のコンサルティングをしている方や、自営独立されている多くの方は、社労士又は、中小企業診断士、技術士の3点セットで資格を有し、企業経営の改善指導や手続きまで踏み込んだ指導をしています。 安全だけ、衛生だけよりも、共有の方が当然仕事が多くあります。 他には、産業医として活躍している方も多いようです。 産業医になるには労働衛生コンサルタント資格が必要だからです。 労働衛生コンサルタント資格だけの人は、環境管理関係、公害防止管理者、計量士などの化学系・環境系の資格やメンタルヘルス・カウンセリングなどを併せると強みになります。 特に、職場環境についての注目度が高まるなか、衛生対策についての指導を実施できる労働衛生コンサルタントが活躍できるフィールドは大きく広がっています。 通信講座 - スクール 過去問 教材 売れ筋教材 - 問い合わせ先 財団法人 安全衛生技術試験協会 〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館9階 TEL 03-5275-1088.

次の